レンズ千夜一夜

タグ:アポクロマート25mmF2 ( 17 ) タグの人気記事

1684 バス道(アポクロマート25mmF2は見たい物を見せてくれるか?)part 2


今日は、奇しくも別ブログ「わが友ホロゴン」と、
同じバス道の共演となりました。
所変われば品変わる、と言いますが、
所変わらねど品変わる、ですね。

わずか200mの道のりで、
ご覧のとおり、代わり映えのしない田舎道。
公道ではありません。
道路に提供された私道です。
この道がなくて、別の形の道があっても、やっぱり撮るでしょう。

でも、一つ条件があります。
宅地造成で作られた道路ではないこと。
宅地造成地の道路は、まさに、所変われば品同じ。

私はこう信じています。
誰も同じ場所で同じものを見るわけではない。
すべてを見る人は居ません。
どんな人間でも、常に選択的に見ています。
機能的視覚、それが人間の目です。
生きるために、なにかをするために必要なものしか見ない。
極端に言えば、ミクロの視覚もないし、マクロの視覚もない。
私たちが見る光景は、限られた用途のための見え方に過ぎません。
私たちが、これが客観だと、習慣的に、生理的に決めた視覚像。

私は、子供の頃から、自分の見たいものを見てきました。
生まれつきのようです。
私の孫プリンスが同じ見方をします。
遺伝的なものらしい。
遺伝してよかったか?
ちょっと心配になりますね。

ちょっと話がそれました。
私だって機能的な見方をします。
でも、リラックスしていると、用途ではなく、
私との関係で、特に私が見たいイメージ、
そんなものをここ彼処に見つけるのが大好きなのです。
そんな習慣を一生続けてきたので、
私がこうしてブログに連綿とアップし続けるロボグラフィ像は、
私の平素の視覚像。

でも、レンズによる偏差値がありそうです。
だから、私が肉眼で感じたイメージに微妙に彩りを加えてくれます。
それがたまらない魅力と感じるレンズもあれば、
余計な差し出口をしおって、許さぬ、そこへ直れ!
と、日本刀を振りかぶりたくなるような結果もあります。
スピードパンクロとかアポクロマートといった名レンズたちは
さすがに私を喜ばせてくれますね。




b0226423_17201897.jpg
b0226423_1720111.jpg
b0226423_172035.jpg
b0226423_17194813.jpg
b0226423_17194231.jpg
b0226423_17193625.jpg
b0226423_17192882.jpg
b0226423_17191961.jpg
b0226423_1719650.jpg
b0226423_171906.jpg
b0226423_17185432.jpg
b0226423_17184771.jpg
b0226423_17184128.jpg
b0226423_17183490.jpg
b0226423_1718286.jpg
b0226423_17182124.jpg
b0226423_17181523.jpg
b0226423_1718935.jpg
b0226423_1718215.jpg
b0226423_17175594.jpg
b0226423_17174670.jpg
b0226423_17174064.jpg
b0226423_17173159.jpg
b0226423_17172775.jpg
b0226423_17171920.jpg
b0226423_1717282.jpg
b0226423_1716513.jpg
b0226423_17164385.jpg
b0226423_17163743.jpg
b0226423_17162425.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-06 18:11 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1684 バス道(アポクロマート25mmF2は見たい物を見せてくれるか?)part 1

妻がどこかの風景コンテストの写真一覧頁を見せてくれました。
「これ、なんなの?
なんでこんなにけばけばしいの?」
私もそう思います。
すべてがデジタル色。

自然にはない色で自然を表現する、これが現代写真。
私のブログだって、似たようなものです。
ちょっとクラシカルなだけ。

でも、ちょっと疑いが頭をかすめます。
私は、デジタル色が自然ではないことを知っています。
でも、風景コンテストの応募者も選者も、
もしかすると、この色しか見えないかも知れない!

私たち夫婦を含む、銀塩時代の人間は、
銀塩フィルムの写真プリントを見ると、
懐かしい、これが本当の色だなあと思います。
でも、デジタル写真で育った人には、
色のくすんだ前時代的に古めかしい、褪せた色、
そう見えるようです。
写真にも、どこかで世代ギャップの溝が深く横たわっているらしい。

どうやら、視覚そのものが変質していくらしい。
もしかすると、世界像そのものも異なるかも知れません。
怖いですね。

キノプティックのレンズは、銀塩フィルムの時代には、
若干鮮鋭すぎ、冷たすぎ、澄みすぎという感じでした。
デジタル写真の感触に少しずつ慣れていくにつれて、
アポクロマートの色が穏やかに感じられるのですから、
おかしなものです。






b0226423_11089.jpg
b0226423_105440.jpg
b0226423_10421.jpg
b0226423_103455.jpg
b0226423_102893.jpg
b0226423_102095.jpg
b0226423_101497.jpg
b0226423_10860.jpg
b0226423_1001.jpg
b0226423_0595424.jpg
b0226423_0594733.jpg
b0226423_059303.jpg
b0226423_0592234.jpg
b0226423_0591521.jpg
b0226423_059820.jpg
b0226423_059142.jpg
b0226423_058541.jpg
b0226423_0584692.jpg
b0226423_0583976.jpg
b0226423_0583275.jpg
b0226423_0582560.jpg
b0226423_0582028.jpg
b0226423_0581338.jpg
b0226423_0583100.jpg
b0226423_0575618.jpg
b0226423_0574925.jpg
b0226423_057432.jpg
b0226423_0573341.jpg

by Sha-Sindbad | 2016-12-06 01:04 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1081 天の理を得て(アポクロマート25mmF2ならレトロな天理にぴったりで)



b0226423_19584728.jpg
b0226423_19584362.jpg
b0226423_19582611.jpg
b0226423_19583525.jpg
b0226423_19581787.jpg
b0226423_1957574.jpg
b0226423_19581748.jpg
b0226423_1957438.jpg
b0226423_19574491.jpg
b0226423_19573177.jpg
b0226423_19573265.jpg
b0226423_19575237.jpg
b0226423_19574314.jpg
b0226423_19572514.jpg
b0226423_19571399.jpg
b0226423_1957235.jpg
b0226423_19565352.jpg
b0226423_19571399.jpg
b0226423_19573019.jpg
b0226423_1957447.jpg
b0226423_19563444.jpg
b0226423_195649100.jpg
b0226423_19562625.jpg
b0226423_19562822.jpg
b0226423_1956890.jpg
b0226423_1956128.jpg
b0226423_19562669.jpg
b0226423_19563890.jpg
b0226423_19555775.jpg
b0226423_195672.jpg
b0226423_1956532.jpg
b0226423_19555140.jpg
b0226423_19554746.jpg
b0226423_19551195.jpg
b0226423_19555334.jpg





火曜日はお昼天理まで出張しました。

    バッグに潜ませたのはオリンパスE-PL1。
    レンズはキノプティック、
    アポクロマート25mmF2。

九州ではアポクロマート18mmを使ったので、今日は、
25mmで50mm標準としての使い心地を楽しむことにしたのです。

アポクロマートできる限り開放で使いました。

    アポクロマートは切れの良さで名高いのですが、
    私の好みは柔らかい描写にあります。

それじゃ、アポクロマートなんて使わなければいいじゃない?
そんな考え方ももちろんありますが、
    
    硬いレンズを柔らかく使う、
    それが醍醐味ではありませんか?

天理の商店街を撮影しながらランブリング。

    地方都市はどこでも次第に老化しつつあります。
    天理はまだ若い人が多いようですが、それでも、
    お店のたたずまい、デコレーションはかなり年季が入っています。

昼食は古い喫茶店のピラフランチ880円。
これが手作りの感じでとても穏やかな味わいで満足しました。

    梅雨明けで暑熱の夏になっているのですが、
    このお店にはクーラーがありません。
    かなり暑いのですが、
    おいしいエビピラフの後のアイスコーヒーがとてもさわやかで、
    かなり満足しました。

さて、アポクロマート25mmF2では101枚撮りました。
34枚選んでみました。

写真家の吉田正さんが私のブログの特色を一言で表現されました、

    「写真が一杯、
    とにかくたくさん写真が並んでいます」

その意味は慧眼の士でなくても分かりますね、

    「とにかく多すぎる!」


すてきな写真がどっさり並んでいると思うなら、
このような言葉にはなりませんね。

    「すごいよ!
    びっくりするよ!」

写真を作品として呈示するのであれば、とにかく、

    「一に選択、二に選択、三四がなくて、五に選択」、
    徹底的に選択ですね。

よく言われることですが、
人間の作業集団は10人を超すと、2つに分かれます。

    写真だって同じですね。
    互いに支えあって一つの意味を表現したければ、
    なるべく10ないし12枚以内に絞るのがよさそうです。
    そうでないと、中だるみが起こります。

私も最初は1ないし3枚程度に絞っていました。
あるとき、突然気づいたのです。

    レンズの味わいを出すのに、作品的プレゼンテーションはいらない。
    ただ羅列して、1枚ずつ見てもらったら、それで足りる!
    じゃ、何枚でもいいのだ!

エキサイトの最大の利点は掲載枚数がけた外れに多いことです。

    1ギガまでなら無料、
    あと、200円ちょっと払えば、無制限!

別ブログ「わが友ホロゴン」と来たら、
たった5年で3ギガを超えています。

    私もエキサイトにちょっと似ていて、所蔵写真がかなり多くて、
    これまでの掲載量の10倍ほどにもなりそうです。
    私の撮り方なら、誰でも撮れる程度の量ですが、
    なにしろ生涯の大半を営々と写真を撮り歩いてきたので、
    一杯貯まってしまったようです。

というわけで、今回も天理の町でわずか半時間ですが、

    ロボグラフィを撮り集めたのですから、
    ブログに出さなきゃ損、

    ブログ作る阿呆に、見る阿呆、
    同じ阿呆なら作らなきゃ損々!
    というようなわけです。
by Sha-sindbad | 2014-07-22 20:09 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1039 ハイヌーンの季節に(アポクロマート25mmF2でハイヌーンを撮ってみた)



b0226423_2151527.jpg
b0226423_21524362.jpg
b0226423_21524321.jpg
b0226423_21524454.jpg
b0226423_21523359.jpg
b0226423_2151406.jpg
b0226423_21514135.jpg
b0226423_21512433.jpg
b0226423_2152962.jpg
b0226423_2151214.jpg
b0226423_21511697.jpg
b0226423_21511185.jpg
b0226423_21515282.jpg
b0226423_21505276.jpg
b0226423_2151294.jpg
b0226423_21504966.jpg
b0226423_21504529.jpg
b0226423_21501627.jpg
b0226423_21503355.jpg
b0226423_21502499.jpg
b0226423_21505389.jpg
b0226423_21504826.jpg
b0226423_21494710.jpg
b0226423_21503888.jpg
b0226423_21495960.jpg
b0226423_21495421.jpg
b0226423_21502328.jpg





金曜日は一週間の締めくくり。
私の場合、週末は土日月3日連休なので、
できるだけ持ち越さないように締めくくりを付ける必要があり、
そのうえ、5月最後の日になってしまい、かなり多忙。

持ち出したレンズはキノプティック。

    アポクロマート25mmF2

ヨーロッパ中世の円塔型城塞そっくりの作りの、
いかにも仕事師らしいたたずまい。
その形そのままにキリリと写ります。

30枚ばかり撮って、金曜日の定番インド料理店に入りました。
キーマカレーセットを注文し、
カメラを見ると、もう電池がほとんど空。

    さっそく電池交換しようとバッグを探って出てきたのは、
    オリンパスEP-L1用電池。

    もともとオリンパスEP-L1を持ち出すつもりだったのに、
    このレンズを37.5mmの広角仕様で使いたいと考えて、
    急遽ソニーNex-5aに切り替えたのです。
    ところが、その際、予備電池を交換するのを忘れてしまった。

こういうのを「万事休す」ならぬ、「電池休す」と言います。

    デジタルカメラを使うようになって、
    予備電池がフィルムの代わりにをするようになりました。
    フィルムよりもかなり重量的に軽くなり、
    フィルム代不要となって、経済的にはもっと軽くなりました。

撮影量が増えた方も多いでしょう。

    私の場合はあまり変わりません。
    フィルムによるモノクローム時代も、
    36枚撮りフィルム24本が1日の基準量でした。
    ポジになって、さすがに懐が圧迫されたか、
    1日平均15本に半減していたのですが、
    デジタルになって、モノクローム時代に戻ったというところ。

今日は、朝の5分と昼食場所までの10分だけで、結局59枚。
その内、26枚をご覧いただきました。

    かなり落ち着きのある調子が、
    キノプティックの特質かも知れません。
    とても優れた画質ですが、エキセントリックに尖るところがありません。
    大人のレンズ、とでも言うのでしょうか?
by Sha-sindbad | 2014-05-30 21:58 | Apochromat25/2 | Comments(0)

929 ぽかぽか冬日に(アポクロマート25mmF2はやっぱりアポクロマートだね)



b0226423_2254546.jpg
b0226423_22542682.jpg
b0226423_22541724.jpg
b0226423_22545820.jpg
b0226423_22544114.jpg
b0226423_2254343.jpg
b0226423_22542986.jpg
b0226423_22533519.jpg
b0226423_22534462.jpg
b0226423_22542760.jpg
b0226423_22533185.jpg
b0226423_22541399.jpg
b0226423_22532379.jpg
b0226423_22531315.jpg
b0226423_2253136.jpg
b0226423_2253612.jpg
b0226423_22524781.jpg
b0226423_22523559.jpg
b0226423_2252529.jpg
b0226423_22532692.jpg
b0226423_22523210.jpg




金曜日もカメラはオリンパスEP-L1。
レンズはキノプティックのアポクロマート25mmF2にしました。

    イヴォタールに対抗できるだけの切れ味のレンズはまずこれ、
    そう考えたのです。

私のように、レンズの威力に頼り切って写真を撮っている人は、
あまり見かけませんね。

    みなさん、ご自分をなんらかの創造意志をお持ちになって、
    しっかりとお撮りになっていますね。

私は創造意志などありませんね。

    私の写真にそんなものは必要ないからです。

仕事でもそうですが、なにをやるにしても、
チームで取り組む態勢で通してきました。

    メンバーに任せることができる部分はそっくり任せる。
    そうすると、たいてい、自分一人ではできないような仕事ができます。
    写真作品を作ろうなどと考えない私の場合は、
    とくにチームの役割分担が簡単です。

    私がディレクターとして、指令を発します。
        「ここ撮れ、ワンワン!」
    すると、カメラとレンズが協同して、写真を撮ってくれます。

    開放で、とか、マイナスに1段補正して、とか、
    細かい指示を出すことはありますが、
    その場の光の状態に合わせてこまめに修正するなんてことは、
    面倒なので、普通しません。
    一日中同じ設定で通しますので、
    うるさ型のディレクターというわけではないわけです。

とくに、アポクロマートのような名レンズになりますと、
もう完全にあなた任せ。

    早い話、今日の撮影はほとんどお昼休み中でしたが、
    職場への帰り道、ふっと見ると、
    レンズの絞り位置F4になっていました。
    道理で、感度100に落としているとは言え、ピーカンで撮れたわけです。

この程度の注意力でメカを操作するのですから、
いい加減なものです。

    撮影者がいい加減でも、カメラとレンズはいつも極上ですから、
    私の目にはそこそこ楽しい写真を撮ってもらえます。
    アポクロマートもいい仕事をしてくれた、そう言いたいのですが。
by Sha-Sindbad | 2014-01-31 22:56 | Apochromat25/2 | Comments(2)

924 プロフェッショナル(アポクロマート25mmF2はさすがにきりりとした写りで)



b0226423_21173636.jpg





24日金曜日に持ち出したセットは、

    オリンパスEP-L1
    キノプティックのアポクロマート18mmF2

このレンズの描写力のすごさは特筆ものです。
今回はただ1枚をまずごらんいただき、
本文の後、他の写真をごらんいただきましょう。

長年修練を積んだ職人さんは面構えは眼光鋭くびしっと決まり、
無駄のない挙措動作からして、自ずから違うものですね。

    今回の一枚がまさにそんな雰囲気をたたえています。
    業務用のバイクを1mほど高い階段から撮りました。
    このバイクそのものが、よく使い込まれて、
    まさに職人の雰囲気を鈍く発している感じ。
    レンズよし、被写体よし、で、
    かなり手応えを感じて撮ることができました。

アンジェニューとかなり似た雰囲気の、
厚みのあるあたたかい、しかもシャープな画像となります。
でも、けっして固いという感じがしません。

Wikipediaによりますと、アッベは、

    3つの波長で色収差が補正され、
    2つの波長で球面収差、コマ収差が補正されている等の
    条件を満たすものをアポクロマートと命名したそうです。

35mm以上の長い焦点距離のアポクロマートはあまりに高価で入手不能。
かろうじて、Cマウントの25mmと18mmを手に入れました。

    この2本の廉価版を待って購入したのですが、
    今ではかなり高騰しているようです。
    アルパ用100mmはきりりと締まった画像に変わりはありませんが、
    もっとあっさりとしていました。
    
このあたりの違いは、フィルムとデジタルの違い、
撮り方の違いも手伝っているでしょうから、
確かな違いとはいいがたいようです。

    開放で撮っても、絞って撮っても、
    画像の締まりにほとんど変わりがありません。
    使い勝手も撮影結果もともに良好。
    まさにプロフェッショナルのレンズ。
    おかげで、このレンズもまた宝物。




b0226423_21123796.jpg
b0226423_2112283.jpg
b0226423_21114740.jpg
b0226423_21154441.jpg

b0226423_21142680.jpg
b0226423_2111887.jpg
b0226423_21114514.jpg
b0226423_211140100.jpg
b0226423_21105949.jpg
b0226423_2110384.jpg
b0226423_21112541.jpg
b0226423_21112015.jpg
b0226423_21111541.jpg
b0226423_21103532.jpg
b0226423_21101727.jpg
b0226423_21102746.jpg
b0226423_21105771.jpg
b0226423_2195565.jpg
b0226423_2195020.jpg
b0226423_21105673.jpg

by Sha-sindbad | 2014-01-26 21:20 | Apochromat25/2 | Comments(2)

870 くつろぎ(理知的なレンズがあることをアポクロマート25mmF2で知り)



b0226423_2110232.jpg





今日はキノプティックのレンズを持ち出しました。

    アポクロマート25mmF2
    フランス製の名声サクサクたる映画用Cマウントレンズ。

今日はまず昼食時に撮った1枚だけをごらん頂きましょう。

    ははーん、ハイヒールの女性って、
    昼食時にはこんな風にくつろいでいるんだなあ?
    でも、とてもたしなみよくくつろいでおられます。
    隙のない女性なのです。

このレンズを使う度に、デカルトを思い出します。

    デカルトの数学はまるで不案内、彼の哲学も、
    学生の頃、「方法序説」を3度ばかり繰り返し読んだ程度ですが、
    純粋な理知にすべてを託した、明晰そのものの文章は印象的でした。
    そんな印象がアポクロマート25mmの明晰な画像にどこか通じている感じ。
    
中将姫光学さんのブログの記事「現代的達蓋爾」で、
(http://zunow.blog51.fc2.com/)
Kinoplasmatさんがハイペルゴンの記事を掲載されたことを知りました。
(http://oldlens.com/sanderson%20tropical%20and%20hypergon.html)

    このf48という途方もなく暗いレンズの、
    途方もなく明晰な写真に驚倒する思いですが、
    どこかアポクロマート25mmの明快描写に雰囲気が似ています。
    この機会に他の名レンズたちのコーナーを探索して、

ついでに、アポクロマート25mmの記事にぶつかりました。
(http://oldlens.com/kinoptik25.html)

    驚いたことに、kinoplasmatさんのレンズは宮崎貞安さんの改造版、
    Lマウントに改造してもらって、25mm広角レンズになっているのです。
    この作品群がまたすばらしい。

以前も、Kinoplasmatさんの記事で、
Kinoplasmat25mmF1.5のLマウント改造の可能性を知ったのですが、
今度もまた貴重な情報をいただきました。

次の改造はこのレンズに決まり。

    私の25mmレンズにはトポゴンがあります。
    これもまた希代の明晰レンズ。
    いい勝負をしてくれそうです。
    仏独の対決が待ち遠しくなりました。
by Sha-sindbad | 2013-11-27 21:18 | Apochromat25/2 | Comments(2)

828 盛夏の1日(アポクロマート25mmF2は毅然としつつウェットな表情も見せ)



b0226423_22313733.jpg
b0226423_22313116.jpg
b0226423_2231285.jpg
b0226423_22314189.jpg
b0226423_22311771.jpg
b0226423_223183.jpg
b0226423_22305762.jpg
b0226423_22305468.jpg
b0226423_22304362.jpg
b0226423_22303738.jpg
b0226423_22302927.jpg
b0226423_22303956.jpg
b0226423_22303255.jpg
b0226423_22301479.jpg
b0226423_22302171.jpg
b0226423_22294799.jpg
b0226423_22294251.jpg
b0226423_2229435.jpg
b0226423_2229349.jpg





今日持ち出した装備は、

    オリンパスEP-L1
    アポクロマート25mmF2

    レンズを上に向けて立てると、
    ヨーロッパ中世の円塔要塞さながらの風貌で、
    小さいながら、存在感があります。

朝から気温が28度、
蒼天にカクヤクと太陽は燃え、
盛夏そのものですから、
開放とF8とを選択しながら、105枚撮りました。

    18mmF2や100mmF2とよく似た性格の描写です。
    つまり、毅然として揺るぎがありません。
    それなのに、ハードボイルドではなく、しっとりしています。

このようなレンズの乾湿度って、なにによって生まれるのでしょうね?
ガラスの質なのでしょうか?

私がしっとり系を偏愛していることはすでにご承知でしょう。

    人間だって、ドライ過ぎるのって、いやですねえ。
    性に合いませんね。
    おかしなものです。レンズだって、人間だって、
    一目で好き嫌いは分かってしまいます。
    こちらが嫌いだと思うと、相手も同じ思いです。
    もちろん、こちらが好きでも相手がこちらを嫌う、
    こちらが嫌いでも相手がこちらを好きだと思う、
    そんなこともないわけではありませんが、
    大体において、双方向性を保っているようです。

このレンズ、若干ドライな外観。
でも、描写はかなりウェット。
随分近寄れますので、このレンズもまた万能レンズと言えそうです。
今度は雨の日に撮ってみたいですね。
by Sha-sindbad | 2013-10-11 22:37 | Apochromat25/2 | Comments(2)

770 帰り道で(アポクロマート25mmF2は感応名人かな?)2



b0226423_2244428.jpg
b0226423_2235964.jpg
b0226423_2241559.jpg





昨日撮ったアポクロマート25mmF2の写真を見ていて、
ふっと感じました。

    ソニーNEX-5Aもそうですが、
    ミラーレス一眼レフは液晶が日中ほとんど見えません。
    でも、なんとか撮ります。
    液晶で構図をチェックし、構成するなんてことはできない。

それなのに、前回もそうなのですが、写真がかなり似ています。

どうやらこういうことのようです。

    別にアポクロマートが感応しているわけではなさそう。
    私が私の心の鋳型に合った光景を探しているようなのです。
    結局、だから、私の写真は人から見ると退屈なのでしょう。
    私は別に写真として撮っているわけではないので、
    お気に入りのものが写っていたら、それで満足。
by Sha-sindbad | 2013-08-08 22:05 | Apochromat25/2 | Comments(4)

769 仁王たち(アポクロマート25mmF2は感応名人かな?)


今日出勤に携帯したのはソニーNEX-5A。
レンズはアポクロマート25mmF2

でも、予備電池を忘れました。
まるで東電のようなだらしないミスですね。
朝取り出したときは、残り5%!
撮っては電源オフ、電源オンしては撮る、の繰り返し。
なんとか32枚撮れました。

食後歩いていると、

    古書店のウィンドウに仁王の絵。

十数メートル歩いてびっくり、

    仁王様、ウィンドウから出て、
    錆びてくたびれた表示板に化けている!

そう思ってしまうほど、口と鼻あたりが似ています。
さすがにキノプティックの銘玉です。
似よりの線をB4でダイナミックに描きだしてくれました。




b0226423_1945833.jpg
b0226423_19451939.jpg

by Sha-sindbad | 2013-08-07 19:47 | Apochromat25/2 | Comments(2)