レンズ千夜一夜

タグ:大阪天満橋 ( 5 ) タグの人気記事

1791 号外(Histrio-Prot40mmF6.3にピエロは違った顔を見せてくれた)


5月8日月曜日、
ほぼ半月ぶりに、本格的な気持ちで撮影を楽しみました。

「嘘付け! 
ときどき、あちこち撮り回ってたじゃないか!」
そういう抗議もあがりそうですね。
でも、あれらはすべて散歩の片手間。

今日は、ぐっと性根を入れての本格的撮影。
でも、そんなに沢山は撮っていません。
性根を入れた撮影はたった30分間。
ひさしぶりに大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンと対決したのです。
言わずと知れた「Histrio-Prot40mmF6.3の試写」です。
さまざまな角度、フレームで絞り比較写真を撮ったのですが、
その30分間の慣れない作業で疲れきってしまいました。

ご承知のように、(と言っても、このブログ、誰も読まないから、
実はほとんど誰もご承知じゃないのは先刻承知。
景気づけのための単なる言葉の綾です、気にしないでください)
私は、どんなレンズも開放でしか撮りません。

シーンを最高の美しさで撮るための最適の絞り、
シャッター速度を選択するのが写真家。
これに対して、
自分の記憶を蘇らせたいので、
体験を忘却の淵から少しでも拾い上げたいので、
私の人生の一こまを写真に撮る、それも、
いつもほのかな優しさとペーソスに満ちたシーンとして撮りたい、
そう考えるのが私。
ど素人の日曜写真家そのものの素朴なスタンスですね。

どんなレンズも、開放絞りではボロが出ますが、
それなのに、一番すてきな表情が撮れるのも、
開放ではないでしょうか?

ところが、プロター㎜F6.3はちょっと異色。
開放からして、通常レンズの2絞り、3絞り絞り込んだあたり。
カメラマンの多くが常用するF8と半絞りしか違わない。
ですから、同じ開放でも、このレンズの開放はぐいと厚みがあります。
通常のレンズだと、これ位も絞れば、かなり画像が硬くなります。
ところが、このレンズ、厚みがあるけど、硬くならず、
なぜか、澄んで、重かったり、しつこかったりなど、しない。

絞り比較の作例は後日ごらん頂くことにして、
今回は、このレンズが、
ズミクロンやディスタゴンのようかカリスマレンズと違い、
ごく自然な描写なんだけど、なにかぎっしり詰まったものがある、
そんなスペシャルな重みの実感にもかかわらず、
使用感が軽快なことにますます強い印象を受けています。

また、宮崎さん、ヒットを出されたなあ、という感じ。




b0226423_11243616.jpg
b0226423_11242925.jpg
b0226423_11242365.jpg
b0226423_11241660.jpg
b0226423_11264792.jpg
b0226423_1124240.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-09 14:55 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1760 号外2(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が天満橋筋商店街でピエロと会った)



宮崎貞安さんのニューレンズの試写をかなりさせていただいています。
宮崎さんのレンズもそうですが、
私が手に入れた新しいレンズたちも、洗礼を受けなければなりません。

大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンをどれだけ美しく撮れるか?

この数年、宮崎さんのレンズ以外のニューレンズは手に入れていません。
そんな経済的余裕などなくなったからです。
旅にも出ず、贅沢もせず、完全にスパルタンと化しています。
ひたすら近場の路地裏ばかりをぐるぐる回っています。
飽きません。

所変われば品変わる、と言いますが、そんなのは当たり前。
もっとエキサイティングに行きましょう。
所変わらねど、レンズ変われば、写真も変わる。

フローライトアポクロマート135㎜F2.4をソニーα7に付けて撮りました。
こんなピエロに会ったことはない!
私はそう確信しています。

とりわけ横位置の2枚が気に入りました。
それなのに、ブログでは、縦位置のように拡大できない。
残念。




b0226423_23222997.jpg

b0226423_23164940.jpg
b0226423_23164299.jpg
b0226423_23163560.jpg

b0226423_23224117.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-18 23:23 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(2)

1516 別れ(エルマジ95㎜f2.4が天満橋商店街を闊歩して微笑んだ)





b0226423_17313750.jpg





2月2日午前中の約40分、梅田の古書店街やその近辺の裏通りを撮影し、
午前11時45分ころ、紀伊国屋書店に隣接する行きつけのレストランに参りました。
畏友RAさんと正午に待ち合わせて、おいしいランチをいただくつもりだったのです。
入り口のガラス扉に張り紙。
「当店は1月31日をもって閉店いたしました」
がっくり!
都会のオアシス、と、愛用していたのに!

RAさんが来て、やむなく、すぐ近くの喫茶店に。
地中海野菜となんとかのピラフ980円を注文。
この「なんとか」がなんだったか思い出せない。
それ位記憶力が老化しているのだ、などと考えないでください。
それ位、グルメではないのです。
要するに、おいしければ、どうでもよいのです。
それにしては、なかなかのお味で、拾いもののお店。

さっそく、RAさんにレンズをプレゼントしました。
ペッツヴァールSME100mmF2.9
私が女王レンズに昇格させたエルマジ95mmF2.4と、
スペックはほとんど変わりません。
もう少し短く、遙かに軽量。
描写の方は、実はこちらの方がペッツヴァール的。
RAさんに大喜びしていただきました。

念のため付け加えておきますが、
誰彼なし見境なくレンズを上げるわけではありません。
RAさんは私の人生を変えてくれた恩人。
80を過ぎて、体調がはかばかしくないときが増えました。
まだまだ長生きして、一緒に歩きたいものです。
とにかく体を動かしていただくのが一番。
私と同じで、レンズ試写が大好きなのです。
体を動かす動機になれば、という一念から。

これまでこのレンズで撮った作例を
「わが友ホロゴン」「レンズ千夜一夜」でご覧いただきました。
いかにもペッツヴァールらしい清澄な描写を包む朧の背景。
もっと喜んで頂きました。

こうして、私はエルマジ95㎜f2.4を手元に残す決断をしたのですが、
不思議なことに、このレンズ、これまで出会ったペッツヴァールの中で、
一番ペッツヴァール的な要素が稀薄、という感じがします。
そうではなくて、どこまでもこのレンズ独特の個性が光る、
そんな感じがします。
剛健なのだけど、柔和。
穏和なのだけど、卓抜。
龍馬や隆盛のような英雄の面影に近い。
なんて言うと、大げさな、と笑われるでしょう。
でも、いいのです。
レンズの世界は完全にえこひいきの境地でこそ楽しめるのですから。




    [後書き]
       つくづく思うのですが、
       後ろ姿って、大切ですね。
       こんなにボケていても、
       去り行く影はなんだかスタイルのよい美女を思わせます。
       あなた、ご自分の後ろ姿がこんな風に写るだろうと、
       自信を持って言い切ることができますか?
       私は自身をもって、答えられます、
       とんでもない!
       ああ、人間、自分の後ろ姿が見られる眼をもたなくてよかった!
by Sha-Sindbad | 2016-02-14 17:39 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1491 フェイス(ペッツヴァールSVE100㎜F2.9は使いたくなるレンズ)



どうしてもペッツヴァールに心も視線も向いてしまいます。
それなのに、私が保有するペッツヴァールレンズはたった3本。

学校向けプロジェクターレンズだったらしい、
ペッツヴァールSVE100㎜F2.9。

ダルメイヤーのCマウントレンズ、25㎜F1.9
現在使用可能なペッツヴァールはこの2本だけ。

かなり貧弱な陣容。
それだけに、今宮崎さんに改造をお願いしている、
エルマジ95㎜f2の帰還が待たれます。

明日は好例の近江八幡新年会。
いつもは一本態勢なのに、晴れ舞台には二本を用意しました。
ペッツヴァールSVE100㎜F2.9付きライカM9
ホロゴン15㎜F8UF付きソニーα7
必撮の構えというわけです。

その前夜祭というわけで、一枚作例を掲載しておきましょう。
やっぱりどこかメタモルフォーゼの雰囲気が漂います。
私の手に入れたペッツヴァールはすべて1万円台。
いわば、傍流中の傍流レンズたち。
それだけに、余計可愛ゆうござる!




b0226423_21444645.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-01-08 21:46 | PetzvalSVE100/2.9 | Comments(0)

766 変化ヘンゲ (エルマリート28mmF2.8はクラシックだから、絞っても柔和)



b0226423_21543497.jpg
b0226423_21533644.jpg
b0226423_21532725.jpg
b0226423_21532380.jpg





土曜日、大阪天神橋商店街の撮影分から、さらに4枚選んでみました。

2枚目だけF5.6付近に絞っています。
他の3枚はすべて開放です。
バックのボケ方以外は、まるで変わりませんね。

3、4枚目は最近接です。
開放でも立体感は見事ではありませんか?

いつもどおり、ライカM9の彩度、コントラストは最低に設定していますが、
古びた写りのクラシックレンズだから、設定を高くするという考え方は、
いただけませんね。
まるで、現代レンズの光彩陸離たる描写こそ理想と言わんばかり。

    古びた写りのレンズは古びた写真でこそ生きます。
    無理に高下駄を履かせたり、厚化粧させたりするのは失礼ですね。
by Sha-sindbad | 2013-08-04 22:08 | Elmarit28/2.8 | Comments(4)