人気ブログランキング |

レンズ千夜一夜

カテゴリ:Orthostigmat35/4.5( 14 )

152 配管 (オルソスティグマート35mmF4.5には熟成を期待したい)



b0226423_2221388.jpg




レンズに熟成ということは起こるのでしょうか?

あなたは、ニューカメラ、ニューレンズを手に入れて、
最初から、最高の描写で使い切ることができますか?

私はとてもそんな自信はありません。
とくにクラシックレンズは、いわば偏差値が巨大です。
あるときは最高の描写を見せてくれたのに、
その次の写真では赤寂びて貧寒とした写りになる、
なんてことがざらにあります。
その上、被写体を選びますし、時間、光を選びます。

わがままなプリマドンナを抱えたオペラ座支配人みたいに、
ご機嫌を取りながら、最高のパフォーマンスをお願いする、
そんなスタンスでお付き合いしなければなりません。

だから、熟成はある、そう信じています。

そんな熟成を期待したいレンズが幾本もありますが、
このレンズはその一本。

    シュタインハイル・ミュンヘン
    オルソスティグマート35mmF4.5

今回の作例は、フォトジェニックとは正反対の汚い路傍風景。
でも、オルソスティグマートにかかると、
なんだか健気にがんばっているという感じがしてきませんか?

ただシャープだけではない、香りのようなものを感じるのですが........
by Sha-sindbad | 2011-11-18 22:38 | Orthostigmat35/4.5 | Comments(4)

128 婦人帽 (オルソスティグマート35mmF4.5を、これでもか、ともう一枚)



b0226423_223055100.jpg




オルソスティグマート35mmF4.5のボルドー説、
納得する方はおいでにならないようです。

念のため、もう一枚、掲載しておきましょう。

カメラスタイル19号という雑誌の一部コピーを、
友人が送ってくれました。
そこで、どなたか分かりませんが、こう書いておられます。

    「ああ、柔らかいですね。
     ピンが甘いのと柔らかいというのはマッタク違う、
     というのがこの写真で良くわかります」

まことにおっしゃるとおりです。
by Sha-sindbad | 2011-10-24 22:32 | Orthostigmat35/4.5 | Comments(2)

127 ヤマハバイク (オルソスティグマート35mmF4.5の色をご覧下さい)



b0226423_21374840.jpg




オルソスティグマート35mmF4.5はレンズ版シャトー・イケム?

前回、そんな表題でこのレンズを登場させました。

でも、前回の写真を眺めて、考えました。

    シャトー・イケムのまったりとした芳醇さはまるでない。

そこで、このレンズと私の名誉のために、
幾枚か写真を続けて、納得していただくことにしました。

    路地の古バイク。

    ご近所さんのお話では、
    高いお金を出して売ってくれと頼まれたこともあるそうで、
    なにしろ名機の誉れの高いバイクだそうです。

そのお陰もあってか、かなり渋い写真になりました。
でも、いい色ではありませんか?

    レンズもオールド、
    バイクもオールド、
    撮ってる人間も老境に向かってまっしぐら。

    黄昏の写真。

    でも、レンズもバイクも人間もまだ力を秘めている、
    そう感じているのですが...............?
by Sha-sindbad | 2011-10-23 21:49 | Orthostigmat35/4.5 | Comments(0)

126 華麗 (オルソスティグマート35mmF4.5はレンズ版シャトー・イケム?)



b0226423_22174296.jpg




シュタイハイル社は、西ドイツ・ミュンヘンの光学機器メーカー。
物理学者シュタインハイルが1855年に設立したそうです。
その広角レンズが、

    オルソスティグマート35mmF4.5

私にとっては、名前だけは以前から聞いていたけれども、
見たことも使ったこともなかった、完全に未知のレンズ。

中将姫光学さんがお使いで、絶賛に近い言葉の数々、

    「質感描写や立体感のすばらしさも特筆です」
    「静かな傑作レンズと名付けたい」
    「優雅な質感はしびれるほど」

その作例に、私も参りました。

偶然、オークションで、かなり廉価で出ているのを見付け、
ちゅうちょ無く手に入れてしまいました。

大阪市大正区の路地裏を回り、482枚撮りました。

    これが全部、よろしい!
    無茶苦茶、よろしい!

なんと言ったら、よいでしょうか?

    とてもとても、老成し、熟成した、まったりとした描写。
    シャトー・イケムという白ワインを、以前、何年か、
    好んで頂いていたことがあります。
    極上の香りと極上の舌触りで、
    まるで人生が夢に包まれる、そんな飲み心地でした。
    思わず、このボルドーの味わいを思い出しました。

レンズにも、ボルドーがあった!
by Sha-sindbad | 2011-10-22 22:19 | Orthostigmat35/4.5 | Comments(0)