レンズ千夜一夜

タグ:エルマー90㎜F4 ( 4 ) タグの人気記事

1859 奈良町(2017年7月25日エルマー90㎜F4がやさしく微笑み)4-完-醍醐味



ネットで読みました。
近頃、世界中で、歩きながら携帯電話を読む人が多くなって、
市街電車の接近に気づかずに巻き込まれて死亡した人も居るそうですね。

私が見たのはもっとすごくて、自転車を走らせながら携帯をのぞき込む、
車を運転しながら片手の携帯を眺めている、そんな人をよく見かけます。

今最も役立つ発明は、携帯電話装備のレーダー、ソナーでしょうね。
「前方3mに溝」
「左後方5mに車接近!」
あるいは、レーダー、ソナー付きのウォーキングシューズ。
ご本人は携帯に全神経を集中しましょう。
歩行はこのシューズが全面的に受け持ってくれます。

こうなると、カメラマンたちも黙っていませんね。
お好みの被写体を発見するレーダー、ソナー付きカメラ。
「右前方3mに美女接近」
「左横壁にロボグラフィのお化け顔あり!」
そして、カメラは自然その方向に向きを変え、
ズームレンズが最適絞りに移行しつつ、
最適の構図に向かって焦点距離を変えていく。
最高の構図、瞬間に、カメラマンがシャッターを押さなくても、
自動的にシャッターが下りる!
「横位置も一枚いただきましょう」という音声とともに、
カメラが縦位置から横位置に自動的に移行して、また、
「パチリ」

昔は、センスのある人が折角写真を始めたのに、
カメラ、レンズの使い方を会得できず仕舞いで、
結局、写真がものにならなかったという人が
かなり沢山いたのではないでしょうか?
現代はカメラマンのパラダイスになりつつあるのかも知れません。

私も40年余の写真生活で、たった一回だけ、
ズームレンズ付きオートフォーカスカメラを使いました。
その一回でこりごり。
自分で写真を撮っているという気分にどうしてもなれなかったのです。

どうせ大した写真なんか撮れない。
だから、せめて写真を撮る行為を楽しみたい。
自分で絞りやシャッター速度の設定を選択し、 
自分でピントを合わせて撮る、これぞ醍醐味ですね。
エルマー90㎜F4はそんな醍醐味をしっかり味あわせくれました。                             





b0226423_22113400.jpg
b0226423_22112847.jpg
b0226423_22112235.jpg
b0226423_22111760.jpg
b0226423_22111207.jpg
b0226423_22110642.jpg
b0226423_22110068.jpg
b0226423_22105429.jpg
b0226423_22104849.jpg
b0226423_22104297.jpg
b0226423_22103563.jpg
b0226423_22102966.jpg
b0226423_22102345.jpg
b0226423_22090471.jpg
b0226423_22085704.jpg
b0226423_22085035.jpg
b0226423_22084308.jpg
b0226423_22083811.jpg
b0226423_22082866.jpg
b0226423_22082166.jpg
b0226423_22081522.jpg
b0226423_22080864.jpg
b0226423_22075589.jpg
b0226423_22074985.jpg
b0226423_22074492.jpg
b0226423_22072631.jpg
b0226423_21592251.jpg
b0226423_21590346.jpg
b0226423_21585321.jpg
b0226423_21584601.jpg
b0226423_21584022.jpg
b0226423_21583195.jpg
b0226423_21582223.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-08-16 22:14 | Elmar90/4 | Comments(0)

1858 奈良町(2017年7月25日エルマー90㎜F4がやさしく微笑み)3 孫旋風



8月13日日曜日、14日月曜日の二日間、
長女一家の帰省でてんやわんやでした。
2人の孫旋風が吹き荒れたのです。

5歳の孫プリンスは来年小学校入学と同時に、
憧れの少年野球チームに入団の予定。
水泳教室にも通って、スポーツ少年になりそうです。
完全なスポーツ音痴で育った私とは大違い。
大歓迎です。
2歳半年下の3歳の孫プリンセスは兄に負けていません。
なんでも同じことができなければならないというのが、
彼女のオブセッション。
いやはや、あと数年も経てば、お姉ちゃんとして、
君臨することになりそうな気配。

エルマー90㎜F4は奈良町にすんなりと溶け込めるレンズ。
小さな筐体は左手の中にすっぽり収まり、
ヘリコイドは滑らかに動くので、ピント合わせも迅速。
いつも絶えず対面してきたロボグラフィたちが、
また新鮮な表情で浮かび上がってくれます。





b0226423_11175862.jpg
b0226423_11175119.jpg
b0226423_11174523.jpg
b0226423_11174070.jpg
b0226423_11173290.jpg
b0226423_11172307.jpg
b0226423_11171533.jpg
b0226423_11170586.jpg
b0226423_11174070.jpg
b0226423_11163518.jpg
b0226423_11161700.jpg
b0226423_11155991.jpg
b0226423_11154599.jpg
b0226423_11160481.jpg
b0226423_11153431.jpg
b0226423_11152816.jpg
b0226423_11152236.jpg
b0226423_11151515.jpg
b0226423_11150847.jpg
b0226423_11150289.jpg
b0226423_11145526.jpg
b0226423_11144930.jpg
b0226423_11144255.jpg
b0226423_11143463.jpg
b0226423_11142687.jpg
b0226423_11141899.jpg
b0226423_11141178.jpg
b0226423_11140552.jpg
b0226423_11135797.jpg
b0226423_11135136.jpg
b0226423_11134563.jpg
b0226423_11133915.jpg
b0226423_11133075.jpg
b0226423_11131390.jpg
b0226423_11125011.jpg







by Sha-Sindbad | 2017-08-15 11:21 | Elmar90/4 | Comments(0)

1857 奈良町(2017年7月25日エルマー90㎜F4がやさしく微笑み)2 やさしさ



エキサイトブログは何時頃からか、マイブログの管理画面を一新したようです。
その最初の頃、勝手にその新画面が出現しました。
その最初のパートがアクセス数の報告画面でした。
一瞬にしてそれを見て取って、絶対に見ないことに決めている私は、
どういう操作をしたか忘れましたが、瞬時に、旧管理画面に戻りました。
以来、いつも「旧管理画面のサポートは終了、新画面をお使いください」
というような表示をよそ目に、ずっと昔ながらの画面から出発していました。

3日前ほどでしたか、いきなり、旧画面はなくなり、新画面に一本化。
でも、ありがたいことにアクセスリポートなど出現しません。
記事の作成画面、投稿方法ががらりと変って、なにやらややこしい欄が一杯。
でも、慣れました。

そして、驚喜!
写真の投稿方法が格段にスピードアップ!!!
私のように、1記事の写真が30枚標準という人間には、実にありがたい。
使い勝手は悪いけど、これだけは褒めてあげましょう。
できたら、写真ホルダーの写真を一まとめで投稿できるようになれば、
もっと嬉しいのですが。

今回も奈良町の裏通りでのロボグラフィを並べました。
奈良町ロボグラフィ、何百回と撮影し、
何百回と記事にしてきました。
同じロボグラフィを別レンズで撮った、同一ロボグラフィだって、
何十回掲載のお気に入りたちが一杯あります。

でも、まったく気にしていません。
私は、同じ構図だって、気にならない。
愛する人の顔だったら、何千枚撮っても飽きないでしょう?
それと同じ。

そのような同一ロボグラフィが頻繁に現れることに気づくほど、
私のブログをご覧になる方はほとんど皆無でしょうから、
その点でも気にならない。

今回は、エルマー90㎜バージョンのお気に入りたち。
印象を一言でまとめれば、実に簡単、
やさしさ。
エルマー、ますます気に入りました。




b0226423_14553900.jpg
b0226423_14553213.jpg
b0226423_14552602.jpg
b0226423_14552041.jpg
b0226423_14551595.jpg
b0226423_14550969.jpg
b0226423_14550177.jpg
b0226423_14545649.jpg
b0226423_14551595.jpg
b0226423_14544510.jpg
b0226423_14543971.jpg
b0226423_14543380.jpg
b0226423_14542708.jpg
b0226423_14542280.jpg
b0226423_14541628.jpg
b0226423_14540940.jpg
b0226423_14540331.jpg
b0226423_14535708.jpg
b0226423_14535194.jpg
b0226423_14534614.jpg
b0226423_14534048.jpg
b0226423_14533461.jpg
b0226423_14532958.jpg
b0226423_14532385.jpg
b0226423_14531685.jpg
b0226423_14531035.jpg
b0226423_14530560.jpg
b0226423_14531035.jpg
b0226423_14524616.jpg
b0226423_14523023.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-08-12 15:15 | Elmar90/4 | Comments(0)

1856 奈良町(2017年7月25日エルマー90㎜F4がやさしく微笑み)1 やさしさ








私は断然広角派です。
でも、機会があって、望遠も手に入れています。
私が手に入れたエルマー90㎜F4のレンズ番号は♯69807。
どうやら1949年製のようです。
68年前のレンズです。

ヘリコイドリングの先端の塗装がかなり剥げています。
ヘリコイドリングを操作する動作だけではなく、
この先端付近に親指の第1関節の根元あたりを置いて、
絞りリングを操作することで、さらにすり減ってきたようです。
つまり、かなりの数のカメラマンの共同作業の結果。
このあたりからも、このレンズが愛されたことが分かります。

私ももちろん愛します。
でも、私はこの部分の塗装には影響を与える可能性がありません。
なぜ?
絞りは開放にしたままで、絶対にいじらないうえ、
ヘリコイドを操作するとき、この部分には絶対に触らないから。

ライカのオールドレンズ特有の質感とやさしい感触にしびれます。






b0226423_23175509.jpg
b0226423_23174999.jpg
b0226423_23173919.jpg
b0226423_23173014.jpg
b0226423_23172474.jpg
b0226423_23171875.jpg
b0226423_23171266.jpg
b0226423_23170621.jpg
b0226423_23165905.jpg
b0226423_23163549.jpg
b0226423_23162921.jpg
b0226423_23162343.jpg
b0226423_23161711.jpg
b0226423_23161111.jpg
b0226423_23161711.jpg
b0226423_23161111.jpg
b0226423_23160520.jpg
b0226423_23155840.jpg
b0226423_23154644.jpg
b0226423_23152759.jpg
b0226423_23152097.jpg
b0226423_23151264.jpg
b0226423_23150628.jpg
b0226423_23150054.jpg
b0226423_23145111.jpg
b0226423_23144556.jpg
b0226423_23143826.jpg
b0226423_23143304.jpg
b0226423_23142667.jpg
b0226423_23141448.jpg
b0226423_23140570.jpg
b0226423_23135927.jpg
b0226423_23135329.jpg
b0226423_23134624.jpg
b0226423_23133805.jpg
b0226423_23133079.jpg
b0226423_23131671.jpg







by Sha-Sindbad | 2017-08-11 23:23 | Elmar90/4 | Comments(0)