レンズ千夜一夜

2004 冬枯れどきに(2017年12月13日トポゴン25㎜F4なら奈良町が我が街に)


昨夜調べました。

人口推計(平成28年10月1日現在)

65歳以上人口の割合は上昇が続き,初めて27%を超えたのだそうです。

3人にほぼ1人が老人、という、立派な老人国となってしまいました。


奈良市は、都会と比較しますと、上記の割合はさらに大きいでしょう。

市内のバスに乗っていますと、子供たちの移動時間帯を除けば、

たいてい老人だけ。

交友関係もそれだけ狭くなりつつあるでしょう。

日本人の場合、在職中は、交際範囲も執務関連が大半を占めるようです。

とくに会社員の場合、全生活を会社に捧げるという風潮が今もあるようです。

退職すると、なんらかの趣味を通じて交際を広げない限り、

交際範囲は激減する方が多いのではないでしょうか?


狭い地域社会ですから、さまざまな場所で出会う高齢者たちと、

度々すれ違うことがあります。

かなりの時間を置いて出会うせいでしょう、

まさにコマ落としの状態で観察することを忘れてはなりませんが、

なんだか急速に衰える方がかなりおいでになります。


私は長年、人間の真贋、言葉の虚実を見極めつつ、

いわば、人間の、言葉の、種々の文書の真贋を鑑定する、

といった性質の仕事をしてきました。

そんなとき、いつものしかかってくる本質的な問いは、

「この人の人間性に、言動に、真実があるのか?」

そんなとき、決め手になるのはいつも、眼でした。

かすかな眼の光の閃きが隠された本心を露呈し、

その真偽を裏付けてくれる、そんな瞬間を幾度も経験しました。


こんな習癖は日常生活でも役立ちます。

退職老人たちに出会うたびに、瞳をまず見つめてしまいます。

知恵の閃き、幸せな人生への感謝、期待に満ちた眼差し、

そんな感触を体験することはまずありません。

倦怠、いらだち、失望、迷い、無気力、

そして、ときには、無反応。

長年仕事で培って来た人生観、生き方、ノウハウ等が、

退職後の人生にちっとも訳にたたないのだけど、

自分を新しい人生にふさわしい生き方に修正する気になれず、

行き場を失い、誇り、矜持をずるずると失いつつある自分に気づいて、

途方にくれているのかも知れません。


解決策は一つしかありません。

職業人生、過去の地位、名声、評判、仕事への取り組み方、姿勢、

そんなものをすべて振り捨て、忘れましょう。

これからの人生の重し、障害物、妨害にしかならないからです。

これからどう生きたいか、自分で決めましょう。

過去を懐かしみ、現在を厭い、将来に絶望しながら、死を待つか?

それとも、これからの人生を自分の本来の人生であると確信して、

新たな目標を定めて、それに向かって準備し、計画し、

着々と地歩を固めつつ、新たな自分を築き上げて行くか?


元気に長生きすればするほど、

平均寿命を超えて長生きする確率が高まります。

つまり、逆説的ですが、長生きすればするほど、

自分の新たな最盛期の期間は伸び続けるのです。

人生のどんな時期にも当てはまることが一つあります。

「新しさを失ったらおしまいだ」

「いつになっても、新しいことができる」


90過ぎて、元気一杯、

70程度にしか見えない人物に会ったことがあります。

彼は、谷一つ超えた向こうの丘の老人施設に、

自分の足で下り上って日参して、

ストレッチのインストラクターを務めておられました。

彼が保証してくれました、

「心と体は90過ぎても鍛えることができます」

私はそれは真実であり、私もできると確信しています。

でも、そのためにはそれだけの努力をたゆまず続け、

体と精神力を鍛える必要があります。

お互い、がんばりましょう。




b0226423_22204379.jpg
b0226423_22205246.jpg
b0226423_22210441.jpg
b0226423_22211172.jpg
b0226423_22211758.jpg
b0226423_22212378.jpg
b0226423_22212974.jpg
b0226423_22213587.jpg
b0226423_22214167.jpg
b0226423_22214702.jpg
b0226423_22215971.jpg
b0226423_22220531.jpg
b0226423_22221213.jpg
b0226423_22221826.jpg
b0226423_22222339.jpg
b0226423_22222921.jpg
b0226423_22223560.jpg
b0226423_22224085.jpg
b0226423_22224977.jpg
b0226423_22225981.jpg
b0226423_22231127.jpg
b0226423_22232469.jpg
b0226423_22233946.jpg
b0226423_22235216.jpg
b0226423_22235928.jpg
b0226423_22240553.jpg
b0226423_22241112.jpg
b0226423_22241884.jpg
b0226423_22242474.jpg
b0226423_22243190.jpg
b0226423_22244526.jpg
b0226423_22245201.jpg
b0226423_22250227.jpg
b0226423_22251425.jpg
b0226423_22252710.jpg
b0226423_22253570.jpg







by Sha-Sindbad | 2018-08-19 11:54 | Topogon25/4 | Comments(0)