レンズ千夜一夜

タグ:OLYMPUS EP-L1 ( 96 ) タグの人気記事

1803 記憶(2017年4月10日キノプラズマート20㎜F1.5奈良町にしっとりと)Part 6-完-

キノプラズマート、使えば使うほど、
「ああ、いい!」
そう感じます。
でも、その「いい」は私がその場に居た瞬間とそのときの気持ちを
しっかり思い出させてくれるからです。

「写真が多すぎるよ」
友人からそう言われました。
傑作写真ばかり並んだら、「多すぎる」とは誰も言いません。
「凄い!
圧倒された!」
そう言うでしょう。
だから、「見る価値のない写真を沢山出している」という意味。
私のブログ訪問者の99%、いや100%のご意見でしょう。

写真家として作品を発表する場と考えるなら、
極度に厳選、これが絶対でしょう。
「下手の鉄砲数撃ちゃ当たる」式が成功する筈がありません。
だとすると、私がなぜこんなに無差別のごった煮をしているのか?
その理由を考えていただきたいですね。

次のどれでしょう?
① 全部傑作で、人にアピールできる、私がそう考えている。
② ごった煮に辟易して、来る気をなくさせるため。
③ 自分の足跡の絵日記のつもり。

①じゃ、まるで「アホ」ですね。
正解は②と③。

人気ブロガーの皆さん、スパム攻撃に時折悩まされるそうです。
優れた写真とブログ人気とふたつながら嫉妬をかき立てるからです。
思うに、人気ブログの場合、それだけの理由があるから、
人が集まるのですから、嫉妬を感じさせるのも無理はないし、
そう感じる方が訪問してくる確率もそれだけ高いわけです。

一方、私がそれに近いコメントをもらったのは、
別ブログを初めて1年経たぬ頃、たった1回だけ!
なぜ?
訪問者がごく少数なので、
そう感じる方が来る確率も極めて微少だからです。
もっけの幸いです。
そのたった1回、ただちに削除して、
その人物のアクセスを禁じましたが、
なんで、わざわざ人を怒らせるようなことを書くんだろう?
かなり気分が悪かったことを覚えています。
「スパム」とはよく言ったものです。

そこで、考えた対抗策が「写真と文章をたっぷり」。
その頃気がつきました、
ブログって、完璧な日記媒体じゃないか!
そこで、掲載容量を無制限とするよう契約を変更し、
以来、どんどん文章と写真を無制限に増大させるとともに、
アクセス数をチェックするのを止めました。

私はかなり意思が強く、決めたことは実行する人間なので、
それ以来、幾人がのぞいたか、まったく調べたことがありません。
一度、朝、自分の頁を開いたら、なんと呼ぶのか知りませんが、
個人のホームページのようなものの体裁がガラリと変わり、
片隅にその時点までのアクセス数の欄まであって、
目に入ってしまいました。
早朝だったので、「2」か「3」だったと思います。
ただちに旧の頁に設定を戻しました。
その頁を開く度に「この頁はサポート終了」とかなんとか表示。
「いいでしょ、サポートなんかしてもらわなくてもね」
いつか、旧の頁が本当に廃止されてしまったら、
現ホームページがCRTに出現する度に、
アクセス数欄を見ないように反射的に顔を動かし、
次の瞬間、さっとアクセス数欄を手で隠すことになるでしょう。

見たって、いいじゃないの?
皆さんはそうでしょう。
私はいやです。
日記なら、そんなものは見ない、それが大前提。
いやなことは絶対にしない、それが私の流儀。





b0226423_23223992.jpg
b0226423_23223345.jpg
b0226423_23222777.jpg
b0226423_23222179.jpg
b0226423_23221229.jpg
b0226423_2322377.jpg
b0226423_2321315.jpg
b0226423_23212546.jpg
b0226423_23211946.jpg
b0226423_2321139.jpg
b0226423_2321671.jpg
b0226423_2321028.jpg
b0226423_23205443.jpg
b0226423_23204622.jpg
b0226423_23203831.jpg
b0226423_23203147.jpg
b0226423_23202486.jpg
b0226423_23201871.jpg
b0226423_23201193.jpg
b0226423_232043.jpg
b0226423_23195789.jpg
b0226423_23195128.jpg
b0226423_23194456.jpg
b0226423_23193781.jpg
b0226423_23192964.jpg
b0226423_23192329.jpg
b0226423_23191788.jpg
b0226423_23191045.jpg
b0226423_2319330.jpg
b0226423_23185748.jpg
b0226423_23184973.jpg
b0226423_23184258.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-26 23:59 | Kinoplasmat20/1.5 | Comments(0)

1792 奈良(2017年4月3日アポクロマート25㎜F2は独創性が売りで)Part 1 西大寺

私はレンズ特性、レンズ設計のことなど完全に素人。
様々なレンズの特性、性能について立て板に水で論じられる方の前では、
ひたすら尊敬の念をこめた眼差しで、神妙に沈黙を保つだけ。

でも、実のところ、私には光学について学ぶ能力がゼロですし、
そんなことを知らなくても良い、と心の内では感じています。
私にとって大切なことは、たった一つ。
このレンズは、私が喜べる写真を撮ってくれるか?
ただ、それだけです。

たとえば、あなたが結婚式場に新郎として立っているとしましょう。
ふっと頭に閃きます、
そうだ、結婚リング、ちゃんと持ってきたかな?
式服の内ポケットを探ります。
ない!
ここに入れたつもりなのに!
また、閃きます。
そうだ、昨日、内ポケットに入れたけど、
ベッドに入る前に見たくなって、出したんだ。
そして、どうしたっけ?
あ、あ、あ! なぜか、机の引き出しにしまってしまった!」
誰かに取りに行ってもらわなければ!

そんなとき、どうしますか?
家の鍵をもっていて、リングの置き場所を教えたら、見つけられる家族に、
頼みますね。
家の場所も知らず、鍵も持たない人になんか頼みませんね。
それと一緒。

どんなレンズを愛用しますか?
「レンズ特性の優秀なレンズだよ」ですって?
いいですねえ、でも、さよなら、
私はそんなあなたと付き合いたいとは思えませんね。

「私の撮りたい写真を撮ってくれるレンズだよ」ですって?
いいですねえ、友達になりましょう!

そのレンズの特性なんかどうでもいいのです。
私が撮って欲しいと熱望するような写真を撮ってくれたら、
骨まで愛し、じゃない、レンズそのものを愛してしまいますね。
アポクロマート25㎜F2って、そんなレンズです。




b0226423_2331468.jpg
b0226423_23305871.jpg
b0226423_23305191.jpg
b0226423_2330449.jpg
b0226423_23303733.jpg
b0226423_23303122.jpg
b0226423_23301913.jpg
b0226423_23301319.jpg
b0226423_2330560.jpg
b0226423_23295853.jpg
b0226423_2328341.jpg
b0226423_23275548.jpg
b0226423_23263898.jpg
b0226423_23263153.jpg
b0226423_232621100.jpg
b0226423_23261343.jpg
b0226423_2326459.jpg
b0226423_23255629.jpg
b0226423_23254822.jpg
b0226423_23254039.jpg
b0226423_23253338.jpg
b0226423_23252459.jpg
b0226423_23251791.jpg
b0226423_2325109.jpg
b0226423_2325399.jpg
b0226423_2324562.jpg
b0226423_23245089.jpg
b0226423_23244532.jpg
b0226423_23243713.jpg
b0226423_23242974.jpg
b0226423_23242060.jpg
b0226423_23241242.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-10 23:58 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1772 新大阪(リコーダー日のスピードアナスチグマート25㎜F1.5は心を休める仕事)


肺炎の療養の日が続きます。
抗生物質の点滴4日目です。
もうほとんど脱力感もなくなりました。
脱力感がなくなると、
症状として残るのは左肺の白濁状態だけ。

親友のRAさんと一昨夜電話で話しました。
彼も若い頃同様に肺が一つ白濁する肺炎をわずらったそうです。
曰く、「結局、肺の白濁はとれないままに終わりました。
そうすると、気管支炎になりやすく、
容易に肺炎に進む危険があって、苦労しました」

私もそうなるのか?
心配になって、昨日、担当医に尋ねました、
「そんなことありませんよ。
綺麗になりますよ。
その方なにか合併症があったのでしょう」

今日、ブログを見て、姉がお見舞いの電話をくれました。
もう引退していますが、小児科医だったので、
医療関係は万事、この姉に尋ねます。
姉も、「そんなことないよ。綺麗になるから」
ほっ。

使うカメラはボロボロ、
使うレンズの大半は白濁、
使う自分の頭脳も最早白濁、
撮れる写真も白濁、
そのうえ、肺までも白濁されたんじゃ、
たまったものじゃありません。
でも、そう言いながら、白濁は私のお好み状態らしい。

4月5日火曜日、アブニールコンサートを3日後に控えて、
新大阪駅近くのココプラザでリコーダーレッスンでした。
でも、ちゃんとバッグに潜めたOlympus EP-L1に付けたのは、
白濁レンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5
もっとも白濁したのは、長年使い倒されたせいでしょう。
私がレンズの清掃をしないせいもあるかも?
でも、それがとてもよく働いてくれるのですから、
あの使い古しの言葉をプレゼントしたいですね、
「いぶし銀のような」レンズ表現。





b0226423_22462685.jpg
b0226423_22461926.jpg
b0226423_22461247.jpg
b0226423_2246676.jpg
b0226423_2246063.jpg
b0226423_22455439.jpg
b0226423_22453551.jpg
b0226423_22452992.jpg
b0226423_22452195.jpg
b0226423_22451596.jpg
b0226423_2245853.jpg
b0226423_2245130.jpg
b0226423_22445593.jpg
b0226423_22444693.jpg
b0226423_22443871.jpg
b0226423_22443122.jpg
b0226423_22442365.jpg
b0226423_22441311.jpg
b0226423_2244626.jpg
b0226423_22435962.jpg
b0226423_22435491.jpg
b0226423_22434611.jpg
b0226423_22433943.jpg
b0226423_22433399.jpg
b0226423_22432767.jpg
b0226423_22432131.jpg
b0226423_2243131.jpg
b0226423_2243635.jpg
b0226423_22425821.jpg
b0226423_22425214.jpg
b0226423_22404187.jpg
b0226423_22403295.jpg
b0226423_22402438.jpg
b0226423_22401451.jpg
b0226423_2240780.jpg
b0226423_2240041.jpg
b0226423_2239504.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-20 23:19 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1771 お迎え(帰宅の私を迎えた落ち椿にシネエクター25㎜F1.9がキラッとウィンク)


4月19日水曜日、
診療所での肺炎抗生物質点滴治療3日目です。

診療所は、予約患者だけの診療日で混み合っています。
処置室のベッドでの私の点滴開始も40分ほど待たされました。
点滴が完了した後、担当医、女性です、
一枚のペーパーを手に、なぜかいそいそと登場。

   「ものすごく速く数値が好転しています。
   日曜日まで点滴と言っていましたが、
   どうやら金曜日あたりまででいいでしょう。
   最後にもう一度レントゲンを撮って、肺の状態を調べて、
   終わりということになりそうですね。」

あまりにスムーズな治療経過に驚きつつ、尋ねてみました、
「私の親友が30過ぎでやはり肺炎にかかり、
どちらかの肺が真っ白になりました。
肺炎は治ったんだけど、肺の白濁はそのまま残ったので、
風邪引きしやすく、肺炎につながる危険をいつも孕んでいる、
そう聞いたのですが?」

先生、にっこり笑って、

   「その方、ほかにも疾患があったのでしょう。
   肺炎だけだったら、治療すれば、大丈夫、綺麗になります」
   
これで本日の治療はめでたく完了。
私が昼食を用意する番なので、省エネのため、
近くのほっかほか亭に電話して、お弁当を2つ注文。
受取に行く道すがら、バス停の時刻表を見たら、
なんと7分後に我が家の近くのバス停を経路にするバス。
なにもかも順調です。

ほっかほか亭では、お弁当を受取りながら、

   「お宅のお弁当が一番家庭の味があって、おいしいですね。
   いつまでもここで続けてくださいね」

これは症状好転でご機嫌になったら出たお世辞じゃありません。
私はどこでもこんな風に声をかけることにしているからです。
駅のトイレの掃除担当者にもたいてい声をかけます。

   「ご苦労様、おかげで綺麗に使えます」

あんまりそんな人は居ないと見えて、たいていびっくりされますが、
ときにはとても嬉しそうな笑顔になる方もいます。

近頃は参りませんが、現役時代に、辛い仕事からの逃避でしょう、
よく出かけた海外旅行で、諸国で見たトイレを思い出すと、
現代の日本のトイレは異次元的に美しい。

それもこれも、新しい水洗セットのお陰もありますが、
(どうも大手は宣伝のためどんどん提供するみたいですね)
古いトイレでも美しい状態。
どんな最新の水洗トイレでも手入れを怠ると、
2、3週間でどす汚くなるものです。
つまり最新のピカピカトイレほど、手入れが必要。
つまり、どこでも掃除担当者の皆さんががんばってくれているのです。

だから、気軽にねぎらいの言葉をかければ、
自分のやっている仕事は有用なんだ、そう気づいて、
もっと頑張ろう、という気持ちになり、
疲れも少しは取れるでしょう。

おっと、話がまた逸れました。
バスから降りて、我が家までの約300mの下り坂を歩き始めました。
朝より足取りが軽くなっている!
今朝はすでに起床後自然にストレッチを軽くやれるほど快調でしたが、
3度目の点滴と先生の言葉が私をさらに元気づけてくれたのです。

我が家ちかくの路上に落ち椿をたった一つ見つけました。
目が合いました。
目を細めて、にっこりしてくれました。
ちっちゃな両手もちらっと見えます。
ちょっとカラフルなトリケラトプスの頭部に似ていますね。
私のために、わざわざ路上に落ちてくれたのかも?

えっ?
折角だから、持ち帰ったのか、ですって?
いえ、持ち帰りはしませんよ。
だって、実は、別の人を待っていたかもしれないし、
恋人椿が続いて落ちてくるのを待って、
二人して天国に昇天するつもりだったかも知れないじゃないですか?

えっ?
椿にも天国があるの?
当然じゃないですか?
これだけ世界を食い物にして荒らしまくり、互いに殺し合っている、
人間にさえも天国を用意される神様ですよ。
人間って、他の生物に向かって威張れるほどの実績も心の美しさも、
全然ない、かなりみじめな生き物なんですから。




b0226423_152324100.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-19 15:24 | CineEktar25/1.9 | Comments(0)

1767 加美(トリプルアナスチグマート25㎜F2.9には使う度に驚かされる)


ああ、大変な発見をしてしまいました。
私の精神になにか問題があるかも知れない!

今回も、加美の路傍でかなり顔の写真を撮りました。
と言っても、顔そのものじゃない、顔に見えるなにか。
こういう現象になんだか名前があったなあ?
そこで、グーグルで「何でも顔に見える」と検索。
たちどころに分かりました、「パレイドリア」でした。
ふーん、そうだった?

二、三の記事に面白い記載。
「最新の研究によれば、特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう人は
神経症傾向の高いということがわかった。」
あーれー、私は神経症傾向が高いのであるか?

とすると、5歳の孫プリンスも同様の性癖を生まれながらにして、
持っている。
つまり、孫プリンスは、哀れ、生まれながらにして、
神経症傾向が高いのだ!

妻に喜んで報告しました。
妻、一笑に付して、
「あなたは神経症傾向が高いのではなく、
人を神経症傾向が高い方向にし向ける人なの」
そんなことはないことは自ら保証しますが、
よく考えてみると、私だって、孫プリンスだって、
「特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう」
わけではなくて、そんな見え方がすることを楽しんでいるだけ。

ついでに、孫プリンスの近況。
金曜日、妻が熱の出た孫プリンスを世話に参りました。
二人でテレビを観ているとき、妻が、「熱測ってみよう」
「8度2分ありました」
「やっぱりね、まだ熱があるね」
孫プリンス、尋ねました、

    「どうして、熱があると分かったの?」

「ほっぺがいつもと違って、ちょっと赤いからよ」
彼、鏡のところに行って、「ほんとだ!」
彼、自分の頭をちゃんと使っていることが分かりますね。

今回も、顔に見えるようなものをかなり沢山アップ。
あなたが、「どこに顔が見えるの? そんなもの見えないよ」
と、戸惑うようであれば、安心してくださいね、
あなたは神経症的傾向が高いわけではない。
でも、それじゃ、私の写真をご覧になっても、戸惑うだけですね。
「こんなもの撮って、なにが面白いの?」
ご安心あれ、そんな方は極めて多いようです。
つまり、正常なのでしょう。

ついでに言いますと、
だからと言って、私が異常というわけでもない。
単に見え方が違うだけですね。
なにはともあれ、あなたとはご縁がないわけです。





b0226423_22311354.jpg
b0226423_2231624.jpg
b0226423_22305366.jpg
b0226423_22304677.jpg
b0226423_22304021.jpg
b0226423_22303350.jpg
b0226423_2230259.jpg
b0226423_2230185.jpg
b0226423_22301031.jpg
b0226423_2230436.jpg
b0226423_22295725.jpg
b0226423_22224854.jpg
b0226423_22223641.jpg
b0226423_22222853.jpg
b0226423_22222115.jpg
b0226423_22221490.jpg
b0226423_2222711.jpg
b0226423_2222192.jpg
b0226423_22215325.jpg
b0226423_22214768.jpg
b0226423_22214080.jpg
b0226423_22213498.jpg
b0226423_22212767.jpg
b0226423_22212140.jpg
b0226423_22211477.jpg
b0226423_222161.jpg
b0226423_222106.jpg
b0226423_22205399.jpg
b0226423_22204518.jpg
b0226423_22203736.jpg
b0226423_22202958.jpg
b0226423_22202162.jpg
b0226423_22201292.jpg
b0226423_2220323.jpg






    後書き

     ラスト部分の浮き彫りは、
     JR加美駅近くの喫茶店の壁面。
     店主の女性が作者です。
     なかなか魅力的なので、幾たびに撮らせて頂いています。
     隠れた芸術家かも?
by Sha-Sindbad | 2017-04-09 23:15 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(0)

1725 (クックシネマ25mmF3.5って、いつもながら大人の風格を見せてくれる)



私のブログは、一応、限られた数ですが、
オールドレンズたちのリファレンスブックになっています。
記事を書くときには、以前の記事を読み返したりしません。
そんな暇がないので、写真を見ながら表題を思いつきます。
すると、いつも似たような言葉が思い浮かんでしまうようです。
私の語彙の不足のせいですが、
オールドレンズたちがそれだけしっかりと個性を持っているから。
レンズの光学的説明は一切なし。
書けないから、知らないから。
そこで、結局は別ブログ「わが友ホロゴン」にそっくりさん、
日記そのまま。

今回のクックシネマ25mmF3.5、
別称を「襟巻きトカゲ」というかどうか知りませんが、
極小レンズなのに、デザインが大げさ。
だから、可愛い、という面もありそうですが、
気に入っている主たる理由は、なんと言っても、
その描写性に風格があるから。
ただバス停に向かう道すがら、行きずりに右に左にバッタバッタ、
小さな場所を切り取っただけなのに、
写真たちが堂々たるたたずまいを見せてくれます。
不思議です。




b0226423_22563914.jpg
b0226423_22562771.jpg
b0226423_22561965.jpg
b0226423_22544667.jpg
b0226423_22534620.jpg
b0226423_2253369.jpg
b0226423_22533033.jpg
b0226423_22532338.jpg
b0226423_2253169.jpg
b0226423_2253647.jpg
b0226423_22525953.jpg
b0226423_2252514.jpg
b0226423_22524230.jpg
b0226423_22523540.jpg
b0226423_2252261.jpg
b0226423_22514564.jpg
b0226423_22513732.jpg
b0226423_22512597.jpg
b0226423_22511812.jpg
b0226423_22511141.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-27 23:05 | CookeCinema25/3.5 | Comments(0)

1689 バス道(ピザール26mmF1.9は空気感をよく出してくれるらしい)

ケルン社のピザール26mmF1.9、
Olympus EP-L1に付けました。

どうやらスイター25㎜F1.5の廉価版、普及タイプらしいのですが、
昔、紀元前のローマ共和政の頃、
ローマ元老院を見学させておらった蛮人が、
居並ぶ議員たちの威風に圧倒されて、
「王様たちが並んでいる」とかなんとか言った話が残っています。
スイターのCマウントレンズたちもちょっとこれに似ています。

すべて開放の描写です。
ピザール、堂々たる表現力ではありませんか?





b0226423_23305180.jpg
b0226423_23304487.jpg
b0226423_23303710.jpg
b0226423_23303024.jpg
b0226423_23302470.jpg
b0226423_23301715.jpg
b0226423_23301022.jpg
b0226423_2330354.jpg
b0226423_23295519.jpg
b0226423_23295053.jpg
b0226423_23294391.jpg
b0226423_232935100.jpg
b0226423_23292837.jpg
b0226423_2329219.jpg
b0226423_23291164.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-14 23:57 | Pizar26/1.9 | Comments(0)

1689(スピードパンクロ28mmF2でいつものバス道と新大阪ロボグラフィ)


オリンパスEP-L1に付けたのは、Mマウント化した、
スピードパンクロ28mmF2を付けました。
実質56㎜の標準となります。
スピードパンクロ50㎜F2が手に入らないなら、
こんな形で標準のスピードパンクロを使ってみたい、
という気持ち。

ところが、56㎜なのを忘れて、
新大阪駅前土曜市ではほとんどノーファインダー。
どこからどこまで写るか、確認もしていない!
28㎜レンズの被写界深度があるせいで、
58㎜とは言っても、F4位の深度はありそう。
それでも、かなりピントがずれてしまいました。

そのうえ、兄貴分スピードパンクロ50㎜F2のような、
カリスマ性豊かなメタモルフォーゼは浮かび上がらない。
かなり普通の描写になってしまいました。

ソニーα7だと、イメージサークル不足で、まん丸画像。
FujiXPro-1あたりで、39㎜あたりにして撮るのがよいかも?





b0226423_12385377.jpg
b0226423_12384687.jpg
b0226423_12383880.jpg
b0226423_12382444.jpg
b0226423_12381730.jpg
b0226423_1237255.jpg
b0226423_12365542.jpg
b0226423_12364787.jpg
b0226423_1236405.jpg
b0226423_12363424.jpg
b0226423_1236279.jpg
b0226423_12361551.jpg
b0226423_1236887.jpg
b0226423_1236078.jpg
b0226423_12332692.jpg
b0226423_12331964.jpg
b0226423_12331047.jpg
b0226423_1233467.jpg
b0226423_12325352.jpg
b0226423_12324658.jpg
b0226423_1232396.jpg
b0226423_12322658.jpg
b0226423_12321968.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-13 14:26 | SpeedPanchro28/2 | Comments(0)

1688 バス道(ペンタック38mmF2.9を手にバス道を辿ってみたら?)


私には一つ強みがあります。

もし大震災で家がぶっ壊れて、焼けてしまい、
着の身着のまま放り出されることだってあるかも知れません。
たまたま手近にあったバッグをひっつかんで、戸外に飛び出して、
「やれやれ、妻も家族(猫ですが)も無事だった。
どれ、どんなカメラがバッグに入っているのかな?」
と、のぞいてみて、オリンパスEP-L1にCマウントレンズ一本、
そんな可能性だって十分想定できます。
そんなとき、どんなCマウントレンズでも喜ぶでしょう。
それなりに十分個性的なレンズたちだからです。

そんなとき、
「うん、これがあれば、撮りたいものはなんでも撮れる」
とは考えません。
考えることは、
「うん、これがあれば、撮ってくれた写真を喜ぶことができる!」

すると、どなたか、質問が飛び出しそうですね。
「そのレンズでは撮れない、だけど、撮りたい、
そんな光景に出会ったら、やっぱりがっかりするんじゃない?」
その方は、私のことがお分かりになっていない。
私は、撮影に出かけたとき、レンズにすべてを託します。
そのレンズに撮れない光景など、まったく目に入りません。
入っても、「ああ、撮りたい!」とは考えません。
ないものねだりをせず、あるものを心から楽しむ、
それが私のポリシー。

残されていたレンズが35㎜銀塩カメラ用だと、
事情は違ってしまいそうです。
いくら好きなレンズばかり手元に残していると言っても、
時には、こう感じて、げっそりすることがあります、
「もう少し、私のお好みに撮ってくれたら、どうなんだろね?」
Cマウントレンズとはえらい違いなのです。

チビのCマウントレンズたちって、不思議です。
揃いも揃って、私の心をくすぐる写真を撮ってくれます。
なぜなのか?
私には分かりません。

12月1日、新大阪ではそんなCマウントレンズ中のお気に入りの一本、
ペンタック38mmF2.9をOlympus EP-L1に付けて、
リコーダー練習に持ち出しました。
行きのバスに乗車すべく辿ったバス道の写真と、
JR大阪駅での大和路快速待ちの夜景をごらん頂きましょう。
こんなぼけた描写が私の好みなのです。
つまり、現代デジタルレンズは全部、落第。





b0226423_2250116.jpg
b0226423_2250527.jpg
b0226423_22495859.jpg
b0226423_22495078.jpg
b0226423_22494243.jpg
b0226423_22493650.jpg
b0226423_22493084.jpg
b0226423_22492342.jpg
b0226423_22491796.jpg
b0226423_22491070.jpg
b0226423_2249394.jpg
b0226423_22485778.jpg
b0226423_22485052.jpg
b0226423_22484316.jpg
b0226423_22483543.jpg
b0226423_22482791.jpg
b0226423_22481993.jpg
b0226423_22481346.jpg
b0226423_2248687.jpg
b0226423_22475971.jpg
b0226423_22475251.jpg
b0226423_22474545.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-11 23:48 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1682 西大寺(ちょっと暗い雨模様でもクセノン50mmF2.8はカラリと)


前回の西九条から大和西大寺に移動。
雨模様でした。
撮影時間は20分程度でしたが、49枚撮影。
私の写真は、断らない限り、全部開放ですが、
このクセノン、開放値はF2.8と若干暗めですが、
それだけに開放での被写界深度は深め、
つまり、とても撮りやすい。
お気に入りを40枚、ざらっと並べてみましょう。





b0226423_22164637.jpg
b0226423_22163926.jpg
b0226423_22162441.jpg
b0226423_22161633.jpg
b0226423_2216959.jpg
b0226423_22152412.jpg
b0226423_22141937.jpg
b0226423_2214293.jpg
b0226423_22135420.jpg
b0226423_22123579.jpg
b0226423_22122813.jpg
b0226423_22122067.jpg
b0226423_22111257.jpg
b0226423_2211454.jpg
b0226423_2210541.jpg
b0226423_2210458.jpg
b0226423_22103811.jpg
b0226423_22103136.jpg
b0226423_22102462.jpg
b0226423_22101627.jpg
b0226423_2210758.jpg
b0226423_2293929.jpg
b0226423_2292345.jpg
b0226423_2252832.jpg
b0226423_2252074.jpg
b0226423_22571.jpg
b0226423_2245871.jpg
b0226423_224486.jpg
b0226423_2243746.jpg
b0226423_2241539.jpg
b0226423_2235823.jpg
b0226423_2235015.jpg
b0226423_2234284.jpg
b0226423_2233474.jpg
b0226423_223261.jpg
b0226423_2231845.jpg
b0226423_223097.jpg
b0226423_2223966.jpg
b0226423_2222897.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-02 22:58 | Xenon50/2.8 | Comments(0)