レンズ千夜一夜

<   2017年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

1913 アートの日(2017年9月16日プリモプラン58㎜F1.9がアートに対抗し)3 よすが



今回は、9月16日のプリモプラン撮影の残り19枚。
帰路につくためバス停でバス待ちをしながら、
そして、バスの窓から、撮ったものです。

フォトジェニックでもなんでもない。
カメラマンなら、ほとんど誰も撮らないでしょう。
外出したら、のべつ幕無し撮っている、なんて、
写真家のやることじゃありませんね。

撮りたいものがあるから、撮るのではありません。
撮りたいから、撮る。
そのとき、どんなものにレンズを向けるか?
私の視線が止まったもの。
どんなものに視線が止まるか?
そんなこと、出会ってもいないのに、言えるか!

写真家なら、こう考えるかも知れません、
「よし、今日は飛鳥の夏を撮るぞ」
「ひさしぶりに暮れなずむ都市の晩秋を撮ってみよう」
私は、シンプルです、
「今日は用があるから出かけてくるよ」

バッグには必ずカメラが入っています。
カメラ、ポメラ、ウォークマンはホロゴン三種の神器。
日常茶飯事、いつも行っている場所ばかりで撮っています。
飽きもせず。
なぜ?
いつも予期せぬ出会いがあるから。
それが人生の醍醐味じゃありませんか?
そんな私の出会いをサポートしてくれるのか、レンズたち。
プリモプランも一杯サポートしてくれました。

写真家なら、そうやって手に入れた写真から、
作品性のあるものをセレクトします。
私もセレクトします。
だけど、選択基準は、作品性ではありません。
記憶したい、ただ、それだけ。
自分の人生の足あととして、
思い出すよすがとして。




b0226423_11283820.jpg
b0226423_11284411.jpg
b0226423_11285083.jpg
b0226423_11285670.jpg
b0226423_11290246.jpg
b0226423_11290767.jpg
b0226423_11335030.jpg
b0226423_11335672.jpg
b0226423_11340593.jpg
b0226423_11341005.jpg
b0226423_11341513.jpg
b0226423_11342934.jpg
b0226423_11344926.jpg
b0226423_11344278.jpg
b0226423_11344926.jpg
b0226423_11345590.jpg
b0226423_11350135.jpg
b0226423_11350897.jpg


b0226423_11351607.jpg







by Sha-Sindbad | 2017-11-30 11:40 | Primoplan58/1.9 | Comments(0)

1912 アートの日(2017年9月16日プリモプラン58㎜F1.9がアートに対抗し)2 人生の醍醐味


絵が描けない、だから、写真をしている。
写真を始めた動機のトップ5には入るのではないでしょうか?
実は私もその1人。
動機不純かもしれませんが、どんな動機であれ、
写真を始めると、写真独自の魅力に囚われてしまう、
そんなプロセスを体験した方は多いのではないでしょうか?
そうして写真の世界に入って、後悔することもありません。

でも、おかしいですね。
私など、今でも、写真展を見るより、美術展を見る方が好き。
なぜでしょうね?

単純な説明はこうでしょう、
写真はメカニズムに頼るので、アート感覚のないど素人でも、
なにか見応えのある写真作品を作ることができる。
でも、底が浅い。
その証拠に、「うーむ、すごい、よい写真だ」と感嘆しても、
そんな体験をしたこと自体、あっさり忘れてしまいます。
一方、制作のための手間、努力、アート感覚を駆使する美術は、
私たち観る者の経験、常識を越えたものがあって、
鑑賞体験は新たな学び、新たな経験として末永く止まります。

写真の名作を観て、人生が変わった人と、
アートの名作を見て、人生が変わった人と、
どちらが多いか、言うまでもないでしょう。

私は、もちろん、写真家ではありませんし、
自分の写真を人に見せるつもりもありません。
すべて私の体験の記憶。
そんなビジュアル体験記録をストックできるのがブログの魅力。

そして、近頃、ますます、感じることは、
なんだか現在の私は以前と違った気持ちで撮っているらしい。
以前は、体験そのものを記録しようとしていたのに、
近頃は、写真を異体験、ひらめきの道具に使っているらしい。
こうなると、ますます私のブログは私の心の白書、
私の感じたことを視覚化したイメージの記録となりつつあるようです。

プリモプラン58㎜F1.9がいかほどのレンズか、私は知りませんが、
私の心が感じたことをそれなりに視覚化してくれる道具として、
なかなかの味を感じさせてくれるレンズ、
そんな感じがしてきました。

いつまでもなにか発見ができる、
これが人生の醍醐味ですね。

以前は、もうそろそろレンズ、カメラ処分しなきゃ、
このレンズなんか筆頭の候補だな、
そう感じていたのですが、このレンズを初めとして、
どんなレンズもしっかり写真を撮ってみてから、
処分に踏み切ることにしよう、
そんな風に考え直しています。




b0226423_12140378.jpg
b0226423_12140978.jpg
b0226423_12141628.jpg
b0226423_12142293.jpg
b0226423_12142877.jpg
b0226423_12143446.jpg
b0226423_12143993.jpg
b0226423_12144412.jpg
b0226423_12145025.jpg
b0226423_12145891.jpg
b0226423_12150545.jpg
b0226423_12151351.jpg
b0226423_12152000.jpg
b0226423_12152896.jpg
b0226423_12153338.jpg
b0226423_12153989.jpg
b0226423_12154540.jpg
b0226423_12155159.jpg
b0226423_12155708.jpg
b0226423_12160567.jpg
b0226423_12161463.jpg
b0226423_12162335.jpg
b0226423_12162998.jpg
b0226423_12163519.jpg
b0226423_12164013.jpg
b0226423_12164649.jpg
b0226423_12165287.jpg
b0226423_12165838.jpg
b0226423_12170392.jpg
b0226423_12170929.jpg
b0226423_12171521.jpg
b0226423_12172219.jpg
b0226423_12172852.jpg
b0226423_12173536.jpg
b0226423_12174296.jpg
 




by Sha-Sindbad | 2017-11-28 12:21 | Primoplan58/1.9 | Comments(0)

1911 アートの日(2017年9月16日プリモプラン58㎜F1.9がアートに対抗し)1 峠を越えて


月曜朝方発症した風邪はどうやら峠を越したようです。
ぐっすりと就寝し、朝のストレッチは平常に復しました。
罹患中はどうしても体をいたわる感じにあっさり味となり、
回数も2割方減じたりしますが、
気がついたらフルバージョンをやり終えていました。
風邪が峠を越えたところで、本ブログも別レンズに移行しましょう。

   プリモプラン58㎜F1.9

このレンズをひさしぶりに使った9月16日は、
奈良県立美術館開催の『没後40年 幻の画家 不染鉄』鑑賞の日でした。
不染鉄のこと、この展覧会のことはすでに書きました。
「不染鉄 ホロゴン」で検索したら、見つかります。
生涯その名を聞いたこともなかった芸術家に出会うのも愉快ですが、
手に入れておきながら、ほとんど使っていなかったレンズを使うのも、
劣らず楽しいものです。

こう書いたら、芸術と趣味とを同列に置く、とお叱りを受けそうです。
私は、もう今では、社会の常識で物事を見るのはやめています。
私の人生における地平線に置いてみて、どんな高さにあるか?
これが唯一の基準になってしまいました。

プリモプラン58㎜F1.9というレンズ、
「M42 Mount Spiral」と題するブログで詳しく紹介されています。
私のようなレンズ学無縁の人間にはほとんど理解不能の深遠な研究ブログ。
ただし、その中で、一つ、印象に残った言葉があります、
「開放付近で荒れ狂うPrimoplanの性質は
「レンズの味」などと表現されるような生易しいものではない。」
その開放だけで撮った写真を並べてみましょう。




b0226423_22154139.jpg
b0226423_22154985.jpg
b0226423_22155417.jpg
b0226423_22160061.jpg
b0226423_22160557.jpg
b0226423_22161156.jpg
b0226423_22161690.jpg
b0226423_22162835.jpg
b0226423_22163324.jpg
b0226423_22163946.jpg
b0226423_22164412.jpg
b0226423_22165138.jpg
b0226423_22165798.jpg
b0226423_22170476.jpg
b0226423_22171033.jpg
b0226423_22171582.jpg
b0226423_22181115.jpg
b0226423_22181747.jpg
b0226423_22182217.jpg
b0226423_22183581.jpg
b0226423_22194111.jpg
b0226423_22194676.jpg
b0226423_22195329.jpg
b0226423_22195861.jpg
b0226423_22200428.jpg
b0226423_22200983.jpg
b0226423_22201564.jpg
b0226423_22202172.jpg
b0226423_22202855.jpg
b0226423_22203478.jpg
b0226423_22204457.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-11-23 22:31 | Primoplan58/1.9 | Comments(0)

1910 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)4-完-電光石火


月曜の朝方、突然、喉が少し痛み始めました。
1日経過して、喉が少々悪化し、咳も少し出始めました。
この一ヶ月疾風怒濤だったせいです。

火曜の朝、行きつけの診療所に受診しました。
「親の因果が子に報い」で、気管支が少し曲がっていて、
(その代わり、根性はまっすぐなので、我慢しましょう)
気管支炎に発展しやすいので、チェックしてもらいました。
念入りに聴診器を使って検査したのち、
「大丈夫です。問題ありません」
そう聞いた途端に治り始めるのですから、
やっぱり私は真っ正直、真っ当な人間なのですね。

診療所はかなり患者さんでにぎわっていました。
季節の変わり目はお医者さんの稼ぎどきなのですね。
そして、いつものながら、心から思うのは、
「ああ、医者にならなくて良かった!」

家族に3人、親戚にも4、5人、医者が多い家系なので、
高校時代、医者になろうかと考えたこともあったからです。
妻に、そんなこともあったと言いますと、
「記憶力の悪いあなたがあ?? ははは!」
と、笑い飛ばされました。
自分で、そう言われればそうだなあ、と思いつつ、
やっぱり、「医者にならなくてよかった!」

なぜ?
ここだけの話で、内緒ですよ。
お客さん、じいさん、ばあさんばっかりじゃないですか?
ナポレオンのロシア遠征の後半部分みたいですね。
退却し、敗走し、と、もう負け戦ばっかり!

冗談話はおいておいて、
今日、はっきり快方に向かい始めた感じ。
なぜ、そう言えるのか?
ちょっと事情があって、現在、家事すべてを私が担当しています。
その一つ、昼食の用意をしていたのですが、
高い棚に右手を伸ばして、ボールを取り出した際、
その横にあった泡立てが一緒に飛び出して来たのです。
次の瞬間、左手がそれを受け止めていました。
まあ、自分で言うのもなんですが、電光石火の早業。
うむ、かなり体調はよくなったらしい。

仮にここまで我慢して読んだ方があったとしたら?
きっとこう言うでしょうね、
「おいおい、なにをクダクダ言ってるんだ?
ここはレンズブログだろ?
レンズの話はどうなったの?」
そう言えば、そうでしたね。

セプトンシリーズもこれで終わり。
セプトン50㎜F2の写真をこうして140枚ばかり並べましたが、
つくづく思いますね。
フォクトレンダーという会社のレンズたち、
文字通り、真っ正直なほど誠実な描写をしてくれますね。
そして、つくづく嬉しくなってしまいます、
どうしてこんなに温かい表情を出してくれるんだろう?



b0226423_14420318.jpg
b0226423_14424080.jpg
b0226423_14424616.jpg
b0226423_14424916.jpg
b0226423_14425341.jpg
b0226423_14430046.jpg
b0226423_14430567.jpg
b0226423_14431246.jpg
b0226423_14431980.jpg
b0226423_14432697.jpg
b0226423_14433698.jpg
b0226423_14434338.jpg
b0226423_14434805.jpg
b0226423_14435440.jpg
b0226423_14440197.jpg
b0226423_14440797.jpg
b0226423_14442258.jpg
b0226423_14443350.jpg
b0226423_14443861.jpg
b0226423_14444356.jpg
b0226423_14444947.jpg
b0226423_14445689.jpg
b0226423_14450262.jpg
b0226423_14450876.jpg
b0226423_14451488.jpg
b0226423_14452114.jpg
b0226423_14453609.jpg
b0226423_14454256.jpg
b0226423_14454775.jpg
b0226423_14455358.jpg
b0226423_14455899.jpg
b0226423_14460605.jpg
b0226423_14461371.jpg
b0226423_14461870.jpg




by Sha-Sindbad | 2017-11-22 21:26 | Septon50/2 | Comments(0)

1909 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)3 以上の存在 



いつも思うのですが、
人間を見抜くということは難しいことですね。

ヤスパースは幾度も書いています、
「人は誰も自分がそう見える以上の存在である」
「人は誰もがそう見える以上の存在である」

要するに、自分のことを正しく理解することは難しく、
まして人のことを正しく理解することはできない。
そうであればこそ、自分自身を考えるときも、
人のことを評価するときも、
自分が一面のデータしか持っていない可能性を
忘れないようにしたいものですね。

土手を整然と歩いて行く2人の男の影。
突然、後ろの男が猛然と駆け寄って、前の男を突き飛ばす。
誰が見ても、前の男から見ても、卑怯な不意打ち。
でも、実は、草むらからマムシが首をもたげ、
ぐっと身体をそらして、前の男を襲おうとしていた、
と分かれば、後ろの男は恩人だった。

そして、レンズを使う度に、同じことを考えます。
名レンズと言われるレンズであればあるほど、
撮る度に違う顔を見せてくれるようです。
レンズもまた、人がそうであると思う以上の存在らしい。

私がレンズについてこのように感じるのには、
しかし、特殊な事情があるからかもしれません。
私は、開放絞りで、最短撮影距離で撮ることが多い。
そうすると、レンズに一番無理をさせているようです。
そんな距離で撮るためには、ちゃんとマクロレンズがある。
それなのに、すべてのレンズをマクロ的に使う。
レンズに無理をさせているわけです。

レンズは、多くの人がやるように、
中間距離で、絞りも最適絞りで使う、という、
いわば、ベスト画像を得る方法では、
レンズは、いわば限界一杯に使われているので、
いつも、いわば「一番良い顔」を見せてくれるかもしれません。
これが、いわば表舞台での値打ち。

でも、人間と一緒ですね。
無理な状況に追い込まれたとき、
どんな風に無理に対応するか、窮境を脱するか、
これでレンズの、本当のとは言いませんが、
逆境での値打ちが分かるかも知れません。
たとえば、人間が突然予期せぬしくじりを犯したとき、
意想外の振る舞い、表情を見せる可能性があるように、
レンズも、一番ムリな苛酷な条件で使われると、
意表を突かれて、意外な画像を生み出してくれるかも知れません。

だとすると、私のブログは逆境での値打ちを確かめるための、
予測不能のハプニングイメージ集なのかも?
正面切って言えば、そんな感じですが、
私本人は、はっきり言って、ただの遊び。
冗談音楽というものがありますが、
ロボグラフィは、いわば、「冗談写真」なのでしょう。

セプトンを銀塩フィルムで使っていた当時、
私は、このレンズは、フォクトレンダーらしい、
貴公子の風貌をたたえた名玉と考えていました。
でも、ソニーα7でマクロ的に使う今思います、
このレンズ、全然違う顔を持っている!
かなり野趣に富んだ、懐のかなり深いレンズだなあ。




b0226423_11473935.jpg
b0226423_11474576.jpg
b0226423_11475158.jpg
b0226423_11475603.jpg
b0226423_11481289.jpg
b0226423_11481841.jpg
b0226423_11482307.jpg
b0226423_11482927.jpg
b0226423_11483406.jpg
b0226423_11484015.jpg
b0226423_11484636.jpg
b0226423_11485211.jpg
b0226423_11485817.jpg
b0226423_11490372.jpg
b0226423_11490873.jpg
b0226423_11492031.jpg
b0226423_11492689.jpg
b0226423_11493279.jpg
b0226423_11493864.jpg
b0226423_11494422.jpg
b0226423_11495126.jpg
b0226423_11495719.jpg
b0226423_11500310.jpg
b0226423_11500804.jpg
b0226423_11502165.jpg
b0226423_11504560.jpg
b0226423_11502720.jpg
b0226423_11503212.jpg
b0226423_11503702.jpg
b0226423_11504560.jpg
b0226423_11510463.jpg
b0226423_11511141.jpg
b0226423_11511781.jpg
b0226423_11512200.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-11-20 11:54 | Septon50/2 | Comments(0)

1908 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)2 一種の悟り



私の父は俳人でした。大学生当時から俳号を名乗り、
たった一回ですが、「ほととぎす」の巻頭にあげられたことが、
大きな喜びとなっていたようです。
いつも小さな俳句手帳を携帯し、
思いついたら、さっと書き付ける姿を記憶しています。

ボケもせず、80過ぎても、たとえば、「重臣たちの昭和史」
という浩瀚な、たしか2巻本をきっかり2日で読み上げました。
コピーライターだった弟が、大の本好きで、節税も兼ねて、
月10万円ほどでしたか、本を買いあさり、マンションを借りて、
書庫にして、どんどん父に提供していたのです。

何歳の頃からでしょうか?
外出することもほとんどなくなり、
シングルの安楽椅子に沈没して、好きなことをして生きました。
不動産と化したので、早晩、ボケるかと思いきや、
亡くなるその直前、おそらく10分前まで、ボケもせず、
自分で歩き回っていたのは、
俳句と読書の二本立てで頭を使い続けたせいかも知れません。

今、ふっと気づいたのですが、
私も写真を始めたのは大学1年生。
その後、一度もたゆむことなく、写真を愛し続けてきました。
やることは違っても、生き方は似ているのかも知れません。

今から考えてみますと、
私の場合、写真は「表現」ではありませんでした。
単純に、「喜び」「自己満足」の境地を出たことがなかった。
だから続いたのかも知れません。

「表現」にこだわる限り、作品作りとなり、
かつ、第三者の目を必要とします。
「自己満足」なら、自分以外の第三者に向かって表現するなんて、
まったくの想定外。
人の評価も、実のところ、論外。
私自身が満足しているのですから、第三者の目なんて邪魔なだけ。

私の2つのブログもそんな独り舞台でしかない。
最初の1年を過ぎると、誰か見に来てくれているか、など、
完全に無関心になり、それ以来、
(ほとんど来なかったせいもありますが)
たったの一度もアクセス数をチェックしたことがありません。
私は、いわば、思い切りのよい人間なのです。

私のような、ただの日記ブロガー、かなり居るのではないでしょうか?
今朝、今回の記事のセプトン写真を記事用に作り替えて、見直して、
思わずニンマリ。
これじゃ、見に来て下さいと頼み回っても、誰も来ないな。

未だに写真撮影の醍醐味に心を奪われているのは、
もしかすると、自分の愛する路傍の廃れ者たちを、
さまざまなレンズで変身させる喜びのせいだろう、
そんな思いを改めて強めています。

次第に財政が逼迫しはじめて、そろそろレンズやカメラを売らなきゃ、
そう思っていたのですが、
近頃、段々とその気持ちが薄れつつあります。
金がなきゃ、金を使うような撮影はしなきゃいいんだ、
愛するレンズたちを取っ替え引っ替え持ち出せば、
歩いて行ける範囲でも、飽きずに撮影を楽しめるじゃないか?
かなり久しぶりに持ち出したセプトンの写真を眺めて、
いわば一種の悟りに達した気持ち。




b0226423_22464983.jpg
b0226423_22465762.jpg
b0226423_22480496.jpg
b0226423_22481165.jpg
b0226423_22475898.jpg
b0226423_22481862.jpg
b0226423_22482577.jpg
b0226423_22483279.jpg
b0226423_22483871.jpg
b0226423_22484555.jpg
b0226423_22485129.jpg
b0226423_22485696.jpg
b0226423_22490208.jpg
b0226423_22491138.jpg
b0226423_22491711.jpg
b0226423_22492379.jpg
b0226423_22493003.jpg
b0226423_22493623.jpg
b0226423_22494202.jpg
b0226423_22494800.jpg
b0226423_22495612.jpg
b0226423_22500275.jpg
b0226423_22500907.jpg
b0226423_22501781.jpg
b0226423_22503045.jpg
b0226423_22503771.jpg
b0226423_22504447.jpg
b0226423_22505175.jpg
b0226423_22510388.jpg
b0226423_22511216.jpg
b0226423_22511906.jpg
b0226423_22512498.jpg
b0226423_22513238.jpg
b0226423_22514162.jpg
b0226423_22515056.jpg
b0226423_22515810.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-15 22:53 | Septon50/2 | Comments(2)

1907 仮想レンズ(2017年9月15日セプトン50㎜F2が高畑町を爽やかに)1 皮肉な綱渡り



銀塩フィルム時代のニコンレンズ群は、
まさに報道カメラマンが偏愛したように、
白と黒のコントラストが効いたメリハリのあるタッチで、
リアリズムの極致とも言える画像を生み出しました。

現代デジタルカメラ時代のほとんどの超高性能レンズ群、
偶然の出会いを除いて、使ってみたことがありませんが、
古いニコンレンズを遙かに凌駕する、超リアリズム、
そんな感じがします。
銀塩フィルム時代の写真家たちも魅了する超高性能の描写力、
それは、人間の視覚を遙かに超えてしまった感じがします。

皆さん、写真家も写真愛好家も、
レンズの性能不足を嘆く必要がなくなって、大満足、
そんな感じがします。
もしかすると、人類の視覚も、デジタル時代のレンズによって、
研ぎ澄まされてきているのかもしれません。

そんな潮流の中で、私はどんどん置いてきぼりになりそう。
私には、そんな超精密画像が気味が悪くてならないのですから。

それなのに、私も銀塩フィルムを使う経済的余裕が不足して、
ソニーα7のようなデジタルカメラに完全に移行して、
精度はかなり不足している銀塩レンズたちで、
いわばハイブリッドな高精密ボケ写真で我慢せざるを得ない。
かなり皮肉な綱渡りという感じ。

セプトン50㎜F2は、銀塩時代でも高性能をうたわれたレンズ。
私はともかく、セプトンの方はデジタル時代にすんなり適応し、
デジタル写真ライフを私より気楽に楽しんでいる様子。




b0226423_17021857.jpg
b0226423_17034807.jpg
b0226423_17035755.jpg
b0226423_17040628.jpg
b0226423_17041435.jpg
b0226423_17042351.jpg
b0226423_17043181.jpg
b0226423_17044281.jpg
b0226423_17045191.jpg
b0226423_17045742.jpg
b0226423_17050352.jpg
b0226423_17051049.jpg
b0226423_17051687.jpg
b0226423_17052995.jpg
b0226423_17053689.jpg
b0226423_17054475.jpg
b0226423_17055186.jpg
b0226423_17055722.jpg
b0226423_17060372.jpg
b0226423_17061242.jpg
b0226423_17061803.jpg
b0226423_17062954.jpg
b0226423_17063679.jpg
b0226423_17064226.jpg
b0226423_17064851.jpg
b0226423_17065733.jpg
b0226423_17070317.jpg
b0226423_17070823.jpg
b0226423_17071452.jpg
b0226423_17072209.jpg


b0226423_17072800.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-12 23:59 | Septon50/2 | Comments(0)

1906 町へ(2017年9月14日エルマジ95㎜F2.2が奈良町に魅せられ)3-完-心を割って



こうしてエルマジ95㎜f2.4と付き合っている内に、
だんだん感じるようになりました、
このレンズ、なかなか優雅な描写力を持っている。

作品性でぐいぐいと迫るような写真作品なら、
レンズの描写性よりも、メッセージの質が重みを持つでしょう。

でも、メッセージなどなにもないロボグラフィでは、
リアルな写真表現など不要。
独特の個性、癖がものたちをどう変容してくれるか、
これだけが私の関心事。

これから大切に付き合っていきたい、
段々そんな風に感じさせてくれるあたり、
このレンズ、次第に腰が据わってきました。
結局、レンズも人も一緒ですね。
心から信頼して付き合うと、心を割ってくれる。




b0226423_21545578.jpg
b0226423_21550220.jpg
b0226423_21550740.jpg
b0226423_21551293.jpg
b0226423_21551829.jpg
b0226423_21552677.jpg
b0226423_21553086.jpg
b0226423_21553732.jpg
b0226423_21554322.jpg
b0226423_21554840.jpg
b0226423_21555507.jpg
b0226423_21560105.jpg
b0226423_21560761.jpg
b0226423_21561294.jpg
b0226423_21561854.jpg
b0226423_21562430.jpg
b0226423_21562937.jpg
b0226423_21563518.jpg
b0226423_21564267.jpg
b0226423_21564842.jpg
b0226423_21565578.jpg
b0226423_10551110.jpg
b0226423_10551878.jpg
b0226423_10552420.jpg
b0226423_10553001.jpg
b0226423_10553727.jpg
b0226423_10554318.jpg
b0226423_10555260.jpg
b0226423_10555971.jpg
b0226423_10560616.jpg
b0226423_21545578.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-10 21:59 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)

1905 町へ(2017年9月14日エルマジ95㎜F2.2が奈良町に魅せられ)2 エクター君!



1ヶ月ちょっと前から、毎日散歩を始めました。

でも、私の場合、ただ歩くのは時間の無駄に感じられる。
もちろんカメラを持ちたい。
持つと、あらゆる場所でロボグラフィが見つかる。
さっとしゃがんで撮る。
あちこち視線を素早く走らせながら歩く。
そのうえ、毎日出かける用もできて、
ほぼ全日、重いショルダーバッグを右肩にかけて外出。

これまでに起こったことがないことが起こりました。
右肩痛。
さらに、昨日の散歩で右足小指付近に痛みも。
一番力がかかるところが一番最初にやられますね。
ああ、年を感じますねえ。

でも、実は、そうした痛みにはびくともしません。
常に田中式スパイラルテープでその部分を補強します。
右肩痛は、見込みどおり、5日で解消しました。
これから、右肩をさらに細かい運動を採り入れて強化。
小指は昨日スパイラルテープで固めました。

今日も午後、数時間外出の予定です。
昨日、レンズ庫に発見したのです、

    エクター50mmf1.9

一回使っただけで、レンズ庫の片隅で眠っていた!

コダックが最強のレンジファインダーシステムとして、
世に問うた化け物カメラエクトラの標準レンズ。
思い出すに、当時、ソフトな描写をするレンズ一辺倒、
折角のコダックのフラッグシップとも言える50㎜なのに、
本ブログのレンズ一覧にも見つからず!
つまり、一回撮った写真をブログに掲載もしないで、
まあまあこんなものかと、早々に忘れてしまったらしい。

ヨーロッパ中世の円筒形要塞のようなたたずまいで、
異色の形なのに、私としたことが!!
すまなかったね、エクター君!
今日、奈良町に持参します。
楽しみ。



b0226423_10520512.jpg
b0226423_10521147.jpg
b0226423_10521771.jpg
b0226423_10522216.jpg
b0226423_10523452.jpg
b0226423_10524104.jpg
b0226423_10524722.jpg
b0226423_10525208.jpg
b0226423_10525709.jpg
b0226423_10530501.jpg
b0226423_10531190.jpg
b0226423_10531612.jpg
b0226423_10532219.jpg
b0226423_10532896.jpg
b0226423_10533412.jpg
b0226423_10533992.jpg
b0226423_10534407.jpg
b0226423_10535200.jpg
b0226423_10535859.jpg
b0226423_10540402.jpg
b0226423_10541161.jpg
b0226423_10543258.jpg
b0226423_10543904.jpg
b0226423_10544579.jpg
b0226423_10545337.jpg
b0226423_10545814.jpg
b0226423_10551110.jpg
b0226423_10551878.jpg
b0226423_10552420.jpg
b0226423_10553001.jpg
b0226423_10553727.jpg
b0226423_10554318.jpg
b0226423_10555260.jpg
b0226423_10555971.jpg
b0226423_10560616.jpg






by Sha-Sindbad | 2017-11-09 10:57 | Ektar50/1.9 | Comments(0)

1904 町へ(2017年9月14日エルマジ95㎜F2.2が奈良町に魅せられ)1 願いを込めて



本物の教養のない人間って、
意味のない傾向を突然見せるものです。
たとえば、私がその典型例。
フランス語なんて読み書きできないのに、
フランス語の語感になぜか心をそそられるのは、その好例。

レンズにしても、
アンジェニューとかエルマジなんて名前が出て来ると、
どんな描写か確かめもしないで、心を無性ときめかしてしまいます。
ebayでエルマジ95㎜F2.2を手に入れたときのことです。

それまでペッツヴァールの望遠としては、
ペッツヴァールSVE100㎜F2.9にぞっこん惚れ込んでいました。
望遠系には珍しく、
本ブログに13回も記事を掲載していることからも明らか。
ところが、エルマジ95㎜f2を手に入れた途端、
まだ届きもしないのに、もうSVE100㎜の出番はなくなった、と、
私の畏友RAさんにプレゼントしてしまいました。

その後、エルマジ95㎜f2が家に届きました。
さっそく宮崎貞安さんにMマウントに改造していただき、
使ってみて、納得。
なるほどいかにもフランスらしい、品のよい描写。
でも、使う内に気づきました。
SVE100㎜で一番強烈に私を仰天させた一点、
メタモルフォーゼがあまり感じられない!
早まったかなあ....................?

でも、かなり気に入って、時々使います。
先月、奈良町に持ち出しました。
スライドプロジェクターのレンズらしい、
いかにも安物という雰囲気だったSVE100㎜とは違い、
エルマジ95㎜f2.4はかなりただ者ではない雰囲気。
使い込むにつれて、次第に、レンズ描写の方も、
そんな異次元の雰囲気を醸し出してくれたら?
そう願いつつ、ひたすら使い続けているのですが.......




b0226423_22120477.jpg
b0226423_22121278.jpg
b0226423_22121921.jpg
b0226423_22122561.jpg
b0226423_22122966.jpg
b0226423_22123508.jpg
b0226423_22124075.jpg
b0226423_22124678.jpg
b0226423_22125227.jpg
b0226423_22125797.jpg
b0226423_22130373.jpg
b0226423_22130903.jpg
b0226423_22131417.jpg
b0226423_22132132.jpg
b0226423_22132763.jpg
b0226423_22133296.jpg
b0226423_22134150.jpg
b0226423_22134678.jpg
b0226423_22135378.jpg
b0226423_22135832.jpg
b0226423_22140425.jpg
b0226423_22141130.jpg
b0226423_22141733.jpg
b0226423_22142450.jpg
b0226423_22143025.jpg
b0226423_22143879.jpg
b0226423_22144696.jpg
b0226423_22150484.jpg
b0226423_22151066.jpg
b0226423_22151591.jpg
b0226423_22152534.jpg
b0226423_22153278.jpg
b0226423_22153856.jpg
b0226423_22154538.jpg





by Sha-Sindbad | 2017-11-07 22:17 | Hermagis95/2.4 | Comments(0)