レンズ千夜一夜

タグ:ホロゴンウルトラワイド ( 49 ) タグの人気記事

729 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 3-完-

昨日はブログはお休み。
音楽に集中していました。
リコーダー、揚琴、二胡、それぞれに宿題があって、
アップアップ状態。

そのうえ、ソニー・ウォークマンの増強作戦。
iPod64gGにたっぷり入れていたデータを、
マックからウォークマンになだれ込ませたのです。
これで、どこかに籠城しても、何日も音楽を楽しめます。
昨夜12時までかかりました。
まだ半分くらいですが、韓流ドラマの時間が来たので、ストップ。

今朝は、そのウォークマンで、
グールドの「ベートーヴェンピアノ協奏曲1番」を聴きました。
ピアノが神がかったほどに霊感に満ちて美しく歌います。
今日午後は孫プリンスのピアノレッスンの付き添いです。
この感動がプリンスにどうにかして伝わって、
突然、ピアノのスケールをキラキラと演奏してくれたら?
媒介者の私がそうならないのに、無理か?
まあ、いいでしょう。

それにしても、現代のピアニストたち、
絢爛たる超絶技巧をそれぞれに見せてくれます。
でも、誰もかも区別がつかない。
コルトーにしてもグールドにしてもそうですが、
そうした超絶技巧の現代ピアニストたちの遥か上に、
峨々として聳える感があります。
どうしてでしょうね?

ホロゴンウルトラワイドによる飛鳥路のロボグラフィ、
ラストの35枚です。
こうして久しぶりに並べてみて、結論は明らか。
銀塩ホロゴンはデジタルホロゴンと全然別ものです。
はっきり、段違い。
ここでも、ピアニストたちと似た隔絶感を感じます。
なにが進歩だ?





b0226423_1130921.jpg
b0226423_1130328.jpg
b0226423_11295745.jpg
b0226423_11295133.jpg
b0226423_11294576.jpg
b0226423_11293778.jpg
b0226423_11292570.jpg
b0226423_1129198.jpg
b0226423_1129142.jpg
b0226423_1129762.jpg
b0226423_11285978.jpg
b0226423_1128534.jpg
b0226423_1128467.jpg
b0226423_11283948.jpg
b0226423_11282746.jpg
b0226423_11281987.jpg
b0226423_11281217.jpg
b0226423_1128697.jpg
b0226423_11275957.jpg
b0226423_11275224.jpg
b0226423_1127442.jpg
b0226423_11273221.jpg
b0226423_11272512.jpg
b0226423_11271676.jpg
b0226423_1127866.jpg
b0226423_1127179.jpg
b0226423_11265350.jpg
b0226423_11264484.jpg
b0226423_11263825.jpg
b0226423_11262984.jpg
b0226423_11262180.jpg
b0226423_11261511.jpg
b0226423_1126631.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-03 11:32 | Hologon15/8 | Comments(0)

1728 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 2


約11年前に、ホロゴンウルトラワイドで飛鳥路を撮影した写真たち、
ニコンの六×九判フィルムまでスキャンできるスキャナー、
SUPER COOLSCAN 9000 EDでネガカラーからスキャンしました。
今回も34枚並べました。

よくご覧下さい。
現代のデジタル写真よりも遥かに素敵ではありませんか?
少なくとも、私がソニーα7で撮った写真よりも、
はるかに立体感があり、生彩が溢れる、そう思えるのですけどねえ.......





b0226423_23363521.jpg
b0226423_23362840.jpg
b0226423_23362237.jpg
b0226423_23361577.jpg
b0226423_2336929.jpg
b0226423_2336256.jpg
b0226423_23355584.jpg
b0226423_23354846.jpg
b0226423_23354152.jpg
b0226423_2335349.jpg
b0226423_23352887.jpg
b0226423_23352185.jpg
b0226423_23342856.jpg
b0226423_23341982.jpg
b0226423_23341337.jpg
b0226423_2334434.jpg
b0226423_23335780.jpg
b0226423_23334911.jpg
b0226423_23334220.jpg
b0226423_23333473.jpg
b0226423_23332614.jpg
b0226423_23331963.jpg
b0226423_23331294.jpg
b0226423_2333410.jpg
b0226423_23325630.jpg
b0226423_23324952.jpg
b0226423_23324115.jpg
b0226423_23323458.jpg
b0226423_23322748.jpg
b0226423_2332185.jpg
b0226423_23321122.jpg
b0226423_2332074.jpg
b0226423_23315240.jpg
b0226423_23314532.jpg
b0226423_23313883.jpg
b0226423_23312989.jpg
b0226423_23312080.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-01 23:37 | Hologon15/8 | Comments(0)

1727 2006年3月23日の飛鳥路(ホロゴンウルトラワイドがまだ伴侶だった)Part 1


ちょっと思い立って懐かしのキーボードを購入しました。
Happy Hakking Keyboard Professional 2 英語版

長い間28インチシネマディスプレイ、マックプロを使う私の伴侶でした。
でも、どちらもなぜか一緒に逝ってしまい、キーボードだけ残りました。
職場で使っていたMacBook Airの伴侶となりした。
でも、十年以上経ったせいでしょう、接続部分がダメになってしまい、
あえなく引退。

その後、6、7年、MacBook Airのキーボードで我慢してきました。
滑らかなタッチで感触は悪くありません。
でも、Happy Hakking Keyboardのタッチの感触には敵わない。
長年使ってきたキーの間隔より微妙に狭いせいでしょうか、
ミスタッチも増えました。

今日帰ってきた懐かしのキーボード、やっぱり最高。
キーボードを意識せずに文章を書ける!
今気がつきました。
Happy Hakking Keyboard、お前は書斎のホロゴンだった。

そこで、私の隠れた伴侶の帰郷を祝って、
ホロゴンウルトラワイド時代のホロゴン写真を何回か並べましょう。
銀塩ホロゴンはコクのある描写と類い稀な立体感が際だっています。
思えば、私の在職時代の15年間は、ホロゴンウルトラワイドと
Happy Hakking Keyboardと一緒に生きた時代でした。





b0226423_22301536.jpg
b0226423_223073.jpg
b0226423_2230074.jpg
b0226423_22295379.jpg
b0226423_22294666.jpg
b0226423_22293962.jpg
b0226423_22292352.jpg
b0226423_22291767.jpg
b0226423_22291183.jpg
b0226423_2228584.jpg
b0226423_22284648.jpg
b0226423_22283936.jpg
b0226423_22283368.jpg
b0226423_22282639.jpg
b0226423_22282091.jpg
b0226423_22281245.jpg
b0226423_2228689.jpg
b0226423_22275852.jpg
b0226423_22275212.jpg
b0226423_22274087.jpg
b0226423_22273315.jpg
b0226423_22272544.jpg
b0226423_22271933.jpg
b0226423_2227129.jpg
b0226423_2227580.jpg
b0226423_22265856.jpg
b0226423_22265129.jpg
b0226423_22264381.jpg
b0226423_22263724.jpg
b0226423_22262957.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-31 23:23 | Hologon15/8U | Comments(0)

1520 ネパールの人々 (ホロゴン15、フレクトゴン35、ヘキサー75の三羽がらすが活躍した)



1月18日木曜日、吉田正さんの写真教室でした。
私はいつも5枚セットの組写真を持参します。
私が自分の写真を写真作品であるかのように提示する、
たった一つの機会です。
前回は近江八幡の水郷風景を持参しました。
まったく色のない、暗く沈んだカラー写真でした。
同じ場所でペッツヴァールSVE100mmF2.9で撮った写真にしようか?
そう一度は考えたのですが、考え直しました。
いつもいつもこう暗くて、地味で映えないロボグラフィばかり持参しても、
みなさん、私のことを暗くて冴えない人間だという印象を強めるばかり。
ここらあたりで、根は明るい、清く正しい人間なのだと分かってもらわないと、
そう考えて、昔の写真にしました。

ちょうど、これまでなぜか読みとりができず、
アクセスできなかったハードディスクを最近復元できたことで、
以前の写真の数百のフォルダを4テラの外付ハードディスクに
無事コピーできた記念に、ネパール滞在の写真にしたわけです。

私の海外旅行は、10日から2週間までの一都市滞在型が基本でした。
当初はポジフィルムでしたので、
お金がかかりますので、撮影本数は100から140本限定。
2度のネパール旅行では何本撮ったか記録に残っていません。
当時は作品選択主義でした。
B4のライトボックスにマウントしたポジフィルムをざらっと並べ、
大型のピークルーペでのぞいて、
不合格の写真は手裏剣よろしくはじき落としていたのです。
当時はこうして作品選択をしていたと粋っていたのです。
馬鹿ですね。
選択眼と好みもがらりと変わっていくことに気が付いていなかった。
全部で300枚程度しか残っていない。
その中から5枚、人物スナップばかり選択しました。

今回の5枚、この順序で左から右に並べました。
なぜかたいていの方が組写真は左から右に並べますね。
私も例外ではありません。
一番左に、ヘキサー75/3.5で撮った、
一番目を引きやすい少女の写真を置き、
中央に目玉商品の「祈り」のホロゴン写真を据え、
最後に午後の黄金の時間を宮殿の壇上に座り込んで、
たばこをゆったりとくゆらせる老人。
(フレクトゴン35mmF2.4写真)
これら3枚が全部縦位置写真。
その狭間を埋めたのが2枚の横位置の少年たちのスナップ。
背中とおなかと表裏対照的に配置しました。

吉田正さんにおっしゃっていただきました、
「ちゃんと5枚を考えて配置しています」
こんな風に理解していただきますと、
こちらも出し甲斐があるというものです。

私がかなり明るい写真を5枚並べたのには、とても深い、
というより、とても浅い理由がありました。
ピクトリコの写真用紙を愛用しています。
染料系プリンタで一番厚みのある色再現だからです。
でも、今回は最初のテストプリントが猛烈に濃厚だったのです。
これはいけないと、かなり浅めに補正して、
1枚プリントを設定したのに、
なぜか2枚続けて、最初とまったく同じ濃厚のプリントが排出されました。
ピクトリコの残り枚数は7枚しかありません。
あれこれ設定を試す余裕はなくなりました。
そこで、徹底的に明るい設定にして5枚プリントしたわけです。

でも、幾人かの方からは、
「とても美しいプリントです」とおっしゃっていただきました。
ありがたいことです。
これからも、昔のストリートフォト専科でがんばっていた
アマチュア時代の写真と、
現在の誰からも見向きもされない暗く地味なロボグラフィ時代の写真とを
交互に持参することにします。
自分でも、昔の写真を振り返って、
現在の写真になにかをフィードバックできるチャンスになりそうです。




b0226423_152359.jpg
b0226423_1522750.jpg
b0226423_1522165.jpg
b0226423_1521464.jpg
b0226423_152745.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-22 15:10 | 5 Pictures | Comments(2)

1227 命のかたち (2005年5月25日ホロゴンウルトラワイドは命に出会った)



私はいつもケルト文様を見る度に、命の形象を見ます。
そして、気がつきます、

    この世界には命の形象が充ち満ちている。
    ホロゴンウルトラワイドはそんな命のかたちの検出器。

今からちょうど10年前、岡山の牛窓を訪ねました。

    このとき、私はホロゴンのそんな力を本当に理解できた、
    そんな感じがしています。



b0226423_12164374.jpg
b0226423_12163678.jpg
b0226423_1216304.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-08 12:17 | Hologon15/8 | Comments(0)

1208  晩秋 (ホロゴンウルトラワイドの晩秋はさすがに貫禄の写りで)



昨日に続けて、在宅しています。
骨折している足のことを考えると、ときどき足を休ませてあげないと、ね。

退職する前は、海外旅行だ、国内旅行だ、と、逍遙を夢見ていました。

    中将姫光学さんが年間ASEAN諸国10か国制覇を目指しておられます。
    現役パリパリの身で、どうしてそんなことができるのだ?
    ご本人はいたって正常、明朗快活な紳士。
    ますます謎の怪人という感じですが、
    私の方はなんだか知らない間に根が生えてしまったのか?
    ちょっと不安。

でも、我が家に居て、書斎に籠もっていると、ごくごく平安。
これはこれで、いいものです。
    
    ああ、修羅場の職場に戻らなくてよいのだ!

本ブログは撮れ撮れの生鮮写真を作例にして、レンズを語るという趣旨。

    でも、現状は撮れ撮れの写真をどっと倉庫に放り込む作業。
    その撮れ撮れがないので、ハードディスクで探索。
    ホロゴンウルトラワイドの写真を探しました。
    ホロゴンNOVAの写真との対比のためです。

2007年12月1日京都真如堂のホロゴン写真を見つけました。
その一枚をごらん頂きましょう。

    ニコンCoolScan9000EDでスキャンすると、
    ネガカラーにも猛烈な情報量が記録されていることが分かります。
    しかも、ナチュラル。

    銀塩のホロゴンは格別だなあ、見る度にそう思います。




b0226423_1212314.jpg




        [後書き]

            ちょっと気になって、念のため書いておきます。
            この落ち葉、私が置いたものではありません。
            私は、絶対に、絶対に現場に細工しません。
            ホロゴンウルトラワイドはとくにそうですが、
            どう写るか、確認するすべはないので、
            完全ノーファインダー。
            心配は要りません、ホロゴンがなんとかしてくれます。
by Sha-sindbad | 2014-12-14 12:16 | Hologon15/8 | Comments(4)

1131 孤独 (ホロゴンウルトラワイドは結局私の人生に似合っていたらしい)



b0226423_1141840.jpg




別ブログ「わが友ホロゴン」№542.24で、Nkさんのブログに刺激されて、
自分の人生について思い当たったことを書きました。

    孤高とは言いがたいけど、孤独ではある、そんな人生。

でも、後悔はしていません。
別の人生を求めるつもりもありません。

    いかなる評判からも遊離して、一人で生きていきたい、
    それが私の願いであり、喜びでもあるようです。

幾年も前から、ときどき、自分の写真に讃辞を呈せられても、
ちっとも心が喜ばないことに気づいています。

    人がどう受け取るかは、私にとっては無縁になってしまったようです。
    私にとっては「唯一無二」の写真たちなのですから、それで十分。

だから、写真展に参加しても、ブログ名、つまり匿名を名乗っています。

    自分一人で自分の写真を楽しむ人間は、表現とは無縁なので、
    完全など素人、ならば、人に知られることもよしましょう、というわけです。

そんな私にぴったりの写真を一枚、古いファイルから見つけました。

    こんな私のスタンスは昔から一緒で、以前は私家版写真集を作って、
    秘蔵していました。
    60冊は超えますが、その1つ写真選集「古色拾い」の一枚。

この中にはあたたかい住まいがあるかも知れない。
そんなことを人に知られることも望まない住人が、
安穏楽天に住んでいるかも知れない。

    でも、外から見たら、寒々と寂しい家。
    私にそっくり、そう感じられるのです。

これが銀塩ホロゴンの描写です。

    デジタルカメラ世代の皆さんには、なんと汚い画像!
    私には、この感触がないと、心がざわめかないのです。
    完全に世代間の亀裂が確認できる写真かも知れません。
by Sha-sindbad | 2014-09-15 11:44 | Hologon15/8 | Comments(2)

1103 モニュメント(ホロゴンウルトラワイドが空を見上げるとき)



子供たち、孫たちが2泊3日のお盆の帰省を終えて出発。
静かで平凡な日が戻りました。

別ブログ「わが友ホロゴン」の記事を1つ書きました。

    目下、滋賀県の琵琶湖北縁のもと秘境の地菅浦シリーズ。
    ほとんどすべてホロゴンウルトラワイド、銀塩フィルムで撮っています。

見れば見るほど、ホロゴンの雄渾な存在感に魅せられています。

    銀塩フィルムで撮ったときだけに見ることのできる味わい。

フィルムが使えなく日がいつか来るでしょう。

    どんな文化でも同様です。
    いつかは終焉を迎えます。
    銀塩フィルム文化というものがあった、私はそう信じています。
    その文化も終焉を迎えようとしています。

偉大な写真家たちはすべて銀塩フィルムと格闘してきました。
まるで前世紀までの油絵画家たちが絵筆と格闘してきたように。

    その後、銀塩フィルムはデジタルカメラに取って代わられ、
    絵筆はスプレーやコンピュータグラフィックスを含む、
    まったく異質の媒体に取って代わられました。

手作業から離れれば離れるほど、人間味は薄れていきます。

    自分でもデジタルカメラを使いながら、
    私の心はどこまでも銀塩フィルムに傾いたまま。

    翼をもがれて、グライダーに結びつけられて、
    空を舞う白鳥なら、私の気持が分かるかも知れない。

        飛べたらいい、というものじゃない。

ハードディスクをざっと繰ってみて、
ホロゴンウルトラワイドの写真を1枚選んでみました。




b0226423_1764444.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-15 17:08 | Hologon15/8 | Comments(0)

1101 熊野の巡礼(ホロゴンなら時にずしりと重いくさびを打ち込み)



娘、孫たちがお盆で帰省しているせいで、多忙を極めています。
写真どころではないので、手近で済ませることにしました。

    例の通り、ハードディスクのファイルをブラインドでタッチして、
    2009年1月18日和歌山県勝浦市での撮影分から1枚選びました。

        熊野のお遍路さん姿の人形。

ホロゴンウルトラワイドでの撮影分です。

    [と、ここまで書いて、呼ばれました。
    孫のお兄ちゃんの方が私と一緒に寝たい、という要望。
    50分かかりました]

なにはともあれ、ごらん頂きましょう。



b0226423_23564544.jpg

by Sha-sindbad | 2014-08-13 23:57 | Hologon15/8 | Comments(0)

1079 活け花(ホロゴン15mmF8はいつも光りに憧れている)



b0226423_10312285.jpg





今日から2泊3日、九州往復フェリーの旅に出ます。
行って帰ってくる、その往還でのディナーショー。

    陳小林先生の二胡楽団の揚琴伴奏の半分を担当します。
    いったいどうなることか、はらはらドキドキしています。

6年間揚琴演奏家の付虹先生に習ってきました。
まだ初歩の初歩なのですが、
付虹先生を紹介してくださったのが二胡演奏家の陳小林先生。

    私が揚琴を習ってきた第1の目的は、
    陳小林先生の二胡の演奏に伴奏すること。

揚琴はもちろん独奏曲を沢山持っていますが、
ピアノと一緒で、独奏曲はかなり難しいので、
一人で人前で弾けるようになるのは至難。
しかも、そんなこともしたくない。

    伴奏なら、一緒に音楽を作る楽しみがあり、
    主演奏は二胡独奏、合奏にありますので、気楽。

第2の人生の主要な仕事をこれにしたい、それが私の夢。
まだ隠退はしていませんが、今回がその第1弾。

    行ってきます!
by Sha-sindbad | 2014-07-19 10:32 | Hologon15/8 | Comments(2)