レンズ千夜一夜

タグ:Histrio-Prot 40mmF6.3 ( 11 ) タグの人気記事

1791 号外(Histrio-Prot40mmF6.3にピエロは違った顔を見せてくれた)


5月8日月曜日、
ほぼ半月ぶりに、本格的な気持ちで撮影を楽しみました。

「嘘付け! 
ときどき、あちこち撮り回ってたじゃないか!」
そういう抗議もあがりそうですね。
でも、あれらはすべて散歩の片手間。

今日は、ぐっと性根を入れての本格的撮影。
でも、そんなに沢山は撮っていません。
性根を入れた撮影はたった30分間。
ひさしぶりに大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンと対決したのです。
言わずと知れた「Histrio-Prot40mmF6.3の試写」です。
さまざまな角度、フレームで絞り比較写真を撮ったのですが、
その30分間の慣れない作業で疲れきってしまいました。

ご承知のように、(と言っても、このブログ、誰も読まないから、
実はほとんど誰もご承知じゃないのは先刻承知。
景気づけのための単なる言葉の綾です、気にしないでください)
私は、どんなレンズも開放でしか撮りません。

シーンを最高の美しさで撮るための最適の絞り、
シャッター速度を選択するのが写真家。
これに対して、
自分の記憶を蘇らせたいので、
体験を忘却の淵から少しでも拾い上げたいので、
私の人生の一こまを写真に撮る、それも、
いつもほのかな優しさとペーソスに満ちたシーンとして撮りたい、
そう考えるのが私。
ど素人の日曜写真家そのものの素朴なスタンスですね。

どんなレンズも、開放絞りではボロが出ますが、
それなのに、一番すてきな表情が撮れるのも、
開放ではないでしょうか?

ところが、プロター㎜F6.3はちょっと異色。
開放からして、通常レンズの2絞り、3絞り絞り込んだあたり。
カメラマンの多くが常用するF8と半絞りしか違わない。
ですから、同じ開放でも、このレンズの開放はぐいと厚みがあります。
通常のレンズだと、これ位も絞れば、かなり画像が硬くなります。
ところが、このレンズ、厚みがあるけど、硬くならず、
なぜか、澄んで、重かったり、しつこかったりなど、しない。

絞り比較の作例は後日ごらん頂くことにして、
今回は、このレンズが、
ズミクロンやディスタゴンのようかカリスマレンズと違い、
ごく自然な描写なんだけど、なにかぎっしり詰まったものがある、
そんなスペシャルな重みの実感にもかかわらず、
使用感が軽快なことにますます強い印象を受けています。

また、宮崎さん、ヒットを出されたなあ、という感じ。




b0226423_11243616.jpg
b0226423_11242925.jpg
b0226423_11242365.jpg
b0226423_11241660.jpg
b0226423_11264792.jpg
b0226423_1124240.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-09 14:55 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1789 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 4-完-


レンズも、人間性に似た、レンズ性のような性格があります。
文句無しの名レンズなんてものはないのかも知れません。
というのは、こんな理屈から。
人間同士でも、偏狭で意固地なほどに性格が歪んだ二人が仲良し、
そんなことだってあります。
実に温和で、公明正大な人間性の持ち主が二人なぜか始終いがみ合う、
そんなこともあります。

私の友人はどちらかと言うと、変わった人が多いですね。
それでも人間関係がうまく行っているのは、
私という人間が穏やかに受け止めてあげているからだ、
私は密かにそう思っています。

ところが、どうやら友人たちの方は友人たちの方で、
あの野郎、尋常なら、人間付き合いなんかできっこないんだけど、
こちらが我慢してあげてるから、なんとか続いているんだなあ、
と始終慨嘆している疑いがないわけではありません。

ただし、これは友人たちの方が間違っていますね。
性格偏奇な人間からまともな人間を見ると、
まともな人間が歪んで見える道理を思い出したら、
私の言葉も容易に理解することができるでしょう。

レンズも同様です。
さまざまな性格の人間がさまざまな性格のレンズと付き合うのです。
性格がぶつかり合ったり、うまく折り合ったり、さまざまでしょう。
本気になって付き合えるレンズ、
これ以上のレンズとは付き合ったことがない、そう思えるレンズ、
そんな極上のレンズはせいぜい10本の指で数えるほどでしょう。

Histrio-Prot40mmF6.3
この宮崎貞安さんのニューレンズはなんだか極上レンズかも?
段々そんな気がしてきています。

F値がホロゴン15㎜F8より一絞り明るいほど、なのですから、
異常に暗いレンズです。
私の撮り方は常にマイナスに傾きます。
正確が極めて明るいプラス傾向であるのとバランスをとっている、
そんな感じがします。
でも、画像は暗いけど、私の印象は常に明るい。
雨の暗い日、暗い路地で撮っても、私の心は晴れ晴れとしています。

今、「わが友ホロゴン」で特集中のゾンネタール50㎜F1.1が好例。
写真は全部暗い。
でも、ピッチピッチチャップチャップと心は躍っています。

このレンズ、宮崎貞安さんの傑作レンズだけに、
兄貴分のゾンネタール50㎜F1.1に似ています。
開放値の暗さから受ける印象は、画像も暗くて重そう。
でも、実際には、とても清澄で軽やかな暗さを演出してくれます。
今回の写真たちもその好例、と言えそうです。




b0226423_23133369.jpg
b0226423_23132552.jpg
b0226423_23131842.jpg
b0226423_23131062.jpg
b0226423_2313376.jpg
b0226423_23125647.jpg
b0226423_2311516.jpg
b0226423_23114587.jpg
b0226423_23113877.jpg
b0226423_23112756.jpg
b0226423_23112016.jpg
b0226423_23111392.jpg
b0226423_2311652.jpg
b0226423_23105973.jpg
b0226423_23105297.jpg
b0226423_23104783.jpg
b0226423_23103818.jpg
b0226423_23102895.jpg
b0226423_2310273.jpg
b0226423_2395634.jpg
b0226423_2394972.jpg
b0226423_2394287.jpg
b0226423_2393672.jpg
b0226423_2393024.jpg
b0226423_2392418.jpg
b0226423_2391860.jpg
b0226423_2391265.jpg
b0226423_239565.jpg
b0226423_2385092.jpg
b0226423_2384112.jpg
b0226423_2383548.jpg
b0226423_2382740.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-06 23:14 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1788 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 3


以前にも幾度か、書きました。
私は文章と写真をブログに沢山掲載しているおかげで、
独特の検索ができます。
たとえば、「ホロゴン チェ・ジウ」とか、
「ホロゴン 原節子」とか、
「ホロゴン キノプラズマート」のような、
誰も2つまとめて関心を抱くことのないような検索語で、
グーグル画像検索をすると、
自分の写真をどっさり検出することができます。
よその方の写真も混じりますが、たいていは私の写真。
「ああ、こんな写真も撮ったっけ!!」と、
自分一人で悦に入ることができます。

そして、私がひそかに自慢に思うことは、
こうやって順不同、時期不定でピックアップされた写真たちが、
どんな風に検索しようとも、どんな組み合わせで出現しようとも、
全部、ただそれだけをまともに撮っただけの、
写真技巧ゼロのナチュラル素人写真であること。
だから、私自身の写真伝になれるんだ!

私が宮崎貞安さんのニューレンズの試写をさせていただけるのも、
私がレンズに頼り切って、素直にシャッターを落とすだけで、
自分の独自性を出そうなんて娑婆っ気を起こさないからです。
そのうえ、撮影時、ブログ掲載時に、
複雑多岐の画像処理を駆使したりして、
いたずらにちょっかいを出さないからです。

私の使うレンズはすべて「癖玉」で、
その癖玉ぶりを写真にしたいと思っているわけですから、
レンズそのものが私の望み通りのことをしてくれるので、
それで十分というわけです。
だから、グーグル検索の写真も楽しめるわけです。
いつも私という人間が描き出されていたりしたら、
欠点だらけの自分のイメージがバンバンと顔を出して、
「うへー!!」とのけぞってしまうでしょうから。

Histrio-Prot40mmf6.3が奈良町で撮ってくれている写真も、
いかにもオールドプロターならではのクセ写真ばかり。
それなのに、独特にリアリティがあって、
どこか際だって個性的なので、楽しい。
私が喜んで黒子になりきれるのも、当然です。
心からそう断言できるレンズもそんなに沢山はありません。




b0226423_2222441.jpg
b0226423_2221888.jpg
b0226423_222863.jpg
b0226423_222125.jpg
b0226423_2215414.jpg
b0226423_2214660.jpg
b0226423_2212984.jpg
b0226423_2205564.jpg
b0226423_220491.jpg
b0226423_2204232.jpg
b0226423_2203417.jpg
b0226423_2202876.jpg
b0226423_2202182.jpg
b0226423_2201550.jpg
b0226423_220827.jpg
b0226423_220053.jpg
b0226423_21595328.jpg
b0226423_21594756.jpg
b0226423_21593985.jpg
b0226423_2159329.jpg
b0226423_21592593.jpg
b0226423_21591845.jpg
b0226423_21591128.jpg
b0226423_2157492.jpg
b0226423_21573927.jpg
b0226423_21572614.jpg
b0226423_21571834.jpg
b0226423_21571290.jpg
b0226423_2157511.jpg
b0226423_21565872.jpg
b0226423_21564936.jpg
b0226423_2156839.jpg
b0226423_21555956.jpg
b0226423_21555136.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-04 22:03 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1787 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 2


プロ、アマを問わず、写真家の皆さんが重んずることはなにか?
それは、おそらく、独創性でしょう。
誰も真似のできない、そして、誰の真似でもない、
独自の作風、作品群を確立すること!
そして、かなりの方は、自分にはそれができている、
と、自負されていることでしょう。
私のような部外者に言えることは、
1に、「ご苦労様」、
2に、「それにしては、ぜんぜん面白くないですねえ」

このあたりについて、私は完全な安全圏に居ます。
まず、写真家なんかになりたいと思っていない。
そして、「独創性って、なんのこと?」
私は、自分の写真が独創的なんだろうか?
なんて、ちらっとも考えたことがありません。

今毎夜楽しんでいる韓流ドラマは、
「ドリームハイ」
韓国のポップス界のスターを目指す音楽学校の生徒たち。
やり手の興行師が、その一人にこう言います、
「駄目なんだよ、この世界では、
才能がないのに、努力だけではい上がろうとしても。
持って生まれた才能で決まってしまう。
あんたにはそれがないんだよ」
私もまたそう思います。
アートの世界では、まず才能が大前提。
一流になるためには、その上に努力が必要でしょう。
でも、大前提を欠く人間はどんな努力しても、
限界があります。

私は、それほど目の見えない人間でもないので、
さっさと見切りを付けました。
でも、才能がなくても、写真を楽しむことはできます。
そこで、誰でも撮れるような撮り方で、
撮りたいと思ったものを撮っているだけ。
ちょっと変わっていると言えば、
そうやって撮るものが、
誰も撮りたがらないものだということだけ。
これは関心の方向。
才能とはなんの関係もありませんね。




b0226423_10514469.jpg
b0226423_10513740.jpg
b0226423_10513127.jpg
b0226423_10512595.jpg
b0226423_1051185.jpg
b0226423_1051779.jpg
b0226423_10505964.jpg
b0226423_10505181.jpg
b0226423_10504465.jpg
b0226423_10503693.jpg
b0226423_10502928.jpg
b0226423_10502347.jpg
b0226423_10501626.jpg
b0226423_1050759.jpg
b0226423_10495943.jpg
b0226423_10495110.jpg
b0226423_10494331.jpg
b0226423_10493567.jpg
b0226423_10492793.jpg
b0226423_10491656.jpg
b0226423_1049979.jpg
b0226423_1049245.jpg
b0226423_10485594.jpg
b0226423_10484658.jpg
b0226423_10483849.jpg
b0226423_10482958.jpg
b0226423_10482124.jpg
b0226423_10481394.jpg
b0226423_1048548.jpg
b0226423_10475721.jpg
b0226423_10474842.jpg
b0226423_10474167.jpg
b0226423_10473362.jpg
b0226423_10472469.jpg
b0226423_10471197.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-04 14:19 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1786 奈良町(4月29日プロター40㎜は観光客賑わう奈良町に繰り出した)Part 1


プロター40㎜のプロトタイプが届いたのが4月25日ですから、
すでに、1週間経ったわけです。
その間に5回撮ったのですから、私にとっては新記録でしょう。

前回のフローライトアポクロマート135㎜F2.4の試写には、
タンバール90㎜F2.2をぶっつけ、
今回のHistrio-Prot40mmF6.3の試写には、
プラナー35㎜F3.5をぶっつけました。
135㎜もそうでしたが、プロター40㎜も負けていません。
爽やかさと厚みとが共存する珍しいレンズです。

奈良町が試写3回目です。
231枚撮影し、139枚を選び、4回シリーズに。

フローライトがそうでしたが、このレンズも、
温故知新の精神に貫かれています。
現代レンズの仕様を活用しながら、
クラシックレンズの味わいを存分に発揮する、
いわば「ニュークラシック」!

そんなプロター40㎜ののびのびとした味わいが、
奈良町のような観光スポットでどう活きるか、
これが奈良町での試写の検証ポイントとなりそうです。





b0226423_21521367.jpg
b0226423_2152846.jpg
b0226423_2152172.jpg
b0226423_21515417.jpg
b0226423_21514838.jpg
b0226423_21514089.jpg
b0226423_21513470.jpg
b0226423_21512777.jpg
b0226423_21512114.jpg
b0226423_21511568.jpg
b0226423_2151820.jpg
b0226423_21505934.jpg
b0226423_1922537.jpg
b0226423_19215882.jpg
b0226423_19215068.jpg
b0226423_19214397.jpg
b0226423_19213773.jpg
b0226423_19213078.jpg
b0226423_19212373.jpg
b0226423_19211629.jpg
b0226423_1921950.jpg
b0226423_1921297.jpg
b0226423_19205574.jpg
b0226423_19204976.jpg
b0226423_19204398.jpg
b0226423_19203772.jpg
b0226423_19203180.jpg
b0226423_19202335.jpg
b0226423_19201690.jpg
b0226423_19195955.jpg
b0226423_19195055.jpg
b0226423_19194392.jpg
b0226423_19193459.jpg
b0226423_19192538.jpg
b0226423_19191695.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-03 21:53 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1785 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 3


明日5月3日から全国的に連休なのだそうです。
私は、お国のサポートなしに、毎日、連休ですから、
意味があるとすれば、孫たちに会えること。
今回は3日、長女一家が来ることになっていましたが、
5歳の孫プリンスが万障繰り合わせて39度の発熱。
取りやめになりました。
いつものことです。
私も子供の頃なにかと言うと熱を出していたことを思い出します。
2、3日で回復するでしょう。

私も医師からは6日まで肺炎後の静養を命じられている身です。
静かに過ごすことにします。

その静養中に、1時間半歩いて、198枚撮った写真から、
最後のピックアップ分をごらん頂きましょう。
Histrio-Prot40mmf6.3
すなわち、プロター40㎜の復刻版は驚くほど高性能ですね。
2群4枚というシンプルな構成と、開放時の暗さが相まって、
清澄なのに厚みがあるという不思議な画像をプレゼントしてくれます。

大口径、ハイスピードでないと、いやだ、という、
自称プロ優りのうるさ型の皆さんはパスしてもらって、
出会った光景をしっかりと写真に記録したい方には、
このレンズ、かなり良い仕事をしてくれるのではないでしょうか?

我が家を出て、数軒先のお宅の溝に落ち椿を見つけました。
帰宅してふと視線を下に移すと、椿はまだそこに居て、
私を待ってくれていたようです。
もう一度、プロターの最近接距離で1枚頂きました。
この雄渾なほどの実在感はどうでしょうか?
19世紀末のオールドレンズの設計がどんなに優れていたか、
この1枚が立証してくれるようです。

それにしても、宮崎貞安さんによる古レンズの復刻は、
見事の一言。




b0226423_23223475.jpg
b0226423_23222722.jpg
b0226423_23222143.jpg
b0226423_23221330.jpg
b0226423_2322626.jpg
b0226423_23215870.jpg
b0226423_23214983.jpg
b0226423_23214380.jpg
b0226423_23213725.jpg
b0226423_23213052.jpg
b0226423_23212399.jpg
b0226423_23211567.jpg
b0226423_232187.jpg
b0226423_2321235.jpg
b0226423_23205541.jpg
b0226423_23204932.jpg
b0226423_23204320.jpg
b0226423_23203622.jpg
b0226423_23203086.jpg
b0226423_23202335.jpg
b0226423_23201615.jpg
b0226423_23201099.jpg
b0226423_2320316.jpg
b0226423_23195644.jpg
b0226423_23194975.jpg
b0226423_23194383.jpg
b0226423_23193680.jpg
b0226423_23193033.jpg
b0226423_23192261.jpg
b0226423_23191353.jpg
b0226423_2319645.jpg
b0226423_2319083.jpg
b0226423_23185322.jpg
b0226423_23184538.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-02 23:23 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1784 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 2

ツァイスの名レンズ製作者、パウル・ルドルフは大変な人だったようです。
レンズ史を彩る名レンズの数々を発明しました。

   1890年にプロター、
   1897年にプラナー、
   1899年にウナー、
   1902年にテッサー、

その後ツァイス退職して、フーゴ・マイヤー就職。

   1922年にキノプラズマート、
   1922年にマクロプラズマート、
   1931年にクラインビルド・プラズマート。

絢爛たる経歴ですが、そんなルドルフの経歴を開いたレンズが、
プロター(当初はツァイス・アナスチグマートと呼ばれたそうです)であり、
その最新のコピーが宮崎貞安さんのHistrio-Prot40mmF6.3というわけです。
以前、宮崎さんを「現代のパウル・ルドルフとなりつつある」と書きましたが、
今、とてつもなく面白いことが起ころうとしています。
宮崎さんが、ルドルフの足跡を辿る旅に出られたのです。

奇しくも、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
レンジファインダー・コンタックスのプラナー35㎜F3.5シリーズ。
こちらも1954年製ですから、最初のプラナーの遙かなる末裔。
つまり、末裔同士の対決となったわけです。
私の素人目には、とても厚みのある表現力はツァイス特有、
そんな感じがします。
でも、段々と、なんだか違う、という感じがしてきます。

   プラナーの方が癖がある。
   一方、プロターはとてもすっきりとしている。

レンジファインダー・コンタックスのレンズを何本か使いました。
コンタレックスのレンズと同種だと言われています。
たしかにプラナーに似ています。
異常とも思えるほどに、コクがあり、立体感があります。

後年、ヤシカと提携して、一眼レフのコンタックスを開発したとき、
ツァイスは日本の市場を意識したのでしょう、
伝統的なツァイスの厚みのあるレンズ表現を棄てて、
かなりあっさりとして優雅なレンズ表現に路線を変更しました。
アート路線からリアリズム路線への変更と言ってもよいかも知れません。

宮崎貞安さんのプロター40㎜はどうでしょうか?
ツァイスの対極的な2つの路線の狭間にあって、
丁度その中間を行く、そんな感じがします。
コクがあるけど、しつこくない。
厚みはあるけど、重くない。
でも、この重くはない厚み、かなりのものです。
ぐっと心を込めることができる、そんな可能性を感じはじめています。





b0226423_10434660.jpg
b0226423_10433943.jpg
b0226423_1043336.jpg
b0226423_10432621.jpg
b0226423_10432065.jpg
b0226423_1043583.jpg
b0226423_10425991.jpg
b0226423_10425388.jpg
b0226423_10424599.jpg
b0226423_10423839.jpg
b0226423_10423226.jpg
b0226423_10422549.jpg
b0226423_10421974.jpg
b0226423_1042974.jpg
b0226423_10415956.jpg
b0226423_10415330.jpg
b0226423_10414583.jpg
b0226423_10413988.jpg
b0226423_1041568.jpg
b0226423_10405866.jpg
b0226423_10405115.jpg
b0226423_104045100.jpg
b0226423_10403873.jpg
b0226423_10403275.jpg
b0226423_1040254.jpg
b0226423_10401769.jpg
b0226423_10401078.jpg
b0226423_1040471.jpg
b0226423_10395656.jpg
b0226423_10394739.jpg
b0226423_103939100.jpg
b0226423_1039313.jpg
b0226423_10392331.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-02 10:44 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1783 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 1

よいレンズが手元にあると、使いたくなりますね。
このあたりの心理の動き、江戸時代の辻斬り侍と一緒ですね。

    よい剣を手に入れた!
    試し切りをしたい!
    でも、唐竹割なんてつまんない!
    生きた人間を............

怖いですねえ。
レンズで良かった!

私の奈良市郊外は、完全にど田舎の風情。
それは、プロター40㎜の2回シリーズでよくお分かりと思います。
どんどん住民が消えつつある郊外の村落そのもの。
前2回は私の住宅地の北東あたりの村落でした。
今回は南西の村落をぐるっと一巡することに。
次第に、住宅地に変わりつつあるようで、
その意味では、新しい町に生まれ変わりつつあるのかも?

天候は晴れです。
これで①曇天、②雨天、③晴天、
三種の天候でプロター40㎜を試写できます。
さっそくごらん頂きましょう。




b0226423_1081256.jpg
b0226423_1082412.jpg
b0226423_1081842.jpg
b0226423_108510.jpg
b0226423_1075938.jpg
b0226423_1075392.jpg
b0226423_1074717.jpg
b0226423_1074146.jpg
b0226423_1073457.jpg
b0226423_1072813.jpg
b0226423_10722100.jpg
b0226423_1071585.jpg
b0226423_107840.jpg
b0226423_1054174.jpg
b0226423_105353.jpg
b0226423_1052893.jpg
b0226423_105668.jpg
b0226423_1044726.jpg
b0226423_1043961.jpg
b0226423_1042647.jpg
b0226423_1041692.jpg
b0226423_104102.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1035636.jpg
b0226423_103495.jpg
b0226423_1034237.jpg
b0226423_1033757.jpg
b0226423_10329100.jpg
b0226423_1032196.jpg
b0226423_1031483.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-01 13:59 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1782 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 3


散歩中、雨はじとじとと降り続きました。
絶好の撮影日よりだと小躍りするのは、私位かも知れませんね。

昔よく一緒に歩いたクラシックカメラファンの友人たちは、
ポトッと来ようものなら、瞬時に喫茶店に逃げ込み、
カメラ、レンズ談義にふけったものでした。
それはそれで楽しいのですが、私としては不満。
絶好のシーンが一杯待っているのに............!!!

その絶好のシーンがこれかいな?
皆さん、狐につままれたという思いかも?
そう、これらがそうなのです。
「濡れて映えるのは美女とレインコートとロボグラフィ」
誰かがそう言いましたね。

プロター40㎜、大活躍です。
これほどまでに質感がよく出るレンズは、
まあ、いくらでもあるかも知れません。
でも、みんな、画像が猛烈に重くなるのです。
人間でも、存在感がありすぎて、ちょっと退いてしまう、
そんな人がいますね。
たとえば、清原選手がそうでした。

ところが、プロター40㎜の写真はそれがありません。
けっして重くない。
清澄な描写力のせいでしょう。

私のロボグラフィはとても軽々しいのが特徴です。
撮影者の私がかなり腰軽で、軽薄なせいでしょう。
ところが、プロター40㎜で撮ると、
そんな私のロボグラフィがずしっと腰が据わる、
そんな感じがします。





b0226423_1744099.jpg
b0226423_17434100.jpg
b0226423_174279.jpg
b0226423_1742164.jpg
b0226423_1741312.jpg
b0226423_174636.jpg
b0226423_1735956.jpg
b0226423_1735089.jpg
b0226423_1734356.jpg
b0226423_1733458.jpg
b0226423_1732876.jpg
b0226423_1731977.jpg
b0226423_1731466.jpg
b0226423_173829.jpg
b0226423_173152.jpg
b0226423_1725595.jpg
b0226423_1724943.jpg
b0226423_172428.jpg
b0226423_1723641.jpg
b0226423_1723077.jpg
b0226423_1722439.jpg
b0226423_1721868.jpg
b0226423_1721293.jpg
b0226423_172623.jpg
b0226423_172072.jpg
b0226423_1715333.jpg
b0226423_1714888.jpg
b0226423_1714378.jpg
b0226423_1713651.jpg
b0226423_1712614.jpg
b0226423_171198.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-30 17:05 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1781 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 2


まだ一応は、肺炎で受けた痛手を快復する安静療養中です。
でも、実のところ、どれだけ痛手を受けたか?
これが分かりません。

ほとんど受けなかったかも?
抗生物質の通院による点滴投与を受けている6日間、
若干の脱力感以外には、まるで症状がなくて、
普通の健常態に近かったからです。
でも、脱力感が残っているということは、
体内には、私の感じられない戦場の痕が残っていたのでしょう。

だから、点滴中もその後の作朝までも、ずっと、
ストレッチはハーフでした。
今朝、完璧なストレッチ体操をさらりと流して起床しました。

布団(そう、今でもお布団で寝ています。ベッド大嫌い人間)の側、
畳の上にはヨガマットが敷いてあります。
まず、お布団の上で両手、両足を垂直に上げてブラブラブラ.....
これはお勧めです。
体の隅々まで血流がわっと押し広がるという感じ。

それから、ごろっと左に転がって、ヨガマットに移動。
低反発で、千円程度です。
畳であろうが床であろうか、楽々、のびのび運動できます。
せいぜい15分です。
自転車漕ぎや腕立て伏せや腹筋や両手を回して体側を思い切りぶつ、
さまざまな運動を自分で工夫して、続けます。

腕立て伏せの腕を伸ばした姿勢で、
100数える間静止する、という一番新しい運動も、
昨日までは完遂できなかったのに、今朝はさらりとできました。
(お腹がてきめんに引っ込みますよ。
10から始めて、たとえば、5ずつ増やしながら、毎日続ける。
ときどきはお休みをする。
これだけで、腹筋がつきます。お試しください)
ストレッチを済ませることで、目覚めがなおさら爽やかになります。

思うに、私がこうして最低の被害で肺炎を切り抜けることができたのは、
水素吸引のお陰、私はそう信じています。
身体を錆び付かせて老化させ、さまざまな病気をもたらすのが、
悪性活性酸素。
この悪性活性酸素と結びついて、H2O(水)になって体外に排出。
ただそれだけの機能なのですが、
なにしろミトコンドリアだけではなくて、さまざまなストレスも、
みんなで揃って悪性活性酸素を生み出し続けるので、
水素がこれをいくらキャッチして水になっても、終わりません。

「浜の真砂は尽きるとも、世に悪の種は尽きまじ」ならぬ、
「浜の真砂は尽きるとも、体内に悪性活性酸素は尽きまじ」
生きることはストレスそのものです。
嫌なことばかりがストレスを生み出すのではありません。
楽しいこと、嬉しいこともストレスになります。
だから、ストレスと楽しく付き合ってあげる必要があります。

でも、私たちが悪性活性酸素と付き合おうと思っても、
私たちの好意など無視して、せっせせっせと細胞を損ない続けます。
肺炎中も予後もまさに悪性活性酸素の活躍どきです。
それじゃ、こちらもバンバン水素を体内のすみずみまで送り込む!

どうやら、私たちは、生きている限り、
悪性活性酸素やストレスたちとダンスをしなきゃならないみたい。
命のダンスは剣舞なのです。
私は、からだをしなやかに操る、あのダンスは踊れません。
でも、命のダンスは踊れます。
ストレッチも撮影も水素吸引もそんな命のダンスなのです。

退職前からそうでしたが、退職後はなおさら、
私は家事もかなり分担しています。
家事という家事、なんでもできます。
料理、掃除、洗濯、なんでもです。
針仕事だってさっとできます。

今では、どんな家事にも真剣に取り組みます。
職業があったときは、仕事のことが気にかかり、
家事なんて、時間の無駄、人生の邪魔、そんな気持ちが少しありました。
それでも、週2、3回は夕食を作り、洗い物は全部担当と、
かなりこなしていました。
でも、いわば片手間仕事でした。

今は、やることすべてが大切。
大切なことは、なにをやるか、ではありません。
どうやるか、これだ!
それが分かったからです。

誠実に心を込めてやれば、
どんなことも人生の糧。
いやだ、いやだと端折りながらやれば、
どんなことも人生を損ないます。
だから、家事もまたリハビリの一貫というわけです。
もちろん、ブログ記事作成も!




b0226423_1044572.jpg
b0226423_10445111.jpg
b0226423_10444431.jpg
b0226423_10442593.jpg
b0226423_10441877.jpg
b0226423_10441190.jpg
b0226423_1044460.jpg
b0226423_1043556.jpg
b0226423_10434843.jpg
b0226423_10434296.jpg
b0226423_10433550.jpg
b0226423_10432926.jpg
b0226423_10432286.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1043016.jpg
b0226423_10425475.jpg
b0226423_10424733.jpg
b0226423_1042386.jpg
b0226423_10423278.jpg
b0226423_10422665.jpg
b0226423_10421878.jpg
b0226423_10421253.jpg
b0226423_1042582.jpg
b0226423_10415823.jpg
b0226423_10415254.jpg
b0226423_1041457.jpg
b0226423_10413867.jpg
b0226423_10413179.jpg
b0226423_10412375.jpg
b0226423_10411393.jpg
b0226423_1041574.jpg
b0226423_10405796.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-28 10:46 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)