レンズ千夜一夜

タグ:奈良バス停 ( 23 ) タグの人気記事

1855 バス道(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)4-完-



今日は久しぶりに東大寺に行ってきました。
昨日の墓参に引き続き、炎天下の3時間でした。
もっとも1時間は東大寺内で撮影しました。
その顛末は別ブログ「わが友ホロゴン」で書きます。

私がここで特記したいことは別のこと。
昨日も今日も、キャップ一つを日よけとして、
炎天下、歩き回りました。
でも、熱射病にも熱中症にもならず、疲れも残らず。
その秘訣を是非お勧めしたいのです。

実に簡単。
水をたっぷり飲み、塩あめを口に絶えず放り込んで、
塩分を補給する、ただそれだけ。

ただし、驚くのは、海外の人たち。
中国人と韓国人がもう一杯。
そして、ヨーロッパ、アメリカの人たちも、
誰も彼も、ほとんど帽子などかぶらず、元気一杯。
水は飲んでも、塩あめなんか舐めないでしょうね。

でも、彼らに負けない日本人も沢山いるようです。
ほとんどすべて若い女性たち。

太刀打ちできませんね。






b0226423_22433819.jpg
b0226423_22435127.jpg
b0226423_22440002.jpg
b0226423_22441607.jpg
b0226423_22442338.jpg
b0226423_22443377.jpg
b0226423_22443966.jpg
b0226423_22444584.jpg
b0226423_22445194.jpg
b0226423_22445894.jpg
b0226423_22450411.jpg
b0226423_22451233.jpg
b0226423_22451995.jpg
b0226423_22452875.jpg
b0226423_22453762.jpg
b0226423_22454485.jpg
b0226423_22455130.jpg
b0226423_22460194.jpg
b0226423_22463394.jpg
b0226423_22464198.jpg
b0226423_22464647.jpg
b0226423_22465595.jpg
b0226423_22470534.jpg
b0226423_22471209.jpg
b0226423_22471979.jpg
b0226423_22472638.jpg
b0226423_22473384.jpg
b0226423_22474002.jpg
b0226423_22474902.jpg
b0226423_22481282.jpg
b0226423_22482260.jpg
b0226423_22483099.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-10 22:52 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1774 診療所(木曜日の点滴からの帰り、ペラール24mmF4が活き活きと)



4月20日木曜日、リコーGXRに付けたのは、
スーパーワイドトリプレットペラール21㎜F4.5
2014年5月に使い始めた宮崎さんの広角レンズです。

本体は、ペラール24㎜と本質的に同型で、
平たい円盤で、実にシンプル。
その中央にフード付きレンズユニットが立ち上がり、
その周辺に4つの同心円状のリングが仕切られています。
その2番目が絞り、4番目が距離表示部。
1番目と3番目が可動リングで、
1番目で絞りを、3番目で距離を設定します。
見事なデザインです。

レンズ径は約5㎜、豆粒みたいな大きさですが、
高性能です。
リコーGR21㎜は厚みのある描写でしたが、
私には堪え難いほどの濃厚カラー。
とても使用に耐えませんでしたが、
ペラール21㎜F4.5は中庸を得た発色とシャープネス。
超小型なので、ストリートフォトには最適。

肺炎の抗生物質点滴を受けてから、
近くのお弁当屋でおいしいお弁当を手に入れ、
我が家の近くのバス停に着く、
運行量最低の過疎地行きバスにも間に合い、
バス停に下り立ってから我が家までの300メートル。
いつものロボグラフィです。




b0226423_153644.jpg
b0226423_15355796.jpg
b0226423_15355136.jpg
b0226423_15354496.jpg
b0226423_15353781.jpg
b0226423_15353081.jpg
b0226423_15352487.jpg
b0226423_1535172.jpg
b0226423_15351037.jpg
b0226423_1535475.jpg
b0226423_15345724.jpg
b0226423_15341389.jpg
b0226423_15335370.jpg
b0226423_15334384.jpg
b0226423_15333583.jpg
b0226423_15332792.jpg
b0226423_15332033.jpg
b0226423_15331299.jpg
b0226423_1533693.jpg
b0226423_15325713.jpg
b0226423_1532521.jpg
b0226423_15324446.jpg
b0226423_15323717.jpg
b0226423_15323025.jpg
b0226423_15322434.jpg
b0226423_15321842.jpg
b0226423_15321193.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-22 15:37 | Peral21/4.5 | Comments(0)

1748 バス停まで(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が初陣に出撃)


二三記事が貯まっていますが、中断。
宮崎貞安さんのニューレンズの写り具合を確かめる作業に取りかかります。

ホロゴン主体の私にとって、100ミリを超える望遠レンズは久しぶり。
こう見えても、30年前はオリンピアゾナー180㎜F2.8をメインに、
大砲のように太い約1キロの望遠レンズ専科でブイブイ言わせていた!
かどうかは分かりませんが、
とにかく出撃するときは、こればかり使っていました。
コンタックスRTSⅡに付けると、とてもバランスが良かったのです。

そんな望遠人がいきなり、でもないかも知れませんが、
ホロゴンウルトラワイド命と、写真人生を完全に回れ右したわけです。
それから20年余のホロゴン人生を経て、
また魅惑の望遠レンズに出会ってしまいました。

   フローライトアポクロマート135㎜F2.4

オリンピアゾナーのような大筒ではありません。
左手にしっくり収まり、長さも大げさではありません。
さりげなくロボグラフィに使える道具レンズ。

わざわざバス時刻よりも20分早めに出発し、
大回りして、神社の神域を通るルートで試し撮り。
まず、その結果からごらん頂きましょう。
今回の試写のほとんど全部が開放描写だけでしょう。
絞り設定のピンが付いていなかったので。





b0226423_11562395.jpg
b0226423_11561695.jpg
b0226423_1156589.jpg
b0226423_115558100.jpg
b0226423_11555167.jpg
b0226423_11552944.jpg
b0226423_11551972.jpg
b0226423_1155625.jpg
b0226423_11545788.jpg
b0226423_11545026.jpg
b0226423_11544499.jpg
b0226423_11543837.jpg
b0226423_11543094.jpg
b0226423_11542462.jpg
b0226423_11541788.jpg
b0226423_11541046.jpg
b0226423_115436.jpg
b0226423_11535658.jpg
b0226423_11534876.jpg
b0226423_11534129.jpg
b0226423_11533450.jpg
b0226423_11532879.jpg
b0226423_11532282.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-03 11:57 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1732 バス停まで(キノプラズマート19㎜F1.5持って図書館まで)

最近図書館で本を借り始めました。
図書館に昼寝に行っているのではありません。
調べたい本があったので、通うようになりました。

意外に楽しい本が見付かります。
資力が乏しいので、片端から買い込むわけには参りません。
ついでに撮影も楽しめます。
運動にもなります。
一石三鳥。

キノプラズマート19㎜F1.5をバッグに入れました。
オリンパスEP-L1に付けると、かなり高級感のあるセットです。

バス停まででもうロボグラフィがどっさりました。
水脈を見つけるために、二股棒を両手で握って砂漠を歩く、
そんなシーンを昔良く見ました。
それですね。
良いレンズを持つと、楽しいロボグラフィがどんどん見付かります。

道中10分の間に33出会いましたが、
その中から28枚、いつものように厳選して並べてみましょう。






b0226423_2314239.jpg
b0226423_23134896.jpg
b0226423_23134221.jpg
b0226423_2313365.jpg
b0226423_23132948.jpg
b0226423_23132269.jpg
b0226423_23131524.jpg
b0226423_23125236.jpg
b0226423_23124541.jpg
b0226423_23123780.jpg
b0226423_23122941.jpg
b0226423_23122322.jpg
b0226423_23121633.jpg
b0226423_2312923.jpg
b0226423_2312168.jpg
b0226423_23115574.jpg
b0226423_23114694.jpg
b0226423_23113974.jpg
b0226423_23113236.jpg
b0226423_23112547.jpg
b0226423_23111799.jpg
b0226423_231183.jpg
b0226423_2311124.jpg
b0226423_23105367.jpg
b0226423_23104645.jpg
b0226423_2310389.jpg
b0226423_23103299.jpg
b0226423_23102548.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-09 23:58 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1729 雨のバス停(田舎のバス停辺りをズミルックス35㎜F1.4でちょいと)

私のロボグラフィは、家を出た瞬間に始まります。
「男は家を出たら7人の敵がいる」なんて言葉がありますが、
「ホロゴン家を出たら700のロボグラフィがいる」というわけです。

バスが来るまでの町時間が3分ほど。
その間とバスに乗車してから30秒後に撮った写真をご覧下さい。
奈良町撮影分は後日「わが友ホロゴン」でごらん頂くとして、
ひさしぶりのズミルックス35㎜F1.4の路傍写真をアップしましょう。

ソニーα7に付けて、全部開放で撮りました。
かなり相性の良いセット、という感じ。
「出っコマ、引っコマ」の名句で有名な第1世代ですが、
デジタルカメラに付けると、普通の大口径開放写真という感じ。

でも、さすがにズミルックス35㎜F1.4。
生き生きとした雰囲気が浮き上がってきます。
撮影者の気分そのものでもありますが。






b0226423_2374271.jpg
b0226423_2373212.jpg
b0226423_2372454.jpg
b0226423_2371693.jpg
b0226423_237958.jpg
b0226423_237257.jpg
b0226423_236549.jpg
b0226423_2364532.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-04 23:08 | Summilux35/1.4 | Comments(0)

1657 雨のバス道②(アポクアリア28mmF2で雨に濡れたバス停道にご挨拶)



宮崎貞安さんから、またニューレンズ!
ウルトラワイドペラール17.8mmF4.5も大胆な挑戦でしたが、
今度はオーソドクス路線とは言え、
まさに夢のレンズ!
ライカMマウントレンズでありながら、大口径を実現しました。

    アポクアリア28mmF2

すでにコシナ・フォクトレンダーに同スペックのレンズがあります。
でも、こちらは長さ5.5cm、重さ245gですから、かなり大振り。
使ったことはありませんが、きっと立派に撮れるでしょう。
アポクアリアは、概測ですが、長さは8㎜、フード込みで12㎜、
重さは50gしかない、まさにパンケーキレンズ。
でも、大口径なので、径約12mmの前玉がぎらりと輝きます。

確か4群6枚のガウスタイプのレトロフォーカスとお聴きしました。
それなのに、こんなにコンパクト。
ソニーα7やライカM9に付けると、実にさりげない。
フジX-Pro1に付けると、ほぼ40mmの準標準としても使えます。

10月2日、大阪府岸和田市に出かけました。
我が家からバス停までの約200m、
約5分の間に撮った18枚をご覧いただきましょう。
全部F2開放です。
さすがに大口径です。

昔、コンタレックスのディスタゴン28mmF2がありました。
望遠風に長筒のかなり楽しい形状の28mmでした。
コンタックスのディスタゴン15mmF4.5とこの28mm、
どちらも、開いても絞っても、ピントがどこかずれて、柔らか一方。
雑誌の作例をその後拝見して、実はどちらも開放からドンピシャリ。
つまり、私が手に入れたのは、どちらもどうやら不良品だったらしく、
完全に不運な出会いでした。

このアポクアリア28mmF2との出会いは?
最高!
なぜか、ライカ系もツァイス系も、
ホロゴン2本を含めて、ソニーα7で使うとかなり寒色に傾きます。
ところが、アポクアリアはかなり暖色系。
線はかなり細い、だけど、立体感があります。
これは使いたくなるレンズ。





b0226423_23375145.jpg
b0226423_23374487.jpg
b0226423_23373850.jpg
b0226423_23373275.jpg
b0226423_23372468.jpg
b0226423_23371857.jpg
b0226423_2337917.jpg
b0226423_2337347.jpg
b0226423_23365687.jpg
b0226423_23364860.jpg
b0226423_23364118.jpg
b0226423_23363453.jpg
b0226423_23362839.jpg
b0226423_23362098.jpg
b0226423_23361485.jpg
b0226423_2336859.jpg
b0226423_2336046.jpg
b0226423_23355232.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-02 23:39 | Apoquaria28/2 | Comments(0)

1577 バス停まで(ズマロン35㎜F3.5はしっとり系レンズの白眉)


ツァイスとライカは35㎜カメラ用レンズの歴史における双璧、
そう言うことができそうです。
そんなライバル関係を記録した論述を見たことはないので、
ただの想像ですが、
ツァイスは、ライカレンズを恐るるに足らずと軽視し、
ライカは、ツァイスレンズをいつか凌駕してやるぞ、と、
敵愾心を燃やしていたのかも知れません。

両社のレンズの性格を簡単に各1文字で表現せよ、
そんな宿題を与えられたとしたら、どう答えますか?
私にはこう思えます。

    ライカレンズは柔
    ツァイスレンズは剛

ライカレンズの中でも、ライカの特質をよく体現しているレンズが、
戦後まもなく発売されたズマロン35㎜F3.5でした。
でも、ライカは結局、ズマロンではツァイスと戦えないと思って、
ズマロンの後継、ズミクロン35㎜F2を開発したのかも知れません。
その直後にツァイスはディスタゴン35㎜F4を出しました。
超ど級一眼レフコンタレックス用レンズでしたが、
ツァイスの伝統を受け継ぐ、比類のない剛のレンズでした。
コンタレックスが余りにも高価な機種であったために、
結局、コンタレックスは日本の一眼レフに敗北を喫してしまいます。
そのお蔭で、ディスタゴン35㎜F4はズミクロンに遅れをとり、
知る人ぞ知る、かなりマイナーなレンズになってしまいました。

そんなレンズ史の激闘の中で、とくにズミクロンの存在ゆえに、
かなりおとなしい性格のズマロンはあおりを食って、
本来得るべき名声を得ることなく終わったのかも知れません。
でも、使う度に思います。
ズミクロンよりずっと気品と優雅さを備えたレンズなんだけどなあ。

5月6日、このレンズを持ち出しました。
Rieさんがズマロンを手に入れたとコメントしてくださったので、
私も久しぶりに持ち出して大阪日本橋界隈を一巡したのです。

その朝、我が家からバス停までのいつもの田舎道を撮りました。
始点から1つ目のバス停なので、
奈良交通のバスはかなり精確に到着します。
余裕はせいぜい3、4分。
歩きながら、手当たり次第ズマロンで撮ってみました。
私にはとても美しい描写と思えるのですが.....

ただし、最後の3枚は近鉄奈良駅のポスター。
こんな渓流がバス停までの道にあったら、
私も、ロボグラフィトではなくて、
風景写真家になっていたかも知れませんね。
と言うのは、冗談。
渓流写真はとても美しい写真です。
でも、私は絶対に撮りません。
どこにもメタモルフォーゼが入り込む余地がないからです。
でも、ロボグラフィとしてなら、こうして撮ります。
この4行をあなたは理解し、容認することができますか?
できないでしょうね。
つまり、あなたは私と同類ではない、ということ。






b0226423_22374293.jpg
b0226423_2237361.jpg
b0226423_22373124.jpg
b0226423_22372453.jpg
b0226423_22371846.jpg
b0226423_22371285.jpg
b0226423_2237680.jpg
b0226423_22365988.jpg
b0226423_22365217.jpg
b0226423_22364436.jpg
b0226423_22363793.jpg
b0226423_22363092.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-11 22:48 | Comments(0)

1564 バス道(久しぶりに登場したトリプルアナスチグマート15mmF2.9は貫禄で)



私がもっているレンズ中一番小さなのが、
ダルメイヤーの逸品Cマウントレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
4月16日、このレンズを持ち出しました。

ザ・シンフォニーホールでの諏訪内晶子さんのコンサートです。
いつもの撮影用バッグを持ち出すわけにはまいりません。
小型のバッグにしたので、普通ならカメラなど持ち出さない。
でも、私はカメラが手元にないと、どうも落ち着きません。
そんなときに限って、ああ、これを撮りたい、
そんなものに遭遇するからです。
要するに、カメラを持っても持たなくても、
ロボグラフィを見つけてしまうのですから。
私のものの見方になってしまっているのでしょう。
こんなときには、一番小さいこのセットの出番。
なんだかコンサートの度にこのレンズを持ち出しているみたい。

今回もまずバス停までの8分間に、
いろいろと見付かりました。
35枚中15枚をピックアップしました。

ミニホロゴンとあだ名していますが、
それは、周辺光量の落ち方がホロゴンに似ていて、
基本的にf8に絞ってノーファインダーで撮るから。
これは、液晶で見ても、暗くてよく分からないから、
仕方がないのです。
でも、今回は開放でも撮りました。
絞っても開いても変わりません。
ダルメイヤーらしい柔らかな描写が私の心を温かくします。





b0226423_17245623.jpg
b0226423_17245094.jpg
b0226423_17244548.jpg
b0226423_17244026.jpg
b0226423_17243189.jpg
b0226423_17242346.jpg
b0226423_17241624.jpg
b0226423_1724970.jpg
b0226423_1724323.jpg
b0226423_17235776.jpg
b0226423_17235166.jpg
b0226423_17234548.jpg
b0226423_17233970.jpg
b0226423_17233397.jpg






    [後書き]

      3枚目、椿に影がかかっていますね。
      95%のカメラマンはきっと椿を動かすでしょうね。
      でも、私はしません。
      no makingがモットーだからなのですが、
      実は、そんな撮影効果なんてちらっtも頭に浮かばないからです。
      この光景が良かった。
      だから、撮った、ただそれだけ。
by Sha-Sindbad | 2016-04-20 22:11 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(4)

1552 バス停まで(エルマジ95mmF2.4となら歩調もゆったり)



3月26日の装備は、私にとっては夢のセットでした。
カメラはソニーα7(Mマウントアダプタ付き)
レンズは2本、
エルマジ95mmF2.4
スピードパンクロ35mmF2
(予備として、ソニーNEX-5)

9時7分発のバスに乗車すべく家を出発。
5分の行程に3分の余裕があったので、
行程の半分で
エルマジ95mmF2.4を取り出して、
路傍とバス停を撮影しました。
その11枚をごらんいただきましょう。

エルマジ95mmF2.4は、確かにペッツヴァールなのですが、
どうやら中心付近だけを使っているようで、
かなり落ち着きのある描写。
でも、どこか春風駘蕩の気があって、
私にとっては、タンバール90mmF2.2とともに、
ソフト長焦点レンズの双璧となりました。





b0226423_20115391.jpg
b0226423_20114751.jpg
b0226423_20114157.jpg
b0226423_20113491.jpg
b0226423_20112874.jpg
b0226423_20112353.jpg
b0226423_20111653.jpg
b0226423_20111086.jpg
b0226423_2011420.jpg
b0226423_20105743.jpg
b0226423_20104785.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-05 20:15 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1534 バス道往還(朝夕2度、ダルメイヤー25㎜F1.9が蝶のように舞い)


私は我が家では絶対にテレビを見ません。
でも、月に何回か孫の家に行ったとき、
目に入ってしまいます。
一番お手軽なのがグルメ探訪番組。
タレントたちがあらゆる種類の料理を口に含んで、
絶句し、感に堪えないという表情になって、
「おいしい!」「うまい!」「すごい!」

はっきり言って、大阪弁で罵倒したくなります、
「おまえら、なに食べても、おいしいんか!
自分の好みはどこにやったんや!
おまえら、店をバカにしてるんか!?」

どの番組でも、タレントたち、例外なく、
奥ゆかしさなどチリほどもない厚かましさでしゃしゃり出て、
ろくでもない言葉を吐き散らしている。
しかも、同じような顔ぶれがどんどん年を取っている。
いい年をして、まだこんなあほなことをしているのか?
そう言いたくなります。
(実際は、あほなことをさせられているので、
彼らの責任ではないのかもしれませんが...)
テレビ局、タレントたちが全国に放映される番組で、
日本人を総おバカ民族にしようとがんばっている。

政治家の方がもう少しましかな?
「歯舞」なんて誰でも知っている言葉に、
おっとり奥ゆかしく口ごもってしまわれる。
この奥ゆかしさ、愚かに似たり、なんて程度ではありませんが...
こんな珍しい人材をたっぷりと抱えた政権って、
まさか失対事業じゃないでしょうね?

かくして、日本全体が自分らしい思考を訓練しない、
フォアグラ用ガチョウ状態にまっしぐら。

日本には、とても優雅な心映えを表す、
とても美しい語感の言葉が沢山ありました。

    はんなり
    ほんのり
    しっとり
    まったり
    ゆったり
    うっとり
    おっとり
    あっさり

このような言葉はどんどん死語と化していきつつあります。
そんな気分を写し出す写真もほとんど見かけなくなりました。
日本人がそんな気持ちを忘れつつあるのですから、
どうしようもありません。

ダルメイヤー25mmF1.9は、
このような失われつつある心映えに通じるような、
柔らかな表現をしてくれます。

3月14日月曜日、例の通り、揚琴のレッスンを梯子する間に、
バス停まで、ユニバーサルシティ、西九条、大和西大寺、
そして、帰り道のバス道、と、5カ所で撮りました。

このペッツヴァールレンズの末裔のロボグラフィたちを
4回にわたって、紹介させていただきましょう。
まずは、バス停までの18枚から。
単なる偶然ですが、
最初の9枚が往きの、
残り9枚が帰りの写真です。

こんなほんわりとした写真を楽しいと感じる人は、
ペッツヴァール使いの友人たち以外には居ないでしょう。
だから、なおさらに可愛い。

このレンズ自体、とても可愛い姿をしているのですが、
写りの方がなお一層可愛い。
とても可愛い少女なのですが、
おしゃべりすると、もう天使そのもの、
そんな感じ。

生涯使いたい、
そんな気持ちになれる稀な一本です。




b0226423_15405457.jpg
b0226423_15454595.jpg
b0226423_15404112.jpg
b0226423_15403050.jpg
b0226423_15402352.jpg
b0226423_1540175.jpg
b0226423_15401284.jpg
b0226423_1540676.jpg
b0226423_15395910.jpg
b0226423_15395229.jpg
b0226423_15394532.jpg
b0226423_15393934.jpg
b0226423_15392771.jpg
b0226423_15392113.jpg
b0226423_15391428.jpg
b0226423_1539744.jpg
b0226423_1539272.jpg
b0226423_15385592.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-15 15:43 | Dallmeyer25/1.9 | Comments(0)