レンズ千夜一夜

タグ:ペラール24㎜F4 ( 3 ) タグの人気記事

1665 通天閣界隈(ペラール24mmF4と通天閣の相性な抜群らしい)Part 1


ちょっと忙しいので、さらりと写真たちを並べさせていただきましょう。
ユニバーサルシティ駅から新今宮駅に移動しました。
通天閣まで徒歩10分。
昼食時間40分を挟んで、せいぜい40分、
雑踏をすり抜けながら、ペラール24mmF4で主に人を撮りました。

改めて思ったことが一つ。
出会った女性のほとんどが日本人でしたが、
容姿容貌姿勢歩き方、そのすべてがかなりヨーロッパ人風に。
衣食住のすべてがそろって日本人女性をいわば現代化してきた、
そんな感じがします。

じゃ、男性はどうなの?
という質問が出てきそうですが、
お答えいたしましょう。
分かりません。
男性なんて、ちらりとも目に留めませんので。
簡単に申し上げますと、
どうなろうが、知ったことか?!!





b0226423_22322095.jpg
b0226423_22321162.jpg
b0226423_2232297.jpg
b0226423_22315549.jpg
b0226423_22314826.jpg
b0226423_22314166.jpg
b0226423_2231338.jpg
b0226423_22312682.jpg
b0226423_22312095.jpg
b0226423_22311299.jpg
b0226423_2231535.jpg
b0226423_22305857.jpg
b0226423_2230519.jpg
b0226423_22304384.jpg
b0226423_22303623.jpg
b0226423_22302873.jpg
b0226423_22302112.jpg
b0226423_22301267.jpg
b0226423_22265517.jpg
b0226423_22264653.jpg
b0226423_22263967.jpg
b0226423_22263130.jpg
b0226423_22262349.jpg
b0226423_22261649.jpg
b0226423_2226536.jpg
b0226423_22253330.jpg
b0226423_22252359.jpg
b0226423_22251686.jpg
b0226423_2225443.jpg
b0226423_2224555.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-17 23:15 | Perar24/4 | Comments(0)

1664 ユニバーサルシティ(ペラール24mmF4なら接近戦でさりげなく使えます)


YouTubeでとても素敵な歌手を見つけました。
静かなひとときにそっとつぶやくような声を静かに聞こえて来ると、
なんだか懐かしい気持ちになれる歌声です。

TIA BLAKE & her folk group - Folksongs & Ballads (1971) [FULL ALBUM]
(https://www.youtube.com/watch?v=P3nEMhibg0M)

グーグルで検索してみますと、次のような情報。
「米国の女性SSW、ティア・ブレイクが
1971年にフランスに渡りリリースした唯一のアルバム。
なぜフランスなのか分かりませんが、
1枚で終わってしまったのが惜しいと思える良盤であります。」
「歌声はかなりハスキーであんまりキュートではありません。
しかし、ハスキーだけどどこか儚げであり、
凛とした美しい響きがあります。」

なんだか私に近い年齢の方のようです。
はじめまして!
なぜたった1枚だったのですか?
今、どこでなにをしているのですか?
YouTubeが時の架け橋となってくれました。

そこで考えたのですが、
ティアは、このたった一枚のレコード(でしょうね?)を時折再生して、
今でも、瞬時に当時の自分に戻ることができるでしょう。
それって、ブログだって、同じですね。

いつも書きますが、
私は自分のブログを自分のためだけに作っています。
いつかある時に、ある文章に、ある写真に戻る。
すると、そのときの自分に戻ることができるのです。
記憶の達人は、ネットの助けがなくても、ある日あるときに戻れるのでしょう。
私はそんな離れ業ができないまま、過去のほとんどは、
私の心の奥底に深く刻み込まれた、数少ない瞬間を除いて、
すべて忘却の彼方に去ってしまいました。
(実際には、記憶の底深くにしっかりと記銘されているのだそうです。
でも、想起する手だて、機会がなければ、忘却と変わりはありませんね)
ブログはそうした離れ業で過去の瞬間を甦らせてくれます。

ペラール24mmF4をさりげなく腰にホールドしながら、
ユニバーサルシティ駅を通り過ぎました。
いつもランチを頂くチゲ店からいつもの乗車位置までの数分の旅。
その旅に出会った人たち、ものたちを、
写真にしっかりと刻み込んでくれました。
ペラール24mmF4はそれができるレンズ。
どんな境遇であれ、今日はユニバーサルスタジオジャパンで楽しもう、
そんな活気に溢れた若者たち、そして、意味不明のイメージたち、
私が素敵だと思った瞬間に永遠にその姿を留めてくれました。

ブログよ、永遠なれ!!!




b0226423_1761975.jpg
b0226423_1761272.jpg
b0226423_176546.jpg
b0226423_1755934.jpg
b0226423_1755218.jpg
b0226423_1754353.jpg
b0226423_1753669.jpg
b0226423_1752854.jpg
b0226423_1752190.jpg
b0226423_1751488.jpg
b0226423_175660.jpg
b0226423_174576.jpg
b0226423_1744964.jpg
b0226423_1732169.jpg
b0226423_17314458.jpg

b0226423_17284088.jpg

b0226423_17261197.jpg

b0226423_1722348.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-16 17:59 | Perar24/4 | Comments(0)

1663 バス停まで(ペラール24mmF4は超小型広角レンズの粋を尽くし)


ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5とアポクアリア28mmF2、
宮崎貞安さんのこの2本のニューレンズの狭間に位置するレンズ、
それがスーパートリプルペラール24mmF4です。
ダイナミックな切れ味が本領のレンズ。

17.8㎜と28mmの登場で、ちょっと負けん気を起こしたらしく、
10月10日、「僕だって連れてってよ」とだだをこねました。

宮崎貞安さんがこのレンズで導入したのが、プレミアムコレクション。
そのプラチナ仕様10本中1本目がこのレンズです。
骨董価値が出てきそうです。
大事にしましょう。
と言いつつ、乱暴な使い方では誰にも負けぬ私が持ち出すのですから、
「大事」な使い方の意味がかなり違いますね。

我が家からバス停までの3分の道程は、ロボグラフィの宝庫。
その全写真をご覧頂きましょう。




b0226423_21541578.jpg
b0226423_2154351.jpg
b0226423_21535733.jpg
b0226423_215349100.jpg
b0226423_21536100.jpg
b0226423_21525894.jpg
b0226423_21525013.jpg
b0226423_21523935.jpg
b0226423_21513259.jpg
b0226423_21512390.jpg
b0226423_21511692.jpg
b0226423_21516100.jpg
b0226423_21505382.jpg
b0226423_21504510.jpg
b0226423_21503846.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-15 22:46 | Perar24/4 | Comments(0)