レンズ千夜一夜

1962 おめでたに不覚(2018年1月7日Petz50mmF2で奈良町撮影中に孫誕生)2-完-


このPetz50mmF2は宮崎貞安さんの最近作です。
この撮影当時、彼から預かって試写していたのです。
ご覧のとおり、見事な画像です。
でも、私が使いたいレンズではありませんでした。
なぜ?
ペッツヴァールレンズの画像とちょっと違っていたからです。
あまりにも精彩すぎました。

宮崎貞安さんは精緻な科学的頭脳の持ち主です。
ペッツヴァールレンズは中心部は精緻な描写ですが、
周辺部は茫漠としています。
だから、全体としての印象は茫漠系に傾きます。
つまり、宮崎貞安さんの頭脳とは正反対の方向。
そんな宮崎さんがペッツヴァールを作ると、
どうしても、精緻系に傾いてしまいます。
現代的な精緻な画像にペッツヴァールの香り、
そんなレンズを好む方は多いかも知れません。

正直に言いますと、
私の頭脳は徹底的にペッツヴァール系らしい。
要するに、抜けっぱなし。
こんな頭脳でも、論理性を重んじる文章を商売としていたので、
いざプロとしての仕事なら、
かなり論理的な文章が書けないわけではありませんでした。
でも、人間としては、どこまで行っても、「抜け作」。
こんな風にして、公私バランスをとって、
精神を健全に保っていたのかも知れません。

こんな私ですから、趣味の世界の写真となると、
日もを完全に緩めてしまい、完全に印象派です。
ホロゴンで撮っても、そうなります。
つまり、理詰めではなく、一瞬の心の揺らぎに反応している。
「一触即発」ならぬ「一色即落」でシャッターを落とします。
それはあくまでも私だけの美の世界。

屍を組み合わせて撮るとしか思えない画像の写真家が居ました。
あんまり気持ち悪いので、ちらっと見ただけですが、
はっきり言えることが一つ、
この写真家にとって、それは紛う方なく美しいのでしょう。
でも、私にとって、それは禍々しくも醜悪でしかない。

それと同じでしょう。
たとえば、「原節子 ホロゴン」とか、
「チェ・ジウ ホロゴン」でグーグル画像検索しますと、
ほとんどの写真愛好家は、
出現する写真たちのあまりの茫洋茫漠ぶりに驚かれるでしょう。
その大半が私のロボグラフィなのです。
それらはどう見直しても、
フォトジェニックではなく、まして美とは無縁。
大阪弁で言えば、「なに、撮ってんねん?」でしょう。
ところが、私にとっては紛う方なく美しい。

このあたりのギャップが私に快感を与えるのでしょう。
そう、非凡、とは無縁なら、
せめて、変人で我慢しちゃおう、ということかな?
若き日の曹操を観た人相見の達人が、
「末は、能吏か、さもなくば、叛臣か」と断じたのに対し、
たしか曹操は、じゃ、とんでもない叛臣になるぞ、
と決意を固めたとか?
私も、知らぬ間に、曹操のひそみにならったのかも?
「末は、平凡な写真家か、さもなくば、一人楽しむど素人か?」
私は、私にとって最善の選択をしたわけです。

そんな私にとって、この宮崎ペッツヴァールの画像は、
優等生の現代っ子にかなり近いのです。
見事なほど整然、だけど、私の路線からちょっと外れている、
というわけです。




b0226423_12012192.jpg
b0226423_12012864.jpg
b0226423_12013377.jpg
b0226423_12014198.jpg
b0226423_12014750.jpg
b0226423_12015315.jpg
b0226423_12020072.jpg
b0226423_12020604.jpg
b0226423_12021497.jpg
b0226423_12022046.jpg
b0226423_12022645.jpg
b0226423_12023322.jpg
b0226423_12023969.jpg
b0226423_12024940.jpg
b0226423_12025579.jpg
b0226423_12030168.jpg
b0226423_12030772.jpg
b0226423_12031267.jpg
b0226423_12031951.jpg
b0226423_12032611.jpg
b0226423_12033513.jpg
b0226423_12034234.jpg
b0226423_12034833.jpg
b0226423_12035438.jpg
b0226423_12040750.jpg
b0226423_12041462.jpg
b0226423_12042129.jpg
b0226423_12042972.jpg
b0226423_12043677.jpg
b0226423_12044423.jpg
b0226423_12045343.jpg
b0226423_12050186.jpg
b0226423_12051795.jpg
b0226423_12052756.jpg
b0226423_12054181.jpg
b0226423_12054998.jpg
b0226423_12055761.jpg
b0226423_12060641.jpg
b0226423_12061577.jpg
b0226423_12062308.jpg
b0226423_12063197.jpg
b0226423_12064101.jpg
b0226423_12065001.jpg
b0226423_12065796.jpg
b0226423_12070459.jpg
b0226423_12071357.jpg
b0226423_12072616.jpg
b0226423_12073426.jpg
b0226423_12074506.jpg
b0226423_12080294.jpg
b0226423_12081020.jpg
b0226423_12082084.jpg
b0226423_12082852.jpg






by Sha-Sindbad | 2018-05-05 12:10 | Petz57/2 | Comments(0)