レンズ千夜一夜

タグ:キノプラズマート25㎜F1.5a ( 4 ) タグの人気記事

1849 バス道と西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5aがのどかに歌う)2 魔法


iPhoneにLineというアプリを入れています。
家族全員との連絡はこれでします。
付虹先生を初めとするさまざまな連絡もこれでしています。
電話も無料だし、どんどん日誌や写真が送られてきて、楽しい。
付虹先生の模範演奏も送られてきます。

一昨日、iPhoneからLineのアイコンが勝手に消失。
こうなると、私のようなパソコン音痴はお手上げ。
闇雲に、LineのアイコンをiPhone上に出して、
開こうとすると、改めてインストールする必要があるとのこと。
アドレスとパスワードを入れると、Lineから4桁の数字が送られてきました。
これを入力すると、再インストールできるはずですが、
なぜか、これで終わりで、応答がなく、
Lineのアイコンをクリックすると、再びインストール画面。
やーめた。

パソコンやネットに頼る生活はしたくないけど、
もうがっちりとそのネットワークに組み込まれた感じで、
このブログにしても、私の日誌、人生の記録として、
なしでは済まされない人生の道具となり、
ブログ作成は生きる本質的な行為になり切った感じ。

古代の人間はもっとシンプルに生きていました。
でも、当時に戻ることも出来ませんね。
やれやれ..........................................

こんな気分のとき、キノプラズマートの写真を観る。
画像は曇りがちなのに、
気分の方はかなりかなり晴れますね。
パウル・ルドルフ博士の魔法、でしょうか?





b0226423_18534686.jpg
b0226423_18533814.jpg
b0226423_1853338.jpg
b0226423_18532450.jpg
b0226423_18531889.jpg
b0226423_18531273.jpg
b0226423_1853498.jpg
b0226423_18525951.jpg
b0226423_18525272.jpg
b0226423_18524473.jpg
b0226423_18505676.jpg
b0226423_18504997.jpg
b0226423_18504289.jpg
b0226423_18503630.jpg
b0226423_18502919.jpg
b0226423_18502488.jpg
b0226423_1850285.jpg
b0226423_1849532.jpg
b0226423_18494273.jpg
b0226423_18493187.jpg
b0226423_18492470.jpg
b0226423_18491662.jpg
b0226423_1849939.jpg
b0226423_1849444.jpg
b0226423_18484352.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-03 22:37 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1848 西九条(2017年6月12日キノプラズマート25㎜F1.5aがのどかに歌う) 1

写真家は、ある種の芸術的意図が働かない限り、
完璧なレンズを求めるものです。
自分自身の体験の記録に専念するロボグラファーは、
自分の混濁した心理がロボグラフィのたたずまいに浸透、反映し、
その上、あまりしっかり記憶などできないわけですから、
記憶の中に見え隠れする記憶上の情景は本質的におぼろ。
そして、時間の経過とともに、想起されるロボグラフィもまた、
次第次第にぼろぼろと剥げ落ちていく。
そんな時間の生み出す記憶の変化、衰退を、
写真の中でもリアルに体験し、想起したい。
そんな気持ちがいつも働いています。

私の愛用レンズはそれぞれに極端に異なる描写性を見せてくれますから、
私のそのときどきのレンズに対する思い入れ、期待に沿うようにして、
写真の中できちんと私の記憶を再現してくれる、
そんな感じをいつも確認しています。

キノプラズマート25㎜F1.5AはMマウントに改造したレンズですが、
リコーGXRに付けて、実質37.6mmの広角レンズとなって、
上記のようなレンズと私との関係をかなりさらけ出してくれるようです。

私とロボグラフィの定かならざる距離、
あえかに消え行く記憶の名残り、
そんな不確かで再現性のない面影を、
頼りない幻のたたずまいで、かなり見事に再現してくれます。





b0226423_17424277.jpg
b0226423_17423544.jpg
b0226423_17422822.jpg
b0226423_17422254.jpg
b0226423_17421526.jpg
b0226423_1742893.jpg
b0226423_1742270.jpg
b0226423_17415483.jpg
b0226423_17414714.jpg
b0226423_17414229.jpg
b0226423_17413526.jpg
b0226423_17412963.jpg
b0226423_17412217.jpg
b0226423_17411545.jpg
b0226423_17405522.jpg
b0226423_17404916.jpg
b0226423_17404373.jpg
b0226423_17403646.jpg
b0226423_17403089.jpg
b0226423_17402230.jpg
b0226423_174087.jpg
b0226423_1740489.jpg
b0226423_17395730.jpg
b0226423_17394917.jpg
b0226423_17373575.jpg
b0226423_17372174.jpg
b0226423_17371525.jpg
b0226423_17371096.jpg
b0226423_1737349.jpg
b0226423_17365768.jpg
b0226423_17364977.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-08-01 17:44 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1543 御影公会堂(キノプラズマート25㎜F1.5は消え去らんとする面影を)Part 2


ブログ関係で近頃気がかりなこと、残念なことが3つ。
私は、なにしろ忙しいので、ブログサーフィンはしません。
お気に入りブログは十指に満たない。
なるべく巡回するようにしていますが、
ほとんど暇がないので、
携帯でざっと訪問させていただいています。

そのお一人、NKさんが1か月ほどお休みになっています。
近況をお書きになれない事情があるのでは、と、
これは猛烈に気がかり。

もう一つの気がかりは中将姫光学さん。
いつも綿密かつ詳細な報告書を付けて、
素敵なストリートフォトブログを展開してこられたのですが、
世界旅行の果てに東欧に入られた頃から消息不明となられました。
半年ほどの空白を置いて、写真だけの記事が散発的に掲載され、
ああ、お元気で旅をしておられるんだ、と安心したのですが、
それもつかの間、
3月4日、本文ならぬ、ご自分の最新の記事のコメント欄に、
南アメリカへの旅を断念して、スペインに飛んだという報告に、
ああ、よかった、お元気なんだと喜んだのですが、
その後、再び、沈黙。
ブログ記事を書く暇もないほどに、
楽しく忙しい旅をしておられるのであればよいのですが.....

そして、最後に、「shot & shot」のScottさん。
「先ずは初心に戻りたいと思う。」という言葉とともに、
ブログを休止され、
ヨドバシカメラの機関誌掲載の「The Wind from Seattle」も
50号で連載を中止されました。
ブログ界屈指の本物の写真家の写真を当分観ることができない。
これも残念。

その最終号を飾ったのがタンバール写真たち。
まさにライカの正統を受け継ぐ写真家なのです。
私にはこんな気品のある写真作品は絶対に撮れません。
要するに、人間の品格の違いなのでしょう。

幸い大御所のpretty-bacchusさんを初めとして、
私の大好きな本物の写真家ブログがいくつもお元気です。
私も元気にブログを続けて行くつもりです。

フェイスブックとかなんとか、
さまざまなコミュニケーションツールがあるようですが、
私はごめんです。
人生の一つの散歩道として、
ひっそりと自分のためのブログをこつこつと続けて行く、
これでネットとの縁、関わりは充分。

ほかに本当にやりたいことが一杯あります。
第2の人生って、こんなに楽しいのか?
そんな気持ちで一杯。

そして、NKさん、中将姫光学さん、Scottさんが、
元気に復帰される日を待つことにしましょう。





b0226423_1103592.jpg
b0226423_1102813.jpg
b0226423_1102360.jpg
b0226423_1101750.jpg
b0226423_10595841.jpg
b0226423_10595232.jpg
b0226423_10594653.jpg
b0226423_10593761.jpg
b0226423_10592429.jpg
b0226423_10591825.jpg
b0226423_10591354.jpg
b0226423_1059720.jpg
b0226423_1059116.jpg
b0226423_10585451.jpg
b0226423_10584746.jpg
b0226423_10583758.jpg
b0226423_10583168.jpg
b0226423_10582571.jpg
b0226423_10581925.jpg
b0226423_10581497.jpg
b0226423_1058713.jpg
b0226423_105824.jpg
b0226423_10575650.jpg
b0226423_10575045.jpg
b0226423_10574493.jpg
b0226423_10573820.jpg
b0226423_10573293.jpg
b0226423_1057268.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-27 11:04 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)

1542 御影公会堂(キノプラズマート25㎜F1.5は消え去らんとする面影を)



神戸市立御影公会堂は1933年竣工だそうです。
第二次世界大戦の戦災にあったときは建物外郭だけが焼け残り、
京阪神大震災のときはびくともしなかったという古つわもの。

地下に食堂があります。
この食堂のテールシチューとタンシチューはなかなかのお味。
妻の両親のお墓参りの後はここで食事、
これが一つの習慣となっています。

私はその食堂の周辺を中心とする公会堂の古いたたずまいを、
ロボグラフィの宝庫として珍重してきました。

この公会堂が大改装されることになりました。
改装後は食堂は生き残るでしょうけど、
私が愛するロボグラフィたちはすべて一掃されて、
新しいビル内装に作り替えられてしまうでしょう。

オリンパスEP-L1
キノプラズマート25㎜F1.5A
AはライカMマウントに改造しないオリジナルの意味。
このセットで、消え行く公会堂の面影を撮ることにしました。

食堂につながる階段を撮っていると、
若くて美しい女性が声をかけてきました。
「そのレンズ、撮らせてください」
こんな風に私のレンズに興味を持った、
初めての女性!

オリンパス・マイクロフォーサーズのミラーレス一眼レフ。
キノプラズマートも付きます。
でも、「レンズなしレリーズ」の設定が見付からず、
そのカメラで撮影することはできませんでした。

きっとオリジナルレンズで、
隅々まで超精密な写真をお撮りになったでしょう。
私が撮ったのは、こんな風にボケボケの写真。
この方が私のロボグラフィをもしご覧になったら、
どうお感じになるでしょうね?
ほとんどの方が感じるようにでしょうか?

   なんだ、これ、
   ゴミみたい!

そうじゃない、きっと何かを感じて下さるだろう、
私はそう信じたいですね。
2回に分けて、50枚ほどご覧頂くことにしましょう。





b0226423_12372556.jpg
b0226423_12372067.jpg
b0226423_12371438.jpg
b0226423_1237821.jpg
b0226423_1237312.jpg
b0226423_123657100.jpg
b0226423_12365292.jpg
b0226423_12364619.jpg
b0226423_12364146.jpg
b0226423_12363517.jpg
b0226423_12362994.jpg
b0226423_12362376.jpg
b0226423_12361689.jpg
b0226423_1236921.jpg
b0226423_1236295.jpg
b0226423_12355583.jpg
b0226423_12355023.jpg
b0226423_123544100.jpg
b0226423_12353827.jpg
b0226423_12353261.jpg
b0226423_12352693.jpg
b0226423_12351981.jpg
b0226423_12351350.jpg
b0226423_1235812.jpg
b0226423_1235283.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-25 12:39 | Kinoplasmat25/1.5a | Comments(0)