レンズ千夜一夜

1232 長浜にて4 (トリプルアナスチグマート25㎜F2.9の獲物がまだ残っていた)


ほとんどコメントの来ないのが私のブログですが、
昨夜、ひさしぶりにコメントを頂きました。

    これまで自分の写真をほめられたことなどほとんどない私だけに、
    とってもうれしくので、紹介させていただきます。

petzvalさんからのお便りです。

    「はじめまして。隣県在住の者です。
    いつも楽しみに拝見させていただいてます。
    レンズも凄いけど、Sha-Sindbadさんの腕はそれ以上に凄い。
    どれも普通の人に撮れる写真じゃない。視点がすばらしいです! 」

最後の2行、額に入れて、玄関に飾っておきたいほどですね。

    もっとも私に分かることは、petzvalさんと私とはとても相性がいい、
    そのことだけですが、それはそれでとても幸せなです。

別ブログで「認知願望」のことを書きました(まだ掲載していないかな?)。

    どんな人間でも、人に知ってもらうことはとても重要なこと。
    「人は己れを知るもののために死す」と中国の賢者が言ったくらい。

そこで、調子に乗って、petzvalさんに見て頂こうと、
長浜でのダルメイヤー写真26枚アップしましょう。

その前に、もう一つうれしいお言葉、

    「19世紀のペッツヴァール(エルマジ、ダルロー、ローデンシュトック)は、
    ダルメイヤーの25mm f1.9とほとんど同じ写りですよ。
    フォーマットが大きい分、余裕と落ち着きが若干加わる程度じゃないでしょうか。」

    長焦点が多いペッツヴァールだけに、この言葉も私を大いに喜ばせてくれました。
    いつも中将姫光学さんの傑作群に接して、
    対岸の豪邸の庭園で開かれるガーデンパーティを見る思いでしたが、
    そうか、気のあった友人たちとピクニックで頂く手作りサンドだって至福じゃない?
    そう、今更ながら気づかせて頂いた思いです。

いとしのダルメイヤーたちをもっともっと愛してあげましょう。
このトリプルアナスチグマート25mmF2.9だって、
捨てたものじゃないですよ、ね.......





b0226423_12384543.jpg
b0226423_12383555.jpg
b0226423_12382180.jpg
b0226423_12381059.jpg
b0226423_12375959.jpg
b0226423_12374972.jpg
b0226423_12374138.jpg
b0226423_1237301.jpg
b0226423_12372280.jpg
b0226423_12371249.jpg
b0226423_1237428.jpg
b0226423_12364377.jpg
b0226423_12362539.jpg
b0226423_12361698.jpg
b0226423_1236495.jpg
b0226423_12355348.jpg
b0226423_12353440.jpg
b0226423_12351346.jpg
b0226423_123528.jpg
b0226423_12345390.jpg
b0226423_12344390.jpg
b0226423_12343513.jpg
b0226423_12342783.jpg
b0226423_1234193.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-14 12:44 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(5)
Commented by petzval at 2015-01-14 21:31 x
トリプルアナスティグマットの写真と、
「相性がいい」なんてコメントありがとうございます!
トリプルアナスティグマットやっぱりお見事です!
私は若い頃、ライツのズマールにはまり、
ヘクトール5cm、クセノンと突き進み、
ヘクトール7.3cmのボケ味にひっくり返り、
最後はタンバールに行き着いた重病人です。
その後、ある重要人物の仕事のアシスタントのアシスタント(笑)
として、ニューヨークやロンドンから
プロターやダゴールやヘリアを取り寄せたりし、
ダルローやエルマジの立体感、質感に惚れ込み、
最後はニコラペルシャイトにぶっつぶされた哀れな人間です(笑)
ミラーレス一眼なんて言葉を横目に見、
長い間、どうせダメだろうぐらいに思っておりましたが、
電気屋でオリンパスOM-Dを触り、
もしかしたらこれは。。。と直感し、
OM-Dとソニーアルファ7の両方を衝動買い。
アルファ7にはライカのレンズを付けるとして、
さて、OM-Dには何を付けよう??なんて思っている時に出会ったのが
Shaさんの『レンズ千一夜』でした。
夢みたいなことが実現し、
夢みたいな写真が夢の中での出来事の様に並んでる!
そして、なぜか懐かしい。
「そう、何を撮ってもいいんだ!」
そして、初めて聞く「ロボグラフィ」という奇妙な言葉。。。
こうなったら、もう病気の再発宣言をするしかないではないですか!
Commented at 2015-01-14 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sha-Sindbad at 2015-01-15 15:11
最初のコメントでびっくり。
私よりもかなり奥深いところをお歩きになっていますね。
私は常に写真先行型で、自分の好きな写真を撮らせてくれるレンズ、
そう確信できたものを手に入れてきました。
でも、ヘクトール73/1.9、タンバール90/2.3への傾斜はまさに共通。
お写真もさっそく拝見しました。
謙遜されていますが、レンズではなくて、ご自分の感性でお撮りになって、
びしっと腰の据わった作品が並びました。
私が大好きな写真は以下の7枚。
P1010001.JPG
P1010017.JPG
P1010019.JPG
P1010030.JPG
P1100014a.JPG
P1120004.JPG
P1120011.JPG
みんな空気感が溢れていて、魅力たっぷりですね。
なお、私の好みというだけのことですが、
お写真の傾向では、フォーマットは3:2がふさわしい感じがします。
デジタルサイズ、6×7判、6×4.5判、6×6判すべてに言えることですが、
縦位置だと両脇に、横位置だと上下に、邪魔が入るリスクが高くて、
いわゆる「かったるい」印象がほんのり漂うことが多いようです。
主題を強調ためには、3:2、とりわけ縦写真が、
一番画面整理しやすいように思います。
Commented by petzval at 2015-01-15 20:13 x

コメントとアドバイスありがとうございます。
お見せした写真はほとんどすべて0.7〜1.0アンダーで撮ってますが、Yahoo Boxだと明るく見えるのが少し残念です。
お言葉通り3:2フォーマットは今度からぜひ試してみます!
縦写真をあまり撮らない理由は、パソコンの画面が横だから、に尽きます。。。
もともとポートレートが一番好きで、ほとんど縦で撮ってました。
ライカIIIbに素通しのスポーツファインダーを付けて、パララックスの補正をしながら(笑)
当時の主力レンズがヘクトール73とタンバール。
なぜこんな不便な装置とやり方で?
実際にやってみないとわからないと思いますが、
素通しファインダーでモデルと対峙すると。。。
向こうの情念みたいなものが、完全にダイレクトに伝わって来るんです。M3のファインダーがいかに素敵でも、一眼レフでいかに優れたレンズを通して見ても、この感覚は絶対に得られないでしょう!
もう一つの理由は、単純に、M型ライカには73mmのブライトフレームがないから(笑)
それと、単純にIIIfでなくIIIbが好きだったんです(笑)

ここ2日、通勤途上のわずかの時間でKino Plasmat 25mm f1.5の試し撮りに励んでますが、これは手強いレンズです! さすがの恥知らずの私でも、お見せ出来る写真は1枚も撮れてません。開放だとすべてボケボケのフワフワです(笑) ピントは合ってないようで合わないこともないし、妖しいオーラは漂いそうになるのですから、悪い個体に当たったのでないのは確かです。レンズの状態はかなりいいです。ニコラペルシャイトについて、大阪のお店では「20枚撮って1枚、まあ見れるかなぁぐらいの写真が撮れれば一流ですよ」なんて言ってたのが思い出されます。このじゃじゃ馬レンズを縦横無尽に使いこなされるShaさんはやっぱりタダ者ではないです!
Commented by Sha-Sindbad at 2015-01-16 01:29
petzvalさん
私も、肉眼を超える感じさえするライカ外付けファインダーたちが大好きで、
21、28、35、50用すべて持っています。
でも、いつしかノーファインダーで撮るようになって、
全部乾燥ボックスで眠っています。
キノプラズマート、確かに使い勝手は悪いですね。
縦横無尽なんて、とんでもないことで、
使いこなすなんて、私には夢のまた夢。
そうではなくて、キノプラズマートに私を使ってもらう、
そんなスタンスでつきあっています。