レンズ千夜一夜

タグ:マクロスイター26㎜f1.1 ( 4 ) タグの人気記事

1815 裏道伝い(2017年5月28日マクロスイター26㎜F1.1を持ってポストまで)


ケルン社のCマウントレンズの頂点、
それがマクロスイター26㎜F1.1、
それがこれだと考える人は私一人ではないでしょう。

我が家からポストまで200mほどでしょうか?
その往還と、ポスト付近とを歩いて、
このレンズで48枚撮りました。
30枚ほどご覧いただきましょう。

いつも主題、画像、どちらか、どちらも、ボケボケ写真ですが、
今回はことさらかなりボケボケという感じですね。
F2、あるいはF1.4のレンズなら、開放でもかなりキリリと撮れます。
でも、F1.1となると、合焦範囲はヘヤーラインほどなのに、
その開放オンリーのせいかも?




b0226423_1729366.jpg
b0226423_17285796.jpg
b0226423_17285126.jpg
b0226423_17284424.jpg
b0226423_17283812.jpg
b0226423_17283255.jpg
b0226423_17282446.jpg
b0226423_17281768.jpg
b0226423_17281084.jpg
b0226423_1728427.jpg
b0226423_17275877.jpg
b0226423_17275176.jpg
b0226423_17274563.jpg
b0226423_17273913.jpg
b0226423_17273248.jpg
b0226423_17272629.jpg
b0226423_17271952.jpg
b0226423_17271165.jpg
b0226423_1727526.jpg
b0226423_17265953.jpg
b0226423_1726527.jpg
b0226423_17264799.jpg
b0226423_17264189.jpg
b0226423_17263494.jpg
b0226423_17262616.jpg
b0226423_1726198.jpg
b0226423_17261114.jpg
b0226423_1725563.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-14 21:22 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1680 国立文楽劇場(マクロスイター26㎜f1.1をバッグに忍ばせて)

私は30年来の文楽ファンとして生きてきたのですが、
その大半を蓑助の神業のような人形遣いに目が釘付け。
蓑助が引退したら、文楽鑑賞はお仕舞い、そう決めています。
妻と一緒に蓑助に会いに行った際、
国立文楽劇場の内外で17枚撮りました。
カメラはオリンパスEP-L1。
レンズはマクロスイター26㎜f1.1。
全部ご覧下さい。
ケルンのレンズらしい、ほんのりとした温かさが身上。





b0226423_1782575.jpg
b0226423_1781646.jpg
b0226423_178959.jpg
b0226423_178282.jpg
b0226423_1775385.jpg
b0226423_1751883.jpg
b0226423_175770.jpg
b0226423_1744268.jpg
b0226423_1743458.jpg
b0226423_1742857.jpg
b0226423_174971.jpg
b0226423_174221.jpg
b0226423_1735612.jpg
b0226423_1734816.jpg
b0226423_1734144.jpg
b0226423_1733285.jpg
b0226423_1732361.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-29 18:00 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1440 ただの袋(マクロスイター26㎜F1.1もやっぱりメタモルレンズ)



葛城古道で撮った写真を今別ブログ「わが友ホロゴン」で掲載中ですが、
その一枚を見た途端、感じました、
本ブログでもフィーチャーしたい。

現代レンズの特質を概括すると、「超リアリティ」と言えそうです。
肉眼では絶対にそうは見えないほどに、リアリティを高める方向。
もちろん、これは私の視力、眼力を標準にしての印象。
もしかすると、若い人たちの目には、
デジタルレンズの画像そのままが見えているのかも知れません。

私がクラシックレンズに求める特質は違います。
メタモルフォーゼこそそれなのですが、
いわば「化身性」とでも名付けたくなるような、独特の変容。

葛城古道でも、それが起こりました。
ケルンのレンズは堂々たる厚みでの再現性に特徴があって、
キノプラズマートのようなメタモルフォーゼ創造のレンズではないのですが、
ただの肥料袋からなぜかオーラが立ち上るようです。
F1.1の超大口径レンズの魔術なのでしょうか?




b0226423_2222582.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-26 22:23 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1434 九品寺(マクロスイター26㎜F1.1は九品寺の大瓦屋根をバックコーラスにしてしまい)


ケルンの映画用レンズ、マクロスイター26㎜F1.1を使い度に感じることは、
これがF1.1の超大口径だなんて、信じられないということ。

このような超大口径レンズの場合に限りませんが、
もっとも画質が向上するのは2、3段絞ったあたりだと言われています。
写真家なら、使用レンズの最高の画質を使いたいと思うのは当然です。

でも、私のように、なんでもないものを撮って、
そこに玄妙な味わいを求めたい向きには、
レンズの欠陥、弱点が総出演する開放に賭けたい。
それでこそ、予測不能の楽しみを味わえるのですから。

葛城古道の醍醐味の一つが九品寺。
その石仏群もさることながら、私の好みは本堂の大屋根。
裏山の石仏群に上るつづれ織り道が本堂の裏を上っていきます。
おかげで、大屋根と対等に向かい合える稀な位置に恵まれます。

マクロスイターのような超大口径レンズの場合、
大屋根そのもののディテールを狙うなんて、宝の持ち腐れです。
大屋根を脇役にして、圧倒的な存在感を霞ませてしまう。
それができるのがこのレンズの楽しさですね。
その秘訣は、F1.1の大口径なのに、ぐっとシャープであること。
主人公がきりっとしているからこそ、
大屋根という存在感豊かな脇役さえぼけてくれます。




b0226423_10332814.jpg
b0226423_10432547.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-20 10:43 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)