レンズ千夜一夜

1962 おめでたに不覚(2018年1月7日Petz50mmF2で奈良町撮影中に孫誕生)1


本年1月7日、二女の第二子が誕生しました。
私の4番目の孫です。
その日、私も入院先の産婦人科医院に行って、
まだ陣痛には間がありそうという診断を聴いて、
しばらく散歩に出ました。
1時間ほどして帰ってみると、もう生まれていました。
東京からパパもかけつけ、妻が二女の第一子、
2歳の孫プリンセスと一緒にやってきて、その直後でした。
なんと、陣痛が医師の予測を遥かに超えて早まったのだそうです。

全員、お産に立ち会いました。
私はうっかり不覚をとったと、他から見えそうです。
でも、その場に居ても、私はきっぱり断ったでしょう。
自分の娘の苦しむ姿など見たくない。

その上、正直なところ、私は立ち会いなど無理。
自分の痛みにはかなり強い人間です。
痛みはすぐに去り、記憶に残らないと知っているからです。
でも、人の痛み、人の血には耐えられません。
だから、すっぱりと血とは無関係の仕事を選択し、
家族に多い医者の道は捨てたのです。

その第二子の孫プリンセス3号ももうすぐ生後4ヶ月。
お姉ちゃんの2号プリンセスにそっくりに育ち、
4月からは、お姉ちゃんと一緒に保育所に通っています。
まったく時間の経つのは早いものです。

よい保育所の最大の利点は、
人の気持ちが分かる子に育つこと。
大阪の長女の2人の子もそうですが、
年長、年下を問わず、まったく人見知りをせず、
フランクに接することができ、自分の属する社会で、
リラックスできるようです。

羨ましい。
私は、小学校6年で転居したこともあり、
なじめない環境で独立して生きる性格に育ったようで、
職業生活も特殊な資格だったおかげで、
人を指揮するけれども、自分は誰にも指揮されない、
という、考えようによっては、寂しい境遇にありながら、
自分を殺さないで済むことから、気楽そのもの。
これも私が孤独、孤立に耐えることができる人間だから。

おかげで、自分の人生を自分なりに謳歌してきました。
そんな人生が私の写真までも、誰の評価もたのまないまま、
完全に独りよがりで、気楽に楽しめるようにし、
文章も、誰かに読ませるためではなく、
ひたすら頭に浮かぶまま書きなぐったものをバンバン掲載して、
心安らか。
これも、人がどう思おうが、知ったことか、というスタンス。

次第に歳を重ねるにつれて、悟ることがあります。
どんな人も、たとえば、pretty-bacchusさんのような、
広い世界で多くの知己を作りながら生きている方を除けば、
誰しも、次第に交友関係が狭くなり、
新しい人間関係を開拓する機会もなく、
どんどん孤独となっていくようです。

結局、いつかは一人で生きなければならないのです。
たった一人の人生をどうにか過ごしていかねばならない。
そのような老の孤独に耐えられるか?
ここに老化の速度を決める重要なファクターがありそうです。
解決策は一つしかありません。

  自分の世界を自分で広げること。
  自分の世界をさらに広く、さらに深く探検し、楽しむこと。
  自分の人生を徹底的に謳歌すること。

そうではないでしょうか?

クラシックレンズという眼鏡を取っ替え引っ替えしながら、
自分の歩く道一歩ごとになにかを発見する、
これがロボグラフィですが、
これもまた自分の世界を探検し、
自分との交わりを深める、楽しい方法なのです。
Petz50mmF2というレンズ、新しい角度で、
ロボグラフィとの交友をさらに深めてくれるようです。




b0226423_11290224.jpg
b0226423_11291012.jpg
b0226423_11291543.jpg
b0226423_11292252.jpg
b0226423_11292736.jpg
b0226423_11293264.jpg
b0226423_11293775.jpg
b0226423_11294477.jpg
b0226423_11295434.jpg
b0226423_11295970.jpg
b0226423_11300461.jpg
b0226423_11300980.jpg
b0226423_11301416.jpg
b0226423_11302050.jpg
b0226423_11302691.jpg
b0226423_11303164.jpg
b0226423_11303689.jpg
b0226423_11304861.jpg
b0226423_11305448.jpg
b0226423_11311087.jpg
b0226423_11311569.jpg
b0226423_11312820.jpg
b0226423_11313406.jpg
b0226423_11314102.jpg
b0226423_11314781.jpg
b0226423_11315337.jpg
b0226423_11315969.jpg
b0226423_11320603.jpg
b0226423_11321338.jpg
b0226423_11322042.jpg
b0226423_11322774.jpg
b0226423_11323356.jpg
b0226423_11323963.jpg
b0226423_11324745.jpg
b0226423_11325408.jpg
b0226423_11330002.jpg
b0226423_11331169.jpg
b0226423_11331707.jpg
b0226423_11332418.jpg
b0226423_11333163.jpg
b0226423_11333761.jpg
b0226423_11334672.jpg
b0226423_11335314.jpg






by Sha-Sindbad | 2018-05-03 11:36 | Petz57/2 | Comments(0)