レンズ千夜一夜

タグ:大阪加美 ( 55 ) タグの人気記事

1730 加美散歩(ピアノレッスンのお供のお供はバルター25㎜F2.3で)

17年2月3日金曜日、5歳の孫プリンスのピアノレッスン。
月1回は私が付き添います。
付き添いは必ず自分の付き添いを慎重に選びます。
誰かが言ったとおりです、
「旅はレンズ連れ、世は情け」

リコーGXRにボシュロムのシネレンズのMマウント改造版、
バルター25㎜F2.3を付けました。
35㎜レンズとして使い勝手がとてもよい。

撮れるのは、孫のマンションから保育園に迎えに行くまで。
マンションへは果物や冷凍を両手にどっさり差し入れ。
孫と道連れはカメラなんか取り出す気にもなりませんね。
44枚中39枚を厳選して、
撮影順にずらっと並べてみましょう。






b0226423_11502470.jpg
b0226423_11501716.jpg
b0226423_11501141.jpg
b0226423_1150515.jpg
b0226423_11495826.jpg
b0226423_11494820.jpg
b0226423_11494288.jpg
b0226423_11493569.jpg
b0226423_11492858.jpg
b0226423_11492189.jpg
b0226423_11491593.jpg
b0226423_1149931.jpg
b0226423_1149114.jpg
b0226423_11485565.jpg
b0226423_11484951.jpg
b0226423_11484255.jpg
b0226423_11483618.jpg
b0226423_11483072.jpg
b0226423_11482452.jpg
b0226423_11481619.jpg
b0226423_11475553.jpg
b0226423_1147498.jpg
b0226423_11474232.jpg
b0226423_11473562.jpg
b0226423_11472897.jpg
b0226423_11472298.jpg
b0226423_11471448.jpg
b0226423_1147658.jpg
b0226423_11465875.jpg
b0226423_11465111.jpg
b0226423_11464421.jpg
b0226423_11463620.jpg
b0226423_11462733.jpg
b0226423_11504574.jpg
b0226423_11461872.jpg
b0226423_11461172.jpg
b0226423_1146445.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-07 11:51 | Bartar35/2.3 | Comments(0)

1726 加美十枚セット(大阪下町風景ならパンタッカー50㎜F2.3に任しとき)

2017年1月の吉田正写真教室に持参しましたセットは、
昨年12月16日、5歳の孫プリンスのピアノレッスン日、
プリンスのマンションとJR加美駅の往還に撮った写真たち。

カメラはソニーα7。
レンズは私にとっては、ホロゴンに次ぐ極上のロボグラフィレンズ、
アストロ・ベルリンのパンタッカー50㎜F2.3

私にとっては、極上の写真たち。
なぜ?
そのとき、その場の私の気持ちがそのまま出ているから。

でも、その場にいなかった人には分からない気持ち。
教室に10枚セットで持参して、ご覧頂いたのですが、
さて、教室の皆さんがどう受けとったか、私には分かりません。
皆さん、優れた写真作品を目指して努力しておられる方ばかり。
ありきたりのものをありきたりの撮り方で撮る、
そんな私の写真ではなにもピンと来るものがない、
という感じかも知れません。

先生から尋ねられました、
「どんなコンセプトで組んだのですか?」
私、「いえ、ただ、並べただけです」
これじゃ、写真教室としてのアドバイスをしたくても、
ちょっと無理。

「私なら、この3枚で組みますね」
そうおっしゃって、3枚選んでいただきました。
さあ、吉田正さんのようなストリート作家が選ぶとしたら、
どの写真でしょう?
お暇なら、考えてみてください。






b0226423_165113.jpg
b0226423_1649566.jpg
b0226423_16505597.jpg
b0226423_16492388.jpg
b0226423_16491756.jpg
b0226423_16491194.jpg
b0226423_16485713.jpg
b0226423_16484716.jpg
b0226423_16484036.jpg
b0226423_16483481.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-28 16:53 | PanTachar50/2.3 | Comments(0)

1695 加美下町(アポクロマート18㎜F2は雨上がりに生き生きと反応し)

2016年12月23日金曜日、
長女の家を訪ねて、長女一家とクリスマスパーティ。
私は朝早く訪れて、長女と孫プリンセスが、
「お母さんと一緒」のクリスマスショーに出かけるのを見送り、
風邪で微熱のある孫プリンスと留守番。

午前11時40分、プリンス、ぽつりと、
「お腹空いた」
5歳になったばかりの孫を残して、私一人、コンビニへ。
セブン・イレブンでしたか?
昼食のコーナーが充実しています。
電子レンジで加熱するタイプで、その仕上がりはかなり自然。
量も多いのがありがたい。
孫用には、シンプルなおうどん、私用には、チャンポン。

その往還約8分に40枚ばかり撮影。
Olympus EP-L1
アポクロマート18㎜F2
キノプティックの精彩あふれる超高画質のCマウントレンズ。
そもそもボケレンズを好む私の趣味から少しはずれています。
でも、ロボグラフィとしては意図通りの仕上げを見せてくれます。
だから、保有レンズ中屈指の回数、
34回も本ブログの記事となっています。

孫が待っていますので、すべてヒットエンドラン。
こんなときは余計に乗りよく撮影できます。
曇天なので余計にコントラストよく締まりのある画像。
使えば使うほど、キノプティックの名に恥じないレンズ、
そう納得させられてしまいます。





b0226423_1242065.jpg
b0226423_1241413.jpg
b0226423_124875.jpg
b0226423_124285.jpg
b0226423_1235664.jpg
b0226423_1234946.jpg
b0226423_123434.jpg
b0226423_1233737.jpg
b0226423_1232357.jpg
b0226423_1231735.jpg
b0226423_1231016.jpg
b0226423_12341.jpg
b0226423_1225787.jpg
b0226423_1224734.jpg
b0226423_1224035.jpg
b0226423_1223320.jpg
b0226423_1222689.jpg
b0226423_1222024.jpg
b0226423_122139.jpg
b0226423_1226100.jpg
b0226423_122175.jpg
b0226423_1215413.jpg
b0226423_1214626.jpg
b0226423_1213792.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-24 01:26 | Apochromat18/2 | Comments(0)

1694 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 3



グレン・グールドを絶えず聴いています。
近頃、ダヴィッド・フレイというピアニストが台頭しているようです。
絢爛たる演奏をできる人です。
じゃ、グレン・グールドを凌駕するだろうか?
おあいにく様。
無理なんじゃないでしょうか?
凄いテクニックなんだけど、まるで現代のレンズそっくりなのです。
圧倒的な表現力を持ちながら、どこか行き過ぎの感があって、
心に全然響いて来ない。

でも、彼のインタビューをネットで読みました。
「ピアニストというのは過酷な仕事なんだよね。
作品は膨大な数が存在するし、
練習は日々何時間も行わなくてはならない。
偉大な作曲家にはどうやったって勝てない。
ぼくは天才ではないから、
無意識に何でも弾けてしまう人とは異なり、
ひたすら作品に近づく努力をしなければならない。
だけど、あきらめずに練習を続けることで、
作曲家に対していつも敗者だと感じている自分が、
いつの日か勝者に値する演奏ができると感じる瞬間が
訪れることだってある。その瞬間がうれしくて、
ピアニストを続けているようなもんさ(笑)」

「ひとつの作品を長年に渡って必死で練習し、
ようやく自分の手の内に入ったなという感触をつかみ、
すごくうれしくなったとするでしょ。
でも、次の日になったら、
まだ階段の一番下にいると感じさせられるんだ。
偉大な作品に近づくのはそれだけ難しいということ」

なんだか、写真と一緒ですね。
この人もがんばってるんだなあ。
なんだかちょっと好きになりました。
パンタッカー50㎜F2.3に、ちょっと性格が似ているからです。

ホロゴン15㎜F8はまさに天才中の天才レンズ。
パンタッカー50㎜F2.3は黙々と仕事をしてきた、
そんな積み上げの性格を持つレンズです。
でも、どんな状況でも頑張ってくれます。
あっと驚く切れ味なんかありませんが、
なんとも言えず味わいがにじみ出てきます。
やっぱり私にとっては、ホロゴンに次ぐ、愛しのレンズ。





b0226423_16425868.jpg
b0226423_16425184.jpg
b0226423_16424331.jpg
b0226423_1642359.jpg
b0226423_16422624.jpg
b0226423_16422030.jpg
b0226423_16421430.jpg
b0226423_1642885.jpg
b0226423_1642297.jpg
b0226423_16415615.jpg
b0226423_16414951.jpg
b0226423_16414350.jpg
b0226423_16413863.jpg
b0226423_16413230.jpg
b0226423_16412792.jpg
b0226423_16412181.jpg
b0226423_16411547.jpg
b0226423_1641896.jpg
b0226423_1641144.jpg
b0226423_1640556.jpg
b0226423_16404795.jpg
b0226423_16404266.jpg
b0226423_16403694.jpg
b0226423_16403221.jpg
b0226423_16402640.jpg
b0226423_16401925.jpg
b0226423_16401159.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-21 17:23 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(0)

1693 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 2



ライカM9をも一度使いたくなった理由は、
画像をご覧頂ければ、お分かりでしょう。
ソニーα7の画像よりもずっと銀塩画質に近い。
そして、画像に厚みがある。
シノゴノいわずに、大阪加美のロボグラフィたちの続き、
ざらっと並べてみましょう。




b0226423_16501725.jpg
b0226423_16501050.jpg
b0226423_16495763.jpg
b0226423_16495070.jpg
b0226423_16494230.jpg
b0226423_16493522.jpg
b0226423_16492882.jpg
b0226423_16492127.jpg
b0226423_16482524.jpg
b0226423_16481088.jpg
b0226423_164837.jpg
b0226423_16475680.jpg
b0226423_16475061.jpg
b0226423_1647444.jpg
b0226423_16473712.jpg
b0226423_16473173.jpg
b0226423_16472234.jpg
b0226423_16471666.jpg
b0226423_1647138.jpg
b0226423_16465369.jpg
b0226423_16464074.jpg
b0226423_16463436.jpg
b0226423_16462734.jpg
b0226423_1646212.jpg
b0226423_16461412.jpg
b0226423_1646710.jpg
b0226423_1646299.jpg
b0226423_16455444.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-20 17:00 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(2)

1692 加美下町(パンタッカー50㎜F2.3が久しぶりにライカM9に付いた!)Part 1

長い間、ライカM9をカメラ防湿庫に寝かせていました。
友人からは、私が生活に困っているのを見るに見かねたのでしょう、
「ライカM9、使っていないなら、売ったらどうですか?」
私もちょっとぐらっと来ました。
ソニーα7ばかり使って来たからです。
なぜ?
ホロゴン15㎜F8がすんなり使えるからです。
ライカM9には、どうやら細工をしないと、付かない。
そのうえ、ソニーα7にはヘリコイド付きMマウントアダプタが使えて、
超接近できて、すべてのレンズを超近接で使える!

でも、一つだけ、ライカM9には美点があります。
画像の質がかなり高い。

でも、売りたくもある。
なぜ?
もちろん、生活に困っているから!

じゃ、売る前に、一度だけ使ってみよう、そう考えました。
孫の家に用があり、大阪加美に出かけました。
手提げ袋2杯分、差し入れの食べ物を運んだのです。
一家は全員仕事と保育園に出払って留守。
「押し込み強盗」ならぬ「押し込みペペ」
(我が家では、「おじいちゃん」「おばあちゃん」は禁句。
なぜって、おじいちゃん、おばあちゃんではないから!)
用を済ませてから、肩の荷を降ろして(文字通り)、
カメラを取り出し、半時間ほど撮影しました。

ライカM9
パンタッカー50㎜F2.3

131枚撮って、売るのはやめました。
3回に分けて、90枚ちょっとご覧頂きましょう。
銀塩ライカのことを忘れれば、
使い心地はソニーα7を遥かにしのぎます。
ライブビューは使えないけど、
ファインダーの二重像でピント合わせは楽しい。
画像は文句無し、2段は上。
でも、ファインダーでのピント合わせがうまくいっていないのも。
これは追々慣れることで対処できます。
ソニーα7と交互に使いましょう。





b0226423_14463378.jpg
b0226423_14453613.jpg
b0226423_14452918.jpg
b0226423_14452380.jpg
b0226423_14451416.jpg
b0226423_1445812.jpg
b0226423_1445119.jpg
b0226423_14445498.jpg
b0226423_14434789.jpg
b0226423_14433845.jpg
b0226423_14433113.jpg
b0226423_14432442.jpg
b0226423_14431897.jpg
b0226423_14431189.jpg
b0226423_1443449.jpg
b0226423_14425844.jpg
b0226423_14425117.jpg
b0226423_14423863.jpg
b0226423_14423064.jpg
b0226423_14422568.jpg
b0226423_14421814.jpg
b0226423_14421179.jpg
b0226423_1442256.jpg
b0226423_14415554.jpg
b0226423_14414961.jpg
b0226423_14414283.jpg
b0226423_14413658.jpg
b0226423_14412914.jpg
b0226423_14412133.jpg
b0226423_14411438.jpg
b0226423_1441686.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-20 01:16 | Pan.Tachar50/2.3 | Comments(0)

1667 下町加美(パンタッカー40㎜F2.3は地味だけど滋味があって)


5月19日、孫の家に行った際、
パンタッカー40㎜F2.3で撮った写真のアップを忘れていました。

ソニーNEX-5に付けて、実質60㎜レンズとして撮っています。
1940年前後のノンコーティングレンズです。
ぼろぼろ。
でも、それは使い倒されたから。
つまり、そこまで使いたくなるレンズだったから。
こういうのを熟成と言いたいですね。

そんなじんわりと心の籠もった描写に、
見れば見るほどしびれてしまう私ですが、
鮮烈鮮鋭の現代レンズのユーザーだったら、一言、
なに、このレンズ?




b0226423_1124719.jpg
b0226423_1124085.jpg
b0226423_11232772.jpg
b0226423_11232038.jpg
b0226423_11231324.jpg
b0226423_1123648.jpg
b0226423_1122598.jpg
b0226423_11225179.jpg
b0226423_1122454.jpg
b0226423_11223790.jpg
b0226423_11223043.jpg
b0226423_11222360.jpg
b0226423_11221674.jpg
b0226423_11221074.jpg
b0226423_1122226.jpg
b0226423_11215458.jpg
b0226423_11214683.jpg
b0226423_11213981.jpg
b0226423_11213226.jpg
b0226423_11212485.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-24 12:19 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1658 加美(エルマー50㎜F3.5は古いなんて、誰にも言わせたくないな)



アポクアリア28mmF2の描写を見て、あるレンズを思い出しました。
もちろん答えはこの記事の存在で明らかでしょう。

    エルマー50㎜F3.5

こう言うと、クラシックレンズ専門家は眉をひそめて、
「どの時期のエルマー?
エルマーにもさまざま種類があって...」と、
とくとく顔でのたまうでしょう。

私もお答えしましょう、
「私の知っているのは、私のエルマー一本だけ。
そのエルマーと似てると言って、なぜ悪いの?
他のエルマーがどうか、なんて知りませんよ。
あなただって、どれだけ試してみて、
どれだけちゃんと違いを見分けることができるのですか?
自分にできないことを人に求めないようにしましょうね」

というわけで、30枚並べてみました。
アポクアリア28mmF2との比較はさておいて、
さらに思い出してしまいました。
カルティエ=ブレッソンも1932年頃エルマーを使っていたと推測されますが、
彼の当時の写真たちとかなり似た写りではありませんか?
ということは、私のエルマーもなかなか良く写るレンズでは?





b0226423_23131590.jpg
b0226423_2313939.jpg
b0226423_2313247.jpg
b0226423_23125641.jpg
b0226423_23124928.jpg
b0226423_2312429.jpg
b0226423_23123668.jpg
b0226423_23123048.jpg
b0226423_2312153.jpg
b0226423_2312260.jpg
b0226423_23115519.jpg
b0226423_23115024.jpg
b0226423_2311441.jpg
b0226423_2311376.jpg
b0226423_23113281.jpg
b0226423_23112027.jpg
b0226423_2311165.jpg
b0226423_23105985.jpg
b0226423_23105448.jpg
b0226423_2310485.jpg
b0226423_23104196.jpg
b0226423_23103645.jpg
b0226423_23102496.jpg
b0226423_23101850.jpg
b0226423_23101117.jpg
b0226423_2310546.jpg
b0226423_2395670.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-04 23:14 | Elmar50/3.5 | Comments(0)

1656 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 2

pretty-bacchusさんが体調を崩しておられるようです。
私の畏友RAさんから今朝葉書が届き、
数日前から風邪で発熱して寝込んでしまったとのこと。
私も一昨日の夜から風邪の症状が明確になり、
昨日、今日とかなり体調が思わしくありません。
やはり季節の変動が健康に与えているのかも知れませんね。
皆さんもお大事に!

ダルメイヤーのチビレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF3.5の大阪加美での路傍写真、
残りを37枚を一挙アップすることにしましょう。

ほとんどの写真家の皆さんが叫ぶでしょう、
こんなレンズの欠点ばかり見える写真は却下!

どんなに孤立無援でも、私は私のレンズたちに味方します。
クラシックレンズたちは空気感が命。
その中でも、このレンズの空気感はひときわ濃密ではありませんか?
私はこんな温かな空気感が大好きなのです。




b0226423_236640.jpg
b0226423_236043.jpg
b0226423_2355272.jpg
b0226423_235474.jpg
b0226423_2354031.jpg
b0226423_2353319.jpg
b0226423_2352777.jpg
b0226423_2351956.jpg
b0226423_2351247.jpg
b0226423_235691.jpg
b0226423_2345880.jpg
b0226423_2345166.jpg
b0226423_2344447.jpg
b0226423_2343288.jpg
b0226423_2342469.jpg
b0226423_2341768.jpg
b0226423_234663.jpg
b0226423_234099.jpg
b0226423_2335397.jpg
b0226423_2334370.jpg
b0226423_2333776.jpg
b0226423_2333044.jpg
b0226423_2332428.jpg
b0226423_2331666.jpg
b0226423_2324719.jpg
b0226423_2323782.jpg
b0226423_232303.jpg
b0226423_2322389.jpg
b0226423_2321618.jpg
b0226423_232159.jpg
b0226423_2314641.jpg
b0226423_231365.jpg
b0226423_2311666.jpg
b0226423_23177.jpg
b0226423_2305078.jpg
b0226423_2303419.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-24 23:53 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1655 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 1

9月2日金曜日、孫プリンスのピアノレッスンの付き添いのため、
大阪加美に参りました。
孫プリンスを保育園から引き取る道すがら使ったのは、
ダルメイヤーの廉価版極小レンズ、

   トリプルアナスチグマート15mmF3.5。

Olympus EP-L1に付けるCマウントレンズ。
実質30mmレンズとして活躍しています。
ミニホロゴンと名付けているせいか、
がんばってくれて、とにかくよく撮れるレンズです。
ダルメイヤーのレンズの良さをフルに発揮してくれます。
リアルなんだけど、どこか非凡な雰囲気を醸し出せます。
f8に絞って、パンフォーカスとして使います。
逆光には弱いけど、順光では強烈です。
地味な画像です。
でも、私にはこれで十分なのです。

光り輝くような容貌、颯爽たる風姿に加えて、
非の打ち所がない才能と知能を兼ね備えた人物が居るとして、
そんな人物を親友にしたいですか?
それと同じようなものです。

私は、好きな写真を撮りたいのですが、
それは心に大きな喜びと平安を与えて欲しいから。
要するに、ほっとさせてほしいから。

非の打ち所がない完璧な画像が撮れたとして、
あなたは大きな喜びと平安を味わうことができますか?
そう、できる方も沢山おいででしょうね。
そんな方は、トリプルアナスチグマート15mmF3.5の写真を観て、
レンズの欠点、画像の不完全さばかりが目について、
とても我慢ができないでしょうね。
そんな方は、あっと言う間もなく、このブログから立ち去り、
二度とおいでになることはないでしょう。
それでよいのです。
写真には沢山の異なる楽土があります。
人の楽土に心を逸らすことなく、
自分に合った楽土に安住できれば、それでよいのですから。





b0226423_16593099.jpg
b0226423_16592315.jpg
b0226423_16591528.jpg
b0226423_1659953.jpg
b0226423_1659348.jpg
b0226423_16585677.jpg
b0226423_16584985.jpg
b0226423_16581276.jpg
b0226423_1658545.jpg
b0226423_16575883.jpg
b0226423_16575154.jpg
b0226423_16574574.jpg
b0226423_16554841.jpg
b0226423_16553758.jpg
b0226423_16552856.jpg
b0226423_16551360.jpg
b0226423_1655465.jpg
b0226423_16544258.jpg
b0226423_16541326.jpg
b0226423_1652576.jpg
b0226423_1651599.jpg
b0226423_16515393.jpg
b0226423_16514666.jpg
b0226423_21461096.jpg
b0226423_16513933.jpg
b0226423_16513184.jpg
b0226423_16503576.jpg
b0226423_1650274.jpg
b0226423_1650201.jpg
b0226423_16501249.jpg
b0226423_1650591.jpg
b0226423_1649515.jpg
b0226423_16494427.jpg
b0226423_16493662.jpg
b0226423_16492952.jpg
b0226423_16491229.jpg
b0226423_164902.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-23 18:39 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)