レンズ千夜一夜

タグ:大阪西九条 ( 60 ) タグの人気記事

1849 バス道と西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5aがのどかに歌う)2 魔法


iPhoneにLineというアプリを入れています。
家族全員との連絡はこれでします。
付虹先生を初めとするさまざまな連絡もこれでしています。
電話も無料だし、どんどん日誌や写真が送られてきて、楽しい。
付虹先生の模範演奏も送られてきます。

一昨日、iPhoneからLineのアイコンが勝手に消失。
こうなると、私のようなパソコン音痴はお手上げ。
闇雲に、LineのアイコンをiPhone上に出して、
開こうとすると、改めてインストールする必要があるとのこと。
アドレスとパスワードを入れると、Lineから4桁の数字が送られてきました。
これを入力すると、再インストールできるはずですが、
なぜか、これで終わりで、応答がなく、
Lineのアイコンをクリックすると、再びインストール画面。
やーめた。

パソコンやネットに頼る生活はしたくないけど、
もうがっちりとそのネットワークに組み込まれた感じで、
このブログにしても、私の日誌、人生の記録として、
なしでは済まされない人生の道具となり、
ブログ作成は生きる本質的な行為になり切った感じ。

古代の人間はもっとシンプルに生きていました。
でも、当時に戻ることも出来ませんね。
やれやれ..........................................

こんな気分のとき、キノプラズマートの写真を観る。
画像は曇りがちなのに、
気分の方はかなりかなり晴れますね。
パウル・ルドルフ博士の魔法、でしょうか?





b0226423_18534686.jpg
b0226423_18533814.jpg
b0226423_1853338.jpg
b0226423_18532450.jpg
b0226423_18531889.jpg
b0226423_18531273.jpg
b0226423_1853498.jpg
b0226423_18525951.jpg
b0226423_18525272.jpg
b0226423_18524473.jpg
b0226423_18505676.jpg
b0226423_18504997.jpg
b0226423_18504289.jpg
b0226423_18503630.jpg
b0226423_18502919.jpg
b0226423_18502488.jpg
b0226423_1850285.jpg
b0226423_1849532.jpg
b0226423_18494273.jpg
b0226423_18493187.jpg
b0226423_18492470.jpg
b0226423_18491662.jpg
b0226423_1849939.jpg
b0226423_1849444.jpg
b0226423_18484352.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-03 22:37 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1848 西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5aがのどかに歌う) 1

写真家は、ある種の芸術的意図が働かない限り、
完璧なレンズを求めるものです。
自分自身の体験の記録に専念するロボグラファーは、
自分の混濁した心理がロボグラフィのたたずまいに浸透、反映し、
その上、あまりしっかり記憶などできないわけですから、
記憶の中に見え隠れする記憶上の情景は本質的におぼろ。
そして、時間の経過とともに、想起されるロボグラフィもまた、
次第次第にぼろぼろと剥げ落ちていく。
そんな時間の生み出す記憶の変化、衰退を、
写真の中でもリアルに体験し、想起したい。
そんな気持ちがいつも働いています。

私の愛用レンズはそれぞれに極端に異なる描写性を見せてくれますから、
私のそのときどきのレンズに対する思い入れ、期待に沿うようにして、
写真の中できちんと私の記憶を再現してくれる、
そんな感じをいつも確認しています。

キノプラズマート25㎜F1.5AはMマウントに改造したレンズですが、
リコーGXRに付けて、実質37.6mmの広角レンズとなって、
上記のようなレンズと私との関係をかなりさらけ出してくれるようです。

私とロボグラフィの定かならざる距離、
あえかに消え行く記憶の名残り、
そんな不確かで再現性のない面影を、
頼りない幻のたたずまいで、かなり見事に再現してくれます。





b0226423_17424277.jpg
b0226423_17423544.jpg
b0226423_17422822.jpg
b0226423_17422254.jpg
b0226423_17421526.jpg
b0226423_1742893.jpg
b0226423_1742270.jpg
b0226423_17415483.jpg
b0226423_17414714.jpg
b0226423_17414229.jpg
b0226423_17413526.jpg
b0226423_17412963.jpg
b0226423_17412217.jpg
b0226423_17411545.jpg
b0226423_17405522.jpg
b0226423_17404916.jpg
b0226423_17404373.jpg
b0226423_17403646.jpg
b0226423_17403089.jpg
b0226423_17402230.jpg
b0226423_174087.jpg
b0226423_1740489.jpg
b0226423_17395730.jpg
b0226423_17394917.jpg
b0226423_17373575.jpg
b0226423_17372174.jpg
b0226423_17371525.jpg
b0226423_17371096.jpg
b0226423_1737349.jpg
b0226423_17365768.jpg
b0226423_17364977.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-01 17:44 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1817 西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5Mはフレアごしにささやいて)

人間の歴史、というのは不思議なものですね。
ある時期には、傑出した人物がどっと出現して、
民族を、国を、社会に革新的な変化をもたらします。

日本史でもそんな時期がいくつもありますが、
英傑そのものと言えるような人物を輩出しました。
その中でも傑出しているのは、
坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟、高杉晋作の四人ですね。

一つ、著しい共通点があると思いませんか?
彼らの人物、人間性、事績のことではありません。
名前。
4人の姓名とその組み合わせ、語感、印象、なにをとっても、
実に颯爽たる風格に溢れているとは思いませんか?

これがたとえば、こんな四人だったら、どうでしょう?
権太田五作、泥目十左右衛門、中華棒々鶏、出目金太郎?
「うーん、とても優れた仕事をしてくれた人だけど、
どうも印象がねえ、今一だねえ..........」

レンズもまったく同列に論ぜられそうです。
傑作レンズとして歴史上名高いレンズたちは一様に、
とても語感のよい颯爽さる名前を付けてもらったようです。
とりわけ私の心にぐっと来るレンズ名を上げよ、
そう問われますと、私の頭にとっさに浮かび上がるのは、
もちろん、第1に、「ホロゴン」、そして、
第2が「キノプラズマート」ですね。

ホロゴンの語感は大いなる包容力につながります。
そしてキノプラズマートの語感は鋭さ、そしてさらに、
眼光紙背に徹する視線につながります。
私のように開放一点張りの撮り方で撮った写真では、
実感していただけないかも知れません。
でも、撮影状況を記憶している私には、
このレンズは、焦点距離の違いはあれ、
開放のフレアーのベールを貫くようにして、
透徹した洞察を潜める画像をプレゼントしてくれる、
そんな感じがするのです。

大阪西九条で、わずか半時間ですが、
リコーGXRに付けたキノプラズマート25㎜F1.5Mと、
一緒に遊びました。
(Mマウントレンズに改造ずみのキノプラズマートです)
その折私にプレゼントしてくれた写真たちも、
やはりそんな印象を私に抱かせてくれます。
ただの薄汚れたロボグラフィ写真に大げさな!
そう非難されると、返す言葉はありません。
私はただ自分一人で楽しんでいる、そう考えて、
軽く無視していただければ、幸いです。




b0226423_238068.jpg
b0226423_2375382.jpg
b0226423_2374525.jpg
b0226423_2373924.jpg
b0226423_2373129.jpg
b0226423_2372379.jpg
b0226423_2371658.jpg
b0226423_237963.jpg
b0226423_237012.jpg
b0226423_2365264.jpg
b0226423_2364628.jpg
b0226423_2363941.jpg
b0226423_2363259.jpg
b0226423_2362547.jpg
b0226423_2361864.jpg
b0226423_2361072.jpg
b0226423_236467.jpg
b0226423_2354933.jpg
b0226423_2354161.jpg
b0226423_2353468.jpg
b0226423_2352676.jpg
b0226423_2351931.jpg
b0226423_2351010.jpg
b0226423_23549.jpg
b0226423_2345627.jpg
b0226423_2344735.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-19 23:24 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1690 西九条(ピザール26mmF1.9は使えば使うほど雰囲気描写が得意みたい)


ときどき考えるのですが、
写真や映画用のレンズ製作者って、どんなことを考えながら、
レンズを作るのでしょう?

大抵は、企業的な観点から、大衆が求めるレンズを見つけよう、
売れるレンズを作りたい、
という志向性が原動力となっているでしょう。
でも、昔も今も、映画であれば、写真であれば、
撮影者たちは、どこか夢を見ているものです。
でも、その夢はまさに「同床異夢」、千差万別です。
ユーザーすべての夢を支援するわけには参りません。

そこで、レンズ製作者の道はどうやら2つに別れるようです。

1 不特定多数の人たちの志向になるべく応じることで、
沢山のレンズを売りたい。
2 少数でもよい、個性的な夢、人とは違う写真を求める人のために、
できる限り個性的なレンズを作りたい。

現代では、宮崎貞安さんのような名人芸の製作者を除けば、
レンズメーカーは徹底的に1の路線を走っているようです。
いわく、理想の超精密、超高生彩な画像を実現する!
現代はこれ一辺倒です。
絵画でもスーパーリアリズムが台頭しているようです。

でも、ちょっと待ってください。
古から、アートはなにかを棄てることによって美を実現してきました。
アートとはリアリズムではなくて、アブストラクトなのではありませんか?

私は、自分でアートを求めるつもりはありません。
でも、撮りたかったものだけをくっきりと浮かび上がらせる、
そんな意味で抽象写真を撮りたい。
残念ながら、デジタルカメラは上記の1の理念を支援するツール。
オリンパスEP-L1だってそうです。
おかげで苦労しています。

ピザール26mmF1.9は、それにもめげず、
古風な画像を提供してくれます。
愛用しましょう。





b0226423_14385642.jpg
b0226423_14384917.jpg
b0226423_14384049.jpg
b0226423_14383066.jpg
b0226423_14382483.jpg
b0226423_1438171.jpg
b0226423_14373335.jpg
b0226423_14372667.jpg
b0226423_14371811.jpg
b0226423_14371248.jpg
b0226423_1437493.jpg
b0226423_14365758.jpg
b0226423_14363690.jpg
b0226423_14362861.jpg
b0226423_1436217.jpg
b0226423_14324876.jpg
b0226423_14324156.jpg
b0226423_14323578.jpg
b0226423_14314533.jpg
b0226423_1431054.jpg
b0226423_14302825.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-17 15:52 | Pizar26/1.9 | Comments(0)

1686 西九条(キネタール50mmF1.8は名刀の切れ味を漂わせ)part 2


間が良かったようです。
目下、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
先輩のスピードパンクロ50㎜F2シリーズの最中。
毎回30枚超をアップしているので、対比にはもってこい。

キネタールが冷色系、スピードパンクロが暖色系に見えるのは、
ソニーα7の関係かも知れませんね。
ざっくりとして立体的な描写力も伯仲。
私のようなレンズ素人には、ほとんど区別が付きません。
どうやらキネタールも頑張っているようです。

スピードパンクロの我が家へのお輿入れはついにかないませでしたが、
なんだか、キネタール50㎜でも十分代役が務まりそう。
ちょっと嬉しい成果があった、という感じ。





b0226423_14302081.jpg
b0226423_1430137.jpg
b0226423_1430585.jpg
b0226423_14295650.jpg
b0226423_1429497.jpg
b0226423_14294223.jpg
b0226423_1429341.jpg
b0226423_14292724.jpg
b0226423_14291898.jpg
b0226423_14291196.jpg
b0226423_1429492.jpg
b0226423_14285639.jpg
b0226423_14284651.jpg
b0226423_14283228.jpg
b0226423_1428258.jpg
b0226423_1428162.jpg
b0226423_1428857.jpg
b0226423_142825.jpg
b0226423_14275435.jpg
b0226423_14274698.jpg
b0226423_14273936.jpg
b0226423_14273133.jpg
b0226423_14272330.jpg
b0226423_14271583.jpg
b0226423_1427839.jpg
b0226423_1427154.jpg
b0226423_14265533.jpg
b0226423_14264813.jpg
b0226423_142643100.jpg
b0226423_14263541.jpg
b0226423_14262758.jpg
b0226423_14261948.jpg
b0226423_1426117.jpg
b0226423_1426587.jpg
b0226423_14255884.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-08 16:23 | Kinetal50/1.8 | Comments(0)

1685 西九条(キネタール50mmF1.8は名刀の切れ味を漂わせ)part 1


いつも書くことですが、
クックの映画用レンズ、キネタール50mmF1.8は、
伝説的な名レンズ、スピードパンクロ50㎜F2のどうやら後継者。

でも、大王の後を嗣ぐ後継者ほど辛い立場はありませんね。
家康を嗣いだ徳川2代目将軍 、徳川秀忠のことを思い出して下さい。
つらかったでしょうね。
でも、キネタールはまさに「切れ者」です。
秀忠のように、先代の存在の重さにたじろぐようなことはありません。

ただし、一つ、不利な点がありました。
秀忠が将軍になったときは、先代はあの世でした。
ところが、キネタールが登場した後も、スピードパンクロは活躍を続けたはず。
平安時代末期の天皇たちには、先々代の法王、先代の上皇がのし掛かってきた、
そんな境遇に似ています。

でも、どうやらそんな心配は不要だったかも知れません。
中将姫光学さんの報告を引用させていただきますと、
「発色と解像力の高さは群を抜いており、あの宮崎さんをして、
わたしが見た中でも最高の1本と言わしめたレンズなのです。」

11月28日月曜日、揚琴レッスンの途中、キネタールを使いました。
例によって、すべて開放での撮影なのですが、
さすがに余裕綽々、
戦争映画にはぴったりの描写力、
クックらしい落ち着きと風格が感じられます。




b0226423_21591579.jpg
b0226423_2159889.jpg
b0226423_2159136.jpg
b0226423_21585668.jpg
b0226423_21584830.jpg
b0226423_21584250.jpg
b0226423_21583689.jpg
b0226423_21583038.jpg
b0226423_21582342.jpg
b0226423_21581649.jpg
b0226423_2158969.jpg
b0226423_2158239.jpg
b0226423_21575070.jpg
b0226423_2157435.jpg
b0226423_21573550.jpg
b0226423_21572756.jpg
b0226423_21572155.jpg
b0226423_21571399.jpg
b0226423_2157741.jpg
b0226423_21565655.jpg
b0226423_2156503.jpg
b0226423_21564458.jpg
b0226423_21563768.jpg
b0226423_21563024.jpg
b0226423_21562098.jpg
b0226423_2156137.jpg
b0226423_2156783.jpg
b0226423_21555887.jpg
b0226423_2155521.jpg
b0226423_21554416.jpg
b0226423_21553616.jpg
b0226423_21552970.jpg
b0226423_21552024.jpg
b0226423_215533.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-07 22:52 | Kinetal50/1.8 | Comments(0)

1681 西九条(晴々とした気分のときにはクセノン50mmF2.8を持ち出そう)Part 2


以前に買いたので、Part 1では書かなかったのですが、
私のクセノンがソニーα7に付いているのは、
宮崎貞安さんにMマウントに改造していただいたからです。

クセノン50mmF2.8が付いていたレチナⅡcは名機の一つ。
実に見事な蛇腹カメラでした。
すべての作りがピタリと決まり、
持って良し、撮って良し、写って良し、三拍子揃っていました。

ところが、思わぬところに落とし穴。
撮影後に1枚ずつ巻き上げるレバー機構も良く出来ていました。
爽快な感触。
でも、フィルムを撮り終わったのに、もう一枚、と巻き上げようとすると、
ガリッといういやな音が響いて、
フィルムのパーフォレーションを巻き上げる歯車が壊れてしまいます。

銀塩35㎜カメラの醍醐味は、この巻き上げという動作が、
1ショット見事に決めたなという満足感、達成感のアクセントになること。
そんな満足の瞬間に、誰も、36枚撮り終わったかななんてチェックはしません。
だから、私は2台壊してしまいました。

だから、2台目は宮崎貞安さんにお願いして、
レンズを取りだしてもらったのです。
沈胴式の瀟洒かつ戦闘的なデザインの新品レンズに生まれ変わりました。
ところが、このレンズが生まれ変わった頃、すでに私も変わりつつありました。
クセノンのような鮮鋭なレンズからキノプラズマートのようなボケレンズへ...





b0226423_13315171.jpg
b0226423_13314577.jpg
b0226423_13313956.jpg
b0226423_13312826.jpg
b0226423_13312122.jpg
b0226423_13311325.jpg
b0226423_1331758.jpg
b0226423_13305971.jpg
b0226423_13305295.jpg
b0226423_13304675.jpg
b0226423_13303819.jpg
b0226423_13303187.jpg
b0226423_13302423.jpg
b0226423_13301841.jpg
b0226423_13301157.jpg
b0226423_1330563.jpg
b0226423_13295728.jpg
b0226423_13295077.jpg
b0226423_13294313.jpg
b0226423_13293716.jpg
b0226423_13293041.jpg
b0226423_13292250.jpg
b0226423_13291511.jpg
b0226423_1329910.jpg
b0226423_1329278.jpg
b0226423_13285646.jpg
b0226423_13284951.jpg
b0226423_13284222.jpg
b0226423_13283293.jpg
b0226423_13282457.jpg
b0226423_13281887.jpg
b0226423_13281017.jpg





   [後書き]

       初めてのブログ上の提案。
       クセノンを欲しい方にはお譲りしますよ。
       お代は送料込み4万円で結構です。
       宮崎貞安さんのレンズ改造費だけで5万円ですから、格安。
       Mマウントアダプタを介して、ほとんどのミラーレス一眼に付きます。
       欲しい方は非公開コメントでご連絡ください。
by Sha-Sindbad | 2016-12-01 14:23 | Xenon50/2.8 | Comments(0)

1681 西九条(晴々とした気分のときにはクセノン50mmF2.8を持ち出そう)


レチナⅡCに付いていたクセノン50mmF2.8、
日沖宗弘さんが絶賛をしていたレンズですね。

ウィキペディアにこんな記載を見つけました。

「自分の研究のために絵巻物や仏教遺跡を撮影したり、
友人の仏像研究調査のカメラマンを引き受けたりしている中で、
日本製一眼レフカメラでは、
艶、凹凸、木目、丸み、品位や風格が写らないことに失望していたところ、
父が昔作成した自身のアルバムの
ある一定期間の写真のコントラストが高いことに気がつき、
父に聞いてその時期使っていたというレチナを使用して
その写真の美しさに感激したのがレンズにこだわる最初だったという。」

日沖さんの本の記載を見落したのでしょう。
そんなこととは知りませんでした。
父親が使っていたのがクセノン50mmF2.8そのものだったかどうか、
それは分かりませんが、私の記憶では、レチナのレンズの中では、
このレンズを評価しておられたようです。

もともと、クラシックレンズで写真を始めたのですが、
日沖さんのお陰で、レチナを入手し、
これがきっかけでずぶずぶと泥沼にはまり込んだようなものです。

このクセノンを使い始めた当初から、
私の印象では、輝く色、とくに赤の発色の良さと、
水際立った切れ味が特徴でした。
今、使っても、やっぱりそうですね。




b0226423_18144763.jpg
b0226423_18143757.jpg
b0226423_18142817.jpg
b0226423_18142210.jpg
b0226423_18141440.jpg
b0226423_1814334.jpg
b0226423_18135233.jpg
b0226423_18134448.jpg
b0226423_18133627.jpg
b0226423_1813559.jpg
b0226423_18125759.jpg
b0226423_18124961.jpg
b0226423_18124215.jpg
b0226423_18123515.jpg
b0226423_18122754.jpg
b0226423_18121888.jpg
b0226423_1812913.jpg
b0226423_181222.jpg
b0226423_18115447.jpg
b0226423_18114753.jpg
b0226423_18114039.jpg
b0226423_18113349.jpg
b0226423_18112574.jpg
b0226423_18111548.jpg
b0226423_1811767.jpg
b0226423_1810575.jpg
b0226423_18105072.jpg
b0226423_1810431.jpg
b0226423_18103745.jpg
b0226423_18103042.jpg
b0226423_18102370.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-30 19:04 | Xenon50/2.8 | Comments(0)