レンズ千夜一夜

タグ:オリンパスEP-L1 ( 46 ) タグの人気記事

1691 西大寺(ピザール26mmF1.9は暮れ方でも疲れたりせず、しっかり働き)

「二兎を追うものは一兎も得ず」

昔の人は偉かった。
大切なことを一言で言ってのけるのですから。
昔の人、とくに中国古代の人たちは、
簡潔な言葉でずばり真実を射抜く言葉を数えきれないほど残してくれました。

日本は、第二次世界大戦後、ローマ字化を考えたことがあったそうです。
よくぞ思いとどまってくれました。
ローマ字化していたら、「源地物語」も「万葉集」も、
その他の国民の遺産もほとんどがいつか消え去ってしまったでしょう。
そして、中国の古典の名言も私たちの脳裏に刻まれなくなったでしょう。
おっと、また、脱線。

私が言いたかったことはこうです、
「三兎を追うものは一兎しか得ず」

毎月第2、第2月曜日は午前午後の揚琴レッスンと、
その合間に挟まれた3時間を活用してのロボグラフィタイムと、
三本立てを楽しんできました。
11月28日の第1時限の付虹先生のレッスンはかなり快調でした。
でも、第3時限の陳少林先生の二胡に揚琴伴奏するレッスンのとき、
10年来暗譜でやってきた曲の途中で、ふっと手が止まってしまいました。
近頃、付虹先生の揚琴独奏曲がちょっと高度になってきたせいで、
第3時限の方は2週間全然復習していなかったからでしょう。
(けっして歳を取ったせいだなんて、認めませぬ)
翌日だったか、陳少林先生に、別の日の午前中に変更をお願いしました。
空き時間がなくて、空席待ちとなりました。

そこで、ちょっと真面目に反省しました。
お昼の空き時間に、大阪西九条駅界隈のロボグラフィ撮影を1時間続けた、
これがどうやら直接疲れの原因になったらしい。
そこで、12月12日は、作戦変更。
実質2本立てになるよう、写真の比率を大幅に減少しました。
西九条の撮影を駅近くの喫茶店と駅との往復だけの約10分に留めたのです。
それが前回の西九条シリーズ。

西大寺でも、駅喫茶店でしばらく休み(と言っても、ポメラで書きまくり)、
撮影はレッスン後駅へ帰る時間だけに止めました。
おかげで、陳少林先生の伴奏曲はどれもこれも空前の出来になりました
(自分で言っているのですから、間違いがない)。
これに気分を良くして、YMCAの教室からの帰りの撮影は好調でした。
暮れ方になっても、ピザール26mmF1.9は絶好調でした。
ケルン社のレンズらしく、悪条件でもしっかりと輝いてくれます。
もっとも現代風の輝きではありません。
私好みの輝き方。





b0226423_21581441.jpg
b0226423_215881.jpg
b0226423_2158181.jpg
b0226423_21575348.jpg
b0226423_2157438.jpg
b0226423_21573468.jpg
b0226423_21572840.jpg
b0226423_21572060.jpg
b0226423_21571359.jpg
b0226423_2157589.jpg
b0226423_21565715.jpg
b0226423_21565077.jpg
b0226423_2156437.jpg
b0226423_21563653.jpg
b0226423_21562870.jpg
b0226423_21562131.jpg
b0226423_2142251.jpg
b0226423_21413157.jpg
b0226423_2140813.jpg
b0226423_2140192.jpg
b0226423_21385915.jpg
b0226423_2138538.jpg
b0226423_21384558.jpg
b0226423_21383689.jpg
b0226423_21374389.jpg
b0226423_21373638.jpg
b0226423_21372912.jpg
b0226423_21371975.jpg
b0226423_21371177.jpg
b0226423_2137135.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-18 22:33 | Pizar26/1.9 | Comments(0)

1690 西九条(ピザール26mmF1.9は使えば使うほど雰囲気描写が得意みたい)


ときどき考えるのですが、
写真や映画用のレンズ製作者って、どんなことを考えながら、
レンズを作るのでしょう?

大抵は、企業的な観点から、大衆が求めるレンズを見つけよう、
売れるレンズを作りたい、
という志向性が原動力となっているでしょう。
でも、昔も今も、映画であれば、写真であれば、
撮影者たちは、どこか夢を見ているものです。
でも、その夢はまさに「同床異夢」、千差万別です。
ユーザーすべての夢を支援するわけには参りません。

そこで、レンズ製作者の道はどうやら2つに別れるようです。

1 不特定多数の人たちの志向になるべく応じることで、
沢山のレンズを売りたい。
2 少数でもよい、個性的な夢、人とは違う写真を求める人のために、
できる限り個性的なレンズを作りたい。

現代では、宮崎貞安さんのような名人芸の製作者を除けば、
レンズメーカーは徹底的に1の路線を走っているようです。
いわく、理想の超精密、超高生彩な画像を実現する!
現代はこれ一辺倒です。
絵画でもスーパーリアリズムが台頭しているようです。

でも、ちょっと待ってください。
古から、アートはなにかを棄てることによって美を実現してきました。
アートとはリアリズムではなくて、アブストラクトなのではありませんか?

私は、自分でアートを求めるつもりはありません。
でも、撮りたかったものだけをくっきりと浮かび上がらせる、
そんな意味で抽象写真を撮りたい。
残念ながら、デジタルカメラは上記の1の理念を支援するツール。
オリンパスEP-L1だってそうです。
おかげで苦労しています。

ピザール26mmF1.9は、それにもめげず、
古風な画像を提供してくれます。
愛用しましょう。





b0226423_14385642.jpg
b0226423_14384917.jpg
b0226423_14384049.jpg
b0226423_14383066.jpg
b0226423_14382483.jpg
b0226423_1438171.jpg
b0226423_14373335.jpg
b0226423_14372667.jpg
b0226423_14371811.jpg
b0226423_14371248.jpg
b0226423_1437493.jpg
b0226423_14365758.jpg
b0226423_14363690.jpg
b0226423_14362861.jpg
b0226423_1436217.jpg
b0226423_14324876.jpg
b0226423_14324156.jpg
b0226423_14323578.jpg
b0226423_14314533.jpg
b0226423_1431054.jpg
b0226423_14302825.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-17 15:52 | Pizar26/1.9 | Comments(0)

1657 雨のバス道(トリプルアナスチグマート15mmF2.9なら傘差しながら片手で)


ダルメイヤーのCマウントの超パンケーキレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF2.9
私は、その撮れ味の楽しさが共通するということで、
ミニホロゴンと呼んでいるレンズですが、
オリンパスEP-L1に付けると、さりげなさでは抜群。
F8に絞って、パンフォーカスで撮りますから、
雨の日、左手で傘を差しながら、右手一本で自在に撮れます。
もちろんすべてノーファインダー。
バスを降りてから、我が家までの3分、
こんな光景しかないのですから、
私がどんな片田舎に住んでいるか、お分かりでしょう。
でも、私がどんなに幸せか、
そんなことにはお気づきにならないでしょうね。

写真的な面白さ、作品としての品格を求める方は、
せいぜいしっかりとファインダーを見たり、液晶を眺めたりして、
構図を考え、空気感を読んだりして、作品作りをしてください。

レンズからのプレゼントをありがたく頂戴したい、
なぜって、もうかなり長い間、超絶スランプにあえいでいて、
もう溺れるものは藁をも式で、レンズに頼ってみたい、
そうお考えの方なら、
あるいは、自分は創造性十分で、今やカルティエ=ブレッソンを凌いだぞ、
なんて、根も葉もない空想に舞い上がっているあなたなら、
このレンズに頼ってみるのがよさそうですよ。
これまでの自分には思いもつかなかったなあ、
そう実感できる写真が撮れるかも知れませんよ。

こんなレンズを使ってみると、気づきます。
こんなボロレンズに任せた方がずっと素敵な写真が撮れるなんて、
なんだ、自分の感性なんて、自分で思ってるほど大したことないじゃない?
こんな風に、慢心をきれいさっぱりぬぐいさり、謙虚さを学べる、
なんて、素敵じゃありませんか?

書き落としました。
台風一過の日でした。




b0226423_2363862.jpg
b0226423_2363288.jpg
b0226423_2362547.jpg
b0226423_2361760.jpg
b0226423_2361113.jpg
b0226423_236651.jpg
b0226423_236012.jpg
b0226423_2355573.jpg
b0226423_235376.jpg
b0226423_2353129.jpg
b0226423_235243.jpg
b0226423_2351851.jpg
b0226423_2351181.jpg
b0226423_23529.jpg
b0226423_234521.jpg
b0226423_2343634.jpg
b0226423_2342665.jpg
b0226423_2341832.jpg
b0226423_2341162.jpg
b0226423_234412.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-10-01 23:09 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1656 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 2

pretty-bacchusさんが体調を崩しておられるようです。
私の畏友RAさんから今朝葉書が届き、
数日前から風邪で発熱して寝込んでしまったとのこと。
私も一昨日の夜から風邪の症状が明確になり、
昨日、今日とかなり体調が思わしくありません。
やはり季節の変動が健康に与えているのかも知れませんね。
皆さんもお大事に!

ダルメイヤーのチビレンズ、
トリプルアナスチグマート15mmF3.5の大阪加美での路傍写真、
残りを37枚を一挙アップすることにしましょう。

ほとんどの写真家の皆さんが叫ぶでしょう、
こんなレンズの欠点ばかり見える写真は却下!

どんなに孤立無援でも、私は私のレンズたちに味方します。
クラシックレンズたちは空気感が命。
その中でも、このレンズの空気感はひときわ濃密ではありませんか?
私はこんな温かな空気感が大好きなのです。




b0226423_236640.jpg
b0226423_236043.jpg
b0226423_2355272.jpg
b0226423_235474.jpg
b0226423_2354031.jpg
b0226423_2353319.jpg
b0226423_2352777.jpg
b0226423_2351956.jpg
b0226423_2351247.jpg
b0226423_235691.jpg
b0226423_2345880.jpg
b0226423_2345166.jpg
b0226423_2344447.jpg
b0226423_2343288.jpg
b0226423_2342469.jpg
b0226423_2341768.jpg
b0226423_234663.jpg
b0226423_234099.jpg
b0226423_2335397.jpg
b0226423_2334370.jpg
b0226423_2333776.jpg
b0226423_2333044.jpg
b0226423_2332428.jpg
b0226423_2331666.jpg
b0226423_2324719.jpg
b0226423_2323782.jpg
b0226423_232303.jpg
b0226423_2322389.jpg
b0226423_2321618.jpg
b0226423_232159.jpg
b0226423_2314641.jpg
b0226423_231365.jpg
b0226423_2311666.jpg
b0226423_23177.jpg
b0226423_2305078.jpg
b0226423_2303419.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-24 23:53 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1655 加美(トリプルアナスチグマート15mmF3.5の地味な画像に心を和ませ)Part 1

9月2日金曜日、孫プリンスのピアノレッスンの付き添いのため、
大阪加美に参りました。
孫プリンスを保育園から引き取る道すがら使ったのは、
ダルメイヤーの廉価版極小レンズ、

   トリプルアナスチグマート15mmF3.5。

Olympus EP-L1に付けるCマウントレンズ。
実質30mmレンズとして活躍しています。
ミニホロゴンと名付けているせいか、
がんばってくれて、とにかくよく撮れるレンズです。
ダルメイヤーのレンズの良さをフルに発揮してくれます。
リアルなんだけど、どこか非凡な雰囲気を醸し出せます。
f8に絞って、パンフォーカスとして使います。
逆光には弱いけど、順光では強烈です。
地味な画像です。
でも、私にはこれで十分なのです。

光り輝くような容貌、颯爽たる風姿に加えて、
非の打ち所がない才能と知能を兼ね備えた人物が居るとして、
そんな人物を親友にしたいですか?
それと同じようなものです。

私は、好きな写真を撮りたいのですが、
それは心に大きな喜びと平安を与えて欲しいから。
要するに、ほっとさせてほしいから。

非の打ち所がない完璧な画像が撮れたとして、
あなたは大きな喜びと平安を味わうことができますか?
そう、できる方も沢山おいででしょうね。
そんな方は、トリプルアナスチグマート15mmF3.5の写真を観て、
レンズの欠点、画像の不完全さばかりが目について、
とても我慢ができないでしょうね。
そんな方は、あっと言う間もなく、このブログから立ち去り、
二度とおいでになることはないでしょう。
それでよいのです。
写真には沢山の異なる楽土があります。
人の楽土に心を逸らすことなく、
自分に合った楽土に安住できれば、それでよいのですから。





b0226423_16593099.jpg
b0226423_16592315.jpg
b0226423_16591528.jpg
b0226423_1659953.jpg
b0226423_1659348.jpg
b0226423_16585677.jpg
b0226423_16584985.jpg
b0226423_16581276.jpg
b0226423_1658545.jpg
b0226423_16575883.jpg
b0226423_16575154.jpg
b0226423_16574574.jpg
b0226423_16554841.jpg
b0226423_16553758.jpg
b0226423_16552856.jpg
b0226423_16551360.jpg
b0226423_1655465.jpg
b0226423_16544258.jpg
b0226423_16541326.jpg
b0226423_1652576.jpg
b0226423_1651599.jpg
b0226423_16515393.jpg
b0226423_16514666.jpg
b0226423_21461096.jpg
b0226423_16513933.jpg
b0226423_16513184.jpg
b0226423_16503576.jpg
b0226423_1650274.jpg
b0226423_1650201.jpg
b0226423_16501249.jpg
b0226423_1650591.jpg
b0226423_1649515.jpg
b0226423_16494427.jpg
b0226423_16493662.jpg
b0226423_16492952.jpg
b0226423_16491229.jpg
b0226423_164902.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-23 18:39 | Tri.Anastig15/2.9 | Comments(0)

1654 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 2



スピードアナスチグマート25mmF1.5を一言で表現すれば?
「穏やかなリアリズム」
でしょうか?

現代レンズを一言で表現すれば?
「皮の裏まで暴き出す超リアリズム」
でしょうか?

でも、ときおり、体験したことのない、ペンキカラーも。
「視覚を超えたモダンアート」
という側面もありそうです。

私は、銀塩写真の喜びを満喫してきた写真家たちが、
超リアリズムを喜び、モダンアートに至福をお感じになる気持ちが、
ぜんぜん理解できません。
私は自分の夢を写真で見たい、
現代カメラの機械仕掛けの夢なんか見せられたくない、
そんな気分ですね。

私がレンズに見せてほしい夢って、
スピードアナスチグマート25mmF1.5が撮ってくれる、
こんな写真たち。




b0226423_1039565.jpg
b0226423_10394997.jpg
b0226423_10394270.jpg
b0226423_10393599.jpg
b0226423_10392715.jpg
b0226423_10392291.jpg
b0226423_10391564.jpg
b0226423_1039749.jpg
b0226423_1039053.jpg
b0226423_10385180.jpg
b0226423_10384155.jpg
b0226423_10383511.jpg
b0226423_10381789.jpg
b0226423_103856.jpg
b0226423_1037598.jpg
b0226423_10375167.jpg
b0226423_10374345.jpg
b0226423_10373641.jpg
b0226423_1037299.jpg
b0226423_10372328.jpg
b0226423_10371670.jpg
b0226423_1035879.jpg
b0226423_1034567.jpg
b0226423_10344685.jpg
b0226423_10343342.jpg
b0226423_10342130.jpg
b0226423_10341434.jpg
b0226423_1034783.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-22 11:31 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1653 鹿野園町(スピードアナスチグマート25mmF1.5はやっぱり僕の意中のレンズだった)Part 1



表題のように書きますと、
人気ブログなら、ただちに反論が出て来るでしょうね。

「hologon158さんの意中のレンズはホロゴンじゃありませんか?
そんなホロゴンをさておいて、幾つ収集するつもり?」

いいじゃないですか?
人間の配偶者はたった一人ですが、
レンズなら、意中の珠玉が幾つもあっていいじゃありませんか?
この世には、この逆の人だって一杯いるような感じですが................?

25mmF1.5ではキノプラズマートと、このスピードアナスチグマート、
この2本が私の意中のレンズたち。
もちろんもっと立派な描写をしてくれるレンズは数知れませんね。
でも、私の場合は、ここにいわゆる「立派な描写」など不必要。
このスピードアナスチグマート25mmF1.5、
ぼんやり画質が一番似合います。





b0226423_2141047.jpg
b0226423_214451.jpg
b0226423_213589.jpg
b0226423_213526.jpg
b0226423_213475.jpg
b0226423_2134163.jpg
b0226423_213353.jpg
b0226423_2132941.jpg
b0226423_2132290.jpg
b0226423_2131691.jpg
b0226423_213966.jpg
b0226423_213316.jpg
b0226423_2125787.jpg
b0226423_2125164.jpg
b0226423_2124593.jpg
b0226423_2123871.jpg
b0226423_2123315.jpg
b0226423_2122689.jpg
b0226423_212202.jpg
b0226423_2121497.jpg
b0226423_212932.jpg
b0226423_212361.jpg
b0226423_23223931.jpg
b0226423_23195920.jpg
b0226423_23195280.jpg
b0226423_23185946.jpg
b0226423_23185354.jpg
b0226423_2318469.jpg
b0226423_210225.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-09-21 02:16 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1634 バスでお出かけ(アンジェニュー25mmF1.4は穏やかだけどどこか幽玄)Part 2


アンジェニュー25mmF1.4はおそらく16ミリ映画用でした。
フランス人たちはアンジェニューでどんな映画を撮ったのでしょう?

このレンズはおそらく半世紀以上前のレンズだと思いますが、
当時は、国によって、文化によって、違ったものが映像化されたでしょう。
言語表現でも同じことが言えそうです。
違った語彙を持っていたのです。

でも、現代では、だんだん、均質化していく傾向が見られます。
国ごとに栄えた文化がだんだんと薄められていくようです。
つまりませんね。

でも、そんな昔のアンジェニュー25mmF1.4で現代の大阪を撮ると、
なんだかちょっと古めかしいヴェールがかかったような、
そんな感じがしませんか?





b0226423_2237133.jpg
b0226423_2237540.jpg
b0226423_22365965.jpg
b0226423_22365137.jpg
b0226423_22364456.jpg
b0226423_22363738.jpg
b0226423_22363116.jpg
b0226423_22362589.jpg
b0226423_22361740.jpg
b0226423_22361189.jpg
b0226423_2236388.jpg
b0226423_22355687.jpg
b0226423_22355017.jpg
b0226423_22354455.jpg
b0226423_22353729.jpg
b0226423_22353165.jpg
b0226423_22351966.jpg
b0226423_2235092.jpg
b0226423_22345481.jpg
b0226423_22344750.jpg
b0226423_22343973.jpg
b0226423_223433100.jpg
b0226423_22342677.jpg
b0226423_22341899.jpg
b0226423_22341078.jpg
b0226423_22333316.jpg
b0226423_22332511.jpg
b0226423_22331873.jpg
b0226423_22331252.jpg
b0226423_2233546.jpg
b0226423_22325962.jpg
b0226423_22325174.jpg
b0226423_22324369.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-26 23:35 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(0)

1633 バスでお出かけ(アンジェニュー25mmF1.4は穏やかだけどどこか幽玄)Part 1



7月27日、孫プリンスのピアノレッスン付き添いのため、
大阪加美へ出かけました。

今回は、地味なセットです。

   Olympus EP-L1
   アンジェニュー25mmF1.4

アンジェニュー25mmには、もう一本F0.95があります。
撮り比べをしたことがないので、確かなことは言えませんが、
甲乙付けがたい実力なのじゃないでしょうか?

ロボグラフィとは、道で、路傍でのものたち、人たちとの出会いの記録。
でも、私の使うレンズはすべてオートフォーカスとは無縁。
それなのに、撮りたい人は突然出現します。
そんな人にカメラを向けて焦点を合わせることはできません。
カメラ位置は伸ばした手の先なので、
オリンパスEP-L1の液晶を見ても、フォーカスなどできません。
動く人の場合、とっさに手近のなにかでピントを調節し、
人がその距離に来たあたりで、素知らぬ顔で、
ノーファインダーでシャッターを切ります。
なんとかなるものですね。
ただし、4枚目からの10枚は走るバスからの撮影です。
10mほどの距離に置きピンして撮っています。

気のせいでしょうか?
容貌、容姿の優れた女性が増えました。
顔はお化粧でカバーできるかも知れませんが、
容姿はカバーできませんね。
スタイルも服装も、ときには行き過ぎもありますが、
かなり洗練されてきたようです。

男性は、女性に比べると、まったく今一ですが、
面長で整った造作の中高生がやや増えてきた感じがします。
衣食住がかなり洗練充実してきたせいでしょうか?

韓流ドラマにも同様の傾向がうかがえます。
見始めた頃のドラマでは、まだ古い風俗も残り、
都市も生活ぶりもとても昔懐かしい土の香りがあって、
私にとっては、自分の子供の頃の再現の感じがあって、
大いに楽しめました。
今では、日本と同様に、猛スピードで都会化が進行しています。
日本人以上に情緒的でしっとりとした風情があった女性たち、
どんどんとドライになっていく傾向。
私にはかなりつまらない方向への変化ですね。

気がついてみると、日中韓、インド、ヴェトナム等のアジア諸国が
世界経済を牛耳りはじめている。
世界は変わるものですね。
ただし、非人間化のプロセスとしか思えないところがあって、
私には、なんだか人間社会の衰退プロセスに思えます。
超高層ビルなんか撮る気にもなりませんね。
ますます土臭いロボグラフィで心を休めたい、そんな気持ちです。

アンジェニューのみならず、映画用レンズって、
人間の営みを撮る役目を担ってきたせいでしょうか、
ひときわ懐かしさを感じさせる写真をプレゼントしてくれます。

レッスンのために保育園にいる孫を迎えに行く前の半時間で
120枚撮りました。
70枚選択しましたので、2回に分けてご覧頂きましょう。




b0226423_11383048.jpg
b0226423_11382450.jpg
b0226423_11381864.jpg
b0226423_11381247.jpg
b0226423_113825.jpg
b0226423_11375643.jpg
b0226423_11374537.jpg
b0226423_11373944.jpg
b0226423_11373213.jpg
b0226423_11372772.jpg
b0226423_11364636.jpg
b0226423_11363738.jpg
b0226423_11363115.jpg
b0226423_11362599.jpg
b0226423_11362089.jpg
b0226423_11361052.jpg
b0226423_11362100.jpg
b0226423_113555100.jpg
b0226423_11354996.jpg
b0226423_11354214.jpg
b0226423_11353711.jpg
b0226423_11353290.jpg
b0226423_11352699.jpg
b0226423_11351255.jpg
b0226423_1135687.jpg
b0226423_1135067.jpg
b0226423_11345425.jpg
b0226423_11344727.jpg
b0226423_11344031.jpg
b0226423_11343346.jpg
b0226423_11342630.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-25 11:47 | Anjeniueux25/1.4 | Comments(0)

1625 バス停まで(クックアナスチグマート25mmF2.7は我が家近くが大好きで)


すでに10回記事を書いているレンズです。
カテゴリで検索していただければ一目瞭然、
私は最大限の讃辞をこのレンズに捧げているのです。
実のところ、クックとダルメイヤーのレンズには降参状態。

我が家からバス停までのいつもの神社道で、たった15分間に、
58枚撮れるのは、道も道なら、レンズもレンズ、というところ。
半分近い写真を並べてみます。

幸せなマッチングで撮れたのは、これしき?
ベテランの皆さんなら嘲笑気味でしょう。
でも、私にとっては一種のエクスタシー。





b0226423_2336451.jpg
b0226423_23355629.jpg
b0226423_23354897.jpg
b0226423_23353446.jpg
b0226423_23352898.jpg
b0226423_23352132.jpg
b0226423_23351548.jpg
b0226423_2335164.jpg
b0226423_2334555.jpg
b0226423_23344156.jpg
b0226423_23343382.jpg
b0226423_23342624.jpg
b0226423_2334191.jpg
b0226423_23341264.jpg
b0226423_2334567.jpg
b0226423_23335895.jpg
b0226423_23335280.jpg
b0226423_23334444.jpg
b0226423_23333886.jpg
b0226423_23333030.jpg
b0226423_23332351.jpg
b0226423_23331611.jpg
b0226423_23331092.jpg
b0226423_2333399.jpg
b0226423_23325582.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-08-10 23:53 | Anastigmat25/2.7 | Comments(0)