レンズ千夜一夜

タグ:ソニーNEX-5 ( 23 ) タグの人気記事

1264 清爽 (メオスティグマート50㎜F1はやっぱりペッツヴァールだった?)



前回の記事にとても嬉しいコメントを頂きました。
ペッツヴァールの大先輩、中将姫光学さんからです。
あんまり嬉しいので、そのまま本文に移させて頂きます。

    キングスレークの本を見ると、
    ペッツバールの人物用レンズとしての記述の後に
    プロジェクターレンズなどのバリエーションの紹介があります。
    F1レンズはふたつ構成図が出ていて、いずれも6枚ほどの構成なので、
    これらのレンズと同様か変形の可能性はあるかも知れません。
    先日書かれていたようにスティグマートは非点収差を補正したという意味なので、
    おっしゃるようにペッツバールタイプではないかも知れませんし、
    像面フラットナー使用のペッツバール型かも知れません。

さっそくキングズレークの「写真レンズの歴史」に飛びつきました。
50、51頁に記載がありました。

    1873年、C.ピアッツィ・スミスという人が、
    通常のペッツヴァール型人物用レンズの非点収差と像面湾曲を
    取り去る方法を発見した、というのです。
    難しいことははしょるとして、
    ペッツヴァールは、2枚組み合わせのレンズ群が2つ、
    かなり離して向かい合う形になっているのですが、
    この2群の距離を狭くして、後方にもう1枚レンズを置くことで、
    平面性をよくする「像面フラットナー」を付加したのです。

    さらには、コダックは前方の本来の2群の間にレンズを1枚置いて、
    F1の明るさを達成した、プロジェクション・エクターを開発。

というのですから、中将姫光学さんの示唆はかなり有力。

    メオプタはまさにこのプロジェクター用レンズを製造するにあたり、
    このレンズを参考にしたことはかなりありそうなことです。

ただし、ちょっと気になるのは、
キングズレークがエクターの開発を「最近」と記載していること。

    「写真レンズの歴史」の出版は1989年のようです。
    とすると、その時点から見て「最近」となると、1980年代では?
    当然国際特許を取っていたでしょうから、
    メオプタのようなチェコの会社が高い版権を出して使うのも考えにくい。
    巧みに改良を加えて、独自のF1レンズを作ったのかも知れません。
    (いずれにせよ、メオプタが先に作ったら、当然特許をとったでしょうから、
    キングズレークはその方も記載したでしょうから、先ではなさそう)

もっとも、F1のような超大口径レンズの設計はほかにもあるようです。

    でも、プロジェクター用にはかなりペッツヴァールが利用されているようです。
    画像がいかにもペッツヴァールを思わせる清らかさに溢れていることも、
    忘れることができません。

こんなことをいろいろ考え合わせると、私としては、

    像面フラットナーを付加したペッツヴァール系の可能性が高い、
    ひとまず、そう結論することにします。

その証拠写真を6枚、ご覧頂きましょう。

    これらの写真を眺めていると、メオスティグマート50㎜F1は、
    やっぱりペッツヴァールなんだ、そういう思いがこみ上げてきます。




b0226423_14065.jpg
b0226423_140191.jpg
b0226423_1359567.jpg
b0226423_13595022.jpg
b0226423_13594393.jpg
b0226423_13593646.jpg
b0226423_13593042.jpg




[後書き]
最後の2枚は自宅。
我が家の長女(猫ですが)です。
こんな美女にペッツヴァールが似合いますね。
by Sha-Sindbad | 2015-02-20 14:09 | Meostigmat50/1 | Comments(2)

1263 仮面 (メオスティグマート50㎜F1はペッツヴァールじゃなかった)



b0226423_1493999.jpg





2月18日水曜日は畏友RAさんと天神橋筋商店街を歩きました。

私の装備は、

    カメラがソニーNEX-5
    レンズはネオプタのメオスティグマート50mmF1

RAさんは、

    カメラはペンタックスの一眼レフ(名称不詳)
    レンズはゼニター16mmF2.8

なんと魚眼レンズです。

    私が彼のためにebayで新品を落札しました。
    そのこけら落とし。
    魚眼ですが、いわゆる対角線魚眼レンズなので、
    35mmのフレームいっぱいに撮れます。

    対象から10cm、15cmあたりまで肉薄しておられます。
    おもしろい写真になるでしょう。

私の方ははじめてメオスティグマート50mmF1を街で使いました。

    実質75mm準望遠レンズですが、とにかく使いやすい。
    たいてい主人公を中心に大きく据えて撮りました。
    必然的に、バックは激しくぼけます。

ゾンネタール50mmF1.1とよく似ていますが、
メオスティグマート50mmF1の方が合焦部の切れ味が勝るようです。

    ぼけもさらにダイナミック。
    でも、これらは後者がライカZMマウントで、
    せいぜい80cmあたりまでしか撮れないのに対して、
    はるかに接近できるうえ、75mm準望遠であるせいでしょう。

そのぼけを子細に検討してみての結果ですが、
グルグルと回らず、対角線方向に流れます。

蛍光灯の下で見ても、レンズは少なくとも6、7枚はありそうです。

    ペッツバールのレンズ構成で、
    開放値をF1まで開くことができるのでしょうか?

そのうえ、合焦部分のフレアもあまり感じられません。
どうやらこのレンズ、ペッツバールではありません。

    ebayに掲載された作例は盛大にグルグルボケが乱舞していました。
    どうやら別のレンズの写真を転用したようです。

でも、許しましょうとは言いがたいけど、
忘れることにしましょう。

    このレンズの描写は猛烈にゴージャスなので、
    大いに気に入ったからです。

作例は、我が家のネパール祝祭用仮面。

    F1という開放値のピント範囲がどんなに狭いか、
    お分かりいただけるでしょう。
by Sha-Sindbad | 2015-02-19 14:17 | Meostigmat50/1 | Comments(3)

1222 謹賀新年 (元旦の朝の雪模様はスーパーシックス!)



あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いします。

さて、写真は、元旦の我が家の裏景色を並べてみました。

    カメラはソニーNEX-5
    レンズはダルメイヤーのスーパーシックス25㎜F1.9

寒々とした光景ですが、自分の家の裏にこんな田園風景を持つ、
そんな贅沢を味わえる人間はあまりいないのでは?

    要するに、私が片田舎に住んでいるということ。
    都会に住みたいと一度も思ったことのない人間、それが私。

ただし、めでたい日なのに、この寒々とした景観ではねえ、
なんてことはちっとも感じません。

    雨も嵐もみんな天候。
    夏に吹雪襲来なら一大事ですが、
    真冬に雪は当然。
    近頃、時ならぬ時に、あってはならないことが頻繁に起こるご時世、
    めでたいではありませんか?




b0226423_2303669.jpg
b0226423_2303189.jpg
b0226423_2302571.jpg
b0226423_2302080.jpg
b0226423_2301415.jpg
b0226423_230739.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-01-01 23:02 | Comments(6)