レンズ千夜一夜

タグ:キノプラズマート19㎜F1.5 ( 9 ) タグの人気記事

1733 新大阪(キノプラズマート19㎜F1.5ならリコーダーのお供だってでき)

一緒に居ると、楽しい。
楽しいだけではなく、なにかと啓発される。
別れる時には、出会う前よりも少し賢くなり、
心も晴々としてしてくれる、
そんな友が真の友、と言うべきでしょう。
私はそんな友に幾人も恵まれたという点で、
幸運の女神は私に大きく微笑んでくれている、
そんな感じがしています。

でも、幸運の女神が私に開いてくれた扉は、
人に通じるばかりでなく、
さまざまなモノや場所にも通じているようです。
でも、女神が連れて行ってくれるのは、扉の前まで。
そんな扉を開くのは、私自身。
私にその準備ができていなければならないことは明らかです。

私にはその準備ができている、私はそう信じますが、
私が、人に比べて、とくに幸運かどうかは分かりません。
私には、私の限界は見えていないから。

でも、一つ、分かることがあります。
よいレンズはそんな扉を開いてくれる。
そして、私はそんなレンズをかなり沢山持っている。

そう思える理由も、私には分かっています。
大抵の写真家は、レンズは道具、そう考えています。
思い通りに駆使できるのが、よいレンズ。
でも、私はそうは考えません。
レンズを信頼して、レンズにすべてを委ねます。
そうすると、レンズは私の信頼に応えて、
私が予想も期待もしなかった素敵な写真をプレゼントしてくれます。

私は、だから、少なくともホロゴンが来て以来の20数年、
自分が撮った写真を「自分の作品」と考えたことがありません。
みんなプレゼント。
キノプラズマート19㎜F1.5は、私の大のお気に入り。
そんな期待と信頼をおけるレンズの一つだから。

でも、私だって、ものが見えます。
私がいいものが撮れたなあと心の底から喜びを感じられる写真が、
ほとんどの人には、なんの感興も誘わず、
むしろ、どうしてこんな写真を撮るんだと戸惑いを感じさせる、
そんな類いのものばかり。

どうしてそれが分かるか?
私が写真を見せると、
誰も、ほとんど誰も、沈黙で応えてくれるから。
「よいね」とか「私にはどうも分からない」なんて寸評さえもない。
ひたすら沈黙。
そして、目が死んでいる。

ホロゴンが来てから、どんどんそんな機会が多くなりました。
10年で慣れました。
そして、実は、それが気持ちがいい。
リンカーンのあの言葉、
「人民の人民による人民のための政治」を模して、
「私の、私による、私のための写真」、
私はいつもそうつぶやいています。

ますますそんな写真に傾斜していくでしょう。
なぜ?
レンズが私のためだけに歌ってくれているから。
だから、上記の言葉をより正確にすべきでしょう、
「レンズの、レンズによる、私のための写真」

新大阪駅界隈では、3時間のリコーダー合奏練習の直前、
撮影時間はたった10分間でしたが、
私の浮き浮きとした気分が移ったのか、
とてもご機嫌だったようです。





b0226423_22455361.jpg
b0226423_22454723.jpg
b0226423_22454173.jpg
b0226423_22453477.jpg
b0226423_22452880.jpg
b0226423_22452230.jpg
b0226423_2245153.jpg
b0226423_224581.jpg
b0226423_224503.jpg
b0226423_22432925.jpg
b0226423_22432296.jpg
b0226423_22431585.jpg
b0226423_2243866.jpg
b0226423_2243167.jpg
b0226423_22425580.jpg
b0226423_22424872.jpg
b0226423_22424181.jpg
b0226423_22423461.jpg
b0226423_22422754.jpg
b0226423_22422075.jpg
b0226423_22421211.jpg
b0226423_2242692.jpg
b0226423_22415994.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-10 22:47 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1732 バス停まで(キノプラズマート19㎜F1.5持って図書館まで)

最近図書館で本を借り始めました。
図書館に昼寝に行っているのではありません。
調べたい本があったので、通うようになりました。

意外に楽しい本が見付かります。
資力が乏しいので、片端から買い込むわけには参りません。
ついでに撮影も楽しめます。
運動にもなります。
一石三鳥。

キノプラズマート19㎜F1.5をバッグに入れました。
オリンパスEP-L1に付けると、かなり高級感のあるセットです。

バス停まででもうロボグラフィがどっさりました。
水脈を見つけるために、二股棒を両手で握って砂漠を歩く、
そんなシーンを昔良く見ました。
それですね。
良いレンズを持つと、楽しいロボグラフィがどんどん見付かります。

道中10分の間に33出会いましたが、
その中から28枚、いつものように厳選して並べてみましょう。






b0226423_2314239.jpg
b0226423_23134896.jpg
b0226423_23134221.jpg
b0226423_2313365.jpg
b0226423_23132948.jpg
b0226423_23132269.jpg
b0226423_23131524.jpg
b0226423_23125236.jpg
b0226423_23124541.jpg
b0226423_23123780.jpg
b0226423_23122941.jpg
b0226423_23122322.jpg
b0226423_23121633.jpg
b0226423_2312923.jpg
b0226423_2312168.jpg
b0226423_23115574.jpg
b0226423_23114694.jpg
b0226423_23113974.jpg
b0226423_23113236.jpg
b0226423_23112547.jpg
b0226423_23111799.jpg
b0226423_231183.jpg
b0226423_2311124.jpg
b0226423_23105367.jpg
b0226423_23104645.jpg
b0226423_2310389.jpg
b0226423_23103299.jpg
b0226423_23102548.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-09 23:58 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1678 梅田路地裏(キノプラズマート19㎜F1.5ならメタモルフォーゼはお任せ)Part 2




犬や猫と一緒に生活されたことがありますか?
それぞれに性格があって、みんな個性的です。

ときおり、同じ名前を歴代付け続ける人がおいでですが、
とても疑問に思いますね。
それじゃ、記憶がごっちゃになりませんか?
個性が違い、名前が違うから、いつまでも記憶できます。

私も子供の頃一緒に過ごした犬たちを今でも覚えています。
この25年間に我が家で暮らした猫たちのことなら、
全員、いきいきとその姿も振る舞いも個性も癖も思い出します。

レンズもそっくり同じですね。
みんな個性があり、それぞれにまったく違います。

そして、レンズの使い方も人によってまるで違いますね。
リアルに正確に撮れたら、それでよい、そう考えて、
精密描写一点張りでお気に入りのレンズを使い続ける方もいます。
ビジネスで使うのであれば、それは当然かも知れません。
自分の個性を大切にする写真家の場合は、
ご自分の個性を遺憾なく描き出してくれるレンズにこだわるでしょう。
それも当然。

写真で自己を表現したいなんてまったく考えず、
写真で人生を楽しみたいと考えている私は、
沢山のレンズたちの個性を味わう生活をエンジョイしたい。
みんな独特なのですから。

でも、あらかじめ白状しておきますが、
写真を観ただけで、「あ、これはズミクロン50㎜F2だね」なんて見抜く、
そんな力はぜんぜんありません。
ヤシカコンタックスの看板写真家だった林忠彦さんは、
コンタックスレンズで撮った写真は一目で見分けたと聴いたことがあります。
さすがだなあ、と感嘆します。

私は、気分に応じて、使ってみたいと直感したレンズを持ち出し、
撮ってみて、いつも慨嘆させられてしまいます、
「なんだ、こんな風にも撮れるのか?
レンズって、いつも同じ風に撮れるもんじゃないなあ!」
だから、嬉しい。

つまり、人間と一緒。
いつも同じ風に行動するんじゃ、
そんなレンズはガラクタ、三流、
そんな人間はロボットですね。

キノプラズマート19㎜F1.5はそんな個性一杯、予測不能レンズの一つです。
だから、飽きません。
共に歩む人生、そんな伴侶なのです。





b0226423_1548128.jpg
b0226423_1548437.jpg
b0226423_15475729.jpg
b0226423_15474544.jpg
b0226423_15473944.jpg
b0226423_15473346.jpg
b0226423_15472350.jpg
b0226423_15471733.jpg
b0226423_15471099.jpg
b0226423_1547286.jpg
b0226423_15465553.jpg
b0226423_15464753.jpg
b0226423_1545497.jpg
b0226423_15445836.jpg
b0226423_15445064.jpg
b0226423_15444390.jpg
b0226423_15443632.jpg
b0226423_1544292.jpg
b0226423_15442280.jpg
b0226423_15441553.jpg
b0226423_1544648.jpg
b0226423_1544169.jpg
b0226423_15435458.jpg
b0226423_15434663.jpg
b0226423_15433950.jpg
b0226423_15433292.jpg
b0226423_15432654.jpg
b0226423_15431925.jpg
b0226423_15431421.jpg
b0226423_1543432.jpg
b0226423_15424590.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-11-20 15:27 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1624 加美路地(キノプラズマート19mmF1.5は大阪加美でものびのびと)



ちょっと話がずれますが、
私はマックでATOKを使っています。
変換効率がよいだけでなく、なにかと使い勝手がいいですね。
たとえば、「きょう」と入力して変換すると、「平成28年8月9日(火)」
「いま」と入力して変換すると、「午後5時40分」
カレンダーや時計をいちいち見る必要がありません。

頻出単語をユーザー登録しますと、さらに変換効率がよくなります。
単語の場合、いわば文節に沿って2分割し、その頭文字を入れます。
キノプラズマートの場合、キノとプラズマートで分割できます。
映画用プラズマートレンズという意味でしょう。
だから、登録文字は「きふ」。
(パピプペポは全部はひふへほで代用します。入力しやすいから)
「坂本龍馬」は「さりょ」
「イングリット・バーグマン」は「いば」

この登録法のメリットは、
①読み全部を入力不要。
②登録語を覚える必要がない。
③読みの言葉は日本語の単語にあまり使わないので、
大抵の場合、一発変換できる。
④あらゆる長さの単語、熟語に応用できる。
つまり、天才的登録法というわけです。

④は仕事で使えます。
たとえば、「汎大平洋勝手気まま横暴無法戦略機構」なら「はせ」、
「全国横暴無法妻支配に泣く男たち共同作戦本部」なんて、
ややこしい名称も一発「ぜきょ」。

ついでに、文章登録法も書いておきましょう。
こちらはもっと簡単です。
①否定文は、文章の最初と最後の2字の間に「ん」を入れる。
たとえば、「私はこのブログに書いてあることが全然理解できません。」
なら、「わんん」
②それ以外の文章はすべて最初の2字と最後の1字。
「私はあなたのブログの言葉を全部信じることにしています。」
なら、「わたす」

ただし、私が沢山文章を書けるのは上記のような登録ゆえではありません。
理由は他にあります。
ブラインドタッチングが高速なので、考える速度で書けるうえ、
自分の好きなことしか書かないから、書きたいという欲求が強いわけです。
ノーファインダーで撮るので、沢山撮れることと共通しています。

さて、7月22日、大阪加美でキノプラズマート19mmF1.5が活躍。
90枚撮りましたので、48枚アップしましょう。
撮り慣れているという点では、奈良に劣らないエリアですが、
いつもわくわくします。
こんな程度でわくわくするのですから、
実にアベイラブルな人間ですね。

路傍の小さな百合の花にも神が宿るのでしたら、
路傍のゴミ箱にだって宿る、それが私の信念、
と言ったら大げさに聞こえそうですが、それが私の実感。
どんなところでも、撮りたいものがいくらでも見つかる、
それがロボグラフィの妙味。




b0226423_21201077.jpg
b0226423_2120314.jpg
b0226423_21195741.jpg
b0226423_21195243.jpg
b0226423_21194534.jpg
b0226423_21194033.jpg
b0226423_21193510.jpg
b0226423_21192880.jpg
b0226423_21192210.jpg
b0226423_21191627.jpg
b0226423_21191077.jpg
b0226423_21185659.jpg
b0226423_21185050.jpg
b0226423_21184295.jpg
b0226423_21183559.jpg
b0226423_21183070.jpg
b0226423_21182386.jpg
b0226423_2118124.jpg
b0226423_2118245.jpg
b0226423_21175687.jpg
b0226423_21175099.jpg
b0226423_21174432.jpg
b0226423_21173868.jpg
b0226423_21173348.jpg
b0226423_21165284.jpg
b0226423_21164824.jpg
b0226423_21164339.jpg
b0226423_21162770.jpg
b0226423_21161423.jpg
b0226423_2116993.jpg
b0226423_2116417.jpg
b0226423_21155824.jpg
b0226423_21155317.jpg
b0226423_21153173.jpg
b0226423_21152194.jpg
b0226423_21151351.jpg
b0226423_2115683.jpg
b0226423_21150100.jpg
b0226423_21145492.jpg
b0226423_21144766.jpg
b0226423_21144085.jpg
b0226423_21143458.jpg
b0226423_21142771.jpg
b0226423_21142194.jpg
b0226423_21141592.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-09 21:22 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1606 朧に冴える(キノプラズマート16ミリは西大寺がお好みのようで)



6月27日月曜日、
陳少林先生の揚琴レッスン日でした。

私の次の生徒さんがいつも10分ばかり早く来られます。
陳少林先生と私の「陽関三畳」の演奏を見学して、
「まるでCDを聴いてるようでした。
揚琴、ぜんぜん楽譜なんか見ないんですね。
びっくりしました」と持ち上げていただきました。

小曲は別として、めぼしい中国二胡音楽としては、
たった4曲しか揚琴伴奏できないのですから、
8年も経つと、暗譜してしまわない方が怠慢でしょう。
それでも気をよくして、家路につくことができました。

携行したセットは、
カメラがオリンパスEP-L1。
レンズがキノプラズマート16mmF1.5
シルバーのしっかりした作りの筐体のレンズです。
とても操作性のよいCマウントレンズです。

四隅がけられますが、それが手伝ってくれるのでしょうか?
かなり古風な味わい。
一本のレンズで超接近から無限遠までカバーしてくれます。
キノプラズマートという名を冠するだけで、使う気がモリモリ、
というのも、あまりにもレンズ頼りが過ぎると言われそうです。
でも、もっともっと頼りなくなる、そんなレンズです。





b0226423_2248717.jpg
b0226423_22475975.jpg
b0226423_22474560.jpg
b0226423_22472479.jpg
b0226423_22471812.jpg
b0226423_22471169.jpg
b0226423_22461917.jpg
b0226423_22461239.jpg
b0226423_2246594.jpg
b0226423_22455491.jpg
b0226423_22453693.jpg
b0226423_22452946.jpg
b0226423_2243451.jpg
b0226423_22433935.jpg
b0226423_22433386.jpg
b0226423_2243277.jpg
b0226423_2243207.jpg
b0226423_2242527.jpg
b0226423_22424693.jpg
b0226423_2242404.jpg
b0226423_22423447.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-07-07 22:57 | KinoPlasmat16/1.5 | Comments(0)

1531 加美薄暮(キノプラズマート19㎜F1.4で写真の醍醐味を満喫)



3月8日火曜日、親友のDAさんと奈良西の京を歩いてきました。
喫茶店での座談の中で、私たち二人が所属していた写真クラブ、
リーダーの写真家が胃の手術をして、
復帰のめどがたたないことを聞かされました。
主要メンバーだった男性も亡くなったとのこと。
私たちが所属していた頃のメンバーの多くはこうして、
亡くなったり、写真を撮らなくなったり。
ああ、一時代の終わりだなあ、というのが実感。

大半のメンバーは風景写真でした。
今、幾人撮っておられるでしょうか?
写真家を目指した人もいましたが、成功するのは至難。
一つ思うことがあります。
あまりに皆さん写真家的になり過ぎておられます。
コンセプトを立て、傑作写真を追求する方向が主流。
でも、このように高きを求めると、撮りづらくなるのが道理。
写真を志した限りは、写真家として成功したい、
それが夢となることは無理からぬところですが、
考えてみてください。
理由は書きませんが、
不成功が目に見えているではありませんか?

私は写真家になることも、写真で名声を得ることも、
一切、考慮外で生きてきました。
私のしたい仕事の息抜きが写真の役割でしたし、
私は昔から実力を超えた夢を描くことなどしない人間。
でも、それが生き甲斐の一つになりました。
生活のすべてを生き甲斐にしたい、それが私の気持ちだからです。

初めから、傑作写真ではなく、私の心にかなる写真を目指してきました。
とくにホロゴンウルトラワイドが手に入ってから、
つまり、丁度写真歴の半分で、私は完全にロボグラフィに専心。
ひたすら歩き、心が動いたら、シャッターを落とす。
できた写真は、自分のためだけにストックする。
おかげで、飽きません。
スランプも無縁。

2月29日も、大阪加美の孫の世話を終えて、駅までの10分、
それだけが撮影時間でしたが、続々とロボグラフィと遭遇。
35枚撮影しましたので、26枚、アップすることにしましょう。

誰も見ないのに、どうしてそんなに沢山?
誰も見ないから、安穏と、自分の写真を楽しめて、
私の歩いた軌跡をそのまま実感できるからです。
人が見に来るようだと、どんなに自然体を求めても、
心の片隅に、他人の目を意識するようになるでしょう。

だから、私は、誰も見に来ないことを前提に、
2つのブログを作っています。
だから、のびのびと写真を楽しめ、
のびのびとブログを楽しめるのです。
私は絶対的安楽の境地を見つけたわけです。




b0226423_14334891.jpg
b0226423_14333867.jpg
b0226423_14333277.jpg
b0226423_14332215.jpg
b0226423_14331668.jpg
b0226423_14331153.jpg
b0226423_1433569.jpg
b0226423_1433091.jpg
b0226423_14325432.jpg
b0226423_14324872.jpg
b0226423_14324238.jpg
b0226423_14323696.jpg
b0226423_14323112.jpg
b0226423_14322032.jpg
b0226423_14321341.jpg
b0226423_1432794.jpg
b0226423_143209.jpg
b0226423_14315461.jpg
b0226423_14314745.jpg
b0226423_14314166.jpg
b0226423_14313564.jpg
b0226423_14312929.jpg
b0226423_14312426.jpg
b0226423_14311955.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-03-09 14:39 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1461 人形浄瑠璃 (浄瑠璃人形もキノプラズマート19㎜F1.5も開放美人)



世界中に人形芝居は沢山ありますが、
日本の人形浄瑠璃以上に絢爛豪華な美を誇る人形はないようです。
その中でも一際見事に華麗なのが傾城人形。

最高位の芸妓の艶姿を人形遣い自身が仕上げます。
お仕着せの人形を受けとって遣うのではなく、
自分で丁寧に仕上げて行くプロセスが芸の本質をなしている、
そんな感じがします。

多くの方の反感を買いそうですが、
現代のデジタルカメラとレンズを使うということは、
結局、お仕着せの人形を使うのに似ています。
撮らせてもらっている。

やっぱりレンズは単体クラシックレンズを、
撮影の場所、対象、気分に合わせて選びたい。

今回はひさしぶりに人形浄瑠璃を楽しむのですから、
もっとも艶やかに写るレンズは何か?
そう考えて、たちどころに決めました、
キノプラズマート3/4inchF1.5

ボロボロ剥げ剥げのジャンク一歩手前のレンズを競落し、
マツモトカメラの松本さんにオーバーホールしていただきました。
まるで人間国宝の吉田蓑助さんが傾城人形を仕上げたように、
超小型ですが、絢爛たる輝きに満ちたキノプラズマートが生まれ出ました。

その開放描写です。
きりりと引き締まって、しかも柔らかい。
私のお気に入りのレンズです。





b0226423_11422440.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-11-24 11:44 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1351 待つ (キノプラズマート19㎜F1.5が写し止めたのは忍ぶ恋かも)



もう一枚、三重旅行でのキノプラズマート19㎜F1.5写真。
別ブログ「わが友ホロゴン」とダブって掲載しているのは、
実は近頃、あれこれと別の関心事に心を奪われて、
ブログがおろそかになっているせいかも?
どうせ見る人はほとんどないと分かっているだけに、
かなりモチベーションは3番手、4番手に後退しつつあるようで。




b0226423_1740428.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-18 17:42 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(2)

1350 育つ (キノプラズマート19㎜F1.5の健やかな描写が似合う場面に)



昨日、別ブログ「わが友ホロゴン」で掲載した写真の一つ、気に入りました。
キノプラズマート19㎜F1.5は、私の持っているキノプラズマート族では、
一番可愛い形で、一番健やかでたおやかな描写を見せてくれるレンズ。

そんなレンズの味が一番よく出る光景に出会ったようです。
天に向かって手をさしのべる草の葉の姿に出会うと、必ず撮ります。
私の心もこんな風であって欲しい、そんな気持ちからでしょうか?




b0226423_12325590.jpg

by Sha-Sindbad | 2015-06-17 12:34 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)