レンズ千夜一夜

タグ:奈良東大寺 ( 16 ) タグの人気記事

1951 東大寺大仏殿(2017年10月7日アンジェニュー28㎜F3.5は東大寺を目指し)6-完-枯れ木並べ


アンジェニュー28㎜F3.5による東大寺シリーズはこれで終わります。

後半は、奈良公園のそこかしこに転がっている枯れ木尽くし。
誰も撮らないし、誰も興味を感じないものばかり。
ところが、私の心と目を喜ばせてくれるものばかり。
どこかで、ずれが生じてしまったようです。

はっきり言えることは、最初からずれていた!
最初の頃は、
私は、私の路傍写真に見向きもしない他の人に、
他の人は、いつまでもこんな写真を撮り続ける私に、
互いに大きな驚きと疑問を抱いたものでした。

今では分かっています。
まっとうな人は、私がこれらのものに見る異貌、異形など見ない。
無理に観ようとしても、見えない。
その理由も分かっています。
大抵の人はしっかりとした現実感覚を持っていますが、
私は、現実感覚がないわけではありませんが、
容易に、幻影感覚に飛び移ることができ、
また、飛び移りたい欲求がかなり大きい。

これもれっきとした「逃避」なのでしょう。
でも、私はこんな風に逃避することができたから、
この劣化の一途を辿る日本の現実にひしがれることなく、
生きることができたのでしょう。

手で両眼を覆うのではなく、
ロボグラフィで覆ってきたというわけです。
これからもっともっと逃避する必要がありそうです。
アンジェニュー28㎜F3.5はそんな逃避の私に、
かなり強力な武器となってお供してくれそうです。




b0226423_22493852.jpg
b0226423_22494464.jpg
b0226423_22495055.jpg
b0226423_22495726.jpg
b0226423_22500358.jpg
b0226423_22501092.jpg
b0226423_22501790.jpg
b0226423_22502375.jpg
b0226423_22503015.jpg
b0226423_22520530.jpg
b0226423_22521595.jpg
b0226423_22522336.jpg
b0226423_22524452.jpg
b0226423_22525178.jpg
b0226423_22525772.jpg
b0226423_22530424.jpg
b0226423_22531082.jpg
b0226423_22531766.jpg
b0226423_22532591.jpg
b0226423_22533188.jpg
b0226423_22533845.jpg
b0226423_22534563.jpg
b0226423_22535137.jpg
b0226423_22535990.jpg
b0226423_22540737.jpg
b0226423_22550590.jpg
b0226423_22551438.jpg






by Sha-Sindbad | 2018-04-03 22:57 | Anjenieux28/3.5 | Comments(0)

1950 東大寺大仏殿(2017年10月7日アンジェニュー28㎜F3.5は東大寺を目指し)5 望外の幸せ


大仏殿が現在写真撮影フリーになっていることはすでにご存じでしょう。

まだ信仰に燃える人々が集うキリスト教会や回教の教会でさえも、
フリーパスで入ることができ、しかも撮影を許すところが多いのに、
ちょっと語弊がありますが、今では観光資源に近づいた仏教寺院で、
入場料はもちろん取ったうえ、撮影を許さないのはおかしい、
そんな感じがしてきましたので、東大寺の決断は褒められて良い、
そんな感じがします。

堂内は海外からの観光客が7、日本人が3程度の割合のようです。
かなり人気らしく、他はパスしても、東大寺は必見のようです。
おかげで、お寺は空前の収益で寺院境内の管理修繕ができると、
喜んでいることでしょう。

私は私で、この決断を大歓迎。
他の人の信仰の迷惑になるようなことをする積もりはありませんが、
東大寺というスペクタクルを撮影できるのは望外の幸せです。
(このあたりの論調、日本人らしい高尚なる紳士の風格にはほど遠い、
私の実体をそのまま暴露していますね。)
今回が3度目。

でも、観光客があまりにも多いので、その隙間を縫うようにして、
素早く移動しつつ、ヒットエンドラン方式で撮影しました。
そのうち、世界経済の変動等で、海外からの観光客が激減、
という時代が意外に早く到来するでしょう。
そうすると、また、「撮影禁止」と表示が出ることでしょう。




b0226423_23243597.jpg
b0226423_23244129.jpg
b0226423_23244604.jpg
b0226423_23245253.jpg
b0226423_23250471.jpg
b0226423_23251006.jpg
b0226423_23251715.jpg
b0226423_23252788.jpg
b0226423_23253252.jpg
b0226423_23253806.jpg
b0226423_23254500.jpg
b0226423_23255199.jpg
b0226423_23255660.jpg
b0226423_23260960.jpg
b0226423_23261558.jpg
b0226423_23262215.jpg
b0226423_23262754.jpg
b0226423_23263331.jpg
b0226423_23285767.jpg
b0226423_23290529.jpg
b0226423_23291251.jpg
b0226423_23291807.jpg
b0226423_23292570.jpg
b0226423_23293317.jpg
b0226423_23294085.jpg
b0226423_23294795.jpg
b0226423_23295336.jpg
b0226423_23300052.jpg
b0226423_23300827.jpg
b0226423_23301686.jpg
b0226423_23302300.jpg
b0226423_23303231.jpg
b0226423_23304226.jpg
b0226423_23305468.jpg
b0226423_23310459.jpg
b0226423_23311188.jpg
b0226423_23312051.jpg
b0226423_23312687.jpg
b0226423_23313337.jpg
b0226423_23314575.jpg
b0226423_23315461.jpg






by Sha-Sindbad | 2018-04-01 23:45 | Anjenieux28/3.5 | Comments(0)

1949 東大寺大仏殿(2017年10月7日アンジェニュー28㎜F3.5は東大寺を目指し)3 人生これから


2018年3月23日、朝早く外出しました。
前回はソニーα7にビオゴン21mmF4.5を付けました。
近頃撮影機会が減っていますので、
やはりこれに匹敵する名レンズを付けたいと考えたのです。
近頃、次第に撮影の機会が減少する傾向にあるようです。
でも、これはやむを得ないことです。
それだけ、さまざまな楽しみが増えているからです。
できるだけものに固執せず、ゆったり生きたいものです。

もっとも、ゆったり生きたから、と言って、
健康で長生きできるわけでもなさそうです。
運命というものがあらかじめ決まっているとは思いません。
私たちの人生は、私たちの属する宇宙の無限のファクターが関わる、
無限数の出来事のチェーンリアクションによって決まります。
自分自身では左右できないファクターがほとんどなのですから、
あれこれ悩んだり、考えあぐねたりしても、なんにもなりませんね。

ところで、近頃、日本の歌手たちを発見しつつあります。
日本の歌手たちとも無縁のまま生きてきました。
テレビもラジオも無縁で生きてきたせいもありますが、
どうもベタベタする感じの生き方を歌う曲が多い感じで、
心から共感できないという思いが多分にあったせいのようです。

それが、年をとると、ちょっと変って来たのでしょうか?
アブニールコンサート4月公演のために、
初心者リコーダーアンサンブルのアンコール曲を探していて、
井上陽水の「少年時代」を見つけたことがきっかけで、
なんだか日本の歌もいいじゃないの?
そんな感じにガラリと変った感じがします。
ドアをバンと押し開けて入ってみたら、
以外と居心地の良い部屋だった、という感じ。

そこで、Youtubeであれこれ物色し、
グーグルでその歌手を調べてみて、
驚きました。
みなさん、苦労していますね。
そして、あれこれと苦しんだ挙げ句、
私の年齢よりもずっと前に亡くなっている人の方が多い!
精一杯燃焼し、悔いなく去っていかれたと信じたいですね。

もっとも、グーグルの記事によりますと、
「2017年8月18日 - 日本人の平均寿命は男性が80.98年、
女性が87.14年と男女とも過去最高を更新したことが、
厚生労働省の平成28年簡易生命表より明らかになった。」
明らかに、女性の方が圧倒的に長生きするようですが、
男女とも若くして亡くなる人もかなり居るわけですから、
60、70まで生き延びた人は上記の平均寿命よりも
長生きする確率がかなり高くなっていると言えそうです。

いずれにせよ、自分が何歳で最期を迎えるか、
なんてことは、完全に予測不能です。
どんな年齢の人間にとっても、事情は一緒です。
マルティン・ルターが、
「明日、最後の審判の日であると分かっても、
私は木を植えるだろう」
というようなことを言ったそうですが、
その日になるまで、確実なことなど何一つない、
だから、どんな予言があろうと、
自分の人生を自分なりに生き続けること、
それが本当の生き方なのだ、ということなのでしょう。
私もその気持ちで生きたいものです。

冒頭に「撮影の機会が減少する傾向にある」と書きましたが、
今日は午前11時から午後4時まで、昼食と三時の休憩を除き、
スーパーアンギュロン21㎜F3.4付きのソニーα7で、
終始撮影を続けて、収穫は647枚でした。
土曜日には、友人3人と大阪で撮影、
久しぶりにホロゴンを使う予定です。
まだまだ写真も楽しんでいます。
なぜって、人生、これから、なのですから。





b0226423_23003586.jpg
b0226423_23050604.jpg
b0226423_23051262.jpg
b0226423_23052380.jpg
b0226423_23052991.jpg
b0226423_23053515.jpg
b0226423_23054191.jpg
b0226423_23054888.jpg
b0226423_23055761.jpg
b0226423_23061154.jpg
b0226423_23061647.jpg
b0226423_23062351.jpg
b0226423_23062938.jpg
b0226423_23063871.jpg
b0226423_23064730.jpg
b0226423_23065503.jpg
b0226423_23070181.jpg
b0226423_23070888.jpg
b0226423_23071542.jpg
b0226423_23072181.jpg
b0226423_23072805.jpg
b0226423_23073658.jpg
b0226423_23074353.jpg
b0226423_23074903.jpg
b0226423_23075678.jpg
b0226423_23080325.jpg
b0226423_23081026.jpg
b0226423_23081935.jpg
b0226423_23082542.jpg
b0226423_23083220.jpg
b0226423_23084065.jpg
b0226423_23084972.jpg
b0226423_23085751.jpg
b0226423_23090569.jpg
b0226423_23091206.jpg
b0226423_23092523.jpg
b0226423_23093202.jpg
b0226423_23094092.jpg
b0226423_23094861.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-03-29 23:13 | Anjenieux28/3.5 | Comments(0)

1948 東大寺南大門(2017年10月7日アンジェニュー28㎜F3.5は東大寺を目指し)2 艶


今日は疲れました。
背伸びしたから。
だから、写真だけ沢山並べてみましょう。
アンジェニュー28㎜F3.5らしい、
艶やかなロボグラフィたちです。




b0226423_22540574.jpg
b0226423_22541168.jpg
b0226423_22541689.jpg
b0226423_22542269.jpg
b0226423_22542727.jpg
b0226423_22543282.jpg
b0226423_22543872.jpg
b0226423_22544435.jpg
b0226423_22554280.jpg
b0226423_22554893.jpg
b0226423_22555362.jpg
b0226423_22560006.jpg
b0226423_22560604.jpg
b0226423_22562224.jpg
b0226423_22562839.jpg
b0226423_22563495.jpg
b0226423_22564085.jpg
b0226423_22564561.jpg
b0226423_22565146.jpg
b0226423_22565669.jpg
b0226423_22570286.jpg
b0226423_22570960.jpg
b0226423_22571750.jpg
b0226423_22572323.jpg
b0226423_22572842.jpg
b0226423_22573482.jpg
b0226423_22574094.jpg
b0226423_22574541.jpg
b0226423_22575259.jpg
b0226423_22575932.jpg
b0226423_22580662.jpg
b0226423_22581312.jpg
b0226423_22582169.jpg
b0226423_22582978.jpg
b0226423_22584038.jpg
b0226423_22584802.jpg
b0226423_22585647.jpg
b0226423_22590297.jpg
b0226423_22591409.jpg
b0226423_22592121.jpg
b0226423_22594180.jpg
b0226423_22594844.jpg
b0226423_22595565.jpg
b0226423_23000523.jpg
b0226423_23001321.jpg
b0226423_23002018.jpg
b0226423_23002880.jpg
b0226423_23003586.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-03-27 23:51 | Anjenieux28/3.5 | Comments(0)

1902 古佛と木(2017年9月13日エルマー65㎜F3.5と仏様の渋い関係)3 珠玉の仏たち



9月13日水曜日、
奈良国立博物館の別館、奈良仏像館に参りました。
名品展「珠玉の仏たち」
残念ながら、撮影禁止です。
ああ、仏像写真家になったら、良かったのに!
もう魅力的な仏像たちが目白押しに並んでいました。

どこかで聞いたことがあります。
お寺は国宝保全、維持管理に窮して、国立美術館に寄託することで、
見返りに寺院の維持管理費の補助を受けるのだそうです。
予測不能の天災地変、人災が頻発する時代には、
大切な寺宝を守る苦肉の策なのかも知れません。

でも、かなり本末転倒、
「それをやっちゃおしまいだ」方式に思えるのですけどねえ。
新薬師寺の本尊薬師如来の脇寺の日光、月光菩薩のどちらからしい、
木造十一面観音立像もその一つ。
国宝ではなく、重要文化財指定でしかないのですが、
私には新薬師寺のベスト3に数えられる名宝と思えます。

お寺に行かれたら分かりますが、
ご本尊の薬師如来様、脇侍を失って、一人ぼっちで寂しそうです。
その代わりに、この観音様の方は独立して奮い立ち、
国立博物館の女王として君臨なさっているようです。
この観音様に会うだけでも、奈良仏像館をのぞく価値があります。

もう一つ、とても魅力的なのは、
南無仏太子立像。
お釈迦様の幼年時代の姿。
面構え、体躯、すべてがすでに釈迦如来を予見させる、
堂々たる立ち姿。
肌、袴の彩色も絶妙に古びています。

エルマー65mmF3.5
この十数年は知りませんが、
銀塩フィルムの時代は、このレンズに勝るマクロレンズはない、
とまで言われた名玉です。
もっとシャープなレンズだったら、
たとえば、ニッコールのようにスゴいレンズがありましたし、
等倍と言えば、
マクロプラナー60mmのような優れものがありました。
でも、エルマーには敵いません。
現代レンズの映像の凄みは、自身の光学性能を際立たせる、
それに対して、エルマーの凄みは、被写体そのものを、
存在感たっぷりに立ち上がらせるところにある、
そんな風に言いたくなります。
ああ、奈良仏像館が撮影自由にならないものでしょうかねえ?





b0226423_11393369.jpg
b0226423_11394028.jpg
b0226423_11394509.jpg
b0226423_11395243.jpg
b0226423_11400476.jpg
b0226423_11401093.jpg
b0226423_11401514.jpg
b0226423_11402161.jpg
b0226423_11402726.jpg
b0226423_11403394.jpg
b0226423_11404064.jpg
b0226423_11404683.jpg
b0226423_11405505.jpg
b0226423_11410245.jpg
b0226423_11412414.jpg
b0226423_11413168.jpg
b0226423_11413888.jpg
b0226423_11414561.jpg
b0226423_11415041.jpg
b0226423_11415715.jpg
b0226423_11421037.jpg
b0226423_11421662.jpg
b0226423_11422266.jpg
b0226423_11422920.jpg
b0226423_11423637.jpg
b0226423_11424294.jpg
b0226423_11424976.jpg
b0226423_11425562.jpg
b0226423_11430257.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-03 11:44 | Elmar65/3.5 | Comments(0)

1901 古佛と木(2017年9月13日エルマー65㎜F3.5と仏様の渋い関係)2 夢幻レンズ


極端なほどスペクトルの両極限を、
正確かつリアルな再現をレンズに求める人、
どこまでもレンズで夢幻を見たい人、 
こんな風に表現してみることができそうです。

真面目に生き、この世界で有用な仕事をする人は、
写真を撮ってもリアリズムに傾き、
いつもなにかしら充足できず、
見果てぬ夢にいつも足下をすくわれて、
ふわふわと浮かんで生きている人は、
どうしてもファンタジーを求めるようです。

私は、どうやら、どころか、断然、後者。

エルマー65㎜F3.5はマクロレンズですから、
いかにもリアリズムにふさわしいと思われるのに、
実は、これ完全な夢幻レンズ。
その証明のような写真を並べてみました。

この巷でしっかり両眼を開いて生きているのに、
心の中では半ばファンタジーに浮き上がっている、
そんな人間にはぴったりのレンズ、
そんな感じがしてきました。



b0226423_21552942.jpg

b0226423_21553512.jpg

b0226423_21554126.jpg

b0226423_21554781.jpg

b0226423_21555355.jpg

b0226423_21560078.jpg

b0226423_21561738.jpg

b0226423_21563378.jpg

b0226423_21564061.jpg

b0226423_21582472.jpg

b0226423_21583088.jpg

b0226423_21583830.jpg

b0226423_21591632.jpg

b0226423_21592318.jpg

b0226423_21592911.jpg

b0226423_21593605.jpg

b0226423_21594381.jpg

b0226423_21595111.jpg

b0226423_21595770.jpg

b0226423_22000387.jpg

b0226423_22001000.jpg

b0226423_22002095.jpg

b0226423_22002669.jpg

b0226423_22003338.jpg

b0226423_22003812.jpg

b0226423_22014128.jpg

b0226423_22014985.jpg

b0226423_22015566.jpg

b0226423_22020355.jpg

b0226423_22020996.jpg

b0226423_22021683.jpg

b0226423_22022392.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-02 22:13 | Elmar65/3.5 | Comments(0)

1900 東大寺へ(2017年9月13日エルマー65㎜F3.5と大仏様の渋い関係)1 ただの作例集



本ブログも1900回、節目のときが来ました。

私のレンズたちを紹介し、他のレンズとの対比において、
私の可愛いレンズたちがどんなパフォーマンスを見せてくれるか?
それぞれのレンズたちの撮影例をできるだけ沢山ブログに掲載して、
レンズの特性を実例で知ることができるように。
これがブログの最初のコンセプトでした。

でも、本ブログはレンズフェチたちを惹きつけませんでした。
なぜ?
光学に完全に無知の私はレンズの諸特性を撮影例で確認する、
なんて作業も文章も完全に無縁だったからです。
つまり、レンズフェチたちにはなんの参考にもならない。

そんなわけで、我がレンズブログ「レンズ千夜一夜」は、
ただの作例集に化してしまったのですが、
私にとって折良く、別ブログ「わが友ホロゴン」も、
同じ頃、パブリックにアピールする写真ブログではなくなって、
単なるプライベートな写真日記になっていました。
そこで、「レンズ千夜一夜」も速やかに適応して、
わずかにレンズ側に重点がシフトした、ただの写真日記に。

そうして、1900回記念という伏し目に到達。
私が選んだテーマは、いつか撮影許可となった東大寺での、
「大仏様とのご対面」
私が選んだレンズは、銀塩時代のマクロの隠れたるオーソリティ、
エルマー65㎜F3.5。
かなり大仏様にはマッチできるレンズと踏みましたが、いかが?



b0226423_18000966.jpg
b0226423_18132913.jpg
b0226423_18133690.jpg
b0226423_18134230.jpg
b0226423_18134861.jpg
b0226423_18135681.jpg
b0226423_18140392.jpg
b0226423_18141013.jpg
b0226423_18141672.jpg
b0226423_18142237.jpg
b0226423_18142980.jpg
b0226423_18143477.jpg
b0226423_18143931.jpg
b0226423_18144502.jpg
b0226423_18145041.jpg
b0226423_18145740.jpg
b0226423_18150659.jpg
b0226423_18151272.jpg
b0226423_18151896.jpg
b0226423_18152475.jpg
b0226423_18153101.jpg
b0226423_18153815.jpg
b0226423_18154601.jpg
b0226423_18155214.jpg
b0226423_18155979.jpg
b0226423_18160520.jpg
b0226423_18161145.jpg










by Sha-Sindbad | 2017-10-29 17:40 | Elmar65/3.5 | Comments(0)

1882 伽藍写(2017年8月10日エルマジ95㎜F2.2で東大寺乱写)5 衝立効果


近頃、ちょっと多忙のようで、毎日出歩いています。
毎日かかさずウォーキングをすることにしたことも手伝っています。
ひたすら歩くことに徹するのが本当のウォーキングでしょう。
でも、性格が邪魔してしまいます。
単に歩くだけでは、時間の無駄のように感じてしまいます。
そこで、撮影も同時にやってしまう。
そうすると、どうしても散歩の時間が長くなります。
なぜなら、「なにかに出会って撮る」という喜びが募るからです。

たとえば、食事を作ったり、食器を洗うといった家事を、
退職以来、随分沢山分担しています。
家事そのものが大切な仕事であることは十分承知していますが、
そんなとき、ウォークマンで朗読を聞き、音楽を楽しむと、
大切な仕事をさらに楽しむことができる、
楽しめば、さらに念入りにすることさえできる、
そんな我田引水的理屈。

でも、外出をしてもなお、家事の分担分は減らないので、
ますます忙しくなる道理。
おかげで、ブログの更新がなおざりになってしまいます。

私のこうした駄弁は、なにか大切なことを書きたいとしても、
全然インスピレーションが湧かないときの常套手段。
幸いキーボードの入力は得意中の得意。
完全ではありませんが、ほぼ考える速度で入力できます。

よほど考える速度が遅いんだねと突っ込まれそうですが、
その通りなので、あえて反論はしないことにしています。
でも、実のところ、こうした駄弁はちょっとした戦術。
私の文章は日記であり、日々の思考の記録なのですが、
その反射的効用は衝立効果。

私の文章があまりにもプライベートなので、
誰も読み進めない。
おかげで、私の写真を観る人がますます少なくなります。
観ていただいても、ろくな印象は抱かれないだろう、
ということが分かっているので、
そもそも写真に目を通したいという気持ちを殺ぐ効果。

なぜ、そんな効果を狙うか?
私は写真を単なる人生の歩みの記録として撮っているのに、
人が私のブログを写真作品の展示と思う間違う危険があるから。
どうやら今の所、私の意図は狙い通りの効果を奏しているようです。

今日も吉田正さんの写真教室のメンバーからぼやかれました、
「ブログ、目を通しましたが、どうも、文章が長くて」
私、しめしめというところ。


b0226423_23133831.jpg
b0226423_23133337.jpg
b0226423_23144746.jpg
b0226423_23145940.jpg
b0226423_23150756.jpg
b0226423_23151369.jpg
b0226423_23154142.jpg
b0226423_23154769.jpg
b0226423_23155431.jpg
b0226423_23160032.jpg
b0226423_23160032.jpg
b0226423_23160675.jpg
b0226423_23160675.jpg
b0226423_23161426.jpg
b0226423_23161426.jpg
b0226423_23161426.jpg
b0226423_23161426.jpg
b0226423_23162771.jpg
b0226423_23162771.jpg
b0226423_23163444.jpg
b0226423_23163444.jpg
b0226423_23164296.jpg
b0226423_23164296.jpg
b0226423_23164842.jpg
b0226423_23164842.jpg
b0226423_23175978.jpg
b0226423_23175978.jpg
b0226423_23180731.jpg
b0226423_23180731.jpg
b0226423_23181233.jpg
b0226423_23181233.jpg
b0226423_23181233.jpg
b0226423_23182233.jpg
b0226423_23182893.jpg
b0226423_23183788.jpg
b0226423_23184437.jpg
b0226423_23185343.jpg
b0226423_23185909.jpg
b0226423_23190708.jpg
b0226423_23191233.jpg
b0226423_23191766.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-21 23:35 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1881 伽藍写(2017年8月10日エルマジ95㎜F2.2で東大寺乱写)4 台風18号


台風18号が接近中ですね。
私の住む奈良では、昨夜、半時間ほど囂々吹き荒れました。
物が飛ぶ音もしました。
台風の渦の一番長い腕がかろうじて奈良をかすったようです。
まだ台風の目は九州の海上沖だったのですから、
なんとも壮大な大車輪。

今日は昼食後、1時間、ぐるりと散歩してきました。
アンジェニュー50mmF0.95をオリンパスEP-L1に付けました。
風一つなく、静穏な散歩でしたが、
畑に出た農家の人が2人、ほとんど車もなく、
郵便屋さんのバイクに出会っただけ。

皆さん息を潜めて台風を待っているか、と言いますと、
そうでもなく、もともと出歩く元気のある人がほとんど居ない、
いわば過疎の地域になりつつあるだけかもしれません。

お陰さまで、というわけではなく、いつものことなのですが、
1時間で130枚の収穫でした。

我が家もひっそり閑としています。
妻は、大阪での馬頭琴のコンサートに出かけてしまいました。
行くと決めたら、槍が降ろうが台風が来ようが、行く!
そういう人です。
友人の家に泊まるよう、厳命しましたが、心配。

午後5時半頃から台風が猛威を振るい始めたようです。
かなり不穏なほどの烈風が戸外を荒し回っている気配。
まだ四国上陸したばかりという状態でこの荒れ方。
近頃稀な大型台風のようです。
あんまりうるさいので、毒をもって毒を制す、
ワーグナーの「ジークフリートの葬送行進曲」を新しい録音で、
ということで、YouTubeで、格好の演奏を見つけました。
Wagner Götterdämmerung - Siegfried's death and Funeral march
Klaus Tennstedt London Philharmonic
(https://www.youtube.com/watch?v=wXh5JprKqiU)
どこかで大きな被害がなければよいのですが..........................................

と、ここまで記事を書いたところで、
妻から20分前のラインのメールを発見。
「今から帰る」
電話すると、
「大丈夫、近鉄電車は平常運転してる」
「平常運転って???
こちら、轟々吹き荒れてるのに?
タクシーなんかないよ」
「大丈夫、もう近鉄奈良駅に着いたから.....」

こうならないか、心配していたのです。
台風よりも強力!
でも、心配。



b0226423_18264796.jpg
b0226423_18270081.jpg
b0226423_18270592.jpg
b0226423_18271085.jpg
b0226423_18271511.jpg
b0226423_18272363.jpg
b0226423_18272918.jpg
b0226423_18273587.jpg
b0226423_18274725.jpg
b0226423_18281810.jpg
b0226423_18282424.jpg
b0226423_18283077.jpg
b0226423_18283583.jpg
b0226423_18284174.jpg
b0226423_18284892.jpg
b0226423_18285330.jpg
b0226423_18285977.jpg
b0226423_18290588.jpg
b0226423_18294311.jpg
b0226423_18294959.jpg
b0226423_18295668.jpg
b0226423_18352012.jpg
b0226423_18352604.jpg
b0226423_18353834.jpg
b0226423_18354637.jpg
b0226423_18355147.jpg
b0226423_18355707.jpg
b0226423_18360281.jpg
b0226423_18360996.jpg
b0226423_18361646.jpg



by Sha-Sindbad | 2017-09-17 18:43 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1880 伽藍写(2017年8月10日エルマジ95㎜F2.2で東大寺乱写)3 東大寺へ



東晋の時代、老荘思想の影響下、清談が流行しました。
その前の後漢字末から三国時代にかけて、
中国は秦から前漢への移行期に優る乱世となり、
全土荒れ果て、人口が激減しました。
まさにこの世の末、とでも言いたくなるような時代でした。
清談思想はな末世への厭世に後押しされていたのかも知れません。

2人の英才が隠棲し、自給自足の生活を楽しみました。
2人で畑を耕しているとき、1人の鍬がなにか固い物に当たりました。
彼はそれが何なのか調べるために取り上げました。
もう1人はそれを観て、娑婆っ気が残っているのを見抜き、
即座に友情を絶ったのだそうです。
厳し過ぎると言えそうですが、調べた方は後年出世して、
権勢のある政治家になったのですから、
もう一人の判断は正確だったようです。

いかなる取るに足りない言動にも人間が露呈する、
これは春秋時代からおそらく現代まで、
優秀な中国人が一貫して信じてきた、人物鑑定法。
春秋左氏傅、史記に同種の話は枚挙にいとまがありません。

そこで、問題。
そんな鋭い人間観察力を備えた慧眼の士が、
我がブログを偶然のぞいて、私のロボグラフィを観たとき、
撮影者である私をどう鑑定するでしょうね?
ロボグラフィを撮るって、土の下のものを持ち上げてみる、
これになんだか近い行動かもしれませんねえ?

一生の同志として共に生きるに値する人物である!
なんて、思うことはないでしょうねえ?
訳の分からない写真ばっかり撮りおって!
こんな人物、断じて信用できん!
なんだか、即座にそう鑑定されてしまいそうですね。

でも、不思議ですね。
そんな風に断罪されても、なんだか平気ですね。
私が自分のためにこんな写真を喜んで撮る、
そんなことができるって、面白い!
これも一種の竹林の思想なんじゃないかな?
むしろそんな感じですね。



b0226423_22540261.jpg
b0226423_22541576.jpg
b0226423_22542119.jpg
b0226423_22542722.jpg
b0226423_22543329.jpg
b0226423_22543883.jpg
b0226423_22544307.jpg
b0226423_22545016.jpg
b0226423_22545586.jpg
b0226423_22550089.jpg
b0226423_22550759.jpg
b0226423_22551233.jpg
b0226423_22551755.jpg
b0226423_22552436.jpg
b0226423_22552995.jpg
b0226423_22553554.jpg
b0226423_22554014.jpg
b0226423_22554869.jpg
b0226423_22555538.jpg
b0226423_22560218.jpg
b0226423_22560702.jpg
b0226423_22561544.jpg
b0226423_22562112.jpg
b0226423_22562644.jpg
b0226423_22563151.jpg
b0226423_22563792.jpg
b0226423_22564376.jpg
b0226423_22565588.jpg
b0226423_22570244.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-09-16 22:58 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)