レンズ千夜一夜

タグ:奈良御所葛城古道 ( 3 ) タグの人気記事

1440 ただの袋(マクロスイター26㎜F1.1もやっぱりメタモルレンズ)



葛城古道で撮った写真を今別ブログ「わが友ホロゴン」で掲載中ですが、
その一枚を見た途端、感じました、
本ブログでもフィーチャーしたい。

現代レンズの特質を概括すると、「超リアリティ」と言えそうです。
肉眼では絶対にそうは見えないほどに、リアリティを高める方向。
もちろん、これは私の視力、眼力を標準にしての印象。
もしかすると、若い人たちの目には、
デジタルレンズの画像そのままが見えているのかも知れません。

私がクラシックレンズに求める特質は違います。
メタモルフォーゼこそそれなのですが、
いわば「化身性」とでも名付けたくなるような、独特の変容。

葛城古道でも、それが起こりました。
ケルンのレンズは堂々たる厚みでの再現性に特徴があって、
キノプラズマートのようなメタモルフォーゼ創造のレンズではないのですが、
ただの肥料袋からなぜかオーラが立ち上るようです。
F1.1の超大口径レンズの魔術なのでしょうか?




b0226423_2222582.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-26 22:23 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1434 九品寺(マクロスイター26㎜F1.1は九品寺の大瓦屋根をバックコーラスにしてしまい)


ケルンの映画用レンズ、マクロスイター26㎜F1.1を使い度に感じることは、
これがF1.1の超大口径だなんて、信じられないということ。

このような超大口径レンズの場合に限りませんが、
もっとも画質が向上するのは2、3段絞ったあたりだと言われています。
写真家なら、使用レンズの最高の画質を使いたいと思うのは当然です。

でも、私のように、なんでもないものを撮って、
そこに玄妙な味わいを求めたい向きには、
レンズの欠陥、弱点が総出演する開放に賭けたい。
それでこそ、予測不能の楽しみを味わえるのですから。

葛城古道の醍醐味の一つが九品寺。
その石仏群もさることながら、私の好みは本堂の大屋根。
裏山の石仏群に上るつづれ織り道が本堂の裏を上っていきます。
おかげで、大屋根と対等に向かい合える稀な位置に恵まれます。

マクロスイターのような超大口径レンズの場合、
大屋根そのもののディテールを狙うなんて、宝の持ち腐れです。
大屋根を脇役にして、圧倒的な存在感を霞ませてしまう。
それができるのがこのレンズの楽しさですね。
その秘訣は、F1.1の大口径なのに、ぐっとシャープであること。
主人公がきりっとしているからこそ、
大屋根という存在感豊かな脇役さえぼけてくれます。




b0226423_10332814.jpg
b0226423_10432547.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-20 10:43 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1426 懐かしの石仏(久しぶりの葛城古道にはマクロスター26㎜F1.1が似合う)



10月10日土曜日、
何年ぶりかで、葛城古道を歩いてきました。
ホロゴン15㎜F8Uのサブとして、
マクロスター26㎜F1.1を持ち出しました。
成功でした。
F1.1の開放が懐かしさをそのまま写し出してくれました。
私も歳をとりましたが、石仏もやっぱり.................




b0226423_23215458.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-11 23:27 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)