レンズ千夜一夜

<   2017年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

1745 ニューレンズ!(フローライトアポクロマート135㎜F2.4を聞いたことある?)


宅急便のボックスの中から登場したのは、
見たこともないレンズでした。

長さ128㎜
直径59㎜
前玉の直径54㎜
重さ380グラム
最短撮影距離は、
オリジナルのヘリコイドだけでは110㎝、
フォクトレンダーMマウントリングを使っても、95㎝。
名前は、

    フローライトアポクロマート135㎜F2.4

私が所有したもっとも大口径の135㎜は、
コンタックス用のプラナー135㎜F2
このレンズにはちょっと明るさが及びませんが、
重さは半分近い。
使い勝手ははるかに勝ります。

プラナー135㎜F2の作例は一枚も残っていません。
おそらくポジのファイルの中には残されているでしょう。
でも、このポジたち、いわば感傷的に保存しているだけで、
フィルムスキャナーのない現在、
取りだしてチェックしたいという気分にはなれません。

これから当分、このフローライトアポクロマート135㎜F2.4を試写します。
もうレンズ資金が枯渇した私にとって、
古典的な名レンズを新たに試写できるのは、
宮崎貞安さんからの依頼があったときだけ。
いつもワクワクしますが、
宮崎貞安さんにとっても、望遠レンズ製作は初めて!
詳しいスペックは分かりませんが、
なにしろ超大手メーカーから、宮崎さんの依頼どおりに、
研磨製作をしてもらったフローライト(Fluorite、蛍石)を駆使した最新レンズ。
でも、宮崎さんが希求するのは、現代における古典レンズ。
現代の超高解像の望遠レンズたちと違うのか?
どう違うのか?
楽しみ。

昨日一日中外出して、かなり疲れましたので、
試写は明日に回し、本日は、屋内を自然光でざっと撮ってみました。
ソニーα7に付けて、全部最短撮影距離の95㎝、絞りは開放です。
露出はニュートラル、いつも通りレベル補正だけを軽く使って、
明るさを統一しています。

風景写真家高田誠三さんから頂いた額縁付き作品の切り取りも含めて、
フローライトがかなり活躍している、そんな風に思わせてくれる、
温かいコントラストで、実に生き生きと躍動する画像。
これはますます試写が楽しみ。

販売価格はまだお聞きしていませんが、
これはかなりお買い得の名レンズとなりそう。





b0226423_1716584.jpg
b0226423_17165039.jpg
b0226423_17152611.jpg
b0226423_17151754.jpg
b0226423_1715926.jpg
b0226423_1715218.jpg
b0226423_17145625.jpg
b0226423_17144815.jpg
b0226423_17144162.jpg
b0226423_17143542.jpg
b0226423_17142765.jpg
b0226423_17142050.jpg
b0226423_17141311.jpg
b0226423_1714792.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-28 18:07 | Fl.Apochromat135/2.4 | Comments(0)

1744 阿波座へ(オリオン28㎜F6はロシアの下町レンズさ)3-完-




オリオン28㎜F6による大阪の下町、阿波座ロボグラフィ集。
と言っても、シリーズ全3回中、阿波座のシーンは今回の後半だけ。
まさに旅の途中ばかりのロボグラフィでした。

全写真、多くの人の眼には、「だから、どうだって言うの?」程度。
でも、それがロボグラフィですね。
颯爽たるロボグラフィ、
すべてを一言で言い尽くすロボグラフィ、
なんてものは完全な言辞矛盾。
男子校で美少女を捜すようなことはやめましょう。





b0226423_23153116.jpg
b0226423_23152580.jpg
b0226423_2315783.jpg
b0226423_2315159.jpg
b0226423_23145383.jpg
b0226423_23144692.jpg
b0226423_23143958.jpg
b0226423_23142996.jpg
b0226423_23142079.jpg
b0226423_23141180.jpg
b0226423_231443.jpg
b0226423_23135772.jpg
b0226423_2313503.jpg
b0226423_23134345.jpg
b0226423_23133219.jpg
b0226423_23132516.jpg
b0226423_23131937.jpg
b0226423_23131353.jpg
b0226423_2313663.jpg
b0226423_23125857.jpg
b0226423_23124887.jpg
b0226423_23124048.jpg
b0226423_23123314.jpg
b0226423_23122425.jpg
b0226423_23121720.jpg
b0226423_23121138.jpg
b0226423_2312475.jpg
b0226423_23115880.jpg
b0226423_23115175.jpg
b0226423_23114231.jpg
b0226423_23113269.jpg
b0226423_23112338.jpg
b0226423_23111798.jpg
b0226423_231198.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-27 23:25 | Orion28/6 | Comments(0)

1743 阿波座へ(オリオン28㎜F6はロシアの下町レンズさ)2 まだ野田で


阿波座駅のウィキペディアをコピペしましょう。

「大阪府大阪市西区西本町三丁目1-23にある大阪市営地下鉄の駅。
中央大通と新なにわ筋の交差点に位置する。
駅名の由来は、かつて当駅付近に存在した遊郭、
並びにさらに古代に所在した四国方面との海上貿易拠点「阿波座」」

生涯妻以外の女性に恋心すら抱いたことのない私ですから、
遊郭という遊郭は無縁中の無縁。
それなのに、国内国外、至るところで、遊郭エリアを通りました。
気がついたら、そのまっただ中を通っていたと分かったアムステルダム、
というような現役ばりばりのエリアもありましたが、
はっきり言って、私の理解を遥かに超えていました。
というか、遥かに心を沈み込ませるなにかが私の心を沈ませました。

ご自分の生活か心の底になにか言いしれぬ淀みを潜めている人か、
心をからりと身体から切り離せる人しか入り込めないエリア、
そんな感じでした。
でも、どちらで同じ、私が感じることは、
「かわいそうになあ.......... 人生に大きな喜びを感じながら生きていたら、
こんなところに来ることはないのになあ............」
女性たちについては、同情の言葉もありませんが、
近頃、美女が手っ取り早く大金を稼げる職場になっていると聴いて、
愕然。
自分がどんな魂の泥沼に足を入れようとしているのか、分かっていない。
遊郭エリアを通ると、こんなことが私の心の中を荒れ野にするので、
珍しい光景を観察しようとか、あわよくば写真にとってやろう、なんて、
ひとかけらも心に浮かびませんでした。

ところが、大阪の阿波座にはそんな昔の名残は残されていないのか、
区画整理された新しい下町をまっすぐの道路が区分して、
実にあっけらかんとしたニューシティでした。
でも、新興住宅地ではないので、ちゃんと生活史が刻み込まれつつあります。
どんな町でも、ロボグラフィ一杯、それが私の経験。
新興住宅地はいけませんねえ、生活が板に付いていない。
だから、ロボグラフィなど絶無。
阿波座には、この町特有のロボグラフィが一面ちりばめられていました。

思うに、私の後ろをついて歩いている人がいたら、
きっと、頭を混乱させていたでしょうね。
なにをなんのために写真に撮るのか?
全然想像できない。
でも、自信を持って、お答えできます。
写真をご覧になったら、ますます、頭を混乱させるでしょう。
「なに、これ?
こんなケッタイなもん、阿波座にはないでえ!!!」
「こんなもん、撮ってどうするねん?
なんもおもしろいこと、ないやん!!!」
そうですとも、そうですとも。
でもねえ、私はおもしろいのですよ。
それで、いいじゃないですか?   

なお、今回は、JR野田駅界隈。
ここから地下鉄千日前線に乗り換えて、阿波座駅まで5分程度。
簡単に言いますと、大阪って町は庶民の町なので、
一部のエリアを除けば、下町だらけなのです。
我が町、というわけです。
そう思って大阪を撮っている写真家は数知れないでしょう。
でも、近頃どこでも出会ったことがありません。
私がストリートフォトのエリアをあまり歩かないからかな?




b0226423_22505919.jpg
b0226423_22505263.jpg
b0226423_22504398.jpg
b0226423_22503642.jpg
b0226423_2250288.jpg
b0226423_22502147.jpg
b0226423_22501383.jpg
b0226423_22483994.jpg
b0226423_2248333.jpg
b0226423_22482560.jpg
b0226423_22481957.jpg
b0226423_22481291.jpg
b0226423_22475640.jpg
b0226423_22474968.jpg
b0226423_2247417.jpg
b0226423_22473267.jpg
b0226423_2247258.jpg
b0226423_22471639.jpg
b0226423_22471039.jpg
b0226423_2247280.jpg
b0226423_22465443.jpg
b0226423_22464586.jpg
b0226423_22463817.jpg
b0226423_22463068.jpg
b0226423_22462311.jpg
b0226423_22461562.jpg
b0226423_2246770.jpg
b0226423_22455884.jpg
b0226423_2245489.jpg
b0226423_22454143.jpg
b0226423_22453127.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-24 23:56 | Orion28/6 | Comments(2)

1742 阿波座へ(オリオン28㎜F6はロシアの下町レンズさ)1 移動

17年1月16日月曜日、
大阪ユニバーサルシティでの付虹先生の揚琴レッスンを済ませると、
昼食以降は自由時間となりました。
ちょっとした用が心斎橋の東急ハンズにありましたから、
昼食後どこかの駅へ移動して、撮ったことのない下町を撮ろう、
そう考えました。

バッグに用意したセットは近頃異色、
ライカM9
オリオン28㎜F6

28㎜レンズには名レンズがひしめきあっています。
50㎜、35㎜となると、玉石混淆。
でも、各社の初代28㎜レンズたちはどれも個性的で優秀です。
ほとんど28㎜レンズのユーザーが居ない時代に、
50㎜、35㎜レンズユーザーから28㎜に誘い込む、
いわばそんな使命を背負って設計製作されたのですから、
社運をかけるほどに腰を据えて作ったのでしょう。

オリオンはトポゴン25㎜F4のコピーだけに、
抜けがよくて、描写に破綻がありません。
3回セットでごらん頂きましょう。





b0226423_23452025.jpg
b0226423_23451438.jpg
b0226423_234562.jpg
b0226423_23445688.jpg
b0226423_23445047.jpg
b0226423_23444469.jpg
b0226423_23441287.jpg
b0226423_2344652.jpg
b0226423_23435987.jpg
b0226423_23435232.jpg
b0226423_23434537.jpg
b0226423_23433988.jpg
b0226423_23432993.jpg
b0226423_23431953.jpg
b0226423_23431340.jpg
b0226423_2343542.jpg
b0226423_23421839.jpg
b0226423_23421191.jpg
b0226423_2342111.jpg
b0226423_2341543.jpg
b0226423_23413839.jpg
b0226423_23412961.jpg
b0226423_23412370.jpg
b0226423_23411297.jpg
b0226423_234153.jpg
b0226423_23403299.jpg
b0226423_23402165.jpg
b0226423_23401485.jpg
b0226423_2340513.jpg
b0226423_23395823.jpg
b0226423_23394663.jpg
b0226423_2339356.jpg
b0226423_2339274.jpg
b0226423_23392069.jpg
b0226423_23391230.jpg
b0226423_2339327.jpg
b0226423_23385442.jpg
b0226423_23384643.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-23 23:56 | Orion28/6 | Comments(0)

1741 異貌の人 (いつどこで出会ってどのレンズで撮ったものやら)


b0226423_1215181.jpg






多忙を極めた先週を乗り越えたら、1年ぶりに風邪の症状。
日曜は撮影に出ず、月曜は陳少林先生の揚琴伴奏レッスンをお休み、
今日、ようやくかなり回復しました。

朝、このブログの写真を用意しようとしました。
画面上に1枚だけ写真が残っていました。
それがこれ。

とりあえず、ブログ掲載用に作り替えました。
なぜ、そこにあるのか、私には記憶がありません。
でも、まだどこにも掲載していないことは確か。
近頃の撮影分で本ブログ用と思われるフォルダを順次点検しましたが、
見付からず。
元写真は画面から消してしまったので、写真番号から検索もできず。
謎の写真となってしまいました。

でも、棄ててしまうのは惜しい。
私のロボグラフィの一つの極点とさえ言いたい肖像画なのですから。
我が家から西に下りた街道のバス停までのどこか。
雨の日だったのです。
そんなときだけ浮かび上がる幻のミステリアスビューティー。
私もまたこの美人に出会う心のゆとりがあったのでしょう。
二度と出会えるか?

ロボグラフィにだって出会いがあるのですね。
by Sha-Sindbad | 2017-02-21 12:16 | miscellaneous | Comments(0)

1740 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 4-完-

いつもホロゴン15㎜F8Uを使って、15㎜の画角に慣れ親しんでいるので、
ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5を使うときは、
どうもホロゴンの感覚で撮るので、どうしても窮屈な写真になってしまう、
17.8㎜を使うとき、これがかなり邪魔になる。

こんな風に大まじめで嘆くと、
さすがにホロゴン使いは違う、と尊敬の眼差しで見てもらったり。
と、行きたいところですが、本人は全然その気がない。

いつもどう撮れるかはレンズ任せ。
そして、どう撮れようと、レンズの功績なんだから、
あまりよい結果が出なくても、平気。

近江八幡の旧市街に到達して撮れる写真は、また格別です。
このレンズ、頑張ってるな、というのが正直な印象。

レンズの専門家はどうしてもレンズ性能で評価するでしょう。
その評価基準は常に現代的な高性能レンズに求められるものだけ。
古代レンズの個性って、そうした性能からずっこけた部分が輝いている。
そんな感じがします。
ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5が現代的に見て高性能か、なんて、
私にはなんの関心もありません。

    私の心を沸き立たせてくれたら、そのレンズは良いレンズだ!





b0226423_21383761.jpg
b0226423_21382695.jpg
b0226423_21381539.jpg
b0226423_21385987.jpg
b0226423_21285421.jpg


b0226423_21284664.jpg


b0226423_21273536.jpg

b0226423_21272939.jpg

b0226423_2129166.jpg

b0226423_21285421.jpg

b0226423_21284664.jpg


b0226423_21283125.jpg


b0226423_21283125.jpg

b0226423_21281849.jpg

b0226423_21281085.jpg

b0226423_212836.jpg

b0226423_21275557.jpg

b0226423_21274837.jpg

b0226423_21274296.jpg

b0226423_21273536.jpg

b0226423_21272939.jpg

b0226423_21272159.jpg

b0226423_21271414.jpg

b0226423_2127613.jpg

b0226423_21265713.jpg

b0226423_21264959.jpg

b0226423_21261451.jpg

b0226423_212652.jpg

b0226423_21255961.jpg

b0226423_21255119.jpg

b0226423_21254437.jpg

b0226423_21253630.jpg

b0226423_2125294.jpg

b0226423_21252125.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-19 22:21 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1739 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 3


実のところ、私の生活はすでに写真から音楽へ傾きつつあります。
写真45%、音楽55%、というところでしょうか?

今日、とても面白い体験をしました。
4月に初心者コンサートにリコーダー合奏で出演します。
コンサート企画者である音楽家HMさんと合奏するのです。

一人でリコーダー吹いたりしたら、もう雪崩現象でしょう。
音楽家のサポートを受けて練習し、
音楽家のサポートを受けてコンサートで演奏できるから、
なんとか崩れずに終わりまで行けるというところです。

今回は、アルトリコーダーの合奏を2曲と、
二人とも一番好きなルネサンスのジョン・ダウランドの歌曲を1曲。

   Now, O Now I Needs Must Part' from you.

ダウランドの歌曲はもともと4部合唱です。
リコーダーにそのまま翻案した楽譜が販売されているのです。
私はリードボーカルにあたるソプラノを吹き、
HMさんが残りの3部から随時一番ハーモニーを出せるパートを吹きます。
低音部の記号で書かれたバスパートとでも瞬時に飛び移れるのですから、
これはプロならではの離れ業。

私の大好きなビデオがYouTubeにあります。
wa John Dowland | Now, O Now | Lute Song by Les Canards Chantants
(https://www.youtube.com/watch?v=5l6jF8v_Wus)
ちょっとドラマ仕立てです。
なんど見直したか分かりません。
その度にため息をついています。
「ああ、この時代の音楽が一番人間的だなあ。
人間の声がほんとうに生き生きと華開いていたなあ」
これをリコーダーで吹くのです。
巧く行くでしょうか?
無理でしょうねえ........
なんとかならないものかなあ........

今日思いつきました。
もしかすると、このビデオの演奏にソプラノリコーダーで合わせられるかも?
やってみると、どんぴしゃりの音程で、ぴったりと合います。
面白いですね、不思議ですね、下手な私のリコーダーがきりりと締まって聞こえ、
ぴたりと合うのですから、もう完全な至福の世界。

そこで、考えました。
このような素敵な演奏者たちのサポートがあると、
初めてたった1年のど素人のリコーダーでも、なぜか美しく響く!
その理由はなんだろう?

まず、正しいリズムと正しい音程、メロディーをサポートしてもらえる。
美しい響きの中に埋没することで、自分のリコーダーまでも美しく聞こえる。
そんなところでしょうか?
そうか、YouTubeで、こんな素人趣味にも使えるんだ!
これから、このビデオと合奏しながら、ダウランドの歌い方を勉強します。

すると、いつものように、連想が閃きました。
カメラやレンズもYouTubeのビデオやプロの音楽家と同様に、
ド素人の私をサポートしてくれているんだ!
そして、レンズのキャラクターに応じて、
私の写真を彩ってくれる。
レンズごとに独特の味わいを私の写真に加味してくれる。

カラオケをあざ笑い蔑んできましたが(あなたが大好きなら、失礼)、
なんだ、なんだ、私も同じサポートを受けているのでした。
だからと言って、カラオケ趣味をあざ笑うのはやめる、
なんてことにはなりそうにありませんが、
自分の写真がレンズに撮ってもらっているというこれまでの確信を、
さらに強固にすることができそうです。

今回のウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5もかなり独特の味わいで、
私のロボグラフィに喜ばしいサポートをしてくれています。
たった4枚で超広角の画角をカバーするという大胆な創作なので、
どうしても周辺減光が大きく、画像もちょっと崩れます。
レンズのうるさ型や専門家からは、必ずその指摘を受けていますが、
肝心の描写の面白さに関する指摘はほとんどありません。
だから、私としては、そんな指摘はたいていにしてくれと言いたくなります。
肝心なのは、素敵な写真を撮ってくれるかどうか?
レンズ独特の個性を持っているかどうか?
こちらじゃないの、そう言いたい。
そちらの方が遙かに大事なんですけどねえ。

私のように、癖だらけ、欠陥ごろごろの古代レンズに
サポートしてもらって、ロボグラフィを楽しんでいる人間に言わせれば、
このレンズ、文句なしに傑作です。
そのあたりを感じ取っていただければよいのですが...............





b0226423_2204989.jpg
b0226423_2204117.jpg
b0226423_2203441.jpg
b0226423_2202848.jpg
b0226423_2202089.jpg
b0226423_220134.jpg
b0226423_220640.jpg
b0226423_21595975.jpg
b0226423_21595325.jpg
b0226423_21593829.jpg
b0226423_21593112.jpg
b0226423_21592480.jpg
b0226423_21591687.jpg
b0226423_2159166.jpg
b0226423_21585454.jpg
b0226423_21584795.jpg
b0226423_21584067.jpg
b0226423_21583318.jpg
b0226423_21582793.jpg
b0226423_21582058.jpg
b0226423_21581354.jpg
b0226423_21587100.jpg
b0226423_2158173.jpg
b0226423_21575411.jpg
b0226423_21574529.jpg
b0226423_21573886.jpg
b0226423_21573163.jpg
b0226423_21572529.jpg
b0226423_21571892.jpg
b0226423_21571070.jpg
b0226423_215724.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-15 23:45 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1738 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 2


ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5のロボグラフィ、
どんどんアップしましょう。

近江八幡駅から日牟礼八幡宮に向かって進むコース。
案外に温かい。
今年は雪があちこちに残る程度なのですが、
そのおかげでロボグラフィが多彩になっています。

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5は、
ソニーα7用フォクトレンダーのMマウントリングのお陰で、
ぐっと近づけます。
例年よりも多彩なロボグラフィ収集の旅となりました。

と言っても、私のロボグラフィって、
「そんなもの撮ってどうするの?」というものばかり。
ほとんどの方にとっては、
「訳が分からない。ちょっとおかしいんじゃないの?」
そうお感じになるのは、人間がまっすぐできておられる方。

「ははーん、やってますな」
そうお感じになる方は、かなり屈折しておいでの方。
もの、情景は、写真になるとき、当然ながら、
三次元の存在から二次元に平面イメージに変身します。
そのついでに、さまざまなイメージの変容が起きる、
それが面白いとお感じになる方なのでしょう。

私にしてみたら、私のロボグラフィを他人がどう見るか、
なんて、知ったことじゃありません。
どうぞ、ご勝手に。

私としては、撮る前から、ロボグラフィたちは変身しています。
私がその瞬間感じたイメージどおりに写るのは、
私にとっては、下のロボグラフィ。
私が「わあ、そんな風に撮ってくれたの!」と、
手放しで感謝感激できたときが上のロボグラフィ。
今回の近江八幡でもそんな写真がぞろぞろ並びました。




b0226423_22492486.jpg
b0226423_22491689.jpg
b0226423_2249760.jpg
b0226423_2248599.jpg
b0226423_22485245.jpg
b0226423_22484170.jpg
b0226423_22483410.jpg
b0226423_22482784.jpg
b0226423_22482155.jpg
b0226423_22481513.jpg
b0226423_2248321.jpg
b0226423_22475727.jpg
b0226423_22475040.jpg
b0226423_22474474.jpg
b0226423_22473889.jpg
b0226423_22473220.jpg
b0226423_22472419.jpg
b0226423_22471871.jpg
b0226423_22471060.jpg
b0226423_2247495.jpg
b0226423_22465762.jpg
b0226423_22465143.jpg
b0226423_22464529.jpg
b0226423_22463958.jpg
b0226423_22463291.jpg
b0226423_22462644.jpg
b0226423_22461959.jpg
b0226423_22461374.jpg
b0226423_2246624.jpg
b0226423_22455876.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 23:42 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1737 近江八幡市街(宮崎さんのウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5近江に見参)Part 1



現代における稀代のレンズ製作者、宮崎貞安さんのニューレンズ、

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5

さらに、試写結果を4回に分けてごらん頂きましょう。

ライカMマウントなので、大抵のカメラに使えます。
F8に絞れば、パンフォーカスで大抵のものが撮れます。
とにかく小さく、目立たないので、ストリートフォトには最適。

もっとも私は全レンズ、開放でしか撮りません。
開放で撮った場合に、レンズの癖が際だつので、
そのレンズに特有の描写を狙うことができるから。

ウルトラワイドペラール17.8㎜F4.5の個性って、どんなもの?
それは写真を眺めて、ご自分でお確かめください。





b0226423_18141917.jpg
b0226423_18141290.jpg
b0226423_1814764.jpg
b0226423_181411.jpg
b0226423_181356100.jpg
b0226423_18135068.jpg
b0226423_18134381.jpg
b0226423_18133787.jpg
b0226423_18133280.jpg
b0226423_18132617.jpg
b0226423_18132079.jpg
b0226423_181314100.jpg
b0226423_1813788.jpg
b0226423_1813124.jpg
b0226423_181255100.jpg
b0226423_18124953.jpg
b0226423_18124245.jpg
b0226423_18123579.jpg
b0226423_18122938.jpg
b0226423_18122331.jpg
b0226423_18121797.jpg
b0226423_18121184.jpg
b0226423_1812213.jpg
b0226423_18115614.jpg
b0226423_18115032.jpg
b0226423_18114348.jpg
b0226423_18113752.jpg
b0226423_18113092.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 18:15 | UrtraWidePeral17.8mm | Comments(0)

1736 ユニバーサルシティ(ホロゴン15㎜F8Uが駅界隈をさっとスウィープ)


ホロゴンウルトラワイドを手に入れて20年、
この15㎜レンズをこよなく愛してきましたが、
それまで21㎜レンズさえも使いこなせなかった人間が
どうして15㎜レンズに深くはまり込んでしまったか?
これは、当の本人にも謎。

分かっていることは、私の直感、これ一つ。
カメラのマツバラ光機で出会った瞬間、
このカメラ、僕を待っていてくれた!

使いこなしなどできると考えたことはありません。
ただ、ただ、馴染むこと、これだけ。
ただ、ただ、使い込むこと、これだけ。

思う存分使いこなせるレンズって、私が思うに、
大したことはないのです。
思うように使いこなせないからこそ、
レンズが私になにかをプレゼントしてくれます。
それは一種の賜物です。
ひたすら感謝して受けとるだけ。

一種の運命、私はそう信じています。
生涯に掛け替えのない人、ものに幾度か巡り会うことができました。
あなたもそうでしょう?
そんな巡り会いって、
いつも髪の毛一筋のチャンスが恵んでくれた幸運、
そうではありませんか?
そして、ひたすら感謝するほかはない、
そうではありませんか?





b0226423_182870.jpg
b0226423_181417.jpg
b0226423_18738.jpg
b0226423_18141.jpg
b0226423_165972.jpg
b0226423_165255.jpg
b0226423_164233.jpg
b0226423_163584.jpg
b0226423_162995.jpg
b0226423_161871.jpg
b0226423_161126.jpg
b0226423_16454.jpg
b0226423_155733.jpg
b0226423_155215.jpg
b0226423_154570.jpg
b0226423_153083.jpg
b0226423_152110.jpg
b0226423_151340.jpg
b0226423_15577.jpg
b0226423_145612.jpg
b0226423_144933.jpg
b0226423_144181.jpg
b0226423_143399.jpg

by Sha-Sindbad | 2017-02-14 02:00 | Hologon15/8U | Comments(0)