レンズ千夜一夜

1785 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 3


明日5月3日から全国的に連休なのだそうです。
私は、お国のサポートなしに、毎日、連休ですから、
意味があるとすれば、孫たちに会えること。
今回は3日、長女一家が来ることになっていましたが、
5歳の孫プリンスが万障繰り合わせて39度の発熱。
取りやめになりました。
いつものことです。
私も子供の頃なにかと言うと熱を出していたことを思い出します。
2、3日で回復するでしょう。

私も医師からは6日まで肺炎後の静養を命じられている身です。
静かに過ごすことにします。

その静養中に、1時間半歩いて、198枚撮った写真から、
最後のピックアップ分をごらん頂きましょう。
Histrio-Prot40mmf6.3
すなわち、プロター40㎜の復刻版は驚くほど高性能ですね。
2群4枚というシンプルな構成と、開放時の暗さが相まって、
清澄なのに厚みがあるという不思議な画像をプレゼントしてくれます。

大口径、ハイスピードでないと、いやだ、という、
自称プロ優りのうるさ型の皆さんはパスしてもらって、
出会った光景をしっかりと写真に記録したい方には、
このレンズ、かなり良い仕事をしてくれるのではないでしょうか?

我が家を出て、数軒先のお宅の溝に落ち椿を見つけました。
帰宅してふと視線を下に移すと、椿はまだそこに居て、
私を待ってくれていたようです。
もう一度、プロターの最近接距離で1枚頂きました。
この雄渾なほどの実在感はどうでしょうか?
19世紀末のオールドレンズの設計がどんなに優れていたか、
この1枚が立証してくれるようです。

それにしても、宮崎貞安さんによる古レンズの復刻は、
見事の一言。




b0226423_23223475.jpg
b0226423_23222722.jpg
b0226423_23222143.jpg
b0226423_23221330.jpg
b0226423_2322626.jpg
b0226423_23215870.jpg
b0226423_23214983.jpg
b0226423_23214380.jpg
b0226423_23213725.jpg
b0226423_23213052.jpg
b0226423_23212399.jpg
b0226423_23211567.jpg
b0226423_232187.jpg
b0226423_2321235.jpg
b0226423_23205541.jpg
b0226423_23204932.jpg
b0226423_23204320.jpg
b0226423_23203622.jpg
b0226423_23203086.jpg
b0226423_23202335.jpg
b0226423_23201615.jpg
b0226423_23201099.jpg
b0226423_2320316.jpg
b0226423_23195644.jpg
b0226423_23194975.jpg
b0226423_23194383.jpg
b0226423_23193680.jpg
b0226423_23193033.jpg
b0226423_23192261.jpg
b0226423_23191353.jpg
b0226423_2319645.jpg
b0226423_2319083.jpg
b0226423_23185322.jpg
b0226423_23184538.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-02 23:23 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1784 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 2

ツァイスの名レンズ製作者、パウル・ルドルフは大変な人だったようです。
レンズ史を彩る名レンズの数々を発明しました。

   1890年にプロター、
   1897年にプラナー、
   1899年にウナー、
   1902年にテッサー、

その後ツァイス退職して、フーゴ・マイヤー就職。

   1922年にキノプラズマート、
   1922年にマクロプラズマート、
   1931年にクラインビルド・プラズマート。

絢爛たる経歴ですが、そんなルドルフの経歴を開いたレンズが、
プロター(当初はツァイス・アナスチグマートと呼ばれたそうです)であり、
その最新のコピーが宮崎貞安さんのHistrio-Prot40mmF6.3というわけです。
以前、宮崎さんを「現代のパウル・ルドルフとなりつつある」と書きましたが、
今、とてつもなく面白いことが起ころうとしています。
宮崎さんが、ルドルフの足跡を辿る旅に出られたのです。

奇しくも、別ブログ「わが友ホロゴン」では、
レンジファインダー・コンタックスのプラナー35㎜F3.5シリーズ。
こちらも1954年製ですから、最初のプラナーの遙かなる末裔。
つまり、末裔同士の対決となったわけです。
私の素人目には、とても厚みのある表現力はツァイス特有、
そんな感じがします。
でも、段々と、なんだか違う、という感じがしてきます。

   プラナーの方が癖がある。
   一方、プロターはとてもすっきりとしている。

レンジファインダー・コンタックスのレンズを何本か使いました。
コンタレックスのレンズと同種だと言われています。
たしかにプラナーに似ています。
異常とも思えるほどに、コクがあり、立体感があります。

後年、ヤシカと提携して、一眼レフのコンタックスを開発したとき、
ツァイスは日本の市場を意識したのでしょう、
伝統的なツァイスの厚みのあるレンズ表現を棄てて、
かなりあっさりとして優雅なレンズ表現に路線を変更しました。
アート路線からリアリズム路線への変更と言ってもよいかも知れません。

宮崎貞安さんのプロター40㎜はどうでしょうか?
ツァイスの対極的な2つの路線の狭間にあって、
丁度その中間を行く、そんな感じがします。
コクがあるけど、しつこくない。
厚みはあるけど、重くない。
でも、この重くはない厚み、かなりのものです。
ぐっと心を込めることができる、そんな可能性を感じはじめています。





b0226423_10434660.jpg
b0226423_10433943.jpg
b0226423_1043336.jpg
b0226423_10432621.jpg
b0226423_10432065.jpg
b0226423_1043583.jpg
b0226423_10425991.jpg
b0226423_10425388.jpg
b0226423_10424599.jpg
b0226423_10423839.jpg
b0226423_10423226.jpg
b0226423_10422549.jpg
b0226423_10421974.jpg
b0226423_1042974.jpg
b0226423_10415956.jpg
b0226423_10415330.jpg
b0226423_10414583.jpg
b0226423_10413988.jpg
b0226423_1041568.jpg
b0226423_10405866.jpg
b0226423_10405115.jpg
b0226423_104045100.jpg
b0226423_10403873.jpg
b0226423_10403275.jpg
b0226423_1040254.jpg
b0226423_10401769.jpg
b0226423_10401078.jpg
b0226423_1040471.jpg
b0226423_10395656.jpg
b0226423_10394739.jpg
b0226423_103939100.jpg
b0226423_1039313.jpg
b0226423_10392331.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-02 10:44 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1783 田舎道(4月28日プロター40㎜片手に今度は田舎道を歩いてみた)Part 1

よいレンズが手元にあると、使いたくなりますね。
このあたりの心理の動き、江戸時代の辻斬り侍と一緒ですね。

    よい剣を手に入れた!
    試し切りをしたい!
    でも、唐竹割なんてつまんない!
    生きた人間を............

怖いですねえ。
レンズで良かった!

私の奈良市郊外は、完全にど田舎の風情。
それは、プロター40㎜の2回シリーズでよくお分かりと思います。
どんどん住民が消えつつある郊外の村落そのもの。
前2回は私の住宅地の北東あたりの村落でした。
今回は南西の村落をぐるっと一巡することに。
次第に、住宅地に変わりつつあるようで、
その意味では、新しい町に生まれ変わりつつあるのかも?

天候は晴れです。
これで①曇天、②雨天、③晴天、
三種の天候でプロター40㎜を試写できます。
さっそくごらん頂きましょう。




b0226423_1081256.jpg
b0226423_1082412.jpg
b0226423_1081842.jpg
b0226423_108510.jpg
b0226423_1075938.jpg
b0226423_1075392.jpg
b0226423_1074717.jpg
b0226423_1074146.jpg
b0226423_1073457.jpg
b0226423_1072813.jpg
b0226423_10722100.jpg
b0226423_1071585.jpg
b0226423_107840.jpg
b0226423_1054174.jpg
b0226423_105353.jpg
b0226423_1052893.jpg
b0226423_105668.jpg
b0226423_1044726.jpg
b0226423_1043961.jpg
b0226423_1042647.jpg
b0226423_1041692.jpg
b0226423_104102.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1035636.jpg
b0226423_103495.jpg
b0226423_1034237.jpg
b0226423_1033757.jpg
b0226423_10329100.jpg
b0226423_1032196.jpg
b0226423_1031483.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-05-01 13:59 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1782 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 3


散歩中、雨はじとじとと降り続きました。
絶好の撮影日よりだと小躍りするのは、私位かも知れませんね。

昔よく一緒に歩いたクラシックカメラファンの友人たちは、
ポトッと来ようものなら、瞬時に喫茶店に逃げ込み、
カメラ、レンズ談義にふけったものでした。
それはそれで楽しいのですが、私としては不満。
絶好のシーンが一杯待っているのに............!!!

その絶好のシーンがこれかいな?
皆さん、狐につままれたという思いかも?
そう、これらがそうなのです。
「濡れて映えるのは美女とレインコートとロボグラフィ」
誰かがそう言いましたね。

プロター40㎜、大活躍です。
これほどまでに質感がよく出るレンズは、
まあ、いくらでもあるかも知れません。
でも、みんな、画像が猛烈に重くなるのです。
人間でも、存在感がありすぎて、ちょっと退いてしまう、
そんな人がいますね。
たとえば、清原選手がそうでした。

ところが、プロター40㎜の写真はそれがありません。
けっして重くない。
清澄な描写力のせいでしょう。

私のロボグラフィはとても軽々しいのが特徴です。
撮影者の私がかなり腰軽で、軽薄なせいでしょう。
ところが、プロター40㎜で撮ると、
そんな私のロボグラフィがずしっと腰が据わる、
そんな感じがします。





b0226423_1744099.jpg
b0226423_17434100.jpg
b0226423_174279.jpg
b0226423_1742164.jpg
b0226423_1741312.jpg
b0226423_174636.jpg
b0226423_1735956.jpg
b0226423_1735089.jpg
b0226423_1734356.jpg
b0226423_1733458.jpg
b0226423_1732876.jpg
b0226423_1731977.jpg
b0226423_1731466.jpg
b0226423_173829.jpg
b0226423_173152.jpg
b0226423_1725595.jpg
b0226423_1724943.jpg
b0226423_172428.jpg
b0226423_1723641.jpg
b0226423_1723077.jpg
b0226423_1722439.jpg
b0226423_1721868.jpg
b0226423_1721293.jpg
b0226423_172623.jpg
b0226423_172072.jpg
b0226423_1715333.jpg
b0226423_1714888.jpg
b0226423_1714378.jpg
b0226423_1713651.jpg
b0226423_1712614.jpg
b0226423_171198.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-30 17:05 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1781 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 2


まだ一応は、肺炎で受けた痛手を快復する安静療養中です。
でも、実のところ、どれだけ痛手を受けたか?
これが分かりません。

ほとんど受けなかったかも?
抗生物質の通院による点滴投与を受けている6日間、
若干の脱力感以外には、まるで症状がなくて、
普通の健常態に近かったからです。
でも、脱力感が残っているということは、
体内には、私の感じられない戦場の痕が残っていたのでしょう。

だから、点滴中もその後の作朝までも、ずっと、
ストレッチはハーフでした。
今朝、完璧なストレッチ体操をさらりと流して起床しました。

布団(そう、今でもお布団で寝ています。ベッド大嫌い人間)の側、
畳の上にはヨガマットが敷いてあります。
まず、お布団の上で両手、両足を垂直に上げてブラブラブラ.....
これはお勧めです。
体の隅々まで血流がわっと押し広がるという感じ。

それから、ごろっと左に転がって、ヨガマットに移動。
低反発で、千円程度です。
畳であろうが床であろうか、楽々、のびのび運動できます。
せいぜい15分です。
自転車漕ぎや腕立て伏せや腹筋や両手を回して体側を思い切りぶつ、
さまざまな運動を自分で工夫して、続けます。

腕立て伏せの腕を伸ばした姿勢で、
100数える間静止する、という一番新しい運動も、
昨日までは完遂できなかったのに、今朝はさらりとできました。
(お腹がてきめんに引っ込みますよ。
10から始めて、たとえば、5ずつ増やしながら、毎日続ける。
ときどきはお休みをする。
これだけで、腹筋がつきます。お試しください)
ストレッチを済ませることで、目覚めがなおさら爽やかになります。

思うに、私がこうして最低の被害で肺炎を切り抜けることができたのは、
水素吸引のお陰、私はそう信じています。
身体を錆び付かせて老化させ、さまざまな病気をもたらすのが、
悪性活性酸素。
この悪性活性酸素と結びついて、H2O(水)になって体外に排出。
ただそれだけの機能なのですが、
なにしろミトコンドリアだけではなくて、さまざまなストレスも、
みんなで揃って悪性活性酸素を生み出し続けるので、
水素がこれをいくらキャッチして水になっても、終わりません。

「浜の真砂は尽きるとも、世に悪の種は尽きまじ」ならぬ、
「浜の真砂は尽きるとも、体内に悪性活性酸素は尽きまじ」
生きることはストレスそのものです。
嫌なことばかりがストレスを生み出すのではありません。
楽しいこと、嬉しいこともストレスになります。
だから、ストレスと楽しく付き合ってあげる必要があります。

でも、私たちが悪性活性酸素と付き合おうと思っても、
私たちの好意など無視して、せっせせっせと細胞を損ない続けます。
肺炎中も予後もまさに悪性活性酸素の活躍どきです。
それじゃ、こちらもバンバン水素を体内のすみずみまで送り込む!

どうやら、私たちは、生きている限り、
悪性活性酸素やストレスたちとダンスをしなきゃならないみたい。
命のダンスは剣舞なのです。
私は、からだをしなやかに操る、あのダンスは踊れません。
でも、命のダンスは踊れます。
ストレッチも撮影も水素吸引もそんな命のダンスなのです。

退職前からそうでしたが、退職後はなおさら、
私は家事もかなり分担しています。
家事という家事、なんでもできます。
料理、掃除、洗濯、なんでもです。
針仕事だってさっとできます。

今では、どんな家事にも真剣に取り組みます。
職業があったときは、仕事のことが気にかかり、
家事なんて、時間の無駄、人生の邪魔、そんな気持ちが少しありました。
それでも、週2、3回は夕食を作り、洗い物は全部担当と、
かなりこなしていました。
でも、いわば片手間仕事でした。

今は、やることすべてが大切。
大切なことは、なにをやるか、ではありません。
どうやるか、これだ!
それが分かったからです。

誠実に心を込めてやれば、
どんなことも人生の糧。
いやだ、いやだと端折りながらやれば、
どんなことも人生を損ないます。
だから、家事もまたリハビリの一貫というわけです。
もちろん、ブログ記事作成も!




b0226423_1044572.jpg
b0226423_10445111.jpg
b0226423_10444431.jpg
b0226423_10442593.jpg
b0226423_10441877.jpg
b0226423_10441190.jpg
b0226423_1044460.jpg
b0226423_1043556.jpg
b0226423_10434843.jpg
b0226423_10434296.jpg
b0226423_10433550.jpg
b0226423_10432926.jpg
b0226423_10432286.jpg
b0226423_104376.jpg
b0226423_1043016.jpg
b0226423_10425475.jpg
b0226423_10424733.jpg
b0226423_1042386.jpg
b0226423_10423278.jpg
b0226423_10422665.jpg
b0226423_10421878.jpg
b0226423_10421253.jpg
b0226423_1042582.jpg
b0226423_10415823.jpg
b0226423_10415254.jpg
b0226423_1041457.jpg
b0226423_10413867.jpg
b0226423_10413179.jpg
b0226423_10412375.jpg
b0226423_10411393.jpg
b0226423_1041574.jpg
b0226423_10405796.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-28 10:46 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1780 雨(安静療養療養中、雨だって、プロター40㎜もったら、さあ出陣!)Part 1


ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ
16世紀イタリアルネサンス期のメディチ家の勇将です。
バンデ・レーレ(黒帯)の語源はまた別にありますが、
どうやら黒尽くめで戦ったようです。
だから、黒備えのジョバンニと呼ばれました。
私はどうやら「黒」が大好きなようで、
黒太子エドワードや黒備えのジョバンニと来ると、
訳もなく魅力を感じます。

なぜ、こんなことを書くか?
宮崎さんのニューレンズ、
まだ距離リングや絞りリングの表示さえ刻印されていないので、
シンプルに黒一色の円盤のようにこんもり盛り上がった形。
メーカー名もカメラ名も全部黒テープで隠した、私のソニーα7に、
あつらえたかのように、ぴたりフィットするのです。
まさにブラックボックス。
なんだかとても感じがよいので、
つい持ち出したくなります。

昨日は安静療養3日目でしたが、
一昨日に引き続き、散歩にでました。
一応、体調を整えるためと称して家を出ましたが、
雨の中1時間もうろつき歩くって、
なんだか体調維持のためのウォーキングとはちょっと違うようですね。
しとしと降り続ける雨の中を1時間歩き回り、
さまざまな姿勢でプロター40mmを使いまくって、
きっかり150枚撮って、しかもぜんぜん疲れない。
どうやら、すでに体調は90パーセントは復調したようです。

でも、150枚というのは、フィルム時代の1時間37枚撮りフィルム4本のペース。
(なぜ1枚多いかと言いますと、モノクロームの長尺フィルムをカットして、
自分でパトローネに巻き込んでいたのですが、
いつも1枚、ときには2枚、多めに撮影する習慣だったからです。)
今は1時間あたり180枚程度のペースなので、ちょっと少な目。
というのも、F6.3とちょっと暗めのレンズで超近接を撮るので、
いちいちピントを合わせたからでしょう。

いつも書きますが、雨が最高の撮影日よりですね。
なにもかもが濡れたような美女に生まれ変わります。
このプロターの再現、
Histrio-Prot40mmF6.3
(私にはかなり覚えにくい名前です。
ネオプロターで良いのに?)
ますます性能を発揮してくれています。

たった2群4枚のシンプルな構成です。
ディストーションもなく、とにかくやたら抜けが良い!
スナップ写真家も、f8に絞って、2mあたりに置きピンしたら、
もうバンバン撮りまくれます。
全面クリアーで癖のない、超高画質で、しかもとても柔らかい印象なので、
風景写真家にはもってこいでしょう。

100枚ちょっと選択しましたので、
いつものように、30枚単位、3回シリーズでご覧いただきましょう。
試写なので、絞りごとの写りを比較してみました。
絞り値を記載しているのがそれです。
3枚とも一番手前の枯れ草にピントを合わせてあります。





b0226423_1573841.jpg
b0226423_1573214.jpg
b0226423_1572697.jpg
b0226423_1571884.jpg
b0226423_1571151.jpg
b0226423_157479.jpg
b0226423_1565664.jpg
b0226423_1564968.jpg
b0226423_1563964.jpg

b0226423_1561534.jpg


f6.3
b0226423_155531.jpg


f8
b0226423_1552742.jpg


f11
b0226423_1544154.jpg


b0226423_1541896.jpg
b0226423_154632.jpg
b0226423_1535986.jpg
b0226423_1535176.jpg
b0226423_15345100.jpg
b0226423_1533879.jpg
b0226423_1533028.jpg
b0226423_1532367.jpg
b0226423_1531699.jpg
b0226423_153963.jpg
b0226423_153129.jpg
b0226423_1525457.jpg
b0226423_1524714.jpg
b0226423_1523838.jpg
b0226423_1523058.jpg
b0226423_1522383.jpg
b0226423_1521642.jpg
b0226423_152882.jpg
b0226423_1515831.jpg
b0226423_1514933.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-27 18:58 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1779 号外!!(肺炎なおると、宮崎さんからプロターが届いた!)Part 2

宮崎さんから送られてきたプロター40㎜のプロトタイプは、
絞りは、回転部分に赤点一つだけなので、
絞り羽根をのぞき込んで、開放を設定するほかはありません。
距離計はヘリコイドリングと本体に各赤点一つ。
両赤点を合わせると、無限遠です。
ただそれだけ。
ただし、距離については、ライカ風にレバーが付いているので、
レバーの位置である程度距離を設定できます。
この簡素さが返ってそれが黒備えの武者の精悍な面構えらしい。

開放が6.3とかなり暗いので、ソニーα7の液晶もちょっと暗め。
でも、ピント合わせは軽くできますし、
第1、本当はピント合わせなど不要です。
2mあたりに合わるだけで、大抵の被写体は被写界深度に入ります。

撮りつつ前進し、20分ほど経過したところで、帰途につきました。
宮崎さんはこう説明しておられます。

  「近代のガウス・テッサーを上回り、
  アポレンズに優る、2-4Pのシンプルな形と全面マルチコートで、
  清純な美しい発色が得られる。」

  「開放で十分なコントラスト、解像を有し、
  f8で70%、f11では100%回折限界に至る」

  「当レンズは、マクロレンズとして大変勝れています。
  ディストーション、距離による収差の劣化が少なく、理想的です。
  パンケーキ状のコンパクト、超軽量にデザインされて、
  スナップ、風景にお勧めします」

ゾンネタール50㎜F1.1、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4、
これらの超大口径のファンタジーレンズの後に、
宮崎さんは見事なバック転を決めて、
どっしりとしたリアリティをつかみ取るレンズをお作りになった。
このあたりの柔軟性と跳躍力が、
宮崎貞安さんのレンズ制作者としての独創性につながっている、
そんな感じがします。

f8の絞りを常用されている方なら、f6.3の開放にしたままで、
絞りのことなど忘れて、自由に撮ることができます。
昨日の筆下ろしの残り32枚をごらん頂きましょう。
プロターの作例はあまり沢山見たことがありませんが、
いかにもそれらしい豪快な描写。
フードは同梱されていませんでしたが、
フードなしでも、まるで不便を感じませんね。
ぜんぜん硬くないのです。
まさにクラシックレンズの醍醐味。




b0226423_18253424.jpg
b0226423_18252956.jpg
b0226423_18251975.jpg
b0226423_1825941.jpg
b0226423_1825127.jpg
b0226423_18245131.jpg
b0226423_1824402.jpg
b0226423_18243383.jpg
b0226423_18242474.jpg
b0226423_18241723.jpg
b0226423_18241032.jpg
b0226423_1824198.jpg
b0226423_1823543.jpg
b0226423_18234536.jpg
b0226423_1823377.jpg
b0226423_18233021.jpg
b0226423_1823239.jpg
b0226423_18231482.jpg
b0226423_1823622.jpg
b0226423_18225734.jpg
b0226423_18225086.jpg
b0226423_18224337.jpg
b0226423_18223683.jpg
b0226423_18222834.jpg
b0226423_18222235.jpg
b0226423_18221687.jpg
b0226423_1822893.jpg
b0226423_1822139.jpg
b0226423_182153100.jpg
b0226423_18214585.jpg
b0226423_1821343.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-26 20:06 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(2)

1778 号外!!(肺炎なおると、宮崎さんからプロターが届いた!)Part 1


朝です。
突然呼び鈴。
(呼び鈴は全部、突然鳴りますね。
でも、なにも注文などしてなかったので、やはり、突然)
黒猫ヤマトの配達員の手にある小さな箱を目にした瞬間、
ただちに中身は判明しました。
現代の稀代のレンズ制作者宮崎貞安さんのニューレンズ!
待望の古典レンズの歴史シリーズが幕を開きました!

皮切りはツァイスの古代レンズ、プロター!

   Histrio-Prot 40mmF6.3

2群2枚の準広角レンズです。
歴史的なプロターはF9,18と大変に暗いレンズでが、
高性能レンズとマルチコートで、
開放値F6.3の現代レンズに生まれ変わりました。

3本試作されたそうですが、その1本の試写の依頼。
名誉に思って、恭しく心を込めて試写させていただきます。
すり鉢を逆さにしたような、まさに円盤状のレンズ。
絞りはF6.3,8,11,16の4段階。
F8に絞れば完璧だそうです。
でも、私は不完全画像による画像のゆらぎを醍醐味とする人間。
もちろん最初は開放オンリーで使います。

医師からは「散歩はほどほどに」と制せられていますが、
非常事態です。
午後3時半頃家を飛び出し、
40分ばかり近くの田園地帯を撮影しました。

あるサイトではこう紹介されています、
「カールツァイスが写真部門を設立し最初に誕生した写真レンズ。
原形や基本という意味のプロトから命名。」
そんな歴史を開いた名レンズの現代版を2回に分けてご覧頂きましょう。
描写性はご自分でまずお確かめください。




b0226423_2054068.jpg
b0226423_20525998.jpg
b0226423_20525236.jpg
b0226423_20524639.jpg
b0226423_205239100.jpg
b0226423_20511750.jpg
b0226423_20511042.jpg
b0226423_2051292.jpg
b0226423_20505047.jpg
b0226423_20494212.jpg
b0226423_20493564.jpg
b0226423_20492484.jpg
b0226423_20491711.jpg
b0226423_20491051.jpg
b0226423_2049076.jpg
b0226423_20475015.jpg
b0226423_20474220.jpg
b0226423_2047358.jpg
b0226423_20472739.jpg
b0226423_20471879.jpg
b0226423_20471183.jpg
b0226423_2047372.jpg
b0226423_20465544.jpg
b0226423_20464623.jpg
b0226423_20463911.jpg
b0226423_20463315.jpg
b0226423_20462735.jpg
b0226423_20462022.jpg
b0226423_20461363.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-25 21:05 | Histrio-Prot40/6.3 | Comments(0)

1777 戦士の休息(日曜日肺炎治療終り、アポクアリア28mmF2で散歩したりして)Part 2


今日4月24日月曜日、
診療所で血液検査と最終結果の診断を受けました。
血液は肺に関連するすべての項目で一週間で正常に復していました。
他の項目はすべて正常値。
肺の聴診もしていただきましたが、
「まったくなんの音もしませんから、
完全に直っているようです」

私が有頂天になって、
「昨日から心身清明になった感じで、散歩もしました」
すると、先生、あきれ顔で、
「そう調子に乗ってもらっては困ります。
肺炎は怪我やふつうの病気と違います。
適度に運動すれば、体がよくなるというのではなく、
絶対安静が前提なのです。
そんなすぐに平常運転は困ります」
私、「大丈夫です。
先生がおっしゃった安静期間、
5月6日までのスケジュールは全部キャンセルしましたから」
先生、一安心という表情でした。

私の周辺で肺炎罹患の体験者はいっぱい見つかりました。
全員ほとんど入院治療で、熱も幾度か再発した方もいます。
畏友RAさんの奥様のように、ついに適合する抗生物質が見付からず、
若くして亡くなってしまった方もいます。
私のように、かなり重症の肺炎でありながら、
受診直前から熱が下がったままで、
一週間で炎症が全部消えるなんて、どうやら異例中の異例。
医師もそんな患者は診たことがないそうです。

「とにかく当分は絶対安静に」、そう先生はおっしゃったのですが、
こうして目出たく完治したのですから、お祝いをしたい。
そこで、先生に内緒で、バスで近鉄奈良駅まで出ました。
30年以上も行きつけの中華料理店「飛天」で、
いつもの「黒酢のミルフィーユ酢豚ランチ」980円でお祝い。
おそらくかぶを巻いた料理で、黒酢と相まって、
とてもおいしい料理です。

さて、食後は図書館に行ってから帰ろうと、
奈良町の商店街を歩いている最中、
「おっと、今日開館しているか、調べなきゃ」
携帯で検索してみると、「本日休館」
せっかく全快祝にお宅で朗読CDを5点見つけようと思っていたのに、
がっくりしながら、反転。

丁度約1時間後に私の使う1時間1本の過疎地行きバスが、
午後2時24分に出ます。
よし、快調、と、あれこれ買い物して、
バス停近くのパン屋さんの喫茶スペースに収まり、
アップルパイとホット珈琲を楽しみつつ、ポメラで作文。
2時20分にお見せを出て、バス停で並ぶこと8分。
別のコースのバスが1本来ただけで、バス停には私一人。
おかしいな、と時刻表と時計を見比べて、あっけにとられました。
わたしゃ、1時間間違っていた!
もう2時台と思っていたのに、まだ1時だった!
1時には過疎地行きバスは運行していない。
すごすごと元来たパン屋さんに戻り、
今度はグレープフルーツジュースを楽しみつつ、50分待機。
まあ、どこでなにをやっても、私が世界の中心で叫ぶのですから、
変わりはありません。
またせっせせっせとポメラで作文。
このドジさ加減は疑いもなく肺炎の後遺症です。





b0226423_23544574.jpg
b0226423_23543835.jpg
b0226423_23542897.jpg
b0226423_23542067.jpg
b0226423_23541195.jpg
b0226423_23535817.jpg
b0226423_23535034.jpg
b0226423_23534011.jpg
b0226423_23533473.jpg
b0226423_23532747.jpg
b0226423_23531920.jpg
b0226423_2353113.jpg
b0226423_2353239.jpg
b0226423_23525173.jpg
b0226423_23524453.jpg
b0226423_235238100.jpg
b0226423_23523171.jpg
b0226423_23522469.jpg
b0226423_23521768.jpg
b0226423_23521052.jpg
b0226423_235241.jpg
b0226423_23515719.jpg
b0226423_23514820.jpg
b0226423_23513921.jpg
b0226423_23513164.jpg
b0226423_23512111.jpg
b0226423_2351157.jpg
b0226423_2351828.jpg
b0226423_2351143.jpg
b0226423_23505511.jpg
b0226423_23504775.jpg
b0226423_23503693.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-24 23:59 | Apoquaria28/2 | Comments(0)

1776 戦士の休息(日曜日肺炎治療終り、アポクアリア28mmF2で散歩したりして)Part 1



親友のAMさんからお見舞いのメールを頂きました、

「肺炎は、私も過去2回なったことがあり、
いずれも入院治療しました。
熱が下がったり上がったりで、中々、大変でした。
熱が下がったからと油断しないでくださいね。
もっともホロゴンさんの持ち前のパワーで、
病気も吹っ飛んでしまうと思いますが…」
皆さん、肺炎にかかってきたのですねえ。
しかも、たいてい入院!

AMさんから驚くべき情報!
「熱が下がったり上がったりで、中々、大変でした。」
私もたった1度だけですが、8度6分から6度5分に下がった翌日、
つまり日曜日に1回だけ、7度2分に反騰したことがありました。
それで原因解明のために月曜受診したのですが、
反騰はそれ1回限りで、私の熱は肺炎治療を受ける前から平熱、
治療後も平熱というおかしな状態で1週間経過して、治療完了。

肺は左肺全部と右肺底部が白濁と、かなりひどい肺炎状態なのに、
熱はなく、他の症状は、脱力が少しあっただけ。
奇妙な肺炎だったわけです。
金曜日に再度レントゲンを撮った結果、白濁が半ば以上消えていました。
白濁は順調に減退しているとのおと。

医師からは厳命、
「2週間は絶対安静、毎日、半時間の散歩にとどめること。
バスに乗って出かけるようなことはいけません。」

そこで、昼食後(私が作りました、これが絶対安静?)、
どうにもこうにも我慢ができなくなって、家を飛び出しました。
手にしていたのはソニーα7、
これに付けたのは、私が極めて高く評価する広角レンズ、
アポクアリア28mmF2。
(医師に、撮影もしてよいか、尋ね忘れました)

使えば使うほど、宮崎貞安さんの傑作という確信が高まります。
結局、45分間ぐるりと周り(先生に内緒にお願いします)、
87枚撮りました。
平均値は150枚/時ですから、かなり撮影ペースは低落。
つまり、散歩の方に力点を置いていたわけです(先生に知らせてね)。

70枚ちょっと選択しました。
2回に分けてご覧頂きましょう。
すべて28㎜レンズの開放描写。
ソニーα7は感度を50まで落とせるので、
暑い位のかんかん照りの晴天でも撮れました。




b0226423_18554685.jpg
b0226423_18553971.jpg
b0226423_18553380.jpg
b0226423_18552666.jpg
b0226423_18551868.jpg
b0226423_18551146.jpg
b0226423_1855356.jpg
b0226423_18545443.jpg
b0226423_18544874.jpg
b0226423_18544040.jpg
b0226423_18543392.jpg
b0226423_18542737.jpg
b0226423_18541965.jpg
b0226423_18541135.jpg
b0226423_1854436.jpg
b0226423_18535842.jpg
b0226423_18535191.jpg
b0226423_1853335.jpg
b0226423_18532487.jpg
b0226423_18531730.jpg
b0226423_18531130.jpg
b0226423_1853491.jpg
b0226423_18525875.jpg
b0226423_18525159.jpg
b0226423_18524498.jpg
b0226423_18523779.jpg
b0226423_18522811.jpg
b0226423_18522140.jpg
b0226423_18521343.jpg
b0226423_1852615.jpg
b0226423_18515981.jpg
b0226423_18515189.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-23 20:45 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1775 診療所(土曜日、点滴治療終了、ペラール24mmF4はますます活き活きと)

4月22日土曜日、点滴治療終了日。

畏友RAさんがとても啓発的な体力変化グラフを送ってくれました。
X軸を日の経過、Y軸(マイナス)は疲労度を示します。
毎日疲労し、回復します。
つまり、折れ線は一旦加工し、上昇します。
でも、連日過労が続きますと、
回復しているように見えて、前日の体力の線まで戻りません。
1日、2日、3日と活動を継続しますと、
疲労度は知らず知らずのうちに段々と累積していき、
抵抗力を次第に低下させてしまいます。
そのために、いつしか肺炎の原因となる菌に感染してしまい、
さらに、体力が低下すると、どっと肺炎を発症してしまう。
まさに私の生活、健康状況の変化を見事に図解してくれました。

今は、低下しきった体力曲線を毎日毎日上向きにしていく、
それが仕事です。
本日、6回の点滴がすべて完了。
抗生物質の錠剤服用は日曜日で完了予定。
さて、その時点で、RAさんが作成してくれた表の最上レベルまで、
体力が回復してくれるか?
明日1日どれだけ安静療養するかにかかっているようです。
がんばりましょう。

さて、本日の点滴治療にお供したのは、
リコーGXR
スーパーワイドトリプレットペラール21㎜F4.5
実質31.5mmですが、被写界深度は21㎜のままです。
開放で撮りますが、最近接を除けば、
1m前後から以遠の距離表示で目測設定をして、
ノーファインダー撮影です。
まさに「使えるレンズ」「使いたくなるレンズ」





b0226423_102597.jpg
b0226423_1024728.jpg
b0226423_1024014.jpg
b0226423_1023288.jpg
b0226423_1022450.jpg
b0226423_1021798.jpg
b0226423_1021041.jpg
b0226423_10236.jpg
b0226423_1015426.jpg
b0226423_1014882.jpg
b0226423_1014026.jpg
b0226423_1013378.jpg
b0226423_1012681.jpg
b0226423_1011877.jpg
b0226423_101119.jpg
b0226423_101328.jpg
b0226423_1005611.jpg
b0226423_100487.jpg
b0226423_100419.jpg
b0226423_1003493.jpg
b0226423_1002510.jpg
b0226423_1001775.jpg
b0226423_1001056.jpg
b0226423_100237.jpg
b0226423_9595478.jpg
b0226423_9594675.jpg
b0226423_9593983.jpg
b0226423_9592178.jpg
b0226423_955810.jpg
b0226423_955196.jpg






  [後書き]

    最初の一枚、ご覧になって、なにか見えましたか?
    神社道の土の道。
    ふと見下ろした私の眼に飛び込んで来たものは、
    ぐっと前方を見つめる兵士の横顔、
    なにかを叫ぶ男の横顔、
    もしかすると、猿?

    私はどうやら自分の観たいものを見つける才能があるようです。
    「才能」じゃなくて、ただの癖だよ。
    何の役にも立たないんだから。
    そうおっしゃる向きもあるでしょう。
    でも「才能」です。
    私の役には立つのですから。
    嬉しくなれるから、楽しくなれるから。
    それで十分じゃありませんか?

    そして、不思議にも、レンズたちは私の観たままに撮ってくれます。
    それがまた嬉しい。

    えっ?
    見えないって?
    御愁傷様。
    私のブログは、だから、ほとんどの人にはバカげているらしい。
    「なんで、こんなもの撮るの?
    一体なにを表現したいの?」

    ハッハッハー、ですね。
    表現なんか、なんにもありませんよ。
    世界中のロボグラフィたちとの出会いの喜びの記録。
    ただ、それだけ。
        ここに隠れていたの?
        ごきげんよう!

    このブログも別ブログ「わが友ホロゴン」も、
    写真家のブログなんかじゃありませんよ。
    ただの素人の写真日記。
    
# by Sha-Sindbad | 2017-04-22 23:59 | Perar24/4 | Comments(0)

1774 診療所(木曜日の点滴からの帰り、ペラール24mmF4が活き活きと)



4月20日木曜日、リコーGXRに付けたのは、
スーパーワイドトリプレットペラール21㎜F4.5
2014年5月に使い始めた宮崎さんの広角レンズです。

本体は、ペラール24㎜と本質的に同型で、
平たい円盤で、実にシンプル。
その中央にフード付きレンズユニットが立ち上がり、
その周辺に4つの同心円状のリングが仕切られています。
その2番目が絞り、4番目が距離表示部。
1番目と3番目が可動リングで、
1番目で絞りを、3番目で距離を設定します。
見事なデザインです。

レンズ径は約5㎜、豆粒みたいな大きさですが、
高性能です。
リコーGR21㎜は厚みのある描写でしたが、
私には堪え難いほどの濃厚カラー。
とても使用に耐えませんでしたが、
ペラール21㎜F4.5は中庸を得た発色とシャープネス。
超小型なので、ストリートフォトには最適。

肺炎の抗生物質点滴を受けてから、
近くのお弁当屋でおいしいお弁当を手に入れ、
我が家の近くのバス停に着く、
運行量最低の過疎地行きバスにも間に合い、
バス停に下り立ってから我が家までの300メートル。
いつものロボグラフィです。




b0226423_153644.jpg
b0226423_15355796.jpg
b0226423_15355136.jpg
b0226423_15354496.jpg
b0226423_15353781.jpg
b0226423_15353081.jpg
b0226423_15352487.jpg
b0226423_1535172.jpg
b0226423_15351037.jpg
b0226423_1535475.jpg
b0226423_15345724.jpg
b0226423_15341389.jpg
b0226423_15335370.jpg
b0226423_15334384.jpg
b0226423_15333583.jpg
b0226423_15332792.jpg
b0226423_15332033.jpg
b0226423_15331299.jpg
b0226423_1533693.jpg
b0226423_15325713.jpg
b0226423_1532521.jpg
b0226423_15324446.jpg
b0226423_15323717.jpg
b0226423_15323025.jpg
b0226423_15322434.jpg
b0226423_15321842.jpg
b0226423_15321193.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-22 15:37 | Peral21/4.5 | Comments(0)

1773 危機を脱する(点滴の行き帰りには一番楽なホロゴンにしてみた)


月曜日から続いた肺炎治療も、運が良ければ、今日が最後。
終わったら、近鉄奈良駅までバスで出て、図書館に行こう、
そんな計画を立てて、バッグに忍ばせたのは、私のベストカップル。

    ソニーα7
    ホロゴン15㎜F8U

まず、レントゲンを撮り、無事点滴も済み、診察室に。
先生、2枚のレントゲン写真を並べて、

  「かなり肺の調子は回復しました。
  でも、もう一回、明日点滴しましょう。
  月曜日には血液検査をして、最終チェックをします」

ああ、もう一回で済むのなら、しかたないな。
先生、私の裏の計画を見抜いたかのように、

  「これほどひどい肺炎はあまりお目にかかったことがありません。
  その責任はみんなあなたにあります。
  自己管理をちゃんとしていない。
  (28.5度もあるのに、朝から晩までの外出を2日続けた!)
  肺炎は目立った症状なしに進行します。
  日々の生活をしっかりと健康的なものにしていたら、
  防げたかも知れません。
  昔なら、40日間入院隔離を当然指示するケースです。
  あと2週間は絶対安静をしてください。」

「奈良町あたりに散歩するのは?」

  「散歩は家の近くを半時間だけにしてください」

がっくり。
「でも、とても回復が早かった感じがするのですが....?」
と、私。
レントゲンはたった4回の点滴を処置した効果です。
ひどい肺炎がたった4回でほとんど治るものでしょうか?

  「そうですね。早かったですね。
  ウィルス性肺炎だったら、ぜんぜん効果がなかったのですから」

受付の女性にそっと尋ねてみました、

「とっても効果的な治療で、先生、とても良い先生みたいですね?」

女性、にっこり笑って、

  「名医として知られている先生です」

名医に巡り会えたのは幸運でした。
そこで、先生の指示にどこまでも従うこととして、
図書館行きは中止して、帰宅しました。

でも、ホロゴンは、往き30秒、還り3分だけそっと使わせて頂きました。
そのほとんど全部の写真を並べてみます。
私がホロゴンで撮りたいものの一つがタペストリーみたいな写真。
「タペストグラフィ」と命名しています。
そんな写真ばっかり撮れました。

ホロゴンウルトラワイドから抜き出したホロゴンは、
私にとっては、眼そのもの。
私の視界全部を写真にしたい、
そうだからこそ、私の体験の忠実な記憶になれる、
私はそう信じているからです。





b0226423_18145595.jpg
b0226423_18143625.jpg
b0226423_1814281.jpg
b0226423_18142182.jpg
b0226423_18141557.jpg
b0226423_1814883.jpg
b0226423_1814035.jpg
b0226423_18125279.jpg
b0226423_18124631.jpg
b0226423_18123436.jpg
b0226423_18122078.jpg
b0226423_18113287.jpg
b0226423_18112483.jpg
b0226423_18111612.jpg
b0226423_18111018.jpg
b0226423_1811411.jpg
b0226423_18105658.jpg
b0226423_18104513.jpg
b0226423_18103880.jpg
b0226423_18102976.jpg
b0226423_18102154.jpg
b0226423_18101484.jpg
b0226423_1810719.jpg
b0226423_1895960.jpg
b0226423_1895074.jpg
b0226423_1894163.jpg
b0226423_1893468.jpg
b0226423_1892657.jpg
b0226423_189174.jpg
b0226423_1891010.jpg
b0226423_189262.jpg
b0226423_1885586.jpg
b0226423_1884783.jpg
b0226423_1883866.jpg
b0226423_1883093.jpg
b0226423_188228.jpg
b0226423_1881462.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-21 20:01 | Hologon15/8U | Comments(0)

1772 新大阪(リコーダー日のスピードアナスチグマート25㎜F1.5は心を休める仕事)


肺炎の療養の日が続きます。
抗生物質の点滴4日目です。
もうほとんど脱力感もなくなりました。
脱力感がなくなると、
症状として残るのは左肺の白濁状態だけ。

親友のRAさんと一昨夜電話で話しました。
彼も若い頃同様に肺が一つ白濁する肺炎をわずらったそうです。
曰く、「結局、肺の白濁はとれないままに終わりました。
そうすると、気管支炎になりやすく、
容易に肺炎に進む危険があって、苦労しました」

私もそうなるのか?
心配になって、昨日、担当医に尋ねました、
「そんなことありませんよ。
綺麗になりますよ。
その方なにか合併症があったのでしょう」

今日、ブログを見て、姉がお見舞いの電話をくれました。
もう引退していますが、小児科医だったので、
医療関係は万事、この姉に尋ねます。
姉も、「そんなことないよ。綺麗になるから」
ほっ。

使うカメラはボロボロ、
使うレンズの大半は白濁、
使う自分の頭脳も最早白濁、
撮れる写真も白濁、
そのうえ、肺までも白濁されたんじゃ、
たまったものじゃありません。
でも、そう言いながら、白濁は私のお好み状態らしい。

4月5日火曜日、アブニールコンサートを3日後に控えて、
新大阪駅近くのココプラザでリコーダーレッスンでした。
でも、ちゃんとバッグに潜めたOlympus EP-L1に付けたのは、
白濁レンズの白眉、
スピードアナスチグマート25mmF1.5
もっとも白濁したのは、長年使い倒されたせいでしょう。
私がレンズの清掃をしないせいもあるかも?
でも、それがとてもよく働いてくれるのですから、
あの使い古しの言葉をプレゼントしたいですね、
「いぶし銀のような」レンズ表現。





b0226423_22462685.jpg
b0226423_22461926.jpg
b0226423_22461247.jpg
b0226423_2246676.jpg
b0226423_2246063.jpg
b0226423_22455439.jpg
b0226423_22453551.jpg
b0226423_22452992.jpg
b0226423_22452195.jpg
b0226423_22451596.jpg
b0226423_2245853.jpg
b0226423_2245130.jpg
b0226423_22445593.jpg
b0226423_22444693.jpg
b0226423_22443871.jpg
b0226423_22443122.jpg
b0226423_22442365.jpg
b0226423_22441311.jpg
b0226423_2244626.jpg
b0226423_22435962.jpg
b0226423_22435491.jpg
b0226423_22434611.jpg
b0226423_22433943.jpg
b0226423_22433399.jpg
b0226423_22432767.jpg
b0226423_22432131.jpg
b0226423_2243131.jpg
b0226423_2243635.jpg
b0226423_22425821.jpg
b0226423_22425214.jpg
b0226423_22404187.jpg
b0226423_22403295.jpg
b0226423_22402438.jpg
b0226423_22401451.jpg
b0226423_2240780.jpg
b0226423_2240041.jpg
b0226423_2239504.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-20 23:19 | Sp.Anastigmat25/1.5 | Comments(0)

1771 お迎え(帰宅の私を迎えた落ち椿にシネエクター25㎜F1.9がキラッとウィンク)


4月19日水曜日、
診療所での肺炎抗生物質点滴治療3日目です。

診療所は、予約患者だけの診療日で混み合っています。
処置室のベッドでの私の点滴開始も40分ほど待たされました。
点滴が完了した後、担当医、女性です、
一枚のペーパーを手に、なぜかいそいそと登場。

   「ものすごく速く数値が好転しています。
   日曜日まで点滴と言っていましたが、
   どうやら金曜日あたりまででいいでしょう。
   最後にもう一度レントゲンを撮って、肺の状態を調べて、
   終わりということになりそうですね。」

あまりにスムーズな治療経過に驚きつつ、尋ねてみました、
「私の親友が30過ぎでやはり肺炎にかかり、
どちらかの肺が真っ白になりました。
肺炎は治ったんだけど、肺の白濁はそのまま残ったので、
風邪引きしやすく、肺炎につながる危険をいつも孕んでいる、
そう聞いたのですが?」

先生、にっこり笑って、

   「その方、ほかにも疾患があったのでしょう。
   肺炎だけだったら、治療すれば、大丈夫、綺麗になります」
   
これで本日の治療はめでたく完了。
私が昼食を用意する番なので、省エネのため、
近くのほっかほか亭に電話して、お弁当を2つ注文。
受取に行く道すがら、バス停の時刻表を見たら、
なんと7分後に我が家の近くのバス停を経路にするバス。
なにもかも順調です。

ほっかほか亭では、お弁当を受取りながら、

   「お宅のお弁当が一番家庭の味があって、おいしいですね。
   いつまでもここで続けてくださいね」

これは症状好転でご機嫌になったら出たお世辞じゃありません。
私はどこでもこんな風に声をかけることにしているからです。
駅のトイレの掃除担当者にもたいてい声をかけます。

   「ご苦労様、おかげで綺麗に使えます」

あんまりそんな人は居ないと見えて、たいていびっくりされますが、
ときにはとても嬉しそうな笑顔になる方もいます。

近頃は参りませんが、現役時代に、辛い仕事からの逃避でしょう、
よく出かけた海外旅行で、諸国で見たトイレを思い出すと、
現代の日本のトイレは異次元的に美しい。

それもこれも、新しい水洗セットのお陰もありますが、
(どうも大手は宣伝のためどんどん提供するみたいですね)
古いトイレでも美しい状態。
どんな最新の水洗トイレでも手入れを怠ると、
2、3週間でどす汚くなるものです。
つまり最新のピカピカトイレほど、手入れが必要。
つまり、どこでも掃除担当者の皆さんががんばってくれているのです。

だから、気軽にねぎらいの言葉をかければ、
自分のやっている仕事は有用なんだ、そう気づいて、
もっと頑張ろう、という気持ちになり、
疲れも少しは取れるでしょう。

おっと、話がまた逸れました。
バスから降りて、我が家までの約300mの下り坂を歩き始めました。
朝より足取りが軽くなっている!
今朝はすでに起床後自然にストレッチを軽くやれるほど快調でしたが、
3度目の点滴と先生の言葉が私をさらに元気づけてくれたのです。

我が家ちかくの路上に落ち椿をたった一つ見つけました。
目が合いました。
目を細めて、にっこりしてくれました。
ちっちゃな両手もちらっと見えます。
ちょっとカラフルなトリケラトプスの頭部に似ていますね。
私のために、わざわざ路上に落ちてくれたのかも?

えっ?
折角だから、持ち帰ったのか、ですって?
いえ、持ち帰りはしませんよ。
だって、実は、別の人を待っていたかもしれないし、
恋人椿が続いて落ちてくるのを待って、
二人して天国に昇天するつもりだったかも知れないじゃないですか?

えっ?
椿にも天国があるの?
当然じゃないですか?
これだけ世界を食い物にして荒らしまくり、互いに殺し合っている、
人間にさえも天国を用意される神様ですよ。
人間って、他の生物に向かって威張れるほどの実績も心の美しさも、
全然ない、かなりみじめな生き物なんですから。




b0226423_152324100.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-19 15:24 | CineEktar25/1.9 | Comments(0)

1770 春景色(アポクロマート25㎜F2が診療所にお供して気を吐いた)



医師からは厳しい指示がありました。

  「当分絶対安静のこと。
  そして、重いものは持たない」

でも、間が悪いですね。
妻までかなり風邪が進行してしまいました。
彼女はどんなに辛い状態でも木曜日には必ず神戸に出かけます。
ここだけの話、木曜神戸だけは、孫より絶対優先。
理由は簡単。
孫は私に任せられるので。

でも、神戸に行くためには、なんとか体調を取り戻したい。
体力も要する月2回のこの楽しみが彼女の喜びの一つ。
そこで、私は、先週の8度6分のとき同様、
静養どころか、従前と同じ仕事を続けることになります。
   お布団の上げ下ろし、
   三度の食器の片付け、
   食器洗い。
   階段と2階の掃除、
   お風呂の準備等、
仕事は一杯あります。

でも、だんだんときびきびできるようになっています。
そこで、今日は密かにバッグにカメラ一式を忍ばせました。

   オリンパスEP-L1
   アポクロマート25㎜F2

このレンズも大変に評価の高い、市場価格も高い逸品。
私が買えたのはいつもの通り、安かったから。
なぜ?
前にも書きましたが、
ヘリコイドリングは天の岩戸ほどじゃなくても、
オデュッセウスの王宮の扉ほどは重い。

でも、その重い扉をぐいぐい引き上げる苦労をしてもなお、
使いたい理由があります。
最短40㎝まで近寄れて、
描写はキノプティックならではの重厚そのものだからです。

このヘリコイドリングを、あらかじめ被写体の距離に応じて、
その近くまでぐいぐいと回しておいてから、
ファインダーで精密に合焦させる、という便法をとっています。

ところが、このファインダーが白昼ほとんど視認できない。
かなり苦労しつつ、31枚撮りました。

陋屋からバス停までの300m、診療所からバス停までの30m、
これが今回の路傍距離。
10 mちょっとで1枚だから、まあ平均か平均以下。

でも、今回の後半あたりは、私の原則である開放ではありません。
帰宅して気づいたのです。
ヘリコイドリングを苦労してねじ回している合間に、
とても軽妙に動く絞りリングがちょっと動いていた!
いつもは必ず開放かどうかチェックするので、
肺炎の影響で、頭が働いていなかったようです。

でも、写真を子細に眺めても、どこからF2.8付近に変わったか、
まるで分かりません。
キノプティックレンズは開放だから画質が落ちるわけではなく、
かつ、開放でも深々とした深度の見かけを備えているからです。
写真は平凡なロボグラフィですが、描写には、満足。

でも、医師の指示に背いたのではないか?
ちょっとというか、かすかというか慚愧の念。
そんな感じをもっても、やはり明日も持ち出すつもり。
さて、なににしようかな?




b0226423_22515365.jpg
b0226423_22514631.jpg
b0226423_2251406.jpg
b0226423_2251337.jpg
b0226423_22512665.jpg
b0226423_22511995.jpg
b0226423_22511150.jpg
b0226423_2251466.jpg
b0226423_22504749.jpg
b0226423_22504079.jpg
b0226423_22503273.jpg
b0226423_22502458.jpg
b0226423_22501844.jpg
b0226423_2250438.jpg
b0226423_22495875.jpg
b0226423_22495079.jpg
b0226423_22494232.jpg
b0226423_22493577.jpg
b0226423_22492894.jpg
b0226423_22492125.jpg
b0226423_22491464.jpg
b0226423_2249763.jpg
b0226423_22485895.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-18 23:39 | Apochromat25/2 | Comments(0)

1769 アメリカ村(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が若者の街に夢中に)2-完-

生涯ほとんど病気をしたことのない私にはつらい1週間でした。
先週の月火水木金土日の内、
水を除く全日、朝から晩まで出づっぱりでした。

水の夜、突然悪寒と震えが襲ってきました。
生まれて初めてです。
体温計で測ってみると、8度6分の発熱。
それ以降、木金日の4晩は8度6分が出現。

毎朝7度5分に軽減し、土の午後にはしっかり平熱に
服したので、もう直ったと思ったのです。
そのまま、日の夜までは平熱で平穏に過ごしたのですが、
夜10時頃、哀れ、またも8度5分が舞い戻ってきた!
帰ってきたチャンピオンならぬ、
帰って来た疫病神!

でも、午後2時頃、半身浴を済ませて、就寝前に検温。
よし、6度5分に戻っている。
朝も、平熱。
こんな風に高熱と平熱が毎日サイクルする病気ってあるんだろうか?
原因を調べて見なきゃ、そう考えて、
17日月曜日、診療所に行きました。
どんぴしゃり、正解でした。

種々の検査の後、レントゲン、そしてCTスキャンで、
左肺の大半がまっしろになっていると分かりました。
かなり重い肺炎。
これから毎日1週間抗生物質の点滴を受け、
それでもダメなら、場合によっては入院かもという、
厳しい宣告。

病気とはほとんど無縁だった人間が.............................
だけど、8度6分もありながら、朝速くから出かけて一日中活動。
そんな日を続けたのですから、むしろ当然かも?
神様の警鐘、そう受け取って、真剣に治療に育むことにします。

でも、帰り道、神社横の散策道を歩きながら、
カメラ持ってきたらよかったなあ。
一杯、撮りたいものがある........
これでは、真剣と言えるかどうか?






b0226423_14183943.jpg
b0226423_14281158.jpg
b0226423_14183273.jpg
b0226423_14141020.jpg
b0226423_14134179.jpg
b0226423_14132921.jpg
b0226423_1412574.jpg
b0226423_14115670.jpg
b0226423_14114848.jpg
b0226423_14114254.jpg
b0226423_14113425.jpg
b0226423_14112760.jpg
b0226423_14111863.jpg
b0226423_14111059.jpg
b0226423_1411350.jpg
b0226423_14105655.jpg
b0226423_14102348.jpg
b0226423_1410850.jpg
b0226423_1410266.jpg
b0226423_1495617.jpg
b0226423_1494927.jpg
b0226423_1494423.jpg
b0226423_1493660.jpg
b0226423_1492870.jpg
b0226423_149128.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-18 16:17 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(2)

1768 アメリカ村(フローライトアポクロマート135㎜F2.4が若者の街に夢中に)1



2017年3月16日一人で、心斎橋の若者たちのファッションタウンを歩きました。
私は自分じゃ若いつもりですが、やっぱりちょっと違和感はありそうでした。
大阪加美の5歳の孫プリンス、先週、ヒトメタルニューモウィルス性の風邪にかかり、
共稼ぎの両親に代わり、私が火、金の2度介護を担当しました。

なんだか私一人が行っているように見えますが、実はそのとおり。
これも暇な方が行くという原則故。
水曜日は急速しましたが、その後、木から土まで、毎日夜まで外出。

水曜日の夜、突然、悪寒がして寒気、震えが襲ってきました。
こんなことは生涯初めてのこと。
ところが、10分足らずで、上記の症状はすべて消え、
体温を計ってみます、なんと何年ぶりかで8度5分。
でも、妻の大事な所用をキャンセルさせるわけにはいきません。
朝には下がってくれることを祈りつつ、就寝。
朝、まだ、8度5分。
他にはなんの症状もない。

おっと、一つだけ。
左脇腹が痛い。
触ってみると、筋肉痛らしい。
夜間の高熱で寝返りがあまりできなかったせいみたい。
そこで、格子縞のスパイラルテープを左脇の下から横腹まで、
舟形に6枚貼付けました。
これで痛みは解消。
体内のいたみではなさそうと、ほっとして、大阪加美に。

お昼頃は7度5分に。
夜になると、8度5分に復帰。
上記のサイクルを木金の2日繰り返しました。
かなり体力は消耗しましたが、なんとか孫の世話はできます。

孫プリンスの病気とは症状がまるで違うので、両親には秘匿し、
ただ風邪気味ということでマスクだけ着用、
かいつまんでその後を要約しますと、
最後の外出日、土曜日は夫婦で劉継紅先生の二胡教室。
やっぱり8度6分。

妻が東京在住の先生に代わり、
大阪教室のすべてのマネージメント担当。
朝9時から午後6時頃まで妻はずっと付き合い、
私もたいてい付き合って夕食を頂いて帰るのですが、
今回はとても無理。
先生と妻に断って、午後3時ころ帰途に。
JR大阪駅から奈良に向かって大和路快速で帰途についたとき、
ふっと、気分が軽いことに気づきました。
携帯の体温計はなんと36度5分!
奈良に帰りついてまた検温、同じ体温!
私の平熱です。
妻にラインで連絡して、「先生に安心してもらって」
今日一日静養。

一度、グーグルで私のような症状を検索してみました。
「悪寒、寒気、左脇腹の筋肉痛、発熱」
ほかに症状がない。
そんな病気ありませんねえ。
一つだけ、つまり、過労。
熱があるときは、トボトボ歩いていたのに、
帰宅のバスが最寄りのバス停について、
私はすたすたを歩いていました。

まあ、かなり治ったか、かなり軽度かも知れません。
今日一日ゆっくりしましたが、なぜかちょっと身体が重い感じ。
完治じゃないみたいだし、もしかすると、ちょっとした中休み?

明日は陳少林先生の揚琴伴奏レッスン。
大和西大寺なので近場ですが、症状の残存次第では、
お休みのメールを送って、診療所に参ります。
ああ、ながなが書いてしまいました。
いつもの高速タッピングです。
指あたりと頭は元気のようです。

でも、本当に書きたいことは、別のこと。
孫プリンス、私の膝に乗ってきて、
私の目をじっと見つめながら、こう尋ねたのです。
「ぺぺ、教えて。いったい、いくつなの?
パパとママとアーちゃん(父方の祖母)の歳は知ってるけど、
ぺぺのは知らないの」
教えてあげて、
「誰にも行っちゃいけないよ。二人だけの秘密だからね」
2、3ヶ月前、孫プリンスの保育園の女友達4人から質問、
「ぺぺって、なんのことなの?」
私「おじいちゃんのことだよ」
4人一様に仰天したような顔で、(いいですか、ここが肝心!)
「わあ、おじいちゃんには見えなーい!!」
この4人、それ以来、大のお気に入りなのですが、
妻に報告すると、すげなく、
「それは、ひいおじいちゃんにしか見えない!だったのよ」
この2行は忘れてください。

というような次第で、ブログへのアップがかなり遅れていました。
久しぶりに、宮崎貞安さんの最新未発売レンズ、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4(ソニーα7使用)で、
大阪心斎橋のアメリカ村で撮った写真をごらん頂きましょう。





b0226423_23561379.jpg
b0226423_2356473.jpg
b0226423_23555860.jpg
b0226423_23555191.jpg
b0226423_2355448.jpg
b0226423_23553886.jpg
b0226423_23553292.jpg
b0226423_23552161.jpg
b0226423_23551334.jpg
b0226423_2355454.jpg
b0226423_23545828.jpg
b0226423_23543911.jpg
b0226423_23543342.jpg
b0226423_23542531.jpg
b0226423_23541760.jpg
b0226423_2354971.jpg
b0226423_2354267.jpg
b0226423_23535737.jpg
b0226423_23534991.jpg
b0226423_2353383.jpg
b0226423_23533192.jpg
b0226423_23532490.jpg
b0226423_23531871.jpg
b0226423_23531082.jpg
b0226423_2353494.jpg
b0226423_23525775.jpg
b0226423_23525049.jpg
b0226423_2352073.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-16 23:59 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1767 加美(トリプルアナスチグマート25㎜F2.9には使う度に驚かされる)


ああ、大変な発見をしてしまいました。
私の精神になにか問題があるかも知れない!

今回も、加美の路傍でかなり顔の写真を撮りました。
と言っても、顔そのものじゃない、顔に見えるなにか。
こういう現象になんだか名前があったなあ?
そこで、グーグルで「何でも顔に見える」と検索。
たちどころに分かりました、「パレイドリア」でした。
ふーん、そうだった?

二、三の記事に面白い記載。
「最新の研究によれば、特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう人は
神経症傾向の高いということがわかった。」
あーれー、私は神経症傾向が高いのであるか?

とすると、5歳の孫プリンスも同様の性癖を生まれながらにして、
持っている。
つまり、孫プリンスは、哀れ、生まれながらにして、
神経症傾向が高いのだ!

妻に喜んで報告しました。
妻、一笑に付して、
「あなたは神経症傾向が高いのではなく、
人を神経症傾向が高い方向にし向ける人なの」
そんなことはないことは自ら保証しますが、
よく考えてみると、私だって、孫プリンスだって、
「特定のパターンから
ありもしない顔や動物、幽霊を見たと信じ込んでしまう」
わけではなくて、そんな見え方がすることを楽しんでいるだけ。

ついでに、孫プリンスの近況。
金曜日、妻が熱の出た孫プリンスを世話に参りました。
二人でテレビを観ているとき、妻が、「熱測ってみよう」
「8度2分ありました」
「やっぱりね、まだ熱があるね」
孫プリンス、尋ねました、

    「どうして、熱があると分かったの?」

「ほっぺがいつもと違って、ちょっと赤いからよ」
彼、鏡のところに行って、「ほんとだ!」
彼、自分の頭をちゃんと使っていることが分かりますね。

今回も、顔に見えるようなものをかなり沢山アップ。
あなたが、「どこに顔が見えるの? そんなもの見えないよ」
と、戸惑うようであれば、安心してくださいね、
あなたは神経症的傾向が高いわけではない。
でも、それじゃ、私の写真をご覧になっても、戸惑うだけですね。
「こんなもの撮って、なにが面白いの?」
ご安心あれ、そんな方は極めて多いようです。
つまり、正常なのでしょう。

ついでに言いますと、
だからと言って、私が異常というわけでもない。
単に見え方が違うだけですね。
なにはともあれ、あなたとはご縁がないわけです。





b0226423_22311354.jpg
b0226423_2231624.jpg
b0226423_22305366.jpg
b0226423_22304677.jpg
b0226423_22304021.jpg
b0226423_22303350.jpg
b0226423_2230259.jpg
b0226423_2230185.jpg
b0226423_22301031.jpg
b0226423_2230436.jpg
b0226423_22295725.jpg
b0226423_22224854.jpg
b0226423_22223641.jpg
b0226423_22222853.jpg
b0226423_22222115.jpg
b0226423_22221490.jpg
b0226423_2222711.jpg
b0226423_2222192.jpg
b0226423_22215325.jpg
b0226423_22214768.jpg
b0226423_22214080.jpg
b0226423_22213498.jpg
b0226423_22212767.jpg
b0226423_22212140.jpg
b0226423_22211477.jpg
b0226423_222161.jpg
b0226423_222106.jpg
b0226423_22205399.jpg
b0226423_22204518.jpg
b0226423_22203736.jpg
b0226423_22202958.jpg
b0226423_22202162.jpg
b0226423_22201292.jpg
b0226423_2220323.jpg






    後書き

     ラスト部分の浮き彫りは、
     JR加美駅近くの喫茶店の壁面。
     店主の女性が作者です。
     なかなか魅力的なので、幾たびに撮らせて頂いています。
     隠れた芸術家かも?
# by Sha-Sindbad | 2017-04-09 23:15 | Tri.Anasti25/2.9 | Comments(0)

1766 レッスンの日(スピードパンクロ28㎜F2はチビだけど重厚で)Part 5-完- コンサート


とうとうコンサートの日の前日になってしまいました。
1日家に籠もり、演奏曲3曲を何回練習したことでしょうか?

前回は初めてのアブニールコンサート。
やすやすと弾ける曲を用意し、
かなりしっかりと演奏したのですが、
それなのに、上がってしまいました。

そこで、今回は、対策を講じました。
ちょっと難しい曲として、
テレマンのカノンソナタから1楽章ヴィバーチェ。
長音が少なく、スピード感のある曲として、
サンマルティーニの2本のアルトリコーダーのためのソナタから1楽章。
最後に、私の大好きなルネサンスの作曲家ジョン・ダウランドの
'Now, O Now I Needs Must Part'

精神的に動揺していても弾けるように、
階段を急いで上って、さっと座って、ただちに弾き始める、
そんな奇怪なレッスンも十数回。
夕食時、鼻血が出ました。
弾きにくい個所のパート練習などする余裕なし。
押しに押して、もみにもんで、突っ走る方式。

伴奏なら、何度も体験して、全然上がらない。
本格的なコンサートでも数回体験しました。
まったく上がりません。
それなのに、ほんの10名ほどの仲間が居る程度でも、
独奏曲なら、きっちりと上がる!

でも、今回は音楽家との二重奏。
ハイブリッド的な状態に、
ミューズの神が伴奏と間違ってくれたらなあ?





b0226423_2315622.jpg
b0226423_23141100.jpg
b0226423_2313581.jpg
b0226423_231298.jpg
b0226423_231231.jpg
b0226423_2311686.jpg
b0226423_2311054.jpg
b0226423_231344.jpg
b0226423_2301154.jpg
b0226423_230425.jpg
b0226423_22595843.jpg
b0226423_22594882.jpg
b0226423_2259892.jpg
b0226423_2259036.jpg
b0226423_22585428.jpg
b0226423_2258414.jpg
b0226423_22583216.jpg
b0226423_22582545.jpg
b0226423_22581728.jpg
b0226423_22581061.jpg
b0226423_2258399.jpg
b0226423_22574587.jpg
b0226423_22573789.jpg
b0226423_22573153.jpg
b0226423_22572476.jpg
b0226423_22571654.jpg
b0226423_22571051.jpg
b0226423_2257459.jpg
b0226423_22565721.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-07 23:54 | SpeedPanchro28/2 | Comments(0)

1765 レッスンの日(スピードパンクロ28㎜F2はチビだけど重厚で)Part 4


ディーン・マーティンは、だけど、どうやらアル中だったようです。
明らかに酩酊状態で歌っている曲もあります。

なぜ?
そんなことは分かりませんが、
彼の目はある時期からかなり暗さをたたえるようになっていました。

私も学生の頃から、吞むのは嫌いではなかったので、
酔って乱れる人には沢山出会ってきました。
酒乱気味の人も居ました。
いやですね。

ある程度、乱れないと、吞み友達はできないようです
そんな姿が人間味を演出するようです。
私は、酔った姿が人間味を醸し出すなんて考えたことは一度もありません。
弱みをさらけだしているだけ、そう感じます。

私もアルコールは好きですし、
ときにはかなり吞んだこともあります。
でも、すでにお分かりのように、
吞んでも、乱れることはありません。

吞まなくても、乱れてるじゃないか?
なんて外野席でがなり立てる人も居そうですが、
私自身の認識としては、私はどんな状態でも自分を持しています。
どんなときでも、冗談を飛ばすという悪い癖は別として。

私もかなり吞めたのですが、近頃は弱くなりました。
近頃は、ビール中ジョッキ2杯程度(日本酒はたしなみません)。
それを過ぎると、吞みたいという気持ちが消えてしまいます。
完全にコントロール状態で生きています。
そんな悠長なことをしている暇が一切ないからです。
昼寝さえもしないのですから。

酔うのが大好きな方は、こんな私を哀れに思うことでしょう、
「かわいそうに、酔い心地こそ天国なのに」
私は、結局、「隙を見せようとしない朴念仁」だったのかも?
でも、私は人生で損をしたという気持ちは全然ありませんね。
そんな風に考える人間を友人に持ちたいと思ったことがないからです。

人生が与えてくれる種々の醍醐味に、
種々のアートが見せてくれる美に、
さまざまな媒体で出会えるような人間の美しさに、
完全に覚醒した状態で陶酔したい、
それでこそ、醍醐味を完全に満喫できる、そう考える人間だから。

でも、矛盾するようですが、
ディーン・マーティンは許してきました。
彼を含めて、多くのアーティストたちは、
人生ではさまざまに苦しみもがきながら、
人類に多くの美を、喜びを、カタルシスを贈ってくれるからです。






b0226423_23353464.jpg

b0226423_23352780.jpg

b0226423_23352172.jpg

b0226423_23341627.jpg

b0226423_2334844.jpg

b0226423_2334238.jpg

b0226423_23335653.jpg

b0226423_23334889.jpg

b0226423_23323619.jpg

b0226423_23323084.jpg

b0226423_23322160.jpg

b0226423_23321524.jpg

b0226423_23314259.jpg

b0226423_23313516.jpg

b0226423_23312752.jpg

b0226423_23311611.jpg

b0226423_23301768.jpg

b0226423_233092.jpg

b0226423_233025.jpg

b0226423_23293592.jpg

b0226423_23293073.jpg

b0226423_23292343.jpg

b0226423_23291718.jpg

b0226423_2329972.jpg

b0226423_2329274.jpg

b0226423_23285519.jpg

b0226423_23284925.jpg

b0226423_23284275.jpg

b0226423_23283520.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-05 23:58 | SpeedPanchro28/2 | Comments(0)

1764 レッスンの日(スピードパンクロ28㎜F2はチビだけど重厚で)Part 2


今週土曜日が、待ちに待った、というか、
待ちに待ちたくない、というか、
いよいよ、アブニールコンサートです。
果てしなく練習しています。
でも、ちっとも巧くなりませんね。
どうしてでしょうねえ?

模範演奏に耳を傾けますと、とても穏やかで滑らか。
私のは力が入っていますね。
それが初心者というものなのでしょう。
写真でコンサートできるものなら、
かなり肩の力が抜けたパフォーマンスができるんだけどなあ。
でも、今度は、ブログと一緒で、
あっと言う間に聴衆の目はどこかに飛んで、無関心の表情、
ということになりそうですね。

スピードパンクロ28mmF2で撮る写真は、
肩の力どころか、全身全部力が抜けた感じの、
リラックスすぎるロボグラフィかも?

私はディーン・マーティンが大好きです。
小学生の頃、母親に連れられて映画館に通いました。
マーチン・ルイス・コンビの映画を何本見たか?
ジェリー・ルイスというコメディアンが主人公です。
ディーン・マーティンはサポートに徹していました。
後年、コンビを解消して、フランク・シナトラと仲間になり、
何本も楽しい映画を作りましたが、いつも助演でした。

まさに彼の歌声そっくりの人生。
ずっと肩の力を抜いて、あるがままの人生を楽しむ、
そんな人柄、そんな演技、そんな歌声でした。
私には絶対に真似のできない人生。
それだけに憧れます。

このレンズ、なんだかディーン・マーティンに雰囲気が似ています。
映画を撮っても、メインレンズではなかったでしょう。
おっとりとした雰囲気なのですから。
クライマックスシーンには向きそうにありません。

42㎜の準広角レンズとして使えるので、
私には気楽そのものです。
写真全部に古色もついて、どこか遠い記憶のかけら、
そんな雰囲気があります。
そんなところが私好みなのでしょう。




b0226423_11284043.jpg
b0226423_11283487.jpg
b0226423_11282646.jpg
b0226423_11281988.jpg
b0226423_11281298.jpg
b0226423_1128684.jpg
b0226423_1127598.jpg
b0226423_11275262.jpg
b0226423_11274618.jpg
b0226423_11273675.jpg
b0226423_11272347.jpg
b0226423_11271748.jpg
b0226423_1127993.jpg
b0226423_1127274.jpg
b0226423_1126559.jpg
b0226423_11264845.jpg
b0226423_11264085.jpg
b0226423_1126327.jpg
b0226423_11262585.jpg
b0226423_11261725.jpg
b0226423_11261048.jpg
b0226423_1126361.jpg
b0226423_11255537.jpg
b0226423_11252172.jpg
b0226423_1124405.jpg
b0226423_11242653.jpg
b0226423_1124522.jpg
b0226423_11235820.jpg
b0226423_11235029.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-05 11:30 | SpeedPanchro28/2 | Comments(0)

1764 レッスンの日(スピードパンクロ28㎜F2はチビだけど重厚で) Part 1

2月18日、劉継紅先生の二胡レッスン日でした。
もちろんカメラ一式も携行しました。
ソニーNEX-5
スピードパンクロ28㎜F2
かなり軽快な姿とは裏腹に、
その写りは重厚な味わいの一式です。

二胡は忘れても、カメラは忘れません!
おっと、失言。
この発言を劉継虹先生や妻に知られたら、
私は生きてはおられない!
でも、そのときは、潔くあの世に参りましょう。
もちろん、カメラ一式を手にして黄泉路を辿ります。
じゃ、そのときの一式はなにか?
もちろん、決まっていますね。
ソニーα7
ホロゴン15㎜F8U
なぜMマウントホロゴンじゃないの?
あの世に旅出つ前に、こちらの方は後世に託すべく、
eBayで売却しましょう。
そのお金はどうするの?
もちろん、妻に残します。

おっと、気がついたら、荒唐無稽の脇道に逸れていました。
スピードパンクロ28㎜F2に戻りましょう。
いかにも古風な色合い、おっとりとした中に、
シャープな気配を残していて、
さすがにスピードパンクロ族のレンズらしい力感があって、
古き良き時代の雰囲気の中に、リアルな風貌を湛えています。
やっぱり好きですねえ。





b0226423_2352929.jpg
b0226423_2352392.jpg
b0226423_23515585.jpg
b0226423_23514941.jpg
b0226423_23514324.jpg
b0226423_23513541.jpg
b0226423_235128100.jpg
b0226423_23512255.jpg
b0226423_23511557.jpg
b0226423_2351935.jpg
b0226423_2351279.jpg
b0226423_2350552.jpg
b0226423_23504983.jpg
b0226423_23504250.jpg
b0226423_2350342.jpg
b0226423_23502720.jpg
b0226423_23502022.jpg
b0226423_235014100.jpg
b0226423_2350777.jpg
b0226423_2350032.jpg
b0226423_23495331.jpg
b0226423_23494790.jpg
b0226423_2349408.jpg
b0226423_23493355.jpg
b0226423_23492634.jpg
b0226423_2349192.jpg
b0226423_23491131.jpg
b0226423_234942.jpg
b0226423_23485846.jpg
b0226423_23483518.jpg
b0226423_23482715.jpg
b0226423_23481850.jpg
b0226423_23475788.jpg







# by Sha-Sindbad | 2017-04-03 23:47 | SpeedPanchro28/2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)6-完-


古代ギリシア彫刻のアルカイック期の彫像の特徴の一つが、
アルカイックスマイルですね。
シリアスな雰囲気をとどめた、ほのかな微笑。
破顔一笑ではないところに、大きな魅力があります。

タンバール写真にアルカイックスマイルを感じる。
こう書きますと、牽強付会に過ぎる、
そう感じる方もおいででしょう。
まあ、そうかも知れません。
でも、タンバールで撮った写真には、なにかしら謎が残ります。

アルカイック期の彫像に通じるところがあるとすれば、
アルカイックスマイルに認められるあえかでほのかな微笑みの印象が、
タンバール写真にも残されている、というあたりでしょうか?

フローライトアポクロマート135㎜F2.4はかなり違います。
近頃知り合った青年に道角にばったり出会った美少女が見せる、
そんな爽やかで、翳りのない微笑み、といった印象。

どちらも魅力的ですね。





b0226423_2239196.jpg
b0226423_2238534.jpg
b0226423_22384335.jpg
b0226423_22383415.jpg
b0226423_22382798.jpg
b0226423_22382022.jpg
b0226423_22381424.jpg
b0226423_2238874.jpg
b0226423_2238178.jpg
b0226423_22375595.jpg
b0226423_22374851.jpg
b0226423_22374157.jpg
b0226423_22373140.jpg
b0226423_2237148.jpg
b0226423_2237883.jpg
b0226423_223726.jpg
b0226423_22365563.jpg
b0226423_22364922.jpg
b0226423_22364388.jpg
b0226423_22363650.jpg
b0226423_22363068.jpg
b0226423_22362444.jpg
b0226423_22361039.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-01 22:40 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)5 一瞬ごとに

近頃熱狂的に試写していましたニューレンズ、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4を、
一昨日、宮崎貞安さんにお返ししました。
A4試写プリント10枚と4回分の試写データ全部を付けて。

「ホロゴン、命」という、超広角一辺倒の私が、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4だ、
タンバール90㎜F2.2だ、
エルマジ95㎜f2.4だ、
と、望遠系に心を奪われるというのも、
人生は面白い構図で展開してくれるものです。
人生って、本当にいろいろ意外なことが起こるものですね。

別ブログを「わが友ホロゴン、わが夢タンバール」と名付けたのも、
私の心の中に、望遠系にも心が傾く自分自身を感じ取っていたのかも?

今回のフローライト騒動で、かなり分かってきたことがあります。
私の心の動き方。
どなたもそうかも知れませんが、一貫性などまるでない!
それは私の写真観のせいのようです。

あなたにとって、あなたの写真はなんですか?
   人生の証し?
   人生の里程標?
   それとも、憂さ晴らし?

私にとって、私の写真は?

   思いがけない出会いの記録

向こうから挨拶するまでもなく、
私から挨拶するするまでもなく、
出会い頭にいきなりばったり出会って、

   「やあ、こんにちわ!
   奇遇ですねえ。
   あなたのような存在がこの世に生きていたなんて!」

   「なにをおっしゃる、ウサギさん、
   こちらこそ、あんたのような奇態な写真好き、
   このあたりに来たこと、ありませんよ!」

この世でタダ一つの存在、
私はそんな存在が大好きなのです。
一人一人の人間も実はそんな存在なのです。
でも、ご本人はそれに気がついていないだけ。

なにも非凡だ、と言っているのではありません。
どんな人のその人ただ一人の人生を、日々、毎瞬毎瞬、歩んでいます。
その瞬間瞬間を、この世でただその時にしかない貴重な瞬間と思うか?
そう思わないか、これはご本人の自由です。

少なくとも、私はそう思いたいし、そう実感しながら生きたい。
なにも一瞬ごとになにか変わったことをしろ、というわけではない。
その瞬間が二度とないことを噛みしめながら生きたい。
そう感じる瞬間こそ、私は本当に生きている、そう実感できる、
そうではありませんか?




b0226423_1758926.jpg
b0226423_1758235.jpg
b0226423_17575678.jpg
b0226423_17574995.jpg
b0226423_17574223.jpg
b0226423_17573427.jpg
b0226423_17572774.jpg
b0226423_1757215.jpg
b0226423_17571539.jpg
b0226423_1756534.jpg
b0226423_17564780.jpg
b0226423_17563235.jpg
b0226423_17562583.jpg
b0226423_17561939.jpg
b0226423_17561231.jpg
b0226423_1755531.jpg
b0226423_17542960.jpg
b0226423_17542345.jpg
b0226423_17541697.jpg
b0226423_1754838.jpg
b0226423_1754084.jpg
b0226423_17535433.jpg
b0226423_17534782.jpg
b0226423_17534151.jpg
b0226423_17533481.jpg
b0226423_17532822.jpg
b0226423_17525626.jpg
b0226423_17525069.jpg
b0226423_17524379.jpg
b0226423_1752357.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-04-01 17:59 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)4 頂点

こうしてタンバールを使ってみたのは、
現在試写中のフローライトアポクロマート135㎜F2.4との対比のため。

タンバールこそは、私の愛するNo.2のレンズ。
やっぱり、私好みのすばらしい描写。
ソニーα7にひたすら感謝。
ライカM9だと、基線長が短すぎて、
135㎜レンズなんか使い物になりません。
そこで、こうしてブログに掲載しつつ、うっとり。

実は、今日、宮崎さんにお見せするために、
フローライトの写真をA4に7枚プリントしたのです。
その7枚を並べて見ると、
「いや、こちらもすごいじゃないか!」

ゾンネタール50㎜F1.1と並んで、
現代的クラシックレンズの極致、
そして、タンバールとの対比をしたくても、
この2本はまったく比較対照の域を絶している、
これが私の結論です。

ハリウッドの偉大な女優たちのようです。
グレタ・ガルボも美しい。
でも、イングリット・バーグマンも美しい。
ヘプバーンも最高だし、
マリリン・モンローも絶対最高。
つまり、みんな最高!
(現代の世界中の女優たちはみんな落第です!
日本の女優なんて、ぜんぜん区別がつかない。
個性というものが浮かび上がってこないのです。
どこが、スター?)

レンズの場合、大抵の場合は、優劣はつきます。
でも、優劣の比較を絶している名レンズもかなり沢山あります。
欠点もまた魅力に通じるのですから、怖い。
レンズ特性なんかで優劣を云々する人は、本当にレンズを愛しているんだろうか、
私ははっきり疑ってしまいます。

マクロスイターもゾンネタールもレンズ山系のピークに立っています。
そんな頂点に突っ立つレンズに私はかなり沢山出会ってきましたが、
この2本はそんな伝説的レンズたちの系譜に直接繋がっている、
そう、私は信じています。




b0226423_2255915.jpg
b0226423_2255317.jpg
b0226423_22545626.jpg
b0226423_22545074.jpg
b0226423_22544329.jpg
b0226423_22543780.jpg
b0226423_22543048.jpg
b0226423_22542416.jpg
b0226423_22541819.jpg
b0226423_22541163.jpg
b0226423_2254467.jpg
b0226423_22535885.jpg
b0226423_22535287.jpg
b0226423_22534555.jpg
b0226423_22533990.jpg
b0226423_22533349.jpg
b0226423_22532672.jpg
b0226423_22531952.jpg
b0226423_22531260.jpg
b0226423_2253559.jpg
b0226423_22525956.jpg
b0226423_22525278.jpg
b0226423_22524591.jpg
b0226423_2252375.jpg
b0226423_22523114.jpg
b0226423_22522542.jpg
b0226423_22521917.jpg
b0226423_22521247.jpg
b0226423_2252628.jpg
b0226423_22515942.jpg
b0226423_22515291.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-03-29 22:56 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1764 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)3 コルトー


YouTubeで、とてもありがたいアルバムを見つけました。

Chopin - Complete Piano Works/New Mastering
(recording of the Century : Alfred Cortot)
(https://www.youtube.com/watch?v=SPYR8QzU1-o)

往年の偉大なピアニスト、アルフレッド・コルトー演奏による、
ショパンのピアノ作品集です。
5時間45分という膨大な収録です。
でも、編集者はとても親切です。
どこにどの曲が収録されているか、ちゃんと一覧表を用意。
この比類のないピアニストによるショパンを満喫できます。

この人の生涯は1877年から1962年にわたっています。
何百回ものコンサートを開いたでしょう。
コルトーは亡くなり、聴衆もほとんど亡くなっているでしょう。
コルトーの生の演奏を記憶する人はほとんどいない。
演奏家たちの本当の芸術はすべて同様の運命にあります。
消え去りゆく。
偉大な画家たちの運命はもう少しマシかもしれません。
作品が残るからです。

でも、よく考えると、演奏家たちを憐れむ必要はありません。
私たちの人生そのものが同様の運命にあるのですから。
私たちの日々の人生は、
自分の記憶の中からもどんどん去っていきます。

これで分かります。
記憶に残ることは、私たちにとって、実はあまり意味がない。
本当に意味があることは、現在!
今、私たちはなにをし、どう感じるか?
これだけなのでしょう。

私は、なにか意味があったなと思ったことを、
2つのブログでかすかに記録しようとしています。
でも、誰も読まないし、自分自身も読み返すことなどほとんどない。

とすると、ここでも、意味があるのは、
今、このブログを作る、
この行為だけ!
とすると、どんどん作ることにしたいものです。
かすかにではあれ、自分の中に記憶のよすがが残る希望があるからです。

さあ、奈良町でのタンバール写真、続けましょう。





b0226423_1219799.jpg
b0226423_1219072.jpg
b0226423_12183836.jpg
b0226423_12184591.jpg
b0226423_12185391.jpg
b0226423_12183131.jpg
b0226423_12182439.jpg
b0226423_12181749.jpg
b0226423_12181014.jpg
b0226423_1218385.jpg
b0226423_12175645.jpg
b0226423_12175096.jpg
b0226423_12174353.jpg
b0226423_12173581.jpg
b0226423_12172927.jpg
b0226423_12172238.jpg
b0226423_12171564.jpg
b0226423_1217890.jpg
b0226423_12165921.jpg
b0226423_1216536.jpg
b0226423_1216446.jpg
b0226423_1216342.jpg
b0226423_12162697.jpg
b0226423_12162054.jpg
b0226423_1216942.jpg
b0226423_1216241.jpg
b0226423_12155436.jpg
b0226423_12154887.jpg
b0226423_12154286.jpg
b0226423_12153552.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-03-28 14:10 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)2 ベールの陰から



YouTubeで、とてもありがたいアルバムを見つけました。

Chopin - Complete Piano Works/New Mastering
(recording of the Century : Alfred Cortot)
(https://www.youtube.com/watch?v=SPYR8QzU1-o)

往年の偉大なピアニスト、アルフレッド・コルトー演奏による、
ショパンのピアノ作品集です。
5時間45分という膨大な収録です。
でも、編集者はとても親切です。
どこにどの曲が収録されているか、ちゃんと一覧表を用意。
この比類のないピアニストによるショパンを満喫できます。
この人の生涯は1877年から1962年にわたっています。
何百回ものコンサートを開いたでしょう。
コルトーは亡くなり、聴衆もほとんど亡くなっているでしょう。
コルトーの生の演奏を記憶する人はほとんどいない。
演奏家たちの本当の芸術はすべて同様の運命にあります。
消え去りゆく。
偉大な画家たちの運命はもう少しマシかもしれません。
作品が残るからです。
でも、よく考えると、演奏家たちを憐れむ必要はありません。
私たちの人生そのものが同様の運命にあるのですから。
私たちの日々の人生は、自分の記憶の中からもどんどん去っていく。
これで分かります。
残ることは、私たちにとって、実はなんの意味もない。
本当に意味があることは、今、私たちはなにをし、どう感じるか?
これだけなのでしょう。
私は、なにか意味があったなと思ったことを、
2つのブログでかすかに記録しようとしています。
でも、誰も読まないし、自分自身も読み返すことなどほとんどない。
とすると、ここでも、意味があるのは、今、このブログを作る、
この行為だけ!
とすると、どんどん作ることにしたいものです。
かすかにではあれ、自分の中に記憶のよすがが残る希望があるからです。
さあ、奈良町でのタンバール写真、続けましょう。




b0226423_126486.jpg
b0226423_1255879.jpg
b0226423_1255193.jpg
b0226423_1254614.jpg
b0226423_1254034.jpg
b0226423_1231025.jpg
b0226423_123245.jpg
b0226423_1225519.jpg
b0226423_1224797.jpg
b0226423_1224179.jpg
b0226423_1223279.jpg
b0226423_1222617.jpg
b0226423_122215.jpg
b0226423_1221383.jpg
b0226423_122834.jpg
b0226423_1215873.jpg
b0226423_1215232.jpg
b0226423_1214652.jpg
b0226423_1213816.jpg
b0226423_1213133.jpg
b0226423_1212534.jpg
b0226423_1211862.jpg
b0226423_1211051.jpg
b0226423_121517.jpg
b0226423_1205840.jpg
b0226423_12050100.jpg
b0226423_1204330.jpg
b0226423_1203670.jpg
b0226423_1202642.jpg
b0226423_120218.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-03-26 14:50 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1763 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)2 ベールの陰から

今日は帰宅が遅れました。
仕事が一杯、時間は少し。
タンバール写真だけざらっと並べることにしましょう。





b0226423_23343950.jpg
b0226423_2334312.jpg
b0226423_23335116.jpg
b0226423_23334071.jpg
b0226423_23331896.jpg
b0226423_23325479.jpg
b0226423_23324695.jpg
b0226423_2332375.jpg
b0226423_23303467.jpg
b0226423_23302614.jpg
b0226423_23295054.jpg
b0226423_23294265.jpg
b0226423_23293416.jpg
b0226423_23292721.jpg
b0226423_23292027.jpg
b0226423_23291273.jpg
b0226423_23273385.jpg
b0226423_23272690.jpg
b0226423_23271936.jpg
b0226423_2327830.jpg
b0226423_2326586.jpg
b0226423_23255743.jpg
b0226423_23255079.jpg
b0226423_23254328.jpg
b0226423_23253330.jpg
b0226423_23252679.jpg
b0226423_23251953.jpg
b0226423_23251261.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-03-24 23:58 | Thambar90/2.2 | Comments(0)

1762 奈良町夢幻(タンバール90㎜F2.2アルカイックファンタジー)1 対比

近頃、ずっと宮崎貞安さんのニューレンズ、
フローライトアポクロマート135㎜F2.4に付き合ってきました。
澄み切った清冽そのものの表現は、現代的夢レンズの極致、
そんな感じがしてきました。

そこで、考えました、
フローライトの対極となるレンズはないだろうか?
すぐに思いつきました。
どうやら、タンバール90㎜F2.2、

3月9日、ソニーα7に付けて奈良町に持ち出しました。
430枚撮りました。
かなりの数ですが、
今回の試写は「わが友ホロゴン」にはふさわしくない。
本ブログで、レンズの味わいをごらん頂くことで、
フローライトとのコントラストを楽しんでみたい。

かなり沢山並べることになりそうですが、
段々と両レンズの味わいを感得していけるのでは?
そう考えたのです。
楽しみ。





b0226423_11245668.jpg
b0226423_11244965.jpg
b0226423_11243984.jpg
b0226423_11243227.jpg
b0226423_1124172.jpg
b0226423_11241139.jpg
b0226423_1124379.jpg
b0226423_11235768.jpg
b0226423_1123491.jpg
b0226423_11234211.jpg
b0226423_11233338.jpg
b0226423_11232589.jpg
b0226423_11231895.jpg
b0226423_11231232.jpg
b0226423_1123668.jpg
b0226423_11225841.jpg
b0226423_11225090.jpg
b0226423_11224423.jpg
b0226423_11223713.jpg
b0226423_11223145.jpg
b0226423_11222574.jpg
b0226423_11221828.jpg
b0226423_11221050.jpg
b0226423_1122412.jpg
b0226423_11215753.jpg
b0226423_11214710.jpg
b0226423_11213998.jpg
b0226423_11213323.jpg
b0226423_11212780.jpg

# by Sha-Sindbad | 2017-03-22 11:25 | Thambar90/2.2 | Comments(0)