レンズ千夜一夜

タグ:フローライトアポクロマート135㎜F2.4 ( 14 ) タグの人気記事

1761 号外3(フローライトアポクロマート135㎜F2.4をライカM9で使ってみた)



3月19日日曜日、
ライカM9にフローライトアポクロマート135mmF2.4を付けて、
白毫寺町、高畑町、ささやきの小道、春日大社を北上しました。

我が家を出て、十数歩で、これは大変なことになったとちょっと後悔しました。
ライカM9のファインダーにも135mmの枠があります。
ちょっと大げさに言えば、極小。
フローライトは115mmまで接近できます。
ところが、ライカM9の基線長って、ライカMシリーズの最低じゃないでしょうか?
ピントがなかなか来ない!
収穫は500枚を超しましたが、かなりのロスが出たはず。
でも、しっかりピントの来たものはなかなかすてきな画像です。

今回の試写は宮崎貞安さんからこう頼まれたからです、
「試写結果はほとんど最短近くの接近写真ばかりなので、
中距離でも描写力をチェックしたいので、
そのあたりで撮ってもらえませんか?」
私のロボグラフィはせいぜい3mあたりが最遠。
135mmのユーザーの多くは風景写真家でしょうから、
たしかにこれではレンズ試写にはなりませんね。

そこで、
「じゃ、ライカM9に付けて撮りますよ」
とは、大きく出たものです。

午前10時から午後4時半まで休み休みですが、この難業。
それじゃ、目も腕もくたくたに疲れきっただろう?
と、案じていただく向きもあろうかと思いますが、
と言う言葉のは、完全にレトリック、
誰も来ないブログで、案じるも案じないもあるわけがありません。
私としてはしっかり記録しておきたい!
ぜーんぜん、疲れなかった!
水素吸引のおかげで、疲れず、疲れがたまらず、疲れが翌日に持ち越すこともありません。
私は昔の私ではないのです。

夜、500枚少しの収穫をマックに収納し、
ざっとチェックしました。
5mあたりの中距離を撮ろうと思いつつ、
かなり至近距離が混じっています。
もちろん全部開放(絞りレバーがないので、絞り込めないのですから、当然)。

ロボグラフィばかりマックの画面上で開いてみました。
これは号外No.3が必要だな、そう直感しました。
以前からそう感じているのですが、
画像の確かさはソニーα7よりもライカM9の方が上。

完全にランダムに開いたものたちですが、
これも一つの縁。
さらっと並べて、ごらん頂きましょう。



b0226423_10582347.jpg
b0226423_10581715.jpg
b0226423_10581126.jpg
b0226423_1058371.jpg
b0226423_10575663.jpg
b0226423_10575040.jpg
b0226423_10574379.jpg
b0226423_10573760.jpg
b0226423_10573090.jpg
b0226423_10572393.jpg
b0226423_10571743.jpg
b0226423_1057579.jpg
b0226423_1111829.jpg
b0226423_1102167.jpg
b0226423_11014100.jpg






[後書き]
並べてみて、笑ってしまいました。
中距離での試写に行ったのに、
ほとんど全部最短撮影距離近くのロボグラフィ。
それにしても、雰囲気よく撮れるレンズです。
by Sha-Sindbad | 2017-03-21 12:02 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(2)

1760 号外2(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が天満橋筋商店街でピエロと会った)



宮崎貞安さんのニューレンズの試写をかなりさせていただいています。
宮崎さんのレンズもそうですが、
私が手に入れた新しいレンズたちも、洗礼を受けなければなりません。

大阪天満橋筋商店街のピエロマネキンをどれだけ美しく撮れるか?

この数年、宮崎さんのレンズ以外のニューレンズは手に入れていません。
そんな経済的余裕などなくなったからです。
旅にも出ず、贅沢もせず、完全にスパルタンと化しています。
ひたすら近場の路地裏ばかりをぐるぐる回っています。
飽きません。

所変われば品変わる、と言いますが、そんなのは当たり前。
もっとエキサイティングに行きましょう。
所変わらねど、レンズ変われば、写真も変わる。

フローライトアポクロマート135㎜F2.4をソニーα7に付けて撮りました。
こんなピエロに会ったことはない!
私はそう確信しています。

とりわけ横位置の2枚が気に入りました。
それなのに、ブログでは、縦位置のように拡大できない。
残念。




b0226423_23222997.jpg

b0226423_23164940.jpg
b0226423_23164299.jpg
b0226423_23163560.jpg

b0226423_23224117.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-18 23:23 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(2)

1758 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)10 伝説!


今日は記念すべき日となりました。
私が一番大切にしているアルトリコーダーがどうやら脱皮しました。

本当は、リコーダーそのものはしっかり能力を持っているのに、
私が使いこなせなかっただけなのですが、
突然、正しいサウンドが響き渡るようになったのです。

二胡と揚琴の演奏法を学ぶにつれて、
楽器の演奏は一にも二にも脱力次第だと分かりました。
要は、身体の正しいパートを脱力し、正しい場所を緊張させる。
それぞれに、その仕方は違いますし、
常に同じ場所を脱力するわけではない。
でも、とにかく秘訣をつかんだようです。

世界に誇る楽器製作者である杉原広一さんに作っていただいた、
バロック時代のリコーダー名人デンナーの名作のコピー、
なかなか思うように鳴りませんでした。
そうだ、息を吹き込んでいたのが間違いなんだ。
リコーダーは吹くものじゃない!
息をそっと送り込めば、リコーダー自体が鳴ってくれるんだ!
そう気づいたのです。
本当に、鳴り始めました。
得も言われぬようなあたたかでふくよかで、力がこもるサウンド。

このリコーダー、上質の紫檀(ローズウッド)でできていて、
私の希望で表面の色合いは暗めに仕上げていただきました。
その重厚な色合いと言い、
ずしりとした重み、得も言われぬ肌触りと言い、
1個の芸術、としか言いようのない存在感。
でも、思うように鳴らなかったのに、鳴り始めたのです。
2017年3月13日はリコーダー記念日となりました。

なぜこんなことを書いたか?
フローライトアポクロマート135㎜F2.4
太さも形も違いますが、なぜか、握り具合が似ている!
フローライトの名状しがたい深みをたたえて、
しっとりと輝くレンズ表面の輝き具合まで、
デンナーと似ている、そう気づいたのです。

今日、天満橋筋商店街で、二人の人から、
このレンズのことを尋ねられました。
尋常ならざるものをお感じになったのです。
異口同音に「凄いレンズですね」

フローライトの輝き、レンズ形状、レンズ描写、
これらのすべてがこのレンズに、
伝説のレンズとしての未来を約束してくれている。
私はそう確信しています。





b0226423_23442685.jpg
b0226423_23441789.jpg
b0226423_23441143.jpg
b0226423_2344285.jpg
b0226423_2343547.jpg
b0226423_23434734.jpg
b0226423_23433839.jpg
b0226423_23433118.jpg
b0226423_23432456.jpg
b0226423_23431618.jpg
b0226423_2343959.jpg
b0226423_2343028.jpg
b0226423_23425386.jpg
b0226423_23424664.jpg
b0226423_23423922.jpg
b0226423_23423188.jpg
b0226423_23422480.jpg
b0226423_23421592.jpg
b0226423_2342984.jpg
b0226423_2342114.jpg
b0226423_23415418.jpg
b0226423_23414666.jpg
b0226423_23413954.jpg
b0226423_23413292.jpg
b0226423_23412557.jpg
b0226423_23411615.jpg
b0226423_2341440.jpg
b0226423_23405742.jpg
b0226423_23404972.jpg
b0226423_23404159.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-13 23:59 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1757 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)9


2月11日土曜日、
劉継紅先生の講義「大海啊故鄉」一曲完成講座

先生の講義を聴きながら、思い出した映画があります。
イングリッド・バーグマン主演の『秋のソナタ』(1978年)
バーグマンは母であるピアニストを演じます。
かつて棄てた娘を訪ねます。
娘もピアニストを目指しています。
娘の演奏に耳を傾けた後、母は、その曲の性格や、
パッセージごとに細かく雄弁に演奏の心得を聴かせます。
娘が想像したこともないような深く透徹したアプローチ。
娘は、母にはとても追いつけない才能の深い溝を感じます。

私が劉継虹先生の講座を聴きながら感じたのは、
ちょっと筋が違います。
私は、別に二胡の演奏家になりたいと思っているわけではない。
単に偉大な演奏家に接する機会を得て、
いわば二胡のレッスンを楽しむことを趣味にしているだけ。
でも、先生の語り口はバーグマンそっくりでした。
曲のことを知り尽くした、そんな感じ。


実に魅力的な曲です。
まあ、お聞きになってください。
大海啊故鄉 (電影原聲) The Sea, The Homeland (Original Soundtrack)
https://www.youtube.com/watch?v=sILzhr-bhiM 
テレビドラマでしょうか?
その主題歌です。
劉継紅先生がドラマの中で流れた二胡を独奏されたのですから、
作曲家王立平から実に細かい演奏の注文を受けながらの演奏だったそうです。
曲のことを知り尽くしておられるのも当然です。

可愛い歌手の卵による現代的な演奏も一つお楽しみください。
程晨 《大海啊故乡 》
https://www.youtube.com/watch?v=h4r3zXMWKKM
猛烈に簡単に歌です。
ところが、劉継紅先生はその楽譜の中に、
この曲を魅力的なものにする数々の工夫や独奏を、
玉手箱から宝物を一つ一つ取り出すように解き明かして下さいました。

ほとんどの演奏家がただ単純に歌い、演奏しているだけなのに、
劉継紅先生の二胡は想像を絶するほどにさまざまな技をちりばめて、
心に深く浸透して来る情感をたたえて、聴くものの心に食いこんできます。
そんな工夫を惜しげもなく教授されるのです。
もちろん私はまだ開放弦しか弾けない素人なので、ただの見学。
残念です。

すでに二胡教師をしておられる受講者が、
いきなり指名されて、一人で演奏されました。
驚くほどに見事な演奏でした。
先生がその長音をさらに印象深くする演奏法を伝授されました。
もう一度その方が冒頭部分をアドバイス通りに演奏されました。
もうそれだけで、ぐっと深い情感を讃える音楽になりました。
魔術。

今年一杯、この一曲完成講座が続きます。
ご自分が二胡独奏を担当された映画、テレビドラマの名曲が
いくらでもあるので、その中から生徒さんのリクエストを受けて、
順次採り上げられます。
次回は「少林寺」、その後は「紅楼夢」の名曲2曲が続きます。
日程は「劉継紅二胡 大阪教室」ホームページをご覧下さい。

とにかく日本国内に沢山活動している二胡講師の中で
けた外れに飛び抜けた大演奏家です。
すでに20数回講義、レッスンを受けましたが、
その度に心が揺さぶられ、奮い立たされる体験。
今回も3時間半、ほとんど立ち尽くめで講義。
今まさに絶頂期の迫力。
実に見事に雄弁な語り口、もちろん日本語です。

終わり付近で、2種類のアプローチによる模範演奏。
さらには、名曲「良宵」の作曲者、劉天華が自分の曲をどう弾いたか、
そのデモンストレーションもしていただきました。
劉天華、張鋭先生、劉継虹先生は順次師弟関係なのでできる芸当。
1日経っても、まだ少し興奮しています。

とって付けたようで申し訳ありませんが、
今この瞬間、突然、後悔!
ああ、先生のあの演奏姿を、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4で撮ればよかった!





b0226423_23421655.jpg
b0226423_2342970.jpg
b0226423_2342269.jpg
b0226423_23415565.jpg
b0226423_23414811.jpg
b0226423_23414176.jpg
b0226423_23413499.jpg
b0226423_23412799.jpg
b0226423_23411956.jpg
b0226423_23411241.jpg
b0226423_2341564.jpg
b0226423_23405910.jpg
b0226423_2340529.jpg
b0226423_23404467.jpg
b0226423_234036100.jpg
b0226423_23402914.jpg
b0226423_23402282.jpg
b0226423_23401569.jpg
b0226423_2340766.jpg
b0226423_2340040.jpg
b0226423_23395255.jpg
b0226423_23394641.jpg
b0226423_23393915.jpg
b0226423_23393025.jpg
b0226423_23392373.jpg
b0226423_23391625.jpg
b0226423_23391026.jpg
b0226423_2339334.jpg
b0226423_2338579.jpg
b0226423_23385146.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-12 23:42 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1756 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)8


1930年代から1960年代にかけて、
ライカが写真ルポルタージュの最高の武器として活躍しました。

レンジファインダーのファインダーによるピントの精度は、
焦点距離が長くなるにつれて落ちていきます。
ライカがレンジファインダー用に用意した一番の長玉が135㎜。

200㎜以上はビゾフレックスという一眼レフ装置用に用意されました。
私は使ったことがありません。
L型、M型ライカの利点は手の中にしっとり収まるコンパクトさ。
これを自ら裏切る巨大なアタッチメントなんか、
テリートという凄い描写の望遠レンズを本気で使いたい人か、
ライカ使いの報道プロが仕事に必要がない限り、誰も使わなかったでしょう。

レンジファインダー用の135㎜レンズも極めて優秀なのですが、
私は使いませんでした。
開放でしか撮らない私には、近接で撮ったときのピント精度の悪さと、
パララックスの大きさのどちらでも苦労することが明らかだったからです。

ソニーα7なら、この両方の問題が一挙解決。
フローライトアポクロマート135㎜F2.4でもタンバールでもオーケー。
オートフォーカス常用の皆さんには想像が付かないでしょうけど、
生涯オートフォーカスなんか使うものかと決心している私です。
こうして最近接の開放写真を並べていると、
我ながら、ちょっと感動してしまいます。





b0226423_15173139.jpg
b0226423_15172566.jpg
b0226423_15163141.jpg
b0226423_1516245.jpg
b0226423_1516187.jpg
b0226423_15161220.jpg
b0226423_1516562.jpg
b0226423_15155895.jpg
b0226423_151552100.jpg
b0226423_15154682.jpg
b0226423_15154043.jpg
b0226423_15153364.jpg
b0226423_15152625.jpg
b0226423_15151951.jpg
b0226423_15151380.jpg
b0226423_151562.jpg
b0226423_15145117.jpg
b0226423_15144529.jpg
b0226423_15143895.jpg
b0226423_151432100.jpg
b0226423_15142548.jpg
b0226423_1514182.jpg
b0226423_15141037.jpg
b0226423_151445.jpg
b0226423_15135324.jpg
b0226423_15134688.jpg
b0226423_15134050.jpg
b0226423_15133494.jpg
b0226423_15132824.jpg
b0226423_15132121.jpg
b0226423_15131576.jpg
b0226423_1513775.jpg
b0226423_15125887.jpg
b0226423_15125014.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-10 16:07 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1755 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)7 蛍石


フローライト(蛍石)って、なんだか魅力的ですね。
フローライトアポクロマート135㎜F2.4の一番前の大きな玉、
これが蛍石なんだそうです。

キャノンのサイトから引用させていただきましょう、

「長い間実用化が不可能だといわれてきた蛍石レンズもその1つです。
蛍石は色収差が極小という理想的な特性をもちますが、
通常の光学ガラスでは得られない鮮やかで繊細な描写を実現するため、
どうしても蛍石をレンズに使いたいという想いが技術者にはありました。
その想いが結実して、ついに蛍石の人工結晶化に成功。
さらに、それまでの光学ガラスのような研磨ができないデリケートな素材に、
通常の4倍の時間をかけて研磨する特殊加工技術を開発。
1969年、世界初の蛍石採用レンズを世に送り出します。
しかし、蛍石は極めて高価であるので、
キヤノンはより多くのレンズで色収差補正を実現するため、
屈折率・分散特性ともに蛍石に近い特性の硝材を開発。
1970年代後半には、この硝材を使用したUDレンズの実用化に成功します。」

本レンズの1枚目の蛍石レンズはこのキャノン開発のものと思われます。
本レンズの外観上の最大のポイントがこの1枚目レンズの大きさ、美しさ。
蛍石レンズを使うことによって、どんな効果がもたらされたのか?
これは私にはまったく分かりません。
キャノンの記載によれば、次の2点のようです。
① 色収差が極小という理想的な特性
② 通常の光学ガラスでは得られない鮮やかで繊細な描写
本レンズの写真をすでに何百枚と見てきましたが、
本当にその通りじゃないかな、という感じがします。

蛍石を使っているという伝説のレンズがマクロスイター50㎜F1.8。
そう言えば、本レンズもマクロスイターにちょっと描写が似ているかな、
そんな感じもしてきました。
どうやら、このレンズ、
生まれながらにして、伝説のレンズになるべき運命かも?





b0226423_22321861.jpg
b0226423_22321050.jpg
b0226423_2232453.jpg
b0226423_22315793.jpg
b0226423_22315076.jpg
b0226423_22314387.jpg
b0226423_22313740.jpg
b0226423_22313121.jpg
b0226423_2231880.jpg
b0226423_22305949.jpg
b0226423_22305166.jpg
b0226423_2230443.jpg
b0226423_22303884.jpg
b0226423_22303293.jpg
b0226423_22302585.jpg
b0226423_22301929.jpg
b0226423_22301286.jpg
b0226423_223049.jpg
b0226423_22295842.jpg
b0226423_22295087.jpg
b0226423_22294238.jpg
b0226423_22293616.jpg
b0226423_22292827.jpg
b0226423_22292239.jpg
b0226423_22291566.jpg
b0226423_2229955.jpg
b0226423_2229253.jpg
b0226423_22285242.jpg
b0226423_22284547.jpg
b0226423_2228382.jpg
b0226423_22283254.jpg
b0226423_22282471.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-08 22:33 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1754 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)6 知らんぷり



今朝、インターフォンが鳴ったので、出てみました。
60年配の紳士とその向こうに女性。
「エホバの証人から参りました」
私は完全無信仰なので、お付き合いするつもりは皆無、
「ご苦労様。
私は信仰が違いますので、結構です」
「いえ、宗教の話ではなくて..........」
じゃ、なんの話なの? と聞いてみたい気持ちはありましたが、
朝早くお付き合いする余裕も気持ちのないので、
「結構です」と切りました。

現代では、欧米世界でもキリスト教は名ばかりになりつつある、
本気で神を信じる人はほとんど居ない、
みんな信じるふりをしているだけ、
そうよく読みます。
日本は昔から「葬式宗教」、安全策としての習俗宗教が主体でした。

あなた、神を信じますか?
死後の世界、天国と地獄を信じますか?
私は信じません。

わずか数十万年ないしは数万年、ホモサピエンスとして地球上に棲息し、
近頃ようやく全地球を征服したと思うと、もう破壊にかかっている、
そんな種のために、神はこの全宇宙を創造された?

なぜか人類が出現する前に数限りない種が地球上に進化し、
恐竜と来たら、一億数千万年も地球を文字通り支配し、
まだ全貌が明らかではない、限りない進化を繰り広げました。
人類よりもはるかに手厚い保護、介護を神様から受けた感じ。
幾度もの災厄が地球を襲って、その都度種はほとんど全滅しました。
神様、なにをどう考えて、そんな無駄をなさったのでしょうね?

試行錯誤?
すべてを見通し、すべてを創造される神様が試行錯誤?
キリスト教の神様、アブラハムやイサクには幾度も姿を見せ、
親しく保護の手を差し伸べておられたのに、
その後はとんとお見限りで、
御子のイエスが死と信仰の危機に瀕して、神に祈りを捧げても、
ウンともスンとも答えなし。
十字架に釘付けされた瞬間に、ユダヤの観衆を前にして、
天使を降臨させて、やさしくイエスを救いだし、天に昇る、
そんなことは至極簡単だし、そうすることで、
イエスが神の御子であることを証明して、
地上に信仰の王国を創造することができたのに、知らんぷり。
その後は、ただの野望の輩がキリスト教国の御旗の下に、
果てしなく殺戮、非道を繰り返しても、知らんぷり。
地球上の自然を荒らしまくり、種という種を全滅させつつあり、
自らも文明が始まってせいぜい1万年程度なのに、
地球環境を破壊して自滅しそうになっているのに、知らんぷり。

こんな風に考えますと、私には、神が存在して、
人類の創造に関わられたとしても、全宇宙のさらに重大事を選択して、
人類のことなど気にもなさっていない、そう結論付けたくなります。

でも、エホバの証人の信者さんたち、
朝早くから布教活動にいそしんでおられる。
私には絶対に理解も到達もできない心境です。

エホバの証人さんたちもキリスト教の神父さん、牧師さんたちも、
そろって、地球上に今起こっていることはすべて、
神が人類に与えられた試練であり、
固い信仰だけがこの試練に打ち勝つ方法なのです、
そう異口同音におっしゃって、
私の上記のような疑問など、にっこり笑って、却下されるでしょうね。

バベルの時代のように、
現代も、人間には互いに理解しあえる言葉がないのかも知れません。
その結果、バベルはどうなったか?
私たちは知っています。
じゃ、現代の人類はどうなるだろう?
私には答えは一つしかないと思えます。

朝っぱらから、こんな暗いことばかり考えてしまう、
いけませんね。





b0226423_10431423.jpg
b0226423_1043895.jpg
b0226423_10425771.jpg
b0226423_10425036.jpg
b0226423_10424499.jpg
b0226423_10423994.jpg
b0226423_10423260.jpg
b0226423_10422713.jpg
b0226423_10422112.jpg
b0226423_10421422.jpg
b0226423_1042985.jpg
b0226423_1042358.jpg
b0226423_10415670.jpg
b0226423_10415069.jpg
b0226423_10414143.jpg
b0226423_10413622.jpg
b0226423_10413033.jpg
b0226423_10412298.jpg
b0226423_10411467.jpg
b0226423_1041592.jpg
b0226423_1040584.jpg
b0226423_10405210.jpg
b0226423_10404724.jpg
b0226423_10404087.jpg
b0226423_10403461.jpg
b0226423_10402639.jpg
b0226423_10402094.jpg
b0226423_1040995.jpg
b0226423_1040240.jpg
b0226423_10395570.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-08 11:36 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1753 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)5 奈良の未来



奈良町は7、8年前まではまことに寂れた路地でした。
このことを知っている人間には、現在の町並みの華麗さ、
人通りの多さには、ただ驚きがあるばかり。

でも、これはほんの一時期のブーム。
もともとオリジナルな文化として時代が形作った町並みではなく、
単なる観光産業のにわか仕立ての観光スポットなのですから、
長続きするわけがありません。

面白いことは、世界中、とくに中国から訪れる旅行者の年齢層。
とても若いですね。
そして、数も多い。
それに引き換え、奈良町をはじめとして、奈良市のすみずみまで、
一部の例外的な新興住宅の区域を除けば、わずかな老人しか居ない。
というか、今では、もっと進んで、わずかな老人も段々消え行く世界。

このギャップをどうやって埋めるのでしょう。
もちろん埋めるすべはもはやありません。
何年かの未来、観光ブームは突然消えるでしょう。
そのとき、奈良(ばかりではありません、全ての地方都市)は、
どんな様相を呈するでしょうか?
ブームの去った観光地の雰囲気?
いえいえ、その程度では済みそうにありません。
ゴーストタウン、そんな未来が待っているようで、不気味。

なにはともあれ、現在は、かなりカラフルな光景に沢山出会えます。
写真作品としてのモノクロームの可能性、表現能力は、
考えようによっては、カラーを凌いでいます。
写真作家が写真表現を目指すとき、カラーは、
表現を支えるよりも、邪魔をする可能性の方が大きいですね。
写真表現を志す人たちがかなりモノクロームに傾斜しているようです。

でも、写真表現などぜんぜん無縁で、
さまざまなレンズたちによる個性的なパフォーマンスを楽しむ私には、
モノクロームに戻る気持ちなど皆無。
私にとっては、奈良町は当分の間、
レンズ試写にもってこいスポットであり続けることでしょう。






b0226423_21585369.jpg
b0226423_2158481.jpg
b0226423_21583917.jpg
b0226423_21583345.jpg
b0226423_21582630.jpg
b0226423_21581952.jpg
b0226423_21581292.jpg
b0226423_2158561.jpg
b0226423_21575916.jpg
b0226423_21574982.jpg
b0226423_21574275.jpg
b0226423_2157355.jpg
b0226423_21572929.jpg
b0226423_2157231.jpg
b0226423_21571611.jpg
b0226423_2157867.jpg
b0226423_2157113.jpg
b0226423_21565638.jpg
b0226423_21564946.jpg
b0226423_2156435.jpg
b0226423_2156375.jpg
b0226423_21563114.jpg
b0226423_21562514.jpg
b0226423_21561841.jpg
b0226423_21523877.jpg
b0226423_21523194.jpg
b0226423_21522531.jpg
b0226423_21521763.jpg
b0226423_214716100.jpg
b0226423_2147694.jpg
b0226423_21465982.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-07 21:59 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1752 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)4


どんなストリートでもよいのですが、
あなたはそのストリートに何を見ながら歩きますか?
何を見ないですか?

こんな質問を千人に投げかけたら、
千人が千の異なる答えを出すでしょう。

私の場合は、そのストリートごとにどころか、
同じストリートでも機会毎に同じものを見たり、見なかったり、
千差万別でしょう。

探しものをするから、それを見るとは限りません。
探していないものだって、バンバン眼に飛び込んできます。
その飛び込んでくるものが人により時によりまったく違う、
それが面白いとことですね。

私は奈良町をフローライトアポクロマート135㎜F2.4を手に歩きます。
じゃ、135㎜の画角で、135㎜レンズの視点でものを探し、ものを見るか?
そんなことはありませんね。
目下並べているものたちは、この日、私が目に留めたものたち。
私が見つけ、レンズが撮る、そんな順番ですね。

でも、一つだけ特殊なことがあります。
135㎜が私の見つけたものをどう撮ってくれるか?
135㎜レンズなんて長い間使ったことがなかったので、
これがまったく予測不能だったわけです。
それだけに、こうしてブログに掲載する作業はエキサイティング。





b0226423_22331824.jpg
b0226423_22324716.jpg
b0226423_22324052.jpg
b0226423_22323311.jpg
b0226423_22322251.jpg
b0226423_22321649.jpg
b0226423_2232929.jpg
b0226423_22315911.jpg
b0226423_22315376.jpg
b0226423_22314644.jpg
b0226423_22313883.jpg
b0226423_22313085.jpg
b0226423_223123100.jpg
b0226423_22311585.jpg
b0226423_2231783.jpg
b0226423_2231042.jpg
b0226423_22305341.jpg
b0226423_22304687.jpg
b0226423_22303939.jpg
b0226423_22303327.jpg
b0226423_22301487.jpg
b0226423_223075.jpg
b0226423_2230114.jpg
b0226423_22295497.jpg
b0226423_22294859.jpg
b0226423_22294274.jpg
b0226423_22293573.jpg
b0226423_22293036.jpg
b0226423_2229226.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-06 23:25 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1751 奈良町(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が奈良町で劇的勝利を)3


今日は京都東福寺から伏見稲荷、五百羅漢の寺まで巡歴してきました。
五百羅漢の寺は、前回と違って、入山料200円を取り、
しかも、寺内すべて、五百羅漢も含めて撮影禁止でした。
おそらく無作法なカメラマンたちが寺を怒らせたのでしょう。

でも、ここの五百羅漢さん、信仰のない人間には、
ただ拝観するだけに値するほどの優れたアートというわけではなく、
おさらばさらばと踵を返しました。

フローライトアポクロマート135㎜F2.4を持参していましたので、
ふむ、これなら200円出しても見る価値はあるな、と、
誰にも納得していただける写真が撮れたのに、惜しいことをしました。
奈良町での撮影分を引き続きごらん頂きましょう。





b0226423_2357522.jpg
b0226423_23565627.jpg
b0226423_23564956.jpg
b0226423_23564146.jpg
b0226423_23563499.jpg
b0226423_23562631.jpg
b0226423_2356193.jpg
b0226423_23561152.jpg
b0226423_2356354.jpg
b0226423_23555547.jpg
b0226423_23554841.jpg
b0226423_23554149.jpg
b0226423_23553431.jpg
b0226423_23552823.jpg
b0226423_23552120.jpg
b0226423_23551486.jpg
b0226423_2355751.jpg
b0226423_2355012.jpg
b0226423_23545393.jpg
b0226423_23544538.jpg
b0226423_23543896.jpg
b0226423_23532093.jpg
b0226423_23531285.jpg
b0226423_2353598.jpg
b0226423_23525616.jpg
b0226423_23524877.jpg
b0226423_23524111.jpg
b0226423_2352346.jpg
b0226423_23522727.jpg
b0226423_23521714.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-03-05 23:51 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)