レンズ千夜一夜

タグ:マクロスイター26㎜f1.1 ( 6 ) タグの人気記事

1915 朧に(2017年9月20日マクロスイター26㎜F1.1が京都駅界隈をしっとりと)2 触感行為


人間の感覚、センスというものは千差万別ですね。
ある人が美しいと思うものを、ある人は醜いと思う。
ある人がこよなく愛するものを、ある日は唾棄する。
そんなことはありふれた出来事のようです。

まさに「なんでもない」ロボグラフィを撮り続けてきますと、
自分の感覚がかなりありふれていない、
その上、「フォトジェニック」ということも、
「独創性」ということも、一向に気にかけていない、
ということに気づかされます。
写真や芸術作品をコピーすることもまるで平気。
独創性を重視する人には堪え難い不節操、と写るでしょう。

目の不自由な方は、ものの存在を実感するためには、
触らなければなりません。
私がやっていることはそれなんだ。
見るだけでは見えないものがある、
写真に撮るという行為を経ることで、
はじめて見えてくるものがある、
そう気づきました。

そこで、分かってきたことがあります。
私にとって、写真は表現行為ではない。
知覚行為、それももっとも親密な触感行為なのだ。

闇の中、半ば寝ぼけたまま手を伸ばす、
すると、その手の先に得も言われない柔らかさを感じる。
えっ、なんだろう?
これまで経験したこともない感触。
一体なんだろう?
目覚めつつ、両手を伸ばして、確かめようとする、
そんな営為、それがロボグラフィ。

Cマウントレンズを使うとき、
そんなロボグラフィ的触感作用が一際強く感じられます。

写真愛好者は地球上に何億といるでしょう。
21世紀人でないと体験しえなかっただろう、
そう思えるほどに、超リアリティ、超客観性、
そう言いたくなるような精密描写を愛する人の方が、
圧倒的に多いでしょう。
私のように、朦朧態のボケボケ写真にしびれる人は、
圧倒的に少ないでしょう。

今回のマクロスイター26㎜F1.1写真は、
もしかすると、リトマス試験紙かも知れません。
「なんだ、これは?
こんなのどこがいいの?」
そうお感じになったら、私の二つのブログは、
あなたには無縁、そう申し上げてもよろしいでしょう。




b0226423_18020518.jpg
b0226423_18021285.jpg
b0226423_18021873.jpg
b0226423_18022331.jpg
b0226423_18022953.jpg
b0226423_18023562.jpg
b0226423_18024196.jpg
b0226423_18024766.jpg
b0226423_18025319.jpg
b0226423_18030090.jpg
b0226423_18030759.jpg
b0226423_18031260.jpg
b0226423_18031837.jpg
b0226423_18033150.jpg
b0226423_18033767.jpg
b0226423_18034297.jpg
b0226423_18034897.jpg
b0226423_18035493.jpg
b0226423_18040132.jpg
b0226423_18040768.jpg
b0226423_18041302.jpg
b0226423_18042026.jpg
b0226423_18042681.jpg
b0226423_18043207.jpg
b0226423_18044057.jpg
b0226423_18045182.jpg
b0226423_18045757.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-12-09 18:06 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1914 朧に(2017年9月20日マクロスイター26㎜F1.1がバス停あたりをしっとりと)1 ワクワクタイム


12月5日火曜日、
長女の子供達の保育園のワクワクタイムでした。

保育園の2歳児から5歳児(大半は6歳)の各クラスが、
それぞれに教室でパフォーマンスを見せてくれる催し。
自分の孫の成長ぶりを改めて確認できますが、
それとともに、4、5年の間、一緒に育ってきた子供達、
全員の成長も観ることができます。

ワクワクカーニバル(運動会)で、
さまざまなパフォーマンスを見せてくれたのに、
つい1ヶ月ほどたったばかりなのに、
楽しげに3つのパフォーマンスを演じてくれました。
童謡を日本語、韓国語、中国語、ヴェトナム語、英語で歌ったり、
合奏したり、劇を演じたり、と、
演じる園児たちも大したものですが、
しっかり教え込む保母さんたちの努力と能力は大したものです。

今回が最後のワクワクタイムとなる6歳の孫の成長ぶりを観るにつけ、
保育園から受けた恩恵は計り知れないものがあると、
その都度、感嘆させられてしまいます。

30人弱の園児たちが、5年間もの間、
互いに性格を知り尽くした上で、
毎日朝から夕方まで一緒に過ごすのですから、
まさに兄弟姉妹同然の関係を結び、社会性を身につけてきました。
どんなところでも人見知りすることなく、
年長、年下の子供達ともまったく自然に接することができます。

3歳児クラスのときには、ちょっとした寸劇で、
かぼそく蚊のなくようなセリフをつぶやいていた孫プリンスが、
6歳の今、3度ばかり、しっかり透る声でセリフを言うのを聴いて、
そのあまりの変貌ぶりに驚き、
保母さんたちに限りない感謝を感じるとともに、
ちょっと大げさと思われるかも知れませんが、保育園教育は、
孔子の言った「修身斉家治国平天下」の出発点となってくれる、
そんな気さえしました。

さて、今回の写真は、私も、同じ孔子様の言葉に沿って生きてる、
そんなことを実感させてくれる、バス停までのロボグラフィ。

  「足るを知る」

フォトジェニックな光景を求めて遠く出歩くことはほとんどなくなり、
日常のなにげない出会いを記録するだけで足りる、
そんな写真生活にいつしか移行してしまいました。
バス停までの往還なんて、なんの変哲もない道行き。
そんな道行きでの撮影を飽きもせず続けている私は、
だんだんと不動産と化しつつあるのかも知れません。
それでもいいんじゃない?

Cマウントレンズの私にとっては最高峰の一本、
マクロスイター26㎜F1.1が撮ってくれた写真たち、
その穏やかな表情は、私の撮影時の表情を谺しているのかも、
なんて、考えたくなってしまいます。




b0226423_17363145.jpg
b0226423_17363704.jpg
b0226423_17364251.jpg
b0226423_21240050.jpg
b0226423_21240629.jpg
b0226423_21241236.jpg
b0226423_21241742.jpg
b0226423_21242345.jpg
b0226423_21242941.jpg
b0226423_21243632.jpg
b0226423_21244357.jpg
b0226423_21244812.jpg
b0226423_21245414.jpg
b0226423_21250154.jpg
b0226423_21250736.jpg
b0226423_21251280.jpg
b0226423_21251892.jpg
b0226423_21252547.jpg
b0226423_21253056.jpg
b0226423_21253649.jpg
b0226423_21254313.jpg
b0226423_21254974.jpg
b0226423_21260488.jpg
b0226423_21262255.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-12-08 22:48 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1815 裏道伝い(2017年5月28日マクロスイター26㎜F1.1を持ってポストまで)


ケルン社のCマウントレンズの頂点、
それがマクロスイター26㎜F1.1、
それがこれだと考える人は私一人ではないでしょう。

我が家からポストまで200mほどでしょうか?
その往還と、ポスト付近とを歩いて、
このレンズで48枚撮りました。
30枚ほどご覧いただきましょう。

いつも主題、画像、どちらか、どちらも、ボケボケ写真ですが、
今回はことさらかなりボケボケという感じですね。
F2、あるいはF1.4のレンズなら、開放でもかなりキリリと撮れます。
でも、F1.1となると、合焦範囲はヘヤーラインほどなのに、
その開放オンリーのせいかも?




b0226423_1729366.jpg
b0226423_17285796.jpg
b0226423_17285126.jpg
b0226423_17284424.jpg
b0226423_17283812.jpg
b0226423_17283255.jpg
b0226423_17282446.jpg
b0226423_17281768.jpg
b0226423_17281084.jpg
b0226423_1728427.jpg
b0226423_17275877.jpg
b0226423_17275176.jpg
b0226423_17274563.jpg
b0226423_17273913.jpg
b0226423_17273248.jpg
b0226423_17272629.jpg
b0226423_17271952.jpg
b0226423_17271165.jpg
b0226423_1727526.jpg
b0226423_17265953.jpg
b0226423_1726527.jpg
b0226423_17264799.jpg
b0226423_17264189.jpg
b0226423_17263494.jpg
b0226423_17262616.jpg
b0226423_1726198.jpg
b0226423_17261114.jpg
b0226423_1725563.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-06-14 21:22 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1680 国立文楽劇場(マクロスイター26㎜f1.1をバッグに忍ばせて)

私は30年来の文楽ファンとして生きてきたのですが、
その大半を蓑助の神業のような人形遣いに目が釘付け。
蓑助が引退したら、文楽鑑賞はお仕舞い、そう決めています。
妻と一緒に蓑助に会いに行った際、
国立文楽劇場の内外で17枚撮りました。
カメラはオリンパスEP-L1。
レンズはマクロスイター26㎜f1.1。
全部ご覧下さい。
ケルンのレンズらしい、ほんのりとした温かさが身上。





b0226423_1782575.jpg
b0226423_1781646.jpg
b0226423_178959.jpg
b0226423_178282.jpg
b0226423_1775385.jpg
b0226423_1751883.jpg
b0226423_175770.jpg
b0226423_1744268.jpg
b0226423_1743458.jpg
b0226423_1742857.jpg
b0226423_174971.jpg
b0226423_174221.jpg
b0226423_1735612.jpg
b0226423_1734816.jpg
b0226423_1734144.jpg
b0226423_1733285.jpg
b0226423_1732361.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-29 18:00 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1440 ただの袋(マクロスイター26㎜F1.1もやっぱりメタモルレンズ)



葛城古道で撮った写真を今別ブログ「わが友ホロゴン」で掲載中ですが、
その一枚を見た途端、感じました、
本ブログでもフィーチャーしたい。

現代レンズの特質を概括すると、「超リアリティ」と言えそうです。
肉眼では絶対にそうは見えないほどに、リアリティを高める方向。
もちろん、これは私の視力、眼力を標準にしての印象。
もしかすると、若い人たちの目には、
デジタルレンズの画像そのままが見えているのかも知れません。

私がクラシックレンズに求める特質は違います。
メタモルフォーゼこそそれなのですが、
いわば「化身性」とでも名付けたくなるような、独特の変容。

葛城古道でも、それが起こりました。
ケルンのレンズは堂々たる厚みでの再現性に特徴があって、
キノプラズマートのようなメタモルフォーゼ創造のレンズではないのですが、
ただの肥料袋からなぜかオーラが立ち上るようです。
F1.1の超大口径レンズの魔術なのでしょうか?




b0226423_2222582.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-26 22:23 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)

1434 九品寺(マクロスイター26㎜F1.1は九品寺の大瓦屋根をバックコーラスにしてしまい)


ケルンの映画用レンズ、マクロスイター26㎜F1.1を使い度に感じることは、
これがF1.1の超大口径だなんて、信じられないということ。

このような超大口径レンズの場合に限りませんが、
もっとも画質が向上するのは2、3段絞ったあたりだと言われています。
写真家なら、使用レンズの最高の画質を使いたいと思うのは当然です。

でも、私のように、なんでもないものを撮って、
そこに玄妙な味わいを求めたい向きには、
レンズの欠陥、弱点が総出演する開放に賭けたい。
それでこそ、予測不能の楽しみを味わえるのですから。

葛城古道の醍醐味の一つが九品寺。
その石仏群もさることながら、私の好みは本堂の大屋根。
裏山の石仏群に上るつづれ織り道が本堂の裏を上っていきます。
おかげで、大屋根と対等に向かい合える稀な位置に恵まれます。

マクロスイターのような超大口径レンズの場合、
大屋根そのもののディテールを狙うなんて、宝の持ち腐れです。
大屋根を脇役にして、圧倒的な存在感を霞ませてしまう。
それができるのがこのレンズの楽しさですね。
その秘訣は、F1.1の大口径なのに、ぐっとシャープであること。
主人公がきりっとしているからこそ、
大屋根という存在感豊かな脇役さえぼけてくれます。




b0226423_10332814.jpg
b0226423_10432547.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-10-20 10:43 | MacroSwitar26/1.1 | Comments(0)