レンズ千夜一夜

2018年 02月 04日 ( 1 )

1931 里(2017年10月3日アンジェニュー28mmF3.5で家の近場を巡回)4-完-記憶のよすが


写真って、ありがたいですね。
とくに、私のロボグラフィのように、
そぞろ歩きで出会ったものたち、シーンを、
見やった瞬間に、さっと撮っては立ち去るというスタンスでは、
写真たちはタイムマシーンになります。

大抵の方は定番の道具をお使いになっているでしょう。
私は、日替わりで、クラシックレンズを使います。
写真作品を創るためには、前者のやり方が必須でしょう。
私のロボグラフィは、私の出会いの記録なのですから、
安定した作風など邪魔になるだけ。
素直に反応するだけで十分。

そのとき、オールドレンズの個性的な描写特性、
とくに、現代の標準に照らすと、明らかな欠陥、
そんなレンズが写真に刻印してくれるさまざまな描写上の歪みが、
私の心の記憶を甦らせるキーとなってくれる、
そんな感じがしています。

アンジェニューレンズなど、その最たるもの。
後日、写真を見ると、
ああ、あのときはアンジェニュー28㎜F3.5でこれを撮ったんだ、
ということが記憶のよすがとなって、情景を想起させてくれます。
私だけの記憶の重要なファクターなのです。




b0226423_21471460.jpg
b0226423_21472121.jpg
b0226423_21472654.jpg
b0226423_21473217.jpg
b0226423_21473759.jpg
b0226423_21474371.jpg
b0226423_21474960.jpg
b0226423_21475697.jpg
b0226423_21480326.jpg
b0226423_21481072.jpg
b0226423_21481656.jpg
b0226423_21482310.jpg
b0226423_21482917.jpg
b0226423_21484181.jpg
b0226423_21485000.jpg
b0226423_21485623.jpg
b0226423_21490181.jpg
b0226423_21490740.jpg
b0226423_21491335.jpg
b0226423_21492011.jpg
b0226423_21492691.jpg
b0226423_21493325.jpg
b0226423_21493969.jpg
b0226423_21494633.jpg
b0226423_21495202.jpg
b0226423_21495991.jpg
b0226423_21501004.jpg
b0226423_21501743.jpg
b0226423_21502248.jpg
b0226423_21503064.jpg
b0226423_21503922.jpg
b0226423_21525037.jpg





by Sha-Sindbad | 2018-02-04 21:54 | Anjenieux28/3.5 | Comments(0)