レンズ千夜一夜

タグ:スピードアナスチグマート25mmF1.5 ( 16 ) タグの人気記事

1772 新大阪(リコーダー日のスピードアナスチグマート25㎜F1.5は心を休める仕事)


肺炎の療養の日が続きます。
抗生物質の点滴4日目です。
もうほとんど脱力感もなくなりました。
脱力感がなくなると、
症状として残るのは左肺の白濁状態だけ。

親友のRAさんと一昨夜電話で話しました。
彼も若い頃同様に肺が一つ白濁する肺炎をわずらったそうです。
曰く、「結局、肺の白濁はとれないままに終わりました。
そうすると、気管支炎になりやすく、
容易に肺炎に進む危険があって、苦労しました」

私もそうなるのか?
心配になって、昨日、担当医に尋ねました、
「そんなことありませんよ。
綺麗になりますよ。
その方なにか合併症があったのでしょう」

今日、ブログを見て、姉がお見舞いの電話をくれました。
もう引退していますが、小児科医だったので、
医療関係は万事、この姉に尋ねます。
姉も、「そんなことないよ。綺麗になるから」
ほっ。

使うカメラはボロボロ、
使うレンズの大半は白濁、
使う自分の頭脳も最早白濁、
撮れる写真も白濁、
そのうえ、肺までも白濁されたんじゃ、
たまったものじゃありません。
でも、そう言いながら、白濁は私のお好み状態らしい。

4月5日火曜日、アブニールコンサートを3日後に控えて、
新大阪駅近くのココプラザでリコーダーレッスンでした。
でも、ちゃんとバッグに潜めたOlympus EP-L1に付けたのは、
白濁レンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5
もっとも白濁したのは、長年使い倒されたせいでしょう。
私がレンズの清掃をしないせいもあるかも?
でも、それがとてもよく働いてくれるのですから、
あの使い古しの言葉をプレゼントしたいですね、
「いぶし銀のような」レンズ表現。





b0226423_22462685.jpg
b0226423_22461926.jpg
b0226423_22461247.jpg
b0226423_2246676.jpg
b0226423_2246063.jpg
b0226423_22455439.jpg
b0226423_22453551.jpg
b0226423_22452992.jpg
b0226423_22452195.jpg
b0226423_22451596.jpg
b0226423_2245853.jpg
b0226423_2245130.jpg
b0226423_22445593.jpg
b0226423_22444693.jpg
b0226423_22443871.jpg
b0226423_22443122.jpg
b0226423_22442365.jpg
b0226423_22441311.jpg
b0226423_2244626.jpg
b0226423_22435962.jpg
b0226423_22435491.jpg
b0226423_22434611.jpg
b0226423_22433943.jpg
b0226423_22433399.jpg
b0226423_22432767.jpg
b0226423_22432131.jpg
b0226423_2243131.jpg
b0226423_2243635.jpg
b0226423_22425821.jpg
b0226423_22425214.jpg
b0226423_22404187.jpg
b0226423_22403295.jpg
b0226423_22402438.jpg
b0226423_22401451.jpg
b0226423_2240780.jpg
b0226423_2240041.jpg
b0226423_2239504.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-20 23:19 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1709 新大阪(スピードアナスチグマート25mmF1.5が午後を静かに散策し)Part 2



副題 オブリビオンoblivion こそ我が命


「真善美」
三つの至高の美徳。
でも、どれをとっても、到達するのは大変に難しい目標です。

なにが「真」であるか、永遠に論争が続くでしょう。
どうでもよいことについて、真実を見つけることは、
もしかすると、たやすいことかも知れません。
でも、根本的に大切なことについては、
常に無限の可能性が去来して、答えが出ないものです。

「善」と来たら、さらに難しい。
数知れない道があって、時代により、人により、状況により、
答えのバリエーションは数知れない。

でも、「美」の可能性もまた、真善に劣らず、無限ですね。
そして、写真、レンズも、必ずしもアートではないとしても、
自分にとって美を追究するプロセス、道具であると言えそうです。

先日京都で写真展を開かれた写真家の日高紀志子さんが、
ご自分の写真を写真葉書にして十数枚郵送して下さいました。
すべて銀塩のポジフィルムで撮影されたカラー作品。
別ブログ「わが友ホロゴン」に鑑賞記事を書かせていただきました。
667.02 ホロゴンニュース2「2016年11月25日日高紀志子さん、最後の写真展なの?」
http://ultrawide.exblog.jp/26182425/

とてもナチュラルで、子供達への愛情に溢れた写真群です。
日高さんの写真葉書を一枚一枚繰って、卓上に並べて、納得しました。
これが写真の美なんだ!
まさに子供スナップの王道を歩む写真群です。
そう、私も写真人生の前半20年ではこんな写真を理想にしていたんだ。

でも、ホロゴン15㎜F8に出会ってからの20年余は、
誰もが写真の美と認める写真世界から完全にかけ離れた、
完全に私のプライベートな価値観の写真世界を追究してきたようです。

私の写真と日高さんの写真たちを並べてみると、はっきり分かります。
私は、自分の写真を鑑賞する他人の目を完全に捨象してしまっている。
自分だけが見るもの、自分だけに分かるものに視点を限ってしまっている。
そこで、はっきりと悟りました。
私のお気に入りのレンズたちって、そんな私の志向を援助するものばかり。
結局、オブリビオンoblivion こそ、私の写真の理想なのだ、





b0226423_23364152.jpg
b0226423_233632100.jpg
b0226423_23362515.jpg
b0226423_23355747.jpg
b0226423_23354727.jpg
b0226423_23353974.jpg
b0226423_2333574.jpg
b0226423_23335018.jpg
b0226423_23334217.jpg
b0226423_23325214.jpg
b0226423_23324420.jpg
b0226423_23323758.jpg
b0226423_23323040.jpg
b0226423_23322426.jpg
b0226423_23321346.jpg
b0226423_2332533.jpg
b0226423_2331351.jpg
b0226423_23305466.jpg
b0226423_23304713.jpg
b0226423_233041100.jpg
b0226423_2330348.jpg
b0226423_23302799.jpg
b0226423_23302028.jpg
b0226423_2330128.jpg
b0226423_2330589.jpg
b0226423_23295987.jpg
b0226423_23295213.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-11 23:26 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1708 新大阪(スピードアナスチグマート25mmF1.5が午後を静かに散策し)Part 1


近頃、Cマウントレンズが連続しています。
スピードアナスチグマート25mmF1.5は、私にとってはスペシャル。
心穏やかに写真を撮れるレンズのベスト5に入る傑作レンズです。
とくに、ソニーNEX-5に付けると、穏やかさが一段と際だちます。

銀塩時代のカメラは、言わば「受け皿」でした。
カメラが写りに与える影響と言えば、
レスポンスの良さがスナップの結果を左右する、この程度だったでしょう。
カメラごとに描写が変わるということはありまえせんでした。
レンズとフィルムの共同作業でした。

ところが、デジタルカメラになると、カメラ内部ですでに、
画像処理のためのデジタル加工が行なわれているようです。
ニュートラルに情報処理をするというコンセプトそのものが存在しない。
各社それぞれにユーザーの撮影技術をバックアップし、かさ上げする、
そんな美化処理がなされているらしいですね。
つまり、光学よりも電気的機能を重視する点で、
現代のカメラは光学機器である前に、ただの電気製品なんだ、
そう言っても、間違いではないと思います。

そのうえ、RAW現像それ自体が、ユーザーの意図通りに、
あるいは意図を超えて、データを美的処理する仕組み。
「私って、こんなに素敵な写真家なんだ!
アーチストなんだ!」
そう思って頂けるように、各社がんばってくださっているわけです。

現代のお化粧に似ています。
その人の美しさを引き立てる、それが昔のお化粧。
今は、その人にない美しさを作り出す小道具。
新婚旅行で化粧をとった新婦を見て、「騙された!」
でも、これは新郎の考え違い、というものです。
なんですか?
生涯の伴侶を顔で選んだのですか?
心で選んだら、そんな気持ちにはならないはず。

レンズも同じです。
各社カメラの画像処理の向こうにある、
レンズそのものの描写性を確かめたいですね。
その点、スピードアナスチグマート25mmF1.5は盤石です。
Cマウントレンズ中のボケレンズの白眉とされていますが、
しっかりとものを見つめる姿勢は天下一品です。






b0226423_23243882.jpg
b0226423_23243021.jpg
b0226423_23242392.jpg
b0226423_23241726.jpg
b0226423_23241163.jpg
b0226423_2324529.jpg
b0226423_23235963.jpg
b0226423_23235227.jpg
b0226423_23234621.jpg
b0226423_23233982.jpg
b0226423_2323326.jpg
b0226423_23232672.jpg
b0226423_23231927.jpg
b0226423_23231345.jpg
b0226423_2323455.jpg
b0226423_23225815.jpg
b0226423_23225267.jpg
b0226423_23224538.jpg
b0226423_2322383.jpg
b0226423_23223120.jpg
b0226423_23222438.jpg
b0226423_23221813.jpg
b0226423_23221281.jpg
b0226423_2322665.jpg
b0226423_23215467.jpg
b0226423_23214763.jpg
b0226423_23214069.jpg






b0226423_23223120.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-10 23:52 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1707 脇道(スピードアナスチグマート25mmF1.5ならバス道も沸き立って)


妻から日頃迫られていることがあります。
楽器の学習を一つに絞るべき!
最高の演奏家に師事できる二胡に絞るべき!

ところが、ここだけの話。
私が今楽しんでいる楽器は揚琴、二胡、リコーダーなのですが、
棄てるとしたら、決まっています。
二胡。

なぜ?
まともに弾けるようになるまでに何年もかなり、
弾けるようになっても、弾けるのは小曲だけ。
曲をしっかり弾くためのすべてのテクニックをマスターするのは無理。
もっとも難しい楽器なのですから。

問題は一つ。
どうやって妻に納得させるか?

その点、レンズなら問題はありません。
レンズ性能の面で甲乙を付けることはできるのでしょうが
そんなことはしたくない。
レンズ性能なんてどうでもいい。
私が気に入るような写りであれば、それで十分。
そんなレンズなら、全部まとめて面倒を見てあげよう!

そんな評価基準で行けば、
スピードアナスチグマート25mmF1.5は軽く合格。




b0226423_22515282.jpg
b0226423_22514579.jpg
b0226423_22513987.jpg
b0226423_2251338.jpg
b0226423_22512716.jpg
b0226423_22512198.jpg
b0226423_22511485.jpg
b0226423_2251875.jpg
b0226423_2251149.jpg
b0226423_22504055.jpg
b0226423_22503398.jpg
b0226423_22493891.jpg
b0226423_22492964.jpg
b0226423_22492175.jpg
b0226423_22491459.jpg
b0226423_2249619.jpg
b0226423_22485731.jpg
b0226423_22485099.jpg
b0226423_22484263.jpg
b0226423_22483565.jpg
b0226423_22482787.jpg
b0226423_22481866.jpg
b0226423_22481226.jpg
b0226423_224852.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-09 10:18 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1703 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 3-完-



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末から疾風怒濤の日々で、ブログ更新の余裕はほとんどない状態。
孫たちのお昼寝と入浴の合間を縫って、更新しましょう。

「人間は環境の産物である」

この言葉を巡って、そうなんだ、そうではないと、
長年論争がくりひろげられてきましたが、
どんな場合でもそうですが、
答えは、「yes and no」ですね。

環境を、人間の行動に因果関係を持つものの総体、と捉えたら、
もちろん、人間は環境によって形成されます。

でも、そのような総体のうちの、人間自身の心身(主体)を除く、
外界のすべて(客体)を環境と捉えるのであれば、
環境の影響は、主体の個性的な反応を引き出すことはあっても、
その反応はさまざまと言うことができ、
人間は必ずしも環境の産物とは言えないことになりそうです。

なんでこんなことを書いたかと言いますと、
先日、面白いことがあったのです。
友人の一人にメールでこんな趣旨のことを冗談に書いたのです。
「我が家では、妻が年末の大掃除のメモを作成し、
夫である私が実施します。
お宅では、逆でしょうね」
すると、彼の返事は、
「我が家では、私も妻も大掃除はしません(笑)」

徹底的に庶民の私には、そんな夫婦が存在するなど、
想像もしなかったので、びっくり仰天。
ほーーーー、そんな人もいるんだなあ..........!

私はかなり昔から大掃除を一手に引き受けてきました。
その代わり、妻がお正月のさまざまな仕事を受け持つという分担。
ボロ家で、しかも夫婦二人とも多忙で、整理整頓など無縁なので、
せめて年に一度は大掃除して、見違えるように美しくなって、
新年を迎えたいものです。
年末の数日間は重労働で、かなり疲労困憊しますが、
美しくクリーンアップされると、
心もまたブラッシュアップされたようで、清々しいものです。

でも、そんな作業をしたことがないなら、
人生の稀少な喜びの一つを逃している、
私はそんな感じがしてしまいます。

でも、そんな懸念は無用だよ、
あなたの知らない、はるかに高度な喜びで心をブラッシュアップできるから、
友人はそう答えるでしょう。

この格差はあまりにも大きいなあ、
ああ、やっぱり人間は環境の産物なんだなあ、
私はそう心から感じたのでした。

そして、レンズ学に上記の教訓を生かすとすれば、こうでしょう、
「写真はレンズの産物である」
スピードアナスチグマート25mmF1.5がこの言葉を見事に立証してくれました。
大阪西九条から奈良の大和西大寺にレンズは移動しました。
どこに行っても、スピードアナスチグマートは自分の個性を写真に刻印します。
私の個性は?
私にだって、個性がないわけではありません。
でも、自分の個性を写真に表現できる腕などない私です、
すべてをレンズに譲って楽しみましょう。





b0226423_17335152.jpg
b0226423_17334423.jpg
b0226423_17333425.jpg
b0226423_1733275.jpg
b0226423_17332043.jpg
b0226423_1733103.jpg
b0226423_1733213.jpg
b0226423_17325491.jpg
b0226423_17324750.jpg
b0226423_17323970.jpg
b0226423_17323271.jpg
b0226423_17322581.jpg
b0226423_17321864.jpg
b0226423_17262554.jpg
b0226423_17261755.jpg
b0226423_17261053.jpg
b0226423_1726436.jpg
b0226423_17222345.jpg
b0226423_17221633.jpg
b0226423_17221017.jpg
b0226423_17215948.jpg
b0226423_17215287.jpg
b0226423_1719262.jpg
b0226423_17191976.jpg
b0226423_171998.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-01 13:35 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1654 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 2



スピードアナスチグマート25mmF1.5を一言で表現すれば?
「穏やかなリアリズム」
でしょうか?

現代レンズを一言で表現すれば?
「皮の裏まで暴き出す超リアリズム」
でしょうか?

でも、ときおり、体験したことのない、ペンキカラーも。
「視覚を超えたモダンアート」
という側面もありそうです。

私は、銀塩写真の喜びを満喫してきた写真家たちが、
超リアリズムを喜び、モダンアートに至福をお感じになる気持ちが、
ぜんぜん理解できません。
私は自分の夢を写真で見たい、
現代カメラの機械仕掛けの夢なんか見せられたくない、
そんな気分ですね。

私がレンズに見せてほしい夢って、
スピードアナスチグマート25mmF1.5が撮ってくれる、
こんな写真たち。




b0226423_1039565.jpg
b0226423_10394997.jpg
b0226423_10394270.jpg
b0226423_10393599.jpg
b0226423_10392715.jpg
b0226423_10392291.jpg
b0226423_10391564.jpg
b0226423_1039749.jpg
b0226423_1039053.jpg
b0226423_10385180.jpg
b0226423_10384155.jpg
b0226423_10383511.jpg
b0226423_10381789.jpg
b0226423_103856.jpg
b0226423_1037598.jpg
b0226423_10375167.jpg
b0226423_10374345.jpg
b0226423_10373641.jpg
b0226423_1037299.jpg
b0226423_10372328.jpg
b0226423_10371670.jpg
b0226423_1035879.jpg
b0226423_1034567.jpg
b0226423_10344685.jpg
b0226423_10343342.jpg
b0226423_10342130.jpg
b0226423_10341434.jpg
b0226423_1034783.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-22 11:31 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1653 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 1



表題のように書きますと、
人気ブログなら、ただちに反論が出て来るでしょうね。

「hologon158さんの意中のレンズはホロゴンじゃありませんか?
そんなホロゴンをさておいて、幾つ収集するつもり?」

いいじゃないですか?
人間の配偶者はたった一人ですが、
レンズなら、意中の珠玉が幾つもあっていいじゃありませんか?
この世には、この逆の人だって一杯いるような感じですが................?

25mmF1.5ではキノプラズマートと、このスピードアナスチグマート、
この2本が私の意中のレンズたち。
もちろんもっと立派な描写をしてくれるレンズは数知れませんね。
でも、私の場合は、ここにいわゆる「立派な描写」など不必要。
このスピードアナスチグマート25mmF1.5、
ぼんやり画質が一番似合います。





b0226423_2141047.jpg
b0226423_214451.jpg
b0226423_213589.jpg
b0226423_213526.jpg
b0226423_213475.jpg
b0226423_2134163.jpg
b0226423_213353.jpg
b0226423_2132941.jpg
b0226423_2132290.jpg
b0226423_2131691.jpg
b0226423_213966.jpg
b0226423_213316.jpg
b0226423_2125787.jpg
b0226423_2125164.jpg
b0226423_2124593.jpg
b0226423_2123871.jpg
b0226423_2123315.jpg
b0226423_2122689.jpg
b0226423_212202.jpg
b0226423_2121497.jpg
b0226423_212932.jpg
b0226423_212361.jpg
b0226423_23223931.jpg
b0226423_23195920.jpg
b0226423_23195280.jpg
b0226423_23185946.jpg
b0226423_23185354.jpg
b0226423_2318469.jpg
b0226423_210225.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-21 02:16 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1613 大正エレジー(スピードアナスチグマート25mmF1.5が描くDecline and Fall)Part 2 

 
                                             スピードアナスチグマート25mmF1.5、
残りの32枚もごらん頂きましょう。

ホロゴンウルトラワイドと出会うまでの私は、
ストリートフォト専科でしたが、今から見返してみますと、
その半ばはすでにロボグラフィでした。

でも、コンタックス、ハッセル、コンタレックスの
現場再現性に富んだコントラストの良いツァイスレンズを愛用していたのです。
現場(現実の場)を幻場(幻想の場)に一変させてしまうような、
私のいわゆるメタモルレンズへの志向はまだ芽生えていませんでした。

その時代に、クラシックカメラの愛好者たちと語り合っても、
ダルメイヤーはとても評判の悪いレンズでした。
ダメメイヤーとかダルメヤー(大阪弁です)というような異名を耳にしました。
ボケレンズの会社、そんな評判ばかり聞いていたのです。
映画用レンズのことなどまったく未知の世界でした。

考えようによっては、私も長い間レンズの神秘に目覚めなかったのです。
多くの人から見ますと、逆に、私は久しく迷路に迷い込んだまままのです。
おかげで、我がブログを訪問する方もほとんどないままに、
この迷路をあっちにふらふら、こっちにふらふら。
そんな迷路の案内者である古代レンズの中でも、
ダメメイヤーはすっかり私のよき先達となってくれています。

私の大正区の迷路巡りも見ようによってはボケボケ写真の堆積。
思えば、このようなボケ写真に悦楽を感じるようになった私の人生、
どこかで歪んじゃったのでしょうねえ。

でも、と、いつもながら、つい反撃に出てしまいますね。
歪まない人生って、どんな人生?
私はゴメンですね。

実生活上でもネット上でも変わりがありません、
私の大好きな友人たちはみんな変わっていますよ。
それもかなり大きく。
思えば、私は小学生の頃から秀才、優等生が大嫌いでしたね。





b0226423_1582361.jpg
b0226423_1581639.jpg
b0226423_158115.jpg
b0226423_158559.jpg
b0226423_1575897.jpg
b0226423_1575356.jpg
b0226423_1574332.jpg
b0226423_1573956.jpg
b0226423_1573422.jpg
b0226423_1572843.jpg
b0226423_1572316.jpg
b0226423_1571291.jpg
b0226423_157720.jpg
b0226423_157179.jpg
b0226423_1565475.jpg
b0226423_1564917.jpg
b0226423_1564356.jpg
b0226423_1563861.jpg
b0226423_1563112.jpg
b0226423_1562629.jpg
b0226423_1562094.jpg
b0226423_1561530.jpg
b0226423_156932.jpg
b0226423_156392.jpg
b0226423_1555725.jpg
b0226423_1555186.jpg
b0226423_1554557.jpg
b0226423_1554080.jpg
b0226423_15534100.jpg
b0226423_1552879.jpg
b0226423_1552031.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-18 15:43 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)