レンズ千夜一夜

タグ:奈良町 ( 257 ) タグの人気記事

488  (スーパーシックス25mmF1.9の堂々たる描写も圧倒され)



今日は出勤日。
ダルメイヤー25mmF1.9の兄貴を同じオリンパスEP-L1に付けて持ち出しました。

    スーパーシックス25mmF1.9

弟のペッツバール型に対して、
形もスペックも同一ですが、かなり上質な筐体です。
kinoplasmatさんによれば、
スーパーシックスは6枚構成でほぼ左右対称ダブルガウスタイプだそうです。
ところが、kinoplasmatさん所有のレンズははるかに貫禄に満ちた高級レンズ。
    (http://www.oldlens.com/dallmeyersupersix%2025mm.html)

レンズ表示も違います。

    私のは「Super-Six Anastigmat f=1" f/1.9 541180」
    kinoplasmatさんのは「Super-Six f=25mm f/1.9 618011」

同じスーパーシックスでも、富裕層向けの高級仕様と、
私のような庶民仕様のスタンダード仕様があったのでしょうか?
ちょっと悔しいですね。

でも、おそらく写りは一緒なのではないでしょうか?
これも違っていたら、救われませんから、
そう思いこみたいところですね。

昨日、ダルメイヤー25mmF1.9の記事を作成したとき、
その写真を見ながら考えました。

    いくらスーパーシックスだって、これを超える写真は撮れまい。

これまで幾度もスーパーシックスを使っておきながら、
確かめもしないで、この妄言。
いつもの癖です。
いけませんね。

スーパーシックスはソニーNex-5aに付け、実効37.5mmで撮ってきました。
今日は50mm相当の標準レンズ仕様で撮りました。
朝一枚撮っただけで、悟りました。
独自の個性で輝いているのです。優劣を判定する次元の問題ではないことに気づきました。

大げさに言いますと、ちょっと古いので申し訳ありませんが、

    オードリー・ヘプバーンとイングリット・バーグマンのどちらが好きか?
    そんな次元の問題。

あなたはどうですか?
えっ、それ誰のこと?
そんな風に尋ねる方、さきほどの私と同じエラー。
知らなかったら、グーグルで検索し、YouTubeで観てみることです。
世の中のたいていのことはこの2つの検索ギアでチェックできます。
よく確かめても、やはり妄言をはきたいなら、それも結構です。

私の答えは、当たり前のスタンダードです、

    二人とも好き!

そして、スーパーシックスもダルメイヤー25mmF1.9も、

    どちらも好き!

とはいえ、スーパーシックスの画像にはただならぬものがあります。
今日の収穫は101枚。
全部観ていただきたいほどですが、6枚選びました。

    シャドウがとても豊かなグラデーションで浮かび上がります。
    色合いはニュートラルなのですが、とてもあたたかな印象。
    そして、とてもナチュラルな立体感。

小さいけれども、撮れる写真の構えは大きいのです。




b0226423_20283925.jpg
b0226423_20304670.jpg
b0226423_20282926.jpg
b0226423_20281399.jpg
b0226423_20274937.jpg
b0226423_20273824.jpg

by Sha-sindbad | 2012-10-19 20:42 | SuperSix25/1.9 | Comments(0)

487  (ダルメイヤー25mmF1.9は、間違いなく名レンズだ)



銀塩カメラ派の人間でもデジタルカメラを安心して使えるレンズ群、
それがCマウントレンズ。

デジタルレンズのようにツルツルピカピカに撮ろうと思っても、
そうは問屋がおろしません。
ぼけぼけ、ぼやぼやにしか写りません。
でも、なんとも味がある、そう感じるのは私だけでしょうか?

ダルメイヤー25mmF1.9はその典型。
私のように、ノーファインダーで撮っても、ちゃんとこたえてくれます。
武骨で、質朴で、じゃっかん陰々滅々の風情だってありますが、
雨の日にはそれがとても好条件となってくれるようです。

スーパーシックス25mmF1.9とまったく同じ作りなので、
スーパーシックスでは周囲がけられて使えないフードを流用できます。
そのせいもあるのでしょうか?

雨の日のダルメイヤーは一味も二味も違っていました。
私の大好きな写真をどっさりプレゼントしてくれました。




b0226423_1519891.jpg
b0226423_15191726.jpg
b0226423_1519728.jpg
b0226423_15182275.jpg
b0226423_15181651.jpg
b0226423_15175011.jpg

by Sha-sindbad | 2012-10-18 15:20 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(2)

486 雨四題 (ダルメイヤー25mmF1.9って、もしかすると名レンズ?)



b0226423_22195114.jpg
b0226423_22192594.jpg
b0226423_22191065.jpg
b0226423_22201380.jpg





ダルメイヤーのいわば無名のレンズ、それが、

    ダルメイヤー25mmF1.9

なんの変哲もない、小さな平凡なCマウントレンズです。
ペッツバール型なんだそうで、
古いレンズの歴史を継承している、古式豊かなレンズなのです。
それなのに、オークションの入手価格は1万円を切っていたと思います。
よほどありふれたレンズなのでしょうね。

このレンズ、マイクロフォーサーズでしか使えないのですが、
写りが文句なしに凄いのです。

今日はお昼土砂降りでした。
その中、小さな携帯傘一本で撮ったので、ずぶ濡れに近い状態。
背広も濡れましたが、写真も濡れに濡れています。

全部開放。
周辺のボケも邪魔にならない程度。
でも、とにかく中心の立体感とコントラストは最高ですね。

    やっぱり、ダルメイヤー!
    (いつも、このセリフで申し訳ありません)
by Sha-sindbad | 2012-10-17 22:26 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(2)

479  奈良町三題 (ビオター40mmf2がやさしい表情を見せてくれた)



出勤に携行したリコーGXR+A12に付いていたのは、

    ツァイスのビオター40mmF2

スクエアサイズの異色カメラ、ロボット用のレンズなのだそうです。
フードなしで購入しました。

かなり高コントラストで、目をむくほどにシャープ。
だけど、表情は柔和。

フードが欲しいなあ、ふとそう考えて、
どのレンズ用か記憶のないフードを逆さまにして見ますと、
ビオターの前径とぴたり一致します。
スコッチのプラスチックテープで接着しました。
ライカM9でもけられない深いフードが完成。
これで実戦仕様が完成。

幸い今日は曇りがち、いつもどおり、開放中心に撮りました。
液晶画面はとても見にくいので、ほとんどピント合わせ不能。
ヘリコイドに1、1.5、2、3mのマークが付けてあるので、
目測で撮ります。
F2なので、たいていドンピシャリ合焦します。

3枚ごらんいただきましょう。

ビオターは25mmのCマウント改造レンズを持っていますが、
このレンズに劣らぬ好レンズ。
40㎜なので、リコーGXRに付けると、実効60mm、
やや長焦点ぎみの標準レンズとなります。
画面を整理しやすく、とても落ち着きのある描写。

最初は、これはあまりにもシャープすぎて、
とても使えないという印象でしたが、
どうやらかなり使えそうです。

やっぱりレンズは使い込んでこそ、良さが分かってくるようですね。




b0226423_19493437.jpg
b0226423_1949116.jpg
b0226423_1949461.jpg

by Sha-sindbad | 2012-10-10 19:50 | Biotar40/2 | Comments(4)

467  日傘 (トリプルアナスチグマート15mmF2.9が今完璧なレンズに生まれ変わり)



b0226423_2048549.jpg





昨夜、トリプルアナスチグマート15mmF2.9を前に置いて、
前回の記事を書いていました。

ほんの数㎜しかないチビレンズは絞り機構しかありません。
ヘリコイド代わりに、Cマウントのスクリューを回すのですが、
あまりにも本体が薄すぎるので、回す指がかかりにくい。
そこで、しっかりした黒紙をぐるっと巻いて、フードとし、
レンズ本体に凧紐で括りつけていました。
こうすれば、フードを回せば、本体も廻ります。

でも、段々と凧紐が緩んできているらしく、
目測撮影用の指標の赤3m、青2m、黄1.5m、白1m、緑0.5mは、
ずれてしまい、指標の役目を果たしません。

はっと気づきました。

もっとしっかりとした金属円筒を付ければよいのだ!
幸い、Cマウントレンズは、たいていフード付きですが、
レンズ周辺まで余分に使い切るマイクロフォーサーズでは、
けられが大きすぎて、ほとんどすべて無用の長物と化しています。
(つまり、フード付きで買う必要はないということです)

そんなCマウントレンズのフードをあててみました。
レンズ本体をすっぽり包むものはありませんが、
レンズ本体ときっかり同一径のものなら2個見つかりました。
そのうち、軽い方を選択。
基部はスクリューがあって狭くなっているので、
フードを逆さまに本体に載せ、
愛用のスコッチのプラスチックテープをぐるっと巻きました。

このテープ、こんな風に巻くと、完全に金属に見えます。
そのうえ、経年劣化がとても緩慢です。
ホロゴンウルトラワイドのロゴというロゴ、上部ペイント部は、
購入当初、このテープで巻きました。
それから16年を経過したのに、なんの変化もなく、
完全にペイント構造に見えます。
だから、トリプルアナスチグマート15mmF2.9も完璧に一体化。

そのうえ、フードとしても完璧。
もともと周辺減光があったのですが、その量も不変。
Cマウントアダプタはもともとこのレンズ専用にしていますので、
その12時の位置に赤丸を張り、これが基準位置。
フードに赤3m、黄1.5m、白1m、緑0.5mを貼り、
かなり秀逸なデザインのレンズに生まれ変わりました。

今日も一度持ち出して、絞りF8で完全目測撮影を楽しみました。

    ますます、ホロゴンウルトラワイドの超ミニ判。

フードが深くなったせいでしょうか?
さらに色合いに深みを増したように思えまるのですが?
by Sha-sindbad | 2012-09-28 20:52 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

456  ヘルメット (ゾンネタール50mmf1.1の開放は空気感一杯)



b0226423_2142786.jpg





私がニコン党にならなかった理由、
それは開放体験からでした。

まだ写真を始めて間なしのころ、
写真クラブに入りました。
私はヤシカ・コンタックスを道具にしていました。

クラブで引き伸ばし講習会を開催しました。
ニコンFの50㎜開放で撮った写真を六つ切りに伸ばしてびっくりしました。
合焦部分は文字どおりカミソリの切れ味。
でも、その合焦部分が平たくなり、
背景から画用紙を立てたように、くっきり切り離されていました。

全部がそんな描写を示すわけではないはず。
私が見た写真の写りが悪かっただけかも知れません。
でも、コンタックスのツァイスレンズはいつもリアルな空気のなかで、
そっと浮かび上がるような画像を提供してくれました。
そんな紙芝居写真は撮れたことがない。
そんな体験があって、ニコンに手を出す気持ちがなくなったのです。

最近、トポゴン25mm f4を手に入れて、
コンタックスⅡbが冬季になって、死ぬほどヘリコイドが重くなったことから、
ニコンS2ブラックペイントを手に入れました。

さすがに見事な作動感と作り。
そこで、調子に乗って、WニッコールC28㎜F3.5を手に入れました。

銘玉の誉れ高いこのレンズは違うだろう、そう思ってのことですが、
嗚呼無情!
その至高のシャープネスは私の画像ではありませんでした。
やっぱりニコンに手を出すのはよした方がいいのです。

このゾンネタール50mmf1.1、
私が体験したニコンたちとはまるで違います。
キリキリ、パリパリの現代写真をご希望の方は手を出さない方がよい。

開放F1.1で撮りました。
しっとりとした空気感に包まれ、
ヘルメットはとにかくおっとりと立ち上がってくれました。

このレンズ、使えば使うほど、クラシック!
by Sha-sindbad | 2012-09-18 21:59 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(0)

455  レース (ゾンネタール50mmf1.1の絞り効果を再チェック!)


ゾンネタール50mmf1.1
その開放テストをもう一度トライしてみました。

私は、自分の着るものを自分で選んで買ったことなどありません。
妻にあてがいぶちで与えられている人間です。

人間は外観が大切だ、と言われますが、
私は生涯その逆を通してきた人間です。
私の外観を見て、人がどう思うか、など考えません。

    私が人をどう思うか、これだけが問題で、
    人が私をどう思おうが、それはその人の勝手。
    それが私のポリシー。

写真も同様のポリシーで通してきました。

おかげで、衣服のことはまったくの無知。
だから、今回の紗のような透明服が何なのか?
男性用か女性用か、それさえも見当がつきません。

そのうえ、超大口径レンズの開放テストにふさわしいか?
このことも考えずに撮りました。
なぜって、撮りたかったから。

5枚並べてみましたが、どうもよく分かりませんね。
シャッフルしたら、もう正しく並べるのは難しいようです。

    でも、なんだか段々と立体的になっていく、
    そんな感じがします。

これはこれで、見る人が見たら、面白いテストかも?



1.1
b0226423_22312351.jpg


1,4
b0226423_22311328.jpg


2
b0226423_22305889.jpg


2.8
b0226423_22304886.jpg


4
b0226423_2230333.jpg

by Sha-sindbad | 2012-09-17 22:45 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(2)

454  ピエロ5枚 (ゾンネタール50mmf1.1の絞り効果はドラマチック!)



史上トップクラスの超大口径レンズたちは、
それぞれに伝説的な写りがレンズ伝説にオーラをかけています。
でも、すでに、山の彼方空遠くへ去ってしまいました。

そして、いつか伝説となるだろう、
そんな予感を漂わせて、MSオプティカルのニューレンズ登場!

    ゾンネタール50mmf1.1、

こちらはまさにこれから発売予定ということで、
今、試用期間中。

制作者の宮崎さんにうかがいますと、
受注生産なので、第1回の発売分は完売状態。
来年に第2回の生産を予定しているので、
MSオプティカルへの電話予約を受けるとのこと。

私は幸運にも電話でお話をうかがって、その場で予約済み。
第1回発売分に潜り込むことができました。
レンズ蒐集家の場合、お好みの番号を予約するそうですが、
私はお気に入りレンズは使い倒しますので、
早晩満身創痍状態になります。
たとえ1番のレンズを頂いても、無意味。
いついただけるかも分からない状態ですが、楽しみ。

今日は、まず、実験1。

絞りが描写にどんな影響を与えるか?
開放からF4まで5つの絞りでピエロを撮ってみました。

絞り羽は13枚と数えられます。
どの値でも、ほぼまん丸絞り。
どんな風に変化していくか?
まず、ご覧下さい。




F1.1
b0226423_11132690.jpg


F1.4
b0226423_11134410.jpg


F2
b0226423_11133210.jpg


F2.8
b0226423_11134538.jpg


F4
b0226423_1114584.jpg




      [後書き]
        開放は、最短撮影距離だけに、私のフォーカシングが失敗。
        実際には、合焦部分は完璧なシャープネスです。
        像が緩むことがないあたり、現代レンズ。
        つまり、どんな絞りも完璧に使えるレンズなのです。
by Sha-sindbad | 2012-09-16 11:19 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(2)

452 開放5例 (ゾンネタール50mmf1.1の開放見ると、ますます入れ込みそう)



折角ゾンネタール50mmf1.1を使うのであれば、
開放専科で使いたいものです。

ライカM9のシャッター最高速は4000分の1秒ですから、
ASA感度100に設定した場合、EV値15のピーカンで、F2.8。
ということは、EV値12(ちょっとあかるい曇り空)なら使えそうです。

実際、奈良町ではかなり開放を使うことができました。
その作例を5枚選んでみました。

宮崎さんは、「開放だとフレアが一杯出るでしょう」とおっしゃるのですが、
私にはフレアらしきものはまるで見えません。

前回書きましたように、
ライカM9の設定は、彩度、コントラストは最低、シャープネスはオフ。
これが私の標準なのですが、銀塩感覚で言いますと、
それでもなおシャープすぎる感じがします。
デジタルのビンビンのシャープ画像に慣れている方なら、
私の作例をご覧になると、
ゾンネタールの開放ってやっぱりボケボケじゃないかと感じることでしょう。
このあたりの感覚の食い違いが時代の差なのでしょう。

私としては、これ以上シャープだと、気持が悪くなります。
つまり、ゾンネタール50mmf1.1は私には適したレンズなのです。



b0226423_2214498.jpg
b0226423_22134899.jpg
b0226423_2214111.jpg
b0226423_22134850.jpg
b0226423_22134723.jpg





      [後書き]
        3枚目だけはF2あたりかも知れません。
        他の4枚は間違いなく開放です。
        開放でもかなり形が残るときがありそうで、
        ますます、使い勝手がよさそうです。
by Sha-sindbad | 2012-09-14 22:17 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(0)

451 振幅 (MSオプティカルのニュー怪物レンズ、見参!)


今朝、畏友のRAさんから宅急便が届きました。
中から何が出現したと思いますか?

    待ちに待っていたもの、
    夢レンズ!

中将姫光学さんがすでに予告されていた、
宮崎貞安さんのMS-Opticalが満を持して世に問う、
究極の標準レンズ!

    Sonnetar50mmF1.1

誤記ではありませんよ。
開放値が1.1しかない!
それなのに、超小型で超軽量(たった190g)です。
ズミルックス35mmF1.4ほどでしょうか?

もっと開放値が暗いライカ用標準レンズたちと比べても、
さらに小型で軽量なのですから、恐れ入ります。

その上、とても美しい!
それ自体の形が美しいばかりではありません。
ライカに付けたときの引き締まったコンパクト感がたまりません!

前玉だけは40mm少しと特大です。
ぐっと半球形にふくらみ、多層膜コーティングも手伝って、
キラキラと輝く姿はゴージャスそのもの。

精神が正常なレンズ愛好家なら、こう呟くでしょう。

    「よし、使ってみよう、
     よく写るなら、いただこう!」

私は違いますね、

    「これはなにが何でも、手に入れる!」

真相は、すでに今年の初め頃でしょうか?
予約ずみです。
宮崎さんが語るF1.1レンズの夢に魅せられたのです。
でも、予約していなくても、このレンズは買うほかはない!

なぜか?

    私の経験は語っています、
    美しい形のレンズはよく写る!

私の一見乱暴な経験則をこのレンズで試してみましょう。

今日は休業日だったので、
午後3時から2時間奈良町を撮りました。
388枚撮って帰りました。

もちろん、設定はいつもどおり、

    彩度、コントラストは最低、シャープネスはオフ。
    ただし、露出はマイナス1から1と2/3にぐっと暗めに。

最初の2枚は開放1.1、
最後の1枚はF5.6。
これだけの振幅で撮れるというところをご覧ください。




b0226423_2129144.jpg

b0226423_21284924.jpg

b0226423_21282195.jpg

by Sha-Sindbad | 2012-09-13 22:02 | Sonnetar50mmF1.1 | Comments(2)