レンズ千夜一夜

タグ:ソニーNEX-5A ( 166 ) タグの人気記事

1667 下町加美(パンタッカー40㎜F2.3は地味だけど滋味があって)


5月19日、孫の家に行った際、
パンタッカー40㎜F2.3で撮った写真のアップを忘れていました。

ソニーNEX-5に付けて、実質60㎜レンズとして撮っています。
1940年前後のノンコーティングレンズです。
ぼろぼろ。
でも、それは使い倒されたから。
つまり、そこまで使いたくなるレンズだったから。
こういうのを熟成と言いたいですね。

そんなじんわりと心の籠もった描写に、
見れば見るほどしびれてしまう私ですが、
鮮烈鮮鋭の現代レンズのユーザーだったら、一言、
なに、このレンズ?




b0226423_1124719.jpg
b0226423_1124085.jpg
b0226423_11232772.jpg
b0226423_11232038.jpg
b0226423_11231324.jpg
b0226423_1123648.jpg
b0226423_1122598.jpg
b0226423_11225179.jpg
b0226423_1122454.jpg
b0226423_11223790.jpg
b0226423_11223043.jpg
b0226423_11222360.jpg
b0226423_11221674.jpg
b0226423_11221074.jpg
b0226423_1122226.jpg
b0226423_11215458.jpg
b0226423_11214683.jpg
b0226423_11213981.jpg
b0226423_11213226.jpg
b0226423_11212485.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-24 12:19 | PanTachar40/2.3 | Comments(0)

1603 幼子の家(ペンタック38mmF2.9にはいつも何かしらやさしさがあって)Part 2



かつては銀塩フィルムで写真歴を重ねてきた皆さんの多くが、
デジタルカメラに移行して以来、新設計のレンズたちに、
手放しで惚れ込んでおられるようです。
その意味では私はかなり少数派に取り残されているようです。

写真イメージの理想に関する意見、評価の違いが、
レンズの理想を大きく左右してしまいました。

    多くのカメラマン、写真家にとって、カメラ、レンズは道具。
    私にとって、カメラ、レンズは伴侶。

道具は使い手の望む機能を完全に実行しなければならない。
伴侶は違います。
すべてに完璧な伴侶なんて、どなたにとっても、真っ平ごめんでしょう。
そんな伴侶はあなたの欠点を許さないでしょうし、
まさに「あなたには過ぎた伴侶」になってしまい、
いつかは別れのときを迎える運命にありそうです。
互いの欠点を許し合いながら、慈しみあい認め合う、
そんな関係だからこそ、愛し合い、認め合えるのでは?

私のレンズたちは例外なくどこかに問題、悩みを抱えている。
だからこそ、私も気兼ねなく自分をさらけ出せる、
そんな気持ちがあるからこそ、写真をいつまでも愛せます。
非のうちどころのない人間なんか、付き合いたいとも思わない。
それと同様、非のうちどころのないレンズなんて、
あっという間に飽きてしまうでしょう。

ペンタック38mmF2.9って、非のうちどころだらけ。
だから、可愛い。




b0226423_21393911.jpg
b0226423_21393355.jpg
b0226423_21392784.jpg
b0226423_21392092.jpg
b0226423_21391587.jpg
b0226423_21391079.jpg
b0226423_2139394.jpg
b0226423_21385786.jpg
b0226423_21385146.jpg
b0226423_21384529.jpg
b0226423_21383938.jpg
b0226423_21383131.jpg
b0226423_21382542.jpg
b0226423_21382020.jpg
b0226423_21381437.jpg
b0226423_2138875.jpg
b0226423_2138298.jpg
b0226423_21375640.jpg
b0226423_21375074.jpg
b0226423_21374133.jpg
b0226423_21373476.jpg
b0226423_21372890.jpg
b0226423_21372272.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-01 21:41 | Pentac38/2.9 | Comments(2)

1603 幼子の家(ペンタック38mmF2.9にはいつも何かしらやさしさがあって)Part 1



5月23日に遡ります。
2歳直前の孫プリンセスがちょっと発熱。
共稼ぎの両親に替わり、
私が午前8時から午後6時までプリンセスと付き合いました。

日々新たな発見と学習で見る見る成長していく姿は、
何にも優る喜び。
でも、一応念のため、カメラセットはバッグに収めます。
ソニーNEX-5
ペンタック38mmF2.9
かなり古い設計、古い作りの映画用レンズです。
58㎜標準レンズとして使います。

プリンセスはすでに平熱に復しています。
でも、保育園の規定上、すぐには登園できないだけ。
元気一杯遊び、いきなり眠りについてしまいます。
近頃お昼寝が長い。
軽く1時間半を超えました。
そのお昼寝中も含めて、かなり撮りました。
2回に分けてごらん頂きましょう。





b0226423_2241299.jpg
b0226423_22405146.jpg
b0226423_22404633.jpg
b0226423_22404052.jpg
b0226423_22403317.jpg
b0226423_22402743.jpg
b0226423_22401479.jpg
b0226423_224093.jpg
b0226423_2240438.jpg
b0226423_22395797.jpg
b0226423_22395158.jpg
b0226423_22394691.jpg
b0226423_22394127.jpg
b0226423_22393361.jpg
b0226423_22392764.jpg
b0226423_22392052.jpg
b0226423_22391426.jpg
b0226423_2239835.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-29 22:43 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1556 西大寺(ペンタック38mmF2.9はますます古風の味わいで)Part 3



私が近鉄大和西大寺駅に下車するのは、
近頃は、ただ陳少林先生の揚琴伴奏レッスンのためだけ。
それも、駅とYMCAとの往復だけ。
しかも、いつも授業開始時間の10分前に着いて、
午後4時に受講を終え、16分の電車で奈良に帰る。
しかも、たいてい駅構内のマーケットで買い物するのですから、
往還せいぜい20分、撮る時間も被写体も限られています。

でも、飽きませんね。
同じものを撮っても、レンズが違うので、
見るときの印象も気持ちも違う。
同じロボグラフィたちがなぜか新鮮な顔をしてくれます。
よいレンズだと、そのレベルがアップします。
ペンタック38mmF2.9はその最上レベルだったようです。


57枚撮って、アップしたいものを抽出すると、37枚。
いいでしょう、一挙掲載します。
こんな風に記事を投稿するまでの気持ちの高まり、
これがブログの醍醐味ですね。
レンズたちがいつも後押しをしてくれます。
彼らはよき伴侶なのです。




b0226423_14253962.jpg
b0226423_14253364.jpg
b0226423_14252893.jpg
b0226423_14252334.jpg
b0226423_14251618.jpg
b0226423_14251039.jpg
b0226423_1425418.jpg
b0226423_14245876.jpg
b0226423_14245130.jpg
b0226423_14244545.jpg
b0226423_14244017.jpg
b0226423_14243570.jpg
b0226423_142430100.jpg
b0226423_1424231.jpg
b0226423_14241874.jpg
b0226423_14241219.jpg
b0226423_1424755.jpg
b0226423_1424266.jpg
b0226423_14235680.jpg
b0226423_14234443.jpg
b0226423_14233750.jpg
b0226423_14233275.jpg
b0226423_14232671.jpg
b0226423_14231915.jpg
b0226423_14231331.jpg
b0226423_1423628.jpg
b0226423_1423074.jpg
b0226423_14225410.jpg
b0226423_14224874.jpg
b0226423_14224158.jpg
b0226423_14223436.jpg
b0226423_14222795.jpg
b0226423_14222058.jpg
b0226423_14221374.jpg
b0226423_1422683.jpg
b0226423_1422054.jpg
b0226423_14215356.jpg





[後書き]
ラストに2枚、滑り台の写真がありますね。
先月、これが始めて見ました。
幼稚園の2階から、園児達が階段を使わずに下りられる、
素敵な設備ですね。
でも、先生方、工事業者たち、自分で滑ってみたのでしょうか?
大人なら、着地寸前に両足を下ろして、
落下してきた体を支えて着地できるでしょう。
でも、滑り台底部と地面との高さは20センチ以上、
短い園児達の下腿部の長さほどもあるのです。
それなのに、滑り台下はコンクリートのタタキなのです。
観た瞬間、ぞっとしました。
普通の滑り台よりも遥かに高いうえ、
つるつるピカピカの金属なのです。
中には両足を上げたまま滑り台から飛び出る子がいるでしょう。
中には頭を打つ子がいるかも知れない。
後頭部に致命的な衝撃を受ける危険があるのでは?
そう誰も気付かなかったようですね。
でも、想像力はそんな危険性を予見するためにあるのです。
幼児たちを預かる施設なのです。
なおさらに厳しく危険を予見しなければならないのは当然。
すぐに電話しておきました。
さて、ただちにクッション性のあるマットを敷くといった、
安全策をとったでしょうか?
明日、検分しておきましょう。
by Sha-Sindbad | 2016-04-10 14:28 | Pentac38/2.9 | Comments(5)

1555 西九条(ペンタック38mmF2.9はますます古風の味わいで)Part 2②



ペンタック38mmF2.9が西九条で撮った写真の残り30枚も
続けてご覧頂きましょう。

私のブログは、このブログも別ブログ「わが友ホロゴン」も、
写真は撮影した全部を掲載する余裕はないので、
大体およそ半分ほど、私の好みで選択し、
撮影順に並べる、ただそれだけです。
だから、どちらのブログも並ぶ写真はてんでんばらばら。

でも、私の記憶の倉庫なのですから、これしかありません。
私は写真にざらっと目を通すことで、再体験できる仕掛け。
誰もそんなもの見たくないわけで、だから、人は来ない。
ますます私は気兼ねなく文章をマックとポメラでたたき出し
(これも私の思考の記録になるので、推敲なし)、
文章とほとんど無関連の写真をざらっと並べることができます。

私のブログはこうして文章と写真が別々の音楽を奏でるので、
まるでフーガのように豊かにクレッシェンドする、
なんてことは起こりませんね。
ただカオスだけ。
私の心はもともとカオスのようなものですから、
もしかすると、私のブログたちは私の心の再現かも?

そんなとき、ペンタック38mmF2.9というレンズ、
とても心強いですね。
どこかに時間を超越したような古めかしいフレーバーが漂う。
こんなものも一種の記憶色なのかも知れませんね。





b0226423_14462567.jpg
b0226423_14462022.jpg
b0226423_14461411.jpg
b0226423_1446921.jpg
b0226423_144554100.jpg
b0226423_14454819.jpg
b0226423_14454284.jpg
b0226423_14453680.jpg
b0226423_14453038.jpg
b0226423_14452356.jpg
b0226423_14451682.jpg
b0226423_1445925.jpg
b0226423_1445333.jpg
b0226423_14445735.jpg
b0226423_14445214.jpg
b0226423_14444532.jpg
b0226423_1444393.jpg
b0226423_14443372.jpg
b0226423_14442737.jpg
b0226423_14442285.jpg
b0226423_14441584.jpg
b0226423_14441031.jpg
b0226423_1444368.jpg
b0226423_14435866.jpg
b0226423_14435180.jpg
b0226423_14434524.jpg
b0226423_14433818.jpg
b0226423_14433293.jpg
b0226423_14432615.jpg
b0226423_14432073.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-09 14:48 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1554 西九条(ペンタック38mmF2.9はますます古風の味わいで)Part 2①



3月28日月曜日、揚琴レッスン日。
恒例の梯子写真の第2部は西九条。
いつもながら絶好調でした。
ソニーNEX-5に付けるので、ペンタック38mmF2.9は、
実質57mmの標準レンズとして使います。

折からいわゆる「狐の行水」
晴れていて、お日様が射しているのに、パラパラ雨がやみません。
JR電車の高架下のスーパーのところで雨のやむのを待っていると、
ママチャリが目の前に停車。
見ると、小学生と幼稚園らしい女の子2人は濡れています。
私は生来お節介なので、
「お母さん、
子供たちが絶対に雨にかからないようにしてあげましょう。
放射能を初め、なにが雨に混じっているか分かりませんよ」
お母さんも納得したようで、
「分かりました」

かなり雨が収まったので、フードを深くかぶって、
高架下から走って30秒の喫茶店に飛び込みました。
(自分は雨の中を走っているのですから、世話はない。
先行き短いので、なんて、絶対に思わない。
時間が惜しかっただけ。)

半時間、まあまあのホットコーヒーをいただきながら、
Pomeraを使い、
大和西大寺駅行き近鉄電車の乗車時刻20分前に喫茶店を出発。
いつもの定点観測地点のぼろ椅子まで脚を伸ばしました。

その入り口角っこにクリーニング店があります。
女主人が帰ってきたようです。
突然、ご主人に向かって金切り声。
私が撮っていると、ますます果てしなくクレッシェンドして、
聞くに耐えないののしり声の合間に、
ガチャンドシーンとなにかを投げたりぶつけたりする効果音も
華麗に混じり始めました。

ああ、いつも私が撮っている白い椅子って、
クリーニング店にあったもので、これが耐えられなくて、
逃げ出したんじゃないかな?
風雨でどんどんと朽ち果てつつありますが、
あの店に戻るよりずっとましだ!
次回来たとき、雨露に濡れたご主人が
この椅子にじっと座っていなければよいのになあ、
そんなことを考えながら、数枚撮影。
今回、初めて椅子の下の地面が池になっていました。
椅子もやっぱり怖かったんだなあ......

こんなとき、ペンタック38mmF2.9は強い味方ですね。
けっして脅えた姿を見せず、写真も震えていない。
なにしろ100年近く生きて来た古兵なのですから。

西九条では絶好調。
60枚ばかり選びましたので、2回に分けることにしましょう。
古代レンズ、ここにあり!
そう言いたくなるような、堂々たるイメージ。
ますます気に入りました。




b0226423_2213254.jpg
b0226423_22131820.jpg
b0226423_22131212.jpg
b0226423_2213668.jpg
b0226423_221309.jpg
b0226423_221253100.jpg
b0226423_22124880.jpg
b0226423_22124289.jpg
b0226423_22123672.jpg
b0226423_22123032.jpg
b0226423_22122578.jpg
b0226423_22121976.jpg
b0226423_221212100.jpg
b0226423_2212746.jpg
b0226423_2212263.jpg
b0226423_2211561.jpg
b0226423_22115116.jpg
b0226423_22114595.jpg
b0226423_22114066.jpg
b0226423_2211341.jpg
b0226423_22112731.jpg
b0226423_22112280.jpg
b0226423_22111686.jpg
b0226423_22111064.jpg
b0226423_2211418.jpg
b0226423_221056100.jpg
b0226423_22105033.jpg
b0226423_22104453.jpg
b0226423_22103839.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-07 22:16 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1553 ユニバーサルシティ(ペンタック38mmF2.9はますます古風でぼけた味わいで)Part 1



携帯電話をiPhone4sから6sに換えました。
二回りほど大きくなりました。
それとともに、無線ランも光電話もすべてソフトバンクに移行。
と書くと、とてもスムーズに聞こえますが、
さまざまな個所に何十回と電話したことか?
そのすったもんだの顛末は思い出したくもないほどに面倒でした。

でも、関係各社の電話でも応対はとても丁寧で親切でした。
会社の顔がそこに現れることを各社とも肝に銘じている、
そんな印象。
政府も見習って欲しいものです。
保育士たちを優遇し、保育園ももっと充実させなきゃ!
国の将来はそこにかかっていると言っても過言ではないのに!
戦争のためには何兆円も平気で使うけど(軍事産業がもうかるので)、
国民のためには一円もかけたくない(政治家にはもうからないから)、
そんな感じさえします。

iPhone6sのカメラの性能はとてもよくなっているようですね。
どんな光学構造か知りませんが、
レンズそのものはどうせ原価タダ同然のプラスチック。
でも、きちんと作れば、素敵な画像が撮れることには、
ほとほと感心させられます。
とすると、皆さんがお使いのデジタルカメラのレンズたち、
これも実は超格安のプラスチックレンズがほとんどのようですが、
さらによく撮れるのでしょう。

ここで「よく撮れる」というのは、リアルでナチュラルな画像。
つまり、そのような画像が欲しい方が写真界の99%でしょうから、
クラシックレンズたちなんか出る幕はないわけです。
一方、私の望みは幻想的で、いわば不可思議なイメージだけ。
夢も希望もなくなった現実なんか、ゴメンだ。
目を開いて夢を見ていたい。

ペンタック38mmF2.9は1920年代か30年代のボロレンズ。
ソニーNEX-5は、たとえば、オリンパスEP-L1と比べますと、
画像が一層精密な感じがします。
ソフト的な内部処理でおそらく画像をかなり精密化しているみたい。
でも、ふんわり、ぼんやりの画像しか撮れないこのレンズには、
さしものソニーNEX-5も手の施しようがないという感じ。

「そんなボロレンズでボロ写真撮って、なにが面白いの?」
そうおっしゃる方は多いかも知れません。
でも、私は逆。
「そんな隅々まできちんと照らし出すような綺麗な写真を撮って、
あなた、飽きませんか?」

こんな写真たちって、なんだか似ています、
非の打ち所がない優雅典麗な紳士淑女、
超一流の学歴と職歴を重ねるエリート官僚、
完璧に有能なるサラリーマン、
要するに、「わたしは一流なの」というお顔の皆さん、
こんなお歴々と付き合いたいと思いますか?
私はゴメンですね。

よくよく考えてみますと、
こんな私はちょっと変わっているのかも知れませんね。
今ふっと思い出したことがあるのです。
私は少年時代からちょっと変わっていたかも知れません。
信じて頂けるかどうかは分かりませんが、
受験校に行って、大学を志望していましたが、
3年間実力テストの席次表や通信簿に一切目を通さなかったのです。
そんなものに左右されたくなかったから。
ひょっとすると、両親も変わっていたのかも知れません。
両親も一切、私に尋ねなかったのですから。

それでも、大学にも通り、国家試験も合格して、
志望どおりのかなり変わった職業に就いたのですが、
精神的に何にも疲労せずに、この時期を過ごせたのは、
受験戦争の最中でさえ、
いつも好きな本を読み、
好きな音楽を聴き、
そして、写真を楽しんだからでしょう。
その合間に勉強したようなものです。

要するに、人に抜きん出ようとか、競争に勝とうとか、
出世しようとか、有名になろうとか、
そんな気持ちは生まれてこの方一切持ったことがない。
人にいじめられることもなく、いじめることもなく、
人に威張らせることもなく、威張ることもなく、
ずっと気楽に人生を楽しんでこれたのも、そのせいでしょう。

こんなことを言える方はそんなに多くないかも知れませんね。
よく考えてみると、私は猛烈に幸運な人間なのでしょう。
だから、かえって人に好かれないかも、という感じもしています。
でも、気にならない。
どんな状態であれ、人のことは気にしないで、
自分に不満を感じたりしないで、
生きてくることができたのですから。

この永遠のボケレンズ、ペンタック38mmF2.9って、
そんな私にかなり似合っているかも知れません。





b0226423_12103925.jpg
b0226423_12103354.jpg
b0226423_12102845.jpg
b0226423_12102157.jpg
b0226423_1295355.jpg
b0226423_1294882.jpg
b0226423_1292922.jpg
b0226423_1292413.jpg
b0226423_1291883.jpg
b0226423_1291260.jpg
b0226423_129755.jpg
b0226423_129163.jpg
b0226423_1285685.jpg
b0226423_1285081.jpg
b0226423_1283995.jpg
b0226423_1282328.jpg
b0226423_1281748.jpg
b0226423_1281246.jpg
b0226423_128770.jpg
b0226423_128134.jpg
b0226423_1275585.jpg
b0226423_1274917.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-04-06 22:47 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1551 眼差し(スピードパンクロ35㎜F2は秋田角館の美女に出会ってご機嫌)





b0226423_1811596.jpg






面白いことがあります。
国々、都市都市によって、マネキンが違う。
国々、都市都市によって、マネキンがかなり共通している。
角館でもそんな原則がかなり当てはまりますが、

一つのお店は違いました。
とてもひっそりとして暗い、古風な洋雑貨店。
もしかすると、大通りの他のかなり多くの店と同様に、
すでに閉店状態なのかも知れません。

日本の地方都市の多くはあと10年ほどで、
ほとんど廃村、廃町、廃市同然の死に体と化しそうです。
住民が超高齢化して、角館でも、なんだか3軒に1軒は、
廃業もしくは売りに出ている状態に見えます。
このお店もそうかも知れません。

マネキンが20世紀終わり頃にはすでに古風と化していた、
そんな古めかしいたたずまいで、ひっそりとそこに居ました。
1930年初頭の頃のスピードパンクロ35㎜F2には、
ぴったりの被写体だったかも知れません。

彼女、一体どこを見つめているのでしょうか?
by Sha-Sindbad | 2016-04-04 18:03 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)

1545 夕景(パンタッカー40mmF2.3からは古き良き時代の情緒が纏綿と)


毎回レンズテストばかりですが、
これが楽しいですね。

随分昔になりますが、3月7日月曜日、孫当番でした。
絶えず当番です。
6時半起きで、元気に出発。
お天気の方はどんよりじっとりと曇っていますが、
昔から気分はお天気に左右させない、というのが私の主義。

バス停までさっさと歩いていたのですが、
時計を見ると、バス停まで徒歩2分あたりで、まだ5分残っている。
数枚撮ってやろうと、バッグから取り出したのセットは、
ソニーNEX-5
アストロ・ベルリンのパンタッカー40mmF2.3

戦前のノンコーティングのぼろぼろレンズ。
アストロ・ベルリンの映画用レンズは極上のうえ、
絞りごとに数本の焦点距離が用意され、
その描写特性は完全に統一されていたので、
どれもこれも使い倒されて、ぼろぼろになっているのだそうです。
このパンタッカー、とりわけ愛用されたようです。

35mm映画用なので、
いわば標準レンズ的使いこなしができたからでしょうか?
ebayで落札したときは、もう完全にもやがかかったようでした。
クリーニングしていただいたので、
まだフレアー満開ですが、なんとか使えます。
パンタッカー50mmF2.3のようなカリスマ性はありません。
あくまでも情緒纏綿という雰囲気ですが、
画面いっぱいにみなぎる優しい雰囲気がたまりません。
Mマウントアダプタに付けてみました。
これで最短撮影距離がぐっと短縮されたのですから、
たまりません。
まるで私のために開発していただいたようです。
ああ、Mマウントアダプタ、ありがとう!




b0226423_23484359.jpg
b0226423_23483387.jpg
b0226423_23482697.jpg
b0226423_23482149.jpg
b0226423_23481486.jpg
b0226423_2348862.jpg
b0226423_2348392.jpg
b0226423_23475524.jpg
b0226423_23474988.jpg
b0226423_23474452.jpg
b0226423_23473728.jpg
b0226423_23473132.jpg
b0226423_23472362.jpg
b0226423_23471788.jpg
b0226423_2347115.jpg
b0226423_2347564.jpg
b0226423_2346595.jpg
b0226423_23465423.jpg
b0226423_23464997.jpg
b0226423_23463414.jpg
b0226423_23462783.jpg
b0226423_23462178.jpg





    [後書き]
      最後の3枚はバスの中からのスナップ。
      もっともこの暗さになっては、
      走行中はとても無理。
      3枚とも停車した隙を狙って撮りました。
      どこに居てても、ロボグラフィは撮れる、
      それが強みですね。
by Sha-Sindbad | 2016-03-28 23:51 | Pentac38/2.9 | Comments(0)

1514 西九条(ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8は西九条も荒らしまくった)Part2



1月25日の西九条での撮影分の残りをご覧頂きましょう。
ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8は最後まで絶好調でした。

現代写真に見慣れた方には、ちょっと飲み込みにくい写真たちでしょう。
ボケているような、ボケていないような。
厚みがあるようで、それでいて、軽い。
要するに、つかみ所がない感じ。
私はそんな曖昧模糊とした雰囲気が好きですね。

私の写真はすべて私の個人的記憶であって、
パブリックな意味合いも意図もまるでないので、
ダブルメニスカスアクロマート63mm f4.8はまさに、
そんな私の気持ちにとてもしっくりとマッチしてくれます。

結局「レンズ千夜一夜」とは題しつつ、
当初は名レンズ白書のつもりだったのに、
さまざまな愛用レンズたちが私の記憶にどんな貢献をもたらしてくれるか?
その検証サイトとなってしまったようです。




b0226423_16582048.jpg
b0226423_16581457.jpg
b0226423_1658816.jpg
b0226423_1658327.jpg
b0226423_16575729.jpg
b0226423_16575120.jpg
b0226423_16574667.jpg
b0226423_16574146.jpg
b0226423_16573662.jpg
b0226423_16573159.jpg
b0226423_16572537.jpg
b0226423_16572028.jpg
b0226423_16571451.jpg
b0226423_1657916.jpg
b0226423_1657394.jpg
b0226423_16565764.jpg
b0226423_16565263.jpg
b0226423_16564545.jpg
b0226423_16564024.jpg
b0226423_16563466.jpg
b0226423_16562925.jpg
b0226423_16562455.jpg
b0226423_16541436.jpg
b0226423_1654831.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-02-12 17:07 | D.MeniscusAcromat63 | Comments(0)