レンズ千夜一夜

タグ:ホロゴン15㎜F8U ( 32 ) タグの人気記事

1736 ユニバーサルシティ(ホロゴン15㎜F8Uが駅界隈をさっとスウィープ)


ホロゴンウルトラワイドを手に入れて20年、
この15㎜レンズをこよなく愛してきましたが、
それまで21㎜レンズさえも使いこなせなかった人間が
どうして15㎜レンズに深くはまり込んでしまったか?
これは、当の本人にも謎。

分かっていることは、私の直感、これ一つ。
カメラのマツバラ光機で出会った瞬間、
このカメラ、僕を待っていてくれた!

使いこなしなどできると考えたことはありません。
ただ、ただ、馴染むこと、これだけ。
ただ、ただ、使い込むこと、これだけ。

思う存分使いこなせるレンズって、私が思うに、
大したことはないのです。
思うように使いこなせないからこそ、
レンズが私になにかをプレゼントしてくれます。
それは一種の賜物です。
ひたすら感謝して受けとるだけ。

一種の運命、私はそう信じています。
生涯に掛け替えのない人、ものに幾度か巡り会うことができました。
あなたもそうでしょう?
そんな巡り会いって、
いつも髪の毛一筋のチャンスが恵んでくれた幸運、
そうではありませんか?
そして、ひたすら感謝するほかはない、
そうではありませんか?





b0226423_182870.jpg
b0226423_181417.jpg
b0226423_18738.jpg
b0226423_18141.jpg
b0226423_165972.jpg
b0226423_165255.jpg
b0226423_164233.jpg
b0226423_163584.jpg
b0226423_162995.jpg
b0226423_161871.jpg
b0226423_161126.jpg
b0226423_16454.jpg
b0226423_155733.jpg
b0226423_155215.jpg
b0226423_154570.jpg
b0226423_153083.jpg
b0226423_152110.jpg
b0226423_151340.jpg
b0226423_15577.jpg
b0226423_145612.jpg
b0226423_144933.jpg
b0226423_144181.jpg
b0226423_143399.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 02:00 | Hologon15/8U | Comments(0)

1732 雨のバス停に(ホロゴン15㎜F8Uは全天候型というより、雨が大好き)

2016年12月10日、京都四条河原町あたりを撮影しました。
ソニーα7にホロゴン15㎜F8Uを付けました。
579枚撮りました。
まずは、我が家からバス停までの道中ロボグラフィをアップしましょう。

京都での撮影分は別ブログ「わが友ホロゴン」に連載します。
雨模様にホロゴンは生き生きと反応してくれました。
でも、実はどんな天候でも、ホロゴンは生き生き活躍してくれます。
私とは生涯の伴侶。




b0226423_22592620.jpg
b0226423_2259202.jpg
b0226423_22591284.jpg
b0226423_2259674.jpg
b0226423_22585938.jpg
b0226423_22585310.jpg
b0226423_22584725.jpg
b0226423_22583732.jpg
b0226423_22582927.jpg
b0226423_22582323.jpg
b0226423_22581733.jpg
b0226423_22581094.jpg
b0226423_2258280.jpg
b0226423_22575698.jpg
b0226423_22575011.jpg
b0226423_22574526.jpg
b0226423_2312773.jpg
b0226423_23115838.jpg
b0226423_23115057.jpg
b0226423_23114372.jpg
b0226423_23113473.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-08 23:13 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

729 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 3-完-

昨日はブログはお休み。
音楽に集中していました。
リコーダー、揚琴、二胡、それぞれに宿題があって、
アップアップ状態。

そのうえ、ソニー・ウォークマンの増強作戦。
iPod64gGにたっぷり入れていたデータを、
マックからウォークマンになだれ込ませたのです。
これで、どこかに籠城しても、何日も音楽を楽しめます。
昨夜12時までかかりました。
まだ半分くらいですが、韓流ドラマの時間が来たので、ストップ。

今朝は、そのウォークマンで、
グールドの「ベートーヴェンピアノ協奏曲1番」を聴きました。
ピアノが神がかったほどに霊感に満ちて美しく歌います。
今日午後は孫プリンスのピアノレッスンの付き添いです。
この感動がプリンスにどうにかして伝わって、
突然、ピアノのスケールをキラキラと演奏してくれたら?
媒介者の私がそうならないのに、無理か?
まあ、いいでしょう。

それにしても、現代のピアニストたち、
絢爛たる超絶技巧をそれぞれに見せてくれます。
でも、誰もかも区別がつかない。
コルトーにしてもグールドにしてもそうですが、
そうした超絶技巧の現代ピアニストたちの遥か上に、
峨々として聳える感があります。
どうしてでしょうね?

ホロゴンウルトラワイドによる飛鳥路のロボグラフィ、
ラストの35枚です。
こうして久しぶりに並べてみて、結論は明らか。
銀塩ホロゴンはデジタルホロゴンと全然別ものです。
はっきり、段違い。
ここでも、ピアニストたちと似た隔絶感を感じます。
なにが進歩だ?





b0226423_1130921.jpg
b0226423_1130328.jpg
b0226423_11295745.jpg
b0226423_11295133.jpg
b0226423_11294576.jpg
b0226423_11293778.jpg
b0226423_11292570.jpg
b0226423_1129198.jpg
b0226423_1129142.jpg
b0226423_1129762.jpg
b0226423_11285978.jpg
b0226423_1128534.jpg
b0226423_1128467.jpg
b0226423_11283948.jpg
b0226423_11282746.jpg
b0226423_11281987.jpg
b0226423_11281217.jpg
b0226423_1128697.jpg
b0226423_11275957.jpg
b0226423_11275224.jpg
b0226423_1127442.jpg
b0226423_11273221.jpg
b0226423_11272512.jpg
b0226423_11271676.jpg
b0226423_1127866.jpg
b0226423_1127179.jpg
b0226423_11265350.jpg
b0226423_11264484.jpg
b0226423_11263825.jpg
b0226423_11262984.jpg
b0226423_11262180.jpg
b0226423_11261511.jpg
b0226423_1126631.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-03 11:32 | Hologon15/8 | Comments(0)

1728 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 2


約11年前に、ホロゴンウルトラワイドで飛鳥路を撮影した写真たち、
ニコンの六×九判フィルムまでスキャンできるスキャナー、
SUPER COOLSCAN 9000 EDでネガカラーからスキャンしました。
今回も34枚並べました。

よくご覧下さい。
現代のデジタル写真よりも遥かに素敵ではありませんか?
少なくとも、私がソニーα7で撮った写真よりも、
はるかに立体感があり、生彩が溢れる、そう思えるのですけどねえ.......





b0226423_23363521.jpg
b0226423_23362840.jpg
b0226423_23362237.jpg
b0226423_23361577.jpg
b0226423_2336929.jpg
b0226423_2336256.jpg
b0226423_23355584.jpg
b0226423_23354846.jpg
b0226423_23354152.jpg
b0226423_2335349.jpg
b0226423_23352887.jpg
b0226423_23352185.jpg
b0226423_23342856.jpg
b0226423_23341982.jpg
b0226423_23341337.jpg
b0226423_2334434.jpg
b0226423_23335780.jpg
b0226423_23334911.jpg
b0226423_23334220.jpg
b0226423_23333473.jpg
b0226423_23332614.jpg
b0226423_23331963.jpg
b0226423_23331294.jpg
b0226423_2333410.jpg
b0226423_23325630.jpg
b0226423_23324952.jpg
b0226423_23324115.jpg
b0226423_23323458.jpg
b0226423_23322748.jpg
b0226423_2332185.jpg
b0226423_23321122.jpg
b0226423_2332074.jpg
b0226423_23315240.jpg
b0226423_23314532.jpg
b0226423_23313883.jpg
b0226423_23312989.jpg
b0226423_23312080.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-01 23:37 | Hologon15/8 | Comments(0)

1727 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 1


ちょっと思い立って懐かしのキーボードを購入しました。
Happy Hakking Keyboard Professional 2 英語版

長い間28インチシネマディスプレイ、マックプロを使う私の伴侶でした。
でも、どちらもなぜか一緒に逝ってしまい、キーボードだけ残りました。
職場で使っていたMacBook Airの伴侶となりした。
でも、十年以上経ったせいでしょう、接続部分がダメになってしまい、
あえなく引退。

その後、6、7年、MacBook Airのキーボードで我慢してきました。
滑らかなタッチで感触は悪くありません。
でも、Happy Hakking Keyboardのタッチの感触には敵わない。
長年使ってきたキーの間隔より微妙に狭いせいでしょうか、
ミスタッチも増えました。

今日帰ってきた懐かしのキーボード、やっぱり最高。
キーボードを意識せずに文章を書ける!
今気がつきました。
Happy Hakking Keyboard、お前は書斎のホロゴンだった。

そこで、私の隠れた伴侶の帰郷を祝って、
ホロゴンウルトラワイド時代のホロゴン写真を何回か並べましょう。
銀塩ホロゴンはコクのある描写と類い稀な立体感が際だっています。
思えば、私の在職時代の15年間は、ホロゴンウルトラワイドと
Happy Hakking Keyboardと一緒に生きた時代でした。





b0226423_22301536.jpg
b0226423_223073.jpg
b0226423_2230074.jpg
b0226423_22295379.jpg
b0226423_22294666.jpg
b0226423_22293962.jpg
b0226423_22292352.jpg
b0226423_22291767.jpg
b0226423_22291183.jpg
b0226423_2228584.jpg
b0226423_22284648.jpg
b0226423_22283936.jpg
b0226423_22283368.jpg
b0226423_22282639.jpg
b0226423_22282091.jpg
b0226423_22281245.jpg
b0226423_2228689.jpg
b0226423_22275852.jpg
b0226423_22275212.jpg
b0226423_22274087.jpg
b0226423_22273315.jpg
b0226423_22272544.jpg
b0226423_22271933.jpg
b0226423_2227129.jpg
b0226423_2227580.jpg
b0226423_22265856.jpg
b0226423_22265129.jpg
b0226423_22264381.jpg
b0226423_22263724.jpg
b0226423_22262957.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-31 23:23 | Hologon15/8U | Comments(0)

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1700 こんな風に生きたい!(大台に乗った記念はやはりホロゴンで飾る)



b0226423_2256791.jpg







千夜一夜もレンズ談義を続けたい、
そんな野望に燃えて始めたこのブログ、
気がついたら、とっくの昔に千夜一夜を通り越し、
ついに1700夜を迎えてしまいました。
千夜一夜目は、次の記事です。

   1001 道(レンズ千夜一夜の最高の語り手はやっぱりホロゴン)
      (http://shasindbad.exblog.jp/22473961/)
            by Sha-Sindbad | 2014-04-19 21:21

2年8ヶ月ちょっとかかったわけです。
前回は岩に切り込まれた階段道でした。

今回は竹の根っこの写真にしました。
もちろん、ホロゴン15㎜F8Uで撮った写真です。
カメラはソニーα7。

こんなにびっしりと根を生やして、
大地をしっかりとつかんでいるのです。
竹のしたたかさが分かります。
私もこんな竹になりたい。

たった一つの趣味が旅でした。
ところが、老母が寝たきりになって、旅に行けなくなりました。
今では、私にはなんの楽しみもありません。
そんな方だっているかも知れません。
私にだって、似たようなことが起こるかもしれない。
私自身が寝たきりになるかもしれない。
どんなことが起こっても、私は自分の人生を生きたい!
自分の人生を楽しみたい。
そのためには、沢山の根っこをこの大地に伸ばしておきたい。
この竹を見つけた途端、私が思ったのはそのことでした。

アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドが書いていました、
人生のあらゆる瞬間のあらゆることを生き甲斐にしよう。
文字通りすべての生きる行為に生き甲斐を感じよう。

この根っこを見つめているうちに、
ホワイトヘッドが考えていたことはこんなことなんだな、
そう納得できた感じ。

隠退してから、ちょっとそれに近くになりつつあります。
生活のあらゆる場面に重要性の差がなくなりつつあります。
「これを急いでやり終えて、あれをしなくちゃ」
そんな焦りを感じることがほとんどない。

たとえば、ブログを写真倉庫にしよう、そう考えて始めたのですが、
掲載したいのに、順番が来ない写真が数えきれないほど貯まっています。
現在のスピードは、本ブログも別ブログ「わが友ホロゴン」も1日1記事。
別ブログなんか一頃は1日に8記事も10記事も投稿していました。
でも、焦りはなくなりました。
ほかにも沢山したいことがあるんだから、まあ、これ位でいいじゃない?
そんなスタンス。

根っこが少しずつ増えている、ということであれば、よいのですが...
by Sha-Sindbad | 2016-12-27 23:01 | Hologon15/F8UF | Comments(0)

1677 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 2


今日は、フェスティバルホールでのコンサートです。

  ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル

曲目は以下のとおり。

  バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
  サン=サーンス:オペラ「サムソンとデリラ」より、アリア「あなたの声に心は開く」
  ドビュッシー:ミンストレル(前奏曲集第1集より12番/マイスキー編)
  ピアソラ:グラン・タンゴ
  フォーレ:エレジー op.24
  フランク:ソナタ イ長調(原曲=ヴァイオリンソナタ)

実はフェスティバルホールはおそらく10年ぶり。
巨大すぎて、私にはイベント会場としか思えないからです。
でも、このたび改装リニューアルなって、
妻が一度体験して、一階ボックス席の音響効果は良かった、
という報告で、それじゃ、行ってみようかということになりました。

でも、3000人収容なのだそうです。
チェロリサイタルを3000人で?
と、実はまだ半信半疑。
どんな楽器にもふさわしい器がある、そう私は考えています。
フェスティバルホールは、結局その名前にふさわしく、
お祭り、イベント的なコンサート用なのではないでしょうか?
今晩をこれを確認するために参ります。
もちろんマイスキーの円熟の境地もたっぷり味わうつもり。

そこで、また、我田引水。
写真にも、人それぞれにふさわしい見せ方があるのでは?
その意味で、見る人を激しく選んでしまう、と言いたいところですが、
有り体に言えば、たいていの人にはつまらないとしか思えない、
そんなロボグラフィにはまさにブログがふさわしい、
私はそう感じて、よい器を見つけたものだと満足しています。
今回のホロゴン写真なんか、その極致、典型ですね。
一口で言えば、「ナンジャコレグラフィ」




b0226423_15251392.jpg
b0226423_1525596.jpg
b0226423_15245997.jpg
b0226423_15245244.jpg
b0226423_15244541.jpg
b0226423_15243972.jpg
b0226423_15243131.jpg
b0226423_15242430.jpg
b0226423_15241764.jpg
b0226423_15241152.jpg
b0226423_1524284.jpg
b0226423_15235640.jpg
b0226423_15235046.jpg
b0226423_15234339.jpg
b0226423_1523364.jpg
b0226423_15233048.jpg
b0226423_15232448.jpg
b0226423_15231781.jpg
b0226423_1523442.jpg
b0226423_15225391.jpg
b0226423_15224790.jpg
b0226423_15224196.jpg
b0226423_1522447.jpg
b0226423_15214346.jpg
b0226423_15213469.jpg
b0226423_1521281.jpg
b0226423_15211851.jpg
b0226423_15211143.jpg
b0226423_1521395.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-18 16:17 | Hologon15/8U | Comments(0)

1676 新大阪(今度は久しぶりに大御所ホロゴンのお出ましだあ)Part 1



「ダイヤモンドに目がくらみ」ではありませんが、
どうも「ニューレンズに目がくらみ」という事態がよく起こり、
伴侶のホロゴン同伴の外出が遠のきがちですね。
いけませんね。

   ホロゴン15㎜F8U

使ってみる度に、その凄さに仰天してしまいます。
もちろん銀塩の時代の描写とは違います。
銀塩のホロゴンウルトラワイドで撮ると、もっと立体感があります。
鋭角的に過ぎるデジタル臭さもなく、とにかく自然でした。
「昔を今に成すよしもがな........」ですね。
2回に分けてご覧下さい。




b0226423_23272286.jpg
b0226423_23271412.jpg
b0226423_232775.jpg
b0226423_23245721.jpg
b0226423_23243593.jpg
b0226423_23242858.jpg
b0226423_232421100.jpg
b0226423_232415100.jpg
b0226423_2324874.jpg
b0226423_232417.jpg
b0226423_23234330.jpg
b0226423_23233757.jpg
b0226423_23232946.jpg
b0226423_23231471.jpg
b0226423_2323133.jpg
b0226423_23225632.jpg
b0226423_2322472.jpg
b0226423_23223927.jpg
b0226423_23222510.jpg
b0226423_23222058.jpg
b0226423_23221353.jpg
b0226423_2322897.jpg
b0226423_2322396.jpg
b0226423_23215628.jpg
b0226423_23214547.jpg
b0226423_23213872.jpg
b0226423_23212970.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-17 23:28 | Hologon15/8U | Comments(0)

1603 弘法市(のみの市をHologon15mmF8Uの目で見てみよう)



5月21日土曜日、
京都の東寺弘法市の日でした。
かなり以前、大好きで随分通いました。
私家版で写真集も一冊作りました。

でも、もう何年も足が遠のいています。
まったく人の目にとまらず、ひっそりと生きていて、
私と目があって、「やあ、ぼく、ここにいるよ!」と訴える、
そんなロボグラフィたちと、
「買って、買って」と訴えてくる骨董などの商品は、
存在としての意味がちょっと違う、
そんな感じがするからです。

でも、気分を変えるのに良いかもしれない、
そう思いついて、友人たちに声をかけました。
おもいがけず、東京に単身赴任中の親友のAKさん、
いつもの相棒のDAさん、
そして、写真家の林孝弘さんまで、揃い踏みとなりました。

装備はもちろん、とっておきの最高コンビ。

    ソニーα7
    Hologon15mmF8U

詳細は別ブログ「わが友ホロゴン」でその内掲載します。
まずは、ランダム報告。





b0226423_11201934.jpg
b0226423_11201316.jpg
b0226423_1120736.jpg
b0226423_1120087.jpg
b0226423_11195328.jpg
b0226423_1119469.jpg
b0226423_11193916.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-26 11:23 | Hologon15/F8UF | Comments(0)