レンズ千夜一夜

タグ:奈良鹿野園町 ( 14 ) タグの人気記事

1778 号外!!(肺炎なおると、宮崎さんからダゴールが届いた!)Part 1



朝です。
突然呼び鈴。
(呼び鈴は全部、突然鳴りますね。
でも、なにも注文などしてなかったので、やはり、突然)
黒猫ヤマトの配達員の手にある小さな箱を目にした瞬間、
ただちに中身は判明しました。
現代の稀代のレンズ制作者宮崎貞安さんのニューレンズ!
待望の古典レンズの歴史シリーズが幕を開きました!

皮切りはツァイスの古代レンズ、プロター!

   Histrio-Prot 40mmF6.3

2群2枚の準広角レンズです。
歴史的なプロターはF9,18と大変に暗いレンズでが、
高性能レンズとマルチコートで、
開放値F6.3の現代レンズに生まれ変わりました。

3本試作されたそうですが、その1本の試写の依頼。
名誉に思って、恭しく心を込めて試写させていただきます。
すり鉢を逆さにしたような、まさに円盤状のレンズ。
絞りはF6.3,8,11,16の4段階。
F8に絞れば完璧だそうです。
でも、私は不完全画像による画像のゆらぎを醍醐味とする人間。
もちろん最初は開放オンリーで使います。

医師からは「散歩はほどほどに」と制せられていますが、
非常事態です。
午後3時半頃家を飛び出し、
40分ばかり近くの田園地帯を撮影しました。

あるサイトではこう紹介されています、
「カールツァイスが写真部門を設立し最初に誕生した写真レンズ。
原形や基本という意味のプロトから命名。」
そんな歴史を開いた名レンズの現代版を2回に分けてご覧頂きましょう。
描写性はご自分でまずお確かめください。




b0226423_2054068.jpg
b0226423_20525998.jpg
b0226423_20525236.jpg
b0226423_20524639.jpg
b0226423_205239100.jpg
b0226423_20511750.jpg
b0226423_20511042.jpg
b0226423_2051292.jpg
b0226423_20505047.jpg
b0226423_20494212.jpg
b0226423_20493564.jpg
b0226423_20492484.jpg
b0226423_20491711.jpg
b0226423_20491051.jpg
b0226423_2049076.jpg
b0226423_20475015.jpg
b0226423_20474220.jpg
b0226423_2047358.jpg
b0226423_20472739.jpg
b0226423_20471879.jpg
b0226423_20471183.jpg
b0226423_2047372.jpg
b0226423_20465544.jpg
b0226423_20464623.jpg
b0226423_20463911.jpg
b0226423_20463315.jpg
b0226423_20462735.jpg
b0226423_20462022.jpg
b0226423_20461363.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-25 21:05 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1747 組写真(パンタッカー50㎜F2.3で雪の八変化を撮ってみた)


2017年2月の吉田正さんの写真教室。

皮肉なものです。
写真作品を人に見せる、そんなスタンスを捨てて20年、
それなのに、いかにも写真作品的な作りに組写真を、
毎月持参しています。

モチベーションはすでになくなっているのですから、
形ばかり、というのが実態。
でも、毎回、結構楽しんでいます。
今回も楽しみました。

雪の写真。
でも、しっかり積もった雪じゃない。
半分溶けた雪。
しっかり積もった雪はロボグラフィにはなりにくいけど、
溶けかかると、突然、雪たちがものを言い始める。
私はそんな感じがしています。

3枚の縦位置A4写真を水平に並べ、
その間に、田の字形に並べ4枚ずつの2L写真を2セット置きました。
これらの写真で何を撮ったか、説明はしないでおきましょう。
どんな風に感じてもよいのです。





b0226423_2311182.jpg
b0226423_23105591.jpg
b0226423_23104983.jpg
b0226423_23104217.jpg
b0226423_23103440.jpg
b0226423_23102497.jpg
b0226423_2395849.jpg
b0226423_2394537.jpg
b0226423_2393454.jpg
b0226423_23165773.jpg
b0226423_2354045.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-02 23:18 | PanTachar50/2.3 | Comments(0)

1654 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 2



スピードアナスチグマート25mmF1.5を一言で表現すれば?
「穏やかなリアリズム」
でしょうか?

現代レンズを一言で表現すれば?
「皮の裏まで暴き出す超リアリズム」
でしょうか?

でも、ときおり、体験したことのない、ペンキカラーも。
「視覚を超えたモダンアート」
という側面もありそうです。

私は、銀塩写真の喜びを満喫してきた写真家たちが、
超リアリズムを喜び、モダンアートに至福をお感じになる気持ちが、
ぜんぜん理解できません。
私は自分の夢を写真で見たい、
現代カメラの機械仕掛けの夢なんか見せられたくない、
そんな気分ですね。

私がレンズに見せてほしい夢って、
スピードアナスチグマート25mmF1.5が撮ってくれる、
こんな写真たち。




b0226423_1039565.jpg
b0226423_10394997.jpg
b0226423_10394270.jpg
b0226423_10393599.jpg
b0226423_10392715.jpg
b0226423_10392291.jpg
b0226423_10391564.jpg
b0226423_1039749.jpg
b0226423_1039053.jpg
b0226423_10385180.jpg
b0226423_10384155.jpg
b0226423_10383511.jpg
b0226423_10381789.jpg
b0226423_103856.jpg
b0226423_1037598.jpg
b0226423_10375167.jpg
b0226423_10374345.jpg
b0226423_10373641.jpg
b0226423_1037299.jpg
b0226423_10372328.jpg
b0226423_10371670.jpg
b0226423_1035879.jpg
b0226423_1034567.jpg
b0226423_10344685.jpg
b0226423_10343342.jpg
b0226423_10342130.jpg
b0226423_10341434.jpg
b0226423_1034783.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-22 11:31 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1653 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 1



表題のように書きますと、
人気ブログなら、ただちに反論が出て来るでしょうね。

「hologon158さんの意中のレンズはホロゴンじゃありませんか?
そんなホロゴンをさておいて、幾つ収集するつもり?」

いいじゃないですか?
人間の配偶者はたった一人ですが、
レンズなら、意中の珠玉が幾つもあっていいじゃありませんか?
この世には、この逆の人だって一杯いるような感じですが................?

25mmF1.5ではキノプラズマートと、このスピードアナスチグマート、
この2本が私の意中のレンズたち。
もちろんもっと立派な描写をしてくれるレンズは数知れませんね。
でも、私の場合は、ここにいわゆる「立派な描写」など不必要。
このスピードアナスチグマート25mmF1.5、
ぼんやり画質が一番似合います。





b0226423_2141047.jpg
b0226423_214451.jpg
b0226423_213589.jpg
b0226423_213526.jpg
b0226423_213475.jpg
b0226423_2134163.jpg
b0226423_213353.jpg
b0226423_2132941.jpg
b0226423_2132290.jpg
b0226423_2131691.jpg
b0226423_213966.jpg
b0226423_213316.jpg
b0226423_2125787.jpg
b0226423_2125164.jpg
b0226423_2124593.jpg
b0226423_2123871.jpg
b0226423_2123315.jpg
b0226423_2122689.jpg
b0226423_212202.jpg
b0226423_2121497.jpg
b0226423_212932.jpg
b0226423_212361.jpg
b0226423_23223931.jpg
b0226423_23195920.jpg
b0226423_23195280.jpg
b0226423_23185946.jpg
b0226423_23185354.jpg
b0226423_2318469.jpg
b0226423_210225.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-21 02:16 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1615 お湿りの日(バルター25mmF2.3ならしっとりとした里の表情も)Part 2



映画やドラマで、こんな俳優が居ます。
最初は目立たない。
でも、ドラマが進むにつれて、
いや、この人は大した役者だなあ、目が離せない、
そんな風に心から讃嘆させられてしまう、そんな役者。
韓流ドラマの醍醐味はそんな役者が一杯居るところでしょうか?

こんな役者たちって、本当に役に成りきることができます。
だから、ちょっとした素振り一つでぐっとドラマを深めることができる。

バルター25mmF2.3をリコーGXRで使っていて、ふっと気づきました。
そんな役者に似ているんじゃないかな?
一言で言うと、

     底力





b0226423_1512421.jpg
b0226423_1512082.jpg
b0226423_15115586.jpg
b0226423_15114969.jpg
b0226423_15114580.jpg
b0226423_15113974.jpg
b0226423_15113327.jpg
b0226423_15112798.jpg
b0226423_15112239.jpg
b0226423_15111634.jpg
b0226423_15111181.jpg
b0226423_1511564.jpg
b0226423_15105934.jpg
b0226423_15104362.jpg
b0226423_15103272.jpg
b0226423_15102660.jpg
b0226423_15101433.jpg
b0226423_1510929.jpg
b0226423_1510318.jpg
b0226423_1595242.jpg
b0226423_1594236.jpg
b0226423_1593744.jpg
b0226423_1593279.jpg
b0226423_1592687.jpg
b0226423_1591962.jpg
b0226423_1591326.jpg
b0226423_159738.jpg
b0226423_159218.jpg
b0226423_1585613.jpg
b0226423_1585155.jpg






    [後書き]
      11枚目から13枚目の土嚢、
      私の大好きなロボグラフィです。
      私が路傍に次々と出会う「顔」の典型。
      なんと巧い位置に濡れ落ち葉が収まったものです。

      ついでに書いておきますが、
      私は絶対に加工しません。
      理由は簡単。
      作ったものは面白くないからです。
      
      でも、作ることが好きな人もおられます。
      あれこれ手を加えたり、取り除いたり、置き換えたり、
      そんな加工作業をして、面白い写真を作り出します。
      猫に餌をあげたりするのも同様です。
      ご自由です。

      でも、写真の出来映えに感心した人から、
      「ああ、素敵なものを見つけましたね、さーすが!」とか、
      「いやあ、絶好のシャッターチャンスですねえ、すごい!」
      なんて言われると、
      こう正直に答えるでしょうか?
      「いえ、ああやって、こうやって、手をちょっと加えたら、
      こんな風になったんですよ」

      ほぼ絶対に言いませんね。
      でも、相手にもそうですが、自分にとっても、
      これって正直な生き方じゃありませんね。

      あれこれ加工するのはご自由です。
      私はしませんが、加工するのはダメだとも申しません。
      写真制作におけるポリシーの門題なのですから。
      でも、やっぱり嘘をつくのはよくないですね。
      どちらかをよしましょうね、
      加工をするか、それとも偽りを言うか。
      折角生まれたんだから、まっとうに生きましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-07-20 15:16 | Baltar25/2.3 | Comments(5)

1614 お湿りの日(バルター25mmF2.3ならしっとりとした里の表情も)Part 1



ちょっと散歩に。
リコーGXRにMマウントに改造した映画用レンズを付けました。

    バルター25mmF2.3

バルターらしさがたっぷり味わえます。

マリア・カラスがイタリアオペラ界に君臨したとき、
この不世出のディーヴァに一歩も退かずに女王の座を張り合った
偉大なソプラノがいました。

    レナータ・テバルディ

スピードパンクロとバルターって、この二人の関係に似ています。
スピードパンクロは、鋭い眼差し、切れ味豊かな風貌、緊張感のある歌声の
マリア・カラスにそっくりだし、
バルターは、穏やかな視線、おっとりふくよかな風貌、あたたかい歌声の
テバルディにそっくり。

梅雨時のしっとりと濡れた田舎道であれこれと撮りました。
丁度半時間でぐるりと回って家に帰りました。
83枚中64枚を選びました。
2回に分けてごらん頂きましょう。

こんな人気のない田園のそばで暮らしているのです。
撮る写真、書く文章が時代遅れ、浮世離れとなるのも無理はありませんね。
時代遅れ、浮世離れがどうした?
いっそ世捨て人になりたい、
でも、それが許されないのがもどかしい。





b0226423_1412425.jpg
b0226423_14123783.jpg
b0226423_14123268.jpg
b0226423_14122645.jpg
b0226423_14121442.jpg
b0226423_1412914.jpg
b0226423_1412329.jpg
b0226423_14115827.jpg
b0226423_1411546.jpg
b0226423_14114890.jpg
b0226423_14114373.jpg
b0226423_14113725.jpg
b0226423_14113230.jpg
b0226423_14112770.jpg
b0226423_14112237.jpg
b0226423_14111524.jpg
b0226423_14111033.jpg
b0226423_1411523.jpg
b0226423_141102.jpg
b0226423_1410255.jpg
b0226423_1495466.jpg
b0226423_1494117.jpg
b0226423_1493651.jpg
b0226423_1492914.jpg
b0226423_1492513.jpg
b0226423_1491385.jpg
b0226423_149882.jpg
b0226423_149280.jpg
b0226423_1485646.jpg
b0226423_1485054.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-19 14:21 | Baltar25/2.3 | Comments(0)

1405 雨模様(一夜明けて、ホロゴン15㎜F8Uはすっかり私に馴染んでくれたようで )



全カメラ中屈指の異貌のカメラ、ホロゴンウルトラワイドから、
Mマウントレンズに変身したホロゴン15㎜F8U、
9月7日我が家に来て、
その翌朝、雨の中、近隣を一巡する旅に出ました。

多くのカメラマンは、雨を嫌うようです。
電子機器であるカメラが故障する危険を考えてのことでしょうか?
私は40年近く撮ってきましたが、
雨のせいで撮影をやめるなんて、したことがありません。
私がアマチュア時代に自分の最高傑作だと思った作品は3枚ありますが、
すべて雨、それも激しい雨のシーンばかりでした。
それでいて、湿気が原因でカメラ、レンズが故障したことは一度もありません。

210枚撮りましたが、私の好きな写真を32枚選んでみました。
かなり厳選と言いたいところですが、
40枚撮って32枚選んでも、同程度でしょう。
ロボグラフィに写真の質など無関係だからですね。




b0226423_21563126.jpg
b0226423_21562656.jpg
b0226423_21562290.jpg
b0226423_2156171.jpg
b0226423_21561248.jpg
b0226423_2156614.jpg
b0226423_2156077.jpg
b0226423_2155568.jpg
b0226423_21555096.jpg
b0226423_21554473.jpg
b0226423_2155396.jpg
b0226423_2155323.jpg
b0226423_21552618.jpg
b0226423_21552057.jpg
b0226423_21551370.jpg
b0226423_2155724.jpg
b0226423_2155139.jpg
b0226423_21545691.jpg
b0226423_21545162.jpg
b0226423_21544629.jpg
b0226423_2154349.jpg
b0226423_21542842.jpg
b0226423_21542353.jpg
b0226423_21541868.jpg
b0226423_21541289.jpg
b0226423_2154715.jpg
b0226423_2154178.jpg
b0226423_21535520.jpg
b0226423_21534918.jpg
b0226423_21534350.jpg
b0226423_21533871.jpg
b0226423_21533255.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-11 21:59 | Hologon15/8U | Comments(0)

1074 笑い(スピードパンクロ40mmf2でロボグラフィを撮ってみたら)



b0226423_22175053.jpg





私はスピードパンクロを3本持っています。
こう書いても、あまり自慢のできるコレクションじゃありません。
みんなもの凄いと言いたいほどに廉価版レンズたち。

それでも、25㎜F2と35㎜F2の描写はそれぞれに、
さすがスピードパンクロ! そう言いたくなるほど見事。

問題はこの40㎜レンズです。

    誰かさんにコーティングされてしまいました。
    おそらく疵だらけ、スモッグだらけの使い古しを手に入れて、
    ボケボケの画像しか撮れなかったのでしょう。

でも、レンズを研磨した上にコーティングをするって、
現代の七変化化粧法に似てはいませんか?

    やっぱり不自然。

それでも、どこか現代レンズにはない味わいがないわけではありません。
こんな写真を撮れるのですから、
これはこれで使ってあげなきゃ、という気持ちにさせられてしまいます。

    たいていの方は、使いたくない、という気持ちになるでしょうけど....
by Sha-sindbad | 2014-07-13 22:39 | SpeedPanchro40/2 | Comments(0)

942 田舎道(ディスタゴン25㎜F2.8はツァイスらしい堅実さが持ち味かな?)



b0226423_1522881.jpg
b0226423_15215965.jpg
b0226423_15215155.jpg
b0226423_15215530.jpg
b0226423_15214874.jpg
b0226423_15214272.jpg
b0226423_1521321.jpg
b0226423_15212815.jpg
b0226423_15212145.jpg




我が家の近くで撮ったツァイス、ディスタゴン25㎜F2.8。

    1、2、3、6、8、9枚目は開放です。

絞り込んだショットと、描写性においてさほど変わりません。

    癖がない。
    前回のキネタール25mmF2の癖だらけの描写とは驚くほど違います。

    キネタールは遊んでいます。
    ディスタゴンは仕事をしています。

ディスタゴン25㎜F2.8は次回は絞り込んで見ましょう。

    気合いを入れたら、これだけの仕事をするんだ、
    というようなドイツ魂を見せてくれるかも知れませんね。

私は根が真面目な人間なので、このレンズ気に入りました。
by Sha-sindbad | 2014-02-13 15:33 | Distagon25/2.8 | Comments(2)

940 枯草の詩(ディスタゴン25㎜F2.8がついに我が家にやってきた!)



b0226423_17451842.jpg
b0226423_17451231.jpg
b0226423_1745689.jpg
b0226423_1745157.jpg
b0226423_17445316.jpg





ヤシカコンタックスのディスタゴン25㎜F2.8

    かなり人気の高いレンズですね。
    開放での中心部の像の締まりと周辺減光とが相まって、
    ローライ二眼レフのプラナー75mmF3.5ととても似た、
    玄人好みの画像をプレゼントしてくれることで有名ですね。

「周辺減光」という言葉を小耳に挟んだだけで、
ピピッと反応してしまう私です。

    素人でも玄人好みのレンズが欲しい!

とは言え、かなり中古価格の相場の高いレンズでした。
ディスタゴン28㎜F2.8をヤフーオークションで入手した勢いで、
相場の半額程度の、中級程度の中古品を見つけました。

    たまらず入札して、
    めでたく我が家にお腰入れをされたのが今朝。

    開梱して姿を表したディスタゴン25㎜F2.8は、
    どこにもキズ一つない新品同様の美品。

先ほど1時間ほど近くをぐるりと一巡してきました。

    MマウントアダプタでライカM9に付けていますので、
    全部目測撮影となります。
    開放では、25㎜と言えども、かなりシビアになります。

    トポゴン25mmF4なら、開放値が暗いので、とても楽。
    1段違うだけで、大きな違いですね。

枯草ばかり選んでみました。

    最初の1枚はクラインビルド・プラズマート7cmf2.7と同じ草。
    かなりくたびれてきましたが、まだ健気にがんばっています。

    最後の1枚も開放の写真ですが、お化けの顔が見えますね。
    日陰での描写力は歴然と思えるのですが。

    たしかにプラナー75mmF3.5に似ている!
by Sha-sindbad | 2014-02-11 17:53 | Distagon25/2.8 | Comments(2)