レンズ千夜一夜

<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2023 雨道(2018年5月9日アポクロマート25㎜F2は雨の日の西大寺もキリリと)



日本史における最大の切れ者は誰だったか?
そんな設問がよく見られます。
そんな風に問われると、つい、答えたくなりますね。
本当の答えはこうでしょう、
「そんなことは誰にも分からない。
歴史上の人物を本当に知っている人など存在しないから」
私もそうですが、誰もが、知っていると思い込んでいる。
でも、それはどこかの聞きかじり、
ちょっとした知識の蓄積の中での比較に過ぎません。
誰も彼らに会ったこともないし、
本当のところ、会ったこともない一人の人間を
完全に知ることなど、誰にもできないからです。
でも、答えたくなりますよね。
どうせ完全な回答など出せないのだから、
せいぜい回答ごっこを楽しんだっていいじゃない?
という感じですね。

同じことがレンズにも言えます。
レンズ史上、最高の切れ味を持つレンズはなにか? 
使ってみたことのあるレンズの中での比較なら、
誰でもできます。
私の場合は、おそらく、
ハッセルSWCのビオゴン38㎜F4.5
でも、どなたかはおっしゃるでしょう、それは、
ゲルツのハイパーゴン75mm
友人が4×5判で撮った写真を見せてもらったことがありますが、
そのままカミソリに使えるほとの感触でした。
一瞬、辟易してしまって、「これは使いたくない!」
ビオゴンはそこまで行きませんが、
昔、法隆寺で母子をハッセルSWCでスナップしました。
若いお母さんとその膝にもたれる幼児、
まさにマドンナ像でした。
でも、愕然としました。
お母さんの膝あたりの抜けるように白い肌。
美しい肌を通して血管が透けて見えるのです。
この体験の直後に、私はビオゴンを処分してしまいました。

結局、一つ、私に言える結論があります。
人間もレンズも切れ味がよすぎるのは良いことではない。

キノプティックのアポクロマート群は極めて高価ですね。
私も昔、100ミリを手に入れたことがあります。
早々に売ってしまいました。
どうも切れ味が良過ぎて、私にはどうも合わない。
でも、Cマウントレンズは2本ばかり持っています。
その一つがこれ、アポクロマート25㎜F2。
確かにシャープなレンズです。
でも、画像には100ミリほどの鋭さはありません。
むしろ空気感をしっかり出してくれる感じがあって、
私はかなり好きですね。


b0226423_21062605.jpg
b0226423_21063350.jpg
b0226423_21063883.jpg
b0226423_21064435.jpg
b0226423_21065186.jpg
b0226423_21065727.jpg
b0226423_21070333.jpg
b0226423_21070837.jpg
b0226423_21071453.jpg
b0226423_21072160.jpg
b0226423_21072666.jpg
b0226423_21073211.jpg
b0226423_21073971.jpg
b0226423_21074630.jpg
b0226423_21075213.jpg
b0226423_21075869.jpg
b0226423_21080619.jpg
b0226423_21081221.jpg
b0226423_21082071.jpg
b0226423_21082600.jpg
b0226423_21082626.jpg
b0226423_21084147.jpg
b0226423_21084721.jpg
b0226423_21085370.jpg
b0226423_21090016.jpg
b0226423_21090765.jpg
b0226423_21091524.jpg
b0226423_21091668.jpg
b0226423_21092598.jpg
b0226423_21093179.jpg
b0226423_21093768.jpg
b0226423_21094583.jpg
b0226423_21100495.jpg
b0226423_21101851.jpg
b0226423_21102841.jpg
b0226423_21103492.jpg
b0226423_21143969.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-10-20 21:21 | Apochromat25/2 | Comments(0)

2022 夢のように(2018年4月25日キノプラズマート19㎜F1.5が奈良町を茫洋と過ぎり)2



友人から素晴らしいスピーカーを分けてもらいました。

  ウエスタンエレクトリック100F

ある販売サイトの惹句は、
「ガリ、ノイズのないクリアな真空管サウンドです。
構成は25Z6GT+25L6GT+6SN7GTの3球アンプです。
スタジオのスモールトーンモニターとして、
CD、パソコンなどのモニターとしていかがでしょうか?」

つまり、真空管のパワーアンプ付きスピーカー。
電話交換手の電話音声再生用に開発されたものだそうです。
つまり、通話者のどんな声、しゃべり方でも、
交換手がしっかりと聞き取り、応対できるように、
性根を入れて作られたようです。

私は、SP復刻盤、LPなどの、
モノーラル録音の再生専用スピーカーにしました。
再生スケールもかなりダイナミックで、
ぎっしり実の詰まった果実をかじる、
そんな感触、肌触り、歯触りがあって、
音の切れ味は抜群と言いたくなります。

我田引水と言われても、平気ですが、
キノプラズマート19㎜F1.9の写りに共通する、
そんな感じがします。

現代のレンズは、原則、プラスチックのモールドです。
銀塩時代のレンズは、原則、ガラスの研磨です。
プラスチックレンズは、原則として、完璧な設計。
癖がなく、パソコンソフトで画像処理するに適しています。
銀塩時代のレンズは、原則として、種々の癖があります。
つまり、完璧な設計ではありません。
癖だらけ、パソコンソフトで画像処理するに適していません。

しかも、職人の研磨次第で、個体差がかなりあります。
当たり外れがあるのです。
大抵の写真家は「当たり」を求めます。
私は、写真家じゃないので、「外れ」を求めます。
私が優等生が嫌い、むしろ落ちこぼれを好むようなものです。

一番顕著な例がヘクトール73㎜F1.9。
最初に購入したのは、写真家泣かせの落第生でした。
絞りによって、描写性が激変し、コントロール不能だからです。
でも、いかにもレトロな調子がたまりませんでした。

レンズ好きの友人から、「使ってみたいから、
是非譲ってくれ」と再三懇願されて、しぶしぶ譲りました。
彼が勝手に選んだCD3枚とほんの少しのお金を、
さも大盤振る舞いするかのように押し付けられました。
2、3ヶ月後、電話しました、
「どうだった?」
友人、しれっとした調子で、
「ああ、あれ、売りました」
私はそれ以来、この友人は避けることにしました。
自分の言葉に責任を持てない人は避けることにしています。

こんなことがあると、余計に、懐かしい気持ちが募り、
数年して、やっぱりどうしても使ってみたい、と、
ebayでかなりの美品を入手しました。
使ってみて、「あれっ?」と絶句。
とてもきちんと撮れます。
でも、その描写はかなり現代的で、
開放でも像が締まり、
レトロな味わいなど、影も形もありませんでした。
これが古代レンズです。
下手をすると、一本ごとに個性が違う。

もちろんレンズによって、製作者によって、
すべてがそうではありません。
ツァイスの場合はしっかり品質を管理していたようです。

キノプラズマートはどうだったか?
これはまったく回答不能です。
一種ごとに、1本使えたら、幸運そのもの。
だから、個体差など確認しようがありません。

それでも、私はもともととても運の良い人間です。
キノプラズマート25㎜F1.5は2本手に入りました。
違ったマウントですが、おそらくレンズは同じなのでしょう。

そこで問題です。
この2本に、描写に個体差はあるか?
回答は?
まるで分からない!
なぜ?
個性だらけ、メタモルフォーゼだらけだから!
19㎜も同じようです。

これがいわゆるビンテージレンズの醍醐味です。
撮影者は、撮りたいものは即座に分かるけど、
それがどう撮れるか、見当がつかない。
どう撮れるか予測、期待はするけど、
大抵の場合、そんな予測、期待を裏切って、
というより、予測、期待を見事ぶちぬいて、
思いもかけない画像をプレゼントしてくれるのです。

ですから、「これは私の写真です」なんて、
おこがましくて、とても言えません。
いつも、レンズたちに撮ってもらっている!

大抵の写真家が自分の傑作を前にして言う言葉は、
「私が思ったように撮れました!
私の作品がこれです!」
だから、作家なのでしょう。
私が自分の愛する写真たちを前にして言う言葉は、
「私が思わなかったものが撮れました!
私の写真はすべてレンズの賜物です」

ここでも、そんな賜物を並べています。



b0226423_13591566.jpg
b0226423_13592488.jpg
b0226423_13593107.jpg
b0226423_13593803.jpg
b0226423_13594452.jpg
b0226423_13595305.jpg
b0226423_13595965.jpg
b0226423_14000688.jpg
b0226423_14001326.jpg
b0226423_14002096.jpg
b0226423_14002603.jpg
b0226423_14003218.jpg
b0226423_14003746.jpg
b0226423_14004306.jpg
b0226423_14004939.jpg
b0226423_14010312.jpg
b0226423_14011170.jpg
b0226423_14011766.jpg
b0226423_14012286.jpg
b0226423_14012907.jpg
b0226423_14013561.jpg
b0226423_14014441.jpg
b0226423_14015306.jpg
b0226423_14020850.jpg
b0226423_14021538.jpg
b0226423_14022195.jpg
b0226423_14023040.jpg
b0226423_14023775.jpg
b0226423_14024445.jpg
b0226423_14025117.jpg
b0226423_14025740.jpg
b0226423_14030466.jpg
b0226423_14033148.jpg
b0226423_14033784.jpg
b0226423_14034848.jpg
b0226423_14035421.jpg
b0226423_14040288.jpg
b0226423_14040750.jpg
b0226423_14041405.jpg
b0226423_14042538.jpg
b0226423_14043286.jpg
b0226423_14044368.jpg
b0226423_14045112.jpg
b0226423_14045888.jpg
b0226423_14050619.jpg
b0226423_14051572.jpg
b0226423_14053438.jpg
b0226423_14054272.jpg
b0226423_14055109.jpg
b0226423_14055782.jpg
b0226423_14060524.jpg
b0226423_14061262.jpg
b0226423_14061977.jpg
b0226423_14062553.jpg
b0226423_14063112.jpg
b0226423_14065025.jpg
b0226423_14065844.jpg
b0226423_14070557.jpg
b0226423_14071194.jpg
b0226423_14072050.jpg
b0226423_14073054.jpg
b0226423_14073828.jpg
b0226423_14074824.jpg
b0226423_14075642.jpg
b0226423_14082187.jpg
b0226423_14083130.jpg
b0226423_14084964.jpg
b0226423_14085891.jpg




by Sha-Sindbad | 2018-10-17 14:14 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

2021 夢のように(2018年4月25日キノプラズマート19㎜F1.5が奈良町を茫洋と過ぎり)1


10月10日水曜日、
4歳の孫プリンセスの保育園運動会でした。
彼女は3歳児クラスに属しています。
上から3級目。
丁度中間のクラスというわけです。
誰でもそうでしょうけど、彼女は負けず嫌い。
とりわけお兄ちゃんには負けたくない。
なんでもお兄ちゃんと同じことをするつもり。
おかげで、どんどん早熟になります。
お兄ちゃんの運動会得意種目は駆けっこです。
負けたことがないようです。
そこで、妹の孫プリンセスも負けられません。
昨年、まだ2歳児クラスの初めての駆けっこに勝利。
「がんばったね、どうだった?」
彼女、毅然と胸を張りました、
「うん、勝つつもりやったから」

今回の運動会でもプログラム3番が駆けっこ。
さほど大きくない運動場の4分の3周です。
コーナーが2つあります。
前回は4分の1の直線コースでしたから、
足の速いのが順当に勝ちますが、
今回は、コーナーの取り方、曲がり方で逆転があります。
「どう、今回も勝つつもり」
彼女静かにうなづきました、
「うん、勝つ」

「用意、ドン!」で走り出しました。
最初からトップです。
ニコニコ笑いながら走る子もいるのに、彼女は真剣。
第1コーナー、第2コーナーどちらも一番内側を回り、
最後の長い直線コースをぶっちぎりで走りきりました。

幼児の場合、「駆けっこ」がスピード競争であると、
理解できていない子がまだ見られます。
それから、走り方も手足をはじめ全身が走る動作になっていない、
両手両足がバラバラという子もまだ居ます。
孫プリンセスは、足の速いお兄ちゃんをいつも追いかけているので、
走るという動作がしっかり身についています。

それにしても、近ごろの保育園、小学校の運動会で思うのですが、
低学年までは、なんでも男女平等で、区別無く、一緒にやっています。
1年の孫プリンスがたしか2年と一緒にダンスをしました。
男の子もしっかり踊ります。
最初から最後までさまざまな協同動作の振り付けなのに、
まごついている子は見あたりません。

私など、ついにダンスなどしないまま成人しました。
運動という運動をしっかり出来ないのに、平気で成長しました。
後悔しています。
孫たちは、水泳教室に通い、学校でもさまざまな協同動作を教えてもらい、
そのうえ、孫プリンスは小学校入学とともに少年野球に入団しました。
昔風に言えば、文武両道の達人になれる可能性の扉を開いてもらっている。
うらやましいですね。

私は生涯のおよそ3分の2を運動音痴で過ごしてきました。
別に不自由はなかったのですが、今頃になって、気づいています。
写真撮影にしても、揚琴、二胡、リコーダーの楽器演奏にしても、
頭でやるわけではありません。
頭と身体の協同動作でやらなければならない。
幸い、20年前に、膝がなんだか弱くなったのに気づき、
それ以来、病気(ほとんどしません)のとき以外は毎日、毎日、
自分の考案したストレッチコースを続けてきました。
全身の関節を自由にかつ素早く動かす訓練をしていました。
おかげで、かなり敏捷性を高めることができました。
手の届く範囲でモノが落ちたりすると、必ず自動的にキャッチします。
足も疲れを知らぬ、というと大げさ過ぎますが、それ近い状態で、
早足で一日中歩いても(これも時々休み休みですが)疲れず、
翌日に疲労が残ることはありません。

まだまだ孫たちに負けるわけには参りませんから、
できるだけ足を使いたいのですが、
今日は休息日としました。
MacbookAirの容量が小さいので、さまざまに作業していますと、
空き容量がほとんどなくなって、その辺りの整理をして、
ハードディスクに作業スペースを作らなければなりません。
その作業日に充てることとし、音楽を聴きながら作業。
友人がつくってくれたトールボーイ型の小型スピーカーで、
CDやYouTubeの音楽を囂々と鳴らしながら作業します。
片手で軽々持てるほど軽量で、
たった10㎝の口径の小型スピーカー1個で鳴らすのですが、
私のたった5.8畳の書斎がコンサートホールと化し、
ピアノやヴァイオリンは演奏者が我が家に来た感じ。
ホロヴィッツが少し腰を動かしたときに、
椅子の革がかすかにきしむ音まで聞こえるのですから、
怖ろしいほどに上質のスピーカー。

実物大のひずみのないクリアーで艶やかな音楽が響き渡り、
大オーケストラの交響楽となると、
私の方がホールに瞬間移動した感じで、
目をつぶると、巨大なホール空間の中心にいるかのよう。

今、ホロヴィッツ「ドメニコ・スカルラッティ・ソナタ集」
私はグランドピアノから1mほどの場所で、
ホロヴィッツの明晰極まりないピアノサウンドに、
全身を包まれている感じ。

その恍惚感に高揚しつつ、マックで、キノプラズマート19㎜F1.5の、
たゆたう幻想のロボグラフィをブログ搭載用に小型化しています。
幾度も書きましたが、
このレンズ、正真正銘のボロを買い入れたのですが、
大阪のマツモトカメラの松本さんにオーバーホールしていただいて、
黄金色に輝く超小型キノプラズマートに生まれ変わりました。
チビレンズ中の最愛のレンズ。
描写はこのとおりのボケ描写です。
なおさらに、可愛い!

文章を書き終えて、
千住真理子さんの「感傷的なワルツ」に換えました。
これまで、書斎では、CDはほとんど聴かず、YouTubeばかりでした。
パイオニアのユニバーサルのCD,DVDプレーヤーという安物だし、
マックで作業しながらの「ながら族」にはYouTubeで十分。
そう思っていたのですが、バカ、バカ、バカ!
YouTubeはCD音質でも供給されていると思っていたのに、
CDとはまるで比べものにならないほどの劣悪音質だった!
千住真理子さんがそこ、私の3mほど向こうに居て、
デュランティを颯爽と奏でているではありませんか?
彼女のザ・シンフォニーホールのコンサートを少なくとも5回体験。
でも、座席は、大抵、10mほど離れていました。
その実物サウンドを遙かに凌駕する情報量なのです。
ストラディヴァリって、
こんな豊かで、こんなに生彩溢れる、芳醇なサウンドなんだ!

私の人生は、さまざまな喜び、楽しみに恵まれてはいますが、
ひっそりと静かな生活の日々でした。
これからは違います!
世界の偉大な演奏家たちと手を携えて歩むことが出来る!



b0226423_23065174.jpg
b0226423_23065991.jpg
b0226423_23070763.jpg
b0226423_23071308.jpg
b0226423_23071929.jpg
b0226423_23072491.jpg
b0226423_23072948.jpg
b0226423_23073455.jpg
b0226423_23073998.jpg
b0226423_23074537.jpg
b0226423_23075085.jpg
b0226423_23075522.jpg
b0226423_23080000.jpg
b0226423_23080653.jpg
b0226423_23082147.jpg
b0226423_23082861.jpg
b0226423_23083432.jpg
b0226423_23083929.jpg
b0226423_23084559.jpg
b0226423_23085119.jpg
b0226423_23090391.jpg
b0226423_23091462.jpg
b0226423_23092783.jpg
b0226423_23093317.jpg
b0226423_23093980.jpg
b0226423_23094404.jpg
b0226423_23095067.jpg
b0226423_23095630.jpg
b0226423_23100248.jpg
b0226423_23100946.jpg
b0226423_23101573.jpg
b0226423_23102124.jpg
b0226423_23103973.jpg
b0226423_23105320.jpg
b0226423_23110046.jpg
b0226423_23110709.jpg
b0226423_23111324.jpg
b0226423_23112015.jpg
b0226423_23112733.jpg
b0226423_23113568.jpg
b0226423_23114566.jpg
b0226423_23115271.jpg
b0226423_23120285.jpg
b0226423_23120988.jpg
b0226423_23121663.jpg
b0226423_23122328.jpg
b0226423_23123068.jpg
b0226423_23123799.jpg
b0226423_23124863.jpg
b0226423_23125769.jpg
b0226423_23130409.jpg
b0226423_23131491.jpg
b0226423_23133095.jpg
b0226423_23155690.jpg
b0226423_23160550.jpg
b0226423_23161288.jpg
b0226423_23162208.jpg
b0226423_23162878.jpg
b0226423_23163792.jpg
b0226423_23164619.jpg
b0226423_23170376.jpg
b0226423_23171201.jpg
b0226423_23171996.jpg
b0226423_23172769.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-10-13 23:22 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

2020 いつものように(2018年4月16日パンタッカー40㎜F2.3奈良町に変幻行脚)2 生命エネルギー



世界中に人間が何人いるか?
誰も数えることなどできるわけがありませんが、
ネットの記事によれば、どうやら75億を超えているそうです。
75億!!!???
人口が増大するにつれて、子供を産める年齢層が増えるので、
人口はグングン増加するのが当然です。
でも、怖いほどの人口増加ですね。
今、この瞬間に75億の人間たち、なにをしているのでしょう?
神様は一人一人ちゃんと把握なさっているのでしょうか?

私は奈良に住んでいます。
出かける先はたいてい大阪。
どちらに行っても、今では、老人だらけ。
若者と見ると、海外からのツーリスト。
中国人が圧倒的に多いようですが、
こちらは、若い人、若い夫婦、親子連れが多いようです。
まだ高齢化は少し先のようです。
高齢者も混じっていますが、老若男女、みなさん元気です。
キツい陽光などちっとも苦にならないようで、
ほとんど帽子なしに、大股で歩いています。
日本人よりも歩幅がちょっと広い傾向があるようです。

実際に3、4年前はひっそりと寂しい町でした。
みんなで揃って静かに老いてゆく、そんなムードでした。
もし海外からのツーリストが来なかったら、
奈良はさらに寂しい町に成り果てていたでしょう。
今、奈良のストリートを支配する気分は変わりました。
かなりエネルギー感が戻ってきたようです。
私だって、歩幅が伸びる感じ。

18世紀でしたか、19世紀でしたか、
イングランドの80歳を超えた老公爵は、毎夜、
18歳ほどの若い女性たちにベッドに入ってもらいました。
一緒におねんねするだけなのですが、
それが彼の長生きの秘訣だったと言います。
私が奈良のストリートで感じるのも、
若者の生命エネルギーを吸収して、
「こりゃ、がんばらなくちゃ!」というところでしょうか?
まだ、それほど老いたつもりはありませんが...

さて、パンタッカー40㎜F2.3。
ますます枯れた味わい。
キリッとした画像を求める方には、
たまらない駄写真の羅列でしょうね。




b0226423_21250619.jpg
b0226423_21251880.jpg
b0226423_21252641.jpg
b0226423_21384669.jpg
b0226423_21385380.jpg
b0226423_21385894.jpg
b0226423_21390603.jpg
b0226423_21411932.jpg
b0226423_21412575.jpg
b0226423_21413005.jpg
b0226423_21413662.jpg
b0226423_21414335.jpg
b0226423_21420518.jpg
b0226423_21421209.jpg
b0226423_21422088.jpg
b0226423_21422612.jpg
b0226423_21423271.jpg
b0226423_21423905.jpg
b0226423_21424609.jpg
b0226423_21425513.jpg
b0226423_21432789.jpg
b0226423_21433388.jpg
b0226423_21433832.jpg
b0226423_21444414.jpg
b0226423_21445478.jpg
b0226423_21450354.jpg
b0226423_21451067.jpg
b0226423_21451740.jpg
b0226423_21452317.jpg
b0226423_21452992.jpg
b0226423_21454310.jpg
b0226423_21454932.jpg
b0226423_21455871.jpg
b0226423_21461230.jpg
b0226423_21462029.jpg
b0226423_21462662.jpg
b0226423_21463292.jpg
b0226423_21463963.jpg
b0226423_21464654.jpg
b0226423_21465251.jpg
b0226423_21465914.jpg
b0226423_21470616.jpg
b0226423_21472858.jpg
b0226423_21473533.jpg
b0226423_21474284.jpg
b0226423_21474949.jpg
b0226423_21475635.jpg
b0226423_21480216.jpg
b0226423_21480968.jpg
b0226423_21481614.jpg
b0226423_21482362.jpg
b0226423_21482925.jpg
b0226423_21483681.jpg
b0226423_21484245.jpg
b0226423_21484903.jpg
b0226423_21485691.jpg
b0226423_21490273.jpg
b0226423_21494760.jpg
b0226423_21495443.jpg
b0226423_21500094.jpg
b0226423_21500715.jpg
b0226423_21502024.jpg
b0226423_21502024.jpg
b0226423_21502699.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-10-09 21:54 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

2019 いつものように(2018年4月16日パンタッカー40㎜F2.3奈良町に変幻行脚)1 映画用レンズ

 
アストロ・ベルリンのF2.3シリーズは私の大のお気に入り。
アストロ・ベルリンは映画用レンズとしてトップクラスであった、
そう言われます。
その基本的な理由の一つが、同じ絞りのシリーズごとに、
描写性が一定していて、焦点距離の違うレンズに取り換えても、
レンズを換えたことがわからないことにあると言われています。
現像後に映像に修正を加えることなどほとんど無理だったからです。
描写性が変わると、気分が、雰囲気が変わってしまいます。
現代のデジタルカメラ時代と異なり、
使用レンズ、カメラマンによる露出等の調整が極めて重要でした。

私は、かなりの数の映画用レンズを愛用していますが、
描写性は各社かなり違います。
その上に、使用の程度、経年変化などが関係するのでしょう、
パンタッカーF2.3シリーズのレンズ同志でも、
かなり画像の性格はヴァラエティに富んでいます。
40㎜は1930年代の古い製品のようで、
手に入れたとき、もう惨めなほどにくたびれた姿でした。
つまり、使い倒された末路、といった風情。
私としては信じたいですね、
この40㎜はそこまで愛用したくなる魅力一杯だった!
2回に分けて、そのあたりを検証してみましょう。




b0226423_21202861.jpg

b0226423_21182540.jpg
b0226423_21183472.jpg
b0226423_21184121.jpg
b0226423_21184863.jpg
b0226423_21185520.jpg
b0226423_21190146.jpg
b0226423_21190919.jpg
b0226423_21191719.jpg
b0226423_21192488.jpg
b0226423_21193127.jpg
b0226423_21193876.jpg
b0226423_21194578.jpg
b0226423_21195194.jpg
b0226423_21195755.jpg
b0226423_21200506.jpg
b0226423_21201212.jpg
b0226423_21202124.jpg
b0226423_21202861.jpg
b0226423_21250619.jpg
b0226423_21251880.jpg
b0226423_21252641.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-10-05 21:26 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)