レンズ千夜一夜

タグ:奈良町 ( 210 ) タグの人気記事

1660 奈良町(アポクアリア28mmF2はちょっとした散歩にも気軽に応じて)


驚きました。
宮崎貞安さんの最新のレンズ、

   アポクアリア28mmF2、

どんなときも、なにかしら応答してくれます。

現代のカメラなら、撮りたい方向にレンズを向けて、
シャッターを押せば、見事なスナップ写真を返してくれます。
オートフォーカス機能のないアポクアリア28mmF2で、
とくに開放で撮ろうとすれば、そうは行きません。
さりとて、構えてから、ヘリコイドリングを回して、
ピントを合わせて撮る、そんな暇はありません。
第1、気づかれてしまいます。

対応策は簡単です。
とにかくヘリコイドリングを2mなら2mにセットしておいて、
すれ違いざま、シャッターを落とすことになります。
ジャストピントで撮れるなんて、稀です。
だから、ピントには勢い寛容にならざるを得ません。

そんな写真ばかり撮るのに慣れてしまいますと、
おかしな逆転現象が起こります。
かつてのマニュアルカメラ時代には、
それでもなおジャストピントでないと許さない、と、
かなりシビアな姿勢でした。
今は実に寛容な姿勢に変わりました。
撮りたいものが、人が撮れていたら、少々ピンが甘くても、
ええじゃないか、ええじゃないか!!

そして、厳密にピントが来ている写真に出会いますと、
逆に、ちょっと気持ちが悪い!

アポクアリア28mmF2で奈良町を少し撮りました。
ピントを絶対視するアマチュアカメラマンからは、
軽蔑の眼差しで見下ろされるでしょう。
現代のオートフォーカスレンズしか知らない人は、
私のボケボケ写真に出会うと、
なんだ、これは!
この人、ぼけてるんじゃない?
ということになってしまいます。
このような断絶はさらに拡大していくでしょう。

でも、心配はありません。
人間は蟻の社会に関心がなく、蟻は人間の社会に関心がない。
それと同じようなものです。
だから、現代の写真家にとっては、
私のブログなんか参考になりませんね。
これって、だんだん世界がバベルの塔に変わって行く、
そんなプロセスなんじゃないでしょうか?




b0226423_22465830.jpg
b0226423_2247636.jpg
b0226423_22464647.jpg
b0226423_22465310.jpg
b0226423_22463930.jpg
b0226423_2246274.jpg
b0226423_22462086.jpg
b0226423_224556100.jpg
b0226423_2144493.jpg
b0226423_22453910.jpg
b0226423_22453281.jpg
b0226423_22452677.jpg
b0226423_22451849.jpg
b0226423_22451111.jpg
b0226423_22445559.jpg
b0226423_2244479.jpg
b0226423_22444060.jpg
b0226423_22443331.jpg
b0226423_22441561.jpg
b0226423_22447100.jpg
b0226423_224405.jpg
b0226423_22435273.jpg
b0226423_22434094.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-08 22:48 | Apoquaria28/2 | Comments(2)

1648 奈良女子大界隈(パンタッカー50㎜F2.3が一番性に合っているみたい)Part 2


ロボグラフィたちをブログにアップする作業をしながら、
土門拳さんのことを思い出しました。
うろ覚えですが、こんな次第。

室生寺がお好きで、車いす生活になっても、
「雪の室生寺を撮りたい」と真冬にも通ってこられたそうです。
いつも同じ旅館「橋本屋」に宿泊されるのですが、雪はなし。
がっかりして布団に入ったのですが、
朝方、宿の女主人の声、「先生、雪です!」
急いで窓を開けてみると、一面に雪が積もっています。
朝食をとられたかどうか記憶していませんが、
弟子たちに助けられて室生寺に駆け込み、
狙っていた光景に大型カメラを三脚にセット。
撮影のためのセッティングはすべて弟子がしたのだそうです。

先生からの指示はなし。
でも、期待に添わないセッティングをすると、
「駄目!」
それでも、指示は一言も口にしない。
弟子たちが才能を伸ばせたのも、このお蔭のようです。
「良し!」となると、弟子が先生にシャッターを渡します。
どんなシャッターだったか、忘れました。
土門さん、「えいっ」と裂帛の気合いの下に、
そのシャッターを押したのだそうです。

気合いで写真の質が変わるかどうかは分かりませんが、
傑作を撮るぞ、という強烈な意志が分かりますね。
で、なぜ、土門拳さんのことを思い出したか?
私は土門さんとはおよそ正反対の対極に位置するだろう、
そう考えたからです。

土門さんのように一々気合いを入れて撮ってたら、
何百枚も撮るのですから、疲れきってしまうでしょう。
私の場合はちらっとでも心が動いたら、こう考えます、
「おっ、居ましたね。待ってくれてたんだね。ありがと」
そして、握手気分で一枚頂くわけです。

すっと腰を屈め、手を突き出して、構図もなにも考えないで。
Cマウントレンズのように、ピントを合わせる必要のあるときは、
カメラの液晶は拡大設定になっていて、ピントだけ合わせたら、
即、シャッター!
何百枚も一々構図なんか考えてたら、疲れます。

私は日の丸の旗は大嫌いですが(と又、書かずもがなの一句)、
日の丸構図は大好き。
国旗の影響じゃありません。
中学校の頃、母親の作ってくれた弁当を開けたときの喜び。
私の母はとんでもない位に料理名人だったようです。
毎回違ったプレゼンテーションだったのです。
だから、お弁当も喜び一杯でした。

私の写真は、よくご覧になったら、お分かりでしょう。
いつも主題、主人公は1つで、ど真ん中に居ます。
写真家が絶対に避ける構図だけで楽しんでいます。
構図なんかがたがた考えてたら、
「いいな」という気持ちなんか、消えてしまいます。

トンボを捕る要領です。
狙い澄ませて、じりじりと接近、なんてやってたら、
最後の瞬間にひょいっと逃げられてしまいます。
見つけた途端、無造作にさっと捕虫網を横殴り!
これしかありません。
ロボグラフィも一緒。

なんだ、この人、子供の頃覚えたことだけで生きてる!
馬鹿みたい!
そう思われても、結構です。
事実、そうなんですから。





b0226423_14582640.jpg
b0226423_14582065.jpg
b0226423_1458933.jpg
b0226423_14551741.jpg
b0226423_14551033.jpg
b0226423_1455381.jpg
b0226423_1454924.jpg
b0226423_1454341.jpg
b0226423_14535760.jpg
b0226423_1451714.jpg
b0226423_1450578.jpg
b0226423_1450529.jpg
b0226423_14504661.jpg
b0226423_14504076.jpg
b0226423_1450283.jpg
b0226423_1450851.jpg
b0226423_1450143.jpg
b0226423_14495476.jpg
b0226423_14494923.jpg
b0226423_1449916.jpg
b0226423_1449432.jpg
b0226423_14485363.jpg
b0226423_14484749.jpg
b0226423_14483539.jpg
b0226423_14482932.jpg
b0226423_14482019.jpg
b0226423_14481244.jpg
b0226423_1448342.jpg
b0226423_14474819.jpg
b0226423_14474348.jpg
b0226423_14473737.jpg
b0226423_14472945.jpg
b0226423_14472169.jpg
b0226423_1447832.jpg
b0226423_1447164.jpg
b0226423_1446458.jpg
b0226423_14463542.jpg
b0226423_1446237.jpg
b0226423_14461226.jpg
b0226423_1446110.jpg
b0226423_14455382.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-14 16:26 | PanTachar50/2.3 | Comments(2)

1647 奈良の裏町(スピードパンクロ50㎜F2が奈良船橋町伝いに躍動し)Part 3



私はブログ文の80%をポメラで書いています。
ポメラ
ご存じでしょうか?
超小型ワープロです。

通常のノートパソコン風に液晶画面を引き上げると、
キーボードが姿を現しません。
もう一段右に引き上げると、
それは、裏からキーボードの右半分が出現。
同時に、底部のキーボード左半分が左にスライドして、
両方がピタリと合わさって、小型ノートパソコン風キーボードに。
だから、ブラインドタッチングで入力できます。
文章はテキスト文書として保存されます。
ミニSDカードを媒体として、マックに移すことができます。
ポメラがあれば、「どこでも書斎」というわけです。

書斎のューローもそっくり同じフラップドア式。
横幅1m56cm×奥行き60㎝の天板が下りてきます。
私はコンパクトに畳めるフラップドア式が好きなようです。
ただし、ポメラは超小型。ビューローは超巨大。
隣接するプリンタ収納用小型ビューローの天板を下ろすと、
奥行き1m15㎝×横幅2m10㎝の書斎机となります。

これ以上巨大な書斎机を使っているのは学者先生位でしょう。
まさに分不相応。
でも、人間は小さいけど、気持ちは大きく生きたいものです。
奈良町をほんの1時間ちょっと撮影しただけでも、
たゆまずシャッターを切りますので、230枚撮れて、
90枚選択して、ブログ記事3回分にする、というのですから、
粗製濫造もいい加減にしろと言われそうです。

いわば、東京オリンピックの特例として、
日本はお金が一杯余っているので、
1競技のメダル数は3倍にしちゃいましょう、
つまり、1位から3位までは金メダル、
4位から6位までは銀、7位から9位までは銅メダル上げます。
こんな特例式で写真たちを大盤振る舞いで選んであげているわけです。

スピードパンクロ50㎜F2を使うと、全部ブログにアップしたい、
そんな気持ちにさせられてしまいます。
だから、これでも激しく謙抑しているのだ、
そうお考え頂きたいものです。




b0226423_236610.jpg
b0226423_236061.jpg
b0226423_23554100.jpg
b0226423_2354814.jpg
b0226423_2353541.jpg
b0226423_2352952.jpg
b0226423_2352351.jpg
b0226423_2351688.jpg
b0226423_2351029.jpg
b0226423_235444.jpg
b0226423_2345355.jpg
b0226423_2344659.jpg
b0226423_234407.jpg
b0226423_2343361.jpg
b0226423_2342715.jpg
b0226423_2341969.jpg
b0226423_2341138.jpg
b0226423_23448.jpg
b0226423_2335747.jpg
b0226423_2335098.jpg
b0226423_2334073.jpg
b0226423_2333391.jpg
b0226423_2332675.jpg
b0226423_2331715.jpg
b0226423_2321230.jpg
b0226423_232329.jpg
b0226423_231571.jpg
b0226423_2314895.jpg
b0226423_2314375.jpg
b0226423_2313647.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-11 23:57 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1644 ニューレンズ!(ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5が突然我が家に飛び込んだ!)

9月6日火曜日、
レンズ名人宮崎貞安さんからニューレンズが送られてきました。

    ウルトラワイドペラール17mmF4.5

レンズ構成はたしか4枚玉、とにかくレトロフォーカスです。
ライカMマウントでは、Hologon15mmF8Mと
コシナのスーパーワイドヘリアー2本に続く超広角レンズ。
パンケーキレンズです。
ボディから飛び出した高さが約1cm、
フード付きでも約1.5cmにしかなりません。
目立たないこと、おびただしい。

販売価格は未定ですが、宮崎さんのお話では、
スーパーアンギュロン21mm2本よりもはるかに廉価とのこと。


9月7日水曜日、さっそく奈良の各所で第一回目の試写!
久しぶりに興奮しました。
クラシックレンズも心をときめかせてくれますが、
宮崎さんのレンズも、きわめて単純なレンズ構成、超小型で、
クラシックレンズにも現代レンズにもない、独自の描写力で、
あっと仰天するような写真世界への扉を開いてくれます。

まずは、ホロゴンたちと同様に、
F8パンフォーカス、ノーファインダー撮影です。
第一印象
強烈にシャープです。
私のライカ用超広角たちと同等もしくはもっと。
でも、硬くない!
現代の超広角のような超鮮鋭ではありません。
これで辟易したのが、リコーGレンズの21mm。
あまりにも鋭角的で、色も鮮やか過ぎました。
レンズ改造もできず、乾燥ボックスに転がっています。
もちろんフィルムレンズなので、使えないのも当然ですが、
肉眼を超えているから、使いたいとは思いませんね。
ウルトラワイドペラールは違います。
超精密なのに、柔和な表情を見せてくれます。

今回を含めて、少なくとも3回は試写させていただきます。
2000枚ほども撮れるでしょうか?
本日は527枚の収穫。
ウルトラワイドペラールの実力のほど隅々まで拝見させていただきます!

まずは、25枚、選んでみました。
前半は絞りによる変化のチェック用、
後半はお気に入りのピックアップです。





b0226423_22462944.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22462355.jpg

                           開放F8


b0226423_22455840.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22461123.jpg

                           開放F8



b0226423_22453364.jpg

                           開放F4.5


b0226423_22453364.jpg

                           開放F5.6


b0226423_22452443.jpg

                           開放F8



以下、ランダムの作例です。


b0226423_22445132.jpg
b0226423_22444393.jpg
b0226423_22443461.jpg
b0226423_22434661.jpg
b0226423_22433472.jpg
b0226423_22432563.jpg
b0226423_22431871.jpg
b0226423_2362482.jpg
b0226423_22425987.jpg
b0226423_22425313.jpg
b0226423_22424445.jpg
b0226423_22423750.jpg
b0226423_22422929.jpg
b0226423_22421767.jpg
b0226423_2242883.jpg
b0226423_2242122.jpg
b0226423_22415317.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-07 23:35 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(2)

1638 奈良町(ホロゴン15㎜F8Uが狭い通りが好きな理由お分かりですか?)Part 3


奈良町は、私にとっては、ロボグラフィのホームタウン。
文字通り千回は軽く超えて、各所ピックアップして撮ってきました。
木村伊兵衛にとっての江戸は別格として、
yoshiさんにとっての新潟には格段に劣りますが、
大抵のアマチュアのストリートフォトグラファーには負けないでしょう。
それなのに、ただの素人なのですから、出過ぎた振る舞いかも?

それができたのもレンズたちのお蔭。
多くの写真家はレンズの役割を高く評価していません。
むしろ脚を引っ張る半端者という扱いが普通です。
「どうもこのレンズ、肝心なところでダダをこねるから、困ったものだ」
私はそんな気持ちになったことは一度もありません。
適材適所を心得ているからです。
適切に言い換えますと、「適レンズ、適ロボグラフィ」
人間にも、ですが、レンズにも、
その能力を超えた貢献も求めるなんて、
勝手がすぎます。

でも、ホロゴンだけは違います。
いつも、こちらが期待する限界を軽く突破してくれます。
何枚枚も撮ってきたのに、まだホロゴンの限界が分からない。
今回の何枚か、そんな破格のプレゼントが混じっています。
あなたにはなんでもない、ただの写真かも知れませんが、
私には、それが分かります。





b0226423_23201010.jpg
b0226423_23195961.jpg
b0226423_23195345.jpg
b0226423_23194548.jpg
b0226423_23193767.jpg
b0226423_23192835.jpg
b0226423_23191973.jpg
b0226423_23191243.jpg
b0226423_231938.jpg
b0226423_23185584.jpg
b0226423_23184963.jpg
b0226423_23183869.jpg
b0226423_23182955.jpg
b0226423_23181995.jpg
b0226423_23181333.jpg
b0226423_2318682.jpg
b0226423_23175996.jpg
b0226423_23175297.jpg
b0226423_23174560.jpg
b0226423_23173937.jpg
b0226423_23173163.jpg
b0226423_23172285.jpg
b0226423_23171416.jpg
b0226423_2317771.jpg
b0226423_23165916.jpg
b0226423_23165193.jpg
b0226423_23164470.jpg
b0226423_23163782.jpg
b0226423_23163040.jpg
b0226423_23162423.jpg
b0226423_231617100.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-01 23:14 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1637 奈良町(ホロゴン15㎜F8Uが狭い通りが好きな理由お分かりですか?)Part 2

私はホロゴン15㎜F8Uをソニーα7に付けています。
ウェストレベルに両手または片手でホールドしながら、
ノーファインダーでシャッターを切る、これが私の撮り方です。
このレンズをカメラボディから取りだしてもらう以前、
ホロゴンウルトラワイドとして撮影していた時代から一貫しています。

ソニーα7の液晶画面は90度開くことができます。
この液晶を覗けば、どんな写りになるか、ある程度分かります。
でも、そんな撮り方はよほどのことがない限り、いたしません。
野球のキャッチャーは投手の玉を手元まで見続けますか?
視線は前方に据えたまま、捕球しますね。
私はほとんど見たことがないので、確かなことは言えませんが、
サッカー選手、シュートするとき、玉を見ながら蹴るでしょうか?
ゴールの状況を見極めるために、目は前方を見据えているのでは?

とくに、すれ違いながら、人を撮るときなど、
私の頭は別方向に回り、視線は遠くを見ています。
数十㎝ほどの距離ですれ違い様、
腰のホロゴンだけがその人に向きます。
ミットとボールの関係と一緒ですね。

人ではない、路傍の点景を撮るときは、
視線はそのものを上から見据え、
手の先のホロゴンだけが数十㎝下でそのものと正対します。
こんな風にすべてノーファインダーで撮るのですが、
その瞬間、どんな風に撮れるだろうか、必ず心の中で思い描きます。

たとえば、網の向こうに建物がほの見えるシーンの2枚、
私はその前に撮った前面の網の隙間から、
ホロゴンを持つ右手を差し入れ、
その網に直交する右側面の網を撮ったのです。
一枚目を撮ったとき、網とホロゴンとが平行になっていないので、
網が奥に向かって退行して行く感じに撮れるだろう、
そう感じて、できるだけ右手を伸ばして、
ホロゴンが網に平行になるように調節して、撮りました。
どんな風に撮れるか分からないけど、安定するだろう、
そう予測したのですが、どうやらここでは成功したようです。

この20年間にフィルム何千本分か、ホロゴンで撮りましたが、
おあいにく様、予想が結果にぴたり一致したことはありません。
いつも予想外の写真をプレゼントしてくれます。
でも、予想をすることはやめません。
それだけ楽しさが増すからです。
いわば、ホロゴンと私のかくれんぼ遊びのようなものです。

写真家は作品としてプリントするとき、
撮影時のコンセプトにできるだけ近づけるように修正するでしょう。
私は、ホロゴンの意見を尊重し、ソフトで加工したりせず、
ただ、私の写真全部に共通する濃度に揃えるだけ。

他のすべてのレンズでも同様です。
私自身が、私のレンズたちの遊ぶのを眺めて、悦にいる、
そんなスタンス。
私が最初の鑑賞者であり、唯一の賛美者であることが、
私の生き甲斐であり、誇りであるのです。






b0226423_1622715.jpg
b0226423_1622076.jpg
b0226423_1621276.jpg
b0226423_1604320.jpg
b0226423_1603676.jpg
b0226423_1603022.jpg
b0226423_1602487.jpg
b0226423_1601730.jpg
b0226423_1601156.jpg
b0226423_160450.jpg
b0226423_15595756.jpg
b0226423_15595128.jpg
b0226423_15594562.jpg
b0226423_15593890.jpg
b0226423_15593123.jpg
b0226423_15592352.jpg
b0226423_15591652.jpg
b0226423_15591069.jpg
b0226423_1559372.jpg
b0226423_15585134.jpg
b0226423_15584490.jpg
b0226423_15583857.jpg
b0226423_15583247.jpg
b0226423_15582531.jpg
b0226423_15581936.jpg
b0226423_15581337.jpg
b0226423_1558641.jpg
b0226423_1558097.jpg
b0226423_15575465.jpg
b0226423_15574755.jpg
b0226423_15563162.jpg
b0226423_155479.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-30 15:57 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1636 奈良町(ホロゴン15㎜F8Uが狭い通りが好きな理由お分かりですか?)Part 2


同じ場所に並んで立った二人が同じ方向を見たとき、
同じものを見るとは限りません。
誰も目の前の光景のすべてを認識することはできません。
私たちは目についたもの、見たいものだけを見て、満足します。

いや、私は観察力が鋭いので、重要なものはすべてしっかり見た、
そう豪語する人もおいでになるでしょう。
でも、そうじゃないことを示す挿話があります。

ベルグソンが書いていました。
パリの透視術の名人がどうやって息子を後継者に育てたか?

パリの繁華街の様々な店の前を歩いて行きます。
パリやロンドンの店をご覧になったことがありますか?
間口が狭いのです。
入り口も狭い。
その開いた入り口から入ると、奥が深いのです。
ときには迷路のように入り組んでいます。
通りすぎると、息子は父親になにがあったか列挙します。
父親は息子が見なかったものを列挙します。
最初はほんの数個しか見ることができない息子が、
こうして訓練される内に視認できる限り全部記憶するようになります。

その後、興行のときに使う箱で訓練します。
透視と言いつつ、実はほんの一瞬だけ、中を見せるのです。
文字通り一瞬なのに、中身を完璧に視認できるようになります。

苦しい訓練です。
なぜ、そんなことをするか?
人間は視野のすべてを認識できるようにはできていないからです。
生きるために必要なもの、生きるために危険なものを
とっさに選択して視認するわけでもありません。
とにかく視認能力、知能に応じて、
ただ見えたものをランダムに認識する、それが人間です。

視覚は一度にたった1点の注意点を認識するだけなのです。
時間の許す限り、走査線のように、ざっと注意点を移動させ、
認識できなかった部分は脳が過去の経験に応じて補完して、
視覚像を完成させます。

クレタ島のクノッソスの遺跡をご覧になったことがありますか?
発掘者エヴァンスが運動する若い女性の壁画を復元しています。
実際に発掘されたオリジナルの破片以外は推定です。
そのオリジナルがおっそろしく少ないのです。
この数個の破片からどうしてこの美女が復元できたの?
私は今以てそれが分かりません。
エヴァンスの独自の透視術なのでしょう。

私も、とりわけ注意力の散漫な人間なので、
ホロゴンで撮るとき、見て、記憶しているのはエヴァンス並み、
もしくは以下の1個所もしくはせいぜい数カ所だけ。
ところが、レンズは見えたもの全部を能力の許す限り認識できます。
つまり、ホロゴン写真は私の認識を遙かに超える細部に満ちている。
このギャップが生み出す予想外の印象、
私が注目したいわば主人公と、私が見過ごした脇役たちが、
どう絡み合って、どんなドラマを生み出してくれるかが醍醐味なのです。

でも、私以外の人は、現場を見たわけではないので、
ただ、雑多なものが写った写真がそこにあるだけ、
なんだ、何を撮ったか分からない、詰まらないということになります。

以上が、私がいつも書いている「写真を撮ったのは私でない。
カメラとレンズだ。だから、私はこれを作品とは呼ばない」
という言葉の意味がここにあります。

他の人も同じことをしているのです。
だから、どんなに詰まらないと見える写真も、撮影者の心を震わせる、
つまり、写真は表現だと言いますが、
その向こう、どんづまりの究極にあるものはプライベートな関係性であり、
撮影者と写真との関係の本質はそこにある、そう私は思っています。

だから、あなたに、ここに並ぶ写真たちをちゃんと評価してください、
なんて言うつもりはありません。
ほっといてください。
ただ、それだけ。





b0226423_23402039.jpg
b0226423_23401357.jpg
b0226423_2340643.jpg
b0226423_23395937.jpg
b0226423_23395173.jpg
b0226423_23394572.jpg
b0226423_23393850.jpg
b0226423_23393168.jpg
b0226423_23391670.jpg
b0226423_233989.jpg
b0226423_2339220.jpg
b0226423_2338562.jpg
b0226423_23384931.jpg
b0226423_23384242.jpg
b0226423_23383541.jpg
b0226423_23382243.jpg
b0226423_23381451.jpg
b0226423_2338727.jpg
b0226423_2338137.jpg
b0226423_23375531.jpg
b0226423_23374887.jpg
b0226423_2337427.jpg
b0226423_23364118.jpg
b0226423_2335578.jpg
b0226423_23322784.jpg
b0226423_23321824.jpg
b0226423_23321379.jpg
b0226423_2332714.jpg
b0226423_2332184.jpg
b0226423_23315530.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-29 23:36 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1635 奈良町(ホロゴン15㎜F8Uが狭い通りが好きな理由お分かりですか?)Part 1


7月29日、ちょっと用があって、近鉄奈良駅まで出かけました。
ソニーα7にホロゴン15㎜F8Uを付けていました。
用は簡単に済み、いつものとおり自由時間。
さあ、ホロゴン君、君が好きなように歌ってみたまえ。
40分程度でしたか?
161枚撮影しました。

感じたらシャッター、感じたらシャッター、
そんな感じで歩きながら撮れるのですから、楽なものです。
139枚選択しました。
量的には「わが友ホロゴン」で扱うべきでしょうけど、
かなり軽い気持ちで撮っているので、
本ブログで、ホロゴンの作例として採り上げることにしました。

ここまで文章を書いたところで、用ができて、階下に下りました。
すると、まさに折よく、洗濯機が鳴りました。
乾燥だけ残して一旦停止する設定にしてあります。
自然乾燥させたいものを取り出して、
ハンガーにセットして、浴室の2本のポールに吊るしてから、
乾燥を起動します。
退職後の男性諸君、こんなことができますか?
フフフ、
私は家事全般できないことはほとんどありませんね。
でも、家事全般がそうなのですが、洗濯もかなり手間がかかります。
洗濯機に放り込んだら、はい、作業完了、なんてことはありません。
しわくちゃの仕上がり、衣類の痛みを気にしなければ、それでどうぞ。
でも、なけなしの年金で生きていかなければならないのです。
万事、持ち良く保つように丁寧に、大切に家事はいたしましょう

自然乾燥させるTシャツなどは、表面を痛めないように、
すべて裏返して洗濯します。
これを全部表に返し、空中でパンパンとはたき、引っぱり、
しっかりとした張りを回復してハンガーに掛けます。
かなり時間がかかります。
でも、まったく気にせず、以前よりも遥かに丁寧になりました。
時間を急いで、なにかをするという必要性が感じられない。

在職中なら、何事も急げ、急げでした。
あれもしたい、これもしたい、これはと思うものは立派に仕上げたい、
そう考えると、雑用は手間をいたづらにかけさせられる半端仕事でした。

でも、今では、そのようないわば自己を確立し、主張する必要がない。
すると、どんな仕事も軽重がなくなりました。
人に向かって自分をプレゼンしたいという動機が乏しい人間だったので、
余計に、自分のやることすべてが自分のためなので、
軽重など消えてしまった感じがします。
なにをするにしても、一瞬一瞬大事にやっていきたい、
そんな気持ちがいつしか私の中にしっかりと定着したようです。

写真もそうです。
この一枚、この傑作で優れた写真家だと証明したい、
そんな気持ちなど、この20年、ほとんどなかったのですが
今はすっかり完全に雲散霧消してしまったという感じ。
どうやらホロゴンというレンズのおかげのようです。
私の撮るホロゴン写真は最初の最初から、あまりにも異様なので、
誰も、文字通り、誰も私のホロゴン写真を受け入れませんでした。
最初は戸惑いましたが、そのうち、ハッと気付きました。
そうだ、これでよいのだ。

私は最初から基本的には自分一人のために撮ってきたんだけど、
人に評価されるのも心地よく感じていました。
でも、そんな他人の視線、評価を撮影時に意識してしまうことも。
これが邪魔でした。
せっかく評価してもらっても、
評価したご本人は数分後には私の写真など忘れてしまいます。
そんな評価を気にして何になる?
そう気付いたとき、私は自由になりました。

その後、幾度も友人たちと写真展を楽しみましたが、
これは写真展ごっこ。
その後も人に写真を見せますが、好評を得ることがあっても、
私はまったく動じなくなってしまいました。
そう、私は自分の写真を自分ひとりだけで楽しめるようになったのです。

そんな一人遊び写真を並べてみましょう。
4回に収めたいので、各回40枚限度でご覧頂きましょう。





b0226423_14345988.jpg
b0226423_1434525.jpg
b0226423_14344371.jpg
b0226423_14343632.jpg
b0226423_14342796.jpg
b0226423_14342024.jpg
b0226423_14341471.jpg
b0226423_1434856.jpg
b0226423_14335490.jpg
b0226423_14334887.jpg
b0226423_14334229.jpg
b0226423_14333486.jpg
b0226423_14332795.jpg
b0226423_14332193.jpg
b0226423_14331532.jpg
b0226423_1433949.jpg
b0226423_14325590.jpg
b0226423_14324981.jpg
b0226423_14324397.jpg
b0226423_14323637.jpg
b0226423_14322366.jpg
b0226423_14321721.jpg
b0226423_14321074.jpg
b0226423_1432370.jpg
b0226423_14315646.jpg
b0226423_14315094.jpg
b0226423_14314328.jpg
b0226423_1431354.jpg
b0226423_14312953.jpg
b0226423_14312224.jpg
b0226423_14311638.jpg
b0226423_143151.jpg
b0226423_14305930.jpg
b0226423_14305137.jpg
b0226423_1430449.jpg
b0226423_14303749.jpg
b0226423_14303039.jpg
b0226423_14302365.jpg
b0226423_14301551.jpg
b0226423_1430915.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-28 15:21 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1558 落花狼藉(エンラージングアナスチグマート50㎜は奈良町で開花した)



ダルメイヤーの引き伸ばし用レンズ、
エンラージングアナスチグマート50㎜F3.5は、
私にとっては、信じがたいほどの名玉。
平面性が命の引き伸ばし用レンズなのに、
この立体感、生命感はなんだろう?
撮る度に、驚嘆せざるを得ません。

覆面の暗闇の影にひっそり生きてきた黒子が、
覆面を取って、明るく脚光を浴びたとき、
ああ、なんということだ、絶世の美女だった、
そんな感じ。

そう言ったら、大げさ、と思う方がほとんどでしょうね。
でも、私にはこんな描写が美しいと思えるのです。




b0226423_055892.jpg
b0226423_055275.jpg
b0226423_054788.jpg
b0226423_053834.jpg
b0226423_053396.jpg
b0226423_052715.jpg
b0226423_051380.jpg
b0226423_05744.jpg
b0226423_05113.jpg
b0226423_045590.jpg
b0226423_044971.jpg
b0226423_043444.jpg
b0226423_042981.jpg
b0226423_042326.jpg
b0226423_041533.jpg
b0226423_04871.jpg
b0226423_04255.jpg
b0226423_034957.jpg
b0226423_034239.jpg
b0226423_033612.jpg
b0226423_033084.jpg
b0226423_032467.jpg
b0226423_031236.jpg
b0226423_03745.jpg
b0226423_03267.jpg
b0226423_025774.jpg
b0226423_025119.jpg
b0226423_024551.jpg
b0226423_023845.jpg
b0226423_023156.jpg
b0226423_022585.jpg
b0226423_021655.jpg
b0226423_02526.jpg
b0226423_015530.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-12 23:58 | Enlarg.Anastigmat50 | Comments(0)

1547 奈良町(スーパーアンギュロン21㎜F3.4には名剣の切れ味があるようだ)Part 2



前回のスーパーアンギュロン21㎜F3.4の写真をご覧になって、
どんな風にお感じになったでしょうか?

惚れ惚れするほどに颯爽たる描写をしてくれるレンズですね。
さっとイメージがよぎりました。
佐々木小次郎の燕返し!
そんな鮮やかさを感じませんか?

折よく、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
葛城古道のホロゴン写真が連載中。
見比べてみました。
ホロゴンの方にはそのような鮮烈さ切れ味はありません。

巌流島の決闘のときの武蔵を思い出しました。
本当かどうか、知りませんが、
武蔵の武器は、船の櫂を削って作った木刀でした。
決闘の詳細については諸説紛々のようですが、
武蔵が勝って、小次郎が命を失ったことは間違いがないようです。
でも、勝因は武器の違いにではなく、
あくまでも剣士としての力量の違いにあったのでしょう。

ということは、スーパーアンギュロンとホロゴンの決闘も、
結局は撮影者の技能がものを言うことになりそうですね。
こんな風に楽しみに書いてきましたが、
私はこの超広角レンズの横綱たちを争わせるつもりはありません。
ホロゴン好みはそれとして、
スーパーアンギュロンの鮮烈な描写も楽しませて頂きましょう。

残り写真を掲載しますが、
一枚目は前回掲載漏れの阿修羅さんです。
こんな風に祈りたいものですね。





b0226423_13494691.jpg
b0226423_13493772.jpg
b0226423_1346487.jpg
b0226423_13455840.jpg
b0226423_13455291.jpg
b0226423_13454375.jpg
b0226423_13453841.jpg
b0226423_13453260.jpg
b0226423_13452650.jpg
b0226423_13451892.jpg
b0226423_13451123.jpg
b0226423_1345447.jpg
b0226423_1344586.jpg
b0226423_13445251.jpg
b0226423_13444786.jpg
b0226423_13444144.jpg
b0226423_1344358.jpg
b0226423_13442997.jpg
b0226423_13442380.jpg
b0226423_13441720.jpg
b0226423_13441081.jpg
b0226423_1344483.jpg
b0226423_13435790.jpg
b0226423_13435224.jpg
b0226423_13434791.jpg
b0226423_13434097.jpg
b0226423_13433556.jpg
b0226423_13432945.jpg
b0226423_1343224.jpg
b0226423_1343166.jpg
b0226423_13431041.jpg
b0226423_1343476.jpg
b0226423_1342578.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-30 13:56 | SuperAngulon21/3.4 | Comments(2)