人気ブログランキング |

レンズ千夜一夜

カテゴリ:CookeCinema25/3.5( 13 )

2088 意外性(2019年1月12日クックシネマ25㎜F3.5と新大阪の相性は抜群)


クックという会社、よく知りませんが、
映画用の名レンズをかなり沢山作っているようです。
クックシネマ25㎜F3.5はおそらく素人用でしょう。
まさにパンケーキ型の小型レンズですが、
これがなんとドラマチックな表現力の持ち主。

ミッシャ・エルマンというヴァイオリニストが昔一世を風靡しました。
晩餐会だったでしょうか?
まさに宴たけなわとなったとき、
司会者がゲスト演奏家として、エルマンを紹介しました。
現れた冴えないぶ男に女性たちはがっかりしました。
でも、ひとたび演奏が始まると、
女性たちは完全にエルマンの虜となってしまったそうです。

クックシネマ25㎜にはそんなエルマンの趣きがある、
と言いたくなります。
奇妙な形の冴えない小型レンズです。
でも、なんだか独特の実在感と立体感溢れる画像をプレゼントしてくれます。
どこにそんな独創的な創造力が潜んでいるのか、
つくづく不思議になります。

長い間、さまざまなレンズと親しんできましたが、
レンズって、つくづく人間に似ている、という気がしています。
外観が立派なレンズが名レンズとは限らない!

昔、東京地検の特捜部で活躍した検察官に会ったことがあります。
彼、曰く、
「これまでの人生で一番立派な容貌、風采の持ち主に二人出会いました。
二人とも詐欺師でした」
その一人は昔「ほらの吹原」の異名を取った人物でした。

ただし、この検事さん、人生で一番優れた人柄の人物って、
どんな容貌、風采であったかは語りませんでした。
当たり前ですね。
さまざまな遺伝、環境、人生の中で容貌、容姿は
次第にかたちを現すものでしょうから。

私に言えることはただ一つ。
「人を見かけで判断してはいけない」
これだけです。
レンズがまさにそうですね。

このクックシネマ25㎜F3.5、
見かけはまったく無様だけど、
性能はまさに抜群。
使えば使うほどに、
このあたりのアンバランスがこのレンズのチャームポイントになっていく、
そんな妙味がこのレンズの魅力かも知れません。

蛇足ですが、
上記の検事さん、鬼の特捜検事とはとても思えない、
雛人形のお内裏様そっくりの頼りなさげな容貌でした。
ま、他人のことなど言える身ではありません。
私も容貌風さいはまるっきり冴えませんねえ。
でも、クックシネマ25㎜F3.5並に、
人間性の方は抜群、なんて言うつもりは全くありません。

ついでに、もう一つ、私が感じる特徴を書いておきましょう。

  人間もレンズも一緒。
  いつも同じパフォーマンスとは限らない。
  人間だって、レンズだって、
  調子の良いときもあれば、悪いときもある。
  だから、飽きずに付き合えます。



b0226423_22453230.jpg
b0226423_22454120.jpg
b0226423_22455054.jpg
b0226423_22455813.jpg
b0226423_22460530.jpg
b0226423_22461377.jpg
b0226423_22462146.jpg
b0226423_22462861.jpg
b0226423_22463465.jpg
b0226423_22464177.jpg
b0226423_22464775.jpg
b0226423_22465492.jpg
b0226423_22470156.jpg
b0226423_22470790.jpg
b0226423_22471451.jpg
b0226423_22472166.jpg
b0226423_22472947.jpg
b0226423_22473850.jpg
b0226423_22475303.jpg
b0226423_22480254.jpg
b0226423_22480972.jpg
b0226423_22481672.jpg
b0226423_22482388.jpg
b0226423_22483272.jpg
b0226423_22493724.jpg
b0226423_22494409.jpg
b0226423_22495067.jpg
b0226423_22495705.jpg
b0226423_22501747.jpg
b0226423_22500917.jpg






by Sha-Sindbad | 2019-06-04 22:56 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

2008 老木人(2018年1月29日キネタール38㎜F1.8ユニバーサルシティで怪人たちと格闘)


随分前のことです。
私は山辺の道が大好きで、よく通いました。
その中間にある長岳寺の参道に入ったあたりに、
切り通しのようになった場所がありました。

右手の高さ2m弱の土手の斜面が雨などに崩されたようで、
斜面が深くえぐれたようになっていて、
土手の上に立ち上がる松の根っこが露出していました。
参拝者が曲がりくねった根っこに絶えず触れてきたようで、
完全にツルツルに滑らかになってしまい、
まるでヴィーナスのような肢体が舞うような姿でした。
そして、ヴィーナスの足下に、黒々とした別の根っこが顔を出し、
まるでサチュルヌスが地中から浮かび上がるような姿でした。

行く度に撮ったのですが、丁度撮影し終わったとき、
年配のアマチュアカメラマンが三脚を抱えて来かかりました。
私、思わず呼び止めて、
「この根っこ、まるでヴィーナスのようではありませんか?」
余計なことを言ったものです。
その男性、じっと見つめた末に、一言、
「いや、見えませんね。根っこですね」
そして、さっさと立ち去ってしまいました。
この方にとって、根っこは根っこ、というわけでした。

今回は、JRユニバーサルシティ駅近く、線路沿いのマンションで、
付虹先生の揚琴レッスンを受けた後、
駅に向かうプロムナードで撮りました。
道沿いの緑の中に朽ち木が何カ所も設置されて、
往路と復路で、同じ朽ち木が違った顔を見せてくれたりして、
眼を楽しませてくれます。
いつも撮ります。

おそらく長岳寺で出会った風景写真家は、
私の写真を撮っても、一言、切って捨てるでしょうね、
「朽ち木ですね。
そんなもの撮って、なにになりますかねえ?」

今回はテーラーホブソンの映画用レンズ、
キネタール37.5mmF1.8で撮りました。
スピードパンクロの後継機種、弟分のようです。
兄貴のスピードパンクロよりも切れ味がよいようです。
人間でも、兄弟では、たいてい、弟の方が頭のキレがよいですね。
私は兄でした。

テーラーホブソン家の末っ子キネタール。
ソニーα7に付けました。
四隅が少しけられますが、中心部で勝負する人間です。
ちっとも気になりません。
今回も快刀乱麻的な描写を見せてくれました。
兄貴の魔術性がその分稀薄になっているのですが、
このあたりは時代の要請、映像芸術の路線の変化、
レンズの適材適所の役割分担にもつながるのでしょう。
それでも、私には十分メタモルフォーゼを見せてくれるレンズ、
そんな感じがして、大好きですね。
私にとっては、映画用レンズの魅力に眼を開いてくれた草分け。
今回も、存分に魅力を発揮してくれた感じがします。




b0226423_17225392.jpg
b0226423_17230078.jpg
b0226423_17230634.jpg
b0226423_17231164.jpg
b0226423_17231659.jpg
b0226423_17232704.jpg
b0226423_17233463.jpg
b0226423_17234073.jpg
b0226423_17234876.jpg
b0226423_17272546.jpg
b0226423_17273353.jpg
b0226423_17274463.jpg
b0226423_17275121.jpg
b0226423_17275735.jpg
b0226423_17280300.jpg
b0226423_17281003.jpg
b0226423_17281660.jpg
b0226423_17282315.jpg
b0226423_17282950.jpg
b0226423_17283695.jpg
b0226423_17284369.jpg
b0226423_17285483.jpg
b0226423_17290050.jpg
b0226423_17290720.jpg
b0226423_17283695.jpg
b0226423_17291398.jpg
b0226423_17291998.jpg
b0226423_17292809.jpg









by Sha-Sindbad | 2018-08-29 17:31 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

1725 (クックシネマ25mmF3.5って、いつもながら大人の風格を見せてくれる)



私のブログは、一応、限られた数ですが、
オールドレンズたちのリファレンスブックになっています。
記事を書くときには、以前の記事を読み返したりしません。
そんな暇がないので、写真を見ながら表題を思いつきます。
すると、いつも似たような言葉が思い浮かんでしまうようです。
私の語彙の不足のせいですが、
オールドレンズたちがそれだけしっかりと個性を持っているから。
レンズの光学的説明は一切なし。
書けないから、知らないから。
そこで、結局は別ブログ「わが友ホロゴン」にそっくりさん、
日記そのまま。

今回のクックシネマ25mmF3.5、
別称を「襟巻きトカゲ」というかどうか知りませんが、
極小レンズなのに、デザインが大げさ。
だから、可愛い、という面もありそうですが、
気に入っている主たる理由は、なんと言っても、
その描写性に風格があるから。
ただバス停に向かう道すがら、行きずりに右に左にバッタバッタ、
小さな場所を切り取っただけなのに、
写真たちが堂々たるたたずまいを見せてくれます。
不思議です。




b0226423_22563914.jpg
b0226423_22562771.jpg
b0226423_22561965.jpg
b0226423_22544667.jpg
b0226423_22534620.jpg
b0226423_2253369.jpg
b0226423_22533033.jpg
b0226423_22532338.jpg
b0226423_2253169.jpg
b0226423_2253647.jpg
b0226423_22525953.jpg
b0226423_2252514.jpg
b0226423_22524230.jpg
b0226423_22523540.jpg
b0226423_2252261.jpg
b0226423_22514564.jpg
b0226423_22513732.jpg
b0226423_22512597.jpg
b0226423_22511812.jpg
b0226423_22511141.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-27 23:05 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

1218 祝日らしく人気なし (クックシネマ25mmF3.5なら安心してすべてを託すことができるようだ)



12月23日は祝日だった!
なんの祝日だったっけ?

    退職して毎日日曜日の私なのに、
    この日は平日とばかり思いこんで、平日ダイヤのバスに乗ったつもりで、
    ちょっと途中下車。

    あれっ、お休みしている!
    なんでは分からず、やむなく撮影を続行。
    要するに、家を出た瞬間から、私は常に撮影モード。

外出時は絶対に三種の神器を忘れません。

    iPod
    Pomera
    そして、カメラ

本来はこのカメラの位置はホロゴンなのですが、
今日はオリンパスE-PL1にテーラーホブソンのレンズを付けています。

    クックシネマ25mmF3.5

名付けて「襟巻きトカゲ」

    パンケーキレンズですが、その絞りリングがエキマキトカゲ風なのです。
    超小型です。
    ところが、写りは超大型。
    テーラーホブソンの映画用レンズだけが可能にするような、
    毅然として凛々しい描写をプレゼントしてくれます。

ASA感度を最低の100にできるのがオリンパスE-PL1の利点の一つです。

    おかげで、F3.5なら、ほとんどすべて開放で撮ることができます。
    その開放の描写は、大げさに言いますと、「清冽にして深遠」
    こんなに小さくても夢レンズ。




b0226423_2301831.jpg
b0226423_2301399.jpg
b0226423_230845.jpg
b0226423_230214.jpg
b0226423_22595639.jpg
b0226423_22595141.jpg
b0226423_22594548.jpg
b0226423_22594019.jpg
b0226423_22593262.jpg
b0226423_22592195.jpg
b0226423_22591577.jpg
b0226423_22591070.jpg
b0226423_225942.jpg
b0226423_22585847.jpg
b0226423_22585237.jpg
b0226423_22584742.jpg
b0226423_22584043.jpg
b0226423_22583576.jpg
b0226423_22582939.jpg
b0226423_22582358.jpg
b0226423_2258179.jpg
b0226423_22581088.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-12-27 00:15 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

906 御用始め(クック・シネマ25mmF3.5を2014年の仕事の皮切りとし)



今日は2014年御用始めでした。

実は職場そのものは昨日から始めているのですが、
私は月曜日は執務しませんので、これが私の御用始め。

    職場の一同で、お昼、近鉄奈良駅近くの日本料理店で新年会。
    とても美味しいお節弁当を頂き、事務所への帰り道、
    これが私の出勤写真始めとなりました。

うま年の先駆けはさりげないチビセット。

    オリンパスE-PL1
    クック・シネマ25mmF3.5

帰り道の10分、そして職場から近鉄奈良駅までの帰り道の3分、
この13分が今日の撮影タイム。

    たった26枚しか撮れませんでした。
    でも、ウキウキする13分間、
    そして、ワクワクする26枚となりました。

一つお知らせがあります。

    事情があって、突然、退職が半年延びました。

やり甲斐のある仕事なので、続けることに否やはありませんが、
晴れて自由の身に、とワクワク待っていたので、
ちょっとたたらを踏んでいる状態。

というわけで、こんな風に職場界隈の撮影がまだ7か月続くことになります。
こちらも真剣にやり甲斐のある仕事、そう考えています。

写真始めなので、大盤振る舞い、
23枚一挙掲載と参りましょう。

    エリマキトカゲ型の超小型パンケーキレンズ。
    断然普及版の雰囲気一杯のレンズなのですが、
    どうしてどうして、なかなかの優れもの、
    実にアーティフィシャルな画像をプレゼントしてくれます。

こいつは春から幸先がよいわい!



b0226423_1824164.jpg
b0226423_18225813.jpg
b0226423_18235046.jpg
b0226423_18234514.jpg
b0226423_18235387.jpg
b0226423_18223826.jpg
b0226423_18234482.jpg
b0226423_18232599.jpg
b0226423_18225822.jpg
b0226423_18233049.jpg
b0226423_18224026.jpg
b0226423_1823449.jpg
b0226423_182242.jpg
b0226423_1823856.jpg
b0226423_18215430.jpg
b0226423_18222435.jpg
b0226423_18221153.jpg
b0226423_182250100.jpg
b0226423_18224356.jpg
b0226423_18212827.jpg
b0226423_1823188.jpg
b0226423_18221530.jpg
b0226423_18221041.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-01-07 18:27 | CookeCinema25/3.5 | Comments(4)

857 寒い写真をまだまだどうぞ(クック・シネマ25mmF3.5渾身の18枚をご覧下さい)



b0226423_2222210.jpg
b0226423_222192.jpg
b0226423_2221230.jpg
b0226423_222656.jpg
b0226423_2222413.jpg
b0226423_2215771.jpg
b0226423_22212100.jpg
b0226423_2214727.jpg
b0226423_222326.jpg
b0226423_2215545.jpg
b0226423_221509.jpg
b0226423_2212714.jpg
b0226423_2214383.jpg
b0226423_2211977.jpg
b0226423_2213761.jpg
b0226423_221674.jpg
b0226423_221243.jpg
b0226423_2204296.jpg





私は名声もヘったくれもない自己満足、自己完結型、
人間なので、寒い写真をバンバン出しても、平気ですね。

ブログを楽しんでいるみなさんには自明の原理が一つあります。

    「ブログに掲載したからと言って、写真がよくなるわけじゃない。
    でも、ブログに掲載すると、いっそう可愛くなる」

我が子が小学校1年生になって、はじめての運動会。

    今でもやっているかどうか知りませんが、
    番組は進んで、1年生のかけっこが始まりました。
    ああ、我が子がついに登場!
        ああ、1番だあ!
        ああ、目の前でドッテンと転倒!
        ああ、でも、やっぱりかわいい!
    我が子が一番!

ロボグラフィって、この「我が子」ですね。

月曜日、大和西大寺で撮った写真、まだまだ出したい。
クック・シネマ25mmF3.5ががんばってくれたのですから。

    表題の「渾身」の力を振り絞ったのはもちろんレンズの方です。
    私は、レンズががんばるのをニコニコと背後から見守る監督の境地。

全部ほとんどモノクロームですが、
別に大和西大寺がそのとき日蝕だったわけではありません。

    オリンパスE-PL1のパラメータを全部最低にして、
    さらにマイナス1.7に切り詰めたら、こんな写真が撮れるだけ。

    ああ、考えてみますと、

        私の生涯はついに「色に迷わぬ人生」だった..........
by Sha-sindbad | 2013-11-13 22:04 | CookeCinema25/3.5 | Comments(2)

856 寒い写真をどうぞ(クック・シネマ25mmF3.5渾身の一枚をご覧下さい)


今日のユニバーサルシティ、大和西大寺遍歴の旅に携えたレンズは、

    テーラー・ホブソン
    クック・シネマ25mmF3.5

もうすでに冬ですね。
寒風吹きすさび、もう少しで名古屋あたりまで飛ばされそうになりました。
ちょっと大げさですが。
陳少林先生の揚琴レッスン場の往還も寒さはかなりのものでした。
往還それぞれ10分ずつ撮影しました。

    寒い日にはどんな写真が撮れるか?

        寒い写真が撮れますね。

えっ、なんですって?

    いつも寒い写真だ、ですって?
    そうおっしゃるあなたの写真はどうですか?
    きっと空っ風が吹いてるんじゃありませんか?
    などと、売り言葉に買い言葉を重ねていると、だんだんと心温まりますね。
(こんな風に独り言を言うようになったら、
人間もうおしまいだって、言われていますね)
そうこうするうちに、近鉄大和西大寺駅に到着。
往還で63枚撮っていました。
その中からまず1枚ごらんいただきましょう。


写真は厳選主義が一番、だからではありません。
私にとっては、スピードパンクロって、
こんな写真を撮ってくれるレンズなんだ、と、
心から納得させてもらえる写真が一枚撮れたからです。

これも寒い写真です。
でも、私の心はあたたかくなってくれます。
それが、写真の醍醐味ですね。




b0226423_17534516.jpg

by Sha-sindbad | 2013-11-12 17:59 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

855 ユニバーサルシティ(クック・シネマ25mmF3.5持てば急な寒さにめげずに撮影しちゃう)



b0226423_21591189.jpg
b0226423_21585957.jpg
b0226423_2159075.jpg
b0226423_2158555.jpg
b0226423_21585135.jpg
b0226423_2158391.jpg
b0226423_21583518.jpg
b0226423_21583045.jpg
b0226423_21583191.jpg
b0226423_21582727.jpg
b0226423_21581677.jpg
b0226423_21581063.jpg
b0226423_2158659.jpg




今日のユニバーサルシティ、大和西大寺遍歴の旅に携えたレンズは、

    テーラー・ホブソン
    クック・シネマ25mmF3.5

例のエリマキトカゲ型廉価版レンズです。
そして、例の鉄則が妥当します、

    「レンズ会社の廉価版はむしろ名レンズ」

なぜ、そんなことが起こるのでしょう?

    まずしっかり写るレンズで写真、映画のおもしろさの虜になり、
    ときには目が肥えるユーザーの中には、
    ニーズに応じて独特の個性的描写を求める傾向があることを踏まえて、
    まず描写の良さで顧客をつかまえ、
    描写のおもしろい高級レンズにステップアップさせる、
    そんな定番の商法があったのでしょうか?

    それとも、いかなるレベルのレンズであれ、
    レンズ会社の誇りと名誉にかけて、最高のレンズを供給する、
    これがレンズ会社の共通するポリシーだったのでしょうか?

それとも、安物レンズの方が性にあっている私だけの幻想的評価なのでしょうか?
その可能性も小さくはないと、自分でも分かっています。

    いずれにせよ、このレンズ、最高。
    
今日のユニバーサルシティ駅は、ビルのすきま風のせいもあってか、
暴風寸前ほどの強風が吹きすさんでいました。
それにもめげず、駅界隈から乗り換え駅西九条駅風景を撮った写真を、
10枚をごらんいただきましょう。

    ただの行きずり写真ですが、
    クックシネマ、私が大好きらしく、
    立派な画像をプレゼントしてくれました。
by Sha-sindbad | 2013-11-11 22:03 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

768 豪雨 (クック・シネマ25mmF3.5なら土砂降りでも軽々と使え)



b0226423_22302782.jpg

b0226423_22304324.jpg





今日はおかしな天候でした。

    朝方は曇って、ひんやり。
    お昼はカンカン照りの盛夏。
    夕方は局地豪雨でびしょ濡れ。

帰途、バス停で下車したのは中学生の女の子と私だけ。
バスに乗った頃から降り始めていたのですが、
私の下車を待っていたかのように、
お天道様は大暴れ。

    女子中学生は長いとは言いがたい足を敏捷に動かして、
    篠突く雨の中を一散にお家を目指して韋駄天走り。
    私はオリンパスE-PL1を片手に撮影しながら、
    ゆったりと帰宅します。
    あっという間に、携帯傘で保護しきれない衣服はずぶ濡れ。

オリンパスに付けたレンズは、エリマキトカゲ型チビレンズ、

    クック・シネマ25mmF3.5

    おそらくテーラー=ホブソンのレンズでも最廉価クラスなのですが、
    どんなに廉価でも、
    クック特有の凛然たる描写力は土砂降りでも変わりません。
    個性的でありながら、かなり一貫した描写性を確保するのですから、
    テーラー=ホブソンという会社、ただ者ではないという感じ。
by Sha-sindbad | 2013-08-06 22:32 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

683  路面の形象 (クック・シネマ1inchF3.5は光もしっかり捉えてくれる)



b0226423_2255314.jpg
b0226423_226770.jpg
b0226423_2255365.jpg
b0226423_226396.jpg





クック・シネマ25mmF3.5をもう1回続けましょう。

1枚目ご覧になって、反応は2つに別れますね。

    1 なんだ、これは? と拒否反応が働いてしまう人と、
    2 あれこれと想像の翼を羽ばたかせる人と。

どうしようもないことです。
どちらがいいということではありません。
人間の生き方そのものから来るのかも知れません。

こんな写真を撮るって、写真のダジャレ遊びなのかも知れません。
はっきり言って、私のブログは真面目な方には向いていませんね。

    初対面の人にでも、思わずダジャレが口をついてしまう人、
    どんなことでも冗談で笑い飛ばしてしまう人、
    そんな人向きのブログ。

一つ、テスト。

    最初の2つの反応を読んで、
    「私はどちらかな?」と考えましたか?

そうだとすれば、その人は、どちらかと言えば、真面目派ですね。

    また、Sha-sindbad、おかしなことを言い出して、と笑い飛ばした人、
    そんな人がこのブログ向きですね。

もう一つ、質問。

    ニューブログ「そぞろ歩きのフォトグラフィー」、ご覧になりましたか?
        (URL: http://nikkyphoto.exblog.jp)

また一つ、見逃せないブログが始まりましたよ。
これは冗談ではありませんよ。
by Sha-sindbad | 2013-05-08 22:26 | CookeCinema25/3.5 | Comments(6)