レンズ千夜一夜

タグ:ペンタック38㎜F2.9 ( 4 ) タグの人気記事

1855 バス道(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)4-完-



今日は久しぶりに東大寺に行ってきました。
昨日の墓参に引き続き、炎天下の3時間でした。
もっとも1時間は東大寺内で撮影しました。
その顛末は別ブログ「わが友ホロゴン」で書きます。

私がここで特記したいことは別のこと。
昨日も今日も、キャップ一つを日よけとして、
炎天下、歩き回りました。
でも、熱射病にも熱中症にもならず、疲れも残らず。
その秘訣を是非お勧めしたいのです。

実に簡単。
水をたっぷり飲み、塩あめを口に絶えず放り込んで、
塩分を補給する、ただそれだけ。

ただし、驚くのは、海外の人たち。
中国人と韓国人がもう一杯。
そして、ヨーロッパ、アメリカの人たちも、
誰も彼も、ほとんど帽子などかぶらず、元気一杯。
水は飲んでも、塩あめなんか舐めないでしょうね。

でも、彼らに負けない日本人も沢山いるようです。
ほとんどすべて若い女性たち。

太刀打ちできませんね。






b0226423_22433819.jpg
b0226423_22435127.jpg
b0226423_22440002.jpg
b0226423_22441607.jpg
b0226423_22442338.jpg
b0226423_22443377.jpg
b0226423_22443966.jpg
b0226423_22444584.jpg
b0226423_22445194.jpg
b0226423_22445894.jpg
b0226423_22450411.jpg
b0226423_22451233.jpg
b0226423_22451995.jpg
b0226423_22452875.jpg
b0226423_22453762.jpg
b0226423_22454485.jpg
b0226423_22455130.jpg
b0226423_22460194.jpg
b0226423_22463394.jpg
b0226423_22464198.jpg
b0226423_22464647.jpg
b0226423_22465595.jpg
b0226423_22470534.jpg
b0226423_22471209.jpg
b0226423_22471979.jpg
b0226423_22472638.jpg
b0226423_22473384.jpg
b0226423_22474002.jpg
b0226423_22474902.jpg
b0226423_22481282.jpg
b0226423_22482260.jpg
b0226423_22483099.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-10 22:52 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1854 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)3 逆転の構図


「写真」という言葉には、
ある種の祈り、希望、期待が隠されているのかもしれません。
つまり、一度も、たったの一度も実現されたことのない理想。

多くの写真家はこう言うでしょう。
「私はこの世にあるはずがないような美しい光景に出会いました。
そのときの光景を可能な限り写真に写し取ろうとしたのですが...」
あなたはどうですか?
ご自身の記憶に留められた美しい光景を、
レンズは忠実に再現してくれますか?
「もっと美しかったのに...............」
カメラ、レンズは再現の道具。

私は違います。
私は、ただの平凡な人間。
でも、クラシックレンズたちをカメラに付けると、
私の記憶に留められた実景とはまるで違った、
この世にあるはずがない美しいロボグラフィを撮りたい。
私自身が、「こんなものを撮ったのか?
なんで、こんなものが?」
そう仰天する、そんな写真が撮ってもらいたい。
つまり、撮るのは、私ではなく、レンズ。
美に出会うのは、レンズ。
私が再現の道具。




b0226423_2249172.jpg
b0226423_22482355.jpg
b0226423_22481657.jpg
b0226423_2244118.jpg
b0226423_2243522.jpg
b0226423_22424079.jpg
b0226423_22423290.jpg
b0226423_22422386.jpg
b0226423_2241319.jpg
b0226423_22405542.jpg
b0226423_22404436.jpg
b0226423_22403862.jpg
b0226423_22402924.jpg
b0226423_22402292.jpg
b0226423_22401535.jpg
b0226423_2240847.jpg
b0226423_22392470.jpg
b0226423_22391434.jpg
b0226423_2239317.jpg
b0226423_22385611.jpg
b0226423_22384877.jpg
b0226423_22382988.jpg
b0226423_2238152.jpg
b0226423_22374434.jpg

082.gif
b0226423_2244118.jpg

b0226423_2244118.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-09 23:31 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1853 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)2 石仏群


今回は石仏だらけの巻。
西大寺の石仏はこれまでも幾度も幾度も撮ってきました。
でも、今、思うと、私はものとしてしか見ていなかった。

石仏たちを石の彫刻とだけ見て、
その外観の向こうになにかがある、
なんて、ちらっとも考えたことはありませんでした。

レンズを換えて撮るという行為、
視力が衰えた人が眼鏡をかけるようなものかも知れません。
ダルメイヤーの古いレンズ、ペンタック38㎜F2.9を使って、
石仏たちを眺めたとき、
ここには、なにか見かけを超えたなにかが存在している、
そんな気配を感じました。

この石仏たちに面会するのは、いつも揚琴レッスンの途中。
行きがけの駄賃、ならぬ、行きがけの石仏では、
しっかり対面することなどできっこなかった。
今回だって、せいぜい5分の余裕しかありません。
でも、注意力散漫な私の代わりに、
ペンタックがじっくり見つめてくれました。
おそらく私より年上なのですから、落ち着きがあります。
私は、ブログに掲載してから、
ゆっくりと対面させていただきましょう。




b0226423_22534868.jpg
b0226423_22534293.jpg
b0226423_22533523.jpg
b0226423_22532783.jpg
b0226423_22531857.jpg
b0226423_22531065.jpg
b0226423_2253457.jpg
b0226423_22525289.jpg
b0226423_2252476.jpg
b0226423_22523737.jpg
b0226423_22522897.jpg
b0226423_22521824.jpg
b0226423_22521196.jpg
b0226423_2252527.jpg
b0226423_22515898.jpg
b0226423_22515288.jpg
b0226423_22514050.jpg
b0226423_22513524.jpg
b0226423_2251168.jpg
b0226423_2251884.jpg
b0226423_2251282.jpg
b0226423_22505245.jpg
b0226423_2250437.jpg
b0226423_2250342.jpg
b0226423_2250273.jpg
b0226423_22501830.jpg
b0226423_22501372.jpg
b0226423_2250728.jpg
b0226423_2249577.jpg
b0226423_22495136.jpg
b0226423_22494426.jpg
b0226423_22493844.jpg
b0226423_22493142.jpg







b0226423_22515898.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-07 22:56 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1852 西大寺(2017年7月17日ペンタック38㎜F2.9はゆったりと瞳を開き)1

8月7日月曜日、
一ヶ月ぶりに陳少林先生の揚琴伴奏レッスン日。

でも、暴風雨警報発令のため、YMCAは緊急閉校。
ネットニュースでは、
「台風第5号の中心は、7日10時頃に、
高知県室戸市付近を通過しました。
奈良県は昼過ぎに暴風域に入る見込みです。」

室戸台風、ジェーン台風、伊勢湾台風、
近畿にもっとも大きな被害を与えた台風たちのコースです。
静かに自宅蟄居がよいでしょう。

昔、宮崎に住んだことがありますが、
幾度か台風の直撃を受けたことがありました。
そんなとき、当時のアマチュアカメラマンには、
荒波を撮ろうと、海岸に走ったのが幾人も居ました。
勇敢、というよりも、バカに近いと言わせて頂きましょう。
今回の台風でも、
カメラを手にいそいそと出かける方もおいででしょう。
お大事に。

私は写真を始めてから現在まで、
異常なハプニングを写真に撮りたいと思ったことはありません。
自分の人生の一こまを記録したいという気持ち。
苦労して撮った写真はひとしお大切だと言う人がいます。
私は信じません。
レンガ積みの仕事じゃあるまいし。
苦労しないで撮っても、素敵な写真が撮れます。
それが写真の魔術。

7月17日月曜日は、前回の陳少林先生の揚琴伴奏レッスン日でした。
ダルメイヤーの古い映画用レンズ、ペンタック38㎜F2.9を、
リコーGXRに付け、57㎜標準レンズ仕様にしました。
半時間、YMCAまでの10分の道を回り道して、
全部苦労しないで、鼻歌交じりに、いつもの通り撮りました。

ロボグラフィたち139枚。
観る人が見れば「腰の据わらないゴミ箱行き写真ばかり」なのでしょう。
私の場合、そんな風に厳しくチェックしたら、残るものはありません。
だから、全部、私の大事な子供たちとして、引き受けてしまいます。
4回に分けて、ほとんど全部並べちゃいましょう。

それにしても、私は幸せです。
都会が大嫌いな人間が住むには、大和路は最高!
現代社会、現代文明が人間を歯車にしようとしている、
人間精神史の末期症状からひとときでも目をそらせて、
つかの間ではあれ、至福の一時を味合わせてもらえるのですから。




b0226423_13542332.jpg
b0226423_13541578.jpg
b0226423_13514326.jpg
b0226423_13513454.jpg
b0226423_13512874.jpg
b0226423_13512117.jpg
b0226423_1351141.jpg
b0226423_13501510.jpg
b0226423_1350848.jpg
b0226423_1350330.jpg
b0226423_13494822.jpg
b0226423_13494161.jpg
b0226423_13493357.jpg
b0226423_13492574.jpg
b0226423_13491874.jpg
b0226423_13491114.jpg
b0226423_1349557.jpg
b0226423_13485945.jpg
b0226423_13485178.jpg
b0226423_13484532.jpg
b0226423_13483898.jpg
b0226423_13482949.jpg
b0226423_13482485.jpg
b0226423_1348183.jpg
b0226423_13481181.jpg
b0226423_1348448.jpg
b0226423_13475836.jpg
b0226423_13474130.jpg
b0226423_13473229.jpg
b0226423_13472745.jpg
b0226423_13471886.jpg
b0226423_13471215.jpg
b0226423_13361921.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-07 13:56 | Pentac38/2.9 | Comments(0)