レンズ千夜一夜

タグ:神戸元町 ( 5 ) タグの人気記事

1798 元町の春(2017年4月8日神戸元町とダルメイヤー25㎜F1.9、ともに歌った)


ピカソの生涯の作品数は軽く10万点を超えているのだそうです。
どうやら、インスピレーションによってアイデアが浮かび、
じっくりと構想を練って、やおら製作に取りかかったなんてことは、
なかった!

垂直に立てた透明アクリル板の向こうにピカソが座り、
バンバン描きまくっては消し、消しては別の絵を描きまくる、
そんなシーンが撮影されていました。
絵を描くことはまるで呼吸することだったのです。
我描く、故に我あり。
そんな画家だったのでしょう。

私は芸術家じゃなくて、ただの写真好きですが、
ピカソのように、撮りたいですね。

私の初期の写真の師匠は写真家田島謹之助ですが、
彼はよく言ったものでした、
「良いシーンに出会ったとき、カメラを向ける前に、
どんな写真になるか、どんな写真を撮りたいか、
分かってなきゃダメですよ」
私のように、「わっ、いい!」、そう思った瞬間に、
いきなりシャッターを落としてしまう、そんな人間は、
所詮、田島さんの不肖の弟子に終わる運命でした。

それからずっと私の撮り方は変りません。
でも、私が田島さんの勧めどおりの写真家になった、
なんて可能性はいくら考えてもありません。
ロボグラフィに出会った瞬間にシャッターを落とす、
その醍醐味こそ、私の写真の喜びなのですから。
その結果どんな写真が撮れるか?
そんなことはどうでもいいじゃない?

そんな私に神戸の町は楽しいですね。
奈良、大阪では出会えない、そんなシーンが一杯。
4月8日は神戸アブニールコンサートの日でした。
そんな日でもカメラを持参して、
リハーサルの前後に48枚撮りました。

ダルメイヤー25㎜F1.9付きオリンパスEP-L1。
ペッツヴァールだと言われている廉価版Cマウントレンズ。
でも、ロボグラフィ適性は抜群です。

私の友人の一人は言い切ります、
これ一本あればいい!
私はそこまで言い切る自信はありませんが、
なにかの災害で、このレンズ一本だけが残されても、
一生写真を楽しむ人生を送れるだろう、
そんな確信はあります。





b0226423_1754595.jpg
b0226423_17545167.jpg
b0226423_17544554.jpg
b0226423_17543863.jpg
b0226423_17542399.jpg
b0226423_17541676.jpg
b0226423_17541025.jpg
b0226423_1754398.jpg
b0226423_17535453.jpg
b0226423_17534717.jpg
b0226423_17534168.jpg
b0226423_17533382.jpg
b0226423_17532797.jpg
b0226423_17531883.jpg
b0226423_17531262.jpg
b0226423_175341.jpg
b0226423_1752588.jpg
b0226423_17525125.jpg
b0226423_17524411.jpg
b0226423_1752364.jpg
b0226423_17523040.jpg
b0226423_17522330.jpg
b0226423_17521748.jpg
b0226423_1752944.jpg
b0226423_1752356.jpg
b0226423_17515652.jpg
b0226423_17515035.jpg
b0226423_17514356.jpg
b0226423_17513724.jpg
b0226423_17512958.jpg
b0226423_17512275.jpg
b0226423_17511462.jpg
b0226423_1751556.jpg
b0226423_17505124.jpg
b0226423_17503688.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-16 17:56 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)

1675 神戸元町(久しぶりにダルメイヤー25㎜f1.9を使ってみた)Part 1


もしCマウントレンズを一本だけ残して、あとは棄てよ、
そう神様に命じられたら、何を残すだろうか?
そんな思考実験をときどきやってみることがあります。
Cマウントレンズだったら、やっぱりこれかな?
それがダルメイヤー25㎜F1.9。

私は、いつも思うのですが、
これが16ミリムービーカメラ用のレンズだとしたら、
35㎜スチールカメラのレンズはどうしてもっと歌ってくれないんだろう?
どこか私の方が思い違いをしているのでしょうけど、
種々のCマウントのレンズを使っても、印象は同じ。
とにかく楽しく歌ってくれます。
そんなCマウントレンズの廉価版の白眉がこれ。




b0226423_22153622.jpg
b0226423_22152862.jpg
b0226423_22151136.jpg
b0226423_2215344.jpg
b0226423_22144897.jpg
b0226423_22143395.jpg
b0226423_22142622.jpg
b0226423_22141211.jpg
b0226423_2214526.jpg
b0226423_22135711.jpg
b0226423_22135192.jpg
b0226423_22134482.jpg
b0226423_22132894.jpg
b0226423_2275323.jpg
b0226423_2273890.jpg
b0226423_2272934.jpg
b0226423_2265355.jpg
b0226423_2264668.jpg
b0226423_2263812.jpg
b0226423_2262973.jpg
b0226423_2262270.jpg
b0226423_2261561.jpg
b0226423_226685.jpg
b0226423_2255774.jpg
b0226423_2254345.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-13 23:00 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)

811 QPさん(パンタッカー50mmF2.3はときに夢の国への扉をノック)



b0226423_22401456.jpg






昨日参加したのは、ライカ使いたちが始めたというブロガーの会、
レイノカイ。
20人を超える人たちが集まりましたが、いやみのない方ばかり。

しかも、半数弱若い女性が参加しておいでになりました。
そのうちお二人が集合時にカメラを首からかけておられましたが、
驚きました。

    ライカM3
    ライカ3G

銀塩フィルムカメラをお使いの方がかなりおいでのようでした。
まだまだ銀塩フィルムユーザーがかなりいるのです。

    アナログレコードファンがまだいるように、
    写真でも、デジタルカメラが全ユーザーの心をゲットするのは、
    まだまだ難しそうです。

夕食会の卓上にライカがずらりと並びました。

    M9もあったので、ちょっとチェックさせていただくと、
    どなたもカメラ設定をスタンダードにしたままのようでした。
    だから、画像はなめらかで、鮮鋭精密。

    私には、銀塩を超えるなめらかさ、
    鮮鋭精密画像はまったく受け入れがたいので、
    思わずたじろいでしまいます。

でも、これは写真のリアリティに対する要求度、方向性が
一人一人完全に異質なほどに食い違っているせい。
私のような銀塩派が衰退しつつあるのは歴史上の必然なのでしょう。

でも、デジタルカメラを使いながら、
銀塩フィルムとの違いをまったく感じさせないブロガーもかなりおいでです。

    私はほっとします。

パンタッカー50mmF2.3のような第二次世界大戦前のオールドレンズで、
デジタル時代の鮮鋭精密な画像を作り出すのは、
ほとんどアナクロニズムに近い、こっけいな現象。
できるかぎり、レンズがもつ古きよき時代の個性を活かしたいものです。
by Sha-sindbad | 2013-09-23 22:43 | Comments(6)

810 運動靴(パンタッカー50mmF2.3の持ち味はますます玄妙に傾き)



b0226423_23565272.jpg





今日は楽しい会に参りました。
遅く帰宅したので、土曜日の神戸元町高架下の収穫を一枚。

パンタッカー50mmF2.3については、またゆっくりと書きます。
と言っても、好きだ、好きだ、好きだ、という繰り返しですが。
by Sha-sindbad | 2013-09-22 23:57 | PanTachar50/2.3 | Comments(2)

681 神戸三宮 (ズミルックス35mmF1.4は潤んだ瞳の素直な美女なんだろうか?)



ライカ35㎜について、いくつか質問を考えることができます。

一番人気の高いレンズは?

    もちろん、ズミクロン35mmF2でしょうね?

一番コストパフォーマンスの高いレンズは?

    こうなると、ズマロン35mmF3.5ではないでしょうか?

一番使い勝手が悪いけど、一度は使ってみたいレンズ?
こう来ると、答えは、

    ズミルックス35mmF1.4

    こうなるのではないでしょうか?
    常識ではそうです。

でも、私の持っているズミルックスについては、
さらに、もう一つの質問が考えられます。

    ライカレンズ中、もっとも暴れん坊で始末に負えないのは?
    なぜって、第一世代だからです。

ライカ社はあくまでもプロ用を目指していました。
だから、コントロール不能のレンズなんて用なしです。
というわけで、改良に改良を重ねるのがライカ社の常套手段。

でも、私も不良仲間なんでしょう、
まともに撮れる、コントロール可能なレンズなんて、欲しくもありませんね。
じゃじゃ馬だからこそ、このレンズを手に入れました。

ところが、相手はじゃじゃ馬です。
一筋縄ではいかない。
私がじゃじゃ馬が欲しいと思っていることなど先刻ご承知。
そこで、本質的なのかフェイクなのか分かりませんが、
私が使ってみると、もう文句なしに立派に写ります。

    開放で撮ると、もちろんフレアはありますが、
    なんということでしょうねえ、なんだか優等生的なフレア。

もっともっと使い倒してあげましょう。
そうすると、音を上げて、本性を暴露するかも知れませんから。




b0226423_22384120.jpg
b0226423_22384230.jpg
b0226423_22383879.jpg

by Sha-sindbad | 2013-05-06 22:40 | Summilux35/1.4 | Comments(4)