レンズ千夜一夜

1978 切れ味(2018年6月2日天理の町のたたずまいをゾンネタール73㎜F1.5がそっと)


昨日、奈良県立美術館に参りました。
特別展「奈良の刀剣 匠の美と伝統」
解題はこうです、
「古代から現代まで続く刀の文化とその芸術性。
併せて現代に活躍する奈良ゆかりの刀匠の活動を紹介することで、
多彩な角度から刀剣の魅力を紹介します」
別に刀剣が好きではありません。
危険なものですから、敢えて避けたいという気持ち。
でも、なにかアートに出会いたいと突然の衝動。

七支刀の復元実験もあるということで、参りました。
七支刀は真鍮のようにピカピカ光って、神秘性ゼロ。
ちょっとがっかりしました。
でも、この刀、刃の付き方がこじんまりし過ぎて、
とても実戦には使えそうにないあたり、
いかにも見栄えだけの用途に作られた感じで、
それなりに好感が持てました。

備前長船のような古刀と、現代の刀匠の力作を一気に見ますと、
まるでレンズに似た傾向を感じて、笑ってしまいました。

古刀はそれぞれに装飾性を押さえた質実剛毅な雰囲気。
新刀はいかにも切れますぞと言わんばかりの見事な作り。
でも、こう書きますと、「生意気な」と叱られそうですが、
見かけ倒しのような不足感を感じてしまいます。

ほとんどの刀剣は横から片面だけ見るかたちの陳列。
備前長船のちょっと小型の刀一本がガラス箱の中に、
四周から目を寄せてしっかり味わえるように置かれています。
その切っ先からのあまりに鋭利な佇まいにぞっとしました。
人間の身体なんか豆腐に斬り込むように易々と通ってしまう、
そんな恐ろしさを感じたのです。

私の知り合いは日本刀のコレクターでしたが、
畳の間に置かれたソファーに座って、刀に打粉を打っていました。
突然、手の間から刀がするっと床に落ちてしまいました。
どんな持ち方をしていたのでしょうね?
ともかく刀は畳の中にすーっと10㎝ほど音もなく吸い込まれて、
突き立ちました。
その人、それで日本刀のコレクションを全部処分してしまいました。

別の方に聴いた、その人の知人のお話。
真剣で居合い抜きの演武を鮮やかに決めて、
目は前方を見据えたまま、やおら剣を腰の鞘にそろり納めました。
ふっと視線を落とすと、鞘には入っていない。
ご自分の脇腹に束まで通っていた!
私はこのお話を聞いたとき、「そんなバカな」と思いました。
でも、実物を間近に見て、「ありうる!」と思い返しました。

「水滸伝」にも、英雄の一人、九紋竜史進のお話があります。
若い頃、お金に困って、
たしか家伝の刀か剣を市場で売ろうとしたのです。
見物人たちの見る前で、類い稀な鋭利さをデモして見せます。
正確なところは忘れましたが、髪の毛を刃の上に落とすと、
その細い毛が縦に二つに切れて、2本になって、
刃の両側に落ちたというようなお話。
このお話を読んだときも、「そんなバカな」と思いました。
でも、日本刀なら、起こりうる、そんな感じがしました。

こんな刀を腰に差した武士たちが、
我がもの顔に往来していた時代に生まれなくて、よかった!
これが美術展の最大の印象、って、
お前は芸術の観賞眼がないんじゃないの?
そう言われそうですが、そうなのだから、仕方がありません。
美しいなあ、なんて思う前に、ぞっとするばかりでした。

でも、その経験があったせいでしょう。
宮崎貞安さんのニューレンズ、
ゾンネタール73㎜F1.5の天理試写を今朝一覧して、
このレンズの開放での切れ味の良さに、
ほんのりとしたフレアがまとわりついて、
とても上品なたたずまいを見せていることに驚きました。
そのあたりの奥ゆかしさに古刀の味わいを見た、
そう書きますと、我田引水、身びいきに過ぎるんじゃない、
そうおっしゃる方もおいでかも知れませんが、
この印象もまた私の自然な印象です。
このレンズ、やっぱり開放で使いたいですね。




b0226423_18280582.jpg
b0226423_18281597.jpg
b0226423_18282279.jpg
b0226423_18282715.jpg
b0226423_18283225.jpg
b0226423_18284103.jpg
b0226423_18284637.jpg
b0226423_18285211.jpg
b0226423_18285763.jpg
b0226423_18290559.jpg
b0226423_18291051.jpg
b0226423_18291779.jpg
b0226423_18292506.jpg
b0226423_18293238.jpg
b0226423_18293848.jpg
b0226423_21232864.jpg
b0226423_21233559.jpg
b0226423_21234279.jpg
b0226423_21245918.jpg
b0226423_21250790.jpg
b0226423_21251485.jpg
b0226423_21252115.jpg
b0226423_21252877.jpg
b0226423_21253526.jpg
b0226423_21254297.jpg
b0226423_21255257.jpg
b0226423_21261476.jpg
b0226423_21262214.jpg
b0226423_21263080.jpg
b0226423_21280699.jpg
b0226423_21282704.jpg
b0226423_21283637.jpg
b0226423_21301853.jpg
b0226423_21304331.jpg
b0226423_21305175.jpg
b0226423_21313097.jpg
b0226423_21313824.jpg
b0226423_21315085.jpg
b0226423_21315652.jpg
b0226423_21320721.jpg
b0226423_21321478.jpg
b0226423_21322665.jpg
b0226423_21323388.jpg
b0226423_21324150.jpg
b0226423_21325126.jpg
b0226423_21333288.jpg
b0226423_21334292.jpg
b0226423_21335288.jpg
b0226423_21335940.jpg
b0226423_21345319.jpg






by Sha-Sindbad | 2018-06-09 22:25 | Sonnetar73mmF1.5 | Comments(0)