レンズ千夜一夜

タグ:アポクロマート25㎜F2 ( 3 ) タグの人気記事

1792 奈良(2017年4月3日アポクロマート25㎜F2は独創性が売りで)Part 2 帰途に



たいていの写真家が現代のレンズ、カメラに心から満足されています。
その理由は、完璧な再現性がようやく実現された、ということでしょうか?
見えたものが見えたとおりに写って欲しい、それが大方の願望のようです。

私の写真をどなたもまったく喜ばない理由も分かるような気がします。
私は、見えたものが見えたとおりに写って欲しい、と思ったことがない。
第一私に「見えたもの」そのものが、人にはそう見えないかも知れません。
写真を始めたときからずっとそうでした。

映画のことを考えたら、容易に理解できることですが、
映画も写真も、実は夢を撮ろうとして来たんだ、
そんな感じがします。

アポクロマート25㎜F2、極めてシャープなレンズなので、
一見、再現性重視のレンズのように見えますが、
使っている限りでは、このレンズの描写は独特、
キノプティックにはキノプティックらしい再現性への理想があって、
ナチュラル、プレーンな再現性ではなくて、
かなりドラマチックな表現に傾いている、そんな感じがしますね。
だから、私が大好きなわけです。





b0226423_21163557.jpg
b0226423_21162718.jpg
b0226423_21161930.jpg
b0226423_21161273.jpg
b0226423_2116529.jpg
b0226423_21155724.jpg
b0226423_21155084.jpg
b0226423_21154264.jpg
b0226423_21153237.jpg
b0226423_21152653.jpg
b0226423_21151727.jpg
b0226423_21151194.jpg
b0226423_2115332.jpg
b0226423_21145558.jpg
b0226423_21144698.jpg
b0226423_21143823.jpg
b0226423_21143024.jpg
b0226423_21142336.jpg
b0226423_21141667.jpg
b0226423_2114876.jpg
b0226423_21135540.jpg
b0226423_21134870.jpg
b0226423_21131381.jpg
b0226423_211356.jpg
b0226423_2112574.jpg
b0226423_21124597.jpg
b0226423_2111163.jpg
b0226423_2111951.jpg
b0226423_2111193.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-11 21:57 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1792 奈良(2017年4月3日アポクロマート25㎜F2は独創性が売りで)Part 1 西大寺

私はレンズ特性、レンズ設計のことなど完全に素人。
様々なレンズの特性、性能について立て板に水で論じられる方の前では、
ひたすら尊敬の念をこめた眼差しで、神妙に沈黙を保つだけ。

でも、実のところ、私には光学について学ぶ能力がゼロですし、
そんなことを知らなくても良い、と心の内では感じています。
私にとって大切なことは、たった一つ。
このレンズは、私が喜べる写真を撮ってくれるか?
ただ、それだけです。

たとえば、あなたが結婚式場に新郎として立っているとしましょう。
ふっと頭に閃きます、
そうだ、結婚リング、ちゃんと持ってきたかな?
式服の内ポケットを探ります。
ない!
ここに入れたつもりなのに!
また、閃きます。
そうだ、昨日、内ポケットに入れたけど、
ベッドに入る前に見たくなって、出したんだ。
そして、どうしたっけ?
あ、あ、あ! なぜか、机の引き出しにしまってしまった!」
誰かに取りに行ってもらわなければ!

そんなとき、どうしますか?
家の鍵をもっていて、リングの置き場所を教えたら、見つけられる家族に、
頼みますね。
家の場所も知らず、鍵も持たない人になんか頼みませんね。
それと一緒。

どんなレンズを愛用しますか?
「レンズ特性の優秀なレンズだよ」ですって?
いいですねえ、でも、さよなら、
私はそんなあなたと付き合いたいとは思えませんね。

「私の撮りたい写真を撮ってくれるレンズだよ」ですって?
いいですねえ、友達になりましょう!

そのレンズの特性なんかどうでもいいのです。
私が撮って欲しいと熱望するような写真を撮ってくれたら、
骨まで愛し、じゃない、レンズそのものを愛してしまいますね。
アポクロマート25㎜F2って、そんなレンズです。




b0226423_2331468.jpg
b0226423_23305871.jpg
b0226423_23305191.jpg
b0226423_2330449.jpg
b0226423_23303733.jpg
b0226423_23303122.jpg
b0226423_23301913.jpg
b0226423_23301319.jpg
b0226423_2330560.jpg
b0226423_23295853.jpg
b0226423_2328341.jpg
b0226423_23275548.jpg
b0226423_23263898.jpg
b0226423_23263153.jpg
b0226423_232621100.jpg
b0226423_23261343.jpg
b0226423_2326459.jpg
b0226423_23255629.jpg
b0226423_23254822.jpg
b0226423_23254039.jpg
b0226423_23253338.jpg
b0226423_23252459.jpg
b0226423_23251791.jpg
b0226423_2325109.jpg
b0226423_2325399.jpg
b0226423_2324562.jpg
b0226423_23245089.jpg
b0226423_23244532.jpg
b0226423_23243713.jpg
b0226423_23242974.jpg
b0226423_23242060.jpg
b0226423_23241242.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-05-10 23:58 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1770 春景色(アポクロマート25㎜F2が診療所にお供して気を吐いた)



医師からは厳しい指示がありました。

  「当分絶対安静のこと。
  そして、重いものは持たない」

でも、間が悪いですね。
妻までかなり風邪が進行してしまいました。
彼女はどんなに辛い状態でも木曜日には必ず神戸に出かけます。
ここだけの話、木曜神戸だけは、孫より絶対優先。
理由は簡単。
孫は私に任せられるので。

でも、神戸に行くためには、なんとか体調を取り戻したい。
体力も要する月2回のこの楽しみが彼女の喜びの一つ。
そこで、私は、先週の8度6分のとき同様、
静養どころか、従前と同じ仕事を続けることになります。
   お布団の上げ下ろし、
   三度の食器の片付け、
   食器洗い。
   階段と2階の掃除、
   お風呂の準備等、
仕事は一杯あります。

でも、だんだんときびきびできるようになっています。
そこで、今日は密かにバッグにカメラ一式を忍ばせました。

   オリンパスEP-L1
   アポクロマート25㎜F2

このレンズも大変に評価の高い、市場価格も高い逸品。
私が買えたのはいつもの通り、安かったから。
なぜ?
前にも書きましたが、
ヘリコイドリングは天の岩戸ほどじゃなくても、
オデュッセウスの王宮の扉ほどは重い。

でも、その重い扉をぐいぐい引き上げる苦労をしてもなお、
使いたい理由があります。
最短40㎝まで近寄れて、
描写はキノプティックならではの重厚そのものだからです。

このヘリコイドリングを、あらかじめ被写体の距離に応じて、
その近くまでぐいぐいと回しておいてから、
ファインダーで精密に合焦させる、という便法をとっています。

ところが、このファインダーが白昼ほとんど視認できない。
かなり苦労しつつ、31枚撮りました。

陋屋からバス停までの300m、診療所からバス停までの30m、
これが今回の路傍距離。
10 mちょっとで1枚だから、まあ平均か平均以下。

でも、今回の後半あたりは、私の原則である開放ではありません。
帰宅して気づいたのです。
ヘリコイドリングを苦労してねじ回している合間に、
とても軽妙に動く絞りリングがちょっと動いていた!
いつもは必ず開放かどうかチェックするので、
肺炎の影響で、頭が働いていなかったようです。

でも、写真を子細に眺めても、どこからF2.8付近に変わったか、
まるで分かりません。
キノプティックレンズは開放だから画質が落ちるわけではなく、
かつ、開放でも深々とした深度の見かけを備えているからです。
写真は平凡なロボグラフィですが、描写には、満足。

でも、医師の指示に背いたのではないか?
ちょっとというか、かすかというか慚愧の念。
そんな感じをもっても、やはり明日も持ち出すつもり。
さて、なににしようかな?




b0226423_22515365.jpg
b0226423_22514631.jpg
b0226423_2251406.jpg
b0226423_2251337.jpg
b0226423_22512665.jpg
b0226423_22511995.jpg
b0226423_22511150.jpg
b0226423_2251466.jpg
b0226423_22504749.jpg
b0226423_22504079.jpg
b0226423_22503273.jpg
b0226423_22502458.jpg
b0226423_22501844.jpg
b0226423_2250438.jpg
b0226423_22495875.jpg
b0226423_22495079.jpg
b0226423_22494232.jpg
b0226423_22493577.jpg
b0226423_22492894.jpg
b0226423_22492125.jpg
b0226423_22491464.jpg
b0226423_2249763.jpg
b0226423_22485895.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-04-18 23:39 | Apochromat25/2 | Comments(0)