レンズ千夜一夜

タグ:大阪平野 ( 42 ) タグの人気記事

1170 角のコンビニまでの旅 (スーパーシックス25mmF1.9なら、短い旅もまた楽し)



孫の一家、今週火曜日、
線路を隔てた北側住宅地のマンションに引っ越しました。

    孫たちのお守りを手伝いに行って、
    あっという間に、引っ越し屋に昇格させていただきました。
    
おかげで、午後一杯どころか夜の10時半まで、休みなしの作業。

    それでもあんまり疲れが残らなかったのは、
    日頃身体を使っているせいでしょうか?
    
その日の昼食をすぐ側のコンビニまで買い物に出かけました。

    お供はスーパーシックス25mmF1.9付きオリンパスE-PL1。
    徒歩2分もかからない行程ですが、20枚撮りました。
    これは家族には内緒。

半分の10枚をごらん頂きましょう。

    どこかキリリとして成熟してこなれた描写力、
    色彩表現の上品さ、
    これがこのレンズの持ち味でしょうか?




b0226423_1485651.jpg
b0226423_149659.jpg
b0226423_1483069.jpg
b0226423_1485168.jpg
b0226423_1475841.jpg
b0226423_1481858.jpg
b0226423_1482954.jpg
b0226423_148714.jpg
b0226423_1475471.jpg
b0226423_1475526.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-31 14:11 | SuperSix25/1.9 | Comments(0)

1166 平野区の午後 (トリプルアナスティグマート25mmf2.9にはストーリーがあるらしい)


トリプルアナスティグマート25mmf2.9、
見かけは、なんともクラシックな、でもちょっとチープな外観。

    でも、生み出してくれる写真には、
    ちょっとブルーな空気感があって、
    それが映画の雰囲気をそのまま作ってくれそうです。

孫のプリンスを撮ったものも含めて187枚から40枚選択しました。

今この瞬間、ゴールドシールレンズを選定を決意しました。

    今度文房具店で、ゴールドシールを見つけてきます。
    つまり、死ぬまで使いたいレンズ。

チープないわば三文判レンズにもかかわらず、
有力候補にのし上がりました。

    まあ、写真たちをご覧下さい。
    納得していただけるはず。

    (と思うのは、私の自己中心的考え方。
    デジタルレンズの時代の標準で言えば、欠点だらけ。
    要するに、ぼけレンズなのですけどね)    




b0226423_2246945.jpg
b0226423_22461330.jpg
b0226423_2245518.jpg
b0226423_22462820.jpg
b0226423_22462937.jpg
b0226423_22461748.jpg
b0226423_22454180.jpg
b0226423_22453275.jpg
b0226423_22455752.jpg
b0226423_2244582.jpg
b0226423_2245763.jpg
b0226423_22451025.jpg
b0226423_2245550.jpg
b0226423_22443436.jpg
b0226423_22442991.jpg
b0226423_2245199.jpg
b0226423_2245760.jpg
b0226423_22443718.jpg
b0226423_2244835.jpg
b0226423_2244272.jpg
b0226423_2244617.jpg
b0226423_22435395.jpg
b0226423_22434012.jpg
b0226423_2244043.jpg
b0226423_22441261.jpg
b0226423_2244298.jpg
b0226423_22435829.jpg
b0226423_22433861.jpg
b0226423_22431562.jpg
b0226423_2243273.jpg
b0226423_22432172.jpg
b0226423_2243723.jpg
b0226423_22432320.jpg
b0226423_22431881.jpg
b0226423_22432372.jpg
b0226423_22425389.jpg
b0226423_2243691.jpg
b0226423_22425919.jpg

by Sha-Sindbad | 2014-10-26 22:48 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1165 薄暮の自転車 (クックの素人用映画レンズがこんなに素敵だなんて!)



クックの廉価版映画用レンズをオリンパスE-PL1に付けました。
トリプルアナスティグマート25mmf2.9
すでに日没近い、薄暮。
でも、この描写力!
なにも言いません、ただ、見て上げてください。




b0226423_2322938.jpg
b0226423_232401.jpg
b0226423_232469.jpg

by Sha-sindbad | 2014-10-25 23:06 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(2)

1138 ヴォクシー車内で (今日のアンジェニュー25mmF0.95は近接専用) 



b0226423_20265453.jpg
b0226423_2026453.jpg
b0226423_20263357.jpg
b0226423_20261468.jpg
b0226423_2026677.jpg
b0226423_20255898.jpg




CマウントレンズとCマウントアダプタとの間に相性があります。

    昨日は間違ったアダプタに付けて家を出てしまいました。
    どうやらアダプタの一番内周の凹みが狭すぎるため、
    アンジェニュー25mmF0.95のような大きなレンズは
    底まで入りきらないようです。
    近接しか撮れないことになってしまいました。

どのみち、朝は吉田正写真教室、午後は孫たちということで、
撮る暇はほとんどなし。

    かろうじて、孫たちのパパとママが用を済ませるまで、
    ヴォクシーの車内で孫たちと私たち夫婦が待機。
    その車内で撮った写真を中心にごらん頂きましょう。

最初と最後の2枚を除いて、すべて開放。

    0.95という超大口径でもこんなにもピシリと決まるのです。
    しかも、腰の据わった写りです。

    これはやはり怪物レンズの一本なのではないでしょうか?
by Sha-sindbad | 2014-09-22 21:07 | Anjenieux25/0.95 | Comments(0)

1135  裏町② (トポゴン25mmF4が大阪平野区加美でからから笑った) 



「わが友ホロゴン」№544.11 でヴィヴィアン・メイヤーのことを書きました。

    VIVIAN MAIER
            (http://t.co/UgZZ1PpwCd)

生涯で10万枚の写真を残したにもかかわらず、
ついに発表しないで、完全に無名のままに終わった写真家。

    膨大な撮影量ではありません。
    少なく見積もって30年間撮影として、
    6×6判(12枚)で約8333本、
    35㎜判(36枚)で約2777本、
    両方のフォーマットを半々に使ったと仮定すると、約4166本!
    30年間、コンスタントに撮ったとして、
    年平均138本、月平均11.5本なのですから、
    たいていのアマチュアカメラマンと比較しても、多い方ではありません。

でも、残されたコンタクトシートを見る限り、ハズレ写真がない!

    もしかすると、粒よりシートだけが選択されているのかも知れません。
    それにしても、残された写真たちは最高クラスのストリート作家たちと
    優に比肩するほどの質の高さ。

昼食どき、妻に言いました、

    「すばらしい写真を生涯撮り続けたのに、
    生涯、どこにも発表しようとしなかった。
    本当に凄い」

すると、妻、じっと私を見つめて、

    「ごみみたいな写真を撮り続けて、
    それを平気で発表している人も多いのに..........」

私、うろたえて、

    「ぼくは別に発表しているわけじゃなくて、
    匿名のブログにストックしているだけで..............」

妻、

    「別にあなたのこと言ってるわけじゃないのに、
    そんな風に慌てるところを見ると、やっぱりその気があるんじゃ?」

私の負けでした。

    そんなやり取りをした直後に43枚も一挙掲載というのも、
    ちょっと気が引けますが、まあ、いいでしょう。

    トポゴン25mmF4の描写力をご覧頂きたいからであって.....
    (やっぱり迫力ありませんねえ.......)




b0226423_1447734.jpg
b0226423_14471282.jpg
b0226423_14465383.jpg
b0226423_14473930.jpg
b0226423_14464730.jpg
b0226423_14473087.jpg
b0226423_1446344.jpg
b0226423_14464754.jpg
b0226423_144782.jpg
b0226423_1447426.jpg
b0226423_14461436.jpg
b0226423_14462048.jpg
b0226423_14461514.jpg
b0226423_14461017.jpg
b0226423_1446463.jpg
b0226423_14455421.jpg
b0226423_14455477.jpg
b0226423_14454081.jpg
b0226423_14462617.jpg
b0226423_14454082.jpg
b0226423_144532100.jpg
b0226423_14452657.jpg
b0226423_14452519.jpg
b0226423_14451550.jpg
b0226423_144515.jpg
b0226423_14445697.jpg
b0226423_14445730.jpg
b0226423_1445454.jpg
b0226423_14444775.jpg
b0226423_14443683.jpg
b0226423_1452345.jpg
b0226423_14444994.jpg
b0226423_14444268.jpg
b0226423_14442317.jpg
b0226423_14443211.jpg
b0226423_14441885.jpg
b0226423_14442686.jpg
b0226423_1444854.jpg
b0226423_1444183.jpg
b0226423_1444976.jpg
b0226423_14431643.jpg
b0226423_1443124.jpg
b0226423_14433052.jpg

by Sha-sindbad | 2014-09-19 14:53 | Topogon25/4 | Comments(2)

1134  裏町① (トポゴン25mmF4が大阪平野区加美できらきら笑った) 



前回の続きです。

火曜日、孫の世話をしてから、午後3時半JR加美駅に向けて出発。
結局正味きっかり1時間で269枚撮りました。

トポゴンは終始絶好調。

    これまで十数回は歩いた道です。
    もう飽きたか?
    飽きませんね。

天知る、地知る、我知る、子(キミ)知る、という言葉があります。
写真も似たようなものです。

    天変わる、地変わる、我変わる、子変わる。
    その都度思いがけない発見があり、
    予測不能のハプニング、出会いがあります。
    
同じ場所、同じものもよく撮ります。

    大好きな場所、ものなんだし、レンズが変われば、顔も変わります。
    今回もさまざまなハプニングがありました。
    ハプニングがあったからと言って、スナップとして撮るわけではありません。
    心躍らせつつロボグラフィとして撮ります。

選んでみると、前回の6枚を除いて、87枚、
これだけはどうしてもブログに掲載したい。

    そこで、今回は44枚、次回は43枚のセットにすることにしました。

「そんなあ! わたしの大事な時間を無駄にできませんよ」
と退場のあなたのことはご自由にしていただくことにして、
健気にも、というか、ヤケ気味にというか、それとも暇なのか、
残っていただいたあなたのためにがんばりましょう。

    おや?
    この2行あたりにエコーがかかって聞こえるみたい。
    レンズ千夜一夜のウェブ空間の空気が突然稀薄になったせいかな?




b0226423_1574066.jpg
b0226423_156516.jpg
b0226423_1565157.jpg
b0226423_1571928.jpg
b0226423_1571374.jpg
b0226423_156363.jpg
b0226423_157856.jpg
b0226423_1563661.jpg
b0226423_156228.jpg
b0226423_156813.jpg
b0226423_1564083.jpg
b0226423_157697.jpg
b0226423_1555821.jpg
b0226423_156379.jpg
b0226423_1555871.jpg
b0226423_1511389.jpg
b0226423_1553859.jpg
b0226423_1563360.jpg
b0226423_1552045.jpg
b0226423_1555187.jpg
b0226423_1551330.jpg
b0226423_155317.jpg
b0226423_1553698.jpg
b0226423_1545643.jpg
b0226423_1555646.jpg
b0226423_1552015.jpg
b0226423_1544714.jpg
b0226423_1551622.jpg
b0226423_1543290.jpg
b0226423_1543120.jpg
b0226423_1541540.jpg
b0226423_1542745.jpg
b0226423_1542249.jpg
b0226423_1535973.jpg
b0226423_154818.jpg
b0226423_1542616.jpg
b0226423_153397.jpg
b0226423_1533244.jpg
b0226423_1531863.jpg
b0226423_1531220.jpg
b0226423_1531391.jpg
b0226423_15465.jpg

by Sha-sindbad | 2014-09-18 15:12 | Topogon25/4 | Comments(0)

1128 道すがら (ホロゴン15mmF8M歩けばロボグラフィに当たる)


b0226423_146313.jpg
b0226423_146379.jpg
b0226423_1453640.jpg
b0226423_145304.jpg
b0226423_1452558.jpg
b0226423_145881.jpg
b0226423_145850.jpg
b0226423_145695.jpg
b0226423_1444860.jpg
b0226423_145239.jpg
b0226423_1445894.jpg
b0226423_144524.jpg





ホロゴン15mmF8Mをソニーα7に付けて、
歩きながら、終始立ち止まらずに撮りました。

ソニーα7にまた弱点が見つかりました。

    私のホールディングのせいなのでしょう、
    右肩の露出補正ダイヤルが勝手に動いてしまい、
    気が付くと、+2になっていました。
    そのショットはすべて手ぶれで使い物になりません。

私は撮影後液晶で結果を見ないので、こんなことになります。

    というのも、撮影後液晶をのぞき込む姿って、
    私には、第1に無駄、第2にダサイ、第3に邪魔、
    そんな感じがするからです。

    もう二度とそのシーンは撮れないのですから、無駄。
    液晶をのぞき込むと、ごめんなさいの姿勢になるので、ダサイ。
    ロボグラフィの撮影はリズムが大切なのに、
    そのリズムが途切れてしまうので、邪魔。

たった数分だったので、32枚しか撮れず。

        その内12枚は気に入りました。
by Sha-sindbad | 2014-09-11 14:09 | Hologon15/8Degital | Comments(6)

1106 ルネサンス!(ホロゴン15mmF8Mがソニーα7で新たな生涯を刻み始めた)



今日、大阪平野で試してみました。

    ソニーα7で「電子先幕シャッター」を切にして、
    ホロゴン15mmF8Mを使ってみたのです。

どんぴしゃり、本当に黒つぶれが無くなりました!

ただし、露出補正はなぜか一層シビアになりました。

    マイナス2にしていたのはちょっとまずかったようです。
    全ショット、ほとんど真っ暗なのですから。

でも、いいでしょう。
私ごのみの暗い写真になるのですから。

一枚だけごらん頂きましょう。


b0226423_18543776.jpg






半逆光状態では、残念ながら、かなり色が暴れます。
解決策は今のところ2つしかないようです。

    ① モノクロームにする。
    ② 気にしない。

    私としては、今さらモノクロームに戻るつもりはありません。
    色が好きで、さまざまなレンズの色彩描写の違いを楽しんでいるのに、
    その楽しみを奪われてなるものか、というところ。
    ②の「気にしない」をもちろん採用することにします。

皆さんにはもう一つの選択肢があります。

    ③ 見ない。
    嫌な人は見なければよいのですから、ご遠慮なく。


いずれにせよ、ホロゴン15mmF8Mを心おきなく使えます。
ホロゴン15mmF8Mには、新たなレンズ人生を歩んでもらいましょう。
by Sha-sindbad | 2014-08-18 19:03 | Hologon15/8 | Comments(0)

1098 台風の日(スピードアナスティグマート20mmF1.5は台風の日でもちゃんと使えた!)



b0226423_2284090.jpg
b0226423_2275155.jpg
b0226423_228012.jpg
b0226423_2284385.jpg
b0226423_2271268.jpg
b0226423_2227267.jpg
b0226423_228223.jpg
b0226423_2272241.jpg
b0226423_2272323.jpg
b0226423_2272699.jpg
b0226423_227694.jpg
b0226423_2274760.jpg
b0226423_2265797.jpg
b0226423_2265138.jpg
b0226423_2264615.jpg
b0226423_2263672.jpg
b0226423_2261123.jpg
b0226423_227222.jpg
b0226423_2271048.jpg
b0226423_226238.jpg
b0226423_2261114.jpg
b0226423_2262169.jpg





先日、Cマウントアダプタの不適合で最短撮影距離でした撮れなかった、
スピードアナスティグマート20mmF1.5
これを適合するアダプタに付け替えて持ち出しました。

今日は大阪平野に参りました。

    孫の世話。

娘夫婦は京セラドームで開催される阪神対広島戦観戦。
長男の2歳8か月の孫は連れて行きます。

    野球少年にしたいというのが父親の願望。
    私の妻はピアニストにしたい。
    私は、と言えば、なにになるかは機会と本人の志次第、
    押しつけると、絶対にその方向には進みませんから。

でも、孫二人について、希望はあります。

    妻や夫を愛し、子供を愛し、友を愛し、
    仕事を愛し、趣味を愛し、
    そして、人生を愛する、
    清く正しい人間になってほしい。

台風の日です。

    例のとおり、JR大和路線は不通。
    近鉄奈良線は元気溌剌と定時通常運行。

この線、事故がない限り、いかなる天候でも走ります。

    阪神大震災のときもまったくの通常運行でした。
    おかげで、奈良と大阪を結ぶ生命線の役割を果たしいます。
    昨夜終電あたりに近鉄難波駅に行った人がびっくりしたそうです。
    煌々と照らし出された駅に人がごった返していたのです。

台風でも元気に走る近鉄電車に乗って、思い出しました。

    以前、私鉄が毎年賃上げ闘争の一環としてストライキをしました。
    近鉄だけは通常運行でした。
    他社の労資闘争の結果決まった昇給額をそのまま実施したのです。

    たしか全国で一番長い運行路線を持つ近鉄です。
    代替経路に使う他社線の利用者たちを吸収して、
    その分、1日の利益で取り戻したかどうかは知りませんが、
    極めて大阪風リアリズム。

ちょっとこれに似ています。

私は、布施駅下車して、タクシーで大阪平野に参りました。

    かなりの距離になりましたが、孫のためなら、エーンヤコラです。

途中、スピードアナスティグマートで53枚撮りました。

    22枚ごらん頂きましょう。
    マイナス1.7に補正しているせいもありますが、
    かなり暗い写真になりました。

確かにかなり暗い1日でしたが、私は明るい午後を過ごすことができました。

    なにしろ世界一可愛い女の子と2人だけの午後を過ごせたからです。
    あと4日で生後1月になります。
    10日も会わないと、もう見違えるほどに大きくなっています。
    きりりと目を走らせ、なんだか意志力の固まりのような女の子。

孫たちが幸せな人生を送れるように、
日本もこの混迷の極からなんとか抜け出してほしいものです。
by Sha-sindbad | 2014-08-10 22:37 | Sp.Anastigmat20/1.5 | Comments(2)

1091 自由に、とは言ったけど...(キノプラズマート16mmf1.5で駅まで雨中遊泳)


新潟の世に隠れなき名写真家yoshiさんに、
珍しくも、貴重なコメントを頂きました。

    「今まで以上に自由にですか(^_-)!
    今まで以上に楽しみに拝見します。」

yoshiさんの写真群をご覧になった方はお分かりでしょう。
        (http://yoshipass.exblog.jp/)

    数あるブログ写真家の中で群を抜いて創造的な写真を、
    さまざまなジャンルで次々と無尽蔵に生み出しておいでになります。
    風景でも、花でも、ストリートでも、ポートレートでも、ロボグラフィでも、
    常に独創的で意表を突きます。
    私の知る限り、ブログ界では、もっとも自由な精神の持ち主。

    もう一人、a1photoさんという怪人も居られますが、
    どちらも新潟在住。
    さらには、nontanさんという大物を初めとして、
    yoshiさんの周りにはとんでもない人がぞろぞろおいでになります。
    新潟がなにか人を大きくする秘密の泉の風土を備えているのかも。

そんなyoshiさんから、こんな風に言われますと、
大変にプレッシャーで、一挙に不自由になりそうですね。

    でも、実のところ、私は、私であって、他に化けようもないので、
    これまでどおりに生き、これまでどおりに写真を撮る以外には、
    生きようがないのですから、困りました。

退職初日の土曜日、孫の家を出て、かなりの雨の中、
小さな傘の陰で写真を撮りながら、久宝寺駅に向かいました。

    オリンパスE-PL1も、それに付けたキノプラズマート16mmf1.5も、
    たえず濡れそぼっていましたが、別に故障することもないようでしたが、
    20分歩いて、たった45枚。
    ブログに掲載できるのは、そのうちたった24枚。

まったくいつも通りのロボグラフィ。

    でも、キノプラズマート16mmf1.5という廉価な映画用レンズ、
    なかなかの優れものです。
    暗いけど、活力に溢れた写真を私にプレゼントしてくれました。
    
ちょっとは、私の気分も貢献しているのでは?

    yoshiさんの手前、そう考えたいのですが、
    これは手前味噌でしかないでしょうね。




b0226423_23411876.jpg
b0226423_2341136.jpg
b0226423_23411596.jpg
b0226423_2341853.jpg
b0226423_23415953.jpg
b0226423_23403255.jpg
b0226423_2340514.jpg
b0226423_2341279.jpg
b0226423_2340925.jpg
b0226423_23403187.jpg
b0226423_23403438.jpg
b0226423_23411680.jpg
b0226423_2339572.jpg
b0226423_23394311.jpg
b0226423_2340381.jpg
b0226423_23401663.jpg
b0226423_23401127.jpg
b0226423_23405693.jpg
b0226423_23405195.jpg
b0226423_23392865.jpg
b0226423_23392322.jpg
b0226423_23394052.jpg
b0226423_23391210.jpg
b0226423_23391494.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-03 23:42 | KinoPlasmat16/1.5 | Comments(4)