レンズ千夜一夜

タグ:奈良高畑町 ( 14 ) タグの人気記事

1908 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)2 一種の悟り



私の父は俳人でした。大学生当時から俳号を名乗り、
たった一回ですが、「ほととぎす」の巻頭にあげられたことが、
大きな喜びとなっていたようです。
いつも小さな俳句手帳を携帯し、
思いついたら、さっと書き付ける姿を記憶しています。

ボケもせず、80過ぎても、たとえば、「重臣たちの昭和史」
という浩瀚な、たしか2巻本をきっかり2日で読み上げました。
コピーライターだった弟が、大の本好きで、節税も兼ねて、
月10万円ほどでしたか、本を買いあさり、マンションを借りて、
書庫にして、どんどん父に提供していたのです。

何歳の頃からでしょうか?
外出することもほとんどなくなり、
シングルの安楽椅子に沈没して、好きなことをして生きました。
不動産と化したので、早晩、ボケるかと思いきや、
亡くなるその直前、おそらく10分前まで、ボケもせず、
自分で歩き回っていたのは、
俳句と読書の二本立てで頭を使い続けたせいかも知れません。

今、ふっと気づいたのですが、
私も写真を始めたのは大学1年生。
その後、一度もたゆむことなく、写真を愛し続けてきました。
やることは違っても、生き方は似ているのかも知れません。

今から考えてみますと、
私の場合、写真は「表現」ではありませんでした。
単純に、「喜び」「自己満足」の境地を出たことがなかった。
だから続いたのかも知れません。

「表現」にこだわる限り、作品作りとなり、
かつ、第三者の目を必要とします。
「自己満足」なら、自分以外の第三者に向かって表現するなんて、
まったくの想定外。
人の評価も、実のところ、論外。
私自身が満足しているのですから、第三者の目なんて邪魔なだけ。

私の2つのブログもそんな独り舞台でしかない。
最初の1年を過ぎると、誰か見に来てくれているか、など、
完全に無関心になり、それ以来、
(ほとんど来なかったせいもありますが)
たったの一度もアクセス数をチェックしたことがありません。
私は、いわば、思い切りのよい人間なのです。

私のような、ただの日記ブロガー、かなり居るのではないでしょうか?
今朝、今回の記事のセプトン写真を記事用に作り替えて、見直して、
思わずニンマリ。
これじゃ、見に来て下さいと頼み回っても、誰も来ないな。

未だに写真撮影の醍醐味に心を奪われているのは、
もしかすると、自分の愛する路傍の廃れ者たちを、
さまざまなレンズで変身させる喜びのせいだろう、
そんな思いを改めて強めています。

次第に財政が逼迫しはじめて、そろそろレンズやカメラを売らなきゃ、
そう思っていたのですが、
近頃、段々とその気持ちが薄れつつあります。
金がなきゃ、金を使うような撮影はしなきゃいいんだ、
愛するレンズたちを取っ替え引っ替え持ち出せば、
歩いて行ける範囲でも、飽きずに撮影を楽しめるじゃないか?
かなり久しぶりに持ち出したセプトンの写真を眺めて、
いわば一種の悟りに達した気持ち。




b0226423_22464983.jpg
b0226423_22465762.jpg
b0226423_22480496.jpg
b0226423_22481165.jpg
b0226423_22475898.jpg
b0226423_22481862.jpg
b0226423_22482577.jpg
b0226423_22483279.jpg
b0226423_22483871.jpg
b0226423_22484555.jpg
b0226423_22485129.jpg
b0226423_22485696.jpg
b0226423_22490208.jpg
b0226423_22491138.jpg
b0226423_22491711.jpg
b0226423_22492379.jpg
b0226423_22493003.jpg
b0226423_22493623.jpg
b0226423_22494202.jpg
b0226423_22494800.jpg
b0226423_22495612.jpg
b0226423_22500275.jpg
b0226423_22500907.jpg
b0226423_22501781.jpg
b0226423_22503045.jpg
b0226423_22503771.jpg
b0226423_22504447.jpg
b0226423_22505175.jpg
b0226423_22510388.jpg
b0226423_22511216.jpg
b0226423_22511906.jpg
b0226423_22512498.jpg
b0226423_22513238.jpg
b0226423_22514162.jpg
b0226423_22515056.jpg
b0226423_22515810.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-15 22:53 | Septon50/2 | Comments(2)

1907 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)1 皮肉な綱渡り



銀塩フィルム時代のニコンレンズ群は、
まさに報道カメラマンが偏愛したように、
白と黒のコントラストが効いたメリハリのあるタッチで、
リアリズムの極致とも言える画像を生み出しました。

現代デジタルカメラ時代のほとんどの超高性能レンズ群、
偶然の出会いを除いて、使ってみたことがありませんが、
古いニコンレンズを遙かに凌駕する、超リアリズム、
そんな感じがします。
銀塩フィルム時代の写真家たちも魅了する超高性能の描写力、
それは、人間の視覚を遙かに超えてしまった感じがします。

皆さん、写真家も写真愛好家も、
レンズの性能不足を嘆く必要がなくなって、大満足、
そんな感じがします。
もしかすると、人類の視覚も、デジタル時代のレンズによって、
研ぎ澄まされてきているのかもしれません。

そんな潮流の中で、私はどんどん置いてきぼりになりそう。
私には、そんな超精密画像が気味が悪くてならないのですから。

それなのに、私も銀塩フィルムを使う経済的余裕が不足して、
ソニーα7のようなデジタルカメラに完全に移行して、
精度はかなり不足している銀塩レンズたちで、
いわばハイブリッドな高精密ボケ写真で我慢せざるを得ない。
かなり皮肉な綱渡りという感じ。

セプトン50㎜F2は、銀塩時代でも高性能をうたわれたレンズ。
私はともかく、セプトンの方はデジタル時代にすんなり適応し、
デジタル写真ライフを私より気楽に楽しんでいる様子。




b0226423_17021857.jpg
b0226423_17034807.jpg
b0226423_17035755.jpg
b0226423_17040628.jpg
b0226423_17041435.jpg
b0226423_17042351.jpg
b0226423_17043181.jpg
b0226423_17044281.jpg
b0226423_17045191.jpg
b0226423_17045742.jpg
b0226423_17050352.jpg
b0226423_17051049.jpg
b0226423_17051687.jpg
b0226423_17052995.jpg
b0226423_17053689.jpg
b0226423_17054475.jpg
b0226423_17055186.jpg
b0226423_17055722.jpg
b0226423_17060372.jpg
b0226423_17061242.jpg
b0226423_17061803.jpg
b0226423_17062954.jpg
b0226423_17063679.jpg
b0226423_17064226.jpg
b0226423_17064851.jpg
b0226423_17065733.jpg
b0226423_17070317.jpg
b0226423_17070823.jpg
b0226423_17071452.jpg
b0226423_17072209.jpg


b0226423_17072800.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-12 23:59 | Septon50/2 | Comments(0)

1900 古佛と木(2017年9月13日エルマー65㎜F3.5と仏様の渋い関係)1 ただの作例集


本ブログも1900回、節目のときが来ました。
私のレンズたちを紹介し、他のレンズとの対比において、
私の可愛いレンズたちがどんなパフォーマンスを見せてくれるか?
それぞれのレンズたちの撮影例をできるだけ沢山ブログに掲載して、
レンズの特性を実例で知ることができるように。
これがブログの最初のコンセプトでした。

でも、私のブログはレンズフェチたちを惹きつけませんでした。
なぜ?
光学に完全に無知の私はレンズの諸特性を撮影例で確認する、
なんて作業も文章も完全に無縁だったからです。
つまり、レンズフェチたちにはなんの参考にもならない。

そんなわけで、我がレンズブログ「レンズ千夜一夜」は、
ただの作例集に化してしまったのですが、
私にとって折良く、別ブログ「わが友ホロゴン」も、
同じ頃、パブリックにアピールする写真ブログではなくなって、
単なるプライベートな写真日記になっていました。
そこで、「レンズ千夜一夜」も速やかに適応して、
わずかにレンズ側に重点がシフトした、ただの写真日記に。

そこで、1900回記念という伏し目に、
私が選んだテーマは、いつか撮影許可となった東大寺での、
「大仏様とのご対面」
私が選んだレンズは、銀塩時代のマクロの隠れたるオーソリティ、
エルマー65㎜F3.5。
かなり大仏様にはマッチできるレンズと踏みましたが、いかが?




b0226423_11145546.jpg
b0226423_11150181.jpg
b0226423_11150876.jpg
b0226423_11151583.jpg
b0226423_11152018.jpg
b0226423_11152751.jpg
b0226423_11153370.jpg
b0226423_11153830.jpg
b0226423_11154361.jpg
b0226423_11160063.jpg
b0226423_11160692.jpg
b0226423_11161251.jpg
b0226423_11161864.jpg
b0226423_11162302.jpg
b0226423_11163031.jpg
b0226423_11163645.jpg
b0226423_11164205.jpg
b0226423_11164888.jpg
b0226423_11165482.jpg
b0226423_11170062.jpg
b0226423_11170790.jpg
b0226423_11171318.jpg
b0226423_11172069.jpg
b0226423_11172642.jpg
b0226423_11173267.jpg
b0226423_11173760.jpg
b0226423_11174332.jpg








by Sha-Sindbad | 2017-11-02 22:05 | Elmar65/3.5 | Comments(2)

1795 診療所で(2017年4月24日ホロゴン15㎜F8Uの奈良町お忍び)1


2017年4月24日月曜日はちょっとした祝祭日でした。
診療所の医師から無罪放免を言い渡された日なのです、
「肺炎は一応治りました。
これ以上治療は不要です。
1ヶ月後にもう一度レントゲンを撮って、
肺の炎症が完治したかどうか確認しましょう」

5月6日までの2週間は遠出を慎み、安静療養するように、
厳しく言い渡されました。
でも、ちょっと用があって、奈良町に出かけたのです。
これは担当医の先生には内緒にお願いします。

ちゃんとバッグにはカメラを忍ばせていました。

   ソニーα7
   ホロゴン15㎜F8U

完治のお祝いはベストフレンドと祝いたい、という気持ち。
診療所ですでにお祝いを始めていました。
レントゲンを撮ってから、診察を待つ間、
ホロゴンで待合室を撮りまくりったののです。
ホロゴンマクロ、という新しい楽しみ方にかなり夢中。
まあ、変わった患者さんに見えるでしょうね。

ホロゴン15㎜F8U(ホロゴンウルトラワイド)で、
マクロを楽しんでいる人間は世界中に数える位でしょう。
ソニーα7とフォクトレンダーのMマウントアダプタのお陰。
ホロゴンも私も喜んでいます。

ホロゴンの気持ちがどうして分かるの?
という質問者には、こうお答えしましょう。
ホロゴンと私とは一心同体なので、
(大阪弁で)
わからいでかあ!




b0226423_119920.jpg
b0226423_119236.jpg
b0226423_1185573.jpg
b0226423_118487.jpg
b0226423_1184277.jpg
b0226423_1183513.jpg
b0226423_1182784.jpg
b0226423_118217.jpg
b0226423_1175630.jpg
b0226423_1174971.jpg
b0226423_1174351.jpg
b0226423_1173622.jpg
b0226423_1172928.jpg
b0226423_1172238.jpg
b0226423_1171562.jpg
b0226423_117918.jpg
b0226423_117234.jpg
b0226423_1164626.jpg
b0226423_1163999.jpg
b0226423_1163332.jpg
b0226423_1162354.jpg
b0226423_11616100.jpg
b0226423_116657.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-14 15:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1594 試写♯3(ゾンネタールウルトラソフト50mmF1.1で千林商店街試し切り)Part 1



6月6日月曜日朝、朝食後飛び出しました。
火曜日、診療所で血液検査をする予定でしたが、
血液検査一つをするのも、以前は随時だったのに、今では診察の順番待ちだと分かり、
じゃ、朝一番に予約しようと電話したら、予約は夜だけとこれも変更。
「今日なら空いてますよ」と聞いて、
バッグに三種の神器を放り込んで飛び出したわけです。

こう言っても、おわかりにならないでしょう。
私にも三種の神器があるのです。
本来の筆頭はホロゴンなのですが、
今日は試写中のゾンネタール50mmF1.1付きソニーα7。
Pomera
そして、ソニーのウォークマン。
これに必要な電池がある限り、私は監獄に放り込まれても、楽しくやっていけるでしょう。

診療所までは徒歩20分ほどでしょうか?
私は倍かかりました。
家を一歩でたら、周りは敵と思え、とかなんとか言いますが、
かなりのご家庭では、夫の立場では、
家の中に、一番手強い敵、
妻の立場では、
家の中に、一番じゃまな大ゴミ、という方がかなりおいででしょう。
おっと、すぐ横に逸れてしまいますね。
心がゆがんでいる証拠かも知れませんね。
と言って、我々の年齢になって、歪んでいない人って、
よほどの....かな、と思ってしまいますね。
私なんかグッチャグチャに歪んでいるらしく、
おかげ20年前からロボグラフィに転向してしまったようです。

今朝もゾンネタールは快調。
血液検査では、最初のはすらりと皮膚に入って行きましたが、
血管に入らなかったようで、血が出てこない。
というわけで、2度針で刺されました。
私は鈍痛は別として、一瞬の苦痛には強い人間です。
と言いつつ、実は、まったく痛みを感じませんでした。
近頃に針はとても鋭利のようです。

時間待ちに間に、ゾンネタールの絞りの比較を試みました。
順番に開放F1.1、2.8、5.6。
さすがにドラマチックですね。
(それ以上のレンズ特性の比較など全然できない私ですね)




b0226423_1742414.jpg
b0226423_1741532.jpg
b0226423_174730.jpg






診療所を出て、正午過ぎ、行きつけの料理店「鹿の子」に入るまでに、
246枚撮りました。
3枚ほどを除いてすべてF1.1の開放。
気になるのは、私のゾンネタールソフトとの違いです。
次の機会には、こちらを撮ってみましょう。
すでに掲載ずみの19回の記事の写真を見る限り、
なんだか区別が付かないような感じがしてきたからです。





b0226423_1775151.jpg
b0226423_1774535.jpg
b0226423_1774020.jpg
b0226423_1773460.jpg
b0226423_177297.jpg
b0226423_1772449.jpg
b0226423_177176.jpg
b0226423_177620.jpg
b0226423_1765953.jpg
b0226423_1765477.jpg
b0226423_1764771.jpg
b0226423_1764024.jpg

b0226423_176348.jpg
b0226423_1761938.jpg
b0226423_1761384.jpg
b0226423_176832.jpg
b0226423_176222.jpg
b0226423_1755618.jpg
b0226423_1755079.jpg
b0226423_1754480.jpg
b0226423_175372.jpg
b0226423_1753049.jpg
b0226423_1752463.jpg
b0226423_1751747.jpg
b0226423_1751162.jpg
b0226423_175516.jpg
b0226423_1745849.jpg
b0226423_1745126.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-08 17:10 | SonnetarUS50mmF1.1 | Comments(2)

1576 田舎道(バルター50㎜F2ならどんな状況でもゆったりと受け止めてくれる)Part 3



四苦八苦でした。
晴天でありながら、
ライトバランスの設定が「自動」から「曇天」に勝手に変更。
フォトショップの「カラー補正」機能でやや回復したのですが、
やっぱり本来私が期待している色再現とはまるで違います。

バルター50㎜F2のパート3は断念しようかなとも考えました。
でも、折角私のために撮ってくれたのですから、
奇怪な色具合ですが、40枚、最後までごらん頂きましょう。

ついでに書いておきます。
ソニーα7の暴走的設定移動を防ぐために、
フラップ式のガードを付けたのですが、
月曜日、西九条で撮影中、ぽろっと取れてしまいました。
雨で濡れたため。

でも、ガードに基底部として付けた消しゴムの土手は残りました。
なんだ、これだけで十分機能する!
勝手に暴走する危険のあるボタン2つの横に土手があるので、
指が知らない間にボタンに触れることがなくなりました。
しかも、設定を変更するためにボタンに触れることもできます。

これで、勝手にホワイトバランスの設定が変わったり、
ブラケッティング3枚撮り設定になったりすることはないでしょう。






b0226423_2128425.jpg
b0226423_21275986.jpg
b0226423_21275372.jpg
b0226423_21274749.jpg
b0226423_21274169.jpg
b0226423_21273564.jpg
b0226423_21272896.jpg
b0226423_21272296.jpg
b0226423_21271694.jpg
b0226423_2127994.jpg
b0226423_2127268.jpg
b0226423_21265572.jpg
b0226423_2126461.jpg
b0226423_21264187.jpg
b0226423_21263318.jpg
b0226423_2126279.jpg
b0226423_21262071.jpg
b0226423_21261476.jpg
b0226423_2126728.jpg
b0226423_2126289.jpg
b0226423_21255552.jpg
b0226423_21254991.jpg
b0226423_21254311.jpg
b0226423_21253878.jpg
b0226423_21253238.jpg
b0226423_21252682.jpg
b0226423_21251980.jpg
b0226423_2125728.jpg
b0226423_21245870.jpg
b0226423_21245110.jpg
b0226423_21244458.jpg
b0226423_21243744.jpg
b0226423_21243195.jpg
b0226423_21242483.jpg
b0226423_21241851.jpg
b0226423_2124869.jpg
b0226423_2124264.jpg
b0226423_21235687.jpg
b0226423_21235050.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-10 21:31 | Baltar50/2.3 | Comments(0)

1575 田舎道(バルター50㎜F2ならどんな状況でもゆったりと受け止めてくれる)Part 2


私はパソコンでの画像処理をレベル補正一本に絞っていることは、
幾度か書きました。
でも、原則を破る日が来ました。

先日、当麻寺で撮影中におかしなことに気付いたのです。
画像がなんだか薄暗い。
仕様カメラはソニーα7。
調べてみると、自動に設定しているホワイトバランスが、
「曇天」に変わっていました。
アッチャー....................!!!!
今回のバルター写真も途中からどうやら曇天仕様になっていたらしい。
どんよりしているのです。
フォトショップの自動カラー補正を使うと、ノーマルになりました。

もう一つ、始末に負えない不具合は、
知らぬ間に3枚撮りブランケットになってしまうこと。
「あっ、今日は意外と調子がいい!
970枚も撮っている!」
帰宅してマックでチェックすると、
途中から、ずらりと並ぶ3点セット。

なぜそんなことが起こるのか?
今回試してみて分かりました。
撮影中に手が該当ボタンを押さえ続けると、
バラバラッと設定が勝手に変わって行き、
私が手を離すと、その停止時点の設定になってしまう!
まさに、暴走。
ソニーα7にしか起こったことがない不具合。

実は、本来のボタン設定は、こんな暴走が起こりません。
でも、実際に、今日、私の目の前でそれが起こったのです。
どうやら、この暴走が予期せぬときに起こるらしい。
なにかブログラムに不具合があるのでしょうか?
メーカーはこう言うでしょう。
上記のような暴走による設定変更が、
「親指を本体背中のホールド位置にしっかり置いておけば、
背面のボタンに触ることはないので、心配ありません」
お行儀のよいカメラマンはそうなのでしょう。
私はなんだかありとあらゆる持ち方をしているようです。
これまでずっと泣いてきました。
他のソニーα7でも発生しているのでしょうか?
1台に起こるのであれば、「ゴキブリの論理」により、
30台に1台は起こっていると考えるのが自然です。

でも、お陰様で、
30枚を超える写真をアップするための小型化作業で、
一々Shift+Command+Bを同時に押して、
ナチュラルに補正し直さなければならない。
面倒。

大きな疑問が一つ。
こうして補正した結果は、
私の本来の写真に近い画像なのでしょうか?
私のレンズたちの個性を殺す標準化が起こっているのでは?
まあ、分からないことはどうでもいいでしょう。


昨夜、こうした勝手な仕様変更を起こすボタンを、
フラップ式のボードで覆いました。
ガードがボタンよりも高くする土手を底に付けてあります。
こうすれば、手が当たっても、暴走が起こらない。
これで防げるでしょう。
でも、不器用な作りだなあ。





b0226423_1782920.jpg
b0226423_1782143.jpg
b0226423_1781559.jpg
b0226423_178938.jpg
b0226423_178353.jpg
b0226423_1775612.jpg
b0226423_1774995.jpg
b0226423_1774323.jpg
b0226423_1773776.jpg
b0226423_1773129.jpg
b0226423_1752985.jpg
b0226423_1752218.jpg
b0226423_1751621.jpg
b0226423_1751137.jpg
b0226423_175528.jpg
b0226423_1745842.jpg
b0226423_1745371.jpg
b0226423_1744710.jpg
b0226423_1744139.jpg
b0226423_1743529.jpg
b0226423_174308.jpg
b0226423_1742392.jpg
b0226423_17335100.jpg
b0226423_1732932.jpg
b0226423_1732281.jpg
b0226423_1731729.jpg
b0226423_1731112.jpg
b0226423_173647.jpg
b0226423_165779.jpg
b0226423_1656553.jpg
b0226423_16564855.jpg
b0226423_16564221.jpg
b0226423_16563687.jpg
b0226423_1656308.jpg
b0226423_16562462.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-08 17:13 | Baltar50/2.3 | Comments(0)

1574 田舎道(バルター50㎜F2.3ならどんな状況でもゆったりと受け止めてくれる)




先日、高畑町のお気に入りのコースをぐるり一巡しました。
カメラはソニーα7。
レンズはボシュロムの映画用レンズ、バルター50㎜F2.3。

光溢れる春を歩く1時間でした。
清々しかった?
とんでもない、かんかん照りで、熱射病寸前という気分でした。

でも、バルター50㎜.3は動じません。
撮影した292枚から、109枚選択しました。
先日、かつての職場の友人から電話がありました。

    「仕事止めて、やたら暇になったので、
    この前聴いた君のブログをちょっとのぞいてみたよ。
    面白いね。
    やたらのべつ幕なし撮って、やたらのべつ幕なしブログに載せて、
    実に盛大にやってるね。
    でも、なんだね、誰も来ないみたいだね。
    いつ来ても、なんの反応もないのに、やたら楽しそうだね」

確かに、それにしても、ブログ1回あたり30枚前後を投稿するって、
やっぱりかなりの負担なのですが、自分の愛しい写真たちです、
やっぱり、めったやたらに楽しい。
そのあたり、説明しても分かってもらえそうにないので、
こういうときは反撃がベストタクティックス、

    「そんなに言うんだったら、退屈しのぎに写真でも始めたら?
    どうせ絵も描けないし、金がないから、旅行もしないだろうから、
    丁度暇つぶしにいいよ。
    ぼくがやってるのは、その暇つぶし。」





b0226423_2335417.jpg
b0226423_23345145.jpg
b0226423_23344599.jpg
b0226423_23332726.jpg
b0226423_23332281.jpg
b0226423_23331793.jpg
b0226423_2333617.jpg
b0226423_2333186.jpg
b0226423_23325537.jpg
b0226423_23324973.jpg
b0226423_23324283.jpg
b0226423_2332363.jpg
b0226423_23322792.jpg
b0226423_23322275.jpg
b0226423_23321619.jpg
b0226423_23321069.jpg
b0226423_2332427.jpg
b0226423_23315896.jpg
b0226423_23315241.jpg
b0226423_23314468.jpg
b0226423_23313857.jpg
b0226423_23313277.jpg
b0226423_23312586.jpg
b0226423_23311353.jpg
b0226423_2331877.jpg
b0226423_2331121.jpg
b0226423_23305288.jpg
b0226423_2330454.jpg
b0226423_23303724.jpg
b0226423_23303187.jpg
b0226423_23302551.jpg
b0226423_23301740.jpg
b0226423_2330117.jpg
b0226423_233045.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-07 23:37 | Baltar50/2.3 | Comments(0)

1519 ホロゴンマクロ!(ついにホロゴンはMマウントアダプタで万能レンズに?)





b0226423_11382333.jpg
b0226423_11381676.jpg






2月16日火曜日、また新しい試み。

ソニーα7
Hologon15mmF8M
の定番セットを持ち出したのですが、
このホロゴンにはMマウントアダプタが付いています。
これで、18cmまで寄れるHologon15mmF8Mが、
10㎝あたりまで超接近できるマクロレンズとなりました。

ホロゴンウルトラワイドから抜き出して、
Mマウントに作りなおしてもらったHologon15mmF8Uは、
ヘリコイドリングがなくて、常焦点レンズなので、
Mマウントアダプタを使うことで、
近接にも対応できるようにしたいと思ったのですが、
不思議に、このレンズのマウントがうまく収まりません。
ということで、Mマウントホロゴンの出番となったわけです。

冒頭のお人形写真、
上段がオリジナルのヘリコイドの最短撮影距離。
下段がMマウントアダプタ使用。
ガラスケース越しなので、最短ではありません。
それでも、これだけ接近できます。
使った本人が驚いています。
これを15mm超広角で撮ったと分かる方、
おいででしょうか?

その他、私にとっては驚きのホロゴンニューピクチャーたちを
少しだけ並べてみましょう。




b0226423_1139748.jpg
b0226423_1139168.jpg
b0226423_113855100.jpg
b0226423_11384862.jpg






そして、最後に、私が普段撮らない純超広角写真もついでに。




b0226423_11392971.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-17 11:41 | Hologon15/8Degital | Comments(4)

1402 切り株仙人(スピードパンクロ35mmF2は私にとっては幽玄レンズらしい)



9月5日土曜日、白毫寺から春日大社まで、
奈良市の東に南北に続く丘陵地帯の麓を歩きました。

ライカM9
スピードパンクロ35mmF2
久しぶりのセットです。
554枚撮りました。

大コレクターのNさんから聴いたことを思い出しました。
「映画用レンズは別格なんですよ。
映画館のスクリーン一杯に投影して、
すみずみまできちっと撮れなければならないのですから。
だから、レンズ会社はプロ用のレンズとして、
気合いを入れて作りました。
市場で見つかるものはたいていボロボロです。
それはよく撮れるので、使い倒されているからです。
そんなものにはすごいのがいくつもあります」

このレンズもそうなんだな、
写真を見ながら、そうつぶやいてしまいました。
もちろん開放写真です。




b0226423_22431382.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-09-06 22:44 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)