レンズ千夜一夜

タグ:大阪梅田 ( 41 ) タグの人気記事

1846 大阪梅田(2017年6月15日キノプラズマート25㎜F1.5が天女の舞を)2-完-


染織家志村ふくみさんの随筆集2冊目を読んでいます。
「ちょう、はたり」(筑摩書房)
とても装幀のよい本です。
深く感じ、深く思い、深く書ける人です。
随所に深い思索が光ります。
また素敵な言葉にぶつかりました。

「志村さん、歌ごころですよ、大和こころは」
と白畑よしさんは数日前、別れ際にささやくようにいわれた。
九十歳といわれた美術史家の白畑さんは矍鑠として、
「まだ二十年、あなた、二十年ありますよ。
勉強なさいまし」といって下さった。

以前に私がお会いした93歳の男性も、
谷一つ向こうの丘陵の老人ホームの現役トレーナー。
受講者は全員トレーナーよりも年下。
この方もおっしゃいました、
「人間の筋肉は90超えても鍛えることができます」

体でさえ鍛えられるのですから、
もちろん、知能も感情も心も鍛えることができますね。
がんばらなくちゃ。
そして、志村さんのように、勉強しなきゃ!

キノプラズマート25㎜F1.5b
私にとっては、このレンズも、心とセンスを鍛える道具。
他のレンズでは見つからないものが見つかります。
こんなメタモルフォーゼを起こしてくれるレンズを使うと、
つくづく感じることがあります。

美しいから、目にとまり、心にとまるのではない。
目にとまり、心にとまるものがあります。
理由なんかありません。
でも、目にとまると、不思議に心に残ります。
そんなものは、どんなものであれ、美しい。
それが、ロボグラフィ。





b0226423_11104338.jpg
b0226423_11103633.jpg
b0226423_11102933.jpg
b0226423_11102340.jpg
b0226423_11101586.jpg
b0226423_11101094.jpg
b0226423_1110233.jpg
b0226423_1195791.jpg
b0226423_1195073.jpg
b0226423_1194569.jpg
b0226423_1193331.jpg
b0226423_1192742.jpg
b0226423_1191867.jpg
b0226423_1191249.jpg
b0226423_119328.jpg
b0226423_1185536.jpg
b0226423_1184710.jpg
b0226423_1183823.jpg
b0226423_1183067.jpg
b0226423_1182537.jpg
b0226423_1181987.jpg
b0226423_1181254.jpg
b0226423_118538.jpg
b0226423_1175896.jpg
b0226423_1175143.jpg
b0226423_1174510.jpg
b0226423_1161849.jpg
b0226423_115584.jpg
b0226423_1155277.jpg
b0226423_1154566.jpg
b0226423_1153762.jpg
b0226423_1152894.jpg
b0226423_1152284.jpg
b0226423_1151558.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-30 11:12 | Kinoplasmat25/1.5b | Comments(0)

1845 奈良町(2017年6月15日キノプラズマート25㎜F1.5が天女の舞を)1 会得


昨日、革命が起きました。
革命と言うより、悟り、覚知、覚醒、突破、
さらに適切な言葉遣いは、会得、なのかも知れません。

古楽器の制作名人として知る人ぞ知る杉原広一さんに作って頂きました。
18世紀のリコーダー製作者ヤコブ・デンナー(1681 - 1735)のコピー。
それが一向に鳴らなかったのです。

遅過ぎますが、ふっと気がつきました。
ぼくは間違った場所で、デンナーを鳴らそうとしているんじゃないか?
私の書斎はわずか5.8畳で、天井が2.2mほどしかない、狭小空間。
しかも東西両面、天井まで作り付けの書棚で、本が埋まっています。
北側には、幅2.2m、高さ1.3mほどの超巨大ビューローがデンと座り、
その天板には回転書架やさまざまな小物、プリンタが乗っかって、
北側の窓をほとんど完全に覆い隠してしまっています。
そのビューローのほぼ中心で、パソコンを置いて、仕事をしています。
おっと、遊んでいます。

回転椅子をぐるっと西側に向ければ、眼前には、
書棚、オーディオ機器類、タイムドメインの砲丸型スピーカー、
ドラマ観賞用の安楽椅子等々の乱反射の面ばかりのカオス。
その椅子の前に譜面台を置いて、吹いてきたのです。
よくよく確かめてみると、あまりに細々とした物たちに占領され、
反響面がない、完全にデッドな場所だった!
要するに、リコーダーの音にエコーがつかない、生の音だけ。

我が家の階段は玄関スペースからまっすぐ上り、直角に曲がって、
2階廊下に繋がっています。
この2階廊下に行って、デンナーを吹いてみました。
まったく違う、クリーンで抜けのよいサウンド!
1階玄関スペースに下りてみました。
さらに美しくエコーがかかり、コンサートホールの響き!
しかも、これまで全然出なかった最高音3音がすらりと出る!
演奏者と楽器と演奏空間、この三位一体が音となる、
そんな単純で明快な真実を今ようやく悟ったという感じ。

さらに、リコーダーの先輩である親友のAKさんから、
最高音部の発声を含む呼吸法のアドバイスを受けました。
たった1日で、デンナーの前に立ちはだかっていた障壁が、
跡形もなく(というところまでは行きませんが)消え失せました。
杉原さんがどんなに偉大な古楽器の製作者であるかを、
ようやく実感することができました。

でも、今朝、デンナーを吹いてみると、2つの変化。
音はますます立体化して、響きが厚くなっています。
これは前進。
でも、昨日はかなり簡単に出た最高音部3音がかなり難しい。
昨日覚えたはずの息の使い方がまたずれている感じ。
これは後退。
こんな風に段々一進一退しながら、少しずつ進んで行く、
そんな感じなのでしょう。

よく考えると、クラシックレンズの使い方も、
同様のニュアンスで一進一退している感じがします。

クラシックレンズのコレクターには、
数本の試し撮りでレンズの特性、個性を完璧に理解した、
そんな自信たっぷりな方によく出会います。
でも、私は、そんな芸当ができません。
いつも、レンズたちに翻弄されます。
どうもそう簡単には使い方を会得できる質ではなさそう。

そんな難しさをかなり備えているのが、キノプラズマート族。
35㎜、50㎜、90㎜というようなキノプラズマートのご本家は、
私にはまったく未知の世界ですが、
25㎜以下の小型廉価版キノプラズマートたち、
そろいも揃って、カルメン並み。
けっして私の指図、コントロールなど受けず、
いつも自分の好きなように撮ってくれます。
どうやら、もう完全に降参状態で、お好きにどうぞ、
という対応策しかなさそう。

ちょっと待てよ、この対応策って、
身近なところにも一人おられる感じですねえ..............




b0226423_14542743.jpg
b0226423_14542140.jpg
b0226423_14541481.jpg
b0226423_1454650.jpg
b0226423_1454029.jpg
b0226423_14535470.jpg
b0226423_1453476.jpg
b0226423_14533956.jpg
b0226423_14533282.jpg
b0226423_14532714.jpg
b0226423_14531960.jpg
b0226423_14531492.jpg
b0226423_1453717.jpg
b0226423_1452119.jpg
b0226423_1452556.jpg
b0226423_14515911.jpg
b0226423_14514891.jpg
b0226423_14514025.jpg
b0226423_14512885.jpg
b0226423_14512040.jpg
b0226423_14511542.jpg
b0226423_1451074.jpg
b0226423_14505385.jpg
b0226423_14504476.jpg
b0226423_14503849.jpg
b0226423_14503077.jpg
b0226423_14502094.jpg
b0226423_14501420.jpg
b0226423_1450795.jpg
b0226423_1450113.jpg
b0226423_1449555.jpg
b0226423_14494642.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-07-29 14:55 | Kinoplasmat25/1.5b | Comments(0)

1816 梅田で(2017年6月15日きらきら光るパンタッカー35㎜F2.3を持参)

私がレンズを絶対に触らないことは幾度か書きました。
クリーニングしたければ、大阪のマツモトカメラに持参します。
店主の松本さんが驚くほど丁寧に、かつ完璧にレンズを清め、
ときにはヘリコイドリングを調整していただくと、
レンズをあっと驚くプロ仕様に一新していただけるからです。

でも、パンタッカー35㎜F2.3を眺めていて、ふっと考えました。
このレンズ、超ボロボロのへたり切ったレンズの外観で、
驚くほどの廉価で、ライバルなしに落札したもの。
前玉ももう完全にくすみ切っていました。
そのまま、クリーニングもしないで使ってきたのですが、
このぼけぼけ玉って、見せかけだけなんじゃないかな?
単にレンズ前玉にゴミが堆積しているだけなんじゃないかな?

そこで、ピンセットに滑らかなティッシューを巻き付け、
エヴァ水(ただの水だけど、抜群の殺菌効果をもつ魔法の水)を
スプレーでしゅっとかけて、松本さんがやるのを真似て、
すっとレンズを一巡撫でて、また、別のティッシューで同一操作。
あれれれれー!!???
レンズが綺麗になってしまった。

そこで、もう一度リコーGXRに付けて持ち出すことにしました。
6月15日吉田写真教室がはねてから、一人、行きつけのレストラン。
美味しいビフテキランチ(たった950円と私のような庶民仕様)。
すっかり満足して出発。
梅田でイヤホーンを新調するついでに、ぐるりと撮影。
93枚撮りましたので、2回にわけて60枚ほどごらん頂きましょう。

かなり変身して、大御所のパンタッカー50㎜F2.3に近くなった、
そんな感じがするのですが?




b0226423_11554718.jpg
b0226423_11554244.jpg
b0226423_11553364.jpg
b0226423_11552821.jpg
b0226423_11552210.jpg
b0226423_11551555.jpg
b0226423_1155974.jpg
b0226423_1155387.jpg
b0226423_11545737.jpg
b0226423_11545033.jpg
b0226423_11544338.jpg
b0226423_11543755.jpg
b0226423_11543125.jpg
b0226423_11542497.jpg
b0226423_11541732.jpg
b0226423_1154943.jpg
b0226423_1154234.jpg
b0226423_11535766.jpg
b0226423_11535128.jpg
b0226423_11534563.jpg
b0226423_11533862.jpg
b0226423_11531825.jpg
b0226423_11531118.jpg
b0226423_1153473.jpg
b0226423_11525841.jpg
b0226423_11525080.jpg
b0226423_11524127.jpg
b0226423_11523318.jpg
b0226423_11522728.jpg
b0226423_11521931.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-16 22:47 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1808 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 2


私がインターネットで一番感謝しているのは、
いつも書くことですが、
YouTube

オーディオファンでなくなったことがYouTubeの扉を開いた、
私はそう確信しています。
今の私には、音質などどうでもいいのです。

最高級のシステムで聴いても、私の好きな音楽でなければ、時間の無駄。
iPodで聴いても、私の好きな音楽であれば、無上の至福。
結局、オーディオシステムは関係がない、

素敵な音楽だけが私の琴線を震わせてくれるのですから。
日々YouTubeにひれ伏して感謝しています。
そして、今、至福!

アルゼンチンのフォルクローレを聴きたくなったのです。
レコードで十数枚持っています。
でも、レコードを納戸の棚から見つけ出してきて、
プレーヤーで鳴らすのは面倒。
そこで、YouTubeで探してみたのです。
宝の山がザックザック、というところです。
何十というグループ、歌手たちの昔のレコードが収録されていたのです。

あれこれと手当たり次第に聴いてみました。
目下、私の心を最高に震わせてくれるグループは3つ。

   Los Cantores de Quilla Huasi (ロス・キジャワシ)
   Los del Suquía (ロス・デル・スキア)
   Los Cantores del Alba(ロス・カントーレス・デル・アルバ)

この3グループには明確な共通点がいくつかあります。

   1 その歌声の切れ味がすばらしい。
   2 高音に名歌手をもっている。
   3 持ち曲が風を切るような清々しさを常に感じさせてくれる。

実のところ、上記の3点は同じことを言っているのかも知れません。
颯爽とした切れ味がなければ、名手とはとても言えませんから。

写真でもそうですね。
どんなに凄い作品を次々とものしても、
あるとき、ある写真にどこかで野暮ったい弛みが感じられたら、
ああ、この人はやっぱり「巧いアマ」であっても、
「本物の写真家」じゃないなあ、と慨嘆することになります。

でも、アマチュアでそんな域に到達するのは至難です。
結局、命はおろか、生活もかけていないんだから、当たり前。
その点、私のようなレンズ頼みの写真趣味の素人は気楽ですね。
写真的な価値などなくても、ブログに平気で写真を並べて、
「スピードパンクロで撮りました、どうですか?」
そんなスタンスで、ネット劇場に気楽に自分の写真を並べて、
レンズの味をあらためてエンジョイできるのですから。

それにしても、中将姫光学さんにお借りしている映画用の名レンズ、
スピードパンクロ50㎜F2は甘さと切れとが絶妙に溶け合っていて、
その独特のコクにしびれますね。
どっち向いて、なにを撮っても、なんだか意味ありげに深い。
そんな感じがするのは、私だけでしょうか?





b0226423_2264486.jpg
b0226423_2263828.jpg
b0226423_2263098.jpg
b0226423_2262490.jpg
b0226423_2261635.jpg
b0226423_2261042.jpg
b0226423_226376.jpg
b0226423_2255520.jpg
b0226423_2254819.jpg
b0226423_2254186.jpg
b0226423_2253466.jpg
b0226423_2252965.jpg
b0226423_2252172.jpg
b0226423_2251515.jpg
b0226423_225834.jpg
b0226423_225242.jpg
b0226423_2245591.jpg
b0226423_2244682.jpg
b0226423_2244048.jpg
b0226423_2243152.jpg
b0226423_2242080.jpg
b0226423_2235724.jpg
b0226423_2235170.jpg
b0226423_2234380.jpg
b0226423_2233676.jpg
b0226423_223285.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-01 23:58 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1807 梅田(2017年5月18日写真教室にはスピードパンクロ50㎜F2を携行)Part 1


写真家吉田正さんの写真教室に月1回通っています。
今回採り上げたのは、その教室からの帰り道のロボグラフィ。
ソニーα7に付けたスピードパンクロ50㎜F2はさすがに名レンズ。
2回に分けて、撮った写真全部をごらん頂きましょう。




b0226423_2234353.jpg
b0226423_22334841.jpg
b0226423_22334140.jpg
b0226423_2233332.jpg
b0226423_22332666.jpg
b0226423_22332159.jpg
b0226423_2233897.jpg
b0226423_2233154.jpg
b0226423_22325528.jpg
b0226423_22324868.jpg
b0226423_22324074.jpg
b0226423_2232336.jpg
b0226423_22322759.jpg
b0226423_22321891.jpg
b0226423_22321055.jpg
b0226423_2232318.jpg
b0226423_22315670.jpg
b0226423_22315048.jpg
b0226423_22314079.jpg
b0226423_22313115.jpg
b0226423_22312417.jpg
b0226423_22311144.jpg
b0226423_22305990.jpg
b0226423_22305289.jpg
b0226423_22304519.jpg
b0226423_22303822.jpg
b0226423_22302696.jpg
b0226423_2230168.jpg
b0226423_2230873.jpg






吉田さんの豊かな体験談、芸術談を楽しむことができるうえ、
時折、吉田さんの写真作品に接することができるのが特典です。
吉田さんの作品を見ながらいつも思うことは、
現代の鬼面人を驚かせる写真世界との間に広がる大きな懸隔。

まるで映画史における、「東京物語」と、
コンピューターグラフィックスが創り出す荒唐無稽な映画世界と、
この懸隔と同じくらいの距離があります。
人の心も芸術観も写真観もなにもかもが変わってしまった感じ。
だから、吉田さんの静寂に満ちたモノクローム作品になにも感じない、
そんな人がどんどんと増えていくでしょう。
デジタルカメラ業界もこのような変化を敏感に感じ取って、
ユーザーの大半を占める絢爛豪華変幻自在の画像愛好家の心をつかむため、
さまざまな画像処理メニューを開発しています。
そうして、ますます私の心から離れていくわけです。

この日、教室が終わってから、近くのビル近いの大衆レストランで昼食。
カツやエビフライの盛り合わせ定食を選択しました。
私はエビフライが好きなのです。
ところが、一口いただいて、仰天、

エビの味は?
ない!
なんの味?
小麦粉、パン粉などの、要するに非エビの味!
エビをおそらく4分割して、
その4分の1のエビを巧みに太らせて、エビらしい形に整え、
衣を付けて揚げている!

pretty-bacchusさんがはるか前にお書きになっていました。
都の一流ホテルの高級喫茶室で「生絞りジュース」を注文されたのです。
たしか1500円ほどだったと記憶しています。
やがて供された「生絞りジュース」を口に含んで、仰天された。
ただの缶詰ジュースだった!

これが現代です。
おいしいものをお客様に食べて頂こう、なんて気持ちはさらさらない。
とにかくあらゆる手だてを講じて原価を節約して、高く売りつけて、
利益を貪ろうという姿勢。
「お客様義」「お得意様」なんて意識はなくなって、
すべて、「ユーザー」「消費者」「歩く財布」。

現代のデジタルカメラのコンセプトは、
「どんな初心者でもプロのグラフィックデザイナーに変身させる!」
余計なお世話だ!

私の2つのブログの画像だって、
できるだけデジカメ粉飾を避けたいと努力していますが、
カメラそのものがすでにレンズを通して取り込んだ画像に、
密かにグラフィック処理をしているのですから、
デジタル写真臭さを避けようとしても、その方法がありません。

しかも、アマチュア写真家の多くは、
現代デジタルカメラによる果てしない超高画質化を歓迎しています。
写真からコンピュータグラフィックスへの止めようのない潮流、
そう言えそうです。

現代の超高画質、変幻自在のグラフィック処理に慣れたユーザーは、
銀塩写真を、未開時代の遺物と感じ、「昔の人はひどい画質でかわいそう」
私のような前時代の未開人は、現代の絢爛豪華なソフト処理された画像に、
「なんだかカラオケに無理矢理閉じ込められて、
自己陶酔のエコーまみれの歌を大音響で聴かされているみたい」
by Sha-Sindbad | 2017-05-31 23:24 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1678 梅田路地裏(キノプラズマート19㎜F1.5ならメタモルフォーゼはお任せ)Part 2




犬や猫と一緒に生活されたことがありますか?
それぞれに性格があって、みんな個性的です。

ときおり、同じ名前を歴代付け続ける人がおいでですが、
とても疑問に思いますね。
それじゃ、記憶がごっちゃになりませんか?
個性が違い、名前が違うから、いつまでも記憶できます。

私も子供の頃一緒に過ごした犬たちを今でも覚えています。
この25年間に我が家で暮らした猫たちのことなら、
全員、いきいきとその姿も振る舞いも個性も癖も思い出します。

レンズもそっくり同じですね。
みんな個性があり、それぞれにまったく違います。

そして、レンズの使い方も人によってまるで違いますね。
リアルに正確に撮れたら、それでよい、そう考えて、
精密描写一点張りでお気に入りのレンズを使い続ける方もいます。
ビジネスで使うのであれば、それは当然かも知れません。
自分の個性を大切にする写真家の場合は、
ご自分の個性を遺憾なく描き出してくれるレンズにこだわるでしょう。
それも当然。

写真で自己を表現したいなんてまったく考えず、
写真で人生を楽しみたいと考えている私は、
沢山のレンズたちの個性を味わう生活をエンジョイしたい。
みんな独特なのですから。

でも、あらかじめ白状しておきますが、
写真を観ただけで、「あ、これはズミクロン50㎜F2だね」なんて見抜く、
そんな力はぜんぜんありません。
ヤシカコンタックスの看板写真家だった林忠彦さんは、
コンタックスレンズで撮った写真は一目で見分けたと聴いたことがあります。
さすがだなあ、と感嘆します。

私は、気分に応じて、使ってみたいと直感したレンズを持ち出し、
撮ってみて、いつも慨嘆させられてしまいます、
「なんだ、こんな風にも撮れるのか?
レンズって、いつも同じ風に撮れるもんじゃないなあ!」
だから、嬉しい。

つまり、人間と一緒。
いつも同じ風に行動するんじゃ、
そんなレンズはガラクタ、三流、
そんな人間はロボットですね。

キノプラズマート19㎜F1.5はそんな個性一杯、予測不能レンズの一つです。
だから、飽きません。
共に歩む人生、そんな伴侶なのです。





b0226423_1548128.jpg
b0226423_1548437.jpg
b0226423_15475729.jpg
b0226423_15474544.jpg
b0226423_15473944.jpg
b0226423_15473346.jpg
b0226423_15472350.jpg
b0226423_15471733.jpg
b0226423_15471099.jpg
b0226423_1547286.jpg
b0226423_15465553.jpg
b0226423_15464753.jpg
b0226423_1545497.jpg
b0226423_15445836.jpg
b0226423_15445064.jpg
b0226423_15444390.jpg
b0226423_15443632.jpg
b0226423_1544292.jpg
b0226423_15442280.jpg
b0226423_15441553.jpg
b0226423_1544648.jpg
b0226423_1544169.jpg
b0226423_15435458.jpg
b0226423_15434663.jpg
b0226423_15433950.jpg
b0226423_15433292.jpg
b0226423_15432654.jpg
b0226423_15431925.jpg
b0226423_15431421.jpg
b0226423_1543432.jpg
b0226423_15424590.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-20 15:27 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1678 梅田路地裏(キノプラズマート19㎜F1.5ならメタモルフォーゼはお任せ)Part 1


10月12日、MHさんとリコーダー練習の日でした。
余裕をもって練習場所、大阪駅前第三ビルに着こうと、
ちょっと早めに家を出ました。
JR大和路快速が大阪駅の一つ手前福島駅に着いたのは16時。
まだ2時間あります。
突然思い立って、福島駅でお飛び降りました。
福島駅南西界隈の路地裏は呑み屋街、
なかなかの絵になるロボグラフィが一杯見付かります。

最軽量のセットを携行していました。

   キノプラズマート19mmF1.5
   オリンパスE-PL1。

このキノプラズマートは私の大のお気に入り。
超小型ですが、開放値はもちろんF1.5。
すべて開放で撮るので、いちいちピントを合わせますが、
マツモトカメラの松本さんにオーバーホールしていただいただけに、
このレンズのヘリコイドリングは最高。
カメラ、レンズの使い勝手はもちろん撮影に響きますね。
キノプラズマートで撮ることに夢中になってしまいました。
おかげで、練習場所の第三ビルに到着したのは5時15分。

都会の飲み屋街のお昼も寂しいですね。
でも、飲み屋で吞むという気分を落ち合わせない私には、
別に不足はありません。
それどころか、ロボグラファーはほくほく顔で、足取りも軽い。
絶妙のロボグラフィたちがあちらでもこちらでも、
私を待ってくれていたからです。
私もレンズも満ち足りたひとときでした。
でも、ちょっと疲れたなあ。

午後6時から1時間半練習して、
その後に夕食をご一緒する予定でしたが、
すでに、おなかはペコペコ。
地下1階のカフェミンクに入り、菓子パンとアイスコーヒーを注文。
客席はほとんどびっしり詰まっています。
退職老人が1に対して、サラリーマン風男女が3。
でも、ほとんど全員がシングルです。
誰もが何かに没頭しています。
でも、なんだか分からないけど、
ちょっと侘びしい!
寂しい!
人から見たら、私もそう見えるんだろうなあ?





b0226423_1724717.jpg
b0226423_1713761.jpg
b0226423_171318.jpg
b0226423_1711836.jpg
b0226423_1711117.jpg
b0226423_171587.jpg
b0226423_1705718.jpg
b0226423_1704966.jpg
b0226423_16591030.jpg
b0226423_1659479.jpg
b0226423_16585571.jpg
b0226423_16584937.jpg
b0226423_165842100.jpg
b0226423_16583643.jpg
b0226423_16582853.jpg
b0226423_16581838.jpg
b0226423_16581078.jpg
b0226423_1658285.jpg
b0226423_16575128.jpg
b0226423_16574491.jpg
b0226423_16573619.jpg
b0226423_1657304.jpg
b0226423_16572478.jpg
b0226423_16571770.jpg
b0226423_16571081.jpg
b0226423_1657446.jpg
b0226423_16565830.jpg
b0226423_16564679.jpg
b0226423_16563412.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-19 17:39 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1641 梅田(写真教室はねたら、ホロゴン15㎜F8Uが飛び出して)


写真家吉田正さんの写真教室はちょっと独特。
よい写真へのアプローチには2つの道がありそうです。

心を鍛えていくことで、
そんな心から生み出されるイメージを求める道。
撮影技法や撮影道具を改良することで、
高度な技術によって卓抜なイメージを作り上げていく道。

吉田正さんは後者も無視しませんが
一にも二にも、まず心を鍛えてほしいというお気持ち。
だから、講座の前半は毎回優れた写真家、優れた人間、
心を鍛え、美しくするような素敵な言葉の紹介に使われます。

この講義がエキサイティングです。
吉田正さんご自身の心のジグソーパズルを少しずつ埋めている、
吉田正さんご自身の心の地図をひもとかせていただいている、
いずれにせよ、豊かな心の大盤振る舞いなのですから。

終わると、ちょっと自分の心も豊かになった気持ちになって、
昼食後は、新鮮な気持ちで、梅田界隈のロボグラフィを撮影する。
豪勢な一日なのです。

8月17日は、ホロゴン15㎜F8Uをソニーα7に付けていました。
講義に刺激されて、いつもよりも生き生きとした写真になったかな?




b0226423_23221577.jpg
b0226423_23202023.jpg
b0226423_23201471.jpg
b0226423_2320831.jpg
b0226423_2320398.jpg
b0226423_23195778.jpg

b0226423_2318594.jpg
b0226423_23185352.jpg
b0226423_23184848.jpg
b0226423_23183879.jpg
b0226423_23183274.jpg
b0226423_23182619.jpg
b0226423_23181874.jpg
b0226423_23173892.jpg
b0226423_23172978.jpg
b0226423_23172269.jpg
b0226423_23171659.jpg
b0226423_23171027.jpg
b0226423_2317443.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-04 23:25 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1565 梅田にて(ペッツヴァール75mmF2.3なら、美女はますます美しく)





b0226423_2210117.jpg




4月21日木曜日、吉田正さんの写真教室でした。
飛びきり素敵な写真を撮る人が揃っています。
どなたも大変にフォトジェニックなスタイルで、
とてもとても敵いません。
その中で、薄汚れたロボグラフィというのも、
もしかすると、場違いかも?

すてきな2時間半が終わって、
新しくできた友人たちと楽しく食事をしてから、
家路につきました。
地下街で、美しい女性を見つけました。
婦人服店の客寄せ用のファッションフォトグラフィ。
とても美しい写真ですが、
これをペッツヴァールでコピーすると、
なおさらに美しくなるのでしょうか?
それとも、ほとんど効果がなくて、ただのコピーなのでしょうか?

中将姫光学さんからお借りしているペッツヴァール75mmF2.3です。
当然、後者だと、私は信じます。
by Sha-Sindbad | 2016-04-21 22:12 | petzval75/2.3 | Comments(0)

1541 曾根崎界隈(ズマロン35㎜F3.5が梅田曾根崎あたりは得意の猟場のようで)Part 2



ズマロンの人気が高い理由は何なのでしょうか?
もちろん人様々で、理由も様々でしょう。
私の場合ははっきりしています。
いつも濡れたように写るからです。

レンズのも様々です。
乾いたように写るものもあれば、
濡れたように写るものもあります。
なんだ、美人と一緒じゃないか?
これも人の好みは様々でしょう。
私の場合は断然、濡れたように写るレンズが好み。
ホロゴンもタンバールもそうです。
マクロスイター50㎜F1.8、フレクトゴン35㎜F2.4、
スピードパンクロ、キノプラズマートの各種レンズ、
みんなそうです。

乾いたレンズにも出会いました。
先日販売委託をお願いした、
レンジファインダー用のW-NIKKOR.C 28/3.5を初めとして、
日本製のレンズには乾いた描写をするレンズがかなりあります。
ミノルタTC-1用のロッコール28mmF3.5は例外。

ズマロンは濡れた感触で際だっています。
なんで濡れたように見えるのか?
これは分かりませんが、女性の場合はわかります。
自分が美しいと分かっていて、心にわだかまりがなく、
心身のすみずみにゆったりとした自信と余裕がみなぎっている、
そんな雰囲気が醸し出す気配なのではないでしょうか?

こんな風に考えますと、
そうなんだ、名レンズたちだって、
自分のことが分かっているんだ、
自分の仕事に心から満ち足りた思いをしているんだ、
そんな風に理解できそうです。





b0226423_15262670.jpg
b0226423_15261983.jpg
b0226423_15261156.jpg
b0226423_1526450.jpg
b0226423_15255630.jpg
b0226423_15254977.jpg
b0226423_15254160.jpg
b0226423_15253450.jpg
b0226423_15252885.jpg
b0226423_15252112.jpg
b0226423_15251477.jpg
b0226423_1525684.jpg
b0226423_15245969.jpg
b0226423_15245132.jpg
b0226423_15244491.jpg
b0226423_15243763.jpg
b0226423_15242946.jpg
b0226423_15242153.jpg
b0226423_1524147.jpg
b0226423_1524571.jpg
b0226423_15235759.jpg
b0226423_15234974.jpg
b0226423_15234289.jpg
b0226423_15233342.jpg
b0226423_15232448.jpg
b0226423_15231745.jpg
b0226423_1523958.jpg
b0226423_1523197.jpg
b0226423_15225475.jpg
b0226423_15224565.jpg
b0226423_15222767.jpg
b0226423_15221887.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-24 15:21 | Summaron35/3.5 | Comments(0)