レンズ千夜一夜

タグ:奈良町 ( 257 ) タグの人気記事

1874 奈良町(2017年8月5日スピードパンクロ35㎜F2で奈良町の奥底へ)3 人生に感謝 



人間って、面白い生き物ですね。
昔、読んだことがあります。
人間とチンパンジーとの間には、遺伝子の組成の違いは1%程度しかない。
本当かどうか知りませんが、
人間同士だったら、さらに遺伝子の組成の違いは限りなく小さいのでしょう。

でも、こんなにも違う。
違いを生み出すのは、いわば氏より育ちなのかもしれません。
でも、アートの世界をかいま見る限り、育ちより氏、
経験、学習よりも遺伝、そんな感じがしてしまいます。
生まれついてのなにかが物を言っている、そんな感じ。

音楽家や画家にはそんな違いが恐ろしく働いて、
どうしようもない違い、懸隔、格差を生み出しているように見えます。
努力は才能を補えないのです。

写真にもそれが顕われてきます。
私には、そんな生まれついてのセンス、才能がないことは、
極めて早期に分かりました。
実のところ、そんな天賦の才に恵まれなかったことに感謝しています。
才能に恵まれて写真作家になったりしたら、
不特定多数の誰かに感動を与えるために、
作品を作ることになったでしょう。
そして、いつか才能がすり切れて、ファンには大いなる失望を与え、
自身には絶望を与えることになったかも知れません。

でも、才能の変わりに、レンズに頼り切って、写真を撮り重ねていくことで、
ただの光学機器でしかないレンズの性能、特性は、なぜか互いに大きく違い、
それぞれに特有のスタンスで世界を切り取ることが分かってきました。

   写真作家はカメラ、レンズを道具として駆使します。
   私はレンズの助手として、いわば撮影実行班を担当します。

   写真作家は大なり小なり太宰治のように苦悩し、不安に苛まれます。
   レンズ助手は、苦悩も不安も無縁。
   ただただ、レンズ師の成果を手放しで嘆賞できます。

とくに、このスピードパンクロ35㎜F2のような天才レンズに出会うと、
ただただ、人生に感謝。






b0226423_23223896.jpg
b0226423_23222461.jpg
b0226423_23211480.jpg
b0226423_23210890.jpg
b0226423_23191577.jpg
b0226423_23190806.jpg
b0226423_23185712.jpg
b0226423_23184639.jpg
b0226423_23184045.jpg
b0226423_23183379.jpg
b0226423_23182882.jpg
b0226423_23182370.jpg
b0226423_23181525.jpg
b0226423_23180956.jpg
b0226423_23175587.jpg
b0226423_23174970.jpg
b0226423_23174245.jpg
b0226423_23173658.jpg
b0226423_23173069.jpg
b0226423_23172319.jpg
b0226423_00440987.jpg
b0226423_00441515.jpg
b0226423_00444584.jpg
b0226423_23163653.jpg
b0226423_23164303.jpg
b0226423_23164894.jpg
b0226423_23165555.jpg
b0226423_23170230.jpg
b0226423_23171167.jpg
b0226423_23171803.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-09 22:14 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1873 奈良町(2017年8月5日スピードパンクロ35㎜F2で奈良町の奥底へ)2 豪雨


今日正午過ぎ、妻が家を出た直後、
我が家はあまり経験したことがないほどの、
ゲリラ豪雨に見舞われました。
横殴りの暴風、タライをひっくり返したような豪雨、
ティンパニーのトレモロに似た雷の連打。
子供の頃の「夕立」とは似ても似つかぬ暴走ぶり。
妻は、徒歩8分ほどのバス停にたどり着くまでに、
全身、ぐしょ濡れになり、
持参したビニール袋の底には水がたまっていたそうです。
妻がバス停にたどり着いた途端、豪雨はピタリと止まりました。
どうやら妻がターゲットだったようです。

その間、家に残された私はどうしていたか?
常々、「雨こそ一番の撮影日より」、そう豪語していた私です、
ただちにカメラ片手に飛び出した?
いえいえ、リコーダーをガンガン吹きならしていました。
リコーダーって、ガンガン吹きならすものではありませんね。
ほっこりと、ふっくりと、秘めやかに、奏でるものですね。
でも、一向に美音を奏でてくれないアルトリコーダーに業を煮やして、
ガンガン吹きまくっていたのです。

この荒療治で、美音を奏でるようになったか、ですって?
いえいえ、どういたしまして。
その程度で音が変わるようでしたら、苦労はしません。
写真と一緒のようです。
何十年、汗をかかないとね。

でも、いつ何時、お迎えが来るか、分かりませんね、
私も、あなたも?
どんなに若くても、いつ、なにが起こるか、分からない。
そんなことを真剣に考える時代になってしまいました。

でも、だから、間に合わないだろうから、よそう、
なんて考えて引っ込み思案を決めていたら、なにも楽しめませんね。
ルターにならいましょう、
「明日、最後の審判が来るとわかっても、私は木を植える」
なんでもそうです、神様の予定が変わるかもしれないのですから。

豪雨がやんでから約半時間後、やおらカメラ散歩に出ました。
40分程度、ホロゴン15㎜F8b(ウルトラワイドから抜き出したホロゴン)で、
151枚、雨に濡れそぼったロボグラフィを撮って、ご機嫌で帰宅しました。
その写真はまた後日に。
スピードパンクロ35㎜F2のロボグラフィを7回続けましょう。




b0226423_23034554.jpg
b0226423_23035362.jpg
b0226423_23035960.jpg
b0226423_23035362.jpg
b0226423_23035960.jpg
b0226423_23040565.jpg
b0226423_23041396.jpg
b0226423_23042949.jpg
b0226423_23043613.jpg
b0226423_23044243.jpg
b0226423_23044852.jpg
b0226423_23054645.jpg
b0226423_23055379.jpg
b0226423_23055962.jpg
b0226423_23060750.jpg
b0226423_23061201.jpg
b0226423_23062810.jpg
b0226423_23063415.jpg
b0226423_23064261.jpg
b0226423_23065976.jpg
b0226423_23070657.jpg
b0226423_23071272.jpg
b0226423_23071853.jpg
b0226423_23072412.jpg
b0226423_23080806.jpg
b0226423_23081643.jpg
b0226423_23082569.jpg
b0226423_23083862.jpg
b0226423_23102890.jpg

b0226423_00441515.jpg
b0226423_00444584.jpg



by Sha-Sindbad | 2017-09-07 23:47 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1872 奈良町(2017年8月5日スピードパンクロ35㎜F2で奈良町の奥底へ)1 幻想性



私はスピードパンクロ35㎜F2は手に入れることができましたが、
スピードパンクロ50㎜F2はついに手に入れることができませんでした。
2度もeBayで落札したのに、政府の横やりが入って、
2度とも入金できなかったのです。

①私のやり方が悪かったのか、それとも、
②私も知らぬ暗黒街との親密な関係を政府が察知したか?
③無駄遣いをしないよう、妻が密かに手を回したか?

私は③をかなり疑っています。

中将姫光学さんからスピードパンクロ50㎜F2をお借りしています。
同じ画質に揃えている筈なのですが、どうも少し違います。
50㎜の方がコントラスト、シャープネスが少し上で、
カリスマ性は断然上。
35㎜の方が画像の神秘性、幻想性が少し上。

今回はリコーGXRに付けたので、実質的には、
50㎜とほぼ同程度の焦点距離、画角の標準レンズ相当。
こんな風に同列に並ぶと、ますます、35㎜の幻想性が目立ちます。
50mmより遙かにお安いので、これはお勧め。



b0226423_10555580.jpg
b0226423_10561706.jpg
b0226423_10562801.jpg
b0226423_10563755.jpg
b0226423_10564454.jpg
b0226423_10565358.jpg
b0226423_10570109.jpg
b0226423_10570854.jpg
b0226423_10571795.jpg
b0226423_10572651.jpg
b0226423_10575953.jpg
b0226423_10580982.jpg
b0226423_10582542.jpg
b0226423_10583208.jpg
b0226423_10584416.jpg
b0226423_10585251.jpg
b0226423_10590071.jpg
b0226423_10590715.jpg
b0226423_10591769.jpg
b0226423_10592588.jpg
b0226423_10593450.jpg
b0226423_10595096.jpg
b0226423_10595940.jpg
b0226423_11000884.jpg
b0226423_10595940.jpg
b0226423_11000884.jpg
b0226423_11001891.jpg
b0226423_11004280.jpg
b0226423_11010037.jpg




b0226423_11012977.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-09-07 11:04 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1869 奈良町(2017年8月16日メオスティグマート50㎜F1の超絶開放で)3 イメージの奔流



民俗学の大家、レヴィ・ストロースだったと思います。
たしかアマゾンだったと記憶しますが、
土着の人たちに写真を見せたそうです。
でも、彼らは写真のイメージを理解することができなかった。

生まれてこの方、等身大の人間たちだけと接して、
画、写真などで人間を観た経験がないので、
写真に写っているものを正しく認識できなかったのだ、
そうレヴィ・ストロースは解釈していたと思います。

現代人は違います。
物心ついたときからイメージの奔流の中で生きている。
バーチャルリアリティとリアリティを区別する必要を感じない。

今、邦画の「永遠の0」を観ています。
近頃、就寝前のドラマ、映画鑑賞を1時間に限定しているので、
大抵2時間程度に長い映画の場合、二夜にまたがってしまうから。
零戦が帝国海軍の空母から飛び立ち、空中戦を繰り広げます。
ほとんど実写と間違うほどにリアル。
コンピュータグラフィックスがここまで来たのか?!!
感心してしまいます。

どうやらドキュメンタリータッチの映画でも、
場面設定にゴンピュータグラフィックスを使っている形跡があります。
あと数年すれば、お金のかかる生身の俳優を使わない、
リアリズム映画が登場するでしょう。

アマゾンの人たちはイメージをリアリティと関連づけることが
できなかったけど、現代人はその正反対のリスクを負いそうです。
いつか、イメージとリアリティを区別できなくなるかも知れない。

私のように、どんなレンズ、どんなカメラを使っても、
リアリティをファンタジックなイメージに変えたいと思っている人間は、
まっさきにそんな迷妄の渕にずぶずぶと身体を沈めてしまうかも?
メオスティグマート50㎜F1は私をファンタジーの世界に慣れさせる、
調教マシーンなのかも知れません。




b0226423_10141143.jpg
b0226423_10154633.jpg
b0226423_10155308.jpg
b0226423_10160293.jpg
b0226423_10161028.jpg
b0226423_10161778.jpg
b0226423_10162540.jpg
b0226423_10163266.jpg
b0226423_10163713.jpg
b0226423_10164747.jpg
b0226423_10170857.jpg
b0226423_10171528.jpg
b0226423_10172132.jpg
b0226423_10172814.jpg
b0226423_10173421.jpg
b0226423_10174016.jpg
b0226423_10174766.jpg
b0226423_10175410.jpg
b0226423_10180079.jpg
b0226423_10180745.jpg
b0226423_10182084.jpg
b0226423_10184846.jpg
b0226423_10191171.jpg
b0226423_10191780.jpg
b0226423_10192468.jpg
b0226423_10193140.jpg
b0226423_10194232.jpg
b0226423_10195021.jpg
b0226423_10200501.jpg
b0226423_10201383.jpg
b0226423_10202139.jpg
b0226423_10204351.jpg
b0226423_10205149.jpg
b0226423_10205907.jpg
b0226423_10210707.jpg
b0226423_10211439.jpg
b0226423_10212334.jpg
b0226423_10213642.jpg
b0226423_10214634.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-09-01 10:26 | Comments(0)

1868 奈良町(2017年8月16日メオスティグマート50㎜F1の超絶開放で)2 座右レンズ



メオスティグマート50㎜F1は映写用レンズだったようです。
ただの筒鏡胴。

たしかドイツ人だったと思いますが、
硬い紙の筒壁を作り、これにマウントアダプタを付けました。
この筒壁の中にレンズがピタリと収まり、ビクともしません。
無段階の引き出し式ヘリコイドになり、超接近できます。
つまり、使い勝手は最高のマクロレンズ。

奈良町で撮った写真をさらにごらん頂きましょう。
ほとんど全部、ただの道ばたのがらくたども。
たいていのカメラマンは撮らないでしょうね。
撮るのは、ちょっと変わった性格の御仁だけかも。
つまり、まともな精神構造の一般市民なのに、
ゴミ写真を撮っている私は稀なる例外となりそうですね。

そんなゴミ写真好きには、このレンズは無敵万能の座右レンズ、
私はそう考えています。





b0226423_16581534.jpg
b0226423_16582283.jpg
b0226423_16582885.jpg
b0226423_16583437.jpg
b0226423_16584014.jpg
b0226423_16584654.jpg
b0226423_16585332.jpg
b0226423_16590019.jpg
b0226423_16590719.jpg
b0226423_16591494.jpg
b0226423_16592151.jpg
b0226423_16593404.jpg
b0226423_16594141.jpg
b0226423_16594734.jpg
b0226423_17000070.jpg
b0226423_17003586.jpg
b0226423_17010734.jpg
b0226423_17011444.jpg
b0226423_17012257.jpg
b0226423_17012835.jpg
b0226423_17013439.jpg
b0226423_17014125.jpg
b0226423_17014775.jpg
b0226423_17015487.jpg
b0226423_17020175.jpg
b0226423_17020787.jpg
b0226423_17021499.jpg
b0226423_17022174.jpg
b0226423_17022741.jpg
b0226423_17023340.jpg
b0226423_17023948.jpg
b0226423_17024533.jpg
b0226423_17030039.jpg
b0226423_17030795.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-31 17:04 | Meostigmat50/1 | Comments(4)

1867 奈良町(2017年8月16日メオスティグマート50㎜F1の超絶開放で)1 日陰専科



今日は自宅に居ます。
災難が発生。
「レンズ千夜一夜」をログアウトして、
別ブログ「わが友ホロゴン」に移動して記事を書こうと思ったのです。
でも、ログアウトしても、その操作は完了しませんでした。
「レンズ千夜一夜」をログアウトできなかったのです。

あれこれ探してみましたが、そのようなバグ報告は記載なし。
エキサイトのヘルプにも記載なし。
メールで詳細を報告して、ヘルプを求めたのですが、
このメールシートがなぜか欠陥品。
使用のOSを記載するウィンドウがないのに、
この記載がないという理由で、幾度も最初のメール画面に逆戻り。
いつかこのバグが何かの拍子に治るまで待つことにしました。

「わが友ホロゴン」の記事は、治るまでの間は、
マックにインストールしてある別OSで作成することにしましょう。
本ブログは、現在のマックでつつがなく動いてくれるでしょう。

さて、本ブログに新シリーズは、
ソニーNEX-5に付けたメオプタのメオスティグマート50㎜F1

もともとマクロ気味で撮るロボグラフィなのに、
このレンズとなると、F1と超開放。
それなのに、ソニーNEX-5の感度は最低で200。
つまり、晴天下ではオーバーになってしまいます。
若干使い勝手に制限がありますが、
どんなレンズも、制限、欠点をいつまでも嘆いても始まらない。
「馬鹿とハサミは使いよう」じゃありませか?
あなたもそんな風にして、部下を使っていませんか?
それとも、そんな風に使われている?
じゃ、私と一緒ですね。

今回は日陰専科で使いました。




b0226423_18075461.jpg
b0226423_18080041.jpg
b0226423_18080760.jpg
b0226423_18081371.jpg
b0226423_18081988.jpg
b0226423_18082763.jpg
b0226423_18083371.jpg
b0226423_18083905.jpg
b0226423_18084506.jpg
b0226423_18085299.jpg
b0226423_18085876.jpg
b0226423_18090481.jpg
b0226423_18090990.jpg
b0226423_18094307.jpg
b0226423_18094965.jpg
b0226423_18095559.jpg
b0226423_18100086.jpg
b0226423_18100690.jpg
b0226423_18101298.jpg
b0226423_18102070.jpg
b0226423_18102639.jpg
b0226423_18103277.jpg
b0226423_18103849.jpg
b0226423_18110413.jpg
b0226423_18111286.jpg
b0226423_18111815.jpg
b0226423_18112468.jpg
b0226423_18113031.jpg
b0226423_18113655.jpg
b0226423_18114115.jpg
b0226423_18115184.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-08-30 18:15 | Meostigmat50/1 | Comments(0)

1866 奈良町(2017年7月21日バルター25㎜F2.3の大人の味わいに)5-完-合奏練習日






何ヶ月ぶりでしょうか?
昨日はHMさんとアブニールコンサートのための合奏練習日。

コンサートの出番での持ち時間は10分。
リコーダーの二重奏曲を3曲。
私が一応出演者で、主催者のHMさんはサポート。

私がやりたい曲を選ぶのですが、ちょっと野心的に過ぎた感じ。
でも、10月のコンサートまで2ヶ月もない!
曲を選び直す暇はありません。
ちょっと無理じゃないか、という気がしています。
でも、そのときは、第四回コンサートでやればいい。

単独練習はみっちりしてきました。
でも、合奏の醍醐味は一人一人の演奏にありません。
肝心なところで2本がぴたりと合う!
これができなきゃ、どんなに見事に吹いても、バラバラ。

いつもの貸し練習室を3時間も予約しています。
ところが、いつもあっと言う間に終わってしまいます。
さて、どうなりましたか?
その報告はまた別記事で。

バルター25㎜F2.3のラストです。
ロボグラフィにはおあつらえ向きのレンズ、
そんな感じをますます強めています。



b0226423_11142176.jpg
b0226423_11143047.jpg
b0226423_11143752.jpg
b0226423_11144366.jpg
b0226423_11144904.jpg
b0226423_11145680.jpg
b0226423_11150366.jpg
b0226423_11151008.jpg
b0226423_11151852.jpg
b0226423_11152627.jpg
b0226423_11153752.jpg
b0226423_11154604.jpg
b0226423_11155241.jpg
b0226423_11155975.jpg

b0226423_11161420.jpg
b0226423_11162224.jpg
b0226423_11162958.jpg
b0226423_11163649.jpg
b0226423_11164316.jpg
b0226423_11165058.jpg
b0226423_11165766.jpg
b0226423_11170557.jpg
b0226423_11183362.jpg
b0226423_11184125.jpg
b0226423_11184772.jpg
b0226423_11185435.jpg
b0226423_11190037.jpg
b0226423_11190684.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-29 23:55 | Baltar25/2.3 | Comments(0)

1865 奈良町(2017年7月21日バルター25㎜F2.3の大人の味わいに)4 穏やかなベール




映画でも、写真でも、現代は種々の画像処理プロセスを駆使して、
リアリティは残しつつも、この世のどこにもないような、
独自の味わいの画像に仕上げる、離れ業を楽しめる時代となりました。
制作者自身があっと驚くようなアートさえも可能となりそうです。
これも一種のメタモルフォーゼ。

でも、実のところ、私はそんな離れ業、アートを楽しみつつも、
内心、いつもどこか居心地が悪いのです。
写真はアートじゃないのになあ?
そして、写真の価値って、一期一会、刹那の出会いじゃないのかな?

さりとて、私もメタモルフォーゼは大好き。
この2つのいわば相反する理念をそこそこに折り合わせたい素人にとって、
ほとんど唯一の方法がクラシックレンズによるキャンディットフォト。
撮ったままの、ほとんど細工を施さない、普通の写真なんだけど、
古代レンズたちの個性が現実に超現実的なフレアーを被せてくれます。

バルター25㎜F2.3って、比較的おとなしいメタモルレンズなんだけど、
そして、レンズにこんなことを言うのは子供っぽすぎるかもしれないけど、
私の画像記憶に穏やかなベールをふんわりと被せてくれます。
この魔法があればこそ、フォトジェニックなシーンなんか一枚もない、
いきあたりばったりのロボグラフィに心からうっとりできるのです。



b0226423_23215985.jpg
b0226423_23220511.jpg
b0226423_23221214.jpg
b0226423_23222842.jpg
b0226423_23223455.jpg
b0226423_23224196.jpg
b0226423_23224804.jpg
b0226423_23232059.jpg
b0226423_23232604.jpg
b0226423_23233265.jpg
b0226423_23233726.jpg
b0226423_23241414.jpg
b0226423_23242204.jpg
b0226423_23243150.jpg
b0226423_23243848.jpg
b0226423_23244766.jpg
b0226423_23243848.jpg
b0226423_23252570.jpg
b0226423_23293181.jpg



b0226423_23304571.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-28 22:50 | Baltar25/2.3 | Comments(2)

1864 奈良町(2017年7月21日バルター25㎜F2.3の大人の味わいに)3 ゆったりと



今日も多忙を極める1日でした。
午後9時半帰宅しました。
こんな日はゆったりと韓流ドラマを楽しみたいという気分なので、
バルターの写真を並べておきましょう。


b0226423_23211296.jpg

b0226423_23211911.jpg
b0226423_23212684.jpg
b0226423_23213117.jpg
b0226423_23213881.jpg
b0226423_23214334.jpg
b0226423_23214950.jpg
b0226423_23215985.jpg
b0226423_23220511.jpg
b0226423_23221214.jpg
b0226423_23222842.jpg
b0226423_23223455.jpg
b0226423_23224196.jpg
b0226423_23224804.jpg
b0226423_23232059.jpg
b0226423_23232604.jpg
b0226423_23233265.jpg
b0226423_23233726.jpg
b0226423_23241414.jpg
b0226423_23242204.jpg
b0226423_23243150.jpg
b0226423_23243848.jpg
b0226423_23244766.jpg
b0226423_23251927.jpg
b0226423_23252570.jpg
b0226423_23293181.jpg
b0226423_23310631.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-08-27 23:35 | Baltar25/2.3 | Comments(0)

1863 奈良町(2017年7月21日バルター25㎜F2.3の大人の味わいに)2 バルドル神




私の推測ですが、
「バルター」というレンズ名は、
北欧神「バルドル」に由来するのではないでしょうか?

オーディンの率いた神々の中で最も美しい男神であり、
バルドルの死が神々の黄昏、没落につながった、
そんな運命の神です。
主神オーディンを初めとする、戦いの神々たちに混じって、
ついには薄幸の死を遂げ、神々の黄昏の幕を牽き開いた役。
主神オーディンやトールのような壮大な気宇の神ではありません。
愛し、愛された神なのですが、
そのあたりのたたずまいがいかにもボシュロム・バルターらしい。

ボシュロムの製作者たち、なかなか味な命名を楽しんだようです。
バルターの描写そのものになんだか「やさしさ」があるようで、
そのあたりの描写性が命名の発想のきっかけだったかも知れませんね。




b0226423_11173469.jpg
b0226423_11174016.jpg
b0226423_11174618.jpg
b0226423_11175258.jpg
b0226423_11175904.jpg
b0226423_11180545.jpg
b0226423_11183267.jpg
b0226423_11183841.jpg
b0226423_11184570.jpg
b0226423_11185269.jpg
b0226423_11190183.jpg
b0226423_11213131.jpg
b0226423_11213762.jpg
b0226423_11214346.jpg
b0226423_11214808.jpg
b0226423_11215520.jpg
b0226423_11220490.jpg
b0226423_11221099.jpg
b0226423_11231110.jpg
b0226423_11231889.jpg
b0226423_11232493.jpg
b0226423_11233072.jpg
b0226423_11233721.jpg
b0226423_11234402.jpg
b0226423_11244089.jpg
b0226423_11244916.jpg
b0226423_11245633.jpg
b0226423_11250281.jpg
b0226423_11250758.jpg
b0226423_11251594.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-08-26 11:28 | Baltar25/2.3 | Comments(0)