レンズ千夜一夜

タグ:ユニバーサルシティ ( 3 ) タグの人気記事

1742 阿波座へ(オリオン28㎜F6はロシアの下町レンズさ)1 移動

17年1月16日月曜日、
大阪ユニバーサルシティでの付虹先生の揚琴レッスンを済ませると、
昼食以降は自由時間となりました。
ちょっとした用が心斎橋の東急ハンズにありましたから、
昼食後どこかの駅へ移動して、撮ったことのない下町を撮ろう、
そう考えました。

バッグに用意したセットは近頃異色、
ライカM9
オリオン28㎜F6

28㎜レンズには名レンズがひしめきあっています。
50㎜、35㎜となると、玉石混淆。
でも、各社の初代28㎜レンズたちはどれも個性的で優秀です。
ほとんど28㎜レンズのユーザーが居ない時代に、
50㎜、35㎜レンズユーザーから28㎜に誘い込む、
いわばそんな使命を背負って設計製作されたのですから、
社運をかけるほどに腰を据えて作ったのでしょう。

オリオンはトポゴン25㎜F4のコピーだけに、
抜けがよくて、描写に破綻がありません。
3回セットでごらん頂きましょう。





b0226423_23452025.jpg
b0226423_23451438.jpg
b0226423_234562.jpg
b0226423_23445688.jpg
b0226423_23445047.jpg
b0226423_23444469.jpg
b0226423_23441287.jpg
b0226423_2344652.jpg
b0226423_23435987.jpg
b0226423_23435232.jpg
b0226423_23434537.jpg
b0226423_23433988.jpg
b0226423_23432993.jpg
b0226423_23431953.jpg
b0226423_23431340.jpg
b0226423_2343542.jpg
b0226423_23421839.jpg
b0226423_23421191.jpg
b0226423_2342111.jpg
b0226423_2341543.jpg
b0226423_23413839.jpg
b0226423_23412961.jpg
b0226423_23412370.jpg
b0226423_23411297.jpg
b0226423_234153.jpg
b0226423_23403299.jpg
b0226423_23402165.jpg
b0226423_23401485.jpg
b0226423_2340513.jpg
b0226423_23395823.jpg
b0226423_23394663.jpg
b0226423_2339356.jpg
b0226423_2339274.jpg
b0226423_23392069.jpg
b0226423_23391230.jpg
b0226423_2339327.jpg
b0226423_23385442.jpg
b0226423_23384643.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-23 23:56 | Orion28/6 | Comments(0)

1367 ユニバーサルシティ(ホロゴン15㎜F8Mで四角四面の写真を撮り続け)



岡本太郎さんの「壁を破る言葉」(イーストプレス刊)には、
私にプレゼントしてくれたかのような言葉が並びます。
ときどき頁を繰って、エネルギーを頂きます。
たとえば、こんな言葉、

「でたらめをやってごらん。
口先では簡単にでたらめなら、と言うけれども、
いざでたらめをやろうとすると、それができない」

私のホロゴン、ノーファインダー撮影にぴったり。
幾度か書きましたが、
妻に言わせれば、
「あなたは最初から壁にぶつかったまま。
それから一歩も進んでいない」
私の昔の写真の師匠田島謹之助さん、
「あなたの写真は一見なんだか意味ありげなんだけど、
よく見ると、なーんにもない」

この壁をぶち破るために私が採った道が、
ホロゴン、ノーファインダー撮影
でも、私はどちらかと言うと、
良い加減な人間に見えて、実は四角四面で、
ノンクリエイティブで、要するにただの平凡人。

そんなに簡単に巧く行くものじゃありませんね。
15㎜撮ってご覧になればお分かりいただけるはず。
でたらめに撮ると、ほんとうにでたらめな超広角写真になるだけ。
「あんた、なに撮りたかったの?」

だから、ノーファインダーで撮っても、私が採用したのは、
「超接近最短水平垂直撮影法」
でも、これまた困ったもの。
やってごらんになればお分かりいただけますが、
ただの普通の写真が撮れます。
これじゃ、壁をぶち破るなんて夢のまた夢。

だからと言って、じゃ、おもいっきり無茶苦茶に撮る!
これができない、ということで、
未だに岡本太郎さんにご厄介になっている始末。





b0226423_11541488.jpg
b0226423_1154720.jpg
b0226423_11534842.jpg
b0226423_1153402.jpg
b0226423_11533395.jpg
b0226423_11532652.jpg
b0226423_1154076.jpg
b0226423_1153197.jpg
b0226423_11531277.jpg
b0226423_1153545.jpg
b0226423_11525839.jpg
b0226423_11525210.jpg
b0226423_11524686.jpg
b0226423_1152396.jpg
b0226423_11523369.jpg
b0226423_11522729.jpg
b0226423_11522082.jpg
b0226423_11521417.jpg
b0226423_1152863.jpg
b0226423_1152230.jpg
b0226423_11515639.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-07-15 12:07 | Hologon15/8Degital | Comments(0)

1049 ユニバーサルシティ(オリオン15-28mmF6はロシア製レンズの白眉じゃないのかな?)



今日はFujifilm X-Pro1を持ち出しました。

    レンズはルサール。
    オリオン28mmF6

ロシア版トポゴンです。

    オリジナルトポゴンをそのまま小型化したような超軽量レンズです。
    絞り羽根がF6のところまで出て、それ以上開かないようにしてあります。
    畏友のRAさんが宮崎貞安さんに全部開くように改造していただきました。
    F4.5あたりでしょうか?
    試用させていただきましたが、周辺が若干崩れる程度で、
    中心部は立派に撮れます。
    
周辺まで像の崩れを許さない、これが正統派レンズ制作者の誇りなのでしょう。
現代レンズは、コンピューターによるレンズ設計技術、
レンズ製作技術が格段に進歩したようで、
開放から完璧な画像を提供してくれるレンズだらけ。
これがいわば最低基準で、その上に、個性を築きあげようというのでしょう。

    でも、残念ながら、完璧になると、個性を出すのはなかなか難しい。
    劣等生はみんな個性的ですが、優等生はちっとも面白くない。
    あなたも、そんな体験を劣等生として味わったのでは?

ブロガーの皆さんの多くは、どうやら優等生だったらしく、
作品は完璧画像ですね。

あるサイトで奇跡的な写真ばかりを集めた記事をみました。

    背泳ぎ選手のぬったりとガラスで覆われているような顔、
    白雲の中から半ば飛び出した瞬間のジェット戦闘機、
    道路を走行する普通自動車の屋根を今しも飛び越そうとするインパーラ、
    などなど、ほんとうに奇跡的な写真なのですが、
    8000分の1秒、露出感度6400、オートフォーカスなど、
    現代のカメラの装備でなければ絶対に撮れない写真。

はっきり言って、私にはつまらない。

    どこかにリアリティと生命感が置いてきぼりになっている感じ。

私は、だから、デジタルで撮るときでも、
できるかぎり、銀塩の味わいを取り戻したいと努力しています。

    いつもの全パラメータ最低の設定のせいでしょうか?
    Fujifilm X-Pro1に付けたオリオンを開放のまま撮りますと、
    おっとりとして節度のある画像になってくれます。

よいレンズです。

    ユニバーサルシティ、西九条駅界隈、西大寺、
    この3個所で230枚撮りました。
    第一部はユニバーサルシティでの撮影分。
    トポゴン25mmF4に負けていませんね。




b0226423_22374193.jpg
b0226423_22373531.jpg
b0226423_22444648.jpg
b0226423_22371670.jpg
b0226423_22465367.jpg
b0226423_22464654.jpg
b0226423_223658100.jpg
b0226423_22365380.jpg
b0226423_2236472.jpg
b0226423_22364143.jpg
b0226423_22363698.jpg
b0226423_22362975.jpg
b0226423_223618100.jpg
b0226423_2236713.jpg
b0226423_223511100.jpg
b0226423_2235113.jpg
b0226423_22345270.jpg
b0226423_22344327.jpg
b0226423_22343532.jpg
b0226423_22342779.jpg

by Sha-sindbad | 2014-06-09 22:48 | Orion28/6 | Comments(2)