レンズ千夜一夜

タグ:スピードパンクロ50㎜F2 ( 15 ) タグの人気記事

1630 バス停までの200m(スピードパンクロ50㎜F2を持つといつもの光景も異空間に)



スピードパンクロ50㎜F2の魅力って、なんだろう?
中将姫光学さんからお借りしてから幾度も撮って、
考えあぐねてきました。

私はオペラが大好きです。
大学入学してまもなくの頃、
アンドレ・クリュイタンス指揮のカルメンのレコードを手に入れました。
レシタチーヴォではなくて、セリフが飛び交うオペラ・コミック版。
今ではこのバージョンはほとんど使われないようです。
でも、これはこれで土の香りがして、独特の雰囲気だった上に、
いつも屈託のない流麗な音楽作りをするクリュイタンスに魅せられてしまい、
オペラの世界に一歩踏み込んでしまいました。

次に、カルロ・ベルゴンツィ、レナータ・テバルディ、
ジュリエッタ・シミオナートによるヴェルディの「アイーダ」に出会って、
完全にオペラの魅力にノックアウトされて以来、長年愛してきました。

もっとも私が志向のオペラ歌手として不動の地位を確立したのは、
マリア・カラスとジュセッペ・ディ・ステファノの二人でした。
私は20世紀の生んだ最高のコンビ、そう思い、今でも揺るぎません。

ディ・ステファノという稀有の魅惑のヴォイスが本当に輝いたのは、
ソフトなリリックテノールの領域でした。
スターの地位を確立し、ライバルだったデル・モナコや、
その後に出現したフランコ・コレルリに対抗すべく、
強靱なオペラボイスを必要とするドラマチックな役柄に挑戦することで、
彼は最上の武器である、限りなくナチュラルな甘いボイスを失いました。
ロシア征服を企図したナポレオンと同じ失敗を侵したのです。

そこで、本題に入りましょう。
このフランコ・コレルリこそ、スピードパンクロ50㎜F2なのです。
強弱自在の柔軟な響きをもった歌声は、
どこまでも輝きと緊張感に満ちた稀有のヴォイスでした。
このヴォイスに類い希なる美貌と颯爽たる容姿を兼ね備えることで、
彼はある種の領域では無敵の歌手でした。
後年の三大テナーの誰もが彼を凌駕するようなオーラはもっていない、
そう言い切ってもよいほどの歌手でした。
まさに、それがスピードパンクロ50㎜F2につながります。

でも、じゃ、他のテナーたちはまったく対抗できなかったか?
そう問いかけてみますと、回答は明らかに「ノー」ですね。
とりわけ、ディ・ステファノは、マリア・カラスとコンビで、
彼の最も得意とし、彼に最もふさわしかった役柄で、
数々のLP録音を残しています。

偉大な歌手がほぼ等身大の姿で記録に留めることができた、
そんな世界の宝のような録音が幾種類も存在します。
その中でも、この二人のコンビのオペラ録音と肩を並べるのは、
フルトヴェングラーの「トリスタンとイゾルデ」「ワルキューレ」
「ドン・ジョヴァンニ」、
エーリヒ・クライバーの「フィガロの結婚」、
ギョルグ・ショルティのワーグナー「ニーベルンゲンの指輪」連作、
これぐらいではないか、そう思えるほどです。

カラスと肩を並べて歌うディ・ステファノの音楽性を考えますと、
レンズではアストロ・ベルリンのパンタッカー50㎜F2.3がそうだ!
私はそう気づきました。
けっして出しゃばらず、おっとりと落ち着いている、
でも、そのソフトな雰囲気描写が路傍の物たちを限りなく輝かせる。

楽しいですね、
ディ・ステファノを聴くと、これだ、
これこそ私の聴きたい音楽だと心を震わせ、
コレルリを聴くと、わー、こんなにたぎりたつような情熱って、
どこから吹き上げてくるんだろう、と、うっとりしてしまいます。

スピードパンクロ50㎜F2とパンタッカー50㎜F2.3も、まったく同じ。
私にそれぞれに最上、極上の描写をプレゼントしてくれる、
比較を絶した存在なんだ、そんな確信に近頃たどり着いています。

今回は、スピードパンクロ50㎜F2片手に孫の家に向かう途中、
我が家から直近のバス停までの約200mの収穫をごらん頂きます。
こんな凄いレンズを持ちながら、
なんでこんなゴミ箱みたいな道ばたで、
裏ぶれた写真ばっかり撮っているの?
もっとフォトジェニックな写真こそふさわしいレンズなのに?
そう疑問に思う向きもあるでしょう。

それは、いつもお断りしているように、写真的観点からの疑問。
私には完全に的外れのクエッションです。
写真を趣味にしたら、写真作品を撮らなきゃ、という常識なんか、
20年前にはっきりゴミ箱にポイッと捨てちゃいました。
私は、自分の人生の記録を作っているだけ。
どんなところでも、私の心を動かしてくれるなにかに出会える、
それが私の人生を生きるに値してくれる、私はそう信じています。

スピードパンクロ50㎜F2もそんな私を理解してくれています。
彼は「こんなところで、なんで僕が?」なんて決して言いません。
彼は彼なりに最善を尽くしてくれている、私はそう信じます。
写真家なら、同じ場所でももっときらきら輝く写真を撮るでしょう。
私は私の心に映ったままに撮りたい。
私は華麗なパフォーマンスなんか大嫌いな人間です。
1人ひっそりと人生を楽しみたいだけ。
そんな私にスピードパンクロがプレゼントしてくれたのがこれら。
感謝しています。

蛇足ですが、私はレンズにも性別があると考えています。
スピードパンクロ50㎜F2は男性、
パンタッカー50㎜F2.3とスピードパンクロ35㎜F2は女性、
私はそう確信しています。

じゃ、ホロゴンはどうなの?
失礼、ホロゴンに性別はありません。

    ホロゴンは神です!




b0226423_1675447.jpg
b0226423_1674895.jpg
b0226423_1674140.jpg
b0226423_1673675.jpg
b0226423_1673141.jpg
b0226423_1672511.jpg
b0226423_167193.jpg
b0226423_1671475.jpg
b0226423_167985.jpg
b0226423_167338.jpg
b0226423_1665885.jpg
b0226423_1665268.jpg
b0226423_1664565.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-20 16:18 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1601 豊饒の海(スピードパンクロ50㎜F2が古都奈良の片隅を照らし)Part 2


スピードパンクロ50㎜F2のようなレンズを使っていると、
つくづく感じます。

    レンズって、無窮の豊饒の海なんだなあ。

さまざまなガラス、さまざまな形状、さまざまな組み合わせ、
これにコーティングもときに加わり、一つとして同じものはできません。

町を歩いていてつくづく思うことは、
人間も、レンズ同様に、無限のバリエーション。
ここだけの話、あんな顔、あんな姿で歩きたくないなあ!
でも、分かっています、
向こうもそう思っている。
幸いなことに、主観の強み、慣れも手伝って、
たいていの方がなんとか折り合いを付けています。

その証拠に、
行楽地で自撮り棒で自分を撮る人たちのうれしそうな顔。
ちなみに、私はこれが絶対にできません。

そして、レンズでもなんとか折り合いを付けるなんてことはできません。
絶対差があって、絶対に妥協できません。
「いい、これが最高!」
そう心から感じることができるレンズだけ使いたい。

そうなのですが、そこは貧しさもあって、そうも行かない。
多少は妥協して、「よし、今日はこのレンズで行こう!」
そう感じることができさえすれば、ある程度は我慢して付き合います。

でも、そんな妥協のかけらもなく、こう思えたら最高、
「ああ、こんなレンズと知り合えて、幸せだ!」
スピードパンクロ50㎜F2がそれです。
使えば使うほど、愛してしまいそう!
危険ですね。





b0226423_13331377.jpg
b0226423_1333761.jpg
b0226423_13325335.jpg
b0226423_13324656.jpg
b0226423_13324046.jpg
b0226423_13323450.jpg
b0226423_13322941.jpg
b0226423_13322251.jpg
b0226423_13305393.jpg
b0226423_13304747.jpg
b0226423_13304041.jpg
b0226423_13302515.jpg
b0226423_13301751.jpg
b0226423_13301037.jpg
b0226423_1330445.jpg
b0226423_1329595.jpg
b0226423_1329524.jpg
b0226423_13294643.jpg
b0226423_13293476.jpg
b0226423_1329284.jpg
b0226423_13292116.jpg
b0226423_13291644.jpg
b0226423_13291095.jpg
b0226423_13285956.jpg
b0226423_13285287.jpg
b0226423_13284796.jpg
b0226423_13283779.jpg
b0226423_13283218.jpg
b0226423_13282633.jpg
b0226423_13281989.jpg
b0226423_13281365.jpg
b0226423_132856.jpg
b0226423_1327573.jpg
b0226423_13275137.jpg
b0226423_13274532.jpg
b0226423_13273817.jpg
b0226423_13273232.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-22 13:45 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1600 自然色(スピードパンクロ50㎜F2が古都奈良の片隅を照らし)Part 1



本ブログも1600回目という大台に乗りました。
節目にふさわしいレンズとして選んだのは、
中将姫光学さんからお借りしているカリスマレンズ、

    スピードパンクロ50㎜F2

ロボグラフィを楽しむようになるまでは、
ロボグラフィはストリートフォトの一部、
いわば遊びの部分でした。
そのお遊びだけで写真人生を送る、というのも、
考えようによっては退化、退歩、敗北なのでしょう。

でも、なぜでしょうね。
これまでに見えなかったものが一杯見つかる。
目に飛び込んでくる。
だから、いつも晴れ晴れとした気分になれます。

そして、よくよく心に問いかけてみると、
ロボグラフィこそ、
私が写真を始めてからずっと追い求めていたものでした。
そんな私の期待にこのレンズは応えるどころではありません。
私の期待もしていないイメージをプレゼントしてくれます。





b0226423_22445313.jpg
b0226423_22444566.jpg
b0226423_22443538.jpg
b0226423_22442969.jpg
b0226423_2244213.jpg
b0226423_22441574.jpg
b0226423_2244820.jpg
b0226423_2244129.jpg
b0226423_22435641.jpg
b0226423_22434952.jpg
b0226423_2243436.jpg
b0226423_22433739.jpg
b0226423_22433244.jpg
b0226423_22431963.jpg
b0226423_22431279.jpg
b0226423_2243642.jpg
b0226423_2243075.jpg
b0226423_22425496.jpg
b0226423_22424926.jpg
b0226423_22424312.jpg
b0226423_22423766.jpg
b0226423_22423261.jpg
b0226423_22422748.jpg
b0226423_22422272.jpg
b0226423_22421563.jpg
b0226423_2242812.jpg
b0226423_2242137.jpg
b0226423_22415226.jpg
b0226423_22414624.jpg
b0226423_22413737.jpg
b0226423_2241291.jpg
b0226423_2241195.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-06-21 22:47 | SpeedPanchro50/2 | Comments(0)

1580 大和郡山夢幻(スピードパンクロ50㎜F2で吉田正写真教室の5枚セットを組んでみた)


5月19日木曜日は吉田正さんの写真教室でした。
生徒はそれぞれに5枚の写真を持ち寄り、
先生にごらん頂いて、アドバイスを頂きます。
私だけ5枚1組のセットを持参しています。

以前にも幾度も書いていることですが、
私は自分のことをいかなる意味でも写真家とは考えていない。
ただの写真好きのレンズ好き。
でも、折角写真教室に行くのですから、
この日だけは、無理矢理写真作品らしい体裁を作って、
吉田正さんに見ていただきます。

今回はスピードパンクロ50㎜F2の写真たち。
ただし、どうすれば、組写真が作れるか?
どうすれば、人に一つの写真作品という印象を与えることができるか?
私にはわかりません。
考えたこともない。
なぜなら、組写真って何なのか?
これさえもわからないからです。
だから、私が吉田正写真教室に持参するのは、
だから、単なる模擬セット。
要するに、5枚そろえてみて、なんだか写真作品らしい感じになったらいいな、
という程度です。

プリントも、退職者の身です。
贅沢言えません。
それなのに、プリントには厄介なずれがあります。
マックのCRT画面上では一応撮れたままの画像が見えています。
でも、そのままプリントすると、
かなりどんよりとしたイメージにずれてしまいます。
そこで、ブログの原稿同様、レベル補正で調整するのですが、
その方向がブログでは濃度を高める方向なのに、
プリントの場合はかなり薄目にしなければなりません。
ときどき行きすぎたり、足りなかったり。
でも、コストの関係上、焼き直しはできない!
ケチなのでしょう。
今回も5枚きっかりプリント。

85年ほども昔のレンズで撮りますと、
かなり似た雰囲気のイメージが生まれるものです。
まさに古色蒼然というたたずまい。
それをランダムに並べると、
もうそれだけで組写真風になってくれました。

メンバーの皆さんの多くはかなりスケールの大きな写真をお撮りになります。
私の小スケールの写真はそんな方にはまったくアピールしません。
私の写真を本気でごらんになる方はほんの数人ですが、
数人も居られるということ自体、かなり驚きです。
ほとんど誰も私のロボグラフィに関心など持たないからです。
吉田正さんに熱心に持ち上げていただいているおかげもあるでしょう。
それでも、気分よく教室を出ることができました。






b0226423_14584826.jpg
b0226423_14584185.jpg
b0226423_14583450.jpg
b0226423_1458262.jpg
b0226423_14581621.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-20 14:57 | SpeedPanchro50/2 | Comments(2)

1579 十三幻影(スピードパンクロ50㎜F2は精緻ファンタジーが得意らしい)



Leica Virgin 中将姫光学
(http://zunow.blog51.fc2.com/)
クラシックレンズファンの私にとって、
最高のリファレンス資料となってきたのが、このブログです。

でも、中将姫光学さんが1年余の世界旅行に出かけられて、
かなり剣呑な地域を旅されるようになって、
疾風怒濤、というより、暴虎馮河に近い連日の移動ぶりに、
かなり冷や冷やしている内に、いつしか投稿が途絶え、
完全に消息不明となっておられました。

彼のことを心配していたのは、私一人ではないはず。
でも、実は、そんな心配は杞憂でした。
久しぶりに奈良に姿を見せられたのです。
もともと大変な長身の方なのですが、
旅の体験を経たせいでしょう、
一回り大きな人物となっておられました。

奈良大和路の撮影地として、大和郡山、
大阪浪速の撮影地として、十三を、
二人で2日に分けて、歩いてきました。

中将姫光学さんからレンズを一つをお借りしました。

     クックのスピードパンクロ50㎜F2。

私がついに手に入れることができなかった至高の名玉。
このレンズは3世代を数えるのだそうですが、
中将姫光学さんのお話では、第1世代がベストとのこと。
その第1世代のライカMマウント改造版をお借りできたのです。

その1枚をご覧頂きましょう。
1930年頃の正真正銘のオールドレンズなのに、
クリアーで明晰で精緻なことはどうでしょうか?
でも、それにも関わらず、メタモルフォーゼが歴然。
ご覧下さい。
これが何なのかは、あなたの想像にお任せします。






b0226423_22473453.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-05-18 22:47 | SpeedPanchro35/2 | Comments(0)