レンズ千夜一夜

2018年 04月 05日 ( 1 )

1952 下町(2017年10月9日ズミクロン35㎜F2は大阪加美にピタリ合って)1 チェ・ジウさん



私は、一旦始めると、かなり続ける質のようです。
ほんの偶然から、「冬のソナタ」に出会い、
その冒頭で、高校生姿のチェ・ジウさんが
バス停に向かって駈けるシーンで、あっと言う間に、
韓流ドラマにはまってしまいました。
別ブログ「わが友ホロゴン」を始めた年だったと記憶しています。

私は映画が大好きで、毎晩のように、深夜、洋画を観ていました。
でも、それ以来、ほぼ完全に韓流ドラマ一辺倒になってしまい、
現在に至っています。

依然として、韓国の女優さんの中ではチェ・ジウさんが一番。
数日前そのチェ・ジウさんと一般市民の男性との結婚のニュース!
まるで自分の親戚が結婚して、ホッとしたような気分。
彼女の名は「冬のソナタ」当時の数作で韓国ドラマ史に永遠に残ります。
現在でもトップスターのようですが、それでも、正直なところ、私としては、
このまま引退されるなら、さらに喜ばしいですね。
なぜ?
その後は、監督にも作品にもついに恵まれないままでしたから。
彼女は恵まれない環境に翻弄される役柄が似合います。
本質的に庶民的で、人柄が温かいうえ、猛烈に芸達者ではないので、
似合わない役では、場違いなだけなのに、
その後の作品はいわばセレブの女性を演じるドラマがほとんど。
制作者たちは、そんな本質的なことが分からないまま、
チェ・ジウさんを看板がわりに使ってきた感じさえします。
大スターでも、活かしどころを得ないと、力を出し切れません。
さりとて、30を大きく過ぎた今さら、ユジンのような役は無理。
でも、渋い脇役に回ってほしいとも思いません。
こんな風に考えるのは、ファンのわがままかも知れません。
でも、正しい形で韓国ドラマ史に残ってほしいからです。
そんな私の願いを彼女に伝えるすべがあればよいのですが........






by Sha-Sindbad | 2018-04-05 23:57 | Summicron35/2 | Comments(0)