レンズ千夜一夜

タグ:大阪天満橋商店街 ( 3 ) タグの人気記事

1806 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 3


宮崎貞安さんのニューレンズ試写の定番モデル、
ピエロマネキンは大阪天満橋筋商店街の高級洋品店にあります。
ご主人の弟さんの絵が何枚も店内に掲げられています。
知れば知るほど、大変な画家です。

下浦康瑞

   ホームページ  
   KOUZUI SHIMOURA
   http://koozui.holy.jp/

そのプロフィールはこうです。

   下浦康瑞(しもうら こうずい)
   1940年大阪に生まれる。
   兵庫県宝塚市在住。
   20歳~30歳の十年間、北アルプス(穂高岳・剣岳)を
   主な制作の場として、山に籠もる。
   以後40年、ヒマラヤ(毎年取材)・アンデスをテーマに制作。

仙人が画家になったら、どんな絵を描くか?
その答えがこの画家、そんな感じがします。
ヒマラヤの仙境さながらの景観が、
崇高な精神世界に昇華したような作品。
店内には色と形の抽象作品もあり、撮らせて頂きました。
異界の扉が開いて、
この世のどこにもない赤を一瞬きらめかせた、そんな印象。

このような画家のお兄さんが選んだマネキンがこのピエロ。
30年前だったと思いますが、イタリアで購入されたとか。
道理で、ただ者ではないわけです。





b0226423_11425430.jpg
b0226423_11424662.jpg
b0226423_11423620.jpg
b0226423_11422938.jpg
b0226423_11422198.jpg
b0226423_11421463.jpg
b0226423_1142882.jpg
b0226423_11415914.jpg
b0226423_11415198.jpg
b0226423_11414328.jpg
b0226423_11411486.jpg
b0226423_1141817.jpg
b0226423_1141044.jpg
b0226423_11404451.jpg
b0226423_11403813.jpg
b0226423_11403097.jpg
b0226423_11402161.jpg
b0226423_11401371.jpg
b0226423_1140644.jpg
b0226423_11395626.jpg
b0226423_11394898.jpg
b0226423_11392670.jpg
b0226423_11391778.jpg
b0226423_11391046.jpg
b0226423_1139250.jpg
b0226423_11385123.jpg
b0226423_11382625.jpg
b0226423_11381746.jpg
b0226423_1138778.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-29 16:34 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1805 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 2


こうやって、自分の写真を好きなだけ掲載できる、
ブログって素敵な写真帖ですねえ。
私は自分の写真たちを心から愛しています。
えり好みもしません。

昔は、ポジを使って、B4のライトボックスに36枚並べて、
シャッシャッーとダメな写真を手裏剣風に弾き出し、
残された数枚をうっとり眺めたものでした。

ホロゴンウルトラワイドが来てから、一変しました。
人に見せる写真など撮らなくなったのです。
誰に見せても、ずっと無反応だったせいもありますが、
私の写真に対するスタンスが180度反転してしまったから。
「人に見せたい写真を」から、「自分の人生の記録写真」へ。

写真家の皆さんと撮り方ががらりと変ってしまいました。
写真家の皆さんは独創性を重んじます。
人が撮らないショット、人に撮れないショットを狙います。
私は、お気に入りのロボグラフィに再会する喜びの記録なので、
いつもと同じものを、いつもと同じ撮り方で撮ります。
「ぼくがあいつと同じ場所で再会した。
あいつも元気だった」
マンネリを怖れないのではなく、マンネリこそ目標。
「万えり好み」なので、マンエリというわけです。

嬉しいときは、何枚も撮ります。
あなた、恋人を撮るとき、
(おっと、あなたの場合、「撮ったとき」ですね)、
たった1枚でもいい、傑作を撮りたい、なんて思っていましたか?
ずっと撮り続けたい、何枚でもいい!
でしたね。
あれですよ。





b0226423_14194868.jpg
b0226423_14194240.jpg
b0226423_14193549.jpg
b0226423_14155032.jpg
b0226423_14154231.jpg
b0226423_14153693.jpg
b0226423_1415294.jpg
b0226423_14151670.jpg
b0226423_1415639.jpg
b0226423_1415042.jpg
b0226423_1414511.jpg
b0226423_14144532.jpg
b0226423_14143798.jpg
b0226423_14143027.jpg
b0226423_14142238.jpg
b0226423_14141049.jpg
b0226423_1414137.jpg
b0226423_14134959.jpg
b0226423_14134331.jpg
b0226423_14133619.jpg
b0226423_14132732.jpg
b0226423_14131978.jpg
b0226423_14131334.jpg
b0226423_1413656.jpg
b0226423_141306.jpg
b0226423_14125419.jpg
b0226423_14124814.jpg
b0226423_14124113.jpg
b0226423_1412359.jpg
b0226423_1412767.jpg
b0226423_14115920.jpg
b0226423_14115376.jpg
b0226423_14114664.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-28 14:20 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1804 繁華街(2017年5月8日Histrio-Prot40mmF6.3ピエロに会いに天満橋へ)Part 1


稀代のレンズ制作者、宮崎貞安さんから、
ニューレンズの試写を託されて、どれ位になるでしょうか?

レンズテストのクライマックスとして、
大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンを撮るようになって、
どれ位になるでしょうか?
私は調査魔ではないので、面倒だから調べませんが、
おそらくゾンネタール50㎜F1.1以来だと思います。

天満橋商店街は大阪の商店街ベスト3に断然当選でしょう。
とくに最北点、昔から「天六」として知られるあたりから、
中間地点あたりまでの店はほとんど全部、
まだ元気に繁盛しているのですから、すごいものです。

大阪のおっさん、おばはんに会うことができます。
私は、大阪弁がしゃべれないので、
大阪のおっさんとは言いがたいのですが、
でも、心は大阪のおっさんです。

ハードディスクの天満橋ファイルをちょっと数えてみたら、
5年半の間に33回。
かなりの回数です。
奈良町は別格として、心斎橋、鶴橋、通天閣界隈、十三等
大阪の代表的な下町と並んで、私のお気に入りエリア。

今回は、Histrio-Prot40mmF6.3バージョンを3回にわたり、
撮影順に並べてみます。





b0226423_14375953.jpg
b0226423_14375398.jpg
b0226423_14374715.jpg
b0226423_1437407.jpg
b0226423_14373287.jpg
b0226423_14372260.jpg
b0226423_14371453.jpg
b0226423_1437280.jpg
b0226423_14365571.jpg
b0226423_14364777.jpg
b0226423_14363886.jpg
b0226423_1435220.jpg
b0226423_14335959.jpg
b0226423_1433521.jpg
b0226423_14334531.jpg
b0226423_14333822.jpg
b0226423_14333226.jpg
b0226423_14332550.jpg
b0226423_14331754.jpg
b0226423_1433102.jpg
b0226423_1433325.jpg
b0226423_14325787.jpg
b0226423_14324988.jpg
b0226423_14324331.jpg
b0226423_143215100.jpg
b0226423_143283.jpg
b0226423_1432074.jpg
b0226423_14315417.jpg
b0226423_14314740.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-27 17:23 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)