人気ブログランキング |

レンズ千夜一夜

<   2019年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2059 はんなりと(2018年7月19日奈良町をおぼろに歩くダルメイヤー25㎜F1.9)



昨日、ほんのちょっとした気持ちがそよいだのでしょうか?
銀塩フィルム時代に作った写真集の1冊を開いてみました。

「※※写真選集17 太宰の故地金木で想うはやはり太宰のこと」

なんて、「太宰」ならぬダサい題名が恥ずかしげもなく、
黒生地の布装の背表紙に、白字の型押しで刻印されています。
2005年に大阪長居の雲雀屋製本所で完璧に製本してもらった、
たった1冊の私家版写真集。

これが凄いのです。
製本したときのままにピッカピカの新刊本なのですから。
製本がかなり上質な上に、印刷がいい。
オリンパスP-400という昇華型熱転写プリンタのプリント。
知る人ぞ知る最高の写真プリンタの一つです。
一切の劣化が認められない、極上の印刷で、
私のいとしい写真たちが並びます。
ちゃあんと前書きお後書きも奥付もあります。
50枚ほど、金木界隈で私が撮った写真たちなのです。
たった2時間半滞在しただけなのに、一冊にしちゃう!
まさに今ブログでやっているのとかなり似た、大盤ぶるまい。

もちろんロボグラフィも含まれていますが、
大半はストリートフォト。
ほとんどホロゴンウルトラワイドの写真です。
ちょっと重すぎる仕事の重圧から逃れたいと、
しばし過ごしたリフレッシュ効果でしょうか?
今の私には絶対に撮れない気合いのこもった写真が並びます。
ちょっと涙をこぼしそうになりました。
「ああ、こんな時代もあったんだなあ.........
あの頃は、ああ、若かったなあ............
あの頃は、写真らしい写真をマジメに撮っていたなあ............」

当時の写真なら、人にアピールするかも知れません。
おっと正直にならなきゃ、ね。
本当は受けませんでした。
ホロゴンのような超広角写真は珍しすぎたようです。
それでも、まだ人に見せるつもりで撮っていたのですから、
まだ懲りてはいなかったようです。
でも、結局は懲りてしまい、
人に写真作品を見せるという気持ちを永遠に失ってしまいました。

今の私の写真は、自分だけの気持ちが生み出したもの、
人には分からないでしょう。
分かってたまるか!
という感じも少しありますが。

ということは、どういうことなんだろう?
ちょっと考えてしまいます。
頑固すぎるんじゃない?
やっぱり、歳をとったのかなあ?
それでも、全然反省の気持ちが起こらないのは、
私が社会からほとんど片足踏み出してしまい、
少しずつですが、隠者の境地に移りつつあるのかも知れません。
困惑、焦り、後悔、寂寥の気持ちは起こりませんね。
独りが一番!

今時のテレビや新聞を喜んで見ている人たちなんかと、
付き合いたいとは思わないし、
私の写真を見て欲しいなんて露ほども願いませんね。
自分の人生を築くため、自分の足で歩き、
自分の目で見、自分の頭で考え、感じ、
自分の言葉で語ろうとする人だったら、
付き合いたいし、私の写真を見てもらってもよいな、
そんな感じはまだ私の心に残っているのですが、
そんな人には滅多に会いません。

というわけで、私の数十冊の写真集は、
私とともに滅びてゆき、
かなり確実な噂では、もうしばらくしたら、
エキサイトがブログ事業から撤退し、
私のブログも消え失せてしまうようで、
そんな運命が脳裏に浮かびます。

でも、それで、私の営為が、私にとって無駄になるとは思いませんね。
ひたすら生き、ひたすら写真を撮り続けたから、
そんなこともでできたのであって、
私にとっては幸せな思い出ばかりだし、
その後もなお人生を愛し、爽やかに生き続けることにしましょう。
そんな事ができる方が遙かに大切ですね。

さて、今回はそんな隠者にふさわしい、おぼろレンズです。
ダルメイヤーの廉価版ペッツヴァールコピーレンズ、
ダルメイヤー25㎜F1.9。
このレンズの穏和、柔和な地味描写を前にしますと、
静かに一つうなづいてしまいます。
黄昏の私にはかなり似合ったレンズかも知れないな?

たそがれどきのレンズ。



b0226423_17360253.jpg
b0226423_17361130.jpg
b0226423_17361706.jpg
b0226423_17362296.jpg
b0226423_17362779.jpg
b0226423_17363243.jpg
b0226423_17363729.jpg
b0226423_17365375.jpg
b0226423_17370017.jpg
b0226423_17371080.jpg
b0226423_17371520.jpg
b0226423_17372424.jpg
b0226423_17373005.jpg
b0226423_17373549.jpg
b0226423_17374036.jpg
b0226423_17374692.jpg
b0226423_17375129.jpg
b0226423_17380265.jpg
b0226423_17380817.jpg
b0226423_17382172.jpg
b0226423_17383376.jpg
b0226423_17384174.jpg
b0226423_17385212.jpg
b0226423_17402223.jpg
b0226423_17402905.jpg
b0226423_17403671.jpg
b0226423_17404111.jpg
b0226423_17404710.jpg
b0226423_17405234.jpg
b0226423_17405828.jpg
b0226423_17410307.jpg
b0226423_17410954.jpg
b0226423_17411567.jpg
b0226423_17412120.jpg
b0226423_17412625.jpg
b0226423_17413306.jpg
b0226423_17413922.jpg
b0226423_17414639.jpg
b0226423_17415647.jpg
b0226423_17421630.jpg
b0226423_17422253.jpg
b0226423_17422869.jpg
b0226423_17424331.jpg
b0226423_17424945.jpg
b0226423_17425624.jpg
b0226423_17430365.jpg
b0226423_17430861.jpg
b0226423_17431551.jpg
b0226423_17432108.jpg
b0226423_17432666.jpg
b0226423_17433231.jpg
b0226423_17433870.jpg
b0226423_17441529.jpg
b0226423_17442017.jpg
b0226423_17442630.jpg
b0226423_17443345.jpg
b0226423_17444402.jpg
b0226423_17445073.jpg
b0226423_17445633.jpg
b0226423_17450635.jpg
b0226423_17452892.jpg
b0226423_17453719.jpg
b0226423_17454609.jpg
b0226423_17455339.jpg
b0226423_17455928.jpg
b0226423_17460767.jpg
b0226423_17461427.jpg
b0226423_17462041.jpg
b0226423_17462676.jpg
b0226423_17463358.jpg
b0226423_17464674.jpg
b0226423_17465236.jpg
b0226423_17465881.jpg
b0226423_17470421.jpg
b0226423_17460767.jpg
b0226423_17461427.jpg
b0226423_17462041.jpg
b0226423_17462676.jpg
b0226423_17463991.jpg
b0226423_17464674.jpg
b0226423_17465236.jpg
b0226423_17465881.jpg
b0226423_17470421.jpg

by Sha-Sindbad | 2019-02-23 17:51 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)

2058 青の交響曲(2018年8月14日天王寺発贅沢特急で吉野を訪れたゾンネタール50㎜F1.1S)極上レンズ!



近ごろ、ヴァリオペッツ57㎜F2をしきりに使って、

そのソフトな描写にしびれている内に、ふっと、思いつきました。

宮崎貞安さんの製作したレンズ中の最高峰、

ゾンネタール50㎜F1.1Sの描写とはどう違うんだろう?


昨年8月の使用例が見つかりました。

旅が趣味の妻が近鉄電車の特別仕立ての特急、

「青の交響曲」に乗ってみよう!

その日の撮影分んです。


私の趣味は妻の旅の間、子供達(猫ですが)とお留守番。

レンズ趣味が一時期高じて、かなりレンズを収集してしまいました。

そんな風にさまざまなレンズが手にはいると、旅をしたくなる、

そんなコレクターも多いでしょう。

私は元々レンズコレクターではなくて、

あくまでもロボグラフィ撮影のためのレンズ探し。

大抵の方なら、よいレンズが手にはいると、

そのレンズを活かす最高のロケーションを探すものです。

私は違います。

よいレンズが手に入れば入るほど、普段の撮影地で撮りたくなる。

家の近くが一番。

完全出不精なのでしょう。


大抵の動物、昆虫にとって、縄張りとは、

自分の巣を中心に、この巣を守るためのエリアとして成立します。

私もどうやら動物の一種らしい。

私の巣は書斎なのです。

だから、書斎から出て、書斎に帰れるエリア、これが私の縄張り。


「青の交響曲」かなんだかしりませんが、

名前はちょっと洒落てるけど、ただの特急じゃないの!

とぶつぶつ、と言っても、妻に聞こえぬ小声で、不平を鳴らしつつ、

まず大阪天王寺駅界隈を撮影してから、特急に乗り込みました。


セットは、私にとっては定番中の定番。


   ソニーα7

   ゾンネタール50㎜F1.1S


「S」は「ソフト」の記号です。

宮崎貞安さんが、私の再三の希望を汲んでいただいて、

作られた16本ほど特別仕様ソフトレンズです。

その№1が私のレンズです。

私にとっては、ホロゴン、パンタッカー50㎜F2.3、スピードパンクロ35㎜F2、

マクロスイター50㎜F1.8と並ぶベスト5の逸品。


その性能については、書くまでもないはず。

写真をごらん頂いたら、よく、お分かりいただけるでしょう。




b0226423_21484333.jpg
b0226423_21485095.jpg
b0226423_21485575.jpg
b0226423_21490062.jpg
b0226423_21490460.jpg
b0226423_21491081.jpg
b0226423_21491659.jpg
b0226423_21492109.jpg
b0226423_21492629.jpg
b0226423_21493188.jpg
b0226423_21493740.jpg
b0226423_21494711.jpg
b0226423_21495241.jpg
b0226423_21495897.jpg
b0226423_21500494.jpg
b0226423_21501227.jpg
b0226423_21501965.jpg
b0226423_21502404.jpg
b0226423_21502968.jpg
b0226423_21503604.jpg
b0226423_21504237.jpg
b0226423_21504895.jpg
b0226423_21505564.jpg
b0226423_21510356.jpg
b0226423_21511619.jpg
b0226423_21512310.jpg
b0226423_21512984.jpg
b0226423_21513956.jpg
b0226423_21514648.jpg
b0226423_21515809.jpg
b0226423_21520547.jpg
b0226423_21521078.jpg
b0226423_21521873.jpg
b0226423_21522394.jpg
b0226423_21523336.jpg
b0226423_21531290.jpg
b0226423_21532360.jpg
b0226423_21532904.jpg
b0226423_21533692.jpg
b0226423_21534257.jpg
b0226423_21535151.jpg
b0226423_21535856.jpg
b0226423_21540437.jpg
b0226423_21541144.jpg
b0226423_21542426.jpg
b0226423_21543106.jpg
b0226423_21543746.jpg
b0226423_21544370.jpg
b0226423_21551193.jpg
b0226423_21551700.jpg
b0226423_21552299.jpg
b0226423_21552886.jpg
b0226423_21553510.jpg
b0226423_21560019.jpg
b0226423_21560932.jpg
b0226423_21561978.jpg
b0226423_21562559.jpg
b0226423_21563175.jpg
b0226423_21564089.jpg
b0226423_21564630.jpg
b0226423_21565718.jpg
b0226423_21570557.jpg
b0226423_21571136.jpg
b0226423_21571861.jpg
b0226423_21572474.jpg
b0226423_21573023.jpg
b0226423_21573695.jpg
b0226423_21574362.jpg
b0226423_21574970.jpg






by Sha-Sindbad | 2019-02-19 22:02 | SonnetarS50mmF1.1 | Comments(0)

2057 幽玄が(2018年1月29日奈良の風土にヴァリオペッツ57㎜F2ののどかさが見事調和し)救世主!




レンズ名人宮崎貞安さんニューレンズ、
ヴァリオペッツ57㎜F2、
合計8回、おそらく2000枚を超える試写をさせていただきました。
そのすべてを総決算した結果として、
私はこのレンズを購入させていただきました。

もう一度、全写真をおさらいしてみて、
結局、私を決断させたのは、今回のシリーズに含まれる3枚でした。
ラストから8枚目からの3枚の同じ木の写真です。
林間の樹幹がまるで森のエルフのようにすらりと立っている姿。
清冽で、深みをたたえた樹の精霊、
そう思わせる木の写真を撮ったのは初めて。

本レンズはレンズ底部に5つのポイントがうたれ、
その指標ごとに、レンズの描写を変えることができます。
デフォールトは中央のポイント3。
ペッツヴァール特有の透明感溢れる写真が撮れます。
ポイント1はタンバール仕様。
ポイント5はキノプラズマート仕様。
私はポイント1と5を一回ずつ試写しました。
レンズの性格が見事に変わります。
ポイント5となると、約3mあたりまでしか撮れないので、
かなり使い勝手に制約を感じます。
そこで、ポイント4を試してみました。
無限遠まで撮れて、しかもキノプラズマート風。
これはかなり使えそうです。
まだ撮っていませんが、
今回試写しなかったポイント2もそれなりに面白い描写でしょう。
最終的には、自分のお好みの設定に落ち着くことになるでしょう。
となると、この自由度の広さは極めて有用となりそうです。

それにしても、宮崎貞安さんに感謝!
凄いレンズを創造されたものです。

現代のレンズ制作者たちはかわいそうです。
極めて制約されたニーズに縛られている感じがします。
レンズそのものに独自の味わい、個性など余計です。
写真家は、今や、Photoshopで勝負する時代です。
ニュートラルで、自由自在にPhotoshopで加工できる原版を生産する、
そんな下請け業をカメラとレンズは担います。
芸術性はPhotoshop等の画像処理ソフトのテクニックにかかっている。
だから、大手レンズ会社も群小レンズ会社も、
レンズデザインもレンズの品質もすべてコンピュータ設計に委ねて、
甲乙付けがたいニュートラルな性能のレンズを供給するようです。
私は自分では使っていませんが、
写真教室の皆さんの作品でその性能の凄さは分かります。
私の欠点だらけの古典レンズによる写真とは比較にならない、
超精密画像に仰天させられます。
でも、そんなレンズで撮りたいか?
と、問われますと、頭を横に振るより仕方がありません。
私は、人間も写真も優等生は大嫌い、そう言わざるを得ません。
それが私、とでも言うより仕方がありませんね。
退職することにより、そんな優等生の皆さんとの交流は絶ちました。
優等生レンズの皆さんとはもともと写真生活の中で無縁でした。
どこまでも、癖と欠点だらけのレンズたちと付き合いながら、
生きて行くことにしましょう。

でも、伝説的な名レンズたちの市場価格は、
中国を初めとする諸国の富豪コレクターたちの市場参入により、
私たちの手の届かない高みに跳ね上がってしまいました。
そのような時代にあって、
偉大な歴史的名レンズたちを使ってみたい貧乏写真趣味人たちに、
驚くほどリーズナブルな価格で、
夢のレンズたちを再現してくださる宮崎貞安さんは、
救世主のような存在であると言ったら過言でしょうか?





b0226423_18141391.jpg
b0226423_18142086.jpg
b0226423_18142726.jpg
b0226423_18143349.jpg
b0226423_18143917.jpg
b0226423_18150472.jpg
b0226423_18151081.jpg
b0226423_18151645.jpg
b0226423_18152267.jpg
b0226423_18152756.jpg
b0226423_18153441.jpg
b0226423_18154568.jpg
b0226423_18155041.jpg
b0226423_18155589.jpg
b0226423_18160143.jpg
b0226423_18160775.jpg
b0226423_18161233.jpg
b0226423_18162220.jpg
b0226423_18162915.jpg
b0226423_18163484.jpg
b0226423_18163993.jpg
b0226423_18164708.jpg
b0226423_18165466.jpg
b0226423_18170016.jpg
b0226423_18170646.jpg
b0226423_18171178.jpg
b0226423_18172795.jpg
b0226423_18173328.jpg
b0226423_18173934.jpg
b0226423_18174494.jpg
b0226423_18175044.jpg
b0226423_18175544.jpg
b0226423_18180258.jpg
b0226423_18180851.jpg
b0226423_18181453.jpg
b0226423_18182018.jpg
b0226423_18182665.jpg
b0226423_18183925.jpg
b0226423_18184481.jpg
b0226423_18185740.jpg
b0226423_18190630.jpg
b0226423_18191509.jpg
b0226423_18192187.jpg
b0226423_18192696.jpg
b0226423_18194482.jpg
b0226423_18195025.jpg
b0226423_18200745.jpg
b0226423_18201946.jpg
b0226423_18202510.jpg
b0226423_18203877.jpg
b0226423_18204490.jpg
b0226423_18205041.jpg
b0226423_18205690.jpg
b0226423_18210225.jpg
b0226423_18211495.jpg
b0226423_18212077.jpg
b0226423_18212630.jpg
b0226423_18213242.jpg
b0226423_18213809.jpg
b0226423_18214374.jpg
b0226423_18214907.jpg
b0226423_18215613.jpg
b0226423_18220726.jpg
b0226423_18221615.jpg
b0226423_18222494.jpg
b0226423_18223175.jpg
b0226423_18223703.jpg
b0226423_18224341.jpg







by Sha-Sindbad | 2019-02-17 18:45 | Variopetz57/2 | Comments(0)

2058 至る所に(2017年12月18日西大寺との往還にヒストリオプロト40㎜F6.3が異貌遍歴)



現代のレンズ名人、宮崎貞安さんのヒストリオプロト40㎜F6.3は、
ツァイスが世に最初に問うた、いわば渾身の名玉プロターの現代版。
F値が6.3と大変に暗かったので、ボケ効果は期待できません。
ひたすら対象と渾身の四つ相撲を挑むというタイプの傑作。

私も大変に気に入って、入手させていただき、
本ブログに短期間に18回も作例をアップしました。
いかにもプロターらしい、腰の据わった実質感がたまりません!
ちょっと古くなりましたが、
というのも、ブログにアップしていない写真群が数十以上あるから、
とにかく真っ正直に全部ブログに出演させてあげたい親心で、
遅れ遅れしながら、ぼちぼちとブログに掲載しているわけです。

人間でも、悠揚迫らざる物腰に、「この人、違う!」と思わせる、
そんな風格に満ちた人が居るものです。
私は、生涯、そんな人に憬れてきた、
なんてことが全然なかった人間です。
外観が良いのに、中身は空っぽな人に沢山出会ってきたからです。

それよりも、なんでもない普通のたたずまいの人で、
知り合ってみると、心はあたたかく、中身がずっしり詰まっている、
そんな人も、とても少ないけど、出会うと、嬉しいものです。
本物だ!
そんな実感があって、貴重な体験をさせていただけます。

Histrio-Prot40mmF6.3

今回は、このレンズで撮った写真を一枚一枚、
ブログアップ用の小型ファイルに作り替えながら、
ああ、この日は、顔ばっかり撮っていたなあ!

どこに、顔?
ほとんどの方には見えないでしょう。
現実に、顔なんて、そこにはないのですから、
そう考えるのは当然です。

でも、私は、想像が大好きなのです。
子供の頃からずっと絶えず空想、想像しながら生きてきました。
そんな習癖が人生の邪魔になったとは思いません。
空想が洞察を突如引き出す切っ掛けになったこともよくあります。
あらゆるものにゲシュタルトを観ることは、
人生の至るところに隠されたものを見つけ出すのに一役買ってくれた、
そんな習慣が、洞察にもつながる精神の飛躍を引き出すことがある、
私は、そう信じています。

でも、写真では障害となります。
人にアピールしようとすると、人に共感してもらう必要があるからです。
写真のメッセージに上記のような想像が絡んだりすると、
大げさに言うと、誰も共感せず理解しない写真ばかり、
見境もなく山のように撮ることになりかねませんね。

ところが、私という人間、特殊な人間経験を重ねてきたようで、
人が共感しようがしまいが、気にならない。
とくに、写真趣味では、それが極端に現れて、
自分の写真は自分一人楽しめたら、それでよい!

アマチュア写真家の中には、自分では楽しめない写真を、
人の楽しみのために無理に撮っている人も居るようです。
どうしたら、人に受けるか?
それが究極の課題となっているみたい。
でも、考えてみてください。
成人してから、ピアノを習い始めて、
辻井邦明君のように弾けるようになりますか?
なりませんね。
アートはすべてそうです。
常に、最初に才能、次に努力、そして、運、
この3つがこの順番に揃わないと、本物のアーチストにはなれません。
写真も、ビジュアルなシーンを二次元のイメージに変換するのですから、
たとえドキュメンタリストであっても、優れた画像を得るためには、
アート的な感性を生まれつき備えていることが絶対条件。

私にあなたにもそんな才能など欠片もありません。
なぜ、それが分かるんだ?
そんな才能を備えている人だったら、こんなブログには来ないから!

だから、自分のために、自分がたのしめるように、
気楽に写真を撮りましょう。
そして、人に見せて、「ハハーッ、恐れ入りましたあ!」なんて、
平伏させてやろう、なんて、夢にも考えない、
それが人生の得策ですよ。

ヒストリオプロト40㎜F6.3は、そんなただの写真好きの私には強い味方。
レンズ特性ゆえに、常にずしりとした重みを画像に備えさせてくれます。
私は、手を伸ばした先に見えるソニーα7の拡大設定の液晶画面で、
ピントを確認したら、構図なんか無視して、さっと撮ります。
ホロゴンウルトラワイドを四半世紀常用してきたお陰で、
カメラ、レンズを常に水平垂直に構える癖がついています。
だから、どう撮ろうと、正立、直立像が撮れます。
帰宅して、マックの液晶画面で写真たちをさっとチェックして、
私はいつも呟く言葉を心の中に吐きます、
「ヒストリオプロト君、ありがとう!」



b0226423_15355742.jpg
b0226423_15360333.jpg
b0226423_15360928.jpg
b0226423_15361469.jpg
b0226423_15362087.jpg
b0226423_15362883.jpg
b0226423_15363492.jpg
b0226423_15363930.jpg
b0226423_15364551.jpg
b0226423_15365038.jpg
b0226423_15365674.jpg
b0226423_15370203.jpg
b0226423_15370796.jpg
b0226423_15371317.jpg
b0226423_15372027.jpg
b0226423_15372670.jpg
b0226423_15390372.jpg
b0226423_15390824.jpg
b0226423_15391422.jpg
b0226423_15391893.jpg
b0226423_15392496.jpg
b0226423_15392902.jpg
b0226423_15393784.jpg
b0226423_15394414.jpg
b0226423_15395043.jpg
b0226423_15395579.jpg
b0226423_15400125.jpg
b0226423_15400656.jpg
b0226423_15401130.jpg
b0226423_15401613.jpg
b0226423_15402804.jpg
b0226423_15403435.jpg
b0226423_15404037.jpg
b0226423_15404669.jpg
b0226423_15405159.jpg
b0226423_15405722.jpg
b0226423_15410283.jpg
b0226423_15410864.jpg
b0226423_15411445.jpg
b0226423_15412049.jpg
b0226423_15412617.jpg
b0226423_15413216.jpg
b0226423_15414067.jpg
b0226423_15414803.jpg
b0226423_15415933.jpg
b0226423_15420526.jpg
b0226423_15421574.jpg
b0226423_15422140.jpg
b0226423_15422737.jpg
b0226423_15423376.jpg
b0226423_15423984.jpg
b0226423_15424656.jpg
b0226423_15433497.jpg
b0226423_15434155.jpg
b0226423_15434722.jpg
b0226423_15435324.jpg
b0226423_15440022.jpg
b0226423_15440631.jpg
b0226423_15441211.jpg
b0226423_15441968.jpg
b0226423_15442582.jpg
b0226423_15443134.jpg
b0226423_15443715.jpg
b0226423_15444356.jpg
b0226423_15444924.jpg
b0226423_15445637.jpg
b0226423_15450896.jpg
b0226423_15451591.jpg
b0226423_15452121.jpg
b0226423_15452778.jpg





by Sha-Sindbad | 2019-02-15 15:48 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

2057 穏やかに(2018年8月13日大阪天満橋筋商店街ならペッツヴァール58㎜F2.3に任しとき)



今日はひさしぶりに付虹先生の揚琴レッスンでした。
「彈詞三六」、通常「三六」で通じる揚琴の名曲です。
もちろん私が完全に演奏できるような、簡単な曲ではありません。
でも、楽しい!
一つには、揚琴演奏技術の基本中の基本、スティックの手首奏法を、
近頃なんとかマスターできたのでのです。
もちろん手首が廻るようになったからと言って、
難曲がスイスイと弾けるようになるわけではありませんが、
音を出すのが楽しくて仕方がないという、初心者の歓びで十分満足。

これと同じことが写真でも言えそうです。
写真撮影技術の基本中の基本は、自分の被写体が見つかること。
私のように、風景写真とはてんで無縁、ひたすらストリートフォト、
という人間には、「自分の被写体」なるものを限定するのは難しい。
スナップ屋なら、目指すものは、ストリート上での人間模様となります。
でも、そう簡単に路上でフォトジェニックな人々の交錯など見つかりませんね。
だから、どうなるか?
目指すものは分かっているので、昔のスナップ屋は、
いつ何時眼前で起こるかも知れない人間模様に瞬時に対処すべく、
油断無く気構えしながら、目を鋭く左右に、前方にと走らせて進みます。
スリ専門の刑事がスリを捜す姿にちょっと似ています。
ちょっとカッコいいのです。

ところが、ロボグラファー(ロボグラフィを撮る人、もちろん私の造語)は、
スナップ屋のように、油断のないスタイルとはちょっと違います。
簡単に言えば、殺気がない。
突然ふっと発見するあたりの最初の雰囲気はちょっと似ています。
おっ、居たな!
でも、それからが違います。
好きなように料理できるのですから、あわてる必要がありません。
スナップ屋なら、撮ったこと自体、よそ見には分かりません。
必殺居合い抜きのようなものです。
ロボグラファーは、
「やあやあ、居ましたねえ、逃がしませんよお」なんて、
のんきに嘯きながら、ゆったりと近づき、
ときにはしゃがみ込んで、やおらレンズを向けます。
撮り終わったら、わざわざ被写体に声をかけたりします、
「ありがとう! よいところで出会いましたねえ!」

この日は中将姫光学さんからお借りしていた、
おそらく19世紀のペッツヴァールレンズ、
ペッツヴァール58㎜F2.3です。
なおのこと、のどかに撮りたい気分に誘われる名玉です。
日本一長いと言われるアーケード商店街の天神橋筋商店街。
私の第一級ロボグラフィ地です。
人に見せて、
「どうだ! 凄いだろ!」と自慢する写真じゃありません。
ひたすら私がそのとき味わっていた至福を思い出すよすが。



b0226423_17025980.jpg
b0226423_17030882.jpg
b0226423_17031324.jpg
b0226423_17031894.jpg
b0226423_17032335.jpg
b0226423_17032964.jpg
b0226423_17033426.jpg
b0226423_17033985.jpg
b0226423_17034456.jpg
b0226423_17035033.jpg
b0226423_17035565.jpg
b0226423_17040062.jpg
b0226423_17040659.jpg
b0226423_17041149.jpg
b0226423_17041650.jpg
b0226423_17042120.jpg
b0226423_17042705.jpg
b0226423_17043870.jpg
b0226423_17044426.jpg
b0226423_17044915.jpg
b0226423_17045431.jpg
b0226423_17050101.jpg
b0226423_17050890.jpg
b0226423_17051470.jpg
b0226423_17052071.jpg
b0226423_17054318.jpg
b0226423_17054846.jpg
b0226423_17055419.jpg
b0226423_17060077.jpg
b0226423_17060521.jpg
b0226423_17061116.jpg
b0226423_17061725.jpg
b0226423_17062326.jpg
b0226423_17063086.jpg
b0226423_17063582.jpg
b0226423_17064209.jpg
b0226423_17064891.jpg
b0226423_17065432.jpg
b0226423_17070097.jpg
b0226423_17070509.jpg
b0226423_17071503.jpg
b0226423_17072277.jpg
b0226423_17073013.jpg
b0226423_17073846.jpg
b0226423_17074481.jpg
b0226423_17075081.jpg
b0226423_17075622.jpg
b0226423_17080280.jpg
b0226423_17080807.jpg
b0226423_17081556.jpg
b0226423_17082264.jpg
b0226423_17082848.jpg
b0226423_17083478.jpg
b0226423_17084182.jpg
b0226423_17084775.jpg
b0226423_17085307.jpg
b0226423_17090068.jpg
b0226423_17090797.jpg
b0226423_17091376.jpg
b0226423_17091811.jpg
b0226423_17092424.jpg
b0226423_17094022.jpg
b0226423_17094765.jpg
b0226423_17095325.jpg
b0226423_17100025.jpg





by Sha-Sindbad | 2019-02-12 17:12 | petzval58/2.3 | Comments(0)

2056 清澄(2018年5月23日奈良白毫寺町をゾンネタール73㎜F1.5が爽やかに過ぎ)2 夢と同じ材料で



「私たちは夢と同じ材料でできていて、
私たちのささやかな一生は眠りで仕上げられる」
    We are such stuff as dreams are made on;
     and our little life is rounded with a sleep.

シェークスピアの「嵐」のセリフですね。
私はこの言葉に出会ったのは、学生の頃です。
筑摩書房の世界古典文学全集の中で。
厳しい現実の中に放り出されようとしている私には、
なんだかとても心を温めてくれる言葉でした。

シェークスピアって、驚くべき人ですね。
あの時代に、どうしてあんなにさまざまな時代の人間たちを、
まさに生きた人間として描き出すことができたのでしょう?
マクベス夫人もハムレットもシーザーもアントニーもプロスペロも、
その人そのままに生彩溢れる姿で登場します。
単なる教養ではとてもできたものではありません。

シェークスピアは現実に彼らに出会っていたに違いない!
もしかすると、シェークスピアは劇作に没頭すると、
夢の中で登場人物たちが現れて、まさに生きた姿を見せてくれたのでは?
そんな感じさえします。
「私の描く人たちは夢と同じ材料でできていて、
彼らのささやかな一生は私の眠りで仕上げられた」のではないでしょうか?

私は次第に唯我論に傾きつつあります。
世界は、生きている私のためにさまざまに波瀾万丈の姿を見せてくれている。
でも、私がこの世を去ると、すべては無に帰してしまう。
夢と同じように、現実の人たちも来りては去り、去ってしまうと、もう戻らない。
一体、どこに行ってしまったんだろう?
夢と同じように、現実世界も、私にはどうしようもなく変転して行きます。
でも、私という観察者、その中で生きる人間が居るから、
活き活きと生々流転して果てしない姿を見せてくれる。

私が夢幻的な画像をプレゼントしてくれるレンズたちを殊の外愛するのは、
こうした私の夢を美しい画像にしてくれるからかも知れません。

現代のレンズ名人、宮崎貞安さんの最近の傑作レンズ、
ゾンネタール73mmF1.5は、上記のような私の世界観を裏付けるように、
私の観る、あえかな、でも確かなドリームを画像にしてくれます。

どうやら、私にとって、レンズと写真は、夢見るための不可欠のツール、
そんな感じがしてきました。

子供の頃読んだ「サザエさん」で一つ印象的な漫画がありました。
マスオさんが巨大な暴漢と対決するのです。
その瞬間、彼は気づきます、
「そうだ、これは夢なんだ!
だとしたら、なにをしてもいいんだ!」
そして、私そっくりに、殴り合いのけんかなんかしたこともなかったのに、
ガツーン、暴漢を一撃ではり倒してしまうのです。

私たちも、マスオさんにならって、思いっきり夢を見ましょう。
夢も希望もない現実に打ちひしがれて、トボトボと歩み続けるのも人生なら、
「夢なんだ! なにをしてもいいんだ!」と思う存分やりたい放題するのも、
人生じゃありませんか?




b0226423_11394562.jpg
b0226423_11395327.jpg
b0226423_11400095.jpg
b0226423_11400556.jpg
b0226423_11401199.jpg
b0226423_11401796.jpg
b0226423_11402459.jpg
b0226423_11402946.jpg
b0226423_11403500.jpg
b0226423_11404111.jpg
b0226423_11404742.jpg
b0226423_11405361.jpg
b0226423_11410032.jpg
b0226423_11410742.jpg
b0226423_11411496.jpg
b0226423_11412056.jpg
b0226423_11412680.jpg
b0226423_11413872.jpg
b0226423_11414619.jpg
b0226423_11415148.jpg
b0226423_11415900.jpg
b0226423_11420873.jpg
b0226423_11421622.jpg
b0226423_11422339.jpg
b0226423_11422986.jpg
b0226423_11423532.jpg
b0226423_11424342.jpg
b0226423_11424923.jpg
b0226423_11425623.jpg
b0226423_11430419.jpg
b0226423_11432022.jpg
b0226423_11432787.jpg
b0226423_11433410.jpg
b0226423_11434053.jpg
b0226423_11434740.jpg
b0226423_11435343.jpg
b0226423_11440140.jpg
b0226423_11440888.jpg
b0226423_11441453.jpg
b0226423_11442135.jpg
b0226423_11443220.jpg
b0226423_11444093.jpg
b0226423_11445133.jpg
b0226423_11445954.jpg
b0226423_11450788.jpg
b0226423_11451419.jpg
b0226423_11452475.jpg
b0226423_11453406.jpg
b0226423_11454395.jpg
b0226423_11455191.jpg
b0226423_11455953.jpg
b0226423_11460510.jpg
b0226423_11461417.jpg
b0226423_11462285.jpg
b0226423_11462921.jpg
b0226423_11463608.jpg
b0226423_11464333.jpg
b0226423_11465146.jpg
b0226423_11470032.jpg
b0226423_11472355.jpg
b0226423_11473129.jpg
b0226423_11473921.jpg
b0226423_11474679.jpg
b0226423_11475413.jpg
b0226423_11480123.jpg
b0226423_11481756.jpg
b0226423_11482507.jpg

b0226423_11400095.jpg
b0226423_11400556.jpg
b0226423_11401199.jpg
b0226423_11401796.jpg
b0226423_11402459.jpg








by Sha-Sindbad | 2019-02-08 11:53 | Sonnetar73mmF1.5 | Comments(0)

2055 清澄(2018年5月23日奈良白毫寺町をゾンネタール73㎜F1.5が爽やかに過ぎ)1



日曜日、宮崎貞安さんに最新の試作レンズをお返ししました。

ヴァリオペッツ57㎜F2

一番印象に残った写真1枚をA4に、
その他、作例として参考になりそうなのを10枚ほどキャビネに焼いて、
6回の試写結果の写真全部を収めたDVDと一緒にお送りしました。

写真家なら、こんな無謀なことはしないでしょう。
舞台裏が丸見えになってしまうし、
写真の技量も撮影法も全部バレバレ。
でも、私は写真家じゃない、ただの素人なので、平気ですね。
宮崎貞安さんに参考にしていただきたい、ただそれだけ。

私の写真の程度は別として、
ヴァリオペッツの描写性能には目を見張るものがありました。
かなり繊細な描写なのですが、立体感があり、
しかも、開放でもかなり深い被写界深度。
それなのに、バックのボケは玄妙そのもので、極めて魅惑的。
もちろん、一本頂くことにしました。

このヴァリオペッツの先代で頂いたのが、

ゾンネタール73㎜F1.5

このレンズも繊細優美な描写性能を誇ります。
ライカの誇るエルマー74㎜F1.9とかなりスペックが似ているあたりが、
クラシックレンズファンには魅力の一つです。

今回は、このレンズの描写をごらん頂きましょう。




b0226423_15121735.jpg
b0226423_15122461.jpg
b0226423_15123181.jpg
b0226423_15123838.jpg
b0226423_15124380.jpg
b0226423_15124966.jpg
b0226423_15125467.jpg
b0226423_15125963.jpg
b0226423_15130455.jpg
b0226423_15131202.jpg
b0226423_15131922.jpg
b0226423_15140109.jpg
b0226423_15140988.jpg
b0226423_15141816.jpg
b0226423_15142525.jpg
b0226423_15143310.jpg
b0226423_15143910.jpg
b0226423_15144621.jpg
b0226423_15145208.jpg
b0226423_15145662.jpg
b0226423_15150272.jpg
b0226423_15150843.jpg
b0226423_15160931.jpg
b0226423_15161643.jpg
b0226423_15162357.jpg
b0226423_15163007.jpg
b0226423_15163654.jpg
b0226423_15164398.jpg
b0226423_15165084.jpg
b0226423_15165778.jpg
b0226423_15170394.jpg
b0226423_15170941.jpg
b0226423_15171476.jpg
b0226423_15172093.jpg
b0226423_15172501.jpg
b0226423_15173148.jpg
b0226423_15173600.jpg
b0226423_15174253.jpg
b0226423_15174744.jpg
b0226423_15175404.jpg
b0226423_15180155.jpg
b0226423_15180874.jpg
b0226423_15181449.jpg
b0226423_15182039.jpg
b0226423_15182719.jpg
b0226423_15183691.jpg
b0226423_15184278.jpg
b0226423_15184876.jpg
b0226423_15185581.jpg
b0226423_15190110.jpg
b0226423_15190834.jpg
b0226423_15191444.jpg
b0226423_15192187.jpg
b0226423_15193084.jpg
b0226423_15193729.jpg
b0226423_15194479.jpg
b0226423_15195174.jpg
b0226423_15195991.jpg
b0226423_15200663.jpg
b0226423_15201371.jpg
b0226423_15202078.jpg
b0226423_15202811.jpg
b0226423_15192187.jpg
b0226423_15193084.jpg
b0226423_15193729.jpg
b0226423_15194479.jpg
b0226423_15195174.jpg
b0226423_15195991.jpg
b0226423_15200663.jpg
b0226423_15201371.jpg
b0226423_15202078.jpg
b0226423_15202811.jpg






by Sha-Sindbad | 2019-02-05 15:25 | Variopetz57/2 | Comments(0)