レンズ千夜一夜

タグ:オリンパスEP-L1 ( 45 ) タグの人気記事

1732 バス停まで(キノプラズマート19㎜F1.5持って図書館まで)

最近図書館で本を借り始めました。
図書館に昼寝に行っているのではありません。
調べたい本があったので、通うようになりました。

意外に楽しい本が見付かります。
資力が乏しいので、片端から買い込むわけには参りません。
ついでに撮影も楽しめます。
運動にもなります。
一石三鳥。

キノプラズマート19㎜F1.5をバッグに入れました。
オリンパスEP-L1に付けると、かなり高級感のあるセットです。

バス停まででもうロボグラフィがどっさりました。
水脈を見つけるために、二股棒を両手で握って砂漠を歩く、
そんなシーンを昔良く見ました。
それですね。
良いレンズを持つと、楽しいロボグラフィがどんどん見付かります。

道中10分の間に33出会いましたが、
その中から28枚、いつものように厳選して並べてみましょう。






b0226423_2314239.jpg
b0226423_23134896.jpg
b0226423_23134221.jpg
b0226423_2313365.jpg
b0226423_23132948.jpg
b0226423_23132269.jpg
b0226423_23131524.jpg
b0226423_23125236.jpg
b0226423_23124541.jpg
b0226423_23123780.jpg
b0226423_23122941.jpg
b0226423_23122322.jpg
b0226423_23121633.jpg
b0226423_2312923.jpg
b0226423_2312168.jpg
b0226423_23115574.jpg
b0226423_23114694.jpg
b0226423_23113974.jpg
b0226423_23113236.jpg
b0226423_23112547.jpg
b0226423_23111799.jpg
b0226423_231183.jpg
b0226423_2311124.jpg
b0226423_23105367.jpg
b0226423_23104645.jpg
b0226423_2310389.jpg
b0226423_23103299.jpg
b0226423_23102548.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-09 23:58 | KinoPlasmat3/4inchf1 | Comments(0)

1731 新大阪薄暮(スピードアナスチグマート25㎜F2.9片手にチョン・キョンファに会いに行く)


2017年1月25日は音楽デイでした。

ザ・シンフォニーホール
チョン・キョンファさんのバッハ無伴奏ヴァイオリン全曲コンサート

午後7時開演でしたから、
大阪環状線福島駅に着いたときは既に薄暮。

   オリンパスEP-L1
   スピードアナスチグマート25㎜F2.9

ま、言えば、お散歩セット片手に、
妻の横で歩きながら、ロボグラフィしました。

ダルメイヤーのシネレンズらしい、小粋でさりげないけど、
懐の深い描写をしてくれますね。

あるとき、あけすけ尋ねられてしまいました、
「そんなもの撮って、どうするんですか?」
「なんにもしませんよ。
ただ楽しんでるだけ。
悪いですか?」
これで物別れでした。

昨日も音楽デイでした。
新大阪駅近くのココプラザの音楽室を借りて、
音楽家のHMさんとリコーダー二重奏を楽しみました。

駅への帰り道、
私、「無職になって、ほんとの人生が始まりましたよ。
文句無しに楽しい!」
定年になっても、まだしっかり定職を続けておられるHMさん、
「私の友人にも、同じことを言う人が幾人もいますよ。
皆さん、同じことを言います、
なんの責任もないから、思い切り楽しめる」

まさにそれですね。
ロボグラフィって、その権化のような楽しみ方。
なんの目的も、なんの志も、なんの意図もなく、
ただ撮って、ただ自分で楽しんでいる。
そんな私の楽しみ方に、シネレンズはぴったり。

折角ですから、だぶっている1枚を除き、
全部アップしてみました。




b0226423_11405967.jpg
b0226423_11405337.jpg
b0226423_11404689.jpg
b0226423_11403915.jpg
b0226423_11403449.jpg
b0226423_1140268.jpg
b0226423_11402068.jpg
b0226423_11401331.jpg
b0226423_1140772.jpg
b0226423_1140199.jpg
b0226423_11395554.jpg
b0226423_11394885.jpg
b0226423_11394310.jpg
b0226423_11393568.jpg
b0226423_11391520.jpg
b0226423_11392229.jpg

b0226423_1139790.jpg
b0226423_11385772.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-08 14:20 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(0)

1706 ただ、さりげなく(キノプラズマート25mmF1.5は普通のものが好き?)Part 3

おかしなことを言うと言われるかも知れませんが、
いつも私が不思議に思っていることがあります。

世界中の至る所で、私の知らない場所で、私の知らない人間たちが、
私の知らない人生を毎日営々と営んでいる。
私の想像もできない疾風怒濤の来事に巻き込まれて、翻弄されている。

子供の頃、オーストラリア大陸のシロアリの巣の研究を読みました。
高さ数mから10mに及ぶ巨大な蟻塚の摩天楼の中に、
数十万、数百万のシロアリたちがひしめき、
暗黒の迷路を絶えず動き回りながら、シロアリの都市を営んでいる。
誰も全貌をつかまず、誰もその細部の出来事の報告を受けることもなく、
ただひたすら自分の仕事を黙々と果たして生き、死んで行く。

地球上の人類もシロアリもまったく同じ生態を営んでいるのです。
一つ違うことは、今では、地球そのものが一つの蟻塚になってしまったこと。
この蟻塚から「ハイ、サヨナラ、一抜けたよ」と抜け出ることなんてできない。

人類がこんな実感をもつようになったのは何時頃からでしょうか?
おそらくここ10年、20年のことではないでしょうか?
あなたはどう感じていますか?
凄い時代になった!
どんなにも無限の可能性が開かれた時代が来た!
未来は明るい!
こんな風にお感じでしょうか?
だとすれば、あなたは幸せな人です。
見たくないものは見なくて済ませられる、
そんな生き方ができるのですから。

こんな風にたとえることができそうです。
渓流を遊覧船で下っている、それが私たち。
幾度も屈曲しながら比較的なだらかに下って行きます。
私たちは、その渓流の遥か前方で、突然大陥没が起こり、
ナイアガラさながらの大瀑布が出現したことを知らない。
でも、着実にその大瀑布に向かって流されて行きます。
両側は切り立った断崖で、停船することも、這い上がることも無理。

だから、いつか突然大瀑布に転落することを知っても知らなくても、
運命は変わらない。
こうなると、残された時間を楽しむ、ただこれだけしかない。
私はそんな気持ちで写真を撮っています。

「えっ、こんなボケ写真撮って、ほんとに楽しいの?」
そうお感じになる方は多いでしょうね。
そう、私は時代遅れの人間なのです。




b0226423_1643616.jpg
b0226423_16425636.jpg
b0226423_16424952.jpg
b0226423_16424321.jpg
b0226423_16423036.jpg
b0226423_16422363.jpg
b0226423_16421781.jpg
b0226423_16421096.jpg
b0226423_1642390.jpg
b0226423_16415731.jpg
b0226423_16414451.jpg
b0226423_16413722.jpg
b0226423_16412938.jpg
b0226423_16412242.jpg
b0226423_16411762.jpg
b0226423_16411040.jpg
b0226423_1641362.jpg
b0226423_16404547.jpg
b0226423_16403886.jpg
b0226423_16403246.jpg
b0226423_16402431.jpg
b0226423_16401197.jpg
b0226423_1640576.jpg
b0226423_16395956.jpg
b0226423_16395370.jpg
b0226423_16394743.jpg
b0226423_1639402.jpg
b0226423_16393315.jpg
b0226423_16392619.jpg
b0226423_16392046.jpg
b0226423_1639133.jpg
b0226423_16304260.jpg
b0226423_16303483.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-07 18:01 | Kinoplasmat25/1.5b | Comments(0)

1705 ただ、さりげなく(キノプラズマート25mmF1.5は普通のものが好き?)Part 2


師走は一年で一番忙しい時期とされていますが、
新年正月も忙しいですね。
かろうじて写真をブログ原稿にすることができました。

正月に旅行をして、旅先で新年を祝う方がおられますね。
私は生涯、そんなリゾートも、そんな贅沢もしたことありません。
そんな金も時間的余裕もないからですが、
たとえあっても、しないでしょう。
結局、ゆったりと無為のときを過ごす、
そんな贅沢とは無縁の生涯となりそうです。

こんな余裕、ゆとりが人間に幅を持たせるんだよ、
そうおっしゃる方もおいででしょう。
私に言えることは、
どうぞ、どうぞ、
ご勝手に余裕、ゆとりの人間におなりになってください。

というわけで、そんな余裕、ゆとりのない人間が撮った写真を
ひたすらセカセカ掲載させていただくことにしましょう。




b0226423_23354793.jpg
b0226423_23353245.jpg
b0226423_23352739.jpg
b0226423_23352059.jpg
b0226423_23351439.jpg
b0226423_233568.jpg
b0226423_2335022.jpg
b0226423_23345454.jpg
b0226423_23344744.jpg
b0226423_23344115.jpg
b0226423_23343310.jpg
b0226423_23342630.jpg
b0226423_23342012.jpg
b0226423_2334915.jpg
b0226423_2334297.jpg
b0226423_23335662.jpg
b0226423_2333505.jpg
b0226423_23334373.jpg
b0226423_23332289.jpg
b0226423_23331623.jpg
b0226423_23331054.jpg
b0226423_23333100.jpg
b0226423_23325769.jpg
b0226423_23325121.jpg
b0226423_23324382.jpg
b0226423_23323744.jpg
b0226423_23323220.jpg
b0226423_23322537.jpg
b0226423_23321764.jpg
b0226423_2332962.jpg
b0226423_2332258.jpg
b0226423_23314884.jpg
b0226423_23314031.jpg
b0226423_2331334.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-05 23:30 | Kinoplasmat25/1.5b | Comments(0)

1703 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 3-完-



新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末から疾風怒濤の日々で、ブログ更新の余裕はほとんどない状態。
孫たちのお昼寝と入浴の合間を縫って、更新しましょう。

「人間は環境の産物である」

この言葉を巡って、そうなんだ、そうではないと、
長年論争がくりひろげられてきましたが、
どんな場合でもそうですが、
答えは、「yes and no」ですね。

環境を、人間の行動に因果関係を持つものの総体、と捉えたら、
もちろん、人間は環境によって形成されます。

でも、そのような総体のうちの、人間自身の心身(主体)を除く、
外界のすべて(客体)を環境と捉えるのであれば、
環境の影響は、主体の個性的な反応を引き出すことはあっても、
その反応はさまざまと言うことができ、
人間は必ずしも環境の産物とは言えないことになりそうです。

なんでこんなことを書いたかと言いますと、
先日、面白いことがあったのです。
友人の一人にメールでこんな趣旨のことを冗談に書いたのです。
「我が家では、妻が年末の大掃除のメモを作成し、
夫である私が実施します。
お宅では、逆でしょうね」
すると、彼の返事は、
「我が家では、私も妻も大掃除はしません(笑)」

徹底的に庶民の私には、そんな夫婦が存在するなど、
想像もしなかったので、びっくり仰天。
ほーーーー、そんな人もいるんだなあ..........!

私はかなり昔から大掃除を一手に引き受けてきました。
その代わり、妻がお正月のさまざまな仕事を受け持つという分担。
ボロ家で、しかも夫婦二人とも多忙で、整理整頓など無縁なので、
せめて年に一度は大掃除して、見違えるように美しくなって、
新年を迎えたいものです。
年末の数日間は重労働で、かなり疲労困憊しますが、
美しくクリーンアップされると、
心もまたブラッシュアップされたようで、清々しいものです。

でも、そんな作業をしたことがないなら、
人生の稀少な喜びの一つを逃している、
私はそんな感じがしてしまいます。

でも、そんな懸念は無用だよ、
あなたの知らない、はるかに高度な喜びで心をブラッシュアップできるから、
友人はそう答えるでしょう。

この格差はあまりにも大きいなあ、
ああ、やっぱり人間は環境の産物なんだなあ、
私はそう心から感じたのでした。

そして、レンズ学に上記の教訓を生かすとすれば、こうでしょう、
「写真はレンズの産物である」
スピードアナスチグマート25mmF1.5がこの言葉を見事に立証してくれました。
大阪西九条から奈良の大和西大寺にレンズは移動しました。
どこに行っても、スピードアナスチグマートは自分の個性を写真に刻印します。
私の個性は?
私にだって、個性がないわけではありません。
でも、自分の個性を写真に表現できる腕などない私です、
すべてをレンズに譲って楽しみましょう。





b0226423_17335152.jpg
b0226423_17334423.jpg
b0226423_17333425.jpg
b0226423_1733275.jpg
b0226423_17332043.jpg
b0226423_1733103.jpg
b0226423_1733213.jpg
b0226423_17325491.jpg
b0226423_17324750.jpg
b0226423_17323970.jpg
b0226423_17323271.jpg
b0226423_17322581.jpg
b0226423_17321864.jpg
b0226423_17262554.jpg
b0226423_17261755.jpg
b0226423_17261053.jpg
b0226423_1726436.jpg
b0226423_17222345.jpg
b0226423_17221633.jpg
b0226423_17221017.jpg
b0226423_17215948.jpg
b0226423_17215287.jpg
b0226423_1719262.jpg
b0226423_17191976.jpg
b0226423_171998.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-01-01 13:35 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1702 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 2



3編シリーズの間に、1701の記念記事を挿入しましたが、
スピードアナスチグマート25mmF1.5のボケ写真が、
額縁ホロゴンの横綱写真を縁取るという感じになりそうですが、
どうもそれだけではないようです。

関西は和菓子の宝庫と言っても過言ではないでしょう。
私は別にグルメではありませんが、折に触れて、
なかなか美味しいお菓子に巡り会うことがあります。
洋菓子の素材を取り入れることで、
見栄えも味も多彩になってきました。
寒天やゼリーをベースにすると、
見た目も味わいも硬軟のコントラストがつくようです。
映画用Cマウントレンズのやわらかで淡い味わいが、
コントラスト豊かなホロゴンの描写をより一層重厚に見せる、
そんな効果があるかもしれませんね。

でも、面白いことに、逆の効果も演出してくれるかもしれません。
スピードアナスチグマートの淡彩が光彩のように、
ホロゴンの重い描写を縁取って、存在感を高めてくれる、
こちらの効果の方が大きいかも知れませんね。
いずれにせよ、音楽のピアニッシモとフォルテッシモの対比、
そんな演出が知らぬ間に働いてくれたかも?





b0226423_0142646.jpg
b0226423_0141840.jpg
b0226423_0141164.jpg
b0226423_014544.jpg
b0226423_013571.jpg
b0226423_0135191.jpg
b0226423_0134413.jpg
b0226423_0133180.jpg
b0226423_0132479.jpg
b0226423_0131348.jpg
b0226423_013556.jpg
b0226423_0125917.jpg
b0226423_012522.jpg
b0226423_0124617.jpg
b0226423_0124083.jpg
b0226423_0123427.jpg
b0226423_0122742.jpg
b0226423_0121277.jpg
b0226423_012610.jpg
b0226423_01206.jpg
b0226423_0115416.jpg
b0226423_0114783.jpg
b0226423_0114170.jpg
b0226423_011285.jpg
b0226423_011218.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-28 10:09 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1699 新旧ごった煮(スピードアナスチグマート25mmF1.5が大阪で観たのは?)Part 1

写真家には一つの使命があります。
一つのコンセプトに沿った作品を万人に提示する。

路傍写真(ロボグラフィ)を楽しむロボグラファーには使命がありません。
第1、万人に提示しない。
万人なんかそっちのけで、一人楽しむ。
使命がないので、プレッシャーがありません。
だから、心も肩も脱力しています。

多くの写真家は、素敵な光景に出会うと、
「ああ、こんなものを撮りたかったんだ!」
結果は、作品としての価値で決まるでしょう。

ロボグラファーは、素敵な光景に出会うと、
「やあ、こんにちわ!
記念撮影いいですか?!!!」
結果は、素敵な出会いを思い出すよすがが残るだけ。

12月26日月曜日は揚琴レッスン梯子日でした。
大阪ユニバーサルシティと西九条と大和西大寺で、
そんなよすがを収穫しました。
と言って、ユニバーサルシティ駅に向かう途中、
西九条駅から喫茶店までの往還、合計15分程度と、
大和西大寺駅からレッスン場までの5分です。
85枚しかないのですが、3回に分けてごらん頂きましょう。

こんな風に書くと、いかにも読者向けに見えるのですが、
申し訳ない、この言葉、実は将来の私に向けたもの。
だって、ただの写真でしかない、
写真作品性などハナから無視しているのですから。





b0226423_18295187.jpg
b0226423_18294416.jpg
b0226423_18293680.jpg
b0226423_18292874.jpg
b0226423_18292137.jpg
b0226423_18291230.jpg
b0226423_1829595.jpg
b0226423_18285979.jpg
b0226423_18285222.jpg
b0226423_18284618.jpg
b0226423_18283970.jpg
b0226423_18283348.jpg
b0226423_18282490.jpg
b0226423_18281720.jpg
b0226423_1828106.jpg
b0226423_1828334.jpg
b0226423_18275545.jpg
b0226423_18274759.jpg
b0226423_18254191.jpg
b0226423_18253396.jpg
b0226423_18243096.jpg
b0226423_18222142.jpg
b0226423_18221498.jpg
b0226423_1822747.jpg
b0226423_18215275.jpg
b0226423_18214537.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-27 20:27 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1698 バス道(スピードアナスチグマート25mmF1.5が久しぶりに微笑んだ)



2016年12月26日月曜日、
今年最後の揚琴レッスン梯子日。

先々月までは、2つのレッスンの間の空き時間約3時間中、
食事、休憩、移動の時間を除く約1時間少々を撮影に充てていました。
でも、前回から、梯子日の中間での撮影を控えるようにしています。
付虹先生の揚琴レッスンでかなりエネルギーを使い、
撮影でさらにエネルギーを費消すると、
午後3時半からの陳少林先生の揚琴伴奏レッスンで、
10年間暗譜してきた曲の途中でふっと切れてしまうことがあったからです。

前回、撮影はそこそこに陳少林先生のレッスンに臨むと、
これまでで最高のハーモニーになりました。
幾日か前からスティックの使い方が本格的になったので、
今回はその最初のレッスン日。
午前中の付虹先生のレッスンでは、
手馴らし用の左手練習曲では、付虹先生、
「手首をやわらかく回して、ちゃんと弾けるようになりました。
でも、曲に入ると、ときどき無駄な力が入るときがあります」
午後は、陳少林先生から、
「うん、力まないで、ちゃんと伴奏できるようになった」
と褒めていただきました。

ダルメイヤーの名玉、Cマウントレンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5を、
オリンパスE-PL1に付けました。
近頃、リアル系のレンズを多用してきたので、
本来の志向であるボケレンズを使って、バランスをとりたい。
オリンパスE-PL1に付けたときの風格、高級感にはかなりのものがあります。
こんな外観の楽しさも撮影意欲をかき立ててくれます。

まずは、朝のバス停の1分間と夕べのバスから降り立った1分間の写真。
これぞ、定番レンズ、
思わずそう言いたくなりました。
画像は、スピードアナスチグマート25mmだけが持つと言いたいほどに、
おおらかにソフト。
大人の風格って、こんなものかなあ、と感じてしまいます。
2016年のトウビを飾る写真が撮れた、そう言いたいですね。





b0226423_23501315.jpg
b0226423_23475084.jpg
b0226423_2347544.jpg
b0226423_23465810.jpg
b0226423_23452432.jpg
b0226423_23451059.jpg
b0226423_2345361.jpg
b0226423_23445043.jpg
b0226423_23443955.jpg
b0226423_23443314.jpg
b0226423_23442627.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-26 23:56 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1695 加美下町(アポクロマート18㎜F2は雨上がりに生き生きと反応し)

2016年12月23日金曜日、
長女の家を訪ねて、長女一家とクリスマスパーティ。
私は朝早く訪れて、長女と孫プリンセスが、
「お母さんと一緒」のクリスマスショーに出かけるのを見送り、
風邪で微熱のある孫プリンスと留守番。

午前11時40分、プリンス、ぽつりと、
「お腹空いた」
5歳になったばかりの孫を残して、私一人、コンビニへ。
セブン・イレブンでしたか?
昼食のコーナーが充実しています。
電子レンジで加熱するタイプで、その仕上がりはかなり自然。
量も多いのがありがたい。
孫用には、シンプルなおうどん、私用には、チャンポン。

その往還約8分に40枚ばかり撮影。
Olympus EP-L1
アポクロマート18㎜F2
キノプティックの精彩あふれる超高画質のCマウントレンズ。
そもそもボケレンズを好む私の趣味から少しはずれています。
でも、ロボグラフィとしては意図通りの仕上げを見せてくれます。
だから、保有レンズ中屈指の回数、
34回も本ブログの記事となっています。

孫が待っていますので、すべてヒットエンドラン。
こんなときは余計に乗りよく撮影できます。
曇天なので余計にコントラストよく締まりのある画像。
使えば使うほど、キノプティックの名に恥じないレンズ、
そう納得させられてしまいます。





b0226423_1242065.jpg
b0226423_1241413.jpg
b0226423_124875.jpg
b0226423_124285.jpg
b0226423_1235664.jpg
b0226423_1234946.jpg
b0226423_123434.jpg
b0226423_1233737.jpg
b0226423_1232357.jpg
b0226423_1231735.jpg
b0226423_1231016.jpg
b0226423_12341.jpg
b0226423_1225787.jpg
b0226423_1224734.jpg
b0226423_1224035.jpg
b0226423_1223320.jpg
b0226423_1222689.jpg
b0226423_1222024.jpg
b0226423_122139.jpg
b0226423_1226100.jpg
b0226423_122175.jpg
b0226423_1215413.jpg
b0226423_1214626.jpg
b0226423_1213792.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-24 01:26 | Apochromat18/2 | Comments(0)

1691 西大寺(ピザール26mmF1.9は暮れ方でも疲れたりせず、しっかり働き)

「二兎を追うものは一兎も得ず」

昔の人は偉かった。
大切なことを一言で言ってのけるのですから。
昔の人、とくに中国古代の人たちは、
簡潔な言葉でずばり真実を射抜く言葉を数えきれないほど残してくれました。

日本は、第二次世界大戦後、ローマ字化を考えたことがあったそうです。
よくぞ思いとどまってくれました。
ローマ字化していたら、「源地物語」も「万葉集」も、
その他の国民の遺産もほとんどがいつか消え去ってしまったでしょう。
そして、中国の古典の名言も私たちの脳裏に刻まれなくなったでしょう。
おっと、また、脱線。

私が言いたかったことはこうです、
「三兎を追うものは一兎しか得ず」

毎月第2、第2月曜日は午前午後の揚琴レッスンと、
その合間に挟まれた3時間を活用してのロボグラフィタイムと、
三本立てを楽しんできました。
11月28日の第1時限の付虹先生のレッスンはかなり快調でした。
でも、第3時限の陳少林先生の二胡に揚琴伴奏するレッスンのとき、
10年来暗譜でやってきた曲の途中で、ふっと手が止まってしまいました。
近頃、付虹先生の揚琴独奏曲がちょっと高度になってきたせいで、
第3時限の方は2週間全然復習していなかったからでしょう。
(けっして歳を取ったせいだなんて、認めませぬ)
翌日だったか、陳少林先生に、別の日の午前中に変更をお願いしました。
空き時間がなくて、空席待ちとなりました。

そこで、ちょっと真面目に反省しました。
お昼の空き時間に、大阪西九条駅界隈のロボグラフィ撮影を1時間続けた、
これがどうやら直接疲れの原因になったらしい。
そこで、12月12日は、作戦変更。
実質2本立てになるよう、写真の比率を大幅に減少しました。
西九条の撮影を駅近くの喫茶店と駅との往復だけの約10分に留めたのです。
それが前回の西九条シリーズ。

西大寺でも、駅喫茶店でしばらく休み(と言っても、ポメラで書きまくり)、
撮影はレッスン後駅へ帰る時間だけに止めました。
おかげで、陳少林先生の伴奏曲はどれもこれも空前の出来になりました
(自分で言っているのですから、間違いがない)。
これに気分を良くして、YMCAの教室からの帰りの撮影は好調でした。
暮れ方になっても、ピザール26mmF1.9は絶好調でした。
ケルン社のレンズらしく、悪条件でもしっかりと輝いてくれます。
もっとも現代風の輝きではありません。
私好みの輝き方。





b0226423_21581441.jpg
b0226423_215881.jpg
b0226423_2158181.jpg
b0226423_21575348.jpg
b0226423_2157438.jpg
b0226423_21573468.jpg
b0226423_21572840.jpg
b0226423_21572060.jpg
b0226423_21571359.jpg
b0226423_2157589.jpg
b0226423_21565715.jpg
b0226423_21565077.jpg
b0226423_2156437.jpg
b0226423_21563653.jpg
b0226423_21562870.jpg
b0226423_21562131.jpg
b0226423_2142251.jpg
b0226423_21413157.jpg
b0226423_2140813.jpg
b0226423_2140192.jpg
b0226423_21385915.jpg
b0226423_2138538.jpg
b0226423_21384558.jpg
b0226423_21383689.jpg
b0226423_21374389.jpg
b0226423_21373638.jpg
b0226423_21372912.jpg
b0226423_21371975.jpg
b0226423_21371177.jpg
b0226423_2137135.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-18 22:33 | Pizar26/1.9 | Comments(0)