レンズ千夜一夜

カテゴリ:Tri.Anastig15/2.9( 33 )

2025 慣れた道(2018年5月14日トリプルアナスチグマート15mmF2.9西九条で幽玄に微笑み)



前回のスピードアナスチグマート25mmF1.5の弟分、それが、
このレンズ、トリプルアナスチグマート15mmF2.9です。
使う度に、なんだか、このレンズ一本ありさえすれば、
かなり楽しめるなあ、と心から感じるレンズがありますが、
このレンズもそんな中の一本。
正直なところ、ダルメイヤーのレンズの多くがそうです。
なぜなんだろう?
いつもその疑問を感じます。
私のように、いつも頭が茫洋とそよいでいる人間には、
ダルメイヤーのゆったりと余裕をとり、控えめに徹する、
なんだか自分から進んで、「わたしゃ、三流でござんす」
そう宣言して澄ましている、その他大勢風の境地って、
とても合っているようです。

こんな三流レンズと比較してみますと、現代のレンズたち、
「まるで縦から見ても横から見ても超優等生でございますね」
そんな超優等生たちに生涯沢山出会ってきました。
ついにそんな方と友人になることはありませんでした。
心を割って付き合いたいという気持ちになれないから。
古いレンズの中にも、ツァイスやライカのレンズに、
時折この種の思いを抱いたレンズに出会いました。
人を驚かせる冴えを見せるレンズたち。

私は、そんな驚きを感じるより、
「ああ、なんとも言えず親しみが持てるなあ.....」
と、心の奥底からなごみの気分が湧いてくる、
そんな描写をしてくれるレンズがいいですねえ。
トリプルアナスチグマート15mmF2.9の描写って、その好例、
私はそう感じるのですが、
そうは感じない方も沢山おいででしょう。
どんなものに好感を持ち、どんなものに持てないか?
人様々ですね。
それが人間の面白いところ、
そして、レンズの面白いところですね。



b0226423_12124026.jpg
b0226423_12124875.jpg
b0226423_12125446.jpg
b0226423_12130079.jpg
b0226423_12130782.jpg
b0226423_12131234.jpg
b0226423_12131883.jpg
b0226423_12132338.jpg
b0226423_12132985.jpg
b0226423_12133549.jpg
b0226423_12134173.jpg
b0226423_12134715.jpg
b0226423_12135375.jpg
b0226423_14434300.jpg
b0226423_14435183.jpg
b0226423_14435777.jpg
b0226423_14440331.jpg
b0226423_14440834.jpg
b0226423_14441519.jpg
b0226423_14442234.jpg
b0226423_14442787.jpg
b0226423_14443378.jpg
b0226423_14443876.jpg
b0226423_14444451.jpg
b0226423_14444933.jpg
b0226423_14445601.jpg
b0226423_14450167.jpg
b0226423_14450726.jpg
b0226423_14451255.jpg
b0226423_14451990.jpg
b0226423_14452576.jpg
b0226423_14453158.jpg
b0226423_14453917.jpg
b0226423_14454748.jpg
b0226423_14455330.jpg
b0226423_14460051.jpg
b0226423_14460525.jpg
b0226423_14461259.jpg
b0226423_14462113.jpg
b0226423_14463185.jpg
b0226423_14463706.jpg
b0226423_14464200.jpg
b0226423_14464809.jpg
b0226423_14465427.jpg
b0226423_14470048.jpg
b0226423_14470624.jpg
b0226423_14471383.jpg
b0226423_14472037.jpg
b0226423_14472676.jpg
b0226423_14473204.jpg
b0226423_14474147.jpg
b0226423_14475633.jpg
b0226423_14480299.jpg
b0226423_14480876.jpg
b0226423_14481445.jpg
b0226423_14482026.jpg
b0226423_14482647.jpg
b0226423_14483266.jpg
b0226423_14484128.jpg
b0226423_14484679.jpg
b0226423_14485297.jpg
b0226423_14485320.jpg
b0226423_14490068.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-10-26 14:51 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1657 雨のバス道(トリプルアナスチグマート15mmF2.9なら傘差しながら片手で)


ダルメイヤーのCマウントの超パンケーキレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
私は、その撮れ味の楽しさが共通するということで、
ミニホロゴンと呼んでいるレンズですが、
オリンパスEP-L1に付けると、さりげなさでは抜群。
F8に絞って、パンフォーカスで撮りますから、
雨の日、左手で傘を差しながら、右手一本で自在に撮れます。
もちろんすべてノーファインダー。
バスを降りてから、我が家までの3分、
こんな光景しかないのですから、
私がどんな片田舎に住んでいるか、お分かりでしょう。
でも、私がどんなに幸せか、
そんなことにはお気づきにならないでしょうね。

写真的な面白さ、作品としての品格を求める方は、
せいぜいしっかりとファインダーを見たり、液晶を眺めたりして、
構図を考え、空気感を読んだりして、作品作りをしてください。

レンズからのプレゼントをありがたく頂戴したい、
なぜって、もうかなり長い間、超絶スランプにあえいでいて、
もう溺れるものは藁をも式で、レンズに頼ってみたい、
そうお考えの方なら、
あるいは、自分は創造性十分で、今やカルティエ=ブレッソンを凌いだぞ、
なんて、根も葉もない空想に舞い上がっているあなたなら、
このレンズに頼ってみるのがよさそうですよ。
これまでの自分には思いもつかなかったなあ、
そう実感できる写真が撮れるかも知れませんよ。

こんなレンズを使ってみると、気づきます。
こんなボロレンズに任せた方がずっと素敵な写真が撮れるなんて、
なんだ、自分の感性なんて、自分で思ってるほど大したことないじゃない?
こんな風に、慢心をきれいさっぱりぬぐいさり、謙虚さを学べる、
なんて、素敵じゃありませんか?

書き落としました。
台風一過の日でした。




b0226423_2363862.jpg
b0226423_2363288.jpg
b0226423_2362547.jpg
b0226423_2361760.jpg
b0226423_2361113.jpg
b0226423_236651.jpg
b0226423_236012.jpg
b0226423_2355573.jpg
b0226423_235376.jpg
b0226423_2353129.jpg
b0226423_235243.jpg
b0226423_2351851.jpg
b0226423_2351181.jpg
b0226423_23529.jpg
b0226423_234521.jpg
b0226423_2343634.jpg
b0226423_2342665.jpg
b0226423_2341832.jpg
b0226423_2341162.jpg
b0226423_234412.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-01 23:09 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1656 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 2

pretty-bacchusさんが体調を崩しておられるようです。
私の畏友RAさんから今朝葉書が届き、
数日前から風邪で発熱して寝込んでしまったとのこと。
私も一昨日の夜から風邪の症状が明確になり、
昨日、今日とかなり体調が思わしくありません。
やはり季節の変動が健康に与えているのかも知れませんね。
皆さんもお大事に!

ダルメイヤーのチビレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF3.5の大阪加美での路傍写真、
残りを37枚を一挙アップすることにしましょう。

ほとんどの写真家の皆さんが叫ぶでしょう、
こんなレンズの欠点ばかり見える写真は却下!

どんなに孤立無援でも、私は私のレンズたちに味方します。
クラシックレンズたちは空気感が命。
その中でも、このレンズの空気感はひときわ濃密ではありませんか?
私はこんな温かな空気感が大好きなのです。




b0226423_236640.jpg
b0226423_236043.jpg
b0226423_2355272.jpg
b0226423_235474.jpg
b0226423_2354031.jpg
b0226423_2353319.jpg
b0226423_2352777.jpg
b0226423_2351956.jpg
b0226423_2351247.jpg
b0226423_235691.jpg
b0226423_2345880.jpg
b0226423_2345166.jpg
b0226423_2344447.jpg
b0226423_2343288.jpg
b0226423_2342469.jpg
b0226423_2341768.jpg
b0226423_234663.jpg
b0226423_234099.jpg
b0226423_2335397.jpg
b0226423_2334370.jpg
b0226423_2333776.jpg
b0226423_2333044.jpg
b0226423_2332428.jpg
b0226423_2331666.jpg
b0226423_2324719.jpg
b0226423_2323782.jpg
b0226423_232303.jpg
b0226423_2322389.jpg
b0226423_2321618.jpg
b0226423_232159.jpg
b0226423_2314641.jpg
b0226423_231365.jpg
b0226423_2311666.jpg
b0226423_23177.jpg
b0226423_2305078.jpg
b0226423_2303419.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-24 23:53 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1655 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 1

9月2日金曜日、孫プリンスのピアノレッスンの付き添いのため、
大阪加美に参りました。
孫プリンスを保育園から引き取る道すがら使ったのは、
ダルメイヤーの廉価版極小レンズ、

   トリプルアナスチグマート15mmF3.5。

Olympus EP-L1に付けるCマウントレンズ。
実質30mmレンズとして活躍しています。
ミニホロゴンと名付けているせいか、
がんばってくれて、とにかくよく撮れるレンズです。
ダルメイヤーのレンズの良さをフルに発揮してくれます。
リアルなんだけど、どこか非凡な雰囲気を醸し出せます。
f8に絞って、パンフォーカスとして使います。
逆光には弱いけど、順光では強烈です。
地味な画像です。
でも、私にはこれで十分なのです。

光り輝くような容貌、颯爽たる風姿に加えて、
非の打ち所がない才能と知能を兼ね備えた人物が居るとして、
そんな人物を親友にしたいですか?
それと同じようなものです。

私は、好きな写真を撮りたいのですが、
それは心に大きな喜びと平安を与えて欲しいから。
要するに、ほっとさせてほしいから。

非の打ち所がない完璧な画像が撮れたとして、
あなたは大きな喜びと平安を味わうことができますか?
そう、できる方も沢山おいででしょうね。
そんな方は、トリプルアナスチグマート15mmF3.5の写真を観て、
レンズの欠点、画像の不完全さばかりが目について、
とても我慢ができないでしょうね。
そんな方は、あっと言う間もなく、このブログから立ち去り、
二度とおいでになることはないでしょう。
それでよいのです。
写真には沢山の異なる楽土があります。
人の楽土に心を逸らすことなく、
自分に合った楽土に安住できれば、それでよいのですから。





b0226423_16593099.jpg
b0226423_16592315.jpg
b0226423_16591528.jpg
b0226423_1659953.jpg
b0226423_1659348.jpg
b0226423_16585677.jpg
b0226423_16584985.jpg
b0226423_16581276.jpg
b0226423_1658545.jpg
b0226423_16575883.jpg
b0226423_16575154.jpg
b0226423_16574574.jpg
b0226423_16554841.jpg
b0226423_16553758.jpg
b0226423_16552856.jpg
b0226423_16551360.jpg
b0226423_1655465.jpg
b0226423_16544258.jpg
b0226423_16541326.jpg
b0226423_1652576.jpg
b0226423_1651599.jpg
b0226423_16515393.jpg
b0226423_16514666.jpg
b0226423_21461096.jpg
b0226423_16513933.jpg
b0226423_16513184.jpg
b0226423_16503576.jpg
b0226423_1650274.jpg
b0226423_1650201.jpg
b0226423_16501249.jpg
b0226423_1650591.jpg
b0226423_1649515.jpg
b0226423_16494427.jpg
b0226423_16493662.jpg
b0226423_16492952.jpg
b0226423_16491229.jpg
b0226423_164902.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-23 18:39 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1566 福島にて(トリプルアナスチグマート15㎜F2.9は片手間撮りが似合って)



4月16日、大阪福島のザ・シンフォニーホールでも諏訪内晶子さんの
ヴァイオリン・コンサートはもちろん妻のお伴。
でも、道中に突然姿を現すロボグラフィたちにも応えたい。
ということで、小さなバッグに潜ませました。
「№1564 バス道」にバス停までの写真をすでに掲載しました。

今回は福島でのコンサートホールと駅の往還と、
昼食を頂いたトルコ料理店ハネダンの室内装飾を撮りました。

いつもながら、とてもおいしいシシカバブでした。
お昼どきなのに、貸し切り状態だったから撮れたのです。
でも、ロボグラフィなんか撮れなくてもいいから、
ハネダンには繁盛してほしいですね。

そんな気持ちをこめて、12枚アップしました。
(こもっているはずはない!
と、おっしゃるあなたはトルコ料理嫌いなのですね。
もちろんこもっています。
関西の方、福島においでの節は、
騙されたと思って、一度おいでください。
ただし、グルメ様御用達ではありません。
安くておいしいお昼を楽しみたい方、限定)





b0226423_1643367.jpg
b0226423_16433161.jpg
b0226423_16432410.jpg
b0226423_16431939.jpg
b0226423_1643133.jpg
b0226423_164381.jpg
b0226423_1643214.jpg
b0226423_16425673.jpg
b0226423_16425074.jpg
b0226423_16424444.jpg
b0226423_164238100.jpg
b0226423_16423183.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-23 16:45 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1564 バス道(久しぶりに登場したトリプルアナスチグマート15mmF2.9は貫禄で)



私がもっているレンズ中一番小さなのが、
ダルメイヤーの逸品Cマウントレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
4月16日、このレンズを持ち出しました。

ザ・シンフォニーホールでの諏訪内晶子さんのコンサートです。
いつもの撮影用バッグを持ち出すわけにはまいりません。
小型のバッグにしたので、普通ならカメラなど持ち出さない。
でも、私はカメラが手元にないと、どうも落ち着きません。
そんなときに限って、ああ、これを撮りたい、
そんなものに遭遇するからです。
要するに、カメラを持っても持たなくても、
ロボグラフィを見つけてしまうのですから。
私のものの見方になってしまっているのでしょう。
こんなときには、一番小さいこのセットの出番。
なんだかコンサートの度にこのレンズを持ち出しているみたい。

今回もまずバス停までの8分間に、
いろいろと見付かりました。
35枚中15枚をピックアップしました。

ミニホロゴンとあだ名していますが、
それは、周辺光量の落ち方がホロゴンに似ていて、
基本的にf8に絞ってノーファインダーで撮るから。
これは、液晶で見ても、暗くてよく分からないから、
仕方がないのです。
でも、今回は開放でも撮りました。
絞っても開いても変わりません。
ダルメイヤーらしい柔らかな描写が私の心を温かくします。





b0226423_17245623.jpg
b0226423_17245094.jpg
b0226423_17244548.jpg
b0226423_17244026.jpg
b0226423_17243189.jpg
b0226423_17242346.jpg
b0226423_17241624.jpg
b0226423_1724970.jpg
b0226423_1724323.jpg
b0226423_17235776.jpg
b0226423_17235166.jpg
b0226423_17234548.jpg
b0226423_17233970.jpg
b0226423_17233397.jpg






    [後書き]

      3枚目、椿に影がかかっていますね。
      95%のカメラマンはきっと椿を動かすでしょうね。
      でも、私はしません。
      no makingがモットーだからなのですが、
      実は、そんな撮影効果なんてちらっtも頭に浮かばないからです。
      この光景が良かった。
      だから、撮った、ただそれだけ。
by Sha-Sindbad | 2016-04-20 22:11 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(4)

1482 バス停まで(トリプルアナスチグマート15㎜F2.9はやっぱりウルトラC)



久しぶりのセットを持ち出しました。
Olympus EP-L1にダルメイヤーの広角レンズ、
トリプルアナスチグマート15㎜F2.9

30㎜相当の広角レンズで、周辺光量が落ちるので、
私はミニホロゴンと名付けています。
正真正銘の極小パンケーキレンズですが、
絞りもヘリコイドリングも立派についています。
パンフォーカス、ノーファインダーで軽々と撮れて、
深々とした描写を得られるので、珍しくF8専科で使っています。

我が家から徒歩3分のバス停までの距離で、
5分間に28枚撮る余裕がありました。
19枚ご覧頂きましょう。

なんだか意味深長に神秘な画像が並びますが、
なんのことはない、ただのレンズ効果。
私だけが楽しむミニチュア世界。




b0226423_1158568.jpg
b0226423_1158060.jpg
b0226423_11575577.jpg
b0226423_11575068.jpg
b0226423_11574473.jpg
b0226423_11573393.jpg
b0226423_11572764.jpg
b0226423_11572241.jpg
b0226423_11571541.jpg
b0226423_11571164.jpg
b0226423_115747.jpg
b0226423_1157081.jpg
b0226423_1156553.jpg
b0226423_11564795.jpg
b0226423_11564261.jpg
b0226423_11563619.jpg
b0226423_11563192.jpg
b0226423_1156263.jpg
b0226423_11562160.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-12-26 11:59 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1348 新大阪で (トリプルアナスチグマート15㎜F2.9は街歩きには持って来いで)



6月13日土曜日一日がかりで、二胡のレッスンと講習会。
東京から先生がお出でになるので、妻と私が現地マネージメント。
前半私、後半妻という分担。

朝新大阪駅から会場までの約7、8分の道のり、
刻限まで10分しかなかったので、ゆっくり撮る暇はありません。

Olympus EP-L1にダルメイヤーの広角レンズを付けました。
トリプルアナスチグマート15㎜F2.9

完全ノーファインダーで撮れるので、立ち止まる必要もないし、
フォーカシングの手間もいりません。
なんだか何の変哲もない写真ばかり撮れてしまいましたが、
私のように「参加すること(ただ撮ること)に意義がある」という、
徹底したオリンピック精神にはこんな写真でも満足。




b0226423_21144871.jpg
b0226423_21144310.jpg
b0226423_21143530.jpg
b0226423_21143057.jpg
b0226423_21142454.jpg
b0226423_21141869.jpg
b0226423_21141193.jpg
b0226423_2114411.jpg
b0226423_21135893.jpg
b0226423_21133997.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-15 21:16 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1166 平野区の午後 (トリプルアナスティグマート25mmf2.9にはストーリーがあるらしい)


トリプルアナスティグマート25mmf2.9、
見かけは、なんともクラシックな、でもちょっとチープな外観。

    でも、生み出してくれる写真には、
    ちょっとブルーな空気感があって、
    それが映画の雰囲気をそのまま作ってくれそうです。

孫のプリンスを撮ったものも含めて187枚から40枚選択しました。

今この瞬間、ゴールドシールレンズを選定を決意しました。

    今度文房具店で、ゴールドシールを見つけてきます。
    つまり、死ぬまで使いたいレンズ。

チープないわば三文判レンズにもかかわらず、
有力候補にのし上がりました。

    まあ、写真たちをご覧下さい。
    納得していただけるはず。

    (と思うのは、私の自己中心的考え方。
    デジタルレンズの時代の標準で言えば、欠点だらけ。
    要するに、ぼけレンズなのですけどね)    




b0226423_2246945.jpg
b0226423_22461330.jpg
b0226423_2245518.jpg
b0226423_22462820.jpg
b0226423_22462937.jpg
b0226423_22461748.jpg
b0226423_22454180.jpg
b0226423_22453275.jpg
b0226423_22455752.jpg
b0226423_2244582.jpg
b0226423_2245763.jpg
b0226423_22451025.jpg
b0226423_2245550.jpg
b0226423_22443436.jpg
b0226423_22442991.jpg
b0226423_2245199.jpg
b0226423_2245760.jpg
b0226423_22443718.jpg
b0226423_2244835.jpg
b0226423_2244272.jpg
b0226423_2244617.jpg
b0226423_22435395.jpg
b0226423_22434012.jpg
b0226423_2244043.jpg
b0226423_22441261.jpg
b0226423_2244298.jpg
b0226423_22435829.jpg
b0226423_22433861.jpg
b0226423_22431562.jpg
b0226423_2243273.jpg
b0226423_22432172.jpg
b0226423_2243723.jpg
b0226423_22432320.jpg
b0226423_22431881.jpg
b0226423_22432372.jpg
b0226423_22425389.jpg
b0226423_2243691.jpg
b0226423_22425919.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-10-26 22:48 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1044 すがすがしくない日(トリプルアナスチグマート15mmF2.9ならスタスタサクサクとはかどり)



今日のレンズはダルメイヤー。

    トリプルアナスチグマート15mmF2.9
    私が「ミニホロゴン」と名付ける、超廉価版ホロゴン。

ミニにせよ、ホロゴン風なのですから、
もちろんすべてノーファインダーです。

    オリンパスEP-L1に付けるのですから、
    もちろん液晶画面を見れば、構図を確認できます。
    でも、たいていの場合、腰だめで撮るので、
    液晶画面を見ることができないのですし、
    第一に、画面を見てから撮るというスタイルが気に入りません。
    ロボグラフィとの出会いに、そんな時間的余裕はない!

前方3mの曲がり角からいきなり美貌の女性が出現したとお考えください。

    折りよく腰にカメラの撮影態勢が整っていたとしたら、
    液晶画面なんか確認しますか?
    美女に出会ったら、ハッとするもので、
    液晶を見て、「ふむ、美人だな」なんて確認する人はいませんから。

    とるものもとりあえず、という言葉がありますが、
    液晶画面なんかのぞいていたら、本当に、
    撮るものも撮りあえず、になってしまいます。

写真は薩摩の示現流剣道なのです。

    ひたすら「面、面、めーん!」

でも、示現流達人とは根本的に違いますね。

    刀は動かさなければ切れない。
    カメラは動かすと撮れない。
    当たり前ですね。

今日は、そんな当たり前の素人業で、89枚撮って、
30枚選んでみました。

    ダルメイヤーらしく、
    まことにすっきりとしない画像。
    色彩感零の泥色写真群。

    でも、本当のところ、今日の雰囲気をそのまま忠実に再現しているのです。
    一日中、雨が今にも降りそうで、ついに降らなかったのですから。
    



b0226423_2211530.jpg
b0226423_2204285.jpg
b0226423_2201742.jpg
b0226423_2203098.jpg
b0226423_2201166.jpg
b0226423_220197.jpg
b0226423_21595446.jpg
b0226423_21594457.jpg
b0226423_2202895.jpg
b0226423_21594440.jpg
b0226423_2204278.jpg
b0226423_21593022.jpg
b0226423_21594194.jpg
b0226423_21593742.jpg
b0226423_21591520.jpg
b0226423_2159214.jpg
b0226423_21594540.jpg
b0226423_220258.jpg
b0226423_21583922.jpg
b0226423_21584091.jpg
b0226423_21585574.jpg
b0226423_21584717.jpg
b0226423_2158221.jpg
b0226423_2235875.jpg
b0226423_21582037.jpg
b0226423_2223933.jpg
b0226423_21591718.jpg
b0226423_2158071.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-06-04 22:05 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(2)